『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

四柱推命の従児格について詳しい方に質問したいです。

私は四柱推命初心者で、ほんの少ししかかじっていないのですが、会社の先輩に少し視れる方がいて
「あなたは極身弱で従児格の可能性がある」と言われました。

え?と思っても詳しいことを聞けず…それがいいのか悪いのかさっぱり解らず困惑しています;;
どなたか判定して頂けませんか?

ちなみに私の命式です
1987年8月22日午前6時半産

年柱 丁卯 偏財 食神
月柱 戊申 正官 劫財
日柱 癸卯    食神
時柱 乙卯 食神 食神


どうかよろしくお願いします

A 回答 (3件)

あなたの命式は従児格ではありません。

また極身弱でもありません。身弱の命式であると判断します。
    • good
    • 2

結論から言います。


この命式は、紛れもなく從児格です。

その答えの理由は、

※命式を見る時に、この命式は從格が成立するかを見て成立しなければ全て内格と見ます。
 すなはち從格が成立しない条件を知らなければいけません。
 此処で質問されている從兒格が成立する爲の条件を列挙します。

(1)命式の中に在る天干で日干から見て食神・傷官に当たる干(甲・乙)何れの干で在っても最強で在る事。

(2)命式中の日干が強くて命式に財の干(丙・丁)が無ければ内格に成ります。

(3)命式の中に印に当たる干(庚・辛)が強ければ、内格に成ります。

(4)命式の中に印に当たる干(庚・辛)が天干に在りその天干が地支に通根していれば内格に成ります。

(5)命式の中に印に当たる干(庚・辛)が命式中に在るだけで、その上に官殺に当たる干(戊・己)が命式に同時に在るだけで通根もせずただ在るだけでも内格に成ります。

従ってご質問の命式は、奇麗に從兒格が成立します。

だから成功失敗のハードの面から見れば失敗に成りますが、大運河35歳位から良く成りますので、それまでは忍の一字で耐えて下さい。

とは言え人生における生活状況は大変良いし貴方が女性ならば、余り気にしなくても良い生活状況となります。何故なら地支の十二支が揃って喜神と成っている為にソフト面が充実しているからです。

この回答への補足

遅くなりましたが回答ありがとうございました!

本当に丁寧に答えて頂いてとても嬉しかったです。
特に私は女性なので、不安が解消されて良かったです。


その後自分で色々と見聞きしたところ、私の十二補運が上から、長生・死・長生・長生で、良いとされる長生が多いことから従児格が成立しないのではという意見もありました。

大変申し訳ないですが、もしそのことについてご存知なら何か教えて頂けませんか?
忙しくなければよろしくお願いします。

補足日時:2011/03/23 14:28
    • good
    • 1

従児格は我(日主)に根がなく我から洩らす五行が


やたらに強くてそれを剋すものが天干地支にないことが条件です。
この命式は、確かに癸(水)に対して亥・子の水支はありませんし
時柱の乙(木)が強いですがこれを剋し癸の水源となる申(金)が傷なしで
ありますから従児格はとれないですね。
身弱の内格として判断します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたが回答ありがとうございました!

今の段階では従児格である、ないの2通りの意見があるのでこの回答を元に色々調べてみようと思います。
四柱推命を勉強している会社の先輩もとても参考になったとお礼を言っていました。ありがとうございます。

お礼日時:2011/03/23 14:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q従旺格と従児格の決め方の質問です。

透派の子平推命を勉強しています。

壬庚甲甲  女性です。
午子戌子
 冲(戊)

五行の強弱は、金水木が強で、火土が弱です。

従旺格の条件と従児格の条件にあてはまります。

日主の庚は食傷の壬を強め、壬は日主を弱めます。

壬の方が強いとみて、従児格としました。

水木丙を喜神としました。

(1)従旺格と従児格の決め方はこれでよいでしょうか?

ただ、金銭面に関して、ブランド志向でご主人から注意されると

聞いています。財は喜神であるのに、根なしのせいかな?と

疑問が生じています。

(2)もし従児格なら、日支の死は喜神になります。

冲の為、喜神の死の良さは出ないというみかたでよいですか?

(3)甲は根無で、時干に壬があり、離れていても、浮木とみますか?

