新築予定です。
リビングとダイニングの床を無垢材にする予定なのですが、
キッチンの床は汚れるのでどうしよう・・と思っているところに竹集成材の話を聞きました。
竹集成材の良いところは汚れに強いようですが、反ってきたりしませんか?
よいところ、悪いところを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

設計事務所の案で竹フローリングを扱ったことがありますが、反ってきて結局全面貼り替えとなりました。


木フローリングでもそういうことはありますが、竹自体が集積材として不向きなのだと思います。原材料自体は安いのに製品コストが高いのは、あまり一般的でないのと、性状のバラツキが多くリスクのある商品であることも関係していると思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
キッチンは竹やめることにしました。

お礼日時:2011/04/18 09:10

>竹集成材の良いところは汚れに強いようですが、反ってきたりしませんか?


よいところ、悪いところを教えてください。


強度があり、傷が付き難いです。素足での肌触り感触が気持ち良く最高です。

反ったり・狂ったり、し難い。

価格が高い、硬くて施工が大変、中国製なので、反感のある方にはお勧め出来ません。


http://www.bamboo-m.com/menu01.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
水周りに最適ですね。
素足が気持ちいいって理想ですね。
後はお値段です・・。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/08 09:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q竹の枝を簡単に取る方法を知っている方、教えて下さい。ノコギリの種類とか

竹の枝を簡単に取る方法を知っている方、教えて下さい。ノコギリの種類とか、ナタの種類とかでも結構です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

申し訳ありませんが代わり補足回答します。普通ナタの峰で落とします。金属棒はホームセンター等にある総ねじボルト3分、4分の寸切り(定尺1メートルのサイズの物や異径鉄筋3分筋4分筋ほか丸棒、電気配管厚鋼管16~28mm、薄鋼管19~31程度、その他水道管など有る程度の重さが丈夫な物で叩く事により枝を付け根から裂いてしまうのです。多くの竹を伐るのであれば、何れにせよノコギリやナタは必要に生ります。枝のみを必要とするのであれば剪定バサミで付け根数センチを外側から斜め上に切れます。

Q構造材は集成材と無垢材どちらがよいのでしょうか?及び給水・給湯・排水管工事費について

現在工務店にて新築設計中及び積算中なのですが、柱等構造材は集成材を使用するみたいなのですが、将来を考えると集成材は接着剤が剥れることはないのでしょうか?工務店からは無垢材は収縮するので集成材がよいとのことですが、ながいめで見て集成材と無垢材どちらがよいのでしょうか?
もう一つ質問が有るのですが、給水・給湯・排水管工事費について、工務店よりだいたい一棟100万円ぐらいです。といわれたのですが、そのぐらいなのでしょうか?ちなみに延床面積36坪で一階にキッチン・お風呂・洗面・トイレがあり二階はトイレのみでガス給湯です。間取り的に一階はキッチンが東側にあり他は西側で止水栓・汚水枡・ガスは西側にあります。分りずらいと思いますが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>将来を考えると集成材は接着剤が剥れることはないのでしょうか?
レゾ系の接着剤を使用した集成材であれば古くは50年以上の実績があるので剥がれることはないです。
水ビ系の接着剤はそこまで実績がないので疑問視する人もいます。

>ながいめで見て集成材と無垢材どちらがよいのでしょうか?
理想的な無垢材であればよいのですが、現実に手に入る無垢材はあまりよいものがないので(あるいは高すぎて手が出ない)、集成材が現実的にはコスト的にもよい選択でしょう。

>給水・給湯・排水管工事費について、工務店よりだいたい一棟100万円ぐらいです。
ざっくりとそんなものでしょう。

Q竹の種類と育て方を教えてください。

雌竹?という竹を頂いたので、植木鉢で育てています(高さは1メートル50くらいで、節は3箇所で、現在、その節のところ、3箇所から、薄い緑色の3センチ程度の葉が込み合ってでております。

で、この葉の出方なんですが、不規則に3箇所、完全に独立してでています。

で、竹のイメージとして、山にある竹を見ていると、しだれた感じで風情があるんですが、今、家にある竹は、まっすぐに、突っ立っているだけの茎に3箇所独立して、葉が出ているという単純な感じで、どうも、風情がありません。

玄関の門柱の裏あたりに植木鉢に入れて、ちょうど、門柱の裏あたりに竹の葉がしだれた感じをイメージしていたんですが、どうも、現在の雌竹?では、そんな感じにはなってくれないような?

