春イカ用のエギングロッドを購入しょうと思っています。
用途は、春イカ、夜釣りでシーバス、ロックフィッシュ(キジハタ)、シュアジギング、といろんな釣りをしたいので、強いバッド、20lbのリーダーを付けたいのでガイドは大口径、繊細なあたり取れる高感度なティップ、価格は3万円以下(買値)を探しています。
メジャークラフトライカル RE-862EH
メジャークラフトエギゾースト    ES-852EH
メジャークラフトKG-ONEKGE-862MH
シマノ   セフィアゲームS900M
などを考えていますが、よくわからないので、おすすめがあれば、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

つい最近までライカル3本とパンドラを使用していました。


質問の用途すべてに対応するのはちょっと無理がありますね。

まずこの中で20lbのリーダーがかけられるのはセフィアのみでしょう。
最低限大口径のローライダーガイドでないとLDBやKガイドでもエギング用の口径では
20lbのリーダーは通過するたびにガイドに接触して、結節部がどんどん弱って
終いにはキャスト切れを起こしてしまうでしょうね。

しかしセフィアはどのモデルも全体に硬い傾向がありますから、おそらくこのゲーム900Mは
エギも5号までになっていますから、バッキバキの硬調でこれで1日しゃくるのは超しんどいと思いますよ。
それにこの価格でステンレスガイドというのは高すぎですね。

ライカル862EHは現在春イカ用に使用していますが、バットはかなり張りがありますが
ティップはキャストやアクションの際はきれいに曲がり、イカに関してはとにかく軽く
アクションも非常に付けやすく使い心地は最高ですが、軽量ゆえにブランクが肉薄ですから
他の釣りにはあまりおすすめ出来ません(かと言って巷で言うほどライカルは友人も含めて
1本も折れたことはないですが)

ショアジギは無理にしてもシーバスやアコウでも比較的ライトなリグなら使えるのが
エギゾーストだと思います。
このロッドはブランクがしっかりしていて肉厚ですから、ライカルに比べると持ち重り感がありますが
それぐらいの釣りなら大丈夫だと思います。

ただそれでも20lbは結構きついと思いますよ。
メジャクラの上級エギングロッドのガイド口径は他メーカーよりグンを抜いて大きいと思いますが
それでも16lbが限界じゃないかと思いますが・・・
それもキャスト時にガイドを通過させるなら完璧なFGノットが出来ることが大前提になりますね。
SFノットでも最後のユニトット部分が相当干渉するでしょうからFG以外は無理だと思います。

パンドラもブランクはかなりしっかりしていて上記の釣りぐらいなら十分使えますが
(872MHを使用していましたがヤフオク行き)グリップが細くティップも結構硬いので
エギング時のアクションが結構疲れます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございました。ひじょうに参考になりました。

お礼日時:2011/04/11 15:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアオリイカは何月頃が大きいのが釣れますか?

最近、関西(和歌山)でアオリイカ釣り(エギ)を始めた初心者です。
大きさにこだわらなければ年中釣れると聞きましたが、アオリイカの本シーズンとはそもそもいつ頃なのでしょうか?
大きなサイズが良く釣れる時期を教えて下さい。
また、アオリイカ釣りで初心者に何かアドバイス等有りましたら、合わせてお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

アオリイカの一生。

アオリイカの寿命は1年こっきりです。
アオリイカは夏(7~8月頃)に岸よりの藻場で生まれ、そのままある程度の大きさになるまで浅場で過ごします。
この浅場というのは近くに藻場さえあれば防波堤や港周りも含まれますので夏の終わり頃にイカの産卵場に近い堤防の下を覗き込むと、子供の手のひら位のイカがフヨフヨ~っと漂っているのが見えるときも多いです。でもまだ小さすぎてエギを落としても一目散に逃げて行くか無視されるかどちらかです。

軟体動物のイカの成長は早く、秋(9月中旬~10月初旬)になると重量100~300g位に成長し、エギも襲うようになるので秋の小イカシーズンが開幕します。まだスレてない子供相手、しかもまだ体が小さくて危険な沖には出られないのでほとんどのイカが岸よりに固まって群れているという条件が重なり小さいエギを使えば簡単に数釣りできます。秋が数釣りシーズンと言われる所以です。