いつもたくさん質問しますが、よろしくご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

壬庚甲甲  女性です。
午子戌子
 冲(戊)

従旺格の条件と従児格の条件にあてはまります。

※ 異論無し

日主の庚は食傷の壬を強め、壬は日主を弱めます。
壬の方が強いとみて、従児格としました。

※ 結果については異論ありませんが、もっと単純に考えます。
   従旺の五行が従児の五行を生じるから、従児格と見ます。

水木丙を喜神としました。

※ 異論無し

(1)従旺格と従児格の決め方はこれでよいでしょうか?

ただ、金銭面に関して、ブランド志向でご主人から注意されると

聞いています。財は喜神であるのに、根なしのせいかな?と

疑問が生じています。

答 根無しのせいでは有りません。
   御主人の性格が堅実な性格なのでしょう。
   実は、この人は多芸多才で、まさに口八丁手八丁という才人で、
   行動が素早く物事に巧みな上に経営の才能に恵まれる為に
   その様な才を、本人も知らず知らず維持する為、人の目を引く様な物を
   持ったり、そんな言動を取ったりするのです。

(2)もし従児格なら、日支の死は喜神になります。

冲の為、喜神の死の良さは出ないというみかたでよいですか?

答 異論無し

(3)甲は根無で、時干に壬があり、離れていても、浮木とみますか?

答 それは有りません。
   この命式は綺麗な甲木成林で傷の無い大吉命です。

壬庚甲甲  女性です。
午子戌子
 冲(戊)

従旺格の条件と従児格の条件にあてはまります。

※ 異論無し

日主の庚は食傷の壬を強め、壬は日主を弱めます。
壬の方が強いとみて、従児格としました。

※ 結果については異論ありませんが、もっと単純に考えます。
   従旺の五行が従児の五行を生じるから、従児格と見ます。

水木丙を喜神としました。

※ 異論無し

(1)従旺格と従児格の決め方はこれでよいでしょうか?

ただ、金銭面に関して、ブランド志向でご主人から注意されると

聞いています...続きを読む

Q従格かどうか悩んでいます。

「四柱推命の完全独習」などを参考にして、
四柱推命の勉強をはじめました。

年  丁巳 丙
月  己酉 辛
日  甲申 庚
時  己巳 丙

月令 0  身弱 -6  女命

正官格かと思っていたのですが
月令を得ていないし、比劫星、印星、根はない。
上記の本に身弱-6は従格との表もあり、
もしかしたら従児格なのかと悩んでいます。
マニアック四柱推命でもそうでました。
でも、従児格は傷食星のみで構成される格(仮でも官、財星2個まで)と書いてあるし、
ただの身弱命式なだけ?と
なんだか袋小路に入ってしまっています。
内格と外格では大運の見方も全く真逆になる為
ぜひ四柱推命に詳しい方、命式の見方を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>>干合は本を見ながら導き出せていたのですが
八字や通変星にばかり気をとられて
重要視していませんでした。

<<干合は命式作成上、重要なので八字を書いた後、直ぐに記述すればよい。

>>本を見ますと、甲と己の干合は土化するとあるのですが
己はもともと土なので甲が土になるということでしょうか?

<<干合の作用には3種類有ります。
 (1)干の作用が無作用になる干合(年月に有って変化しない干合の事)
 (2)干の作用が倍になる干合(御質問の命式のように日主の隣に有って変化しない干合の事)
 (3)干自体が変化する干合(貴方が言っている干合の事で、月令を得た干合の事)

>>そうなると日主の甲は土になって喜神は
土を剋する木になってしまうのでしょうか?

<<だから例に挙げた命式の干合は倍になる干合だから、こんな事は考えなくて良いのです。

>>また命式の下に記入下さった (合)(辛)は
合は申と巳の支合とわかったのですが、
辛は七冲、六害とういろいろ見てみたのですがわかりません。
良かったら教えてください。

<<先程月令と書きましたね、辛とは月令の事です。
 月令=八字を書いて、その命式は、どんな十干の月に生まれた命式で     あるのかを出す事を「月令を出す」と言います。
     だからこの例の命式は金の月生まれで、あり秋月生まれとも
     言います。

>>注 地支に干を割り振って干の強さを云々する必要はありません。

>>ということは、蔵干をださないということなんですね。

<<その通りです。

>>本を読んで出すのが当然と思っていたのですが
よくよく考えてみると蔵干とは地支に含まれているものなんですね。
(なんだかうまく説明できてませんが、卯だと甲と乙が導き出されるというかんじです)
でもその場合だとどのよにして元命をとるんでしょうか。

