前に食べ物の好き嫌いがある理由について質問したことがあります。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6651796.html

それによると好き嫌いが現れるのは体験によるものみたいです。
だとすると、嫌いになった要因さえ取り除けば美味しく食べられるようになるでしょうか?
たとえば、「リンゴを食べたとき酸っぱかった」というのが条件付けされて嫌いになったのなら、リンゴから酸味を取り除いたり、「魚を食べたとき小骨が引っ掛かった」というのが条件付けされて嫌いになったのなら、骨が引っ掛かる心配の無い魚にしたりすれば、美味しく感じるようになるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。


前回を少々訂正させて下さい。
「リンゴのすっぱい」という例えは良くなかったですね。すっぱいというのは元々味覚刺激ですから、条件付けの例としては少々不適切でした。
「味覚学習における条件付け」といいますのは、味覚刺激と同時に他の感覚、要するに視覚、聴覚、触覚などの刺激が条件付けされるということです。味覚といいますのは食べ物の化学成分の情報を脳に送るだけです。そして、ここに味覚以外の条件が加わることによって好き嫌いが学習されます。
不快が条件付けされることを「味覚嫌悪学習」
快感が条件付けされることを「味覚嗜好学習」と言います。
梅干を見て唾液が出てくるのは、これは味覚と視覚の条件付けです。

酸っぱいを取り除けばリンゴは美味しく食べられるようになるかも知れません。ですが、骨をとっても魚の味は変わりません。これは、味覚と触覚が別々の刺激であるからです。
魚の骨が不快であるという記憶は大脳皮質で扱うことができます。ですが、その不快感と魚の味を結び付けているのは大脳皮質ではなく、「大脳辺縁系」というところです。この大脳辺縁系は「無意識の領域」であるため、その反応や記憶は自分の意思で変更することができません。ですから、仮に大脳皮質で魚の骨が綺麗にとってあると認識できても、辺縁系にその記憶がある限り魚の味は変わりません。まして、本人はそれが骨のせいだったと憶えていないことさえ多いのです。原因を憶えていなければ取り除くこともできないです。
条件反射といいますのは回数が減れば衰退します。ですが、これはパブロフの犬とは違い、脳の学習機能によるものであり、自然衰退はほとんど期待できません。例え大脳皮質がすっかり忘れてしまっていても、辺縁系の無意識記憶というのはほぼ一生保持されます。このため、大人になっても好き嫌いは残ります。

では、偏食の原因が「味覚嫌悪学習」であるならば、その逆の「味覚嗜好学習」をしてやれば克服できるということになります。例えばですが、空腹でどうしようもないときにそれを食べれば満腹という報酬が条件付けされて辺縁系の判定を変えることができます。
昔から「空腹に勝る料理はない」と言いますからこれは事実なんでしょうが、そう簡単ではないですよね。まして、人間はピーマンを食べられなくても別に生きてゆくことはできるんです。
ですが、大人になって嗜好が変わるということもありますが、我々は今まで嫌いだったものが知らずに食べられるようになったという経験もあります。これには何処かで「正の条件付け」が成された可能性があります。知らずに行われることもありますし、自分で克服したというひともたくさんいると思います。
正の条件付けができるならば、調理を工夫するのも、みんなで楽しく食べるのもOKです。嫌いなものをいきなり正反対にしてしまうのは難しいですが、我々の嗜好といいますのは条件付けによって変わり得るものです。

前にも書きましたが、甘い物は快感、苦いものは不快など、我々の味覚の基本的な部分といいますのは生まれる前から決まっています。ですが、それ以外の判定は生後の味覚学習を行わなければできません。好き嫌いに個人差があるのは、それが生後の学習結果であるからです。
我々は生まれてからこれまでに無数の味覚体験をしました。このため、初めて食べたものでも好き嫌い、即ち、自分にとって美味い不味いを簡単に比較することができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、大脳辺縁系に記憶されていなければ味覚嗜好学習を行う事で嫌いな物も克服出来るのですね。
回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/11 22:56