秋が深まると共にイカはどんどん大きくなり、晩秋(10月~11月)には300~500gまで成長、早生まれでかつ成長の早い固体の中は早くも1kgを越す固体も出てきます。しかし、イカ釣りが人気の地域では朝に夜にエギが投げ込まれるのでイカはエギに対して警戒心を持つようになってきます。また、イカ自体も大きくなって遊泳力が増し、外敵に襲われにくくなると、もっと沢山の餌を求めて行動範囲を広げていきますので岸よりから離れることも多くなります。群れ自体もバラけはじめてしまうので釣れるサイズがよくなる反面、段々数が釣れなくなって来ます。

やがて冬がやってくると安定した水温と餌を求めてほとんどのイカは沖の深場に落ちてしまいます。岸からの釣りは一旦シーズンオフです。でも全く岸に寄らないわけではなく、捕食回遊で浅場にも回って来るときがあります。このタイミングを掴んでいるベテランは冬でも釣果を出します。

やがて厳しい冬を越して春が来ると、沖の深場で平均して1kg前後、大きい固体は2~3kgまで立派に成長したイカは産卵のために再び浅場を目指します。これが所謂春イカ、大物狙いのシーズンです。でも春イカといっても私が住む関東では群れが岸よりまで十分に寄るのはゴールデンウィーク以降~6月がピークですから春イカと言われてもちょっと違和感がありますよね。一説には岸よりの水温が18℃以上が目安のようです。

彼らは産卵を控えているので積極的に餌を取りますが、十分に成長しているので大きな群れを作らず単独行動も多い。また、岸よりの環境(水温、濁り、塩分濃度、餌の量など)が気に入らないとすぐ元いた深場に戻ってしまうので余程好条件が重ならない限り数は釣れません。一発大物狙いのシーズンと言われる所以です。最終的には多くの固体がつがいになって産卵行動に入りますが、こうなるとエサには見向きもしなくなり、そのまま産卵が済めば力尽きて死んでしまいます。そして生まれた卵は1ヶ月程度で孵化し・・・と最初に戻ります。

ちなみに夏は親イカは死んでしまっていて、子イカはまだ卵なので基本シーズンオフです。
でも必ずしも全てのイカがこのパターンで行動している訳ではなく、季節ボケ?しているのか極端な早生まれなのか?遅生まれなのか?夏でも釣れるイカはいます。数は少ないですが。
また、これは私が住む関東地方のモデルケースであって、地域によってズレはあります。
イカに限らず、釣りをするなら相手の生態を知るのが近道ですよ。

アオリイカの一生。

アオリイカの寿命は1年こっきりです。
アオリイカは夏(7~8月頃)に岸よりの藻場で生まれ、そのままある程度の大きさになるまで浅場で過ごします。
この浅場というのは近くに藻場さえあれば防波堤や港周りも含まれますので夏の終わり頃にイカの産卵場に近い堤防の下を覗き込むと、子供の手のひら位のイカがフヨフヨ~っと漂っているのが見えるときも多いです。でもまだ小さすぎてエギを落としても一目散に逃げて行くか無視されるかどちらかです。

軟体動物のイカの成長は早く、秋(9...続きを読む

Qエギングのスラックジャークについて疑問があります。

エギングのスラックジャークについて疑問があります。
ラインスラックを取りすぎるとエギが跳ね上がらないと思うのですが、春イカが反応するハネ上げ高さはどれくらいだと思いますか? また出来るだけ小さく跳ね上げるにはスラックの量をどれくらい取れば良いのでしょうか?(表現が難しいと思いますが)
ロッドを振り上げた際にラインがまだふけている場合でも跳ね上がっているのでしょうか?

Aベストアンサー

このGWにデカイカのペアリングが結構いる場所をチヌ釣りの帰りに発見して
翌日の夜明けから夕方まで前記の2刀流であらゆるエギやアクションで1万回ぐらい(^_^;)
シャクったんじゃないかというぐらい頑張りましたが結局取りあってもらえませんでした(-_-;)

スラックジャークは日頃からよく使いますが、この日は底が非常に良く見える1mほどの
浅瀬にも何バイものイカがいるのでとにかくエギを底に置いておいてスラックジャークで
誘ってみてスラックジャークのエギの動きもじっくり観察してみました。
跳ね上げの高さ、エギの重量も変えてより海底でフラフラ揺れるような演出やほんの少しの
ピクッと動くぐらいの僅かなアクションなど無い引き出しを思い切り出してみましたが
この時期は水温などに左右されることが多く、エギを見ても全く無反応か逃げるだけでした。