<<十二支と干は別々の役割があるのです。
 だから八字を出して天干を樹木の地表にある部分と見立てて、
 地支の十二支をその樹木の根っこと見立てて命式の五行の強弱を推し
 測り、その強弱によって内格なのか外格なのかを知りその格を知って
 喜神が何で忌神が何なのかを知って初めて判断出来るのです。

>>干合は本を見ながら導き出せていたのですが
八字や通変星にばかり気をとられて
重要視していませんでした。

<<干合は命式作成上、重要なので八字を書いた後、直ぐに記述すればよい。

>>本を見ますと、甲と己の干合は土化するとあるのですが
己はもともと土なので甲が土になるということでしょうか?

<<干合の作用には3種類有ります。
 (1)干の作用が無作用になる干合(年月に有って変化しない干合の事)
 (2)干の作用が倍になる干合(御質問の命式のように日主の隣に有って変化しない干合の事)
...続きを読む

Q身弱か極身弱か?

自分で四柱推命の本を何冊か持っているのですが、身弱か極身弱かの判断がつきません。どなたか、教えて頂けないでしょうか。

1975年12月17日0時31分東京出身 女性

お忙しいところ大変お手数ですが、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

結論から言いますと身弱です。ただこの身旺・身弱だけを
知りたいんですか?参考までにごく簡単に言いますとこの
方は慎重な所がありますので優柔不断な方なので迷われ
たのでは?人見知りされる方ですので最初はおとなしいです
が慣れるとよく笑うし良く喋るまじめな方ですね。体質は
皮膚(乾燥肌)で鼻、喉、肺にかけて弱いです。風邪は引
いても熱は出難い慢性系の体質です。
次に血行が悪く冷え、浮腫みに注意です。膝から下を温める
と良いですね。比較的きれいな方で髪は多い方ですね。
(但し体重の増減は出易いです。H20,21年は特に)
理系より文系が向く方です。記憶力は良い方です。
簡単ですが参考になれば・・・・。
(占いに絶対はないですが多分90%以上は当たってると思います)

Q従児格の傷官見官についての質問です。

透派の子平推命を勉強しています。

次の女性の命式の喜忌と象意の考え方をご教授ください。

○×○?
甲庚癸丁
申午丑巳
  (癸)

日主強ですが、財があるので従児格としました。
喜忌は水木としました。

年干の丁の質問です。
官殺の丁は食傷を弱めず、日主を制するので、喜神と
してよいか判断できません。
なぜなら、年月が傷官見官になり、丁の象意をどのように
捉えたらよいか悩んでおります。
(丁は夫干ではありませんが、とても優しい理解ある
ご主人と聞いています。)

ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

○×○○
甲庚癸丁

(1)奥さまから見て夫と肌が合うというのは、
 日支が丁で、喜神だからでしょうか?そしてその丁が
 年干に出ているからでしょうか?

答 日支が丁の喜神だからでは有りません。
   日支が日干から見た十二運が沐浴で有り、その沐浴が喜神だからです。
   沐浴するのに服を着た間々する事は余り有りませんね、
   それらから連想して男女の仲を代表象意として肌が合うとしました。

(2)年干の丁は喜神の癸から剋されています。
 彼女にとっては社会運の場所ですが、月干からの剋は
 社会的な充実感(成功・出世)等は求めても叶わない
 と判断してよいですか?

答 そういう見方はしません。
   年干の喜忌が喜旺・適可・平・不及・大過が決め手に成ります。
   その補完的役割を見る時に月干を利用するのは良いでしょうが、
   年干の喜忌が変わる様な見方は駄目です。

(3)命式の喜神は壬癸甲乙と丁を教えて頂ました。
 行運が壬の場合は、喜神の丁を合去、喜神の甲を浮木にするので、
  凶の判断でよいですか?

答 年干の丁を合して作用を無くして凶とする。
   月干の喜神の癸を助けて吉とする。
   日干の忌神の庚を洩らして弱めて吉とする。
   時干の喜神の甲を浮木として弱めて凶とします。

○×○○
甲庚癸丁

(1)奥さまから見て夫と肌が合うというのは、
 日支が丁で、喜神だからでしょうか?そしてその丁が
 年干に出ているからでしょうか?

