例えば、“こうじ”“こうた”“こうき”“ゆうじ”“ゆうた”という名前を英語にすると
母音のUがなくなるので

koji,
kota,
koki,
yuji,
yuta

になるりますが、これを日本人が見たら

こじ
こた
こき
ゆじ
ゆた

と読まれてしまいます。

そこで考えたのですが
Uの代わりに“h”を使うことで

kohji,
kohta,
kohki,
yuhji,
yuhta

こーじ
こーた
こーき
ゆーじ
ゆーた

などにすると、前者の読み方よりましに読まれるかなと思うんですが
これは英語ができる方から見てどう思われますか?

このような表記は可能なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ちょっと問題が複雑なのですが、


まず、読まれ方がどうかという事であれば、普通の英語話者は母音の長短を発音し分けられません。
ですからどう書こうが無駄です。
しかし、日本語に堪能な人なら発音し分けられますし、発音はし分けられないにしても区別までつかないのは不便と思います。Kojiなら(日本人の名前に詳しいという条件の元で)コージとしかとれませんが例えばYukiはユーキかユキか分かりません。
なので、表記の区別はしておくに越したことはないでしょう。

そこでどう区別するかですが、hをつける方法は次のような利点と欠点が思いつきます。
・利点
特殊文字を使わずに済む
日本のパスポート表記に使うことができる(ohのみ)
・欠点
一部曖昧さが残る(例: Kohichi→コーイチ/コヒチ)
知らない人が変に読む可能性がある(例: Kohji→コッホジー)
ヘボン式などの一般的なローマ字を知っている人は逆に読めない

他の表記法として、一般的なヘボン式の、母音の上に横棒をつける方法(ā,ī,ū,ē,ō)があります。
こちらは利点欠点はhの裏返しです。曖昧さは無く、知らない人も上の記号を無視すれば一応読めます。
またhよりも広く使われています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にありがとうございました。

昔からの疑問がやっと解けました。

感謝♪感謝♪

お礼日時:2011/03/07 10:20

そもそもローマ字にはさまざまな表記の仕方があり、「Kohji」のような綴り方も「Koji」のような綴り方も認められているので、「ローマ字の知識がある人」なら、国籍や英語ができるできないに関わらず、両方とも「こーじ」だと容易に想像できます。



一方で、英語は堪能だれどもローマ字の知識がない人はどうか。実は英語圏では「koji」という字面を見れば「こうじー」と発音してしまいたくなるのが自然です。「こーじと呼んでください」と言ったところで「OK、こうじー」と言われてしまいます。もちろん「こじと読んでください」と言っても、なかなか「こじ」とは読めず、「こうじー」と読んでしまいます。これは「Kohji」でも同じですし、ほかに書いてくださった名前に関しても同じです。

ちなみに、私は英語と日本語しかできないので、英語もローマ字も読めない人はどうかと聞かれると、お答えできません。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご親切に回答していただきまして、ありがとうございました。

感謝!

お礼日時:2011/03/07 10:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語 代名詞 some,any,both,either,neither,all, none, eac

英語

代名詞 some,any,both,either,neither,all, none, each,
に関して、殆どが 代名詞 of A〜の形にできると思いますが、
代名詞 the\my~
のような形に出来る代名詞を教えてくださいm(_ _)m

言い方を変えますと、代名詞の後に限定詞を続ける事が可能な代名詞を教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

all, both のみと申し上げた通りです。

単独で使えば不定代名詞となるようなこれらの語がプラス名詞で用いられると、
日本では形容詞と説明することが多いです。

呼び方は大きな問題ではありません。
none というのは単独で、
あるいは none of の形でしか使えません。

逆に no プラス名詞に対して、単独なのが none と思えばいっきに none の意味・用法がわかるようになります。

every はプラス単数名詞のみで
代名詞として単独で使うことができません。

Q英語の「長母音」「短母音」とはそもそも何でしょう?

