プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

障害年金に加入した場合、国民年金や基礎年金部分の納付ができなくなる全額免除になると
思うのですが

これは働いて厚生年金に加入した場合でもそうなるのでしょうか?

国民年金であれば、追納しなければ年金の支払いが発生しない、支払っていないので
理解できるのですが、

厚生年金の場合、厚生年金保険料を給料から毎月とられているので
それであれば、基礎年金部分の納付実績としてカウントしてほしいのですが、
そのようになっていないですよね?

もし仮に、将来的に障害年金を受給できなくなった場合に老齢年金にきりかわると
年金額が大幅に減ることになるので困っています。

全額免除期間は半分支払った扱いのハーフカウント扱いですが、
厚生年金を支払っている状態であれば、その分をカウントしてほしいのですが、

もしくは毎月の厚生年金保険料を減額してもらうかどちらかしてほしいのですが、、、

難しいことなんですかね?(´・ω・`)

アドバイスよろしくお願いします。(´・ω・`)

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    回答ありがとうございます。
    厚生年金の加入により、基礎年金部分(国民年金)の加入期間には加算されるようなのですが、
    その場合に、国民年金の免除と同様に全額免除、

    ハーフカウント扱いになるのではないかと、疑問に思っています

    違うのであればうれしいのですが、

    厚生年金を納付すれば追納と同じようにフルカウント扱いになってくれれば
    もし、仮に、障害年金が支給停止になった場合にも目処がたつんですが、、、

    よく考えてみれば、働ける=厚生年金に加入できるということは
    障害年金の支給停止になる可能性が伴うわけだから

    合理的に考えて、厚生年金の場合は基礎年金部分もフルカウント納付扱いになるということなのでしょうか?

    いまいち不安です。。。(´・ω・`)

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2023/08/24 21:01

A 回答 (2件)

厚生年金に加入していると言うことは国民年金2号保険者ですから国民年金保険料を満額払っていることになりますからフルカウントになります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはりそうなるんですかね?
そうだと嬉しいです。(*´ω`*)

お礼日時:2023/08/26 17:03

厚生年金に加入すれば国民年金保険料の免除は無くなります。


従って厚生年金加入期間は国民年金加入期間に加算されます。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

厚生年金の分だけでなく、
基礎年金部分の加入実績としてもカウントされるんですか? 
Σ(´・ω・`)

自分もそうだと思っていたんですが、チャットGPTに質問なげたら
納付できないという旨の答えが帰ってきたので、よくわからなくなっていました。

ググっても答えがみつけられず困っています


障害年金での免除、ハーフカウント扱いに、なっているような気もするんですが、

自分の年金定期便の紙をみてもいまいちよくわかりません。

どこかにそういうことを解説しているページや書籍など
回答頂いた答えのエビデンスになる資料をいいただけると嬉しいです。
(*´ω`*)

お礼日時:2023/08/24 20:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A