ID登録せずに、無料で質問できる♪ 教えて!gooアプリ>>

今まで使っていた、120GBのUltra-ATAの内蔵HDDはもう7、8年使っているので、今回はじめてUSB接続の外付けHDDをバックアップ用に購入したのですが、仮想メモリの領域用に外付けHDDの方に2GBほどパーティションを切って、そちらに仮想メモリ(ページングファイル)を全て移して、それからCドライブのデフラグをしたのですが、その直後からCドライブ(内蔵)HDDのアクセスランプが頻繁につくようになってしまったようです。
タスクマネージャで見ると、物理メモリの合計よりコミットチャージの最大値はずっと低いままなのに、です。ただ、【物理メモリ】の枠内にあるシステムキャッシュの値が、先日までは少なめ(利用可能と合わせても物理メモリの合計よりずっと少なかった)のに対し、今は”利用可能”と合わせると”合計”に近いか、場合によっては合計を若干上回るぐらいシステムキャッシュの値が増えているようです。これって何か関係あるんでしょうか?

仮想メモリが必要になった時にだけ外付けHDDへのアクセスがあり、それ以外の通常時は物理メモリ内だけで処理されるので内蔵HDDへのアクセスを減らせると思ったのですが、逆にアクセスが増えてしまったようです。何故こんな事になったのでしょうか?WindowsXP・Home-edition(sp3)です。

(目的としては、なるべく内蔵HDDも長生きさせたい・また外付けHDDの方が容量が大きいので、バックアップやそれ以外にも活用したいという事です。うろ覚えの知識で実行しただけですので、なるべく分かりやすく説明して頂けるとありがたいです)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

一言で言えば、あまり好ましくない割り当て方だと思います。



仮想メモリは、原則としてはシステムドライブまたはアクセス速度がより安定し高速なデバイスに作成するのがベストです。USBストレージデバイスは、Ready Boostなどで使うなら別ですが、仮想メモリとして使うにはリスクが高くシステムクラッシュの原因となる場合がありますので、ご注意下さい。

まず、アクセス速度が増えた理由ですが、それはUSBハードディスクの転送速度が遅いためです。
メインのディスクより速度が遅く、不安定でしかもUSB2.0はDMA転送に対応していないためCPUを消費します。そのため、主記憶装置とのデータの同期が不安定となりアクセスの増加に繋がるのです。
また、ページファイル(仮想メモリ)管理には最小限のリソースがシステムドライブに作成されます。
そのシステムドライブの管理メモリとのデータ転送において、頻繁なアクセスが生じている可能性もあるでしょう。

次に、クラッシュの可能性についてです。USBはハードディスク専用のインターフェースではありません。内蔵のATAやATAPI、SATA、外付けのeSATAなどのインターフェースの場合は、マスストレージデバイス専用のインターフェースとなりますが、USBでは複数の周辺機器の一つとしてマスストレージクラスがあるに過ぎないのです。
そのため、何らかの不具合や他の機器との競合によって速度が大幅に低下したり、認識不良が発生することが希にあります。もしも、そのディスクがシステム管理領域を備えていると、システムは管理領域へのアクセスを失いクラッシュします。場合によっては、システムドライブも不整合が発生し、論理領域が壊れてしまう恐れもあります。
そのため、USBデバイスはカーネルが管理する領域に使うには不向きです。データの保存や常時起動しないアプリケーションの利用には良いでしょうが、常駐ソフトやシステム管理ファイルは置かないようにしましょう。

よって、まずは仮想メモリはシステムパーティションに戻すか、システムドライブの別パーティションに置くことをお奨めします。即ち、ATAで接続されたディスクに仮想メモリを置くことが相応しいのです。

ちなみに、仮想メモリは物理メモリが十分にあれば、最小限の管理サイズのみに設定しても問題はありません。メモリが十分にあれば、必要ないという考え方も出来るのです。(ただし、管理サイズにするとシステムがクラッシュした際にメモリ上の原因情報収集を行うカーネルダンプが作成できなくなることがあります。一般のユーザーは使いませんけどね。)

