よく時代劇(特に、水戸黄門)などで、
 「お主もワルよのう・・・」
 「いえいえ、お奉行様ほどでは・・・」
と、あります。

 これって、本当に、悪いことなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

水戸黄門などの時代劇での「おぬしも悪よの」というのは、テレビを観ている人に


「ほら、本人も悪人と認めているから、安心して、水戸黄門一行の暴力を肯定してください」
というものです。ドラマ演出上のテクニックです。

講師の方という、講師のポジションが分かりませんが、推定するに
農本主義社会における商業資本の立ち位置
というものかと。

商業は農本主義社会では、必要悪として認められていたので、ちょっとでも主義主張をあらわにすると、征伐されるという物。
典型例としては、淀屋の闕所
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%80%E5%B1%8B
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もう、納得の一言です!

 そう、あの水戸黄門の最後の「控え、控え、控えおろ~、この紋所が目に入らぬか!」は、暴力団が、Y組の代紋を見せ付けるのと同じかと。
(暴力という恐怖で、皆、控える)

 なぜか、日本では、商業=悪、なんですよね!
もう、平成23年というのに・・・。

 いずれにせよ、スッキリしました。(納得です)

   ありがとうございました。

※No.5様、お礼の入力を間違えてしまいました・・・(大汗)

お礼日時:2011/04/08 20:12

あれは今でいうところの賄賂をつかって


お役人様からいろいろ商売の便宜を図って
もらっているのですから、

今で言うと悪。

当時はそれを取り締まる法律があったような
なかったようなですが、

あれを悪としないと時代劇として成り立たないから
やっぱり悪でよいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もう、納得の一言です!

 そう、あの水戸黄門の最後の「控え、控え、控えおろ~、この紋所が目に入らぬか!」は、暴力団が、Y組の代紋を見せ付けるのと同じかと。
(暴力という恐怖で、皆、控える)

 なぜか、日本では、商業=悪、なんですよね!
もう、平成23年というのに・・・。

 いずれにせよ、スッキリしました。(納得です)

   ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/08 20:10

最終的には「控えおろう」ですから悪い事になりますよ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

え!?
 最終的には「控えおろう」とすること自体、極悪非道では?

それに応じないのですから、相対的に「善」となるかと・・。

  ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/08 18:47

質問の意味がわからないです”(ノ><)ノ




もう少し詳しく教えて下さい。m(_ _)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ある講師が、「お主も・・・」「いえいえ、・・・」。あれは、時代劇では「悪者」にされていますが、悪くないんですよ?と。
 
 分かりますね?と。

現実の世界の「商売」では、逆、ということなのでしょうか?

 江戸時代では、士農工商と、最も「卑しい身分」とされていましたが。

 そんな感じです。

よろしくお願いいたします。

お礼日時:2011/04/08 18:33

「お主もワルよのう・・・」=悪知恵が働くということ(悪知恵は頭がよいとも言えます)

    • good
    • 1
この回答へのお礼

本当に、それは「悪」知恵なのでしょうか?

 商売の世界では、善も悪も無いのではないでしょうか?

江戸時代では、人を斬るのが上手いほど、身分が高いですし。
 しかし、今では、刀なんて、何の役にも立ちません。

 ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/08 18:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自分で買ってもポイントになる広告主の審査は厳しいですか?(アフィリエイト)

定期的に買っている消耗品があります。
その商品は、アフィリエイトで自分で買った場合も
料金のいくらかが還元されることを知ったのですが、
blogだけで、訪問者もほとんど来ないようなサイトを認可してくれるでしょうか?
(関連のありそうな記事は何件か書いてみました)

A8自体は審査はないも同然のようなのですが、
個別の広告主となるとどうでしょうか?

