こんにちは。
最近、ヘルニアになってしまって鍼灸をしりました。33歳の主婦なんですがこれから鍼灸専門学校に行きたいと思っています。でも、年齢と持病があっては就職できるかどうか不安です。
住まいは札幌です。近所にある北海道鍼灸専門学校と青葉とで迷っています。意外と授業料も3年間ですからかかりますね。2つの学校を卒業された方々就職や勉強について教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

主婦なら素敵じゃないですか


資格あって
ご結婚されて好きなことされてて(*^_^*)
    • good
    • 0

今年間もなく国家試験をうけます。


関東なので学校の評判は分からなくて申し訳ないのですが、卒後稼げるお金のことを気になさるならお勧めしません。

ちょうど今仕事探しを始めていますが、不況のせいか、例年より求人は少ないと感じています。
例えば、一番ポピュラーな医道の日本のサイトで北海道の求人をみると、鍼灸師だけだと2件、あましを入れても3件しかヒットしませんでしたよ。

nagaruさんはずっと北海道にいらっしゃるのでしょうか?
場所にもよると思いますが、こちらでは卒業してすぐに鍼灸だけでやっていける人はそういないと思います。
特に、新卒でも鍼をささせてくれる条件のところを、求人情報などから探すのは本当に大変です。
まずまずのお給料を得ようとするなら、悲しいかな、接骨院での下働きが殆どです。それだって、柔道整復師の方よりお給料の設定が安いことが多いです。

介護施設にご勤務希望でしたら、柔道整復か、あんま指圧マッサージ、もしくは理学療法士の方が断然よいと思います。

鍼灸師の免許だけでそのようなところへの就職を探せないことはありませんが、マッサージの素地があることが条件(つまり学生時代に揉み屋のバイトくらいは経験する必要がある)ですし、結果的に就職したあと、鍼を持つことはないようです。

私自身は業界に夢もありますし、伝統系の勉強会に参加していて、素晴らしい先生たちの手技に感動し、自分もいつかはそうなりたいと思ってます。鍼灸が大好きですし、もっと広まったらいいのにと思っていますので、鍼灸学校へ通う人が増えるのはよいことだと思うんですが、nagaruさんの就職のイメージがそういった方面なら、取得する資格が必ずしも鍼灸である必要はないと思います。

私も主婦で子供が小さいので、勤務時間はかなりネックです。
憧れの先生のところへ弟子入りなども、主婦だと難しいです。
主さんはお子さんはいらっしゃらないのでしょうか?
もし小さいお子さんがいらっしゃる場合、あるいはこれから生まれる予定がある場合、昼間学校へ通い、夜遅くまでマッサージのバイトなどをし、日曜日に勉強会などに出席できますか?
私は最後の1年間は、学校にかかる費用以外に、本や勉強会、自分の練習用の鍼灸道具などで軽く20万はつかってしまっていました。
    • good
    • 1

社会人や、家庭を持っている方が、


鍼灸を受けて、
鍼灸師になりたいと思ってらしゃる方が多いです。

年齢や、資金面などで、
その不安はよくわかります。

しかし、
鍼灸師になりたいと強い気持ちがあれば、
廻りも協力してくれる方が出てくると思います。

資金面は、奨学金制度を使ったり、
教育ローンなどを使う方法もあります。

参考URL:http://www.sinkyu.org/
    • good
    • 0

病院への就職状況を調べてみてください


年々給料が安くなっています
無資格で出来る普通の仕事と変わらないのでは?
投資した600万をペイするのは難しいでしょう
柔整師なら出来ます その代わり授業で柔道があるのできついです
ただお金じゃなくて鍼灸師をしたいのなら良いかも
鍼灸治療は腰痛めやすいです 前かがみになるので
鍼灸学校の先生になぜ教師になったのか聴いたことがあります 鍼灸だけじゃ飯くってけないから と言っていました
専門学校や大学は入ってから業界の現実の情報が入ってきてがっくり、と言うことがよくあります
専門学校生に直接聞くのが一番だと思います