まず、現在の雌竹は、どうみても、しだれた枝が出ないような感じですし、、、

ただ、山にある枝がしだれた竹をみていると、葉がすごく大きいような?

すいません、どんなことでもよろしいので、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

おそらくは山にある枝がしだれた竹と言っているのは、笹の事なんじゃないですか?
葉がすごく大きいというのも、笹のイメージに一致します。

山に生えている竹(笹にあらず)は、しだれているイメージはないですね。
※「しだれている」のニュアンスを取り違えていたら、申し訳ないですが。

リンク先を見ていただければ判りますが、雌竹は竹とはついていても種類としては笹。
それでも、見た目が細い竹でしかないので竹と呼ばれているのだと思います。

ザクッと言うと、いわゆる山でしだれている笹のようにはしだれない種類だと考えられます。

でも、写真で見る限り葉が茂った様子は、一種独特の趣がありますね。
水墨画にでも描かれそうな感じです。

しだれないものとして門柱の裏あたりではない場所で、真っ直ぐ伸びる様子を楽しめばいいんじゃないでしょうか?
お勧めは玄関横ですかね、真っ直ぐ伸びる竹は縁起が良さそうな気がします(門松的イメージ?)。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%80%E3%82%B1

Q無垢材と集成材

家の建て替えを考えています。

今、検討している工務店では、家に使う材木として、土台以外は
ホワイトウッドの集成材を使う方針のようです。

でも、希望であれば、それほど値段を変えずに、杉の無垢材に替えてもよいと言われました。

どちらがおすすめなんでしょうか。


話に聞くと、ホワイトウッドは腐りやすかったりシロアリによわかったりするので、無垢の杉の方がいいという話もあります。

でも、工務店側の意見としては、ホワイトウッドの集成材でも、ちゃんと防腐処理をすれば、問題はないし、また、無垢材が悪いという事はないけれど、結構、ゆがみが出たりするので、どちらかというと、集成材の方がいいように思う、との意見でした。

詳しい方がいたら、ぜひ、ご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

 始めまして 私は木工に携わる者です
 一言でいいますと  「輸入材は止めた方がいい!」  です  
 確かに国産材は節も多い(綺麗な物を使うとすると数倍かかる)
歪みも来ます (だから経験がものを云う) となって
工務店さんは 歪が少ない、軟らかく加工が容易な”輸入材”を薦めてきます
 然し 輸入材の最大の欠点は 耐候性、強度に乏しいことです
 防腐剤を塗っだけですから 木の小口(切り口)
から水が染み込んだ場合腐食を防ぐことは難しいでしょう
又防腐剤を含浸させた物も有りますが 色も変化しています 
それと何より体に悪影響を及ぼす危険が有ります
 床下等の湿度の高い所は 国産材でも防腐剤(出来れば天然の)
を塗ったほうが良いでしょう
 それと輸入材は幅方向の収縮が大きいので 築後数年経つと 
木と木のつなぎ部分に隙間が生じて来ます 
 一方 国産材は節が多い(節の所に穴が開いている物もある)
狂いやすい(曲がり捻れ)その1本1本の木の持つ癖を読み取るのには
経験が必要になって来る 結果として 
 ”輸入材”  になって終うのではないでしょうか
 環境にやさしいことからも 国産材をお勧めします