Aベストアンサー

本人購入OKと明記してあるなら、何ら問題ないと思います。サイトの審査については何とも言えませんが、サイトの種類がブログであること自体は不利になることでは無いと思います。私の場合はアクセスカウンタなどを付けて、カウンタ値を多めにしておくなどの誤魔化しをしたことがありますが、審査に有利になったかどうかは良くわかりません。

Q水戸黄門悪君説

水戸黄門、実は「大日本史」の作成のため領民に重税を課した悪君である、との説があります(Wikiでも紹介されています)。
しかし、いかに大書であったとしても歴史書の編纂程度でなぜそれほど経費がかかったのでしょうか?大碌で高名な学者を雇ったとしても今日のハコモノ行政とは比べ物にならない程度の経費と思いますし米にすれば領民一人当たりの税額アップはたかが知れてるとも思うのですが。

Aベストアンサー

水戸藩は3代綱條の時に検地のやり直しで35万石とされましたが、
検地竿の規格を変えたためで実質は28万石と言われています。
その28万石から4万石を2人の弟(松平刑部大輔・松平播磨守)に分知しているので、
実際の水戸藩の石高は24万石となります。

水戸藩では新田開発や海産物などの運上で
10万石くらいの雑収入があったようです。

光圀の時代における水戸藩の平均税率は53%、五公五民として12万石、
雑収入を含めると22万石が水戸藩の収入になりますが、
これには家臣の俸禄が含まれているので実際の収入はもっと少なかったはずです。

水戸藩は藩の規模に比べ藩士が多く、
光圀時代の家臣の分限帳には家臣1067人の名がありますが実数は4000人に及ぶと言われて、
この人件費が藩の財政を逼迫させる一因となっていました。

その他に水戸城及び城下街の拡張、防火体制の整備、寺社の移転、
笠原水道の敷設などを行ったため更に財政は悪化する事となりました。

大日本史についてですが、光圀時代は毎年8万石が
大日本史編纂に充てられました。
光圀は全国から学者を集め士分に取り立てるなど、
積極的に家臣の新規召抱えをしました。

水戸家は寛永年間の218人をピークに採用人数は100人以下に減少していたのですが、
光圀の藩主就任と共に延宝年間に145人、天和・元禄年間が150人と増えています。

元禄期以降は常に4、50人が彰考館に詰め、
光圀によって採用された学者は130名にも及んだそうです。

また光圀は「源義経が平泉から蝦夷に逃れた」と言う伝説を確かめるため、
「快風丸」と言う大型船を2隻建造し北海道に派遣するなど、
建造経費もそれなりに掛かったようです。

まぁ、船の建造は多額の出費だったのは間違いないとして、
経費で一番大きかったの人件費だと思います。あとは旅費、資料の購入代金なども掛かったでしょう。

水戸家が威信を賭けて行った事業なので、金は惜しまなかったと思います。

光圀の時代は出費が増えた割りに
税率が53%と税率が低かったので良かったのですが、
光圀の跡を継いだ綱條は松浪勘十郎を登用して財政再建を図るのですが、
農民の負担は甚大で後に宝永一揆を招く事になり、綱條の評判は落ちました。

綱條は農民の反感を買い、一揆を招いた張本人として「統治能力なし」と
(年齢等の要因もありますが)将軍候補から外された経緯もあるので、
財政悪化を招いた光圀が名君と言われと、
その尻拭いをしなければならなかった綱條が可哀想な気がします。

水戸藩は3代綱條の時に検地のやり直しで35万石とされましたが、
検地竿の規格を変えたためで実質は28万石と言われています。
その28万石から4万石を2人の弟(松平刑部大輔・松平播磨守)に分知しているので、
実際の水戸藩の石高は24万石となります。

水戸藩では新田開発や海産物などの運上で
10万石くらいの雑収入があったようです。

光圀の時代における水戸藩の平均税率は53%、五公五民として12万石、
雑収入を含めると22万石が水戸藩の収入になりますが、
これには家臣の俸禄が含まれているので...続きを読む

QBlogとID/ニックネームについて

Blogを提供しているサイトはいくつもありますが、BlogのURLにはそのサイトで取得したIDが入ることが多いと思います。
例えば、LivedoorのBlogをhogeというIDで開設すれば、URLはttp://blog.livedoor.jp/hoge/ になりますよね。

同じように、ExciteやGooのBlogもURLにIDが入るかと思います。

一方、YahooのBlogでは、取得したIDの他にも「ニックネーム」を使ってBlogを開設できるかと思います。このように、ID以外(例えばニックネームのようなもの)の文字列が開設したBlogのURLに入るBlogサービスを提供しているサイトはありませんでしょうか?