スラックジャークは不規則な跳ね上げで手前に近づかず同じ場所をネチネチと誘うアクションですが
ラインは結構フケている方がより不規則になり、驚いたのは手前でなく向こうにピョンと跳ねることもあり
1投で相当のアクションを入れることができます。

ラインはロッドを振り上げた際にも十分なフケがあるぐらいでも十分に跳ね上がります。
またそれぐらい若干緩めでないと手前に近づいてきますし、フケが十分でないと不規則に急激に跳ね上がりません。
ロッド操作は重見氏のアクションを見るのが一番ですね。
http://www.lurenews.tv/video/kimo/video_id/1123/
私は通常ジャーク1回か2回で5秒ほど底でステイさせて次のアクションに入る位の間合いですね。

スラックジャークは絶対にフロート系のラインが向いています。

このGWにデカイカのペアリングが結構いる場所をチヌ釣りの帰りに発見して
翌日の夜明けから夕方まで前記の2刀流であらゆるエギやアクションで1万回ぐらい(^_^;)
シャクったんじゃないかというぐらい頑張りましたが結局取りあってもらえませんでした(-_-;)

スラックジャークは日頃からよく使いますが、この日は底が非常に良く見える1mほどの
浅瀬にも何バイものイカがいるのでとにかくエギを底に置いておいてスラックジャークで
誘ってみてスラックジャークのエギの動きもじっくり観察してみました。
跳ね上げ...続きを読む

Q春イカのシーズンは一般的に4月以降の水温が上がり出す頃からだと思います

春イカのシーズンは一般的に4月以降の水温が上がり出す頃からだと思いますが、シーズンは3月までという地域があります。沖磯でなく堤防の場合です。こういう場所ではどういう現象で水温の低い時期にイカが寄ってくるのでしょうか。

Aベストアンサー

水温意外の要因としては、4月はイカの産卵時期(種類にもよります)にあたりますので護岸周辺に海藻類が多く生えている場所では大型の春イカが釣れ、それ以外の場所では小さなイカが釣れたりします。

以前私は秋に大型が釣れ、春に数が釣れると言った事がりますが、一般的には逆の事が言われています。
ですが先日も5cm程のイカが数多く釣れましたし表層を泳いでいるのも確認しました。
5cmのサイズでもエギに抱きついてくるその姿に逞しさを感じました。


殆どのイカの寿命が1年であることを考えると春に生まれて最大サイズになるのが翌年の産卵時期前で産卵を終えると寿命を迎えることになります。
春イカは大きいですが生きて釣られると言うことは産卵(交尾)前である可能性が非常に高くこの時期にイカを釣るのはイカの生息数を減らす要因となりますのでお勧めしません。

シーズンが3月までという地域は考えられる原因として産卵が3月頃に行われ親イカが寿命を迎えるからと言う貴方の言う可能性も有りますね。

釣り人はこれからも釣りを楽しもうとするなら資源保護の事も良く考えて行動しないと駄目でしょうね。
1年中イカばっかり釣ってる人もいますが考えものですよ。

水温意外の要因としては、4月はイカの産卵時期(種類にもよります)にあたりますので護岸周辺に海藻類が多く生えている場所では大型の春イカが釣れ、それ以外の場所では小さなイカが釣れたりします。

以前私は秋に大型が釣れ、春に数が釣れると言った事がりますが、一般的には逆の事が言われています。
ですが先日も5cm程のイカが数多く釣れましたし表層を泳いでいるのも確認しました。
5cmのサイズでもエギに抱きついてくるその姿に逞しさを感じました。


殆どのイカの寿命が1年であることを考えると春...続きを読む

Qエギング 遠投の仕方

こんばんは。
エギングを始めて2ヶ月とちょっとなんですが
遠投できません。ラインを長めにたらしてキャストしようとしてもタイミングが合わずダメです。振り子の要領とよく聞きますが意味がよく分かりません。いつもラインを短くして竿先だけで投げてる感じです。どうしたら遠投出来るようになるんでしょうか?アドバイスお願いします。又、参考になるDVD等あったら教えて下さい。