参考URL:http://www16.ocn.ne.jp/~wood_skm/white_wood02.htm

 始めまして 私は木工に携わる者です
 一言でいいますと  「輸入材は止めた方がいい!」  です  
 確かに国産材は節も多い(綺麗な物を使うとすると数倍かかる)
歪みも来ます (だから経験がものを云う) となって
工務店さんは 歪が少ない、軟らかく加工が容易な”輸入材”を薦めてきます
 然し 輸入材の最大の欠点は 耐候性、強度に乏しいことです
 防腐剤を塗っだけですから 木の小口(切り口)
から水が染み込んだ場合腐食を防ぐことは難しいでしょう
又防腐剤を含浸させた物も有り...続きを読む

Q竹の種類「クロチク」の移植方法は・・

家の生垣を「クロチク」に変えようと思い準備をしています。「クロチク」の苗木は近所の方が、要らなくなったので地生えの「クロチク」を分けて頂く事になりました。

其処で質問です。
1)移植の時期
2)掘り起こし時の注意事項(例えば移植の整枝・根巻の注意点等)

最適土壌は本で調べて把握しています。

以上宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

クロチクを含むタケ類の移植の方法は、一般に
1~2年生のものの新発生竹を選んでおこないます。
根鉢を付けたまま堀り上げ、植え込み後は太い側枝を8節目で、細枝は4~5節目で伐取り、植穴は腐葉土を充分入れ倒伏しないように支柱をします。
時期は、樹液の動かない時期が適期です。だいたい、2月下旬~3月下旬に行います。
以下のURLを参考に、堀採り方法を検討ください。

参考URL:http://www.gm.zennoh.or.jp/jumoku/toku3_4a.htm#a07

Q構造で使うなら集成材か無垢材か

一般に無垢材のほうがいいというのは知っています。
ネットで調べましたし、工務店巡りでも色々聞かされました。

ある工務店で、

「構造体(柱・梁)は、うちは集成材を使ってます」
「集成材のほうが、強度もあって、経年変化も少ない(伸び縮みしない)」
「コストで選んでいるのではなく、総合的に性能が良いので集成材です」
「ご希望とあらば、無垢材でもやります。値段は、10-20万高くなる程度です。だけど、お勧めは集成材」


といわれました。
隠す雰囲気もなく、割と自信たっぷりに言ったので、
少しびっくりしてしまいました。

一般には、無垢材がいいってことになっていますが、
集成材のほうが良い、って本気で言っている人いるんですか。

計測値でも、集成材のほうが強度が出るとかいう話もあるし、質の悪い無垢より
質の高い無垢のほうがいいだろうし、いろんな意見はあると思います。

一概には言えないかもしれませんが、詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

乾湿繰り返しによる耐久性について説明します。
集成材が盛んに使われ始めた数年前に集成材と乾燥無垢材を屋外に雨ざらしして放置したら、集成材のみに接着部分にヘヤークラックのような剥がれが認められるとの報告を複数見たことがありました。木材が濡れて膨張し乾いて縮む作用を何回も繰り返すことで接着部分が剥がれてきているのです。実際には雨ざらしにはならないだろうが、結露が発生する場所に使うと起こりえる現象です。集成材は接着部分が剥がれると強度は激減します。

Qねまがりたけ(姫竹)の種類について

他のカテゴリに質問していたのですが、回答が付かないのでこちらに質問させていただきます。
「ねまがりたけ」の採取場所を教えていただいたのですが、私が以前から採取しているものとちょっと違うのです。
今まで私が食べていたものは白く、今回採取したものは、皮の付け根あたりが赤い(赤紫)なのです、インターネットで色々調べたのですが、出てくる画像は赤いものばかりです。
味も違います、白い方が断然美味しいです。
これはやはり品種が違うのでしょうか、それとも土壌の影響なのでしょうか、アジサイの様に色が変わるとか...
ご存知の方がいらっしゃいましたら、お教え願います。

