【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

最近よく社会福祉という言葉をよく聞きます。
そこで思ったのですが、社会福祉とは何種類くらいあるのですか?
たとえば、児童福祉、高齢者福祉、障害者福祉、などなど。
あと、夏に問題になった、高齢者の方々が亡くなったにも関わらず死亡届を出さずに年金を子供が受け取っていた問題。
あれは社会福祉問題に入りますか?
お返事をいただけると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

日本国憲法によって構築された社会福祉六法がありますから、狭い意味で社会福祉と言ったときには、この六法によるものを指します。


以下の6つです。

1 生活保護法による「生活保護」
2 児童福祉法による「児童福祉」(「身体障害児福祉」を含みます)
3 身体障害者福祉法による「身体障害者福祉」
4 知的障害者福祉法による「知的障害者福祉」(「知的障害児福祉」を含みます)
5 老人福祉法による「高齢者福祉」
6 母子・寡婦福祉法による「ひとり親家庭への福祉」

なお、これらの事業を行なう団体(社会福祉法人など)に対する決まりごとや国の責任などを定めた社会福祉法(旧・社会福祉事業法)があり、そこで「社会福祉とは何なのか?」という法的な決まりごとが定められています。

そのほか、精神保健福祉法で「精神障害者福祉」が定められ、さらに、「身体障害児・者福祉」「知的障害児・者福祉」の2つを合わせて、3つの障害福祉に関する具体的な決まりごとを一括して定めた、障害者自立支援法があります。
そして、同様に、老人福祉に関する具体的な決まりごとを定めた、介護保険法などもあります。

いずれにしても、上の6つが、いちばんの基本です。
社会福祉士や介護福祉士の試験では、最も基本的なこととして、よく問題に出されます。

ここから発展して、たとえば、雇用に問題が起こったり、失業したり、雇用されなかったり、あるいは、障害や定年などで仕事を辞めざるを得なくなったときの経済的な保障の問題などに対処してゆくために、雇用保険法や労働基準法、障害者雇用促進法、そして、国民年金法や厚生年金保険法など、さまざまな法令が整備されてゆきました。
医療の問題(健康保険や難病対策など)もそうですね。
ですから、労働福祉(失業・雇用対策、働く人たちの権利や組合活動を守ること)や社会保障(年金、社会保険)といったことも、広い意味では社会福祉に含みます。

したがって、上の6つのほかに、さらに広い意味で考えてゆくと、「暮らしに係わるほぼすべてのこと」が社会福祉になってしまう、と言ってもよいと思います。
たとえば、司法福祉という言葉があるのですが、犯罪を犯した人を立ち直らせるためのしくみがあります(保護司とか保護観察という言葉を聞いたりしたことがありませんか?)が、これも社会福祉の1つになります。

ということで、一般には、やはり、上で書いた六法に絞って考えます。
生活保護、児童福祉、障害者福祉(身体・知的・精神)、高齢者福祉、母子福祉という5つの領域になります。
そして、年金や社会保険・医療については「社会保障」、雇用や労働者の権利については「労政」という名前の領域で分けて、狭い意味での社会福祉には含めないものとします。

年金を子どもが受け取っていた‥‥という問題は、広い意味で言えば、社会福祉の問題になると思います。年金のしくみの問題になってきますから。
狭い意味で考えても、親の年金に頼らなければ子どもの生活が成り立たない(たとえば、子どもが障害を持っていたり、失業してしまっていたりするとき)という背景があれば、障害者福祉などを考えてゆかなければならないので、やはり、社会福祉の問題になると考えて良いと思います。

要は、日常の暮らしをより良くするために何かをしようとするとき、あるいは、公的に何かをしなければならないときには、その「何か」が「(広い意味での)社会福祉」なのだ、と考えれば良いと思います。
あまりむずかしくとらえ過ぎないほうが良いと思いますよ。
    • good
    • 22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社会福祉制度が現代社会になぜ必要不可欠なのか

こんにちは。論文の参考にしたいので、社会福祉制度が現代社会になぜ必要不可欠なのか簡単でよいので教えてください。

Aベストアンサー

 色々な側面があると思いますが、個人的に参考文献なしに思いつく範囲で。

 ひとつは、家族の変化です。以前は拡大家族や複合家族が多く、地域社会とも密接に結びついていました。それに対して、現在は核家族化が進行し、特に都市部では、地域社会の基盤が弱く、家族と地域社会との関わりも、以前ほど強くありません。ですから、過去と現在で、家族に求められる役割が変化していないとしても、その役割を担う家族の機能が縮小(限定的)していますから、必然的に担いきれない部分が生じ、その部分が社会化されるわけです。