体験には二種類が同時に起こっています。

その同時に起きる二種類に、同時に変化を付ける事が出来れば、bururutti-2さんの仰る通りです。二種類をご紹介します。

存在が認識を規定する。
認識が存在を規定する。

この両者が同時に起きているのが、体験のメカニズムです。

如何でございましょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。参考にします。

お礼日時:2011/04/11 21:03

参考になるかわかりませんが私の経験から書きます。


食べ物をお金にたとえると、捨てるのがもったいないので何でも食べられるようになるかな?
小学生のころ、よく母が豚肉をカレーに入れていました。私は、よけて食べていましたが、貧乏したおかげで、今は何でも大変おいしくいただいています。料理も好きで安いものをおいしく作り食べたときの幸わせ感は、感無量です。昔の人は、若いときの苦労は、買ってでもしろという言葉を聴いたことはありますか?扶養家族のうちは無理かな。
参考になれば。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

へぇーーーー!!
嫌いだった物でも食べ続けることにより美味しく感じるようになったのですね。
かつて嫌いだった物が美味しく感じるようになるなんて、一体味覚のメカニズムはどうなっているんだろう?

回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/10 12:15

食べ物の好き嫌いが体験によるというのは


前の質問に対するたった2つの回答から
あなたが勝手に導き出した結論にすぎません。

体験によるなら、初めて食べたものでも
好き嫌いを感じるのはどう説明されますか。

体験によって嫌いになる場合もあるでしょうが、
その原因を取り除くのは難しいです。
リンゴから酸味を除いたら、それはもうリンゴの
味ではありません。
理由もなく嫌いという場合も多いです。

たとえ原因を取り除けたとしても、
いったん嫌いな食べ物と脳が確定したものを
覆すのは困難でしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>体験によるなら、初めて食べたものでも
>好き嫌いを感じるのはどう説明されますか。
確かに体験だけでは説明出来ませんね。

>体験によって嫌いになる場合もあるでしょうが、
>その原因を取り除くのは難しいです。
え?そんなに難しい事だったんですか?

>たとえ原因を取り除けたとしても、
>いったん嫌いな食べ物と脳が確定したものを
>覆すのは困難でしょうね。
やはり一度嫌いになってしまうと、嫌いになった部分を取り除いても、美味しく感じるのは困難ですか。

回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/10 12:09

 嫌いなものを食べられるようになるか?


 
 ということと

 おいしく食べられるか?

 はべつの問題です。

 嗜好の問題を 心理学で検討する場合には検討する用語の定義を明確にしないと問題解決にはなりません。

この回答への補足

自分が聞きたい事は「嫌いな物を食べられるようになるか?」ではなく「嫌いな物を美味しく食べられるか?」ですが、どこが不明確だったのでしょうか?
不明確な部分が分かりませんが、それなら出来るだけ厳密にしてみます。

「対象物を視覚で感じた時に「不味い」と感じる食べ物である事を認知する時、それが過去の経験や記憶などが形成された事による場合、それを形成した要素を取り除けば、その対象物を味覚で感じた時に「美味しい」と感じる食べ物である事を認知する事は出来るのか?」

ふぅ~、厳密な文章は難しい。そもそも厳密な文章が書けているかも自身が無い。

補足日時:2011/04/10 12:00
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そんなに不明確だったのかなぁ~ 自分では区別して書いたつもりだったけど・・・
回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/10 11:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄分たっぷりの食べ物って何がありますか?

意識的に鉄分の多く含まれる食べ物を食べるように意識しようと思うのですが…
なにかありますか?

あんまり量は食べれないと思うので、
夕飯に1品追加して、ちょっとでも鉄分摂取できたらいいなって思うのですが…

おすすめのレシピあったら教えてください!

Aベストアンサー

鉄分の摂取は、実際食べ物から摂ろうとするととてつもない量を食べないといけません
食品成分表を見ても、含まれている量はホントに少なく、どうやったら一日分の必要量摂ることができるんだろうという感じです

ではどうやって摂っているのか
一番多いのは、鍋やフォークなどの鉄を使ったものからの直接摂取が多いのです

鉄瓶で湯を沸かして飲めとか言いますよね
あと、ご飯を炊くときに入れる鉄卵とかもありますね

それから、鉄はお茶の中のカテキンと結合しやすく、結合すると体内に吸収されなくなるので、貧血の人は緑茶は飲まないほうがいいみたいです


おすすめのレシピは
鶏レバーの煮物
(鶏レバーをお水で何度も洗って、一口大に切って、油で炒めてからすき焼きの素と生姜で味をつける)あっという間にできます

鶏レバーの赤酒煮
(赤酒(本みりん)と醤油1:1に砂糖をその半分と生姜。沸騰した中にレバーを入れて煮えたらねぎを散らして出来上がり)臭みがまったくないので食べやすいです