Aベストアンサー

取り敢えず2つほど。

● シーサーブログ
http://blog.seesaa.jp/

シーサブログは一つのIDで複数のブログを開設できます。
ブログのURLには、ユーザIDとは異なる値を指定できます。


● Exciteブログ
http://exblog.jp/

こちらもユーザIDとは異なるURLでブログを開設できます。

参考URL:http://blog.seesaa.jp/,http://exblog.jp/

Q水戸黄門について

水戸の黄門さまは 現代の政治での役職は総理大臣くらいでしょうか ?
今の政治家だと 何方が黄門さまにふさわしいでしょうか

Aベストアンサー

御三家について
十一人の男子に恵まれた徳川家康の死の枕元にいた男子は
四人だけでした。

二代目の将軍職をついだ三男徳川秀忠、九男の尾張松平義直、
十男の紀伊松平頼宣、十一男の松平頼房。
他の六人は家康の存命中に病気や事件で死亡し、六男は
勘気に触れ蟄居(罪人状態)でした。

家康の心配は豊臣の残党より、将軍職をめぐるの身内の争いでした。
将軍にあとを継ぐ男子がいないと、松平家一統の骨肉の争いになり、
場合によっては天下大乱で、苦労して築いた平和が消える。

家康は死に当たり、代々将軍に嫡男が無い時は、尾張または
紀伊家より次期将軍を出す。   将軍(元も)しか名乗れなかった
徳川の姓を、尾張、紀伊、水戸の藩主(元も)にも許すときめました。
宗主の徳川に準じるとして、御三家という他の親藩大名より
格上の地位を設けました。  また御三家の藩主は将軍の補佐を
するよう命じました。 

このことから世間は俗に副将軍と呼んだのです。
ただ副将軍という役職はなく、また補佐といっても何をするという
決まりもなかったので、家光の時以降幕府の体制が整備されると
御三家が幕府の政務に口をはさむことはほとんどありませんでした。

ただ一度四代将軍家綱が嫡男に恵まれなく、次代将軍を綱吉に
決めるにあたり、水戸光圀が強力に後押ししたことがありました。
このいきさつより、光圀はたまに親しい綱吉に苦言を呈したことも
ありましたが、煙たがられたようです。
その後幕末まで、御三家が影響力を示したことはなかったようです。   

光圀の俗称副将軍は案外的を射ているかもしれません。

水戸黄門を光圀に限っていうことにすると、御三家の藩主は主要
都府県の知事で、将軍の補佐は首相のご意見番(勝手な非常勤
顧問)になりますがどうでしょう。
これではふさわしい人は難しく、元首相(首相にはなれなかったが
同格と見られる人もふくめ)で現首相の非常勤顧問のような人を
さがしますか。   地位だけはふさわしい人はいるようですが、
品格ではどうも。

御三家について
十一人の男子に恵まれた徳川家康の死の枕元にいた男子は
四人だけでした。

二代目の将軍職をついだ三男徳川秀忠、九男の尾張松平義直、
十男の紀伊松平頼宣、十一男の松平頼房。
他の六人は家康の存命中に病気や事件で死亡し、六男は
勘気に触れ蟄居(罪人状態)でした。

家康の心配は豊臣の残党より、将軍職をめぐるの身内の争いでした。
将軍にあとを継ぐ男子がいないと、松平家一統の骨肉の争いになり、
場合によっては天下大乱で、苦労して築いた平和が消える。

家康は死に当たり、代々将軍...続きを読む

Q携帯blogとPCblogをリンクさせたい

飲食店の店長です。
お客様向けにblogを開設しようと思っています。

PC向けのblogと携帯電話向けのblogサービスがあるので、どちらにしようか考えています。

できれば、PCでも携帯でも閲覧・書込みができるサービスにしたいのですが、携帯電話向けのBlogをPCで閲覧すると見映えが悪くなってしまいます。

携帯向けとPC向けblogを別個に開設すれば、双方の記事と書込みが別々になってしまうのが気になるので、避けたいです。

どこかblogサービスで携帯からの閲覧でもPCからの閲覧でも見映え良く表示できるblogサービスは無いでしょか?