答 日支が丁の喜神だからでは有りません。
   日支が日干から見た十二運が沐浴で有り、その沐浴が喜神だからです。
   沐浴するのに服を着た間々する事は余り有りませんね、
   それらから連想して男女の仲を代表象意として肌が合うとしました。

(2)年干の丁は喜神の癸から剋されています。
 彼女にとっては社会運の場所ですが、月干からの剋は
...続きを読む

Q四柱推命の三合金局について

ここのHPで調べたのですが
http://suimei.org/suimei-p.html

年運の支の所で、三合金局が何年も
続く所があるのですが

何か変な事があるんでしょうか?

どういうことなのか、教えてください。

Aベストアンサー

一つの回答としてお答えします。
四柱推命にはいろいろと流派、独自の考え方、鑑定の方法をとっておられるところがあります。
 現在のわが国の四柱推命を勉学、あるいは鑑定しておられる諸先生方は「神殺」「十二運」「変通星」(甚だ専門的で申し訳ありませんが)などを駆使しておられるのが大多数です。また、生まれ時間を無視して
生年・生月・生日の俗に言う三柱推命で鑑定します。
 これでは、「おみくじ式」占いに等しく、決して正統の四柱推命とはいえるものではありません。
 正統四柱推命というのは、人の誕生という「時」を起点として、生年月日時間からの作用を受けた部分、すなわちその人の個性や、一生の運勢を推し量ろうとするもので、しかも、
 命式→格局→体用→喜忌→審事(行運)
などについて適確な手順を踏むことが大切なのです。

 さて、ご質問の件ですが、
 三合金局ということは
格局の分け方の中で(人の命式を分類する手段のひとつです)
 外格・一行得気格の分類の中に
 「縦革格」で金日金月生まれで、命中に金性が多く、火性のない命式を言います。
 生年 戊 戌
 生月 辛 酉・←
 生日 辛 巳・←
 生時 己 丑・←
 ここにおいて、地支に申・酉・戌の西方(金方)
           巳・酉・丑の金局 
 が成立して、地支において三合金局(三支揃う)となる、といわれるのです。

 甚だ専門的で難解なお話になり恐縮ですが、
ひらたくいえば、三合金局になっても、ならなくても
要はその人の命式(この場合天干の干関係)次第、人生努力、精進次第なのです。なんの、何の心配ご無用。決して「変な事」など起こりはしません。
くれぐれもご憂慮なきように・・。
 それよりも、不勉強極まりない、人間性が欠落し、常識のない、お金儲けに狂って、「デタラメ」占術を振り回す「いい加減な」占い師に引っ掛らないこと、また、それを信じないことが肝要なのです。
 ただ、申し上げれることは、正統四柱推命で鑑命すれば、人の、貴賎・富貧・苦楽・吉凶などを推し量り、人のタイプを分類、類型化して、その人の運命を適確に判断できるとしています。

 人は不断の迷いと疑いを持ち続けます。
正しい、正確な推命を参考、活用して、それにおぼれることなく、己を知り、逃凶趨吉、自らの命の幅を出来うる限り高みにおいて、歩むようにするのも一策かもしれません。
より詳しく、究明したとお思いならば、
06(6972)8456 琇友先生という方が中国の正統四柱推命など中国占術を研究しておられます。
 誠実に解説してくださるはずです。

一つの回答としてお答えします。
四柱推命にはいろいろと流派、独自の考え方、鑑定の方法をとっておられるところがあります。
 現在のわが国の四柱推命を勉学、あるいは鑑定しておられる諸先生方は「神殺」「十二運」「変通星」(甚だ専門的で申し訳ありませんが)などを駆使しておられるのが大多数です。また、生まれ時間を無視して
生年・生月・生日の俗に言う三柱推命で鑑定します。
 これでは、「おみくじ式」占いに等しく、決して正統の四柱推命とはいえるものではありません。
 正統四柱推命という...続きを読む

Q四柱推命の従殺格の決め方です。

H5年4月30日午後3時45分愛知県生まれ。男性です。

丙辛丙癸   木→0干0支 弱
申巳辰酉   火→3干0支 強(両方干合の場合、月干優先と教わりました)
  (戊)    土→0干0支 弱
         金→1干0支 平
         水→1干0支 平

従殺格になりにくい条件。(当時教わった条件です)
・食傷に根があると成りにくい。
・印に根があると成りにくい。
・食傷が強いと成りにくい。
・日主が強いと成りにくい。
以上あてはめると、従殺格になります。

疑問1、根が無い命式は、強弱の差がなく、従格としての強さに悩んでしまいます。
     内格か従殺格かで迷っています。

     丙辛干合は水化なので、大運丑、子、亥は命式が変化すると判断します。

疑問2、上記を参考にして、大運と年運でも同じ判断が出来るのでしょうか?