 例えば、仮に全ての家族が拡大家族で、祖父母が孫の面倒をみるのを厭わないとすれば、保育問題は一挙に解決です。

 ふたつめは、人権意識の浸透があると思います。治安と財産だけを守れば良いとする夜警国家観では、経済原則だけでは充足できない部分が生じてきます。また、個人に責任のない不平等を解決できません。その解決策として、国家の適切な介入を期待する福祉国家観が生まれてきます。最低限度の生活を保証しようとする生存権は、その代表例です。

 個人レベルだと、(本来は知的)障害者の生活条件をノーマルであらねばならないとするノーマライゼーションあります。

 みっつめは、相互扶助によって生活上のリスクを分散する側面があります。具体的には社会保険制度です。医療保険が想像しやすいかと思いますが、個人的な医療上のリスクを、社会的な集団に分散させることによって、生活の安定をはかります。

 一口に社会福祉制度と言っても多様な側面がありますから、まずはその点を整理するのが、早道かなとも思います。

 

 色々な側面があると思いますが、個人的に参考文献なしに思いつく範囲で。

 ひとつは、家族の変化です。以前は拡大家族や複合家族が多く、地域社会とも密接に結びついていました。それに対して、現在は核家族化が進行し、特に都市部では、地域社会の基盤が弱く、家族と地域社会との関わりも、以前ほど強くありません。ですから、過去と現在で、家族に求められる役割が変化していないとしても、その役割を担う家族の機能が縮小(限定的)していますから、必然的に担いきれない部分が生じ、その部分が社会化さ...続きを読む

Q社会保障と社会福祉の違いは?

2つそれぞれの定義、違いを教えてください。私の理解では、「保障」が保険みたいなもので、「福祉」が母子家庭などへの援助、ですが、2つのうち、どちらが大きな範疇なのでしょうか?

Aベストアンサー

保障:責任をもって、一定の地位や状態を守ること。

福祉:幸福。特に、社会の構成員に等しくもたらされるべき幸福。

社会保障:国家が国民の生活を保障する制度。

社会福祉:貧困者などの生活を保障し、心身に障害のある人々の援助などを行なって、社会全体の福祉向上をめざすこと。

どちらが大きな範疇、と単純には言えませんが、社会福祉を達成する(?)手段の一つとして社会保障制度がある、とは言えそうですね。

Q福祉とは何か。

最近、某福祉施設でボランティア活動をしている者です。
そこでお願いなのですが、福祉と教育は、
違うのでしょうか。
そもそも福祉とは、障害者や年寄りを生活支援
することです。
教育とは、子供を相手に物事を教えることです。
ボランティアをしていく上で、福祉も教育と
似通った部分があります。
もし、福祉と教育の決定的な違いについて
ご存知の方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

どの程度まで本気になって書けばよいかわからない(本気になると卒業論文のテーマになりえるかも)のですが、まあ、こういう場ですので軽く書いてみます。

まず、福祉についても教育についても、本来の意味とは拡大して用いられているということがあります。典型的なのが福祉で、従来の貧困者対策が一段落して、「新たなる対象」を求め、対象者の拡大があったことはご存知かと思います。そしてその段階で、相互の分野において学際的な部分にまで拡大したため、ある部分においては両者は重なっていると思われます。

というわけで、比較的オリジナルな福祉と教育についてまず述べてみます。
第1に、福祉と教育についてはよって立つ憲法の条文が違います。
福祉は、憲法第二十五条【生存権、国の生存権保障義務】 が、その存在基盤ですし、教育は、憲法第二十六条【教育を受ける権利、教育の義務、義務教育の無償】によっています。
教育のほうはあまり詳しくないのですが、福祉は「ないと生きていけない」人のための権利です。
お金がなくて餓死することのないように生活保護。一人だけでは生活できない障害者や高齢者には公的サポート。親のいない子どもには養護を。そういう性格の権利です。

次に、労働政策面から捉えれば、教育については労働力を生産するという一面があります。一方の福祉は、いったん労働力から零れ落ちた貧困層を労働力として再生産するという側面があります。実際、日本では生活保護法、児童福祉法、身体障害者福祉法が終戦後早々に制定されたように、戦没軍人・障害軍人退役者の家族を死なせずに将来の労働力にすべく制度が設けられました。

他にも、教育に関しては「教えるもの」「教わるもの」という2者に明確な違いがありますが、福祉のかなり原始的な形は互助組織です。お金なら「講(頼母子講)」、あるいは家族による介護、もしくは近隣通しの助け合いetcと、「上下」ではなく「左右のつながり」が存立基盤になっていました。

相当書きなぐりましたが、とりあえずこんなところでいかがでしょう。

どの程度まで本気になって書けばよいかわからない(本気になると卒業論文のテーマになりえるかも)のですが、まあ、こういう場ですので軽く書いてみます。

まず、福祉についても教育についても、本来の意味とは拡大して用いられているということがあります。典型的なのが福祉で、従来の貧困者対策が一段落して、「新たなる対象」を求め、対象者の拡大があったことはご存知かと思います。そしてその段階で、相互の分野において学際的な部分にまで拡大したため、ある部分においては両者は重なっていると思われま...続きを読む

Q社会福祉と聞いてイメージすること

現在、介護職の勉強をしていて、授業で「社会福祉について」というテーマの課題が出ました。
講師は、高齢者介護問題にとらわれず、虐待や生活保護、他いろいろ・・・を含んだ福祉全般の中から様々なレポートを提出して欲しいようです。

そこで、この場を借りてみなさんに質問なのですが、社会福祉と聞いてイメージすること、不思議に思うことがあれば教えていただけませんか?

どんなことでも構いません。レポート作成のヒントにしたいので、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「福」も「祉」もどちらも「幸い」という意味の漢字です(中国語では同じ意味の字を二つ続けて語を構成することが多いそうです)。
よって、福祉ということばは「人間の幸せ」という意味です。

社会福祉、ということばをいうときに、2つの側面があります。

1.事業としての福祉

これには、介護保険による「老人福祉」、福祉事務所などによる措置制度に基づく「障害者福祉」「児童保育」などがあります(老人福祉にも一部措置はのこっているようです)。
また、「生活保護」も措置のひとつですね。

一般のひとが「社会福祉」といった場合、そのほとんどが「事業としての福祉」をイメージしていると思います。

2.人間の幸せとしての福祉

たとえば、バリアフリー、ユニバーサルデザインによる都市計画、建築、新聞などの文字をおおきくすること、使いやすい製品、なども、人間の幸せとしての福祉ということができるでしょう。
しかしながら、現在はユニバーサルデザインや駅のエスカレータ設置などは、一般の人たちからは福祉と認識されていないでしょう。

しかしながら、事業としての福祉が成立する背後には「どのような制度を設ければ、最大幸福を実現できるだろうか」という思想があります。
ユニバーサルデザインなどが、制度、事業としての福祉となることも、非現実的なことではないと思います。


以下、私のイメージというか主張です。
どうも、大多数の人が「福祉」ということを自分とは無縁の、「弱者のためのもの」と思っているようでなりません。

たとえば「障碍」ですが、これはだれにでも、明日、訪れる可能性があります。
道をあるいていると、交通事故にあう確率はかなりあります(すごーくおおざっぱにいって1%)。
重症を負えば、半身不随になるかもしれません。
ある日、眼が見えにくいと思ったら、あっという間に網膜はく離になってしまうことだってあります。
また、年をとることによるさまざまな不便なこと(脚があがらなくなって、ちょっとした段差で躓くなど)も障碍のひとつと考えることが出来ます。

障碍だけではありません。
一家で交通事故にあって、ひとりだけ助かったが、働くことが出来ずに生活保護のお世話になる、ということだってありえます。

つまり、だれもが必ず「福祉」のお世話になるし、低くない確率で障碍をおって明日、お世話になるかもしれません。

どうしたら人間が幸せに暮らせるか、それを考えることが「福祉」とくに「事業としての福祉」の基本となって欲しいものです。
「弱者救済」などという認識は、今すぐかかわる人全員の心の中から排除して欲しいと。

「福」も「祉」もどちらも「幸い」という意味の漢字です(中国語では同じ意味の字を二つ続けて語を構成することが多いそうです)。
よって、福祉ということばは「人間の幸せ」という意味です。

社会福祉、ということばをいうときに、2つの側面があります。

1.事業としての福祉

これには、介護保険による「老人福祉」、福祉事務所などによる措置制度に基づく「障害者福祉」「児童保育」などがあります(老人福祉にも一部措置はのこっているようです)。
また、「生活保護」も措置のひとつですね。

...続きを読む

Q社会福祉士と介護福祉士の違いは?

社会福祉士と介護福祉士の違いは何なのでしょうか?
あまり内容が変わらないように見えるのですが。。。
また取るとしたらどちらが有効でしょうか?

Aベストアンサー

社会福祉士は、援助が必要な人に対して相談に乗るための仕事で、福祉関係の法律や制度、心理学などについて、熟知している必要があります。一般的に福祉系の大学や専門学校を卒業しなければ、受験資格は得られません。試験も、かなりむずかしいです。

介護福祉士は、高齢者や身体が不自由な人を介護する仕事で、つまりは肉体労働です。3年間の実務経験や、福祉系の高校、高校専修科などを卒業すれば、国家試験の受験資格ができます。国家試験の内容は、社会福祉士に比べれば、はるかに簡単です。また、2年以上の介護関係の専門学校や短大を卒業すれば、国家試験を受けなくても資格を与えられます。私の知り合いは、社会福祉士の国家試験に5年くらいかけてやっと合格しましたが、その間、試しに受けてみた介護福祉士は、一発で合格しました。

ぶっちゃけていえば、社会福祉士は知的な能力が求められていて、資格を取るには学歴、国家試験を含めて勉強が大変です。介護福祉士は、どちらかというと肉体労働で、知識としては最低限のものがあればよく、ただ、実技試験に合格するか、または実技講習を受講しないと合格できません。

資格を取ったとして、就職をしやすいのは、介護福祉士だと思います。ただ、キャリアを積んでいったあとで、介護施設などで責任ある地位に上がっていくのは、社会福祉士の方が多いかもしれません。でも、そのためには、社会福祉士であっても、相談業務や事務仕事しかしないというのではなく、介護の現場で経験を積むことが求められるケースが多いようですね。

福祉の仕事は、きれいごとではできません。本格的に福祉の仕事に関わっていくつもりであり、学力や経済力に余裕があれば、社会福祉士を目指すのもいいのですが、ともかく現場に飛び込んでみるというのなら、まずは介護福祉士かと。

ちなみに、介護福祉士でも社会福祉士でも、5年以上の実務経験があれば、ケアマネジャーの試験を受けることができ、ケアマネジャーになれば、それなりの求人や給料などの待遇でも、福祉系にすればよくなると思います。

なお、ホームヘルパー2級、3級というのは、一定の講習を受けた人に認められるもので、国家試験などはありません。仕事の内容は介護福祉士とほぼ同じと考えていいと思いますが、簡単に取れる分、介護福祉士よりは評価されません。

ただ、最近はホームヘルパー2級程度の資格がないと、ホームヘルパーや介護職員として採用しないという職場が多いようです。転職などの場合、ホームヘルパー2級の講座を受講して資格を取り、それをもとに就職して3年以上の実務経験を積み、介護福祉士の国家試験を受験して資格を取る。さらに2年以上の実務経験を積んで、合計介護で5年以上の実務経験を積み、ケアマネジャーもとるというパターンが多いように思います。

相談業務や福祉の仕事全般に興味を持った人は、通信教育や夜学で勉強して、社会福祉士を取る場合もあります。

もし、あなたが社会人ではなく高校生か何かで、これからの進路を考えておられるのであれば、介護福祉士ならそのための専門学校や短大、社会福祉士なら福祉系の大学に進むのが、一番確実な方法かと思います。

それから、介護福祉士も社会福祉士も、国家資格とは言えば、それだけの技能や知識がありますと保証する資格にすぎません。資格のないひとでも似たような仕事をすることは、可能です。看護師、薬剤師などの医療系の資格は、資格を持っている人でないとその仕事をすることが法的に認められていないわけで、資格の重さは全然違うことも、認識しておかれたほうがよいでしょう。

社会福祉士は、援助が必要な人に対して相談に乗るための仕事で、福祉関係の法律や制度、心理学などについて、熟知している必要があります。一般的に福祉系の大学や専門学校を卒業しなければ、受験資格は得られません。試験も、かなりむずかしいです。

介護福祉士は、高齢者や身体が不自由な人を介護する仕事で、つまりは肉体労働です。3年間の実務経験や、福祉系の高校、高校専修科などを卒業すれば、国家試験の受験資格ができます。国家試験の内容は、社会福祉士に比べれば、はるかに簡単です。また、2年以上...続きを読む

Q社会福祉の理念について

先日職場の上司に《福祉系》社会福祉の理念について説明しろと言われました。恥ずかしながら説明できず、勉強をしなおせと言われてしまいました。
社会福祉の理念ってなんなんでしょう??
憲法25条?ノーマライゼーション!自立支援?とかいう言葉は知っているのですがどのように説明すれば伝わるのでしょうか?
分りやすく5分で説明するように宿題を出されました。
どなたかご教授いただけないでしょうか><

Aベストアンサー

5分間も説明するのが大変そうですが。。。
理念という意味からですが、物事の基本となる考えという意味ですので、そういったことから考えます。

憲法25条、ノーマライゼーション、自立支援などの言葉から推測しますが、おそらく障害者施設の方ですかね???
※間違っていたら申し訳ないです。
調べればすぐ分かることですが、憲法25条には生存権とそのための国の使命が記載されています。で、ノーマライゼーションの意味は障害者、健常者(この呼び方も微妙ですが・・・。)が社会生活を共にすることが普通(ノーマル)である。ということで、自立支援はそのように生活できるように支援することです。

このようにそれぞれのキーワードの意味を考えるとおのずと答えが出てくると思いますが、私にならば5分といわずに、
「個人個人が人としての尊厳、主張を持ち、地域や家族と呼ばれる社会の中で障害の有無や年齢、性別に関わらず、その人らしい最低限の生活が送れるように支援する」
ことが、社会福祉の理念だと思います。これにノーマライゼーションや25条などを付け加えて説明してください。
ですが、福祉に携わる人間ならば、完璧にとは言いませんが、ある程度説明できないと恥ずかしいですよ?

5分間も説明するのが大変そうですが。。。
理念という意味からですが、物事の基本となる考えという意味ですので、そういったことから考えます。

憲法25条、ノーマライゼーション、自立支援などの言葉から推測しますが、おそらく障害者施設の方ですかね???
※間違っていたら申し訳ないです。
調べればすぐ分かることですが、憲法25条には生存権とそのための国の使命が記載されています。で、ノーマライゼーションの意味は障害者、健常者(この呼び方も微妙ですが・・・。)が社会生活を共にすることが...続きを読む

Q日本の福祉政策の問題点

いつもお世話になります。
大学のレポートで現在、日本の福祉政策を調べています。福祉政策の中でも、今回は高齢者福祉に焦点を置いているのですが、現在の日本が抱えている高齢者福祉に対する問題点とは何でしょうか?大雑把な言い方で申し訳ありませんが、ハード面でもソフト面からでも構いませんので、ご存知の方はよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

介護保険制度の改正が大きな問題になっています。保険料の徴収対象が40歳以上から20歳以上になる、高齢者自身の負担が1割から2割になるなど、主に負担が増える方向ですね。国民の負担が増えるのは、将来財政的に破綻しそうだからです。だいたいおんなじパターンです。ひねくれて考えれば、いったん低負担で法案を通しておいて、数年後に負担を増やすということもテクニックとしてあるのかもしれません。法案が通ってしまうとなくなることはまれですからね。
法律関係で知りたいなら、厚生労働省のホームページをくまなく調べてみると、今検討されている法律案などの進行状況もわかって面白いです。

参考程度にしてください。
*ちなみに、インターネットで調べるのなら構わないと思いますが、こういうところでレポートに関するものを聴いたりしない方がいいと思います。回答する人は一言一句調べて書いてくれるわけではないでしょうし、もし間違った数字などを書いてしまったら大変でしょうから。本が一番です。経験者は語ります ^^:

Q自治体の意味

いまいちよく分かりません。
自治体って何なんですか?
いったいどこにあって何をしてるんですか?
もしかして市役所とかのことを自治体って言うのでしょうか。

あと、これも新聞でよく見るんですけど、団体職員ってどういう意味でしょうか。どこの団体なんでしょう。

Aベストアンサー

>つまり、簡単にいうと市役所とかが自治体になるんですね。

 違います。自治体というのは、都道府県、市町村全体をさす言葉です。都道府県庁や市役所は、自治体における行政機関に過ぎません。

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。


人気Q&Aランキング