ふと疑問に思ったので質問します。どちらに入ろうかなどと迷っているのではありませんので大丈夫です(^^ゞ。

国民年金基金でもいくつかのタイプがありどちらがどうメリットがあると言うのはむずかしいと思います。厚生年金は掛け金の半分は会社で負担してくれる制度とは知っております。

1.掛ける額に対する給付額
2.掛ける年数
3.死亡時戻ってくるお金

などについてメリット、デメリットを教えてください。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

これは当たり前と言えば当たり前の話になりますが、「本人の保険料」だけで比較した場合は、



1,2については厚生年金が間違いなくお得になります、、、と言いたいところですが何歳までいきるかで損得が決まります。
厚生年金は終身ですが、国民年金基金は色々メニューがあります。

3は本人と言うよりも遺族の人にとってという話ですが、これはケースバイケースです。
遺族厚生年金を受給できる配偶者がいる場合で、それを選択した場合はその分だけお得になります。
あとは年数次第です。遺族厚生年金は終身ですから、その配偶者死亡まで支払われるためです。
国民年金基金は支払金額+αはでるのでまだ沢山残っている時に死亡するケースであれば特になることもあるし。
結局配偶者がいない場合は、いつ死亡するかが重要ですよね。

ただ、厚生年金の会社負担保険料も本人の給料のうちと考えて、本人が支払ったと考えると、これまたややこしくなります。
1,2も単純には決めれなくなります。

以上どちらが得?というご質問に対しての答えは、最後まで行けばどちらが特だったのかは分かる。でも予想は難しい。
となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。とても参考になりました。またよろしくお願いします。

お礼日時:2003/09/26 03:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国民年金基金の中途脱退時の受取額

事情がありまして、3~5年間、厚生年金なしの職場で働くことになりそうです。
その間だけ、国民年金基金に入ろうかとも思うのですが、基本的には中途脱退はなしというものらしいので(でも1号以外になったら脱退せざるを得ないと思うのですが…)、3~5年間払った場合の試算ができず、困っております。

国民年金基金の中途脱退時の受取額はどのようになっているのでしょうか。

Aベストアンサー

>今35歳の私があと25年(略)それとも中途脱退は、もっと減らされてしまうのでしょうか。
国民年金基金は民間の個人年金保険とほぼ同じ仕組みです。
掛け金に運用期間による(利息相当分)加算があり、10年加入後に脱退し30年経過した場合と、50才を過ぎて基金に加入し10年間掛け金を納付した場合では、受け取る年金額が異なります。

したがって、半分の12年半加入して脱退した場合は半額以下になる事はありません。
逆に、47才6ヶ月で加入し60才まで納付した場合は年金額が少なくなります。

Q年金基金支給額と厚生年金支給額

父がもうすぐ退職です。年金基金に問い合わせてみたところ、年金額は120万円ほど、社会保険事務所に問い合わせて見たところ年金額は116万円ほどでした。これを両方たせば年金額になるのでしょうか?また国から支給されるのが116万円で、基金からが120万円と考えて正しいですか?116万円が基礎年金と物価スライドの合計で、120万円が報酬比例部分と基金上乗せ分と考えていいんでしょうか?もうひとつこのまま在職した場合、基金の上乗せ分は年金カット(28万円を超えた分の1/2ですよね?)の対象所得にはならないのでしょうか?わかりにくいかもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基金にご加入の方の在職老齢(年金カット)については、次のように計算します。

まず、基金に入らなかったものとして、基金に入っていいた期間、入っていなかった期間を通算し、一旦全期間で普通の厚生年金に入っていたとして年金額を出します。

その出した額から、在職老齢の停止額を算出します。

この停止額を「まず」厚生年金本体のほうから引き、足りない場合には、基金のほうから引きます。

これが原則です。なので人によっては、基金は無傷なのに厚生年金は殆どゼロ という場合もあります。まず引かれるのは厚生年金から。そこを覚えておくと「停止の通知が来たときうろたえなくて済みます」

 基金によっては、「面倒くさいから、基金については在職老齢のカットはしない」というところもあり(実際大手基金でありました)、引くか引かないか、どうするかは基金によって様々です。だから社会保険事務所でも怖くて基金の話は原則してくれません。基金は基金にきかないとダメです。
(blueさんの場合は金額からして基金連合会移管年金じゃないようなので、独自基金として説明してます)

厚生年金基金=厚生年金+α  そして、
 基金に入っていなかったとして在職老齢のカットを計算することから、基金の支給額の中でも、+α部分は「在職老齢の対象」ではないことはお分かりになられると思います。

