こんにちは。

マナー的なことなんですが、屋内や食事中などに「帽子を脱がないのは失礼」というのがよくわかりません。
帽子を脱いだら髪も乱れてるので、あまり脱ぎたくないし、むしろそっちの方が失礼な気がします。
何か明確な理由があるのならわかりますが、単に昔からの慣習的なものでマナー違反というのなら納得できないんです。
帽子を脱がない→相手を不快にさせる、とは思えませんし、私はほかの人が帽子をかぶりっぱなしでも気になりません。

みなさんの意見お待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

帽子を脱ぐ、というマナーのルーツは、


昔のヨーロッパだったかなんかの、
領主や、身分の高い者に対して、
低い者が、頭を見せる、という事で、
忠誠心を見せた、という話やったと思います。

それが転じて、目上の人や、自分が敬意をもって参加している事を前提としている場では、
帽子を脱ぐ事がマナーになったようです。

転じて、それをクリアして、さらに格好よく見栄えする、
帽子を脱ぐ様のスマートさ、
なんかも、その人のステータスになったりするわけですわね。
「まあ、スマート」て話やと思います。

帽子を脱がない方がいい、というお考えも、すでにありやと思います。
時代が時代ですし。
そやけど、
問題は、
自分が接する中の、それにこだわる人に対して、
どれだけ譲って敬意をあらわせるか、て事やと思います。
自分らと同世代の仲間の集いでまで、帽子を脱ぐ事はありませんが、
目上の方で、大事な人に、わざわざ説明を必要とする主張が必要かどうか、という感じですね。
時と場合で、変えてもええかと思いますが・・・

私は、マナーってのは、それで「ルールに従う事での誠意」を示すものやと思うんですよね。正しい正しくないでなくて・・・。
    • good
    • 28
この回答へのお礼

「敬意を表して脱ぐ」、とってもわかりました。

「帽子を脱げ」と強要させられるのがイヤだったんです。
たしかに尊敬する先生は帽子を脱げなんて言いませんけど、自分から脱ぐべきですね。
マナーっていうのは「相手を気持ち良くさせるための心遣い」っていう意味合いのほかにも、そんな意味もあったんですね。
「ルールに従う事での誠意」うん、紳士ですねー^^

スマートな振舞いを心がけたいと思います。
貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/09 15:20

NO.13で回答した者です。



ryo0さんは、お寺や教会に入る時は帽子を取りますよね。神仏の前に立つ時、人間は畏敬の念から、つまり相手に対しての尊敬の気持ちからこのような行動を取ります。

それは相手が人間であっても同じなのではないでしょうか。
>「新しいこと=正しいこと」では
>もちろんないでしょうが、
>変化を受け入れる姿勢は
>必要だと思っています。
「帽子を脱がない=相手をバカにすること」は「変化」なのでしょうか?おしゃれで帽子を脱がないのは問題ないと思いますが、ファッションとして許される場面とそうではない場面の見極めをつけられるのが「大人の常識」だと思います。単にファッションや文化の問題ではないと思い、再度書き込みをさせていただきました。

気に障ったらごめんなさい。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

>人間は畏敬の念から、つまり相手に対しての尊敬の気持>ちからこのような行動を取ります。
このことは小さい頃から教えこまれての行動であって、
本能的にすることではないように思えます。
私はもし帽子をかぶってお寺に行っても、帽子は取らないように思えます。
お寺こそ重要なのは内面であると思いますし、心はとても厳かな気持ちでいます。
それを外見だけで周りから非常識と思われようが、私にとっては正直どうでもいいんです。
外見だけをみるなら寝釈仏(誤字でしたらすいません)なんてありえないでしょうし。

気に障るなんてとんでもない。
再度の書きこみ感謝しています。

私の非常識にお付き合い頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/11 14:12

帽子の種類や用途によっても違うと思います。


「脱げ」といわれたということは、「ファッション」や
「防寒」に必要と認められなかったということでしょう
どうしても、脱ぎたくない場合は、帽子の下に痛々しく
ガーゼ等を絆創膏でとめて行くと脱ぐなとは言われなくなるでしょう…
私も、野球帽を後ろにかぶったり、にっと帽なら
特に問題はないと思いますが……
夏場にはどうかな??