尚、次の点についても回答しておきます。
Q/目的としては、なるべく内蔵HDDも長生きさせたい・また外付けHDDの方が容量が大きいので、バックアップやそれ以外にも活用したいという事です。

A/内蔵のハードディスクを長く使いたいから、利用頻度を減らすというのはあながち間違いではありませんが、仮想メモリを外せば長生きするとは言えません。

その理由は、ハードディスク故障の多くが、モーターや軸受けの破損、半導体回路の熱損傷やショートによるものだからです。即ち、電源を切ってモータや回路の通電を止めないと故障原因の多くは解決しません。尚、ディスクプラッターの劣化による破損は、不良品でない限り10年単位で見ないと発生しないとされます。(ちなみに、ディスクそのものの記録保持寿命は20年以上です)
即ち、仮想メモリを別の場所に置くとすれば、寿命のためよりもアクセス性能の向上など別の目的でなければその意義は少ないと言えます。

どちらかといえば、あまり複雑に寿命を延ばそうと考えず、ディスクが壊れたときに困る情報をUSBハードディスクに保存することを最優先することだけに重きを置いた方が良いと思いますよ。

この回答への補足

ありがとうございます。やはり仮想メモリはCドライブに戻す事にします。

>もしも、そのディスクがシステム管理領域を備えていると、システムは管理領域へのアクセスを失いクラッシュします。場合によっては、システムドライブも不整合が発生し、論理領域が壊れてしまう恐れもあります。

これですが、バックアップ用としてコピーしておくだけでも良くないのでしょうか?(できればCドライブを丸ごとコピーしておきたかったのですが、出来ませんでした・原因不明。)

補足日時:2011/04/10 17:17
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません、補足なんですがCドライブは空き容量はまだ40GBぐらいあるんですが、パーティションがないのです。(Cドライブ一個でまるごと使われている)
なので、これにパーティションを切るには、一度全てのデータを外付けHDDにコピーして、Cドライブをフォーマットしてからじゃないと無理だと思ったんですが、やはり丸ごとコピーは有料の専用ソフトを使わないと無理なんでしょうか?

お礼日時:2011/04/10 17:49

単純に


外付けHDDにシステムファイルを含めコピーしてもバックアップしたことにはなりません。
ブートドライブをBIOS上で設定してもうまくいかないでしょう。
それなりの専用バックアップソフトが市販されていますのでそれを導入するかを検討してください。

仮想ドライブですが、外付けHDDのUSB規格にもよりますが、古いPCのようなのでUSB3.0ではないと判断いたします。
また、仮にUSB3.0のHDDでもPC側のインターフェースが適応してなくては宝の持ち腐れです。
外付けHDDのメーカーによっては独自に開発したソフトにより、仮想メモリを作れる物はありますが、物理メモリ(いわゆるPCに刺さっているメモリ)が512MB+HDDに512MB程度が普通のようです。

質問者様の2GBを割り当てるのは、仮想メモリではなく同じような意味ですがテンポラリーファイルとして一時的に読み込むことはできると思うのですが・・・

で、質問文によると
>今は”利用可能”と合わせると”合計”に近いか、場合によっては合計を若干上回るぐらいシステムキャッシュの値が増えているようです。

もし、そのような事が起きていれば(物理メモリの)PCは極めて不安定でフリーズするのが普通ですので観察している場所が違うと思います。

ただ単純に大容量の外付けHDDを購入してもシステムの性能は必ずしも上がりません。

この回答への補足

ありがとうございます。USBは2.0です。
ネットで、仮想メモリの領域を一時的に別ドライブに移して、その間にCドライブのディスクデフラグをすると、効率的にデフラグできるとの事でしたのでそれをやってみました。そのまま、仮想メモリは外付けHDDのドライブ内に置いたままですが、やはりCドライブに戻そうと思います。