基金にご加入の方の在職老齢(年金カット)については、次のように計算します。

まず、基金に入らなかったものとして、基金に入っていいた期間、入っていなかった期間を通算し、一旦全期間で普通の厚生年金に入っていたとして年金額を出します。

その出した額から、在職老齢の停止額を算出します。

この停止額を「まず」厚生年金本体のほうから引き、足りない場合には、基金のほうから引きます。

これが原則です。なので人によっては、基金は無傷なのに厚生年金は殆どゼロ という場合もあります。ま...続きを読む

Q国民年金基金脱退

個人事業主です。
事業が厳しいので国民年金基金を脱退したいと考えています。口数をはっきり把握していないのですが、毎月2万5千円収めています。

年金基金を脱退したら一時金を支給されず、老後支給される旨は調べました。※年金基金脱退後、付加保険料を納めていきます。

脱退をできないという意見もありますが、実際どうなのでしょうか?
引っ越しをします(都道府県ごと移動)。引っ越ししたら地域の年金基金から抜けるので脱退が可能だとも聞きました。

Aベストアンサー

保険料の納入停止をいう手があります。
任意脱退ができないので「今は払えないが、払えるようになったらまた払う」という考え方でいけると思いますよ。
一度基金のほうに相談されたらどうでしょうか?

Q厚生年金基金の月々の掛け金

厚生年金の掛け金は、会社と労働者の両方で負担していると思いますが、
厚生年金基金についてはどうなのでしょうか?
詳しい方よろしくお願いします。
会社単位での基金は全て会社の負担になっておるようですが。
仮に、会社負担であるとした場合、労働者が厚生年金基金として負担している
金額についてはどのようにとらえれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

厚生年金は「保険料」です。「掛け金」ではありません。「掛け金」というのは基金の方です。

厚生年金基金には、「代行部分」というのがあります。
基金の加入者については、厚生年金の一部を基金が代行して支払うのです。
基金加入者については、国の厚生年金保険料が減額され、その減額された分を基金に払うことになります。

つまり、「厚生年金保険料(減額)+基金掛け金」で、この額は一般の厚生年金の保険料と同額です。
基金の上乗せ分の掛け金は、全額企業負担です。

参考URL:http://www.jabankosaka.or.jp/pb/pb/sim/setumei-nenkin.html

Q国民年金基金を脱退した場合

30代の自営業者です。
いずれ会社に就職しようかと思っています。
その場合、基金から脱退することになると思うのですが、基金に支払った保険料は無駄になるのでしょか?あるいは、脱退しても支払われる年金に上積みされるのでしょうか?

Aベストアンサー

国民年金基金は、国民年金の保険料が免除された場合などを除き、自分の都合で脱退することはできませんが、厚生年金に加入すると脱退となります。
今まで払った掛け金は、払った金額と期間によって、将来、年金として支払われますから、無駄にはなりません。

Q六年前厚生年金基金代行返上したときに、だいたいの年金額を教えてもらいま

六年前厚生年金基金代行返上したときに、だいたいの年金額を教えてもらいましたが、ねんきん定期便には代行部分の金額が入っていません。どこから支払われるのですか。少ない金額ではないので心配です。

Aベストアンサー

No3です。
>個人別に将来の給付金額(基金のみ)知らせてくれたので、代行部分がもう含まれているとしたら、CはBより少ないのですが、そんなものですか。
基金代行部分は再評価・物価スライドはしません。国が再評価・物価スライド分を支払います。また、老齢基礎年金にも反映します。報酬比例と合わせ検証されたらどうでしょう。
>会社のお知らせのモデルケースのCの金額が、定期便のCなんです。
C 国の厚生年金の内容は会社にご照会ください。
> 6年前のB+Cの年金はいまのC、ということですか。
基本的にはその通りだと思います。定額部分(老齢基礎年金)がどうなっているかがポイントだと思います。

Q国民年金基金について

現在国民年金と国民年金基金の2つを払っているのですが、今度厚生年金に加入することになり国民年金はまだしも国民年金基金は脱退して厚生年金に加入することができるのでしょうか?前の会社で国民年金基金は良く分からないようだったので今回もよく分からないのではないかと思うのですが・・・・

Aベストアンサー

厚生年金になった場合には国民年金基金の加入資格は喪失することになるので同時加入はできなくなるでしょう。

参考URL:http://www.npfa.or.jp/b/b_top.html

Q厚生年金基金から確定拠出年金への移換or一時金どちらが得か

丸5年勤めた企業(厚生年金)を退職し、他社(確定拠出年金)に入社します。

退職する企業より、厚生年金脱退による一時金をうけとるか一時金相当額を確定拠出年金に移換するか選択しろと言われていますが、どちらにしろ結果的にもらえる額は変わらないでしょうか。

であれば、一時金として受け取りたいと思っています。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「もらえる額」っていつの話をしてますか?「今一時金としてもらえる額」と「今確定拠出年金に移管される額」の話なら、退職する企業に聞きなさい。
 将来、年金をもらえる年になってからの話なら、trajaaさんの回答の通りです。私の意見としては、まず新しい会社の「確定拠出年金」の運用メニューを会社の担当者に聞くことをお勧めします。その上で、自分がそれらのメニューよりももっと利子を稼ぐ自信があれば、一時金でもらってもいいかもしれません。また、今後毎月「確定拠出年金」の元手を新しい会社からもらえるはずですが、それらも給与の一部として貰って、自分で利子を稼げますか?もし、会社の確定拠出年金で利子を稼がなければいけないならば、どうします。そのあたり加味して、考えてください。