8~17   乙亥
18~27  甲寅 (現在、19歳の壬辰運です) 26歳に己亥運がきます。
           この場合、月令が土なので、大運の甲と年運の己は変化干合
           するのでしょうか?考えすぎでしょうか?

誠に我がままではございますが、naiuso様にご回答頂ければ幸いでございます。

最後に、干関係の勉強として、「四柱推命十干秘解」は参考としてよいでしょうか?
又、参考になる書籍がありましたら、教えて下さい。
よろしくお願い申し上げます。

H5年4月30日午後3時45分愛知県生まれ。男性です。

丙辛丙癸   木→0干0支 弱
申巳辰酉   火→3干0支 強(両方干合の場合、月干優先と教わりました)
  (戊)    土→0干0支 弱
         金→1干0支 平
         水→1干0支 平

従殺格になりにくい条件。(当時教わった条件です)
・食傷に根があると成りにくい。
・印に根があると成りにくい。
・食傷が強いと成りにくい。
・日主が強いと成りにくい。
以上あてはめると、従殺格になります。

疑問1、根が無い命式は、強弱の差...続きを読む

Aベストアンサー

(1)例えば、申巳辰酉の場合、亥が行運で来ます。
 命中の巳申の合に亥が来て解けます。
今まで、根なしの命式に巳申亥の根が全部出る?て事でしょうか?

答 その通りです。

又、卯が来たら、辰酉卯の根が全部出るって事でしょうか?
(又、大きな勘違いで捉えていましたらお許し下さい)

答 その通りです。

当時の教えでは、寅亥申丑の場合、巳が来ると、
巳亥と巳申の同時に作用するのでこの場合は単に巳が来たと
判断する。と教わりました。

この教えも変更されていますでしょうか?

答 合冲の問題は以前から変わり有りませんよ!
  もし貴方がおっしゃる様に教わったのなら貴方にその様に教えた方に問題が有る様ですね!
  私が言っている事は中国の漢の時代に十二支関係が整理されて決められて以来不変の筈ですよ!
  どちらに問題が有るのか判りませんが。
  私の言った様に遣って下さい。
  この合と冲については、あと少し普通の人が知らない事が有りますが、それはお薦めした本に書いて
  有りますので手に入れて読んで下さい。
  お楽しみも無ければ詰まりませんものね!

(1)例えば、申巳辰酉の場合、亥が行運で来ます。
 命中の巳申の合に亥が来て解けます。
今まで、根なしの命式に巳申亥の根が全部出る?て事でしょうか?

答 その通りです。

又、卯が来たら、辰酉卯の根が全部出るって事でしょうか?
(又、大きな勘違いで捉えていましたらお許し下さい)

答 その通りです。

当時の教えでは、寅亥申丑の場合、巳が来ると、
巳亥と巳申の同時に作用するのでこの場合は単に巳が来たと
判断する。と教わりました。

この教えも変更されていますでしょうか?

答 合冲の問題は...続きを読む

Q四柱推命 用神のとり方について

四柱推命初心者です。
下記は私の命式なのですが、吉になる干支(用神?)を
教えていただけないでしょうか?

年 甲辰 偏印 食神 冠帯
月 壬申 偏官 偏財 病
日 丙午    劫財 帝旺
時 戊戌 食神 食神 墓

ネット上のいくつかの無料プログラムで命式を出してみたのですが、
1.「偏財、偏官、食神」だったり、
2.「比肩、劫財、偏印、印綬」だったりと、
プログラムによって用神が違い、どれが本当か迷っています。
(2.は身弱のため木と火を強めよということだと思います。)
私の命式はたぶん偏官倒食なので、やはり偏財が用神になるのでしょうか?