>単純に
外付けHDDにシステムファイルを含めコピーしてもバックアップしたことにはなりません。
ブートドライブをBIOS上で設定してもうまくいかないでしょう。

そうなんですか?ネットで調べたら、やり方を書いてる人もいたように思いますが・・・(ただ、なんだかややこしそうでした。)

>専用バックアップソフト
I・Odataの外付けHDDを購入したのですが、I・Odataさんのサイトで無料のバックアップ用のソフトもDWしたのですが、それを使ってもCドライブ丸ごとコピーはうまくいかないようです。フリーソフトでは無理なんでしょうか?(何かオススメのやつありますか?)

補足日時:2011/04/10 17:30
    • good
    • 0

>仮想メモリが必要になった時にだけ外付けHDDへのアクセスがあり、それ以外の通常時は物理メモリ内だけで処理されるので内蔵HDDへのアクセスを減らせると思ったのですが、



「仮想メモリ」とは、あくまで、PCの「メインメモリ」が不足した際に「仕方なく使うもの」ですよね。

「仮想メモリ」は、「メインメモリ」に比べ数百倍~数千倍遅い訳ですから、出来るだけ使いたくない代物です。

USB接続の外付けHDDでは、更に転送速度が遅くなる為、全体的に速度が悪化します。

今回の主目的である起動ドライブの「仮想メモリをなくしたり、小さくしたい」場合に行う事もありますが、

この場合は、あくまで「メインメモリ」の容量が潤沢にあって、不足する事態が発生しない(仮想メモリを使う必要が無い)場合に限り、「仮想メモリ」を移動させる事で、起動ドライブへのアクセスを減らしOSを軽くしたり、起動ドライブの無駄な消費を抑える目的で行います。

ですから、物理メモリの容量を増やさない限りは、根本的な解決にはならないと思いますよ。

(確かに7、8年使用していると、そろそろクラッシュの危険が現実的ですから、バックアップをしておいて、HDDの換装も視野に入れた方が良いかもしれませんね。)

この回答への補足

ありがとうございます。いい方法かと思ったんですが、外付けHDDに仮想メモリを設定するのはやめた方が良さそうですね。マザボも古くて対応メモリもDDR-SDRAMというやつなので、いっそマザボも替えた方がいいのかもしれませんね。
ところで、一部コピーできなかったファイルがありまして、

AcrF414.tmp
UsrClass.dat
UsrClass.dat.LOG
ntuser.dat
ntuser.dat.LOG
CardSpaceSP2.db
CardSpaceSP2.db.shadow

こういったものですが、これらもなんとかしてコピーしないと、いざという時他のファイルも復元できず意味ないのでしょうか?

補足日時:2011/04/10 17:11
    • good
    • 0

USB接続の外付けHDDは内蔵HDDよりも速度が大幅に落ちます



そのため 仮想メモリを設定しても使用できない可能性もあります

実際に外付けHDD上の仮想メモリが使用される状態になっているかを確認すべきでしょう

なお接続可能であれば、内蔵HDDを外付けHDDへOS付全コピーして、内蔵と外付けを入れ替えるのがベターです

この回答への補足

ありがとうございます。
>OS付き全コピー
これをしたかったのですが、システムファイル?(一部のファイル)はコピーできませんでした。また、Cドライブ丸ごとコピーしようとしたら失敗したようです(原因不明)。
でも、別のアカウントでログインすれば、システムファイル?(ユーザープロファイル)もWindowsの方でコピーできるようですね・・・これもしておいた方がいいでしょうか?

補足日時:2011/04/10 17:07
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仮想メモリのドライブ変更をするメリットとデメリット

CドライブにSSDを使っています。

仮想メモリというものに容量を大量に取られるときいたのでDドライブに移したいのですが、簡単に変えてしまっていいものでしょうか?

Dドライブに仮想メモリを作ればCドライブには必要ないものなのでしょうか?

