サイコロを一回投げる時の標本空間はΩ={1,2、‥‥、6}
サイコロの目の集合ですよね。
このときの部分集合はいくつになるのか?
なぜそうなるのか?
分かりやすい解説お願いします。


ちなみに答えは64個の部分集合。

A 回答 (2件)

別法です。


要素が0個のとき・・・1通り(空集合)
要素が1個のとき・・・6通り(6C1)
要素が2個のとき・・・15通り(6C2)
・・・・・
と、要素が6個のときまでやって、全部足すと64個になりますよ。
でも、seianさんのやり方のほうがシンプルだし、速いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

要素の数は簡単に分かるのですが
計算によってどうして分かるのかを説明出来なくて
困ってました。回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/21 07:51

集合だからある要素があるかどうかで区別できると考えられます。


よってこの場合6個の要素があるわけですから部分集合は
それぞれの要素が含まれるか否かによって区別できます。
ということは1つの要素に付き"含む"・"含まない"の2通り。
これが6個ですから2^6 = 64 ということになるのではないでしょうか?
もちろんこの場合、空集合も数えていることになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分ではそのように理解していますが
うまく説明してあげられなくて困ってました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/21 07:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