Aベストアンサー

釣り歴25年、エギング歴9年です。但し、エギはお遊び程度。
私も釣り仲間から竿先だけで投げていると指摘されましたが、別に良く飛ぶから気にしてません。

先ず、フォームの前にタックルはどんな感じですか?
カゴ釣り、ルアー釣り、投げ釣り等、タックルのバランスが悪ければ
同じ人が投げても全く飛びません。

例えば道糸が太い、古い、場合は飛距離が落ちますし、エギが軽い場合も当然です。あと、竿が固い(強い)場合も飛びにくいです。
スピニングリールの場合は指を離すタイミングも重要ですし、道糸が少ない場合も飛距離は落ちます。

投げ釣りと異なり、軽いエギを投げますので、調整はし易いと思います。
根拠はありませんが単純に、指を離すタイミングと角度、スイングが小さくならず、スイング速度を上げれば飛ぶと思います。あとは肩の力を抜いて肘で投げる感覚でしょうか。

竿8フィート~9フィートで柔らかめ、エギ3.5号、道糸PEなら1号前後、ナイロンなら2号~3号で、ある程度飛ぶと思われます。

Qあなたのエギの評価を教えて下さい。

昨年からエギングを始めた者です。
かねてからヨーズリのアオリーQが評判が高かったので最初からアオリーQのみ使って
いるのですが、他のメーカーの物ってどうなんだろう?と、ふと疑問に思いました。
釣具店に行くと、何故かハリミツの墨族だけがセール箱に入れられて1個480円程度で売られていたり、
反面、ダートマックスは1100円と常に高額だったりと値段がバラバラで、もしかして動きが悪い、もしくは
評判が悪くて売れないエギほど安くして販売されているのかな?とも思いました。
仮にアオリーQを100点とすると、他の物は何点位になると思いますか、貴方の評価を教えて下さい。
また、メーカー物の中で、『これだダメだろう・・・。』って物が有れば教えて下さい。

Aベストアンサー

エギングはまだ日中エギングなどない時代から現在は日中のみしかしませんが、かれこれ20年近くになると思います。

エギの場合はその人のスタイルによって好みが大きく分かれますから、私が使わないエギでたくさん
釣る人も多くいますから、何が一番と言うことはありませんが、私の場合はまず当然アクションと
同じぐらいの比率で飛距離、次に引き抵抗の少なさが大きなウエイトを占めています。

ですから飛行姿勢が乱れたり、引き抵抗が大きく疲れるなどのエギが私の場合は2軍行きになり
アオリーとエギ王Qが一軍で活躍しているだけなんですけどね。

私なりにこれまで使ってきたエギでは

■アオリーQネオ
現在メイン。相当昔からのアオリーQの原型となる最もオーソドックスな形。飛行姿勢が良く
引き抵抗が非常に少ないのでシャクリがとても楽、アクションもとても良いのですが、アイがスイベルのため
長く使っているとスイベルが上を向いてきてアクションが若干おかしくなるのが唯一の欠点/95点
カラーはほとんどホロゴールドブラウンとホロレッドアジばかりで事足りてます。
春の大型やハイプレッシャーのスレイカにはスケルトンのSOGSとSMGSも多用

■アオリーQRS
ネオより引き抵抗が大きいのであまり使わないが、GABRなどの絶妙なカラーがお気に入り
リアルカラーはその外見ほど効果はなし。これはどちらかと言えばメーカーに釣られる釣り人の方が多し/80点
ローリングアイなのでたまにテンションが吸収されてアクションが非常に小さくなる時があり。

■アオリーQエース
これもオモリ形状のためか引き抵抗が若干大きめ。固定アイなので強めのアクションを付ければ
大きなダートをする。ケイムラはさほど効果なし。全面テープの従来の金テープなどで十分/75点

■アオラ
とにかく抜群の飛距離。ロケッティアなどまったく必要なしのぶっ飛びエギで沈降速度が速く
沖のディープ狙いには最高。ぼってりした砲弾ボディーながら引き抵抗が非常に少なく
軽い力できれいに左右ダートをする。/95点

■アオラ帝皇
アオラのシャローモデルで非常にゆっくり沈むので、春イカのじっくり見せてゆっくり沈降で
乗せるのに最適。これもやはり飛距離抜群/95点

■エギ王Q
これもアオリー同様相当昔からあるヤマシタの大分型エギの原型となるオーソドックスモデルで
昔からエギはYOZURIのアオリーとヤマシタのエギが双璧でした。
このモデルはとにかく金テープや赤テープなどに抜群のカラーが多いこと。
絶妙な色合いではエギ王Qが一番だと思います。
特にOLKやGBRK、OLKO、DBRA、OLAなどがお気に入り。
飛距離、アクション、引き抵抗の少なさなどどれもトップクラス/95点