仮想メモリのドライブ変更のメリットとデメリットなど教えてほしいです。

Cだけの使用ですが
すべてのドライブの総ページングファイルサイズ
最小限 16MB
推奨  12106MB
現在の割り当て 8071MB
となっています。

変える場合はDドライブのカスタムサイズを8000MBくらいとればいいのでしょうか?
(ウィンドウズ7です。搭載メモリは8GB)

Aベストアンサー

メモリが8GBなら普通の使い方なら、仮想メモリなしでいいんじゃないですか。
つくるなら、CでもDでもどちらかでいいです。両方に作るのはあまり意味が無いでしょうね。
SSDに作った方が高速ですが、SSDに頻繁に書き込むことになるので、寿命がそれだけ縮みます。

メモリが足りている限り、仮想メモリなしが一番いいです。とりあえず「無し」に設定して、もし「仮想メモリ不足」のダイアログが出てくるようなことがもしあれば、そのときにSSDに4GBくらい作ればいいんじゃないかな。

Q仮想メモリ&ハードディスクの空き容量の増やし方

mac os 9.2をつかっています。

フォトショやイラレで画像などの処理ができなくなり、「仮想記憶ディスクの空き容量がありません」というエラーがでます。

ソフト自体のメモリは増やしたのですが改善されず、
コントロールパネルのメモリをみましたが、
増やし方がわかりません(汗)

仮想記憶ディスクとハードディスクのメモリの増やし方を教えていただければと思います。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

アプリケーションメモリの不足ではなくて、「仮想記憶ディスク」の領域の不足のように思われます。

PhotoshopやIllustratorで言う「仮想記憶ディスク」は、いわゆる「作業ファイル」を作って利用するディスクのことを指します。Photoshopなどでは扱っている画像のサイズの数倍の容量のファイルをディスク上に作り、作業に使用しています。

こうした作業ディスクは、通常は必要な容量の断片化していない「連続した空き領域」を要求します。ですから、HDDの容量が少なくなっている場合はもちろん、容量に余裕があっても断片化しているHDDではまとまった領域が確保できないため、空き容量を要求するようになります。

そこで対策としてですが、
●不要なファイルを移動やコピーするなどしてHDDの空き領域を確保する
●ディスクユーティリティソフトを利用して断片化を解消する
●空きのある別パーティションを「仮想記憶ディスク」として使用する
 (アプリケーションの環境設定:仮想記憶ディスクで指定します)

このようにすれば利用できるようになると思います。

ではでは。

こんにちは。

アプリケーションメモリの不足ではなくて、「仮想記憶ディスク」の領域の不足のように思われます。

PhotoshopやIllustratorで言う「仮想記憶ディスク」は、いわゆる「作業ファイル」を作って利用するディスクのことを指します。Photoshopなどでは扱っている画像のサイズの数倍の容量のファイルをディスク上に作り、作業に使用しています。

こうした作業ディスクは、通常は必要な容量の断片化していない「連続した空き領域」を要求します。ですから、HDDの容量が少なくなっている場合はもち...続きを読む

Qタスクマネージャのプロセスにある「csrss.exe」はウイルスですか

タスクマネージャのプロセスにある「csrss.exe」はウイルスですか?
メモリは1888k、優先度は高、イメージパスは表示されません。

同様に「dllhost.exe」もあります。

何もしていなくてもCPUが15%~20%動いているのでこれが原因かと思ったのですが、
ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

csrss.exeはWindowsのシステムファイルで、必須なんですが、
その名前で隠れているウイルスもあるんです。

「スタート」ー「すべてのプログラム」ー「スタートアップ」の中にこのファイルがあれば、
確実にウイルスです。csrss.exeの居場所はC:¥Windows¥System32でスタートアップではなく、自動的に動くはず。

心配であれば、ファイルをhttp://www.virustotal.com/jp/にアップロードしてもいいです。

何のソフトも立ち上がってないのに、CPUが動いたら、確かにおかしいです。
早く対応した方がいいと思いますよ。

参考URL:http://www.windowsfiles.jp/fairu/csrss.exe.html

Q外付ハードディスクにソフトをインストールは可能ですか?