ちなみに、がちがちの標準服の制服だったとき、私は
思いっきり汚して、廻りに迷惑になるくらいの悪臭を
放っていったことがあります。
その後少々はずれてもあまり文句は言われなくなりました。
私服登校はしませんでしたが…
    • good
    • 6
この回答へのお礼

>思いっきり汚して、
>廻りに迷惑になるくらいの悪臭を 放って
気合ですね、きっと先生も悪臭よりははずしてる方がいいと思ったんでしょうね(笑)。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/11 13:33

 女性用のフォーマルな帽子以外は、コートと同じ外出着の扱いなのではないでしょうか。

公の場で目上の人と会う時にコートを着「ながら」話をする「心構え」が失礼なのだと思います。

>「慣習的」と言ったのは、
>「そういうもの」っていう固定観念だけで
>明確な理由は何もないっていうのが嫌だったんですが
小さい頃から親御さんに「目上の人と話す時には帽子を脱ぎなさい」と教わっては来たのですよね。疑問を持つのはよいことですが、マナーを守った上で主張するべきでは、と思います。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

>「心構え」が失礼
そうですね、自分自身の心構えの問題ですね。

>小さい頃から親御さんに「目上の人と話す時には帽子を
>脱ぎなさい」と教わっては来たのですよね
子どもの頃は帽子が嫌いでかぶってなかったので、そういうことを言われたことがないんです。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/10 13:46

帽子をかぶることが、そもそも日本人の習慣でないからでは?着物に帽子っておかしいし、ちょんまげや女性の髪結いだって、明らかに帽子かぶることを前提にしていませんよね。

昔は紫外線弱かったんでしょうか・・。

あんまりカタイ事言ってもつまんないけれど、本来は講義というのもは、緊張して、先生に敬意を持って、学べることに感謝の気持ちを持って望まなければいけないもの(私は決してそんな優秀な学生ではなかったですが)。

帽子はあくまで、「ファッション=遊びのもの」として日本に入ってきたものですから、そういう場では脱ぐのがマナーということなんじゃないでしょうか(食事も、ありがたく頂くもんです)。

昔からの習慣・・というよりも、時代背景のようにも思います。今の50歳代後半~の方なら、日々の食事もままならず、学校に通うことそのものが貴重なことであった時代だと思います。自分の意志だけではどうにもならない、厳しい時代に生きてきた方々だと思います。そういう中で育った人が、食事や勉学の場を神聖なものとし、感謝の気持ちから、みだしなみを整え敬意をもってその場に望め!それがマナーだ!!とおっしゃるのも、至極当然のことかと思います。

おっしゃるように、なんだか意味のない習慣やマナーが残っているのも確かです。ですが、やっぱり残ってる限りは何か原因や時代背景があると思うので、じっくり考えないといけないですよね。年配の人が自分の世代の価値観を押し付けるだけでは社会は成長しないですが、若い世代の者が自分の世代の価値観のみを主張するのもおかしいです。『新しいこと=正しいこと』でもないですから。

難しいですけどね~~。本当に・・。
失礼いたしました。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。

食事にしろ勉強にしろ、感謝の気持ちは大切だと思います。それが当たり前なのが、本当はすごいことなんですもんね。

「新しいこと=正しいこと」ではもちろんないでしょうが、変化を受け入れる姿勢は必要だと思っています。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/10 13:40

私も帽子をかぶるとなかなか付いた型が取れなくなってしまうので、


帽子を脱ぐ方がいい状況のありそうな日には、帽子をかぶらないなどして、対応しています。
(女性ですけどね)

私はかばんを持ち歩かないので(女性なんですけどね)、無理なんですが、
解決策としては、癖直しのスプレーの携帯用を持ち歩いて、
着席前に、いったんトイレなどで帽子を脱いで、整えてくる、というのもいいかもわかりませんね。