午後の時間帯は、4-8時とかで家事の時間にもろかぶってしまいます 朝は9-12時とかでちゅうとはんぱに
休みがあります
開業するなら時間は自由に設定できますが
マッサージの免許ないと集客力がすごく弱いです
就職も鍼灸の免許はおまけであったらあったで良いけどメインはマッサージ師の免許が必要です
鍼灸の免許だけだと就職口がぐっと狭くなります
専門学校しのびこんで求人票を見てきてください
現実がもろにわかります みんなが見えるように掲示板とかに貼ってあります naguruさんがそれを見て
この条件なら働きたいと思うならがんばってみてください
あと鍼灸にこだわらず隣接業種も調べてみてください
柔整 カイロ 整体 リフレクソロジー アロマ

鍼灸マッサージの免許では医療保険を使った出張治療
(往診)と言うのも出来ます 医師の同意必要
同じく介護保険業界にも参入できます
マッサージの免許を使い機能訓練員としてデイサービスに就職している人もいます
5年働けばケアマネにもなれます(試験はあるけど)
ケアマネはマッサージ師だけでなく鍼灸師もなれます
トレーナーはボランティアならいくらでもできますが
お金をもらおうとするとかなり厳しいです
柔整の接骨院は保険使えますが整形とバッティングしているので肩身狭いです ただ鍼灸師に比べると
儲けてます ほけんの取り扱いに関してあいまいと言うかグレーと言うか 正義感の強い人固い人は
疑問を感じて良心が揺さぶられるとおもいます
鍼灸学校の現実を最後にひとつ
せっかく高い授業料納めて3年間も使って資格取ったのに5年後10年後この業界にまったく携わっていない人がボロボロ出ています
学校はそんなマイナスの情報は一切言いませんが卒業生に聞いてみてください
    • good
    • 0

#3のninjinです。


sinnkyuusiの熱い書き込みを拝読して、その熱意のまま質問者が鍼灸の道で成功をおさめてくれれば何も言うことはないのですが、・・・しかし現実はsinnkyuusiさんもご存じのはず・・・。

(1)の健康保険を使えないと言う現実は、その道で開業の困難さを物語っています。就職と言っても医療機関の就職の道は現実とても難しいのもご存じですよね。
(決してsinnkyuusiの熱意を否定するものではありません、誤解なさらないで頂きたい)
理学療法士や検査技師達でさえ、リストラの憂き目にあっている現実が医療現場にはあります。

そして西洋医学では使い捨ての針であれ、消毒済みの針であれとても鍼灸医療には(医師が自分で施術する場合を除き)理解にはほど遠いものがあります。

そして未だに、あの肝炎に罹患させたという事実を知りながら、鍼をアルコール綿だけで消毒している鍼灸師さん達の多いという現実。
(確かに30万もする高温消毒器が高価なのは分かりますけど)

素晴らしいと思える方も確かに目にすることはありますが、正直なところ50人に一人程度かなというのが私の実感です。
こういった鍼灸界の低迷は医療監査、又は診療監査を受けない業界であるがための低迷と言えるでしょう。
勉強はしている!している!と言われるのも分かりますが、実際、医師達の勉強の量と比較すれば(実際の比較にはちょっと無理がありますが)少なくても100倍以上の開きがあります。

色々な医療の業界を見てきた私からの助言として、どこの医療業界も決して甘くありません!。600万円もかけて後悔している人達も多いという現実にも目を向けていただきたいと思います。

舅の愚痴のような事ばかり書き込みましたが、後悔のないように決断はご自分でなさって下さいね。
    • good
    • 0

#1&2です。


#3の書き込みを見ると不安になると思うので、補足します。

(1)まず、健康保険は使えなくて当たり前です。
東洋医学には「未病治」という考え方があります。
これは未だ病にならざるを治すという意味で、病気になる前の段階でそれを直してしまうという事です。
東洋医学の本質はこの未病治ですから、現時点では鍼灸に健康保険の適応はふさわしくありません。