Visual Studio 2005とOfficeのAccessをインストールするのに、ノートパソコンの残容量が少ないので、外付ハードディスクを購入し、そこにインストールをしました。
インストールが成功し、2、3日はソフトを使用していたのですが、その後パソコンから異音がし、アクセスランプがずっとついたまま全てのファイルが開かなくなりました。
パソコンが壊れた原因が、外付ハードディスクに無理矢理インストールしたせいでは?と思っているのですが、そもそも外付ハードディスクにインストールすることは可能なのかどうか、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

外付けHDDにソフトをインストールすること自体は故障とは関係ないでしょう。

外付けHDDにインストールして問題になるのは、
 USB等の接続の場合、内蔵HDDより遅い
 PCに接続してないとソフトが使えない為、在駐系ソフト等は問題がある
 ドライブレターが変更するとソフトが使えない
 基本的にレジストリ等を使用している場合、インストールしたPC以外での使用は出来ない。
等です。

ただ、個人的にはソフトを外付けにインストールするのはお勧めしませんね。
やはりデータを外付けにして、ソフトは内蔵HDDにインストールすることをお勧めします。

Q「pagefile.sys」と「hiberfil.sys」のDドライブ移動方法

Cドライブ直下に「pagefile.sys」と「hiberfil.sys」
があって、「pagefile.sys」は、Dドライブに設定できましたが、
休止状態に使う、「hiberfil.sys」は、Dドライブに移動する方法はないですか?Cドライブのバックアップで容量を少なくしたいので、、、、
休止状態は重宝してますので、オフにはしたくないです。

Aベストアンサー

hiberfil.sysは移動出来ない仕様の筈です。
OS起動中に読込ますので、起動ドライブに存在する必要があります。

参考までに下記はW2Kでの記載
http://support.microsoft.com/kb/436728/ja

お使いのバックアップソフトが不明ですが、hiberfil.sysを除外設定にするとか、バックアップ時だけ一旦休止を解除すれば済む話だと思います。

Q外付けHDDにOSはインストール出来ますか?

外付けHDDにWindows7をインストールして起動メニューで外付けHDDを指定してWindows7を使用することは可能ですか?

Aベストアンサー

現在の状態で外付けHDDを取り付け、BIOSの設定(パソコンを起動してすぐのメーカーのロゴが出る画面でF2(メーカーによって異なる場合あり)を押す)を見るか、起動デバイスの選択画面(パソコンを起動してすぐのメーカーのロゴが出る画面でF12(メーカーによって異なる場合あり)を押す)を見てください。BIOSが外付けHDDを起動デバイスとして認識できれば、OSの起動は可能です。インストールできない場合は内蔵HDDと外付けHDDの中のHDDを入れ替えた状態でインストールし、インストール後にまた入れ替えます。ただし、内蔵HDDと外付けHDDの中のHDDの規格が合わない場合はBOOT革命などの専用ソフトが必要ですが、まだWindows 7には対応していないみたいです。

QPC動作速度とHDD空き容量の関係

PC初心者です。よろしくお願いします。

Cドライブの容量が少なくなると動きは遅くなりますか?
Dドライブの空きが多いだけでは問題でしょうか?
スワップと関係があるのでしょうか?

教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

No3です。
読み書きの問題とは、物理メモリとHDDでは、読み出し、書き込みの速度が、
HDDの方が遅いということです。

意味は、通じますが、記述は正確に書きましょう。
「Cドライブの容量が少なくなると」は、
「Cドライブの空き容量が少なくなると」ですよね。
それとも、動作中にCドライブの容量が変化して、
少なくなるのですか。

仮想メモリの管理で、ページング方式を、よく理解していない回答が多いようですが、
物理メモリが32ビットの最大の量(3.5GB)でも、ページングファイル(仮想メモリ)は、
使用されます。
仮想メモリ空間と物理メモリ空間の対応付は、システムが管理します。