前提にマナーを心得てその日のファッションを考えるのも、
ちょっと楽しくてええかもわかりませんよ★

蛇足ですが、そういうチャレンジ精神で、ちゃんと着ないのに、制服廃止には反対を唱えた者です(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またまた回答ありがとうございます。
そうですね、その日1日のことも考えてかぶるかどうか決めたいと思います。

slippineggさんは女性だったんですか。
制服廃止ってまさか高校生じゃないですよね?だとしたらかしこすぎです^^

制服ってもはや1つのカテゴリーですよね。高校の頃は校則が厳しくて、ガチガチの標準服なのが嫌いでした。あれはクズすからいいのに。
こんなこと言うとまた「マナー」に触れそうなのでここらへんにしときます(笑)。

slippineggさんとはもっと色々話したいですが^^。
それではまた。

お礼日時:2003/09/09 16:38

こんにちは。



帽子の定義って、簡単に言えば、防暑・防寒・装飾などのため頭にかぶるもの・・ということです。

マナ-以前に、環境にマッチしている帽子であり着用なのかどうかで、その人の人間性まで、一瞬にして評価されかねません。
マナ-違反しても一向に構わないんですが、その代償はあなたのその人間性や親の躾にまで及ぶ、想像以上の覚悟が必要です。


小生は、いつでもどこでもかぶっている一般人を見ると
マナ-よりもなによりも、随分・・頑固な人やなぁ・・
と思ったり、ハゲ隠しかいなと思ったりします。

いづれマナ-はそんなに気にしなくても、社会に出ますれば、あなたの帽子観に関係なく、否応なく判って来ます。

職業上、終日制帽やヘルメットかぶっている人を見ますと
これまた、蒸れて辛いだろうなぁ・・などと思ってしまいます。以上余談的レスで失礼ですが、ご参考まで
    • good
    • 3
この回答へのお礼

気さくなご意見ありがとうございます。

社会にでればまた変わってくるんでしょうね。

なんか色々な方からの回答で、毎日帽子をかぶってるみたいになってますが、
もちろん日によりけりです^^。

お礼日時:2003/09/09 16:21

時は中世ヨーロッパの話になります…


男性はシルクハットをかぶりコートを着る
女性はハイヒールを履き、日傘をさして、帽子をかぶっていた…
実に優雅と思いきや、本当の理由はすさまじい物でした…
人糞を窓からばら撒くのが当たり前だったんです。
ですから食べる時にはたまねぎの皮ではないですが一番外側にまとっている物を脱ぐのが礼儀だったんですね。
男性も日傘…でしたら帽子をかぶったままと言うのもアリだったのかもしれませんが…
『昔からの習慣』と言うものは恐ろしく、それが正しかろうが間違っていようが、
『昔っからやっている事だからやって当たり前』と言う頭でっかちな大人がいるせいで今でも続くんです。
『俺のオヤジがこんな態度をしていたからこれが正しい振る舞いだ』と言う事です。
どう考えてもおかしい事も一杯ですね。
ですが、『違う事をしている人』は『叩かれる(村八分にされる)』と言うのも事実なんです。
ですからここはグッと堪えて甘んじるか、帽子をしたままでいい理由付けを切々と語るか…どちらかしかないかと思います。
信じられないでしょうけれど、傘が無かった頃、傘を発明した人が雨の中傘をさして歩いていたら
周りは『何とこっけいな格好をして歩いているのだろう』と思ったそうです。
帽子をかぶりっぱなしで済むようにがんばってみてくださいね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

昔からの習慣て、当然良い事も悪い(おかしい)事も両方ですよね。マナーも全部が全部良いはずがないと思って、質問したんです。
良い習慣は残って悪い習慣がなくなって欲しくても、現実には逆だったりしますよね。
帽子には、将来、かぶりっぱなしがマナー違反でなくなっても、敬意を表すと言う意味合いは残って欲しいと思います。

中世の話は聞いたことがあります。だから家の階の数え方も違うってやつですよね。
一人だけ傘をさすのってカッコイイですよね。でも当時は逆なわけで...

ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/09 16:18

マナーとは人に不快感を与えない為の協調のルールです。


別に本人が納得できる出来ないの問題では無いでしょう。
>帽子を脱がない→相手を不快にさせる、とは思えませんし
とありますが、不快に思う人は大勢いると思いますよ。質問者さんの周りでは大学の教授以外にはいないのですかね?社会に出れば大勢いることが実感できると思うのですが・・・
>帽子を脱いだら髪も乱れてるので
これもマナー違反です。人に合うときは身だしなみを整えるのもマナーです。
もっとも質問者さんが
>私はほかの人が帽子をかぶりっぱなしでも気になりません
と言うようにこの辺りは個人差が大きく出ます。TPOとそれに伴う影響を正確に判断できればマナーを守る・守らないは個人の自由で問題無いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね、不快に思う人も多いでしょうね。

>>帽子を脱いだら髪も乱れてるので
>これもマナー違反です。人に合うときは身だしなみを整>えるのもマナーです。
これについては先程も書いたのですが、帽子をかぶるとクセづいてしまい整えようがないんです。(だったらかぶるなと言われたらそれまでですが。)

回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/09 16:02

それがマナーだからです。


それ以外の回答はありません。
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q帽子のマナーについて、私を、納得させてください。

どうか、私が納得できるお答えをください。

私は元々、既成概念などを鵜呑みにするタイプではなく、自分の納得できる方法を模索して生きています。
独学だったり、自分で研究したり工夫したりして、さまざまな分野のことを、独自のスタイルですることが多いです。
感謝の気持ちと、筋を通すことと、何かのプロになればプロ意識を忘れないこと、これらは心に留めているつもりです。

私は自分が正しいとも思っていませんし、世の中にはさまざまなお考えの方がいらっしゃることも存じ上げているつもりです。
ですから、普段は、自分の考えを主張しませんし、ほかのご意見にも耳を傾けます。
意見を求められたり、相談を受けたときは、「私ならこう考えます」「私ならこうすると思います」という言い方をします。

マナーに関してもですが、納得できる、意味のあるマナーなら、守りたいと思います。
しかし、「マナーだから」「礼儀だから」「失礼だ」という答えしか得られない、その理由がどこにあるのか分からないマナーについては、日々、疑問に感じます。
ですが、「マナーだから」「礼儀だから」「失礼だ」というお考えを堅くお持ちの方がいらっしゃることは承知しておりますので、そのような方に何かを指摘されましたら、「無知で申し訳ございません」と、謝罪した上で改めて、謙虚な姿勢を貫きますが……
(やはりそこには、信念はあっても、自分が世の中の絶対だとは思っていない、思ってはいけない、という考えがあるからです)

そこで帽子についてです。
こちらでなら、いろいろなご意見がうかがえそうなので、ご質問したくなったのです。
帽子を脱がなくては失礼だ(特によくあるのが食事中は失礼だとか、目上の人の前では失礼だとか、でしょうか)、という考え(マナー)の根拠を、どうか、私に教えてください。
「マナーだから」「礼儀だから」ですとか、「西洋からきたマナーだから西洋のマナーに従うべきで……」とか「いや、ここは日本だから日本では昔から……」というような類いの理由も、私の中では納得できておりませんので、申し訳ございませんが、別のお答えをお願いいたします。