Aベストアンサー

忍者blogなら、モバイル(携帯)用テンプレがあります。
http://blog.shinobi.jp/

参考URL:http://blog.shinobi.jp/

Q水戸黄門が大名行列に遭遇したら?

諸国漫遊している水戸黄門が大名行列に遭遇してたらやはり土下座をするのでしょうか?

WEBで検索してみると土下座をしなければならない大名は
将軍と御三家(水戸藩、尾張藩、紀伊藩)だけでよかった。

となっております。

水戸黄門とお付きのお二人ははたから見ると侍には見えません。

遭遇するようなことがあったら水戸黄門御一行はどうするのでしょうか?

Aベストアンサー

黄門様の諸国漫遊記は隠栖した黄門様が、介さん、覚さんを伴い諸国を旅し、悪者達を懲らしめ善を勧める物語です。しかし実際に黄門様が諸国を漫遊した事実はありません。
では、なんであんな漫遊記が出来たかというと、藩主時代から黄門様の領内巡視は有名な話で、とくに隠栖後は、わずかなお供と目立たぬように、土地の人と同じ物を食し、農家の苦労を聞くと自ら田を耕し、その苦労を体験したといわれています。そういった話をもとに、明治二十年代に大阪の講談界で面白おかしくついくられたのが原型のようですね。

というわけで、黄門様は大名行列に遭遇する心配はありません。(笑)
でも、そう言ってはみもふたもないでしょうから、お話の世界でいえば、庶民に化けているわけですから土下座をしたでしょうね。事実、ドラマではしていましたから。

Q事業主貸と事業主借にわけるのは無意味ではありませんか?

事業主借と事業主貸にわけるのはなぜですか?
下記の事業主勘定について違いがいまいちわかりません。

 (貸方)      /(借方)
1.事業主貸 1万円 / 現金 1万円
2.現金 1万円 / 事業主借 1万円
3.現金 1万円 / 事業主貸 1万円
4.事業主借 1万円 / 現金 1万円


1と2の意味は次の通りと理解しているのですが、
1→ 事業主から個人へ現金1万円を渡した(貸した)
2→ 事業主が個人から現金を貰った(借りた)

3と4は次のような意味であっているのでしょうか?
3→ 事業主が貸してた1万円を個人から回収した?
4→ 事業主か借りてた1万円を個人へ返した?

これだと1=4、2=3となり
事業主借と事業主貸にわける意味がない気がします。
なぜわざわざ事業主借と事業主貸にわける必要なあるのでしょうか?

Aベストアンサー

簡単な例で・・・

1.商品仕入代金を家計から立て替えて払った
    仕入/事業主借  又は  現金/事業主借
                      仕入/現金

2.立て替えたお金を返してもらった。
    事業主借/現金

3.プライベートの携帯電話料を事業用の現金から支払った。
    事業主貸/現金

4.その携帯電話料を自分の小遣いから事業用の現金に戻した。
    現金/事業主貸
  
厳密に事業主借と事業主貸を区別して仕訳をするなら上記になりますが、2.の場合に立て替えたおかげで生活費が足りなくなったので、事業用資金から生活費を出したと考えたら、事業主貸/現金となりますし、4.の場合でも事業用の現金が足りなくなったから自分の小遣いから現金を足したと考えれば、現金/事業主借になるわけです。

物事には色々な見方があるので、実態に合わせて柔軟に考えればいいと思います。実務でも、事業主貸又は事業主借のどちらか一つの勘定で管理した方がわかりやすいという事であれば、それも一つのやり方だと思います。ただし、金融機関等に出される場合等は体裁も考慮したほうがいいとは思いますが。

簡単な例で・・・

1.商品仕入代金を家計から立て替えて払った
    仕入/事業主借  又は  現金/事業主借
                      仕入/現金

2.立て替えたお金を返してもらった。
    事業主借/現金

3.プライベートの携帯電話料を事業用の現金から支払った。
    事業主貸/現金

4.その携帯電話料を自分の小遣いから事業用の現金に戻した。
    現金/事業主貸
  
厳密に事業主借と事業主貸を区別して仕訳をするなら上記になりますが、...続きを読む

Q時代考証に忠実な時代劇は?

