プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

数学で、数字の上にある横線の意味

A 回答 (2件)

集合の関係式の上に描かれているのであれば、補集合を意味します。

その線の下に描かれている集合に含まれていない要素を全て含む集合のことです。

また、図形の問題で2点を表す文字の上に描かれている場合は、2点間の距離を意味します。

しかし、数字の上となるとどちらにも当てはまりませんね。複素数の場合は、共役数 (実数部が同じで、虚数部の符号が逆である数) を表します。

他に何かありましたっけ?
    • good
    • 1

バーですね!


簡単に言うと「対の存在(逆のこと)」ですかね…
僕もこの間テストで痛い目みてやっと覚えました…
ついている箇所が全て逆になります!
なので全体についていると全て逆になります!
一つだけだとそこだけ補集合になります!
あと…ポイントで
不等号が≧だと<になります!
その数字を含んでいたのが逆になり、含まなくなります!
説明下手ですみません…
参考になると嬉しいです!
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング