ミステリアスな女性、秘密をもっている女性が登場する小説を探しています。

ジャンルはミステリー、ホラー、恋愛などなんでもいいです。ただし時代小説以外でお願いします。
回答よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

夏目漱石『虞美人草』。


奥田英朗『サウスバンド』。

金原ひとみ『蛇にピアス』。

車谷長吉『赤目四十八瀧心中未遂』。

森博嗣 Vシリーズ。『黒猫の三角』ほか。

多島斗志之『症例A』『追憶列車』。

栗本薫『魔女のソナタ』。伊集院大介シリーズ作品。

島田荘司『涙流れるままに』。

京極夏彦『狂骨の夢』。
帚木蓬生『インターセックス』。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなにたくさんありがとうございます。
さっそく図書館でチェックしてみようと思います。

お礼日時:2011/02/27 16:24

1940年代が舞台の洋書ですが


コーネル・ウールリッチ(別名ウイリアム・アイリッシュ)著

『黒衣の花嫁』
『幻の女』

謎の女性の復讐の話ですが、二時間ドラマでも良く使われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おもしろそうですね。図書館で借りてみようと思います。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/02/27 16:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「完全犯罪を考えるのは犯罪者とミステリー小説の小説家だけだ」ミステリー小説で感心した完全犯罪の粗

「完全犯罪を考えるのは犯罪者とミステリー小説の小説家だけだ」

ミステリー小説で感心した完全犯罪の粗筋を教えてください。

本のタイトルを覚えてなくても良いです。

どういう完全犯罪で感動したのか教えてください。

Aベストアンサー

天藤真さんの「大誘拐」ですね。
どの完全犯罪話も最後は犯人が捕まりますが
この話では100億円を奪っておきながら犯人は捕まりません。
まさに「完全犯罪」。

Qこんなミステリー小説もしくはホラー小説を探しています。

こんなミステリー小説もしくはホラー小説を探しています。

田舎の町や村が舞台で、その地にまつわる伝説や祟りに関係する
殺人事件が起こり、地元の人間はその事件について語ろうとしない。
地元の人間ぐるみの犯罪か?
それとも本当に祟りなのか?
もしくは第三者が地元住民や祟りの仕業に見せかけた犯行か?
みたいな物語を探しています。

八つ墓村、ひぐらしのなく頃に のような感じの物語を探しています

『黒祠の島』『その携帯はXX(エクスクロス)』以外でお願いします。

Aベストアンサー

田舎の学校に転校して。。。
どっちかというと学校の怪談ですが、
綾辻行人のAnother
は殺人事件が起こる、
周りの人間が口を閉ざす、
語られない秘密がある、
ミステリー要素もある
という点で
嗜好に合うホラー&ミステリー小説だと思います。

Qホラー・ミステリー小説じゃないけど「怖い」小説を教えてください

例を挙げると、吉田修一の「パレード」のように
普通の現代小説かと思って読み始めたら
どんでん返しがあった、結末が怖かった、という
小説を読みたいのですが、おすすめがありましたら教えてください。

また、村上龍「オーディション」のように、
純文学作家が書いた怖い小説でもかまいません。

Aベストアンサー

河野多惠子さんの「不意の声」(講談社文芸文庫)
「後日の話」(文春文庫)などはどうでしょうか。
純文学の大家ですが、背筋がぞくぞくするような
不穏な気配の作品が多いので、この二作品以外に
もあたってみてください。

Q女性同士の愛憎を描いた小説or魅力的な女性キャラが登場する小説

上記の、質問文のような小説をご存知でしたら、教えてください。
女同士の絡みがあるような本が読みたいのです。同性愛的な描写があるのも大変好みです。
ドロドロしていて、愛と憎が絡み合うような小説を教えてください。

または、”ワルイ女””強烈な女”が出てくるような小説でも結構ですので、ぜひ教えてください。

今までに読んだ中で、
・「蝶々の纏足」、「卍」は同性愛のテイスト漂う小説として読み、嵌まりました。

・「虞美人草(藤尾がお気に入りです)」「三四郎(美禰子が最高でした)」「TUGUMI」、「ぼくは勉強が出来ない」、有吉佐和子の作品などは、出てくる女性人物が魅力的で面白かったです。

和書、洋書、時代など一切気にしないので、どうぞお気軽に貴方様のおすすめの本をたくさん教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

女性同士の恋愛小説といえば、松浦理英子氏の『ナチュラル・ウーマン』(河出文庫)をまず第一に挙げたいと思います。これはとにかく秀逸です。
次に同じ作者の『セバスチャン』(河出文庫)。氏の作品は『ナチュラル・ウーマン』を読めば他はいらないと思えるほどですが、『セバスチャン』も結構な作品だと思います。

