人体からも、ニュートリノが放出されているそうですが、いったいどれくらいの量が放出されているのでしょうか?

A 回答 (4件)

すみません。

炭素14のことばっかり考えて、
カリウムは考えに入れてませんでした。

カリウムの中に1万分の1の割合で、放射性同位体のカリウム40があるそうです。
カリウムは人間の体の中に約200gあります。
200/39(カリウムの原子量) ≒ 5モル
5×アボガドロ数 ≒ 3×10^24個のカリウム原子がある
3×10^24× 1/10000 ≒ 3×10^20個のカリウム40の原子がある

これによると、放射性同位元素の数としては炭素14よりも多くなります。
ただ、『理科年表』によると、カリウム40の半減期は炭素14より6ケタほど長いんです。
だから何億も崩壊するかな?と疑問に思います。

カリウムの放射性同位体には、40の他に42や43があるそうで、
これは半減期が1日程度と短いので、存在比によってはけっこう崩壊しそうですが、
存在比がわからないので計算できませんでした。

カルシウムやリンについても同様の計算ができそうですが、
詳しい存在比がわからないのでパスさせてください。
いい加減な計算で失礼しました。
    • good
    • 0

人体に含まれるウランの崩壊よりも、


炭素14、もしくは三重水素崩壊の方が多いと思います。

あるサイトによると、体の中にある炭素14はおよそ1.0×10^15個。
その一万分の一程度が一年のうちに崩壊するとして計算すると、
一秒に数千個の崩壊があり、これと同数だけニュートリノが発生します。
(このほかに、三重水素の崩壊による分もあるでしょう)

もっともこの程度のニュートリノは、人体からだけでなく、
そこらへんの木材やいろいろなものから出ています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

「1秒に数千個の崩壊」ですか...

ウランだとか炭素だとかハッキリしないのは、実はまだちゃんと評価されていないのでしょうかね。

お礼日時:2003/09/25 20:31

すみません、ウランの主な崩壊様式はα崩壊のようなので


下の評価はあくまで、上限評価です。
実際には、1-2桁ぐらい(もっと?)下がるでしょう。
    • good
    • 0

オーダー評価に基づいたちょー適当な計算です。



海水中に含まれるウランは、
http://www.ies.or.jp/japanese/mini/mini_hyakka/2 …
によると、3mg/1ton
ウランは、molあたりだいたい240g程度の質量をもつので
海水1tonあたり10^-5mol=6*10^18個のウラン原子を含んでいます。
人体の成分は海水と大して変わらないと思われるので
人体60kgとすれば、6*10^18*0.06=4*10^17個のウランを含んでいます。

さて、ウランの半減期は、46億年=だいたい10^17(s)程度です。
したがって、1sあたり人体内ではだいたい1個程度のウランが
崩壊していることになります。
ニュートリノは、ウランのβ崩壊に伴って
何個放出されるか知りませんが、
100個も1000個も放出されるわけはないので
だいたい人体内でのニュートリノ生成率はこんなものでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

研究会で聞いたときは、3億個近い数のニュートリノが人体から放出されているそうでうが....
そのときは、確かカリウムの崩壊とあったような...

申し訳ございません。

お礼日時:2003/09/25 20:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q理科の問題作成に使う人体のイラスト

教材作りで、人体(骨、呼吸、消化、血液など)のイラストが必要です。
もちろん無料がいいのですが、有料でもかまいませんので、使いやすいシンプルなイラストが載っているページは無いでしょうか。
模式図のようなものでも良いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://fig-maker.la.coocan.jp/index.html?20110618

にいろいろ載ってましたよ。

参考URL:http://fig-maker.la.coocan.jp/index.html?20110618

Q太陽が明るいのはニュートリノが放出されているから、、、を理解したい。

新聞に、ノーベル賞受賞の小柴氏が、太陽が明るいのはニュートリノが放出されているから、、、と80年代後半に述べた、、と書かれていました。
 ニュートリノの存在で新たに説明できるようになったことがあるのでしょうか。科学好きの素人です。わかりやすく説明していただけないでしょうか。

