先日、金にハンダ付けしようとしたら、金がハンダの中に溶け込んでしまいました。金の融点は約1000度ですが、ハンダがそんな高温になるとも考えられないですよね。なんでですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

shopboyさんが見たものは、実際にはAu単体ではなく、合金化したAuSnの液体(AuSn2 とか AuSn4)です。

金属の状態図を見ると金含有量が40%以下ならば、309℃以上でAuSn2や、AuSn4の合金を作ることがわかります。
    • good
    • 0

軽く調べてみました。

最終的な回答にはなってないのは、ごめんなさい。

「金にハンダ。。。」の金とは、当然、金めっきのことですよね?
と仮定して。。。金めっきを行う主な理由は、ハンダ濡れ性の確保です。

そもそも、金は錫を含む溶融ハンダへの溶解度が大きく、また、SnとAuSn2などのもろい金属間化合物ができやすい。
だから、金めっきは濡れ性確保できるギリギリの薄さ(10^-8m以下)にしてはんだすると、金めっきは溶融ハンダの中に溶解し、実際には、金めっきの下地に使われているニッケルめっきと接合することになります。

ということは、「金がハンダの中へ溶け込んでしまった」のは、現象としては正しいということのようです。
あとは、金と溶融ハンダの問題なので、化学やさんとか金属材料やさんにご意見を伺えばいかがでしょうか。
    • good
    • 0

 合金というのが先ず頭に浮かびますが、これは両方の金属とも融けないと出来ない物ですから、違うと思います。

金はほとんど反応しない(だから貴金属なのですが)物質ですから、化合物になったことも考えられません。私も良く判りませんが、固溶体を形成したのではと思います。要するにハンダが金の中に溶け込んでしまったのでしょう。
    • good
    • 0

状態図を見て見れば,組織の状態が分かるので、なぜかの理由が想像つく(わかる)と思いますよ。

今、手もとのにAu-ハンダ(Sn-Pb)状態図ないので直接的なアドバイスはできませんが、一度調べてみてください。ハンダと金だと、どこかにあると思うのです。。。ちょっと、調べて見ましょう♪
    • good
    • 0

水銀に対して多くの金属が溶ける(これを化学の世界でアマルガムといいますが)のと同様、液体状態の半田が金を取り込んだのではないでしょうか。



 一般的に、構造が似た溶質と溶媒が解け合うように、ともに金属結合の類似構造。ということで、溶解したものと思います。

 ま、融点800℃の塩化ナトリウムが100℃以下の水に溶けるのと同様…と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。NaClの例は解かりやすいですね。

お礼日時:2001/04/18 20:06

もう少し具体的な状況を教えてください。


金の形、大きさ、純金かなど。金と何をハンダ付けしようとされたのか。
溶け込むとは元の金がどうなってしまったのか。
興味を持ちましたのでお聞きします。

この回答への補足

 早速の回答ありがとうございます。では、そのときの状況について詳しく述べます。

 金は純金で、長さは3~4ミリ、直径が0.5ミリほどの針の形をしています。その金の針に50ミクロンの導線をつけようとして、ハンダ付けという手段を選びました。そこでまず、半田ごてにハンダを溶かして乗せて、その溶けているハンダに金の針をほんのちょっとだけうずめて、ハンダを金の針のほうに乗せようとしました。ところがそこで、金の針が短くなっていることに気が付き、「これは?」と思っているうちにみるみる金の針が全てハンダに溶けていって跡形も無くなってしまったのです。

補足日時:2001/04/18 19:56
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【半導体のハンダ付けについて質問です】 質問1: 機械溶接でのハンダ付けは理にかなっていますが、個

【半導体のハンダ付けについて質問です】

質問1:
機械溶接でのハンダ付けは理にかなっていますが、個人で既存の既製商品に追加で基盤ハンダ付けする場合はハンダ付けは適していないのでは?

ハンダ付けの特徴はハンダは浸透性があって、微細な機械溶接なら半導体にハンダを使うメリットがありますが、追加で個人で半導体に溶接する場合、ハンダは逆に既存の半導体回路基盤内部に浸透するする恐れがあるのでハンダ付けは間違いだと思います。

質問2:

半導体=ハンダ付けが当たり前というか常識になっているので半導体にハンダ付けしますが、ハンダの膨らみは薄ければ薄いほど良いのでは?

こんもり山のように雨滴、水滴のようにふっくら盛るのは間違いでベターと平らに塗る方がハンダ付けは上手いと言えるのでは?

工学と科学はバカなので物理学で質問します。

Aベストアンサー

最近はマンガにも出て来ますが半田付けにコテなど使いませんよね、既にハンダは流してあり熱風を当てるだけ。後から付け加える事は無視されて居ます。ICからLSIの世界にコテは馴染みません。今の半田付けは凸では無く凹です。

Q2成分系の共融点と,単成分の融点の関係

たとえば今,融点が2000Kの物質Aと,融点が1500Kの物質Bがあるとします.

これが共存する場合の共融点は,物質A, B単体の融点とはかなり異なる値を取りますよね.
(大抵は低い温度になる?)

これって何故なんでしょうか.
単純に考えると,どちらかの物質の融点に引っ張られても良さそうな気がするのですが.