■エギ王QLIVE
これはウォームジャケットの効果はさだかではないが、カラーやストライプテープの色合いが抜群で最近は
アオリーQネオと共にメインで使用。特にBOLKO、BGBRKO、BDBRA、RDOLK、SRK、SDBRKなどがお気に入りで釣果も大型が多い優れエギだと思います。/98点

■墨族
普通にきれいなダートはします。ただしレギュラーボディのみでディープなどはオモリの幅が広いので
引き抵抗が大きくアクションもレギュラーより悪し。オモリが半円なのでその場でシンカーチューンが
出来ないのが大きな欠点/60点

■ダートマックス
アイがヘッドにあるので大きなダートをするのは当たり前。その分引き抵抗が大きく飛行姿勢も
乱れることがあり風が強いと失速することが結構あります。/60点

■ダイワのエギ全般
ラトルの効果はあまりなし。高活性の時はラトルも必要なく、低活性時は逆の効果の時もあり

まだまだ他に挙げればきりがありませんが、常にエメラルダスの10本入りエギケースを2個
一つはナチュラル系のオリーブやブラウンなどを10本、もう一つは赤やオレンジ系統を10本
入れていますが単色の派手なオレンジやピンクなどは一切なく、エンジやブラウンに近いくすんだ
オレンジ系などで水中で極端に目立たないカラーの方が多いですね。

サイズはすべて3.5号で、水深によってしょっちゅう糸オモリでシンカーチューンもしますね。

エギングはまだ日中エギングなどない時代から現在は日中のみしかしませんが、かれこれ20年近くになると思います。

エギの場合はその人のスタイルによって好みが大きく分かれますから、私が使わないエギでたくさん
釣る人も多くいますから、何が一番と言うことはありませんが、私の場合はまず当然アクションと
同じぐらいの比率で飛距離、次に引き抵抗の少なさが大きなウエイトを占めています。

ですから飛行姿勢が乱れたり、引き抵抗が大きく疲れるなどのエギが私の場合は2軍行きになり
アオリーとエギ王Qが一...続きを読む

QエギングでオススメのPEラインは何ですか?

エギングのアオリイカ狙い仕掛けでPE0.8号の皆様お薦めのPEラインを教えて下さい。
価格に比例すると思いますが、コストパフォーマンスの高い物も含めてご教授下さい。
メーカー名、市場価格、お薦めの理由等宜しくお願いします。

Aベストアンサー

エギング歴は20年近く、PEラインが出始めた頃からあらゆるラインを試してきて
現在はソルトルアーすべてに「よつあみG-Soul WX8」を使用しています。
http://www.yoz-ami.jp/product/010light_game/004_D610.html

まず原糸自体が非常に強度が高く、その8本縒りでありながら1本のラインのように
表面が非常になめらかで飛距離も抜群に出ます。

次にどんなカラーよりあらゆるシチュエーションで抜群によく見えます。
ピンク系統や白系統は一見よく見えそうですが、サーフやゴロタなど下が砂や砂利の
場合同化して非常に見えにくくなります。

8本縒りで適度な張りがあり、安い4本縒りなどに比べるとトラブルは皆無に等しいですね。
人気があるFirelineなどは今度は張りがありすぎて硬く飛距離が出ません。

同じよつあみでエギング専用のGESO-Xもありますが、こちらは若干色抜けが早いので
ごく薄いピンク色になると上記などのシチュエーションでかなり見にくくなるので
一度使いましたが、それより安いG-Soulの方があらゆる面で優れています。

唯一の欠点は芯のないスプールですので、鉛筆を芯にして自分で巻いたりする時に
非常に困ることです。
これは専用アダプターをメーカーが無料でくれますので、よつあみを扱っている釣具屋さんなら
置いていてくれるかもしれません(サイズが2種類有り)

PEは吸水率0%ですのでリールの下の方は完全に新品状態ですから、巻き返しで確実に
2シーズンは使えますから、サイクルと性能を考えると激安と言って良いと思います。

ダイワやシマノなどは自社でPEラインは製造できませんから、あれだけ高い金額でも
ラインメーカーのOEMですから、ライン専門メーカーのものが一番です。

おそらくこの辺が最安ラインだと思います(私も常にヤフオクで購入)
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d141197352