物理メモリが不足すると、スワップが発生します。
アプリソフトのメモリ使用量が多いと、スワップが発生するということです。
3.5GBでも、アプリソフトが利用できるのは、2GBまでですから、アプリソフトが、
それ以上のメモリを使用すれば、スワップが発生します。

「高速化-05 [ Dドライブ利用 ] 編 」の、「パソコンの中に搭載されているメモリのことを [物理メモリ] といいますが、作業中その [物理メモリ] の容量が不足すると一時的にデータをハードディスク上に待避させ、搭載容量以上のメモリ領域が利用出来るようになります。」では、

「搭載容量以上のメモリ領域が利用出来るようになります」は、スワップの発生とは関係ありません。
スワップが発生しなくても、利用しています。
データをハードディスク上に待避させるのは、その空いた、物理メモリ上に、動作中の、
ソフトをロードするためです。

また、1つのHDDをパーティションを切ってDドライブとしている場合は、
Cドライブの外周側に、Dドライブを作成しないと、かえって遅くなりますし、
意味が有りませんので、別のHDDに移動させましょう。

初心者とのことなので、なかなか理解は無理でしょうが、
仮想メモリは、スワップが発生しなくても、利用しています。
HDDの空き容量とスワップの発生は、関係ありません、物理メモリの搭載容量で決まります。
仮想メモリを確保できない場合は、システムが警告します。

仮想メモリの最小と最大を同じに設定すれば、起動時に確保されます。

質問が、あいまいなので、回答は難しいのですが、
ページファイルを含めて、システムが使用する容量以下のHDDの空き容量の場合は、
動作しませんし、それ以上の空き容量の場合は、動作の速度は変わりません。
また、停止するような空き容量になる前に、システムは警告します。

ある程度の空き容量が有る場合は、PC全体の処理速度は、物理メモリの搭載容量で決まります。
また、ある程度の搭載容量(2GB)の場合は、その物理メモリを占領する、余分なソフトが原因です。
余分な、常駐ソフトは有りませんか、使用しないサービスを起動していませんか、
32ビットの場合は、アプリソフトが利用できるのは、2GBです、その容量を有効に、
利用しましょう。
メモリ上にロードしてないと、CPUは動作できません。

メモリとHDDでは、アクセスの速度が大きく異なります。
その遅いHDDにアクセスする必要を少なくするようにすることです。

そのうえで、HDDの読み書きが遅くなる原因をなくしましょう。
断片化の解消とか、HDDを増設して、ページファイルを移動するとかです。
HDDをSSDに換えるのも、効果はあります。

No3です。
読み書きの問題とは、物理メモリとHDDでは、読み出し、書き込みの速度が、
HDDの方が遅いということです。

意味は、通じますが、記述は正確に書きましょう。
「Cドライブの容量が少なくなると」は、
「Cドライブの空き容量が少なくなると」ですよね。
それとも、動作中にCドライブの容量が変化して、
少なくなるのですか。

仮想メモリの管理で、ページング方式を、よく理解していない回答が多いようですが、
物理メモリが32ビットの最大の量(3.5GB)でも、ページングファイル(仮想メモリ)は、
使用さ...続きを読む

QUSBメモリにページファイルを設定したい

USBメモリにページファイルを設定する方法について質問です。
これをやる元々の理由は、使用中のノートPCが5年を経過してきたのでハードディスクの負担を軽減させたいと思ったからです。
ブラウザーFirefoxやメーラー、その他複数のソフトを立ち上げて作業していて、ウィンドウの切り替えやブラウザーのタブ切り替えで激しくカラカラ~とHDDへアクセスしていてしばらくPCをさわれない状態になります。HDDの寿命が縮むのではないかと冷や冷やしています。
OSはWinXP Pro SP2、メインメモリーは4GB積んでいます。
数日、ネットでググり続けて見つけたサイト、ブログを参考に以下のことをやりました。
・TDK製のUSBメモリ8Gを購入。
・「パフォーマンスのために最適化する」に変更してFAT32からNTFSでフォーマット。
・「Hitachi Microdrive Filter Driver」というツールを手に入れて、
  USBメモリを「ローカルディスク」と認識させることに成功。
と、ここまでできて、いよいよUSBメモリにページファイルを設定するのですが、設定自体は残っているのですが、再起動してもUSBメモリにpagefile.sysが作成されておらず、「システムのプロパティ」の「仮想メモリ」項目を見てもUSBメモリに設定した分の容量が含まれていません。よって、USBメモリの空き容量も減っておらず7.2GBほどフルで空いています。
ネットでさんざんさがして参考にしたサイトやブログでもUSBメモリを「ローカルディスク」と認識させるところまででみなさん成功されているようで、自分の場合、何がいけないのか、何が足りないのか、わからず困っています。
USBメモリにページファイルを設定できた方、成功した方がいらっしゃれば、考えられる理由や方法があればお教え願えないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

USBメモリにページファイルを設定する方法について質問です。
これをやる元々の理由は、使用中のノートPCが5年を経過してきたのでハードディスクの負担を軽減させたいと思ったからです。
ブラウザーFirefoxやメーラー、その他複数のソフトを立ち上げて作業していて、ウィンドウの切り替えやブラウザーのタブ切り替えで激しくカラカラ~とHDDへアクセスしていてしばらくPCをさわれない状態になります。HDDの寿命が縮むのではないかと冷や冷やしています。
OSはWinXP Pro SP2、メインメモリーは4GB積んでいま...続きを読む

Aベストアンサー

「コンピューター」を右クリ→「システムの詳細設定」→「詳細設定」タブ→「パフォーマンス」で「設定」をクリック→「パフォーマンスオプション」で「詳細設定」タブ→「仮想メモリ」で「変更」をクリック

ここまでは出来ているのですよね?

Cドライブの仮想メモリを「なし」にしましたか?
「なし」にしないと、こちらを優先して足りなくなってから別ドライブに行きます。
まだなら「なし」にしてください。

次に、USBメモリのドライブをクリックして青く反転させます。
空き領域をよく確認して、メモしておきます。
「カスタムサイズ」にチェックを入れ、「初期サイズ」「最大サイズ」共に空き領域サイズを記入。
横の「設定」をクリック。

Qハードディスクをメモリーに??!!

つかぬ事をお聞きしたいのですが、ハードディスクの空き容量をメモリーとして使うことができると聞いたのですが、もしわかる方がいらっしゃいましたら、やり方など詳細を教えていただきたいのですが、どなたかよろしくお願いします☆

Aベストアンサー

設定してもいいですけれど、全部のドライブに仮想メモリを設定しなくてもいいのですよ。
所詮ハードディスクですから実メモリほどの効果は得られませんよ。あくまでもメモリ不足をなんとかしようとする苦肉の策なのですから...
マザボのメモリ空きスロットの数にもよりますが、素直にメモリを増設されるのが良いと思います。
マザボがDualチャネル対応ならば2本及び4本を、それぞれ同型番、同チップ、同容量のものを利用されると多少ですが高速化が図れます。

Qページングファイルの設定の保存場所について

仮想メモリの設定についての情報が保存されているファイルorレジストリのは何処なのでしょうか?

HDDを換装しようと思い、新しいHDDに環境移行ソフトを使ってドライブをコピーしました。しかし、ログインすると「仮想メモリが限界です」とエラーが出てしまいます。セーフモードでも同様の状態になります。おそらく設定がされていないために起こるのでしょうがログインできないので変更できません。そこで、元のHDDに設定をコピーすればと思ったのです。

Aベストアンサー

下記のレジストリキーです。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management
PagingFiles  REG_MULTI_SZ  C:\pagefile.sys xxxx yyyy
(REG_MULTI_SZ:複数行文字列値。xxxxが最小値、yyyyが最大値。)


人気Q&Aランキング