鉄のフライパンやステンレスの鍋を使うといいですよ

Q食べ物の好き嫌いの心理

誰にも食べ物の好き嫌いがありますが、多い人や少ない(ほとんどない)人がいますけど、食べ物に対しての心理の違いはなんなんでしょうか?また、食わず嫌いはどのようなことが自分の心理の中で働いているのですか?また、その心理を変えることはできますか?
体調が悪くなったりして防衛反応や過去にその食材によってイヤな経験などの差だけではないと思います。また、自分のことなんですけど、昔から好き嫌いが激しいのですが、何でも食べれる人が不思議でしょうがなかったです。

下手な文章表現ですみません。

Aベストアンサー

違う方向で…

小さい頃からの食生活って食べ物の好き嫌いが大きく左右すると思います。
離乳食期~幼児期にかけていろいろな食材に出会い、視覚で確かめ、
嗅覚で匂いを感じ取り、食感や味覚で…というものから
新しいもの(この場合は食べ物)への一瞬の躊躇が出来るか出来ないか
ではないかな~と考えています。

誰だって初めてのものや場所では多少の不安があったり、
慎重派の人は初めて会う人には身構えて人見知りのようなものが
ありますよね。
食わず嫌いは経験不足や慎重な性格からくる、
石橋を叩いて渡らない、食味知り(?!)

話は戻しまして…家庭での毎日の食卓はかなり影響してくるものだと思います。
夫は好き嫌いが激しいです。
しかし、人間の好き嫌いは食べ物ほどでもないです。
人間どうしても波長のあう人あわない人がいますので、
これはどうしようもないですよね。
そんなヤツはいない!と言う人の方が私はあやしいな~と思います。
夫の子供の頃の話や母親の食の好みや食卓に上がっていた家庭の味を聞くと、
なるほどな~とうなづけました。
夫は母親の食の好みと驚くほど似ているのです。
食卓に上がる料理は母親の嫌いなものは出ず、また子供が好きだから、
と言って作っているものばかりでした。
味覚の幅が非常に少ないです。

私も多少好き嫌いはありますが、それは胃腸が丈夫ではないところからくる
防御反応であります。
私の母が自分は嫌いでも食卓に出していたので、母の苦手なものは私は大好き。
大家族で育ちましたが、それぞれ好きなものはばらばらなので、
一人ひとりの気に入った料理が出てきていたので、いろいろな味に
慣れ親しんできたのでしょうね。

幼児期から胎児期にさかのぼりますと、妊娠中に母親が食べたもので
羊水が微妙に変化するという研究報告もされているようです。
例えば、にんにくを食べた妊婦さんの羊水を調べてみると、
ニンニクの旨味成分が羊水から検出されています。
また、乳児期の頃は母親の摂取する食事内容で微妙に母乳の味も
変化しています。
毎日同じ味のおっぱいを飲んでいるわけではないのです。

私は2人子供がいますが、好みは思いっきり違います。
妊娠中上の子の時は食事制限であっさり目の食事をとり、
下の子の時は比較的なんでも食べていましたが、どちらかと言えば
濃いものを好んで食べていました。
授乳している時もそのような食生活です。
上の子は和食党で下の子は甘めのものや、洋食系が好きです。

胎児の頃、乳児の頃、離乳期の頃、幼児の頃…ここで味覚や食に対する興味を
持たせて、いかに広げていくかが重要なポイントだと私は考えています。
母親がチャレンジャーで妊娠中にいろいろ食べていたり、
幼児期に「子供が食べないから作るのは控えよう」と言わないで
なんでもいろいろな味に慣れ親しんでいる子だったら、
胎児の頃から味覚がいろいろなものに対応しているのではないかなあと…
そこらへんが好き嫌いの少ない人の心理というか、少ない理由なのでは
ないでしょうか?!