エギング歴は20年近く、PEラインが出始めた頃からあらゆるラインを試してきて
現在はソルトルアーすべてに「よつあみG-Soul WX8」を使用しています。
http://www.yoz-ami.jp/product/010light_game/004_D610.html

まず原糸自体が非常に強度が高く、その8本縒りでありながら1本のラインのように
表面が非常になめらかで飛距離も抜群に出ます。

次にどんなカラーよりあらゆるシチュエーションで抜群によく見えます。
ピンク系統や白系統は一見よく見えそうですが、サーフやゴロタなど下が砂や砂利の
場合同化し...続きを読む

Qエギングロッドの感度

エギングロッドで、一番感度が良いのは、どこのメーカーの竿と思いますか?
ちなみに私は、ダイコーのトライバル エグゼキューターの87tiを使っています。

ダイワのSVFカーボンのエメラルラスが、気になっているのですが、感度重視で、購入するなら、どのロッドが、お勧めでしょうか?
色んなロッド使った事が、ある方教えてください。

Aベストアンサー

これまでにダイコーエギグランド、ゼナックアソート、ダイワのSVFカーボンの
ST-EG822-SVも使用してきて現在メジャクラのパンドラとライカルを使用しています。

ダイコーは伝統的に丈夫でしっかりしたブランクであまりファーストテーパーでは
ないのであまり感度は良くないですね。
ゼナックもテーパーはスローなのに硬い感じでシャクリやジャークが結構
しにくいなと感じ売ってしまいました。

ST-EG822-SVは今のエメラルダスシリーズより前の初代SVFエギングロッドですが
現在のダイワにも言えますがバットとティップのバランスが悪くティップが
比較的硬くカーブの支点が割りと手前にあるので手首が疲れて感度もあまり
良くなかったですね(ヤフオクですぐに売却)

現在安いメジャクラを使用していますが感度は今までで一番良いですね。
メジャクラは軽いのでブランクが肉薄でファーストテーパーですので
カーブフォールしていると着底時が砂地に着地したか、固い岩場か(こつんとしっかり伝わる)
海藻の途中に引っかかって止まったかなどはすべて感じ取れます。

同じ軽くてファーストテーパーなカラマレッティーやヴィオランテなども
感度は割りといいと思いますよ。

しかしこれはロッドにもよりますが時と共に以前よりラインが細く強く
なってきた関係の方がかなりウエイトを占めているものとも言えますね。
昔は4本よりの1号から0.8号になり、8本よりの0.8号から現在は8本よりの
0.6号しか使いませんのが潮や風の影響も受けにくく、細く密なのでほんの僅かなイカパンチも
確実にブランクに伝えて手元まで感じますのでラインも同じぐらい重要ですよ。

これまでサンラインのハイビジブルPEエギングを使用していましたが
現在同じサンラインのMSエギングPE0.6号を発売以来ずっと使用しています。
それまでハイビジブルを使用してきた友人達もみんなこれに巻きかえていますが
結節強度、飛距離、耐久性どれをとっても価格からすれば申し分ないですね。
ピンクは草フグの多い場所では不思議とPE自体をスパッと噛み切られるので
(バリバスのミルキーピンクで私も友人も何度切られたか)イエローを巻いてます。

これまでにダイコーエギグランド、ゼナックアソート、ダイワのSVFカーボンの
ST-EG822-SVも使用してきて現在メジャクラのパンドラとライカルを使用しています。

ダイコーは伝統的に丈夫でしっかりしたブランクであまりファーストテーパーでは
ないのであまり感度は良くないですね。
ゼナックもテーパーはスローなのに硬い感じでシャクリやジャークが結構
しにくいなと感じ売ってしまいました。

ST-EG822-SVは今のエメラルダスシリーズより前の初代SVFエギングロッドですが
現在のダイワにも言えますが...続きを読む

Qインターラインのロッドってこんなに使い難いんですか!

インターラインのロッドってこんなに使い難いんですか!

インターラインの磯竿1.5号を初めて使いました。
確かにガイドに糸が絡まなくて、最初は調子よかったのですがそのうち海水が絡んできたのか
糸が重たくなって、ほとんど糸がでなくなりノベ竿と同じでした。

メーカー名は書きませんが、量販店で聞いたところ安物ならそういうこともある、と言うことで大枚を払ってン万円の竿を購入したのですが、聞いていた症状と同じでして。

明日、竿の中をクリーニングするつもりですが、何か良い方法を教えてください。

それとも1.5のインターラインを買うなんてバカヤローだったのでしょうか。

道糸は昔のリールに付いていたナイロンの1.5です。

これもバカヤローだったんでしょうか。

以前からテレビでインターラインを見ていて、欲しかったのですがやっと購入して今日夜釣りにいってきました。

釣果は別として、糸が出て行かないのでたかが10mほど先のポイントに投入するのに全力投球です!