Aベストアンサー

小柴氏のノーベル賞受賞理由は、太陽で作られ、地球まで飛んでくるニュートリノをリアルタイムでキャッチし、その飛んでくる方向も測定して確かに太陽から飛んでくることを確認した、ということです。(+超新星爆発のニュートリノを捕まえた)

太陽からのニュートリノは太陽の中心部での核融合で作られ、それが地球の直径の数十倍もの厚さの層をすり抜けて直接地球まで届きます。可視光、赤外線、X線などの電磁波で観測している限り太陽表面しか実際には観測できないので、太陽の中心から直接飛んでくる粒子を観測できたということは画期的なことといえます。

ところで、いざ太陽からのニュートリノを観測してみると太陽の光度、表面温度などから予測される核融合の頻度と比べて、地球でキャッチできたニュートリノの数がどう見積もっても少なすぎ、計算の半分くらいしかキャッチできていないことがわかりました。もう一人の受賞者、デービスらの実験でも同じくキャッチできたニュートリノがどうにも少ない、という結果を出していましたので、最近十数年間この食い違いの原因がどこにあるか熱く議論されました。

その結果、この食い違いの原因は太陽の核融合の計算が間違っているわけでなく、測定が間違っているわけでもなく、太陽から地球に届く間にニュートリノが減ってしまっている(正確には観測できない別のニュートリノに化けている)ということ以外に説明がつかないことがわかってきました。この現象をニュートリノ振動といい、ニュートリノ振動の観測によってニュートリノそのものの性質(質量その他)を解明する大きな手がかりを得ることができます。

ニュートリノ振動の研究はまだまだ途中段階(もう2つくらいノーベル賞を勝ち取ることをもくろんでいる!?)ですが、太陽からのニュートリノ、超新星からのニュートリノを捕らえたことは、電磁波でしか観測できなかった天体観測の窓を広げました。

小柴氏のノーベル賞受賞理由は、太陽で作られ、地球まで飛んでくるニュートリノをリアルタイムでキャッチし、その飛んでくる方向も測定して確かに太陽から飛んでくることを確認した、ということです。(+超新星爆発のニュートリノを捕まえた)

太陽からのニュートリノは太陽の中心部での核融合で作られ、それが地球の直径の数十倍もの厚さの層をすり抜けて直接地球まで届きます。可視光、赤外線、X線などの電磁波で観測している限り太陽表面しか実際には観測できないので、太陽の中心から直接飛んでくる粒子を...続きを読む

Q人体イラストが掲載されているサイトはありませんか?

生物学とは全く関係ないのですが、人事の仕事をしていて「労働災害」用の報告書に載せるイラストを探しているんです。
成人男性の体全体のイラストがあれば助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記はいかが?

参考URL:http://www.dcaj.org/bigbang/mmca/works/06/06_010.html

Q点光源から放出される光量

点光源から全方向に均等に光が放出されている(全光量はS)ときに、
直径Dのレンズをつうかする光量はどのように計算するのですか? 光源とレンズの間隔はRです。(R>>D)

Aベストアンサー

半径Rの球の表面積は4πR^2ですから、球面上の単位面積を通過する光量は S/4πR^2です。レンズの面積はπ(D/2)^2ですから、求める答えは S/4πR^2×π(D/2)^2=S/16×(D/R)^2 となります。

Q人体図のイラスト(前後)を探しています。

簡単な人間の枠だけのイラスト(前後)が欲しいです。
介護の仕事で、褥瘡の管理表を作成するのに使います。

イメージ的には、カルテの問診欄に
「どこが痛いか、その箇所を示してください」
などの時に使われる様なもの。

以上宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

人体図などで検索してみては?
わりと沢山ヒットしましたよ。
http://www.jintai100.com/detail/Free/0604/jintai.html

参考URL:http://www.jintai100.com/detail/Free/0604/jintai.html

Q真空容器からの放出ガス量の求め方

真空容器に排気速度「S=1m³/s」のTMPが配管「C1=0.1m³/s」「C2=0.4m³/s」を介して繋がっている。

真空容器の圧力が「P=1.0x10^-4」の時の容器からの放出ガス量Qと≒の値(Pa・m³/s)どれか?

(1) 7.4 (2) 1.0x10^-4 (3) 1.0x10^-3 (4)7.4x10^-6

Aベストアンサー

回答は既に出ていて、その通りです。

変数を次のように定義して詳しく説明すると
<変数の定義>
Pp:ポンプの吸気口の圧力
Pt:2種の配管の継部の圧力
P:真空容器の圧力
S:ポンプの排気速度・・・1m³/s
Q:ガス流量

<説明>
『コンダクタンスC2の配管の流量=ポンプの排気量』が成立するから
(Pt-Pp)・C2=Pp・S・・・・式(1)

『コンダクタンスC1の配管の流量=コンダクタンスC1の配管の流量』が成立するから
(P-Pt)・C1=(Pt-Pp)・C2・・・・式(2)

『ガス流量=ポンプの排気量』が成立するから
Q=Pp・S・・・・(3)
但しQには
(1)元々真空容器内に存在していた気体分子の排気流量
(2)漏れ(リーク)により流込む気体量
(3)真空容器内壁に吸着していた分子(主に、水の分子)の放出量
が含まれる。

(1)式から
C2・Pt=(S+C2)・Pp →Pt=3.5Pp・・・・(4)式
(1)式に(4)式を代入して
Pp=P/13.5=7,4×10^-6(Pa)・・・・(5)式

(5)式を(3)式に代入して
Q=7,4×10^-6 (Pa・m³/s)・・・・(7)式
が得られる。

そしてPが平衡状態、即ち(1/P)・dP/dt≒0の状態(=排気開始からそれなりの時間が経過した状態)、
且つリークがないなら
(7)式のQの値は放出ガス量とみなせる。

回答は既に出ていて、その通りです。

変数を次のように定義して詳しく説明すると
<変数の定義>
Pp:ポンプの吸気口の圧力
Pt:2種の配管の継部の圧力
P:真空容器の圧力
S:ポンプの排気速度・・・1m³/s
Q:ガス流量

<説明>
『コンダクタンスC2の配管の流量=ポンプの排気量』が成立するから
(Pt-Pp)・C2=Pp・S・・・・式(1)

『コンダクタンスC1の配管の流量=コンダクタンスC1の配管の流量』が成立するから
(P-Pt)・C1=(Pt-Pp)・C2・・・・式(2)

『...続きを読む

Qカルテ用人体図のイラストほしいです

カルテの問診欄に
「どこが痛いかその箇所を示してください」
などの時に使われる、

すっごい簡単な人間の枠だけのイラスト、
前後ろむきが欲しいのです。

1年前はいいのがあったのですが、PCが壊れたときに
なくしてしまいました。整体院のカルテを自作で作っています。 

Aベストアンサー

整体用のカルテでしたら、参考URLのたにぐち書店さんというところで売っているみたいですね。
(100部700円なので用紙代・印刷代などを考えれば高くないと思われます)
いちおう。

枠だけとは、たとえば↓のようなものですか?

http://web-k.jp/ksvn/ken-133a.html

http://reiki.city.kamakura.kanagawa.jp/reiki/reiki_honbun/j1000345001.html


もしかしたら著作権の問題なども絡むかもしれない
ので(この場合はいいのかな?)、枠だけのシンプルなものでしたら、イラストの部分もご自分で(ペイントなどで)描いちゃったほうが早いかもしれません。

参考URL:http://t-shoten.com/DOGU/SYUGI/02.HTM

Qニュートリノの速度は測れるのか

タイトルを見てこいつ馬鹿かと思ったかもしれませんが、ミュー型ニュートリノの速度が光速より速いということで、疑問があります。

相対性理論によれば、光速より早くなると、時間が逆もどりする。
ニュートリノを加速器で打ち出して、観測地で観測された。
その結果、光速より早い。
そもそも、光速より早ければ、たとえば0時00分に打ち出すとその時刻より前に観測地にいきなりニュートリノが(タイムスリップして)現れるはずです。

なのに、どうして、ニュートリノの速度は測れたのですか?