大人になってから「頑張って食べてみよう!」と構えないで、
ちょうどあるな、じゃあつまんでみるか程度の軽い気持ちで
食べてみると身構えるほどのものではなかったな~と思ったものが
結構あります。
「ああ、私も大人になったのねぇ」としみじみ。
「今まで、敬遠してきたなんてもったいない!」と思うことも。

夫に「俺、コレ食えない…」と出したそばから言われて激怒したこともありますが、
食材ならば違う調理法や味付けで再度挑戦して、絶対食べさせてやる!
と負けず嫌いな私の性格が夫の食の幅を拡げたようで、
満足しています。

私のような不屈の精神の人と付きあってみてはいかがでしょう?!
ちょっとブルーになりますが、世界が変わるかもしれません。

胎児の頃までさかのぼってみるのもいいかもしれません、ということを
言いたかったのに長くなりすぎました。(汗
一生のうちに食べる量って限られていますから、いろいろな味や食材を
食べてみなきゃ、もったいないですよ!
人間だけですよ、いろいろ試すことが出来るのって(^_^

違う方向で…

小さい頃からの食生活って食べ物の好き嫌いが大きく左右すると思います。
離乳食期~幼児期にかけていろいろな食材に出会い、視覚で確かめ、
嗅覚で匂いを感じ取り、食感や味覚で…というものから
新しいもの(この場合は食べ物)への一瞬の躊躇が出来るか出来ないか
ではないかな~と考えています。

誰だって初めてのものや場所では多少の不安があったり、
慎重派の人は初めて会う人には身構えて人見知りのようなものが
ありますよね。
食わず嫌いは経験不足や慎重な性格からくる、
石...続きを読む

Q鉄分入りウエハースについて

スーパーや薬局でココア味の鉄分入りウエハースが販売されていますが、
ウエハースから本当に体内に鉄分が吸収されるのでしょうか。
含有量が少ないことは承知ですが、吸収されるかが知りたいです。

また鉄分を摂取する上で、吸収を妨げるため一緒に飲食しない方が良い食べ物・飲み物はありますか?

Aベストアンサー

個別の加工商品を論評する準備はありませんので一般的な情報だけを示します。

鉄分の働き、欠乏症、過剰症
http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_desc/d_iron.html#KOURITU

Q食べ物の好き嫌いに関する謎

人間の舌は皆、同じ仕組みで味を感じていると思います。
しかし、人間には好きな食べ物や嫌いな食べ物があります。
味を感じる仕組みが同じなら、同じ物を食べたらみんなが同じ味に感じるはずですが、実際には好き嫌いがあります。
どうして同じ味で好き嫌いが生まれるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
食べ物の好き嫌いは生後体験によって作られます。
味覚といいますのは食べられるものと食べられないものを選ぶためにあります。甘いものは養分、塩辛いものは必要成分、苦いものは毒物、このような必要最低限のことは生まれる前から決まっています。ですから、食べられない物や有害な物を除けば、最初から嫌いな物というのはないはずなんです。
ところが、離乳して色々な物を食べるようになりますと、そこには様々な体験が加わります。例えば、リンゴを食べたとき酸っぱかった、あるいは魚を食べたとき小骨が引っ掛かった、このような体験による不快感が食べ物の記憶に「条件付け」されるんです。これには、食べ物の味とは全く関係のないものもあります。例えば、それを食べたとき服にこぼしてしまって気持ちの悪い思いをした、これでも条件付けされれば不味いという記憶になってしまいます。
このようにして食べ物の好き嫌いが作られることを「味覚嫌悪学習」といいます。生後体験は個人によって違いますから、同じ味でも好き嫌いが分かれます。

動物が味覚学習を行うのは、生まれた環境で食べられる物を見付け出し、生きてゆくためです。このような学習は赤ちゃんのときから始まり、生後三歳ごろにはあらかた決まってしまいます。もちろん、理科の解剖実験で魚が食べられなくなったとか、食中毒で酷い目にあったなど、はっきりとした記憶を持っているひともちゃんといます。ですが、生後三歳となりますと、どうしてそれを嫌いになったかと憶えているひとはほとんどいないですね。

