人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

築年数30年程の木造戸建てでも火災保険にはいれますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私は築51年の木造住宅の火災保険に入れました。


地震保険も付けました。
    • good
    • 2

先月に契約できましたので大丈夫と思います。

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古い家に掛ける火災保険

築30年の持ち家です。来月火災保険が満期になり今まで東京海上の5年一括払いの住宅総合保険(火災)に加入してました。家に1,000万家財5,00万で5年で約12万ほどの保険料でした。家は総40坪で普通の木造モルタルです。地震保険は無しです。2人暮らしです。
家も古いし、来年は建て替えも考えてます。なので今回は1年更新にして、保険料を安くしたいと思うのですが、どこの保険会社がオススメですか。知人には東京海上は高いと言われ、継続するか迷っています。
全労災とかは安いと思うのですが、内容的に民間損保と差がよく分りません。

築30年の家にこの保険内容は適正なのでしょうか?
また5年で契約し来年建て替えた時、車の車両入れ替えのような感じで、内容の変更は出来るのでしょうか?
アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

保険料の高い安いを考える場合、2つの要素をそれぞれ考える必要があります。

まず補償内容です。自分に必要のない補償までを契約してしまえば、当然その分だけ保険料が上がることになります。セットタイプの保険ではなく本当に必要な部分に絞った契約であれば保険料を抑えることは可能かと思われます。(今の内容についてや希望する補償内容についてはかかれてないので断言はできません)

次に保険金額です。#1でも指摘されていますが、現在の内容は概ね正しいと思われます。ただしあえて一部保険にするなど保険料負担を抑えることは可能です。ただしその場合は事故時の保険金支払いについてトラブルになる恐れがあり、「一部保険」ということをよく理解された上で・・・ということです。

>全労災とかは安いと思うのですが、内容的に民間損保と差がよく分りません。
 それぞれに特徴があり、また質問者さんが何を求めているか等わからない段階で、それぞれを評価することはできません。

>また5年で契約し来年建て替えた時、車の車両入れ替えのような感じで、内容の変更は出来るのでしょうか?
 一番わかりやすいのは、家屋の解体と同時に解約して、新築後引渡しと同時に新契約という流れです。車の買い替え等とは違い、一時的にしろ保険の対象になるものがなくなるわけです。

保険料の高い安いを考える場合、2つの要素をそれぞれ考える必要があります。

まず補償内容です。自分に必要のない補償までを契約してしまえば、当然その分だけ保険料が上がることになります。セットタイプの保険ではなく本当に必要な部分に絞った契約であれば保険料を抑えることは可能かと思われます。(今の内容についてや希望する補償内容についてはかかれてないので断言はできません)

次に保険金額です。#1でも指摘されていますが、現在の内容は概ね正しいと思われます。ただしあえて一部保険にする...続きを読む

Q築30年・中古住宅の火災保険・地震保険で悩んでます…

こんにちは。
先月、築30年の中古戸建住宅を購入しました。(大阪・高槻市)3800万円の物件で住宅ローンは25年返済です。この度、火災保険と地震保険加入で悩んでます… 建物自体にはほとんど価値は無いとのことです。どのような保険に入ったら良いか分かりません。良いアドバイスがありましたらお願いします。
(住宅ローンを借りた銀行から保険会社の指定はありませんが、火災保険には入ると言う約束はしています)

Aベストアンサー

>建物自体にはほとんど価値は無いとのことです
不動産の売買に関する売却価格と火災保険は無関係です。

>住宅ローンを借りた銀行から保険会社の指定はありませんが、火災保>険には入ると言う約束はしています

知り合いに全く保険関係者は、いないのですね?
(1)購入不動産屋に依頼する。不動産屋は保険代理店を経営しています。
(2)融資銀行に依頼する。銀行は、傘下子会社に保険代理店を必ず
 持っています。
(3)知り合いに声をかけて保険代理店を紹介して貰う。
大阪高槻の物件例
木造2階建て築30年面積85m2の場合
新価保険金額  1300~2000万円
時価保険金額  600~900万円
このような感じになると思いますが・・・
新価保険=事故・災害などで建物が全壊・全焼などの状況時に
     同じ様な建物を再建築する為の保険
時価保険=保険会社の規定による保険査定による時価で契約する保険
     時価以下で契約すると一部損など少しの被害では減額され      る。時価以上で契約しても時価以上の支払いは無い。

新価保険1000万円の保険料が3万円だと仮定すると
時価保険1000万円の保険料は3万3千円~3万5千円くらい
但し、時価1000万円の建物は親価1000万円の保険契約は出来ない為にこの比較は意味が無いとも言える。(逆も同じ)
時価1000万の建物が新価2000万円の可能性は有る。
この場合は、保険料は、2倍にはならない。

※火災保険自由化後、発売の補償幅の広い新型火災保険は新価でなけれ ば契約出来ない為に現在は、新価保険が一般的である。
 時価保険は、何十年も昔から存在する旧型保険となる。
 当然、補償の幅は、狭い。

地震保険は、契約した火災保険の保険金額の30~50%を
契約するだけです。全損保会社共通の同じ政府再保険です。
※共済の地震共済は、地震保険ではありません。
 当然ですが、政府の再保険もありません。
 あくまで共済内での補償となります。

>建物自体にはほとんど価値は無いとのことです
不動産の売買に関する売却価格と火災保険は無関係です。

>住宅ローンを借りた銀行から保険会社の指定はありませんが、火災保>険には入ると言う約束はしています

知り合いに全く保険関係者は、いないのですね?
(1)購入不動産屋に依頼する。不動産屋は保険代理店を経営しています。
(2)融資銀行に依頼する。銀行は、傘下子会社に保険代理店を必ず
 持っています。
(3)知り合いに声をかけて保険代理店を紹介して貰う。
大阪高槻の物件例
木造2階建て...続きを読む


人気Q&Aランキング