あと、もうひとつ。

相対性理論によれば、光速と同じならば、時間は止まる。
光から見れば、時間は止まっている。
たとえば、0時00分に光が出発すると、観測地につくのは、同じ0時00分。
つまり、出発した瞬間に光が観測されるはずではないでしょうか?

詳しい方にとっては馬鹿な質問でしょうかお答えください。

Aベストアンサー

バウムクーヘンのような同心円を想像してみてください。
以下、説明の都合上大雑把な値を使用します。

中心部に発射点があるとして、
同心円が光速での1秒毎(約30万…メートル??)に引かれているものとします。
仮に半径1秒分の円を1秒円、2秒分の円を2秒円と呼ぶことにします。
ここで、10秒円の地点に観測点(受信点)をおきます。
そこで、00時00分から順次、時刻を名称として
光00:00:01秒号、光00:00:02秒号のように発していくものとします。
新幹線が順次発車していくイメージです。
そして、光00:00:10秒号と同時にニュートリノ00:00:10秒号も発射しました。
すると10秒円上にある観測点では
ニュートリノ00:00:10秒号が光00:00:09秒号と同時に到着しました。
これらの計測結果により光よりニュートリノの方が速いとの結論に達しました。

そんなイメージです。
実際に観測されてのはウン億分の六秒くらいの違いなので、もっと小さなものですけれど。

上記比喩において、観測点での時計は中心点(発射点)と同期(同時刻を示して)しています。
これに対し、中心点(発射点)で発生した現象は
時間と共に発射点から離れる方向へ広がり観測点へ影響を与えるのは
発生時刻に対しては後の事なので過去(上記の場合、光速では10秒後)となります。

つまり、光00:00:01秒号が観測点に到着するのは00:00:11秒となります。
同様に、光00:00:10秒号は観測点に00:00:20秒に到着します。
これに対し、ニュートリノ00:00:10秒号は観測点に00:00:19秒に到着しました。

質問文の内容をこれに当てはめると、
「ニュートリノ00:00:10秒号は観測点には00:00:09秒に到着するはず」
と言っていることとなります。
計測している時計と各地点の時刻、速度算出の関係とが混ざっているようです。

現実世界では時計の完全同期は無理に近いので、
各種測定で同時刻とみなす処理があるようです。
地デジ化の時にあった「本当の正午は2秒前」のようなものでしょうか。

続いて、「光速と同じならば、時間は止まる。」に関してです。
これは(細かくだとまた違ってくるのでしょうが)
「光速と同じならば、発生時刻との時間差が0になる」
のであって、光速で移動していても、その移動体の時間自体は動きます。
上記比喩にならうなら、
「光00:00:10秒号と並んで動いているから発射点時刻00:00:10秒時点の現象だね。」
という感じです。
でも、観測点に到着するのは00:00:20秒であって00:00:10秒とはならないのは
すでに比喩の通りです。

カーナビ使ってドライブして、出発時刻がコレコレで~~
のような、日常生活の感覚に当てはめようとすると
逆に実は非常に難解になってしまう概念じゃないかと思うのであります。

バウムクーヘンのような同心円を想像してみてください。
以下、説明の都合上大雑把な値を使用します。

中心部に発射点があるとして、
同心円が光速での1秒毎(約30万…メートル??)に引かれているものとします。
仮に半径1秒分の円を1秒円、2秒分の円を2秒円と呼ぶことにします。
ここで、10秒円の地点に観測点(受信点)をおきます。
そこで、00時00分から順次、時刻を名称として
光00:00:01秒号、光00:00:02秒号のように発していくものとします。
新幹線が順次発車していくイメージです。
そして、光...続きを読む

Q人体の内臓のイラスト

子どもに内臓を、大体、で教えるためのイラストを探しています。

写実的じゃなくて、簡略化されて、でもあまり省略はされていなくて、臓器の名前も書かれているもの。

下記のサイトのの3~4ページ目くらい?にあるのがストライクだったのですが、なぜかそこだけ印刷できず、断念中です。
http://kenkoucheck-navi.com/%E8%85%B9%E9%83%A8%E3%81%AE%E8%87%93%E5%99%A8%E3%81%AE%E4%BD%8D%E7%BD%AE%E3%81%A8%E7%97%85%E6%B0%97/