友人からはインターランイなんて止めておけと言われたのに買ってしまった、バカヤローですが後悔しても買ったものを捨てられないし。。。。。。。。

このバカヤローに良きアドバイスをお願いします。

インターラインのロッドってこんなに使い難いんですか!

インターラインの磯竿1.5号を初めて使いました。
確かにガイドに糸が絡まなくて、最初は調子よかったのですがそのうち海水が絡んできたのか
糸が重たくなって、ほとんど糸がでなくなりノベ竿と同じでした。

メーカー名は書きませんが、量販店で聞いたところ安物ならそういうこともある、と言うことで大枚を払ってン万円の竿を購入したのですが、聞いていた症状と同じでして。

明日、竿の中をクリーニングするつもりですが、何か良い方法を教えてください...続きを読む

Aベストアンサー

私は
インターラインが出た当時から愛用しています。
今はシマノの極翔が3本とBB-X XTが2本です。
磯のフカセ釣りと渚のチヌ釣りです。

浮はグレックスのG2中から2B中を使っています。
道糸は、皆さんが嫌うPE2号です。
高場からなら30mぐらいなら遠投出来ます。
私の行く所は足元から遠投20mぐらいの所ですので、問題ありません。
渚釣りは1号自立棒浮きですので、20~25mは楽勝です。

毎回使用後に水道水を通し、乾燥させます。
2~3回使ったら撥水スプレーを行います。
晴れた日なら問題ありません。
その代わり、雨の日は糸が出ません。
でも私の行く釣り場が足元からですので、10mも飛ばせば釣りは出来ます。

流行のスルスル釣りとか、
道糸を出して行く流し釣り?とかだと不向きだと思います。

いつも行く釣り場で使い分けするとか、
天気の確認とか、制約されることはあります。
よくやる竿先を水面に付けて糸を出すとかはやってはいけません。
一応竿ケースには
普段使うインナー1.5号と予備の2号とアウトガイド1.5号の竿を入れています。

最近はやらなくなりましたが、
夜釣りとか風の強い日のライントラブルはほとんど無かったです。

欠点より利点が目立つ様に上手に付き合うようにしてあげてください。

私は
インターラインが出た当時から愛用しています。
今はシマノの極翔が3本とBB-X XTが2本です。
磯のフカセ釣りと渚のチヌ釣りです。

浮はグレックスのG2中から2B中を使っています。
道糸は、皆さんが嫌うPE2号です。
高場からなら30mぐらいなら遠投出来ます。
私の行く所は足元から遠投20mぐらいの所ですので、問題ありません。
渚釣りは1号自立棒浮きですので、20~25mは楽勝です。

毎回使用後に水道水を通し、乾燥させます。
2~3回使ったら撥水スプレーを行います。
晴れた日なら問題ありません。
その代...続きを読む

QリールにPEラインを巻くときの下糸は?

リールにPEラインを巻くときの下糸は?
PE0.8号/150mのリールにラインを巻きたいのですが、購入したPEは100m巻きのものです。
使用している内にだんだんとラインも短くなっていくと思いますが、最初に下糸を巻いてからPEラインを巻くのでしょうか?
また、その際に下糸とPEを結ぶのに最適なノットを教えて下さい。一度結んで見たのですが結び目にラインが引っかかり、キャストしても飛ばなくなってしました。
リールはシャロースプールです。初歩的なことですが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

0.8号を150mとはシマノのシャロースプールなんでしょうね。
まず150mものを買わなかったのが非常にもったいないですね。

100mだと少しづつ結節やトラブルなどで短くなったらそっくり替えないと短くなりすぎて使えないですね。
150m巻いておけばPEは吸水率が0に近いのでスプールに近い部分はほとんど新品状態で
PEは巻き癖も付きませんからまた巻き返しで新品状態からスタート出来ます。

ですから#1さんのPEは海水を吸いやすいという解説は間違っていますね。
http://www.yoz-ami.jp/Line/009.html
PEはソルトにしろエギングにしろ常に巻き返しで使いますからしょっちゅう経験していることですが
反対に巻き返した部分は全く濡れた形跡もなくスプールも完全に乾燥した状態です。