Aベストアンサー

ねまがりたけに反応してしまいました。

専門家でもなんでもありませんが、
父親が毎年この季節になると山に行って採ってきて、
うちに持ってきてくれます。
だからハッキリしたことは分からないのですが、
単に収穫の時期なような気がします。
あまり育ってない細めのねまがりたけは白っぽく(緑?)やわらかくておいしいし、
収穫の時期が遅れたねまがりたけは太くてアクが強くなる気がします。
またそういうものが根っこが赤紫のような気がするのですが・・。
品種が違うということはないと思います。
シーズンの初め、中ごろ、終わりと毎年食べているわたしの感想です。

うちでは超が付くほど大好きで毎年楽しみにしてる食材です。
単に糸コンと豚肉とねまがりたけでしょうゆで煮るのが一番おいしいと思っています。
ちなみに青森ではたけのこと言えばねまがりたけのことです。

ハッキリした答えでなくてごめんなさい。

Q柱の構造材は無垢財?集成材?

柱の構造材は無垢財?集成材?現在、木造軸組工法で35坪程度の新築を予定しているのですが、もともと柱の構造材は、米ヒバ無垢材とのことだったのですが、地鎮祭が終わって、店長から「今までの予定では米ヒバ無垢材での柱の予定でしたが、シロアリ補償が5年となります。もし集成材(たしか赤松)の柱へ変更すれば、シロアリ補償は10年にできます。」との提案がありました。金額差はないとのことですが、実際長い目で見た場合、柱には、米ヒバ無垢材か集成材(赤松)か、どちらの方が良いのでしょうか??皆様、アドバイスのほどヨロシクお願いします。(ちなみに構造概要は布基礎、基礎パッキンt20、土台:米ヒバ、梁:米松、根太レス工法、断熱材:ロックウール、外部はコロニアル葺、外壁:クボタ松下外装セラ16tで、地元の工務店での施工です。)

Aベストアンサー

讃岐の建築家です。
この工務店には正直に言ってもらいたいですね。残念です。

白蟻補償期間のメリットを説明して米ヒバ乾燥材から欧州赤松集成材へに変更を提案するのであれば、白蟻被害の対象部である土台や大引は何故提案から除外したのでしょう。工務店の狙いは別にあると考えます。一応、大壁工法(柱が壁に隠れて見えなくなる)を前提に話を進行します。

米ヒバ乾燥材に関して
・強度(曲げ、圧縮、せん断)は杉以上檜以下、ヤング率は檜以上松類以下、硬度はやや軽軟で杉以上檜以下、耐久性は大で構造材として土台や柱に最適な北米針葉樹です。
・外壁や防水シートからの万一の漏水、壁内結露による結露水、虫害などの耐久性は集成材に比べると大です。
・無垢材というのは乾燥度合によって強度や寸法安定性(変形)が大きく違ってきます。乾燥度合は含水率表示といってJASで規定されています。無垢材と集成材の強度比較を含水率抜きに端的にしてしまうと危険です。含水率が低いほど強度が増し、変形が減ります。含水率の主な表示はD25%、D20%、D15%(KDやSD表示もある)でD15%が最も優れている。土台や柱程度の太さならD15であることが望まれる。これでも、居住後壁仕上材の不陸やクラックなどが確認される例も多数ある。これは無垢材の特徴であり、予め想定していた範囲内というお客様もいるが、説明を聞いていたにも関わらずクレームとして扱うお客様もいるのが現状で、お客様をどちらかに分類して材料を決めるということは工務店サイドとしては難しい。クレーム対策として結果的に集成材を使用する工務店も少なくない。
・それなら何故最初から集成材ではないのか?これは推測ですが、工務店としては使用実績もあり、信頼していた材料だったが、瑕疵担保履行法が施行され、保険加入が義務付けられた。その保険会社は集成材やJAS認定材しか認めなかった。工務店のNON-JAS材の米ヒバ乾燥特一等材KD15%という仕様を柱として認めなかったのかもしれません。