ちなみに申し上げますと、私の考えはこうです。
帽子を脱ぐ脱がないは、何も人に害を与えるものではなく(もちろん、『マナー』に厳しい方には不快な思いをさせてしまうのでしょうが、その『不快な思い』の意味を私は知りたいのでありますし、危害を与える、迷惑をかけるという意味での『害』です)、中には、帽子を取れない理由のある方もいらっしゃると思うのです。
例えば、私は4センチ四方の円形脱毛症になったことがございます。
私は幸い、部分かつらを買うことができましたが、大変高価なものです。
それを買うことができなくて、その部分を隠したくて、帽子をかぶっておられる方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。
頭髪が薄いこと、頭髪がないことを、とても気にされて、悩まれておられる方もいらっしゃるかもしれません。
もしかしたら、ものすごくファッションにこだわっておられて、その方にとっては、帽子から靴までのこのコーディネートこそ完璧だ、と思われていて、それをどうしても崩したくない方もいらっしゃるかもしれません。
私は別に、どんな理由であれ、帽子をかぶることに、なんの罪も感じませんし、失礼だという概念すらございません。
ですが、先ほど述べました通り、私の場合は、意地になってまで「脱がない!」などと主張しませんが、本当に、このマナーに関しては、私にはどうしても意味が見いだせません。
帽子を脱ぐ、脱がないの議論すら、空虚に思えるくらいです。
世の中にはもっと大切なこと、守るべきことはたくさんあると思うのですが……。

くだらない、勝手に論じてろ、帽子かぶってればいーじゃん、ウザい……などと思われた方は、そう思われても構いませんし、本当にその通りだと思います。

ちょっと、納得できるお答えに出会ってみたい、「おお~!!」と開眼してみたい、そんな感じなのです。

納得できる、できないは別としまして、真摯にお答えくださった方には、きちんと耳を傾けますし、心より感謝いたします。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

どうか、私が納得できるお答えをください。

私は元々、既成概念などを鵜呑みにするタイプではなく、自分の納得できる方法を模索して生きています。
独学だったり、自分で研究したり工夫したりして、さまざまな分野のことを、独自のスタイルですることが多いです。
感謝の気持ちと、筋を通すことと、何かのプロになればプロ意識を忘れないこと、これらは心に留めているつもりです。

私は自分が正しいとも思っていませんし、世の中にはさまざまなお考えの方がいらっしゃることも存じ上げているつもりです。
ですか...続きを読む

Aベストアンサー

とても、興味ある質問なので、一言参加させてください。

私は思うのですが、マナーや常識って、あるコミニュティ内の
感情的な多数決で決まるものだと思います。

ある行為をコミニュティ内の人達が不快に思う人が多ければ、
その行為はマナー違反になるのです。
そして、不快に思う気持ちは、そのコミニュティ内での
生活環境から生み出されるものだと思います。

例えば、日本ではご飯を食べる時にお茶碗を持って食べ
他の国(コミニュティ)では、置いて食べるのですが
このように、それぞれのコミニュティ内で法則(方法)が決まり
それに反すると、人は不快(違和感)を覚えると考えます。

こう考えると、不快に思う事に理由を考えるのは無意味と思います。
それは、持って食べる、置いて食べる、それぞれ理由があるとしても
正反対の理由になる可能性があるからです。

もう一つ別な見方で、人が不快に思う事に理屈をつけられないという事。
不快感って理屈ではなく、いやなものはいやなんです。

sunnday111570様が不快に感じる人が目の前いたらどう思いますか。
例えば、くちゃくちゃ音を立てて口を開けて食べている人が目の前にいて
sunnday111570様はどう思いますか。
迷惑かけないから、もしかしたらそのような食べ方しか出来ない人なのか
と思いますか。

マナーって人間の感情から来るとこで、理詰めで考えるものじゃないと思います。

とても、興味ある質問なので、一言参加させてください。

私は思うのですが、マナーや常識って、あるコミニュティ内の
感情的な多数決で決まるものだと思います。

ある行為をコミニュティ内の人達が不快に思う人が多ければ、
その行為はマナー違反になるのです。
そして、不快に思う気持ちは、そのコミニュティ内での
生活環境から生み出されるものだと思います。

例えば、日本ではご飯を食べる時にお茶碗を持って食べ
他の国(コミニュティ)では、置いて食べるのですが
このように、それぞれのコミニュティ内で...続きを読む

Q室内での帽子の着用

室内での帽子の着用は、女性の場合はマナー違反ではなく、男性の場合はマナー違反だと聞きました。
それは本当ですか?
もし本当ならば、その違いは何なのでしょうか?
また皆さんは室内(例えばコンビニやスーパー、レストラン等)での帽子の着用についてどう思われますか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