どなたか見ていただけるとありがたいです。
すみませんが、どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>>吉の干支は、甲と丙以外はすべて吉なんですね。
甲と丙が凶ということは。。

<<この解釈は間違えていますよ。
 この命式は珍しいケースに当たるのです。
 甲は忌神ではなくて喜神でもない、この命式の中で働かない干だと言う事なのです。
 こんな働きをする干の事を閑神(かんじん)と言って吉凶には影響しないのです。
 故に吉には入れませんでしたし、凶だとも言っていません。
 丙は日干なので吉だとか凶だとか言っても命式の天干の判断には余り影響が有りませんので普通は問題にしないから除外したのです。

>>これから大運が丁卯→丙寅→乙丑→甲子(空亡、害、沖)と
巡るので、ちょっとビビッています。。(^▽^;)

<<この命式は、本当は幸運な命式なのです。
 年干の甲は忌神で強くて大変悪い判断をしなければいけないのに、この甲は善し悪しに係わらず働かないのですから悪さも良さもでないのです。
 地支は全てが喜神の上に配列状態が良い為に行運によるダメージを受け難い配列になっているので凶運が余り続きませんし命式では全ての地支が喜神の爲に良い判断が下せる吉命に当たりますから行運が多少悪くても余り気にする必要は有りませんし貴方の気にしている行運の吉凶を参考までに記述しておきます。

 丁→丙→乙→甲
 凶 吉 平 凶

 卯 寅 丑 子
 吉 凶 吉 吉

 私の流派では(空亡、害、沖)これらの物は歯牙にも掛けませんし大運は干五年、支五年に分けてみますので悪しからず。

>>吉の干支は、甲と丙以外はすべて吉なんですね。
甲と丙が凶ということは。。

<<この解釈は間違えていますよ。
 この命式は珍しいケースに当たるのです。
 甲は忌神ではなくて喜神でもない、この命式の中で働かない干だと言う事なのです。
 こんな働きをする干の事を閑神(かんじん)と言って吉凶には影響しないのです。
 故に吉には入れませんでしたし、凶だとも言っていません。
 丙は日干なので吉だとか凶だとか言っても命式の天干の判断には余り影響が有りませんので普通は問題にしないから除...続きを読む

Q四柱推命の大運が悪いです・・・気を付けるべき事は?

あまり四柱推命は詳しくないのですが・・・
大運で空亡が10年+10年
その後の大運が七沖で10年
その次の大運が六害で10年と連続で継続するようなのですが・・・運気が悪いって事になるのでしょうか?
不安でたまりません。
大運の空亡や七沖・六害の意味とは?その時に起こりうる害など何か予測できますか?
どんな事に気を付ければ良いのでしょうか?

私の命式表
  時柱 日柱 月柱 年柱
天干 乙  庚  丁  己
地支 酉  子  丑  酉
通変星
  正財    正官 印綬
十二運 帝旺 死 墓 帝旺
蔵干 辛 癸 己 辛
通変星 敗財 傷官 印綬 敗財
です。
大運      
天干 丁 戊 己 庚 辛 壬 癸 甲 乙 丙
地支 丑 寅 卯 辰 巳 午 未 申 酉 戌
       空 空 七 六
       亡 亡 沖 害

Aベストアンサー

空亡というのは、人生の札が掛かっていない状態、出番ではないという意味です。大きな選択、結婚、家を建てる、起業など、おおきな決断をあまりしないようにしたほうがよいというだけです。この大殺界の時期でも、してもよいこともあります。引越しや転職はよかったと思います。七沖というのは、親子関係などに亀裂が入る年、肉親関係の中が悪くなる意味があります。六害は四方から材木が落ちてくるの図、他人から周囲から邪魔をされて、物事が成らないことを示しています。大概、これらは一緒に来ることが多いです。
私の娘の歳運も、今年十五で大殺界が抜け、七沖、翌年が六害です。どうも高校時代運が悪そうです。
ここ四年ほど気をつけろという意味では。通変星では、正官、正財、印綬と、大運の方はありますから、こつこつ働き、蓄財をして、それを受ける基調が出ています。あなた公務員ではありませんか。
下のほうの通変星は、敗財が重なっているのと、親から財を受ける印綬があり、傷官がひとつ、あまりいいものはもらわないけれど、少し知にたけるところがある感じの人でしょうか。
どちらかというとすごく運もよくないけれど、極端に悪いわけではないと思います。
これが劫財が多かったりすると、極端に財運が悪かったりします。