(2)マッサージ免許ですが、僕は持っていません。
僕の知っている素晴らしい先生方の中にもマッサージ免許を持っている先生は非常に少なく、鍼灸だけで疾病治療には事足りている方が多いです。
入学した学科にマッサージの資格が取れる勉強があったのに、あえてとらなかった方も多くいらっしゃいます。
なぜかというと、鍼灸一本で勝負した方が技術も上達しやすいからです。

(3)これに関してはどうでしょう・・・。
そういうイメージがある方もいるかもしれませんね。
100%の否定は出来ません。
普通に消毒していれば大丈夫なのですが(または使い捨ての鍼を使うとか。技術の向上は妨げられますが・・・)。

(4)医療チームの中には、確かに入りにくいです。
ですが、終末医療や介護業界においては比較的入りやすいと思いますよ。
へたな医者よりも知識のある人もいれば、解剖学に疎い人がいることも事実です。
ですが、資質と教養の問題は個人的な理由ですから。何ともいえません。
医療チームに入るだけが鍼灸の生きる道ではありませんし、不安に思う事はありませんよ。

ご自身の進む道に迷いを生じてはいけません。
個人的には鍼灸は今後も発展して行くと思います。
    • good
    • 0

鍼灸治療に夢を持たれていらっしゃるようですが、現実はとても厳しいものがあります。


どれほど現実が厳しいかと言いますと、

(1)健康保険が(基本的には)使えない

(2)マッサージ免許がないと、(普通)意図する治療が出来ないのでマッサージ過程まで視野に入れる必要がある。

(3)鍼灸治療で肝炎を罹患させたという業界のイメージからまだ脱却できていない。

(4)治療者としての資格は有するが、メディカルスタッフとしての資質と教養が低いという社会の視線に対応できていない。

大凡の問題点をカキコいたしましたが、本当にヘルニアの持病を持ちながら鍼灸の勉強をされるのでしょうか?。

姪も今年医療系の学校に入りましたが、高校卒業時には鍼灸の学校も選択肢に入れていましたので、業界内部をよく知る私達夫婦は猛反対!(笑)
3年で600万円ほどかかるわりには将来はまったく明るくない業界です。
我がことのように心配です。

余談ですが、本当にヘルニアなのですか?。
ヘルニアの診断は整形外科医10人に見せると、5人が誤診すると言われるほど、撮影したレントゲン写真の写り方で大きく変わってしまいます。
(女性のヘルニアは心身症がとても多いんです)
腰痛の専門医に受診し、正確な診断を頂く事を強くお勧めいたします。
夢を砕くような回答で申し訳なく思います。
まず体を治してから進路をお決めになっても遅くないような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実は現在、社宅に住んでいまして階下の息子さんが引きこもりでさらに暴力、攻撃的で毎日床をどついたり階下で真上に住んでいる私を物音を聞いては追い掛け回してきたりするんです。越してきて5か月くらいですが2か月目にはヘルニアになってしまいました。心身症なんでしょうか?毎日寝ていないのか朝から晩まで大騒ぎでほとほとほと疲れていますが。
話が脱線してすいません。
実は鍼灸師と精神保健福祉士の間で迷っていました。どちらも自分の今後には必要だと思いましたが、ネットを見ると鍼灸師は今後が厳しいなぁと感じていました。
参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2003/09/30 11:54

補足読みました。


わかる範囲でお答えしますね。

>鍼灸師の今後はあまり明るくないといいますが、実際には就職などの状況はどうなのでしょうか。
就職状況は比較的良好だと思いますよ。
特殊な仕事(プロスポーツのトレーナーなど)を除けば意外と希望する職種への就職は容易だと思います。

>希望としてはリハビリ系の病院や老健等に勤務したいと思っていますが現実はどうなのでしょうか。
病院や老健施設などの求人は多いと思います。
心配ないと思いますよ。

>医療保険の関係で色々と制限があると聴きますが。 
これは意味がよくわかりませんが、医療機関だけではなく、サービスとして鍼灸を取り入れている施設は増えていますから大丈夫だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん。ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/30 11:36

どちらの学校も卒業していませんが、一応鍼灸師です。



年齢に関してですが、鍼灸の養成学校にはいろんな方がご入学されるので、心配ないと思います。
僕の同級生や知人・友人には社会人からの入学、定年退職後の入学など、18歳~65歳までの年齢層で入学される方がいらっしゃいますので。

持病に関しては、勉強しながらご自分で治していくのが最も勉強になるかと(笑)。

北海道鍼灸は歴史のある学校、青葉は比較的新しい学校ですね。
卒業生を出した事のない青葉よりも、どちらかといえば歴史のある北海道鍼灸の方がよい勉強が出来るかな~と思います(あくまでも個人的な意見ですが)。

今は国家試験の合格率が発表されるようになりました。
URLでご確認ください。
何かの参考になるかもしれません。

補足があればどうぞ。

参考URL:http://sqs.jp/

この回答への補足

アドバイスありがとうございます。
結局、近くて歴史がありそうな北海道鍼灸にしたい思いが強くなっていたところです。青葉は試験無しでも自己推薦で入学できるようで・・・そこが今後についてどうなのかと引っかかるものがありました。
卒業してもそれだけでは困るし。
鍼灸師の今後はあまり明るくないといいますが、実際には就職などの状況はどうなのでしょうか。
希望としてはリハビリ系の病院や老健等に勤務したいと思っていますが現実はどうなのでしょうか。医療保険の関係で色々と制限があると聴きますが。 

補足日時:2003/09/25 12:38
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鍼灸師 あん摩マッサージ指圧師 のどちらが良いか?

卒業を控えた文系大学4年生、男です。4月から鍼灸師の学校に行こうか、あん摩マッサージ指圧師の学校に行こうか迷っています。
先日あん摩マッサージ指圧師の名門校、○越学園から補欠合格の通知を頂きました。受験当初は、出願が迫っていたこともあり、名門のイメージでとりあえず受験しました。
その後、あん摩マッサージ指圧師の仕事を色々調べてみたのですが、自分は体格や手も小さく、握力もないので向かないのではないか、やはり体力が必要な世界なのかなと思うようになりました。
鍼灸の方は、当初針を刺すことに怖いイメージがあったのですが、腰をかがめる以外、手先のみを使う仕事なので自分向きかと思い始めました。(手先に自信がある訳ではありませんが…)
ただ、指圧の超有名校出身のあん摩マッサージ指圧師になるというのも捨てがたいのかもしれません。
★力のいらない鍼灸師 ★伝統名門校出身のあん摩マッサージ指圧師、このどちらかの道に進むとしたら将来はどちらが安定、有望でしょうか?
勿論、本人のやる気と腕次第であると思いますし、服の上からでも施術できる指圧と、針を刺し灸を据える鍼灸とでは治療方法も大きく異なりますが、どちらが良いか本当に悩んでいます。
柔道整復師は運動部の経験が無い私には厳しいかな…と思っています。
本来であれば、鍼師・灸師・あん摩マッサージ指圧師の3科が取得できる学校に入学するのが適切でしょうが、今から出願して4月入学できる学校は鍼灸専科しかありません。これから出願しようと思っていました。
業界の皆様方、アドバイスどうかよろしくお願い致します。

卒業を控えた文系大学4年生、男です。4月から鍼灸師の学校に行こうか、あん摩マッサージ指圧師の学校に行こうか迷っています。
先日あん摩マッサージ指圧師の名門校、○越学園から補欠合格の通知を頂きました。受験当初は、出願が迫っていたこともあり、名門のイメージでとりあえず受験しました。
その後、あん摩マッサージ指圧師の仕事を色々調べてみたのですが、自分は体格や手も小さく、握力もないので向かないのではないか、やはり体力が必要な世界なのかなと思うようになりました。
鍼灸の方は、当初針を...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。
医療機関としては、はーちゃん、マーちゃん、灸ーちゃん すべての資格を有する者のほうが、働いて貰い易いです。
そして、まぁ大丈夫かとは思いますが、3資格国試を受験するほうが、単科で学んで1資格のための試験を受けるより、リスクを減らせます。一つの資格だけでも合格すれば、とりあえずは医療分野で働くことが出来ます。