こんにちは。
食べ物の好き嫌いは生後体験によって作られます。
味覚といいますのは食べられるものと食べられないものを選ぶためにあります。甘いものは養分、塩辛いものは必要成分、苦いものは毒物、このような必要最低限のことは生まれる前から決まっています。ですから、食べられない物や有害な物を除けば、最初から嫌いな物というのはないはずなんです。
ところが、離乳して色々な物を食べるようになりますと、そこには様々な体験が加わります。例えば、リンゴを食べたとき酸っぱかった、あるいは魚を食べたと...続きを読む

Q鉄分補給について

高校1年生の部活をやっている者です。
体力トレーニングで持久走で全然タイムあがらないんです。そこでチームメイトに鉄分不足ではないかといわれました。
しかし学生なので食事の時間が限られています。ですので
携帯できるような鉄分補給の食べ物はないでしょうか?

Aベストアンサー

tikkun15さん、こんにちは。

一週間以上たっているので、どうかと思いましたが、まだ受け付けているようなので、アドバイスします。
その後、タイムはあがりましたか?
私も鉄不足で毎日取っているのですが、干しプルーン(は嫌いですか?)なんて、とってもいいと思います。タッパーなどに入れて持ち歩けます。
あと、お酢、梅干、かんきつ類なんかは、鉄の吸収を促進するそうなので、組み合わせるといいですよ!
♯1さんもおっしゃってますが、鉄の吸収を妨げる食品がいくつかありますね。コーヒーや紅茶、緑茶、あとは、炭酸類ですね。
鉄分不足をおぎなっただけでタイム向上につながるか分かりませんが・・・・あがるといいですね!
がんばってください。

Q苦手な食べ物。。 あまり食べたことがないもの、 食べず嫌い、 食べたけど、どうも好きになれないもの

苦手な食べ物。。

あまり食べたことがないもの、
食べず嫌い、
食べたけど、どうも好きになれないもの。。。

皆さんあるかと思います。

つまり苦手な食べ物。。

それを、

本当に美味しい物をたべたことがないからだ、とか、

何であんなに美味しい物、とか言ってなんとか食べさせようとする人の心理が理解できません。

こういう人はどういう神経なんでしょうか?

Aベストアンサー

自分が良いと思うものは絶対だ という押し付け思考。
相手の気持ちを無視した 柔軟性に欠ける迷惑な行為です。

・・・が 人間は自分の尺度でしか物事を考えられない生き物です。

そうならないようにせねば と自戒して過ごしています。

Q鉄分

貧血予防には鉄分摂取が良いとされていますが、食べ物から摂るのが一番良いのでしょうが、血をなめるとなんとなく鉄の味がしますよね??それをなめると栄養素として吸収されるのでしょうか??

Aベストアンサー

 誰の血をなめるのですか。生の血液には、まだ知られていないものを含めて、ウイルスなどが存在する危険があります。
 食物から鉄を補給する場合、「食品成分表」で鉄の含有量の多いものを食べる、というだけの行動ではだめです。その鉄が吸収されないなら意味ありません。もっとも吸収率のよい鉄は、獣肉(牛、豚など)、魚肉です。植物性食品の鉄はあまり吸収がよくありません。

Q食べ物を捨てる時のゾクゾク感の理由

食べ物を捨てる時のゾクゾク感の理由

を知りたいです。


食べ残しなどを
生ごみのゴミ箱に捨てる際

ゾクゾクしませんか。

私は想像しただけでもゾクゾクします。

でもゾクゾクする理由はなんなのでしょうか。

ゾクゾクする人 しない人どのくらいの割合でいるんでしょうかね。

する人 しない人の違いはなんでしょう。

また、ファーストフード店などで食べ残しをダストボックスに入れるさいは
ゾクゾクしない点も関係ありそうです。

科学と心理学で迷いましたが

深層心理系かなと思いコチラに投稿しました。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

無いですが、そのゾクゾク感ってのは罪悪感じゃないかと。

ファーストフード店は、他の人も捨てているという責任の分散が起こるし、ゴミ箱に蓋があるので入れるとき残飯見えないじゃないですか。

残飯が見えると自分の持っているもまだ食べれるものを汚いものと一緒にするってのが、罪悪感を芽生えさせる原因じゃないか と。

Q鉄瓶や中華鍋から溶け出す鉄分は安全?