空亡というのは、人生の札が掛かっていない状態、出番ではないという意味です。大きな選択、結婚、家を建てる、起業など、おおきな決断をあまりしないようにしたほうがよいというだけです。この大殺界の時期でも、してもよいこともあります。引越しや転職はよかったと思います。七沖というのは、親子関係などに亀裂が入る年、肉親関係の中が悪くなる意味があります。六害は四方から材木が落ちてくるの図、他人から周囲から邪魔をされて、物事が成らないことを示しています。大概、これらは一緒に来ることが多いで...続きを読む

Q忌印綬格と体神と用神について

いつも申し訳ありませんがnaiuso様に質問させて下さい。

突然ではございますが、2つ聞きたいことがございます。
一つは、日主が一番弱く、印星が一番強い命式で、忌印綬格なるものがある。
もう一つは命式の体神と用神の捉え方です。

下記の命式が内格の印綬格とした場合の、体用の捉え方を教えて下さい。
  
1978年9月18日AM9時45分生まれ (大阪市生まれ) 男性

×○○○
 ←→⇔
丁癸辛戊    木 0干1支     最弱   喜神→金水
巳未酉午    火 1干3支     強     忌神→木火土
  (辛)     土 1干1支     平
          金 1干2支(月)  最強
          水 1干0支     弱

年の戊は喜神としました。

辛の体神に対して、年干の戊の方が作用が強いと思い用神としました。

体神の考え方→人生傾向やその人の行動・思考が印綬的と捉えてよいですか。

体神が喜神の場合、上司や目上に対して甘え、、利用力、依頼心、が吉作用に
なるのでしょうか!(目上を利用した方が開運になる)

体神が忌神の場合、上記の作用をしてはいけないと捉えてよろしいですか!
(日主が癸や丙の場合、月干や年干に対しての作用の程がわかりません)

用神の考え方→喜神の用神が干合や剋の場合(単なる喜神が剋された時と凶が違いますか)

(2)、上記の命式が、新推命にも忌む印格の考え方がある場合、喜忌の取り方を教えて
   下さい。(S教室では、喜神は比劫と食傷と教わりました。)

いつも長文で申し訳ございませんが、よろしくご指導の程お願い申し上げます。



 

いつも申し訳ありませんがnaiuso様に質問させて下さい。

突然ではございますが、2つ聞きたいことがございます。
一つは、日主が一番弱く、印星が一番強い命式で、忌印綬格なるものがある。
もう一つは命式の体神と用神の捉え方です。

下記の命式が内格の印綬格とした場合の、体用の捉え方を教えて下さい。
  
1978年9月18日AM9時45分生まれ (大阪市生まれ) 男性

×○○○
 ←→⇔
丁癸辛戊    木 0干1支     最弱   喜神→金水
巳未酉午    火 1干3支     強     忌神→木火土
...続きを読む

Aベストアンサー

質問 一つは、日主が一番弱く、印星が一番強い命式で、忌印綬格なるものがある。

 答 日主が弱く、印星が一番強い命式は、内格の印綬格で有りますが、
   原則として内格の印綬は、喜神で例外に当たらない限り忌神に成りません。
   この例は普通の身弱の内格で、例外の命式なんて滅多に有るものでは有りません。

質問 もう一つは命式の体神と用神の捉え方です。

 答 用神の定義は、命式の中での着目する干の事です。
   体神に対して用神を言う場合は、体神に対して強く働き掛ける干の事です。

   体神の定義は、命式中の干の作用が一番集中する干の事です。
   従って体神にも用神にも喜神も忌神も存在します。

質問 下記の命式が内格の印綬格とした場合の、体用の捉え方を教えて下さい。
  
 答 体神は、月干の辛  用神は、年干の戊と成ります。

1978年9月18日AM9時45分生まれ (大阪市生まれ) 男性

×○○○
 ←→⇔
丁癸辛戊    木 0干1支     最弱   喜神→金水
巳未酉午    火 1干3支     強     忌神→木火土
  (辛)     土 1干1支     平
          金 1干2支(月)  最強
          水 1干0支     弱

質問 年の戊は喜神としました。

 答 私もそう思います。

質問 辛の体神に対して、年干の戊の方が作用が強いと思い用神としました。

 答 異議無し。

質問 体神の考え方→人生傾向やその人の行動・思考が印綬的と捉えてよいですか。

 答 異議無し。

質問 体神が喜神の場合、上司や目上に対して甘え、、利用力、依頼心、が吉作用に
   なるのでしょうか!(目上を利用した方が開運になる)