いやいやそれは違いますよ。
男女問わず、室内では帽子着用はマナー違反ですよ。
まぁコンビニやスーパーなどでは、マナー違反とみなされませんが、
レストランとなると食事をとるところですからね。
マナー違反というか、礼儀知らず、作法知らずとみなされます。
でも、最近の親はそういった礼儀や作法に知らず、平気で帽子着用
で食事を取っている子供の姿を、私は何度も目にしました。
これこそモラルハザードですよね。
こういう行為は、親の教育や躾に問題があるように思われます。
やはり、室内での帽子着用は、相手に対しての失礼な態度でマナーの欠落
とみなされ、相手に不快な思いをさせる行為なので、できれば、室内では
帽子は取ったほうが良いかと思います。
もし、質問者様が家に食事の招待で友達を招いて、その友達が帽子を取らずに
自分のつくった料理を食べたとします。
なんか違和感があって、嫌ですよね。
私でしたら、許せない行為で礼儀知らずな人とみなしてしまいます。

Q帽子をかぶっているのはマナー違反?

よく、帽子をかぶったまま挨拶をするのはマナー違反って言いますよね?
私もそう思うし、立場上そういう指導をしている。
でも、よくよく考えたらその理由をあんまり知らなかったのです。
だれか、知ってる人いますか???
是非教えてください!

Aベストアンサー

 帽子は元来外出するときに日よけや埃よけにするものですから、用途の面から、屋内に入ったときは脱帽するのが自然だとされていました。そこから、「屋内では脱帽」がまずマナーになったようです(正式の夜会や演奏会などで、コートと帽子をあずかるのはこのため)。
 これがやがて意味を変えて「帽子をかぶっているのは略礼(道中かぶっていて夜会では脱ぐから)、脱いだ状態が最礼式」という発想が生まれたらしく、挨拶のとき、屋外でも軽く帽子を脱ぐ(脱ぐまねをする)という風俗が19世紀末ごろから確立して現在に至っているようです。この慣習が成立するにあたっては、軍隊のちからがあずかって大きかったらしく、帽子を大切にした軍人たちのあいだでまず確立したものが一般社会にひろまったようです。これがさらに変化して、人との挨拶以外にも、ごく正式の儀式の際には、屋外でも脱帽するのがマナーであるとされるようになったのでしょう。
 ちなみに正式の場では、屋内においてはたとえシルクハットでも着用しているのは非礼になります。

Q食事の時に帽子って?

先日ホテルに宿泊するチャンスがあり、エクゼクティブフロアのハッピーアワーで目にした光景です。
日本人家族の息子(25~26)が帽子をかぶったまま飲食をしているのです。帽子はキャップスタイル。
ホテルのスタッフも注意するで無かったのですが、とても違和感を感じました。と同時に何かこちらの方が恥ずかしくなって、そそくさと席を立ちました。
翌日も、日本人のカップルで男性が帽子をかぶったまま、同じような場面を観ました。

さて皆さんに質問です。ゴルフ場などは帽子をかぶったままレストランで食事は、マナー違反になりますが、今はこういったことは、緩くなってしまったのでしょうか?
この場合は、男性の帽子についての質問です。

Aベストアンサー

みなさん勘違いして居られる方もありますので・・・・
帽子の種類も様々あるんですよ。キャップとハッとじゃ違いますし、女性の帽子もツバの広いブリムハットからツバのないビギンタイプまで様々です。女性が食事の時や室内で着席した場合に着帽のまま許されるというのは、帽子の種類によりますね。いくらエリザベス女王でもダービーの時にお召しになるようなツバの広いブリムハットを着用したままお食事を摂られることはありません。着帽のまま食事をされると言うのは、髪飾りなどと同じ扱いの帽子に限ります。
基本的に男女を問わず室内に入り着席する場合はコートを脱ぎ、脱帽するのが礼儀です。もっとシビアに言うならコートや帽子を脱ぐのは部屋に入る前ということになります。
一流ホテルのレストランでは、中に入る前にボーイがコートと帽子を必ず預かりますよ。
ですからインドアで着席する場合には性別に関係なく脱帽しなければならないのです。もちろん鉄道や航空機の客室内でも同じです。実際には都バスや地下鉄でも一々帽子を脱ぐと言うのもナンセンスな話ですが、せめて新幹線の車内では帽子を脱いで欲しいですね。ちゃんと「帽子掛け」という名前のフックが車内にはありますからね。余談ですが私は都バスでも地下鉄でも乗って座れば帽子を脱いで膝の上に置きますけどね。