また、Reha.関係の知識にかけるくせに、「訪問リハビリマッサージを謳う人達」も結構いまして、何でも強引に筋トレさせれば良いと思っているお馬鹿は多いですね。(せめて中枢疾患とその他の場合の訓練や治療法を分けて欲しいものです。)
将来的に機能訓練分野にも入るおつもりでしたら、資格取得後、一度は脳外や神経内科の患者さんの多いリハ科に入った方が良いのではないかと思います。
そうなると、慢性疲労性疾患など運動器疾患患者さん以外にも、神経的というかペインクリニック要素までを併せて任せられる鍼灸マッサージ師さんのほうが、やはり重宝されます。

また、学生さんの段階では、未だあまり特定の流派に思考を固定しないほうが、後々末広がりな活躍が出来そうな気がします。

中医学に関しては、ある程度学んでいる薬剤師や医師とも話が合わせられるでしょうが、経絡治療関係になるとその患者さん本人&その個人を取り巻く多くの方々に「共有する知識が無い」ために独りよがりな印象を与え易いです。

これからの医療関係者は、医療・福祉・行政関係者と連携を取っていく必要が有ると思います。そのときに貴方の今までの大学4年間の経験は強みになるでしょう。

ただ、今のところ通所介護施設(≒デイサービス)で機能訓練指導員として働くためには、鍼師ではなく「マッサージ師資格」が必要です。

鍼治療は、6つだかの疾患しか医療保険対象になりませんし、同一疾患に対し医師がお薬を出しているうちは保険が使えません(つまり医師が匙を投げた状態でないと保険対象にならない)。
でも、マッサージ治療には疾患名・投薬による制限はありません。
医師同意期間も、鍼だと1ヶ月毎、マッサージだと3ヶ月毎 というように、マッサージのほうが要件が随分緩くなっています。
いずれ開業して医療保険も取り扱うおつもりでしたら、マッサージは持っていた方が対象患者さんを沢山増やせるでしょう。

余談ですが、私はもともと、広く浅く知識を取り入れ、気に入った分野に関しては その筋の専門家と「一応語り合えるくらいの深さ」まで学ぶという姿勢です。

最後に・・・将来を左右する状況で悩まれるのでしたら、今結論を出さなくても良い方向で選択するのもアリだと思います。

ご参考まで

#1です。
医療機関としては、はーちゃん、マーちゃん、灸ーちゃん すべての資格を有する者のほうが、働いて貰い易いです。
そして、まぁ大丈夫かとは思いますが、3資格国試を受験するほうが、単科で学んで1資格のための試験を受けるより、リスクを減らせます。一つの資格だけでも合格すれば、とりあえずは医療分野で働くことが出来ます。

また、Reha.関係の知識にかけるくせに、「訪問リハビリマッサージを謳う人達」も結構いまして、何でも強引に筋トレさせれば良いと思っているお馬鹿は多いですね。(せ...続きを読む

Q専門学校に通いながら失業保険ってもらえますか?

基本的な事ですが、
専門学校(大原やTAC等)に通いながら失業保険ってもらえるんでしょうか?

自分の今後の進路を考える上では、結構切実な問題です。
知っている方教えてください。

Aベストアンサー

>問答集がとっても分りやすかったんですけど、「応じられる」と答えて「はい、じゃぁこれ」なんて言われたらどうするのでしょう?
>こちらとしては、当然しばらくは働く気が無いわけですから。。。

回答します

まず、そういうケースは、ほぼありえないと思ってよいでしょう。失業保険から雇用保険に名称が変わり、失業の認定基準は緩やかになっています。

失業認定申告書の質問は、正確には・・
「今、公共職業安定所から自分に適した仕事が紹介されれば、すぐに応じられますか」
というものです。

特別な理由がないのに、不適当な労働条件や求職条件に固執すれば(賃金は最低月収50万円以上とか・・週休3日とか・・)、働く意思がないと思われますが、正当な理由(例えば、通勤が遠い・・とか、賃金が安い・・とか、仕事内容が自分に合わない・・等)であれば、紹介を拒んでも何か処分を受けるということはありません。

仮に、本当に自分に合った仕事であり、かつ自分の望む条件にピッタリな会社があって紹介されても、r-dayさんは学校優先で面接を断りますか?
以前から気になっていて、「出来たらそこに就職したい・・」(安定所に求人があるかどうかは別です)と思っていた会社でも面接を拒否しますか?