いずれにしても無垢材は含水率が決定的な要因、必ず調べてください。梁の米松乾燥特一等材についても調べてください。細いものはD15、太いものはD20が目標値です。最近では一本一本強度を計測し、柱表面にE95-F315という強度等級の表示をしているものも出てきています。

欧州赤松集成材に関して
・無垢材と違って含水率の心配は不要なくらい極限まで乾燥した材料です。寸法安定性に大変優れていて、変形は僅かです。強度等級の表示もされています。前述の通り強度比較は無垢材の含水率なしには語れませんが、強度面では安心安全の構造材といえます。
・耐久性は小です。極小は同じ集成材でスプルースやホワイトウッドの類のものです。屋外暴露状態では1~2年で無残な姿へ変わります。欧州赤松はもう少しマシかなという程度です。この短所を補うために注意する点は3点。屋根、外壁の防水工事と断熱材室内側の防湿工事と高さ1mまでの木部への防蟻工事です。施工技術が基準を満たしていないと大問題に発展する恐れがあります。集成材の長所を活かすために最低限必要な知識と技術が、その工務店に備わっているかどうかが鍵です。しかし、実際にそんなことを素人さんに見抜いて下さいと言っても無理な話です。
ということで質問者さんにとっては米ヒバが良いのではないでしょうか?補償期間のことを気にする必要はまったくないと思います。ご自身で3年毎に床下点検口から土台の状態を点検すれば解決します。

ちなみに私の設計で集成材を好むお客様には、耐久性が大の檜(芯材)で作った集成材を使用することが多いです。欧州赤松も使用しますが、前述の通り工事段階で職人さんが嫌がるほど見回らなければなりません。コストは安価なので、短所対策が達成できればお客様には喜ばれます。

以上、参考になりましたか?家族にとって特別な場所、愛すべき住まいが無事完成するよう応援しております。

讃岐の建築家です。
この工務店には正直に言ってもらいたいですね。残念です。

白蟻補償期間のメリットを説明して米ヒバ乾燥材から欧州赤松集成材へに変更を提案するのであれば、白蟻被害の対象部である土台や大引は何故提案から除外したのでしょう。工務店の狙いは別にあると考えます。一応、大壁工法(柱が壁に隠れて見えなくなる)を前提に話を進行します。

米ヒバ乾燥材に関して
・強度(曲げ、圧縮、せん断)は杉以上檜以下、ヤング率は檜以上松類以下、硬度はやや軽軟で杉以上檜以下、耐久性は大で...続きを読む

Q写真の竹は奇形でしょうか?

初めて見たのでびっくりしました。 この竹の節変ですよね。 一帯の竹林全てがこのような竹でした。 こういう種類の竹ですか? それとも異常なんでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

亀甲竹(キッコウチク)と言って、孟宗竹(モウソウチク)の突然変異種です。

観賞用として庭園へ植えられ珍重されています。

京都特産と言われていて、京都では火で炙って磨き上げた製品を京銘竹として京都府伝統工芸品の一つに指定しています。

Qリビングの床に使う無垢材

お世話になります。

家の中では裸足で過ごしたいので、
せめてリビングの床だけは無垢材を使いたいと思います。

裸足で過ごして最も心地よく、冬は温もりや温かさを感じられる、
そんな無垢材は何でしょうか?
出来れば床暖房も使いたいと考えております。

Aベストアンサー

まったくの私個人の好みでコメントします。
床暖房で使うのに問題ないのは、硬くて、あばれ(そり、ゆがみ)の少ないオーク材(ナラ、樫)あたりですが、心地よさから言えば杉あたりが私は好きです。
見た目ではパインやヒノキが好きですが、やわらかいのが玉にキズ。
欧米のフローリングといえばオークが多いですね。
我が家は全室オーク無垢にしました。
あとは好みの問題なので、できればサンプルなどを取り寄せるかして見たほうが良いと思います。

この辺を参考にしてください。
http://www.maruyoshi21.com/shohin_yukadan.html


人気Q&Aランキング