日本で英語の発音の話になると、「長母音」「短母音」という言葉が使われますが、

言うまでもなく、少なくとも米英語では、日本語と違って、母音の長短も区別がありません。(音韻上の弁別機能を持たない。)

Akahane-Yamada et al. (2001)は、一般米英語の母音を音声的な長さ別に、長、中、短、の3段階に分けてます。

短 --- /I, e, 逆さv, U/
中 --- /i:, u:/
長 --- /ei, ae:, a:, 逆c:, ou/

ところが、日本の英和辞典では、例えばbeatは/bi:t/、batは/baet/という具合に、音声的にはより短いはずの/i:/に、長音記号:をつけ、より長いはずの/ae/に、:をつけません。事実、辞書の発音の説明の欄にも、「aeは長めに発音される」とわざわざ書いてあるにも関わらずです。

cot、caughtも、発音を区別する地域なら、前者は/a/、後者は/逆c:/、音声的に同じ長さのはずの後者にだけ:があります。(辞書によっては前者も:がある。)


つまりこれは、日本の辞書の:の有無が、「音声的な長さを基準にしてない」と言うことでいいのですよね?


そこでもっと音韻的に考えると、Durand (2005)が、各母音のモーラ数の話をしています。

I, e, ae, U, 逆さv,(方言によってはaも)は1モーラ母音、他は2モーラ。その理由は、「1モーラ母音はコーダを必要とし、語末に来れない。2モーラ母音は、語末に来れる。」

例えば“pit”, “put”, “putt”等は全てコーダがあり、[*pI] [*pU] [*p逆v]というような発音は英語として有り得ない。


つまり、日本の英和辞典の:の有無の基準は、音声的な長さでは決してなく、もっと抽象的な概念で、

★「1モーラ母音を短母音、2モーラ母音を長母音」
という基準で:の有無を決めているのでしょうか?


又、英和辞典とは別に、もっと一般的に「長母音」「短母音」と言う場合は、

★ 英語本来の音声とも音韻とも全く関係なく、「カタカナ英語で伸ばす音を長母音、のばさない音を短母音」

という使い方も便宜上しませんか?

beatやcaughtは、カタカナ発音で「ビート」「コート」と伸ばすから長母音。
batやcotは、カタカナ発音で「バット」「コット」と伸ばさないから短母音。

実際の音声では、beatの方がbatやcotより短くても前者は長、後者は短、
方言によっては(おそらくほとんどの方言では)caughtもcotも両方2モーラ母音だけど、前者は長、後者は短、

という具合に。

人によっては、借用語やカタカナ発音の干渉が強すぎて、カタカナで伸ばす音を実際の英語でも長い、カタカナで伸ばさない音を実際の英語でも短い、と勘違いしてしまっている人も多いでしょう。
これは英語教育の大きな課題でしょうね。


又、ネイティブが子供の頃に習う場合、音声的な長さと関係なく、
ei, i:, ai, ou, ju: のようなアルファベット読みの母音をLong Vowels
ae, e, I, a, v のようなアルファベット読みじゃない方をShort Vowels
と呼びますが、日本人が言う長母音、短母音は、通常これとは関係ないようですね。

日本で英語の発音の話になると、「長母音」「短母音」という言葉が使われますが、

言うまでもなく、少なくとも米英語では、日本語と違って、母音の長短も区別がありません。(音韻上の弁別機能を持たない。)

Akahane-Yamada et al. (2001)は、一般米英語の母音を音声的な長さ別に、長、中、短、の3段階に分けてます。

短 --- /I, e, 逆さv, U/
中 --- /i:, u:/
長 --- /ei, ae:, a:, 逆c:, ou/

ところが、日本の英和辞典では、例えばbeatは/bi:t/、batは/baet/という具合に、音声的にはより短いは...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問は、
>>>つまりこれは、日本の辞書の:の有無が、「音声的な長さを基準にしてない」と言うことでいいのですよね?

ということでよろしいのでしょうか?

1.
ひとまず[:]が付いているものは長母音、と分類するのが素直だと思います。

2.
[α]と[α:]、[逆c]と[逆c:]は、長さは違えど同じ音ですが、
[i]と[i:]、[u]と[u:]は、長さ云々以前に全く違う音ですよね。
日本語の「イ」に近いのは[i:]、「ウ」に近いのは[u:]です。
ですから、この二者の場合は、長さというよりは発音の違いに主眼を置いて[:]をつけているという解釈でよいのではないでしょうか。

ご参考になりましたら幸いです。

Aベストアンサー

そのまんまでしょう。

セックスはない、ドラッグもない、酒もない、女もいない
楽しみはない、罪もない、おまえもいない、どうりで暗いわけだ

「No fun」の頭文字が大文字なのは、そこで歌詞の行が切り替わっているからではないでしょうか。確かに退屈そうな状況ですね。

Q母音で始まる単語の前に付く the,an について

 母音で始まる単語(apple,orange,egg...)の前に付く"the"は「ジ」と発音し、不定冠詞は "a" ではなく "an" となるのはなぜなんでしょうか?
 そのようにした方が合理的な利便性があるのでしょうか?もしくは歴史的な理由があるのでしょうか?英語を習って以来数十年の疑問です。

 それともう一つ質問です。
 yellow とか yesterday、woman や whisky など、どう考えても母音で始まるように思えるのですが、これには「ジ」とか an をつけませんよね。発音記号を見ると確かにyとかwで始まっていますが母音で始まっている単語であることに間違いないと思うのですが、、。

Aベストアンサー

これはずっと日本語を話してきている我々にとってなかなか実感しづらいのは仕方ないんです。

「ア・アップル」「ザ・オレンヂ」、ともに日本語話者にとっては何のことはない発音です。
しかし英語話者(と多くの欧米語の話者)にとって母音が連続することは発音しづらいと感じられるのです。母音の連続を hiatus(原義はしゃっくり)と呼ぶくらいです([ai, oi, ei] など初めから一つながりで発音される二重母音は別です)。

a/an については歴史的には an が本来の形で a は冠詞として使われるときは通常アクセントをもたないので弱化し n が落ちたものです。後に母音で始まる名詞が続くときは hiatus を避けるために n が保たれますが感覚的には逆に「渡り音の n が入る」とも感じられます。

the は本来は「ジー」で今でも強意的なときに聞かれます。それが冠詞ではアクセントをもたないので「ジ」、さらに弱化して「ザ(曖昧母音)」になりました。the は an と違って n のような子音がないので母音で始まる名詞でも the のままです。ただ曖昧母音よりは [i] のほうが語頭の母音につなげやすいので「ジ」のように発音されます(これについては以前「母音で始まっても子音で始まっても the の発音は変わらない」という意見を見たことがあります。おそらくこれは the の発音の切り替えが無意識的に行われていること、「ジ」と言ってもあくまで弱い発音であり日本語的な「ジ」ではやはり不自然なことが理由でしょう)。

[j][w] は半子音や半母音と呼ばれます。つまり両方の性質を持っているわけですが英語などでは子音として扱われ、また [ja, wa] などは子音がついていると感じられています。しかし

yellow, yesterday, woman, whisky

偶然なのかどうか分かりませんが [je, ji, wi, wu, we, wo] はかなり英語のできる人でも [ie, i, ui, ue, uo] と発音する人がいます。Yes を「イエス」と言ったり wood を [ud] と言ったり。
これらはヤ行とワ行で失われた音なので現代人の感覚では「子音+母音」という感覚がなかなかつかめず「母音+母音」または「二重母音」のように感じられるのです。

このように音に関する感じ方のズレがあるので一言「だって発音しづらいだろ」ですませるのは乱暴です。

これはずっと日本語を話してきている我々にとってなかなか実感しづらいのは仕方ないんです。

「ア・アップル」「ザ・オレンヂ」、ともに日本語話者にとっては何のことはない発音です。
しかし英語話者(と多くの欧米語の話者)にとって母音が連続することは発音しづらいと感じられるのです。母音の連続を hiatus(原義はしゃっくり)と呼ぶくらいです([ai, oi, ei] など初めから一つながりで発音される二重母音は別です)。

a/an については歴史的には an が本来の形で a は冠詞として使われるときは通常...続きを読む

QU,S,Aって何でしたっけ?

 USAって何の略でしたっけ?。
 確か、
 ユナイデット
 ステイツオブ
 アメリカ
 だったような・・・(^^;。
 あと、ひとつひとつの単語の意味も解説して頂けるとありがたいのですが。
 一般常識過ぎる質問でごめんなさい・・・。
 でも一般常識過ぎると人に直接、質問できないものですよね~。 

Aベストアンサー

united=a. 結合[連合]した; 一致[結束]した
states =州
of
america=アメリカ

州が一つになった国ってことでしょうね・・・


人気Q&Aランキング

おすすめ情報