私だった、とりあえず、面接だけでも行って条件とかを詳しく聞きたいと思います。
面接に行って、自分に合わなければ、断れば良いのではないでしょうか?

どんなにピッタリな条件の会社があっても、面接さえも行かないと言うのであれば、就職の意思がないと思われても仕方ないと思います。その場合、受給資格はありません。

要は、働く意思の有無の問題です。

4月の有効求人倍率(全国)は、0.63でしたっけ?(うろ覚えでゴメンナサイ)
これって、仕事を探している人が100人いても、求人が63人分しかない・・ということです。
そのような状況なので、「安定所の紹介に応じられる」として、すぐに仕事を紹介してくれるとは思えません。

なんだか、話がそれてしまいましたが・・

結論!!

学校に行っても大丈夫です。
「昼間の学校であっても、就職が決まれば夜間に変更可能」
「失業の認定日に必ず行ける」
・・という前提です。

p(^^)gガンバッテ!

>問答集がとっても分りやすかったんですけど、「応じられる」と答えて「はい、じゃぁこれ」なんて言われたらどうするのでしょう?
>こちらとしては、当然しばらくは働く気が無いわけですから。。。

回答します

まず、そういうケースは、ほぼありえないと思ってよいでしょう。失業保険から雇用保険に名称が変わり、失業の認定基準は緩やかになっています。

失業認定申告書の質問は、正確には・・
「今、公共職業安定所から自分に適した仕事が紹介されれば、すぐに応じられますか」
というものです。
...続きを読む

Q鍼灸:取穴部位の暗記で良い方法があったら教えてください。

鍼灸学校に通っている1年生です。
来週月曜12月3日に鍼実技の期末テストがあります。
実際に鍼実技のテストもあるのですが、
その時に口頭試問で「前腕にある全ての取穴部位の中から一つ先生が指定し、その取穴部位を口頭で言う」というテストも含まれています。
たとえばこんな感じです。
先生:「少商穴の取穴部位を言ってください」
生徒:「母指橈側爪甲根部、爪甲の角を去ること1分に取る、です」

範囲は肺経、大腸経、心経、小腸経、心包経、三焦経の前腕部分の全ての取穴部位。確か50穴くらいあったと思います。
よく経穴名は歌に合わせてとか、語呂あわせとかあったりしますが、取穴部位って暗記法とかあるんでしょうか?
また、わたしはこうした、僕はこうやったというような方法がありましたら、教えてください。
当方、日が迫っているにも関わらず、まだ肺経しか覚えていない現状です。(早く手をつければ良かったのですが…)
やはり地味に地道にやるのが一番なんですかねぇ…。

Aベストアンサー

取穴法の暗記方法についてだったんですね。
経穴名の暗記法かと思いました、勘違いしていました(でも、身体に書いて覚えるのはお勧めです)。

取穴法ならいくつかの法則、漢字の意味を知っていれば簡単ですよ。

・淵、谷、谿などがつく経穴は、筋肉や骨の間に出来る陥凹部にあります(太淵、陽谷、陽谿など)。
答えに困ったら「陥凹部」って答えればあながちはずれではないはず(笑)。

・『衝』には「脈」「向かう」「つきあたる」という意味が隠されています。ですから、これがつく経穴は経絡のつきあたりや出発地点である指先か、動脈拍動部にあります(少衝、中衝、関衝などは指先。太衝、天衝、気衝などは動脈拍動部。ですから、手に限っては衝がつけば指先のみ!)