必殺シリーズ大好きです。子供の頃、父親とよく見ていました。しかし!モノがわかるようになると「いくらなんでも」のトンデモ設定で、時代劇と呼べるのかも怪しいです。いや、好きなのですが。
ソレを言ったら「暴れん坊将軍」だってあり得ないし、大抵の時代劇では現代風アレンジと言うか解釈されていますよね。町人の女はあんな派手な着物は着ないとか、そもそも嫁に行ったら眉を落として鉄漿とか。そんなの再現しちゃった日には、色彩に欠け怖い絵になるのでそこは仕方がないとして。
時代設定、小道具、衣装(同心や御用聞き、町火消しなど)、信頼できるドラマはありますでしょうか?
「鬼平犯科帳」「剣客商売」あたりが好きで衛星放送で見ています。「八丁堀の七人」も好きです。時代物の教科書となるようなドラマを教えてください。ちなみに時代小説やマンガはけっこう読んでいます。

Aベストアンサー

 「時代物」といえば、そのほとんどが江戸時代中心で、時代考証なる部分を担当している人物も稲垣史生や杉浦日向子といった方々が有名所です。しかしながらこの方々は「歴史小説家」ではあっても「歴史研究者」ではありません。そしてなぜかこの方々は江戸時代以外には手を出さないことでも知られています。あるいみ「江戸時代オタク」ともいえるでしょう。
 僕は基本的に時代劇や歴史ドラマなどを見ませんが、それでもこうしたエンタテイメントの質が余り高くもないことにある種の危機感も感じています。
 昨年、一部で物議を醸した『平清盛』は歴史学の見地からすれば、相当に緻密な考証がなされていましたが、それでも「一般レベル」では「つまらない」などの低評価がかなり散見され、残念な印象を受けています。
 なにも華々しい合戦や戦闘シーンだけが時代劇の全てでもないはずですが、それを勘違いしているお年寄り達が非常に多いことも背景にはあるでしょう。なかにはそうした馬鹿馬鹿しいシーンなどには興味もないとの方もいらっしゃいます。何も「歴史は戦の歴史である」などとの定義はどこにもありません。
 「戦」は歴史事象であって、何がその事象をもたらしているのかが語られねば、戦の意味を綴ることにもならないでしょう。
 確かに「必殺」はおもしろく、このシリーズがスタートした当時、僕はリアルタイムでみています。梅庵や左内そして元締めの音羽屋などはアニメの『ルパン三世』に似ている感もあります。でもこれらはあくまでも「仮想現実」の一つでしかありません。
 時代劇愛好家の方には残念な印象を与えてしまいますが、「時代劇」はフィクションであり、参考になるなどの作品は数える程しかありません。それも江戸時代を背景とした作品は皆無に等しいと申し上げさせていただきます。

 「時代物」といえば、そのほとんどが江戸時代中心で、時代考証なる部分を担当している人物も稲垣史生や杉浦日向子といった方々が有名所です。しかしながらこの方々は「歴史小説家」ではあっても「歴史研究者」ではありません。そしてなぜかこの方々は江戸時代以外には手を出さないことでも知られています。あるいみ「江戸時代オタク」ともいえるでしょう。
 僕は基本的に時代劇や歴史ドラマなどを見ませんが、それでもこうしたエンタテイメントの質が余り高くもないことにある種の危機感も感じています。
 昨...続きを読む

Qgoo blogの記事をほかのblogサイトへ転記する方法を教えてください

goo blogに記載した内容をほかのblogサイトへ転記する方法を教えてください。

もしくは、goo blogに記事をアップしたときに、別な自分のblogサイトへリンクが更新されるなど、自動的に更新される方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

ケータイか,メールソフトで書けば,送り先を複数に出来るんじゃないか?

Q水戸黄門の髷

縮緬問屋の隠居水戸黄門はTVの中で町人髷してませんが町人で町人髷してないと言うかそう言う人って結構いたのですか?あれは町人の流行りですか?

Aベストアンサー

製作会社が時代考証をちゃんとしていないだけのことでしょう。
なお、水戸光圀は権中納言で、中納言になったことはありません。
武家の官位は権大納言、権中納言で大納言、中納言はありませんでした。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報