つい最近も昨年秋から今年の春まで使ったよつあみのエギングラインGESO-Xを巻き返して
今シーズン用に備えましたが、使用後は毎回温い水で塩抜きをしてスプールを洗っていたにも
関わらずキャスティングで引き出されていく部分から下はほとんど新品状態で全く濡れていません。

ですから買うときはちょっと高くても2シーズン使うことを考えたら強度もある8本よりの
150m巻きを買っておいた方がずっと得と言うことになりますね。

とは言え買ってしまった物は仕方ありませんから、下記の質問の#1さんの下巻き計算法がベストです。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6247039.html
下巻き糸も要らないPEがあればPEで下巻きした方がいいですね。
PEがなければフロロ、なければナイロンでも構いませんがPE以外ならなるべく細い方が最後まで
巻いたときの形がきれいになります。
PE同士でも電車結びの片方のユニノットを4、5回巻けば抜けることはありませんし、結節も小さくなります。

でもすでに結び目にキャストの際にひっかかるというのはすでに長さが足りないということですから
なるべく早めに150m巻きに買い替えた方が無難かもしれませんね。
キャストの度に同じような場所が結び目に引っかかっていたらその部分が一気に弱って最悪その部分で
切れてものすごい超高切れになる可能性もありますよ。

0.8号を150mとはシマノのシャロースプールなんでしょうね。
まず150mものを買わなかったのが非常にもったいないですね。

100mだと少しづつ結節やトラブルなどで短くなったらそっくり替えないと短くなりすぎて使えないですね。
150m巻いておけばPEは吸水率が0に近いのでスプールに近い部分はほとんど新品状態で
PEは巻き癖も付きませんからまた巻き返しで新品状態からスタート出来ます。

ですから#1さんのPEは海水を吸いやすいという解説は間違っていますね。
http://www.yoz-ami.jp/Line/009.html
...続きを読む

Q16セルテートと16ヴァンキッシュとで迷っています

今度エギング用でリールの購入を考えているのですが、
・16セルテート2508PE
・16ヴァンキッシュ C3000SDH
で迷っています。

ドラグの作動とボディの剛性感ではセルテートが上手、巻きの滑らかさと自重の軽さではヴァンキッシュが上手と、私にとってどちらも大切な特性が含まれていて、大変悩ましい選択になっています。

また、セルテートは私も既に2機所有しており、満足している事から、確実に気にいるであろうセルテートと、インプレ等見ても評判の良いヴァンキッシュとで、また迷ってしまいます(苦笑)

リール購入に際して、どなたかアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

私はセルテートをおすすめします。

すでに2台お持ちならセルテートの巻きの軽さや滑らかさは承知のところですね。

ヴァンキッシュがシマノでも初動の軽さを唱っていても、現在のマグナムライトローターの
形状は初代のエアローター位ですから、今回の更にシェイプされた16セルテートの
回転慣性の低さには全然適いません。

そもそもメインギヤの大きさがかなり違いますし、2508PEならノーマルギヤなので
シリーズ中でも1、2を争う巻きの軽さですから、僅かな潮の流れやカンナに僅かに
掛かってしまった海藻まで感じ取れるようなレスポンスの良い巻きが体感できますね。

またザイオンより剛性の低いCI4よりダイワの中でも耐久性に優れているセルテートの方が
長く快適に使えるでしょう。

それとヴァンキッシュのデザインはとても価格相応に見えませんね。

ヤマラッピさんもイグジストの2508PEがメインですし、以前からノーマルギヤ
シングルハンドルを推されています。
https://www.youtube.com/watch?v=ZmbBP64GC24

ダイワはスプールの汎用性も高いので替えスプールで色々と使い回されるのも◎ですね。

私はセルテートをおすすめします。

すでに2台お持ちならセルテートの巻きの軽さや滑らかさは承知のところですね。

ヴァンキッシュがシマノでも初動の軽さを唱っていても、現在のマグナムライトローターの
形状は初代のエアローター位ですから、今回の更にシェイプされた16セルテートの
回転慣性の低さには全然適いません。

そもそもメインギヤの大きさがかなり違いますし、2508PEならノーマルギヤなので
シリーズ中でも1、2を争う巻きの軽さですから、僅かな潮の流れやカンナに僅かに
掛かってしまった海藻ま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報