Aベストアンサー

 
 
 一般常識的に「融点」をすごく単純に言うと、結晶の構造が熱振動に耐えられずにバラバラになる温度、結合エネルギ≒熱エネルギ; 物質の温度とは熱振動の激しさのことである; というイメージを自分のものにしましょう、役立ちます。
 ほとんんどの場合、単一物質の均質な結晶構造より 異質な物質同志の結合構造の方がどこかに弱点ができてしまう、ということで共融点のほうが低い。 しかし 耐熱合金 など 逆に強固になる組み合わせも有り、です。
 もし課題とかで困ってるのなら、詳しくは化学便覧などを見て「状態図」のあたりの解説を読んでくださいね。奥が深い現象です。
 
 

Q高温超伝導 高温超電導 超伝導 超電導 論文

高温超伝導体についての間違った、またはウソの内容が書いてある論文があったら紹介して下さい!よろしくお願いします!!!

Aベストアンサー

論文自体のURLをここで示すのはちょっと違反ですね。
超異説理論の紹介ですよ。うそと決まってません。
では、内容だけ紹介します。

1.高温超電導体は酸素イオンの導電体である。
2.酸素イオンはホッピングで伝導し伝導中にエネルギーを失う。
3.高温超電導体はBCS理論で説明できる。
4.高温超電導体の温度が90K以上であっても、酸素イオンは0K近辺であり、クーパー対を生成している。
5.冷却された酸素イオンは熱的に絶縁されている。なぜならバルクと結合をもっていず、かつ、超電導状態では価電子帯から熱供給をうけないためである。

Q既約、可約とは

量子の勉強をしているのですが…


『状態ベクトルにかかる回転の演算子をD(α)として

(x',y') = D(α)(x,y)

とするとき、この2次元表現を既約表現の基底で表せ。』

という問題に出会ったのですが、そもそも既約、可約の意味がわかりません。
ネットで調べても、群論をやればわかることしかわかりません。
簡単にでいいので、この問題について教えてもらえませんか?

また、物性系の研究室に行きたくて量子をやっているのですが、やはり群論もいずれはきちんと学ばねばならぬのでしょうか?

Aベストアンサー

頑張って下さいね。

「分子の対称と群論」
http://www.amazon.co.jp/%E5%88%86%E5%AD%90%E3%81%AE%E5%AF%BE%E7%A7%B0%E3%81%A8%E7%BE%A4%E8%AB%96-%E4%B8%AD%E5%B4%8E-%E6%98%8C%E9%9B%84/dp/4807900862

チョット骨が折れる本であるのは確か、ですが、物理・数学よりは実学的な、化学の本から入るのも手かもしれません。

私は教養の数学の頃から解析学より群論(線形代数)が得意でしたが、この本を読んでみて、「そっかぁ、実際にはこういう風に使うものなんだ」と、益々(知識としてだけでなく)血となり肉となるのを実感したものでした。

Q1000本の直線コイル? VS 1000回巻き普通コイル

両極の磁石の間に線があって、磁石(または線)を移動すると起電力が
磁束と電線が直交した状態でフレミングの右手に当てはまるように移動すれば、
一本の線でも起電力が発生するとおもいます。

そこで、
絶縁ポリウレタン線をつかい
線の直径0.2mm  
を1000本束にして、厚さ4mm x 幅10 mm 程度の断面積におさめて
長さは10cmとする。
抵抗は10cmあたり0.05オーム。

それを両端だけ、皮膜をとってまとめて束を半田付けして
両端を一本づつ、テスター用に接続した場合。
つまり 1000本が10cm の直線コイル(??)
という感じにする。

磁石はネオジムで、2枚ともサイズが3x10cmぐらいで 磁束密度0.4(T)
で両極のギャップは 6mmとすると コイル線の表面との距離は 1mmづつとなります。

磁石は10cmある辺と、線が10cmの所を一致させて移動させます。
設置方向は、中心から外周に向けて。
移動速度は、円形移動で7200rpm。
もちろん、回転バランスは取れているという前提です。



質問は 2点 です。

(1)この場合、起電力は見込めますか?
見込めない場合は、やはり
コイルの両端を半田付したことでショート(?)になるんでしょうか?
うまくいくための改善点があればアドバイスお願いします。


(2)もし見込める場合、
1000回巻きで円周が10cm程度の普通のコイル  と比べるとどちらが起電力が高いか?


以上、ややこしいですが、なにとぞよろしくお願い致します。

両極の磁石の間に線があって、磁石(または線)を移動すると起電力が
磁束と電線が直交した状態でフレミングの右手に当てはまるように移動すれば、
一本の線でも起電力が発生するとおもいます。

そこで、
絶縁ポリウレタン線をつかい
線の直径0.2mm  
を1000本束にして、厚さ4mm x 幅10 mm 程度の断面積におさめて
長さは10cmとする。
抵抗は10cmあたり0.05オーム。

それを両端だけ、皮膜をとってまとめて束を半田付けして
両端を一本づつ、テスター用に接続した場合。
つまり 1000...続きを読む

Aベストアンサー

1.電圧は出ますが、電線1本のときと電圧の大きさは変わりません。
(1000本あっても、電線が並列につながっているので)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報