たしかに脱帽のルールが守られていない、規制が緩くなった、マナーを知らないと嘆きますが、それを教えない親や学校、会社などが問題なのです。

みなさん勘違いして居られる方もありますので・・・・
帽子の種類も様々あるんですよ。キャップとハッとじゃ違いますし、女性の帽子もツバの広いブリムハットからツバのないビギンタイプまで様々です。女性が食事の時や室内で着席した場合に着帽のまま許されるというのは、帽子の種類によりますね。いくらエリザベス女王でもダービーの時にお召しになるようなツバの広いブリムハットを着用したままお食事を摂られることはありません。着帽のまま食事をされると言うのは、髪飾りなどと同じ扱いの帽子に限ります。
...続きを読む

Q客室乗務員はなぜ帽子をかぶらなくなったのですか

ずっと以前には、飛行機の客室乗務員は帽子をかぶっていた場合が多かったと思いますが、現在ではなぜ帽子をかぶっていないのですか。

Aベストアンサー

こんばんは。(*^。^*)
不況で、どこの企業も経費の節約を考えますね。
航空会社の場合、客室乗務員の制服の一部であった
帽子を、経費節約のために廃止したのだと思いますよ。
帽子は特に無くても支障のないものですので。
参考までに申し上げました。(*^^)v

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q仕事中に帽子を被るのは

初めまして、4月から会社で働いている者です
そこの仕事場は服装、髪型自由といった所なのですが
できればこれから帽子を被って仕事をできたらなと考えています
髪がボサボサなので帽子を被った方がスッキリとし頭を気にせずに
仕事に集中できると思います
やっぱり室内で帽子を被る事は周りの方達に失礼でしょうか?

Aベストアンサー

一般常識的には失礼だと思います。私も前の職場にキャップをかぶっている先輩がいましたが、お客さんが来ている時は、さすがに取っていましたね。

あと、帽子をかぶる理由が「髪がボサボサだから」というのは受け入れられないと思います。髪がボサボサで仕事に集中できないのなら、ボサボサの髪を整えようとするのが社会人です。

甘えないで頑張って整髪するか、整えなくてもよい髪形にされるのがよいと思います。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q礼儀の由来。

室内に入ったら、コートやマフラーを取るのはあたりまえな行為ですよね。
特にビジネスシーンでは・・。
しかし、なぜコートやマフラーをとらないと失礼にあたるのでしょうか?

『コートや帽子は主に屋外の服装の汚れ除けという観念があります。
屋外の服装の汚れ除けを室内の会議や会食のときに着ていることは誰が見ても感じが悪いことでマナー違反です。』

こんな意見も見つけたのですが、実はこうですよ!
なんてお話がありましたら、是非教えてください。

当方この習慣には肯定的なのですが、新人に対する教育でしっくりくる理由があると伝わり易いかな?と考えております。

是非宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

アメリカ在住の頃、私の聞いた話です。

コートやマフラーをつけたままお話をするのは、執事とかメッセンシャーボーイなどの、玄関先までしか入ることの出来ない人たちの礼儀で、それを友達とかビジネスパートナーに対してするのは対等の付き合いを表さず、「相手の接待を受け入れたくない」と意思表示をすることになると説明されました。

ですので、友達やパートナーとして遇したときは、コート・マフラーを脱がないほうも失礼ですし、コート・マフラーを預からないほうもマナー違反です。

映画で、友達がコートを着たまま主人公の家にズカズカ入り、説得をするよな場面がありますが、このとき言外に「この説得を聞かなければ、お前と絶交するぞ」と表していることもあります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報