前腕に限っては、このくらいの予備知識があれば大体覚えられると思いますよ。
確か51穴だったと思いますから、がんばって覚えてくださいね~。

失礼しました…。

Q鍼灸師をやめてしまおうかと考えているのですが。

こんにちは。ぜひとも相談に乗ってほしいことがあります。自分は、某県に住む、32歳の男です。5年ほど前に、鍼灸師を養成する学校を卒業し、その後、整骨院で、3年ほど勤務しました。その後、キャリアアップを目的に、某大学の医学部を再受験したのですが、結果はおそらく不合格になりそうです。また鍼灸師としてのキャリアを生かした仕事に就きたいと思うのですがここで大きな不安に突き当たってしまいます。
 現在自分が住む県においては、鍼灸治療を希望する患者は少なく、鍼灸師として整骨院に就職しても、ほとんどマッサージにまわされてしまいます。そのため、技術向上のための機会にほとんど恵まれず、技術に対して自信がもてません。また、マッサージに関しても、本来、学校に行って資格を得たものではありませんし、職場で教わっただけのものですから、それに対しても、自信がないです。またたいていの整骨院は労務環境が悪い、(賞与・昇給・退職金・昇進なし、低賃金、拘束時間が法定労働時間を越えている)です。
 では鍼灸院については、自分が住む県に関して言えば、鍼灸院の雇用はほぼゼロです。 また病院は鍼灸師が働く環境が整っているところは極めて少なく、雇用する相手側の院長が鍼灸治療に対する理解がほとんどないというのが現状ですし、。ともすれば雑用係にまわされたこともしばしば、というのが実情です。
以上の現実を踏まえますと、もう鍼灸師としてのキャリアを捨て、別の職業に就いたほうがいいのではないか、という考えが浮かんできます。 もちろん、他の仕事も厳しいですし、現在の年齢から言えば、それほど恵まれた職業にありつけるとは考えていませんが…、 鍼灸師、及び、他のコメディカルの職業についておられる皆さん。こんな自分の考えについて意見をお聞かせください。

こんにちは。ぜひとも相談に乗ってほしいことがあります。自分は、某県に住む、32歳の男です。5年ほど前に、鍼灸師を養成する学校を卒業し、その後、整骨院で、3年ほど勤務しました。その後、キャリアアップを目的に、某大学の医学部を再受験したのですが、結果はおそらく不合格になりそうです。また鍼灸師としてのキャリアを生かした仕事に就きたいと思うのですがここで大きな不安に突き当たってしまいます。
 現在自分が住む県においては、鍼灸治療を希望する患者は少なく、鍼灸師として整骨院に就職して...続きを読む

Aベストアンサー

関係者として一言アドバイスを。
鍼灸師の中には、マッサージ師、柔道整復師の資格を持っているものも多いのですが、現実的には鍼灸よりもマッサージの需要が圧倒的です。
また、新規開業では鍼灸師に限らず5年から10年は客層の開拓に苦労するのが普通です。
好きでなった仕事なら、家や土地がおありなら、自宅を利用しての開業が長い目で見れば、一番有利かと思います。マッサージ師の仕事を続けながら、適応のあるお客さんには(十分信頼されてから)針治療をお勧めするというようなやり方が良いと思います。
病院で鍼灸師が働く環境が整っているところが、きわめて少ないとのことですが、鍼灸や整形外科、ペインクリニック、疼痛関係の学会に出席しますと、鍼灸師を雇用して集学的な治療を積極的に行っている施設も数多くあります。
そうした関連学会に出席したりして情報収集されたり、これはという施設がありましたら、自分の思いを話してアプライされたらいかがでしょうか?

Q鍼灸師と柔道整復師 どちらが有利?