ただ、松浦氏の作品は所謂エンターテインメント小説ではないので、「昼メロのようなドロドロとした愛憎劇」みたいなのとはちょっと違うかなとも思えますが、いろんな意味で堪能できる小説だと思います。

また、同じく女性同士の恋愛小説では、中山可穂氏の作品はどれも「泣ける」小説です。これもまた「ドロドロとした愛憎劇」というよりは「とてもせつない物語」という感じなので、お求めのものとは少し違うかと思いますが、私はとりあえず「泣きたい」時には中山氏の作品を読むことにしています(^^ゞ。

「魅力的な女性キャラ」というのでぱっと思いついたのは桐野夏生氏の「探偵ミロ」シリーズですが、こちらはエンターテインメント小説でさらっと読める感じです。同性愛要素はありません。「探偵ミロ」が事件を解決していく話です。読んだ時はとても面白く読み、「ミロはカッコいいなあ」と思いつつ読んだのですが、いかんせん、読んだのが随分昔で、さら~っと読んでしまったのであまり詳しい内容は記憶にありません(>_<)。

よかったら読んでみてください(特に松浦氏の作品を)。

女性同士の恋愛小説といえば、松浦理英子氏の『ナチュラル・ウーマン』(河出文庫)をまず第一に挙げたいと思います。これはとにかく秀逸です。
次に同じ作者の『セバスチャン』(河出文庫)。氏の作品は『ナチュラル・ウーマン』を読めば他はいらないと思えるほどですが、『セバスチャン』も結構な作品だと思います。

ただ、松浦氏の作品は所謂エンターテインメント小説ではないので、「昼メロのようなドロドロとした愛憎劇」みたいなのとはちょっと違うかなとも思えますが、いろんな意味で堪能できる小説だ...続きを読む

Qお勧めミステリー・推理・ホラー小説教えてください

急に活字が恋しくなりました。
ネットではなく本で読みたいのです。
お勧めのミステリー・ホラー・推理小説を教えてください。

貴志 祐介さんが大好きで、彼の小説は全部読んでいます。
ただ悲しいかなごくたまにしか出さない上今までの数も少なくて…
ライトノベルでは赤川次郎さんも息抜きのときに読みます。
リングの鈴木 光司さんのもすべて読みました。

逆に苦手なのは同じライトノベルでも山田 悠介さん。
軽すぎて頭が痛くなります(好きな方すみません)。
あとは宮部みゆきさんも3冊ほど読みましたが、
どうしても私には合わないようでダメでした。

最近はネットばかりで小説からもずいぶん離れていたので、
お勧めがありましたら教えてください。よろしくお願いします。
以前自分で選んで大外れを引いてしまったので…

Aベストアンサー

 今読み終わったばっかりなんですが、朱川湊人さんの「赤々煉恋」はいかがですか?ミステリーというよりホラー系だと思います。ただ怖いというより切なくて怖いし、怖いけど美しい情景を浮かびます(今読み終わったばかりでこの程度しか説明できなくてすみませんm(__)m)。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31739807
 同じく朱川湊人さんの「都市伝説セピア」(第130回直木賞候補作)も良いです。「昨日公園」は亡くなった親友を救う為に主人公が奔走するんですが、最後は・・・ちょっと意表をついた終わり方になっています。怖いというより、ちょっと切なくなります。「フクロウ男」は手紙というか独白形式になっていて、ちょっとぞっとする感じです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31684443
 原田宗典さんの「屑籠一杯の剃刀」と「優しくって少しばか」もおススメです。原田さんは爆笑エッセイで有名ですが、小説は全然エッセイと違って重いテーマや、重苦しくて切なくなる内容が多いです。特に「優しくって少しばか」に入っている「西洋林檎ワイン煮」は男女の愛憎劇とホラーが混じってますが、決定的な所は読者に想像にまかせられます。こんな女の人が彼女だったら相当怖いです(^_^;)。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30569949
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/06558622
 ご参考までに。 

 今読み終わったばっかりなんですが、朱川湊人さんの「赤々煉恋」はいかがですか?ミステリーというよりホラー系だと思います。ただ怖いというより切なくて怖いし、怖いけど美しい情景を浮かびます(今読み終わったばかりでこの程度しか説明できなくてすみませんm(__)m)。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31739807
 同じく朱川湊人さんの「都市伝説セピア」(第130回直木賞候補作)も良いです。「昨日公園」は亡くなった親友を救う為に主人公が奔走するんですが、最後は・・・ちょっと意表をついた...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報