りん青銅に錫メッキをする理由を教えてもらえませんか?りん青銅は、銅+錫の合金にりんを化合して酸化防止したものと聞きました。また、銅は錫よりも錆びにくいと聞きました。なのに、錆びやすい錫でメッキする理由が分かりません。りん青銅に錫メッキをする理由、錫メッキをしなかったらどうなるのか、を教えてもらえませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

錫は、銅よりもイオン化傾向が大きいので、傷がついて錆びるときに、先にスズがイオンとなって溶け出し、中のりん青銅は大丈夫ってワケです。

ブリキ(Fe>Sn)よりトタン(Fe<Zn)の方が、傷ついたときさびにくいってのと同じ原理です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコネクタピンのりん青銅に錫メッキを行う理由は?

電気部品の接続用コネクタのピンの材料として『りん青銅』が用いられていますが、そこに『錫メッキ』をする理由を教えてもらえませんか?りん青銅は、銅+錫の合金にりんを化合して酸化防止したものと聞きました。また、銅は錫よりも錆びにくいと聞きました。なのに、錆びやすい錫でメッキする理由が分かりません。りん青銅に錫メッキをする理由、錫メッキをしなかったらどうなるのか、を教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

銅合金は例外なく「緑青(ろくしょう)=緑っぽい錆」をだす事があるからです。
錫は表面が酸化(錆)しても緑青のように絶縁体にならず電気的に導体です。
コネクターのメッキは金や銀も使われますが、銀は酸化すると黒っぽくなるので金メッキしたものが最良です。

Q銅に丹銅のメッキは可能でしょうか?

銅材料に丹銅の電気メッキを行いたいのですが、丹銅をプラス極に付ければ丹銅のメッキが出来るのでしょうか?
イオン化傾向の差はあるとしてもどちらも単体ではメッキできますので、銅と亜鉛はそれぞれ銅にメッキされると思います。
その際についたメッキは合金になるのかが分かりません。
また合金がメッキされたとしてもイオン化傾向の差で銅と亜鉛の割合が変わってしまう可能性はあるのでしょうか?
当方、メッキされた銅の分析することが出来ない為 質問をさせていただいております。

回答を宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

特に電気メッキの必要はありませんが、イオン化傾向の差で亜鉛が付着する。
きれいにメッキしたほうがよいので、亜鉛を銅に電解メッキをします。単純に硫酸亜鉛や塩化亜鉛では汚くなりますので、EDTAとか糖とか加えて調整するとよいです。
 銀色にメッキされたら、バーナーで過熱すると亜鉛が銅に拡散していき、真鍮色~銅色に変化しています。この銅色の状態が丹銅です。

Q錫メッキにハンダがのりにくい

ハンダ付けをするために鉄の上に銅下地メッキをし、無光沢錫メッキをしていますがハンダののりが悪くて困っています。
表面は無光沢メッキですのでやや粉をふいたように白っぽくなっています。
蛍光X線分析装置で成分分析すると鉄47%、銅26%、錫19%、カルシウム7%、ビスマス、マンガンが0.3%となっています。何が原因でしょうか?
鉄、銅、錫は分りますがカルシウムの割合が多いのはなぜ?

Aベストアンサー

 カルシウムというと、一番考えられるのは洗浄水ですね。
 もともとの水じたいに含まれている可能性があります。

Qりん青銅の酸化

りん青銅の薄板が酸化(薄い黒色)しているので、
試しに小さい金属片をサンプルとして研磨剤で磨いてみました。
銅メッキのような銅本来の色になりましたが、
問題は無いでしょうか?

元来の酸化皮膜みたいなのが、あるのでしょうか?
また、それが取れてしまったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

酸化皮膜ではなく「硫化皮膜」だと思われます。(銀器でよく見られる)
リン青銅でしたら赤銅色を保っているのが普通です。

Q錫メッキ製品の腐食について

銅製のコップ(内側:錫メッキ)の内側に黒いポツポツが発生しました。錫の腐食でしょうか?原因は何でしょうか?

Aベストアンサー

多分スズメッキに小さな傷が出来たのだと思います。
銅の露出部分があると錫と銅では酸化還元電位の違いから、スズがどんどん溶出していってしまいます。
黒いのは銅が酸素と塩類などの仲介で酸化銅(黒色)になったのだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報