東洋医学に興味があります。将来開業を目指して資格を取ろうと思っています。
鍼灸師(あん摩マッサージ含む)と柔道整復師の選択で悩んでいます。
私のイメージですが、鍼灸師は慢性疾患(肩こり 腰痛) 柔道整復師は急性疾患(骨折 脱臼等)の対応と思っていますが、街の整骨院に行くとどちらも対応しているように感じます。両方の資格があればベターでしょうが資格取得は高額なため、どちらかの選択を考えております。
メリット デメリットを含めアドバイスを頂ければと思っております。

Aベストアンサー

鍼灸師資格を保有している者です。

鍼灸師は医療系の三年制の国家資格では最低レベルの収入です。
腕や経営手腕により稼ぐ院も中にはあるでしょうが、上澄みだけ見たらどの業界も同じです。

要は中間層を見なければダメかと思いますが、中間以下の層は妻子持ちですと一般平均所得並の生活すらままならない人も大勢居ます。

費用対効果以前の問題で、卒業したら全く畑違いの所へ就職したって人も大勢居ます。

卒後の就職先は鍼灸院への就職先はまず皆無に等しく(街の鍼灸院を見れば明白だと思いますが、皆さん自宅の一室で開業していたりアパートの一室で開業されていて、とても金銭的余裕のある鍼灸院はありません)。

就職先は接骨院や整形外科となりますが、接骨院勤務は雑務やサポートがメインでまず鍼打ち作業は業務にはありません。機材のオンオフをひたすら繰り返したり柔道整復術まがいの事をやらされます。

当然、これら接骨院は個人事業主規模やそれと同じような規模の法人の場合が多く何時潰れるやもしれません。雇用は安定しない上に薄給で鍼も打てない状況。鍼灸師の資格を取った意味さえありません。

頑張って開業しても、保険取り扱いは医師の同意書添付が条件ですから、自由診療メインです。

一回の施術に4000円5000円払ってコンスタントに来る患者など居ません。

仮に腕があっても西洋医学で事足りる疾患なら整形外科疾患は整形外科や接骨院、内科疾患は病院に流れます。わざわざ、西洋医学で事足りるのに高い金出して鍼灸治療に行く患者なんてまず居ません。
当然、保険が効き、治療費の安く確実な治療を患者は求めます。

後は西洋医学では治らない慢性疾患やサジを投げられた疾患の患者だけが頼りですが・・・質問者さんの街の鍼灸院の規模を見ればどの程度の収益を挙げているかは明白ですね。

鍼灸の専門学校は揃って「医療系」「独立開業有り」なんて美味い事を言い競争が激しいので生徒を血眼で集めていますが、資格商法に他ならない笑えない状況が今の鍼灸業界です。おまけに新設校が乱立し莫大な数の鍼灸師が増えます。


そして、柔道整復師ですがつい先日大々的にニュースで報道されましたが、不正請求についにメスが入りました。
大袈裟ではなく大多数の接骨院が不正請求に加担している現状があります(今まで不思議にメスが入りませんでしたが、今後は再三の改善の無い接骨院は詐欺罪で刑事告発も有りうるでしょう)。保険適用ではない疾患も保険適用として請求して保険料を不正に受給している訳です。

接骨院は鍼灸院と違ってきちんとテナントやビルに入っていたりと儲かっている印象がおありかもしれませんが、羽振りの良い接骨院の多くが(全てではないでしょうが)不正請求の上に成り立っていると言っても過言ではありません。

今後、不正請求が暴かれれば、柔道整復師も資格保持者の激増に伴い食えない資格になるでしょうね(同意書問題が無いだけ、鍼灸師よりはマシかもしれませんが)。

いづれにせよ、両資格ともにあんな高い授業料を支払ってまで取得する資格ではないと思います。私の周りでも後悔している同級が沢山居ます。3年間と多額のお金を使いますので、熟慮の上に入学等を決めて下さい。

私はお勧めしません。

鍼灸師資格を保有している者です。

鍼灸師は医療系の三年制の国家資格では最低レベルの収入です。
腕や経営手腕により稼ぐ院も中にはあるでしょうが、上澄みだけ見たらどの業界も同じです。

要は中間層を見なければダメかと思いますが、中間以下の層は妻子持ちですと一般平均所得並の生活すらままならない人も大勢居ます。

費用対効果以前の問題で、卒業したら全く畑違いの所へ就職したって人も大勢居ます。

卒後の就職先は鍼灸院への就職先はまず皆無に等しく(街の鍼灸院を見れば明白だと思いますが...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報