鉄分をとるためにお茶を鉄瓶で沸かしたり、中華なべから微量の鉄分が溶け出すと言われていますが、その鉄分って、体に安全な鉄分なのでしょうか。鉄剤とはまた違う気もしますが…

Aベストアンサー

こんにちは!!
かつて、岩手県の名産品「南部鉄器」の製造に関わっていた者です。鉄瓶や鉄鍋などです。

(1)<鉄剤とはまた違う気もしますが・・・
 そのとおりです。鉄剤の「Fe」と違い、二酸化鉄というのは、鉄のFeと酸素O2が化合したもの、つまり鉄サビです。二酸化鉄は体内に摂取されると、鉄Feとして吸収されるので、鉄剤を飲んだのと同じ効果になります。吸収率は鉄剤の方が良いのですが、鉄器を習慣的に使用していると、安定して確実に鉄分が取れる利点があります。

<その鉄分って、体に安全な鉄分なのでしょうか。
 安全です!
 分かりやすく説明するため、製造方法を簡単に述べますと
(1)鉄のインゴット(今は輸入品が主力で、金の延べ棒のようなインゴットになっています。1kg25~30円くらいが鉄のインゴット価格です。自動車用の鋼板と違って、ただのFeの塊です。
(2)鉄のインゴットを電気溶解炉で溶解する。
(3)溶解した鉄を型に流し込んでから冷ます。
(4)グライダーで研磨する。
(5)食品衛生法をクリアした塗料で塗装する。塗料の分子と分子の間が数ミクロンあいているので、その隙間から二酸化鉄がでてきます。
(6)梱包して、出荷する。

 以上の通りの工程なので、安全なのがお分かりでしょうか。なお、他の鉱物は値段が鉄よりも高いので、経済的な意味では使われることはありえません。南部鉄器の接合部分は溶接です。もし、品質的にご心配なら国産の鉄器を使用したらよいでしょう。
 なお、鉄器の一番良いところは、日常的に使用していると、鉄分の補給ができることと、冷めにくいことです。欠点はさびやすいことです。
ただ、さびると見た目は悪いですが、鉄分の補給量は増加します。

こんにちは!!
かつて、岩手県の名産品「南部鉄器」の製造に関わっていた者です。鉄瓶や鉄鍋などです。

(1)<鉄剤とはまた違う気もしますが・・・
 そのとおりです。鉄剤の「Fe」と違い、二酸化鉄というのは、鉄のFeと酸素O2が化合したもの、つまり鉄サビです。二酸化鉄は体内に摂取されると、鉄Feとして吸収されるので、鉄剤を飲んだのと同じ効果になります。吸収率は鉄剤の方が良いのですが、鉄器を習慣的に使用していると、安定して確実に鉄分が取れる利点があります。

<その鉄分って、体に安...続きを読む

Q仲良くもない人と食事のときに食べ物をくれる理由

昔、調理の学校にいたときです。仲良くもない人が食べる時になって、僕に食べていいよと言ってきました。他にもいました。計3回ありました。それはなんか真意がつかめずに気持ち悪い思い出として残っています。そのようなことはなぜですかね。

Aベストアンサー

こんにちは、

動物が他の固体に獲得したエサ(失礼!)を与えるのは、次の3つの場合です。
1)親子の場合…主に母親から子どもへ
2)同じ種の場合、力の上位の者への貢物(奪い取られることを含める)
3)他種の動物の場合、奪い取る

人間の場合は、動物よりも少し進化していますので、
緊急時以外は奪い取ることはしませんので、
3)はあなたのケースに当てはまりませんし、1)は論外ですから、
日常の中で、生きていく為に大切な、食事(エサ?)を譲るのは、
たいていは、2)の場合と考えられます。

「相手(あなた)と仲良くしたい」…もしくは、「私を攻撃しないで」という意思表示です。

そして、あなたが「気持ち悪い」と感じたのは、
その友人達との微妙な力関係を理解していなかったのではないかなと、想像します。

「食べていいよ」という言い方が正確であれば、
「食べる?」でもなく、「食べて!」でもない言い方に、相手のプライドと
あなたと“仲良くしたい”という微妙なニュアンスがあるように思いますが…


人気Q&Aランキング