Q国民年金基金

国民年金基金

国民年金基金
上乗せ年金として任意加入で基金に入りました当時の説明ではいつでも解約できる
から安心して入りましたが・・・収入が減ったので
脱退して何年も掛け続けたお金を解約したいといったら出来ませんと
いわれました。それならば前借は出来るのでしょかご教示ください。

投稿日時 - 2010-07-13 12:47:59

Aベストアンサー

国民年金基金には、私も加入しています。高い買い物ですので、加入に際しては、何度も電話で確認し、また、家にもよんで説明してもらいました。何時でも解約できると言うのは間違いです。何時でも解約できる方法があるのは確です。
退会しなければならない事項は何点かあります。その中に、国民年金の減免をうけたり、未納になったら退会になります。国民年金を払わず、国民年金基金を退会してから、さかのぼって国民年金を払えばよいことになります。また、そんな面倒なことをしなくても、払えなくなったら、口数を減らし、それでも払えなければ、単に払わなければいいだけです。
国民年金に加入し、さらに国民年金基金に加入してから、厚生年金等の別の公的年金に加入すると退会です地域型だと、他の地域に移動すると退会となり、そこで加入しない方もいます。ところが、掛け金は返さずに、それを運用して、年金としてしか支給されません。国民年金基金の加入者数は、ひところよりは減少していますが、支給者が少ない現時点では、年金支給の対象者の数は増え続けています。
前借の制度はありません。年金として支給を待つだけです。ただし、国民年金基金の資産運用は良くありません。運用悪化で立ち行かなくなると解散となります。その場合は、掛け金総額の何分の一かは帰ってくるかもしれません。

国民年金基金には、私も加入しています。高い買い物ですので、加入に際しては、何度も電話で確認し、また、家にもよんで説明してもらいました。何時でも解約できると言うのは間違いです。何時でも解約できる方法があるのは確です。
退会しなければならない事項は何点かあります。その中に、国民年金の減免をうけたり、未納になったら退会になります。国民年金を払わず、国民年金基金を退会してから、さかのぼって国民年金を払えばよいことになります。また、そんな面倒なことをしなくても、払えなくなったら、口数...続きを読む

Q「年金額は掛け金より多い」って本当ですか。

テレビ等の討論番組で、厚生年金を現在受給中の人は掛け金より多くもらってる世代だと役所側の人は言ってます。討論会の場で誰も反論しないのですが、それって本当ですか。掛け金の事業主負担は人件費で処理されていて、労働分配率等でも給与と同じ分類です。ちなみに私は71歳加入歴40年間、金利の高かった相当の年数を掛け続けてきたのです。ただサラリーマンの妻の掛け金が途中からゼロになったのはは、自分の掛け金から控除した計算にしてもよいでしょう。こうしたことを要素にして計算した信頼できる発表はありますか。

Aベストアンサー

Moryouyouと申します。
よろしくお願いします。

疑問についてはごもっともだと
思いますが、いろいろと手厚い制度で
非常に複雑になっているので分かり
づらいですよね。

しかしかなりの方が以下の目安が
あてはまると思います。

1.老齢基礎年金については簡潔です。
年金額780,100÷480ヶ月
=1,626円/月を払えば1年分は
トントンというわけです。
現状、保険料は月15,590円
ですから、10年で支払った
保険料を超える計算になります。

2.老齢厚生年金は以下のようになります。
保険料率は現在17.474%です。
年々引き上げられています。
それに対し、年金額は
標準報酬月額
×係数5.481 /1,000
×期間(月)
となります。

例えば、
30万の給料の人の
保険料は、52,422円/月で
個人負担は26,211円/月です。

年金額は
30万×係数5.481 /1,000
×480ヶ月
= 789,264(年額)
となります。

しかしこの保険料には老齢基礎年金も
含まれています。
従って、
老齢基礎年金  78万
+老齢厚生年金 79万
で、年額157万となります。

個人負担保険料 26,211円×480ヶ月
= 12,581,280円となります。
年金は157万ですから、
8年でトントン、会社負担分も考慮すると
16年でトントンとなります。

しかも障害となった時、死んだ時でも
家族に年金が支給されます。

問題はこの状態をまわしていく財源が
足りないことです。
過去の年金額を決める係数を見ると
少しずつ悪くなっていくのが分かります。
それでもまだこの状態を保っているのは
先行き不安ではありますよね。

いかがでしょう?

Moryouyouと申します。
よろしくお願いします。

疑問についてはごもっともだと
思いますが、いろいろと手厚い制度で
非常に複雑になっているので分かり
づらいですよね。

しかしかなりの方が以下の目安が
あてはまると思います。

1.老齢基礎年金については簡潔です。
年金額780,100÷480ヶ月
=1,626円/月を払えば1年分は
トントンというわけです。
現状、保険料は月15,590円
ですから、10年で支払った
保険料を超える計算になります。

2.老齢厚生年金は以下のようになります。
保険料率は現在17.474%です。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報