よいサイトがあれば、教えてください。

Aベストアンサー

これ??
NO1さんの方法は普通にされている方もいらっしゃいます。
ですが、恐らくパソコンに弱い方として回答させて頂きます。

1、下記写真をデスクトップにドラッグ。
2、ドラッグの、マウス右クリック→印刷。


これでは、いかがでしょうか^^

Q光より早いニュートリノについて

 ”ニュートリノと呼ばれる素粒子が光速より速い速度で移動したとする実験結果が計測された。”
 というニュースを見たのですが、このニュースの中ではニュートリノは、様々な物体を貫通すると書かれていました。
 もし、様々な物体を通り抜けるのなら、ニュートリノが地面の中を通り抜ければ、光より進んだ距離が短くなり、光より早いとは言えなくなると思うなんですが、どうなんでしょうか?
 実験を何度も繰り返したとも書いてあったのでそれも検証済みなのかもしれませんが、自分が調べた限りでは、”ニュートリノは光より1億分の6秒早く到達してる”などとしか書かれていなかったので、気になって質問させていただきました。
 よろしくお願いします。
 

Aベストアンサー

光は特殊相対性理論で光速一定でどんな場合でも30万kmで光より速いものはないとされています。
私も正しいと思います。ただし、条件があって時間と距離は変化するというものです。
これも正しいと考えています。

光は電磁波ですので電磁気的なものに全て適用されます。
逆に物質で電磁気的なものはないと考えます。
ニュートリノを私は電子と陽電子が同軸上を同じ向きにスピンしているものと考えています。
ニュートリノには3種類あって電子ニュートリノ・ミューニュートリノ・タウニュートリノで
もっているエネルギーは電子ニュートリノ<ミューニュートリノ<タウニュートリノです
今回の実験で測定しているのはミューニュートリノです。

前置きはこのくらいにして本題は、ニュートリノの速度は光の速度30万kmより特殊相対性理論の
マジックで時間が変わりそのニュートリノの時間では光速を越えません。

何がいいたいかというと光を厳密に測定した時間(時計)と今回のニュートリノを厳密に測定した
時間(時計)が違うために
今回のニュートリノの方が730kmで60ns光を厳密に測定した時計で速く到達したようになったのだと思います。
それぞれが伝わる場のその通路での時間を正確に測定しないとこんなことになると思います。
簡単に言うと2つの時計がいるということです。それを光の速度を測定した時計で今回のニュートリノの
速度を求めているか、ニュートリノの時間に正しく補正されていないのだと思います。

光の速度は地表でのものですし、今回のニュートリノは地下を通って検出器に到達しています。
このとき伝達通路の重力が違います。
一般相対性理論で重力が弱いほど時間は、速く進みます。ニュートリノが光より速いのはこれが考慮されていないか、また正しくこの時間の進みを正確に補正していないかのどちらかです。
地表の時計を地下を通過するニュートリノに適応してはいけません。
そんなことをすると、地下を通過したニュートリノが速く到達するに決まっています。

相対性理論を正しく理解してないように思えてなりません。
相対性理論をすべて考慮に入れているのであれば、730kmの地表のすべての地点の重力を正確に測って地下の重力を補正しないといけないと思います。
地表の重力も地下の岩盤等によって場所によって微妙に違います。

計算をしてないのでハッキリとは言えませんが、重力測定が今回の事件のポイントだと思います。

光は特殊相対性理論で光速一定でどんな場合でも30万kmで光より速いものはないとされています。
私も正しいと思います。ただし、条件があって時間と距離は変化するというものです。
これも正しいと考えています。

光は電磁波ですので電磁気的なものに全て適用されます。
逆に物質で電磁気的なものはないと考えます。
ニュートリノを私は電子と陽電子が同軸上を同じ向きにスピンしているものと考えています。
ニュートリノには3種類あって電子ニュートリノ・ミューニュートリノ・タウニュートリノで
もってい...続きを読む


人気Q&Aランキング