 答 異論なし、月干の表現する直の目上、印の表現する人気とを加味すれば、
   直ぐ上の力有る人の人気を得ていく様な手法を取る人生傾向が有ります。

質問 体神が忌神の場合、上記の作用をしてはいけないと捉えてよろしいですか!
   (日主が癸や丙の場合、月干や年干に対しての作用の程がわかりません)

 答 その通りですね。
   (体用を見るのでなければ、日主に有ろうとも年・月・時の干に平等に作用しますが、
    体用を決める時は、普通の干と同じで隣の干にしか作用しません。
    体用を決めた後は、年月時に平等に作用しますが、平等に作用するのは丙と癸だけでする)

質問 用神の考え方→喜神の用神が干合や剋の場合(単なる喜神が剋された時と凶が違いますか)

 答 喜忌の量的な事に変わり有りませんが、喜忌の質的な事に他の喜忌とは違ってきます。
   例えば或る時期に目から鱗が落ちたとか、その反対に有る事に盲目的に成ったとか、
   また、有る時に良きにつけ悪しきにつけ人生観が変わったとかです。

質問 (2)、上記の命式が、新推命にも忌む印格の考え方がある場合、喜忌の取り方を教えて
      下さい。(S教室では、喜神は比劫と食傷と教わりました。)

 答 そんな筈は、無いでしょう。
   身弱の内格の喜神は、比劫と印に昔から決まっていて不変ですよ。

   喜神⇒戊・庚・辛・壬・癸

   忌神⇒甲・乙・丙・丁・己

質問 一つは、日主が一番弱く、印星が一番強い命式で、忌印綬格なるものがある。

 答 日主が弱く、印星が一番強い命式は、内格の印綬格で有りますが、
   原則として内格の印綬は、喜神で例外に当たらない限り忌神に成りません。
   この例は普通の身弱の内格で、例外の命式なんて滅多に有るものでは有りません。

質問 もう一つは命式の体神と用神の捉え方です。

 答 用神の定義は、命式の中での着目する干の事です。
   体神に対して用神を言う場合は、体神に対して強く働き掛ける干の事です。...続きを読む

Q身弱の人が身旺と関わるとき

私は身弱の女性です。
最近、職場のツートップから秘書をやらないかと言われました。
具体的には、偉い人とその直下(まあツートップ)の周辺の業務を専属でやってほしいとのこと。
その二人の命式が強烈で、一人が日干丙午で羊刃あり、もう一人は印綬と偏印ばかりのすごい身旺です。
私自身もものすごく偏った命式です。
まだ引き受けてはいませんが、少し仕事を手伝ったところ精神的に疲弊しました。
ただ、疲れながらもやり甲斐はそこそこあり、チャレンジングな感じです。
四柱推命的にはやめておいたほうがいいか、教えていただけないでしょうか。

私:
時日月年
己己辛辛
巳酉卯酉
仮の従勢格?

トップ1:
日月年
丙庚甲
午午辰

トップ2:
日月年
丁乙甲
卯亥寅
従強格でしょうか?
私とは沖ですが。。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あなたの置かれている状況を子平を参考にして記述したいと思います。
あなたを異性から見た評価を大づかみに記述しますと、先ず仕事に細々とよく気を配りが出来る上に頭脳も明晰な上、異性の目を引くし、その色香に釘付にされるほど魅力的に映ります。
これは貴女の好むと好まらずとは関係なく異性がそう捉えると言う事です。
ではトップ①の人がおそらく会社のトップまたは創業者と思われます。
トップ②の人は、たぶん専務または、それに準ずる役職の人で社内的に人気が有って大変要領の良い人の様です。
これを簡単に書きますと、トップ①氏が貴女の魅力に目を止めて自分の欲望を満たそうとしたのを
トップ②氏が、要領よく立ち回って人身御供に差し出そうとしているだけです。
おそらく優秀な貴女は、これを上手く捌く方法が無いかを、探っている所なのでしょうが、
そんなに良い方法はない事も、自分が危険に晒されている事は、貴女自身が肌で感じる程に良く分かっているはずです。
キッパリ断るか、転職を考えた方が良いのでは、と思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング