意思決定支援システム(DSS)とはなにか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

wikiもありますね。

ちょっと広すぎますが。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%8F%E6%80%9D% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/01/11 02:29

文字通り、「意思決定を支援するシステム」です。



具体的には、システム内に蓄積されているデータを整理して現在の状況(場合によっては将来予想)を見えるようにし、経営者等の意思決定をする人がその情報から「次に行うこと」を決めるための参考にする情報を提供することを目的としたシステムですね。

それの一つの形がビジネスインテリジェンス(BI)ということが出来ます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/01/11 21:33

これが一般的な定義ですが、もっと詳しい方が良いですか?


http://e-words.jp/w/DSS.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/01/11 02:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q閣議決定は、なぜ行政の最高意思決定手法なのですか

NHKの高校講座で政治経済を勉強しはじめました。

「閣議決定」の意味がよくわからず、ネットで調べました。
 「政府(行政)の意思決定機関である閣議において、全大臣合意のもと決定される政府全体の合意事項。閣議決定が一番格が高く、実質的には、行政の最高意思決定手法」と書いてありました。
閣議決定が、なぜ行政の最高意思決定手法なのかが、よくわかりません。

とても初歩的な質問で申し訳ございませんが、お教えいただけましたら助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

三権分立で、国会=立法、内閣=行政、裁判所=司法、となっていますよね。
だから、行政=内閣です。民主主義は合議制が基本なので、内閣を組織する総理大臣以下、全大臣が合意することで、あらためて実効力が持たれます。その合議のための場が『閣議』と呼ばれます。
行政とは、身近な役所のサービスを始め、すべて行政ですので、その範囲が広く、色々な意思決定が様々な部署でなされます。しかし、会社で言うところの、社長(役員会といったほうが適していますが)の鶴の一声的なものが『閣議決定』とされています。社長(役員会)の言ったことだから格が高いわけです。
部長や係長の命令ではないということです。だから、閣議決定を覆す権力はその場にはない、ということです。ただ、閣議決定では、そこまで細かい話はされません。
内閣の出す命令を特別に『政令』と言って、これが行政機関が出す命令としては最優先のものとなります。
ちなみに内閣でも国会と同様に新法案や改正案を出していて(閣法と言います)、毎回国会で数十は通っています。ちなみに現在実施中の第189回国会では、74の閣法が提出されていて、すでに30以上は成立しています。閣法の数が、衆院や参院から上がるものの倍以上ですから、本来の立法が残念な状態としか言えませんね。
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/menu.htm#05

三権分立で、国会=立法、内閣=行政、裁判所=司法、となっていますよね。
だから、行政=内閣です。民主主義は合議制が基本なので、内閣を組織する総理大臣以下、全大臣が合意することで、あらためて実効力が持たれます。その合議のための場が『閣議』と呼ばれます。
行政とは、身近な役所のサービスを始め、すべて行政ですので、その範囲が広く、色々な意思決定が様々な部署でなされます。しかし、会社で言うところの、社長(役員会といったほうが適していますが)の鶴の一声的なものが『閣議決定』とされてい...続きを読む

Q意思決定支援システムについて

大学の宿題で意思決定支援システムを実際に使用している
企業の事例を詳細に紹介せよ。
というのがでたのですが、インターネットで調べても、
全然のっていません。
もしのっているページや知っている企業があったら教えてください。

Aベストアンサー

調べる材料が手に入りやすいのは、セブンイレブンではないでしょうか?POSデータから売れ筋情報を抽出し、売れる商品を常に店頭に置き、販売機会損失を極限まで防ぐというのは、同社がPOSシステムというマーチャンダイジング意思決定支援システムを活用しているからでしょう。本屋でセブンイレブンに関する本を見てみれば、そのことが載っていると思います。
意思決定支援システムは、恐らく顧客分析、商品分析、売上予測などを行うシステムのことだと思います。その分析システムを活用して、これからどの顧客を攻めるか、何を売るか、どれくらい在庫を持つか、などの意思決定を行うことだと思います。顧客分析では通称CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)、商品分析では通称DWH(データ・ウエア・ハウス)というシステムですので、それらのキーワードでインターネットで調べてみてもいいかもしれませんね。
どうぞがんばってください。

Q非定型的意思決定が定型的意思決定に及ぼす影響

何か具体的な例などはございますでしょうか。

非定型的意思決定で例えば何かの意思決定を行った際に、
それによって定型的意思決定までも変える必要が出てきた実例を知りたいです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ビジネス用語を科学的な法則と同じシステムだと判断して答えますが

例えば、『新規参入に伴う事業拡大』というのは

非定型的意思決定が定型的意思決定を変化させたというのが成立すると思います

要約すると特別な意思決定をして日常的な決め事に影響が出る具体的な例を質問者さんが求めていることになりますが

いくらでも具体例はあるかと思います

『営業時間延長に伴い、仕入れ時間の変更』など

Q(情報)システム開発と(情報)システム構築

教えて下さいm(_ _)m
(情報)システム開発と(情報)システム構築に違いはあるのでしょうか?色々調べたのですが違いがわかりません(;;)ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください!!よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

システム開発とは、まさにプログラムを開発する事をいいます。

システム構築とは、実際の運用が出来る様に環境を作ることです。
例えば、スタンドアロンのPCにワープロや表計算ソフトをインストールして、プリンタやインターネット接続の環境設定をする事も、システム構築です。

システム構築の一部で、システム開発が行われる場合がある、ということです。

Q戦略的意思決定とは?

戦略的意思決定とは分かり易くいえばどういう意味でしょうか?

教えてください

Aベストアンサー

分かりやすく説明します。

戦略的意思決定とは、経営・コンサルティングの世界における
究極といえる到達点・その課題のことを意味しています。

基本となるのは『何が問題なのか』を徹底的に追求し、
それに基づいて戦略を組み立て、実行していくことになります。
この問題を考え、定義し、追求することを戦略的と言います。
対義語は戦術的意思決定(与えられた課題に対して答えを出す)です。

例えば『来週の試験で満点を取る』という課題に対して
対策を練り、使用すべき教材を選択し、学習を行う。
これは戦術的意思決定と言えます。

『女の子にモテたい』という場合は戦略的意思決定が必要です。
不明瞭な課題に対し、現状抱える問題を洗い出します。
ファッション、言葉遣い、マナー等の知識が必要になりますし、
実際にモテる人のデータを収集したり、今後の傾向を把握し、
今後のビジョンを構築する必要があります。
それぞれの改善策についてもリスクを考慮する必要があるし、
(例:日サロで焼く→特定層からモテて特定層からモテない)
カリスマと呼ばれるには先見性・革新力も必要ですね。

そして意思決定から行動を起こすプロセスを経るわけですね。
企業であれば企業の信念や、溢れんばかりのリーダーシップなど
数え切れないほどの要素も含まれています。

実際に企業を飛躍的に成長させた人物、
企業のピンチを救った人物などの戦略的意思決定を知ることで
多くの学ぶべきことを得ることができるでしょう。

問題が決まっていれば、正解も決まる。
不明瞭な課題に対しては正解はありません。戦略的意思決定は、
そうした状況においても正しい問いを作り出し、正しい答えを
創造する。そこが究極と言われる所以なのでしょう。

分かりやすく説明します。

戦略的意思決定とは、経営・コンサルティングの世界における
究極といえる到達点・その課題のことを意味しています。

基本となるのは『何が問題なのか』を徹底的に追求し、
それに基づいて戦略を組み立て、実行していくことになります。
この問題を考え、定義し、追求することを戦略的と言います。
対義語は戦術的意思決定(与えられた課題に対して答えを出す)です。

例えば『来週の試験で満点を取る』という課題に対して
対策を練り、使用すべき教材を選択し、学習を行う...続きを読む

Q営業支援システムの一種?

半年くらい前にテレビで紹介されていたらしいのですが、
詳しくわからないので知っていれば教えてください。

名前は分からないのですが、内容は
外回りの営業マンのトーク内容をすべてコンピュータに記録していって、
それを解析させ、その人の評価につなげるというような感じのものです。
実用されているものか、まだ研究段階なのかもわからないのです。

曖昧な表現しかできませんが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

テキストマイニング技術のことではないでしょうか。
膨大な文書から問題点、ニーズなどの示唆を抽出する技術で、最近実用化されつつあります。

少し検索してみたとこと、オムロン子会社の記事が見つかりました。営業日報等の営業支援システムに蓄積されたデータを解析するサービスを展開しているようです。

テレビで紹介されていたというトーク内容の分析は、営業マンのトーク内容を記録・文字情報化し、良い業績を上げている営業マンのトークと、業績が上がらない営業マンのトークそれぞれにテキストマイニングにかけ、売れるトーク・売れないトークの特徴を抽出し、営業改革のためのインプットとしようとしているのではないでしょうか。

参考URL:http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/JIREI/20090227/325628/

Q【意思決定】あなたが最近した意思決定って何がありますか?

【意思決定】あなたが最近した意思決定って何がありますか?

Aベストアンサー

おはようございます。
ずばり【一日一善】ですかね。
今迄があまり、世のため人のため社会のため地域の
ためということをしてこなかったので、何か良い
ことをするように努めています。
それをしたことで、変わるかどうかは定かではありま
すが、することによって、自分の心が綺麗に浄化された
ようになります。
まぁこの意思決定を継続していきたいと思います。
ではでは。

Q営業支援システムの有効活用方法について

社内で営業情報システムを導入しようとしています。問題山積みで
(1)営業が日報を書く文化がない(かれこれ50年)
(2)マネジメントすべき部長連中が必要性を感じていないのに、導入だけ賛成している。
(3)事務一般を忌避する風潮があり、それを上席者が一切叱責しない
(4)売上が並じゃなく低下しているにもかかわらず、誰も責任を取らない上、対策もない
(5)そのような上司を見ている部下も当然それに習い、スキルが下がる
(6)数字に弱い
(7)仕事の手法を変えたがらない
(8)システム導入に表向き賛成している部長連中がその使い方がわからないと相談してくる
(9)システムを入れてもどうせ使わないと、導入に賛成している部長連中が平気で言う。
以上のような環境でどのようにシステムを導入し、上手に使いこなす事が出来るでしょうか?SFAを導入し、運用に苦労した方のお話等、このようにして営業が変わった、システムを受け入れられたと言ったご体験をお持ちの方からのご意見・ご助言を頂けないでしょうか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

自分はこの類のソフトウェア開発に携わったことがあります。

上記のパターンはまずシステム導入しても成果をあげるのは
難しいと思います。情シスの権力(もしくは、推進役)が
かなり強力なリーダシップ力を持って、トップダウン形式(社長が
推進役)で進めないと必ず失敗します。
SFAという魔法のキーワードに踊らされないようにしてください。

ただし、(2)のように導入を賛成されているマネージャがいらっしゃ
ることが救いです。
彼ら自身を推進役にすることができれば成功の可能性があります。

Q意思決定支援システム

意思決定支援システムに必要な機能とITとは何だと考えられるでしょうか?

また今後の日本企業においてマネージャーの意思決定に必要な事とは何なのでしょうか?

どちらか一つでもいいので考えをお聞かせください。

以前に同じ質問をしましたが、そちらは削除してもらいます。

Aベストアンサー

今後の日本企業においてマネージャーの意思決定に必要な事
 =早く決断し、実行する。間違えたら、直す。

従って、情報収集以外に特別に「意思決定支援システム」を必要とするような軟弱さでは困ります。さいころひとつで良いのでは?

QクレジットカードのシステムとPOSのシステムは連動してないのでしょうか?

宜しくお願いします。

POSシステムでは、レジで打ち込んだ内容がデータベースに登録され、マーケティング活動に利用されると理解しています。
しかし、クレジットで決済した時には、カードの内容及び購買情報(氏名、年齢など)がPOSシステムと連動していないため、マーケティングに利用できないとききました。

POSシステムとクレジットの決済システムは連動していないのでしょうか?
また、クレジットカードは現在磁気カードからICカード化する予定ですが、POSシステムとの連動を踏まえて端末の設置を行う予定なのでしょうか?

システムについて無知なため、分かりやすく教えていただけると助かります。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本的に、誤解があります。
POSは あくまで、自社用。
クレジットカードの処理は、社外の処理。
クレジット会社が欲しい情報は、カード番号、売上げ金額、支払い方法、(ICになって、暗証番号)です。これらは、自社にとって、まったく不要な情報(集めると逆におかしい)
重複する、情報は、合計金額のみ、よって、まったくシステムは別物です。
大型店舗で、たまたま、マシンが共用になっているものもありますが、機械部分だけの話で、システムはまったく別。

たとえば、こうです。
バーコードスキャン。*点のお買い上げ。合計金額 ****円。
支払いが、カードとのこと。
入金処理を、カードに指定。
合計金額を、総売り上げ と 売り掛けに 加算 
(現金売上げには 入れない、でないと、閉めの現金が合わない)
これで、POSレジは終了。(データ収集の落ちは無い)
決済金額をカード金額に転送。カードスキャン。支払い方法入力。暗証番号入力。カード会社データ転送。与信OK返信。プリントアウト。

普通の、小売店は、POSレジと カードデータ送信マシンは、別物、
レジで合計金額とって(情報集めて)、カードマシンに金額打ち込みます。(データ送ります)

基本的に、誤解があります。
POSは あくまで、自社用。
クレジットカードの処理は、社外の処理。
クレジット会社が欲しい情報は、カード番号、売上げ金額、支払い方法、(ICになって、暗証番号)です。これらは、自社にとって、まったく不要な情報(集めると逆におかしい)
重複する、情報は、合計金額のみ、よって、まったくシステムは別物です。
大型店舗で、たまたま、マシンが共用になっているものもありますが、機械部分だけの話で、システムはまったく別。

たとえば、こうです。
バーコード...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報