いま45センチ水槽を買ってセットしたばかりなのですが、コリドラスしかいないので、底のほうでしか活動してくれないので、さみしいです。そこで、新しく熱帯魚を追加したいと思っています。今の飼育状況だと混泳させて複数の種類の魚がいる水槽にできるでしょうか。もしできるならば、小型の熱帯魚で、単独か2匹での飼育可能な種類を教えてください。

飼育環境は
水槽     レグラス450  45×32×30
ヒーター   60センチ水槽用
ライトあり
底砂     0.3~0.8mm
水草     アヌビアス・ナナのみ
コリドラス  ステルバイ×1 ジュリー×1 アエネウス×1 パンダ×4
レッドラムズホーン×2  カラーサザエ×3
です。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

グラスキャットなら問題ないです。

一緒にテトラと飼っていましたが性格は温和です。ただ、元々集団で泳ぐの魚なので単独だとすぐに死んでしまう可能性もあります。なので、できれば3匹以上で購入してください。テトラと一緒に入れると水槽がとても綺麗になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

グラスキャットは大丈夫でしたか。ありがとうございます。とても参考になりました。

お礼日時:2011/04/12 16:51

http://webaf.biz/cat7/ テトラ

http://webaf.biz/2006/10/post_91.html ラスボラ

http://webaf.biz/medaka/ モーリー

http://www.aztv.gr.jp/azv18/pkg/medaka/index.html モーリー

バルーンモーリーやブラックモーりーなどは品種改良されたメダカの仲間です。単独でも2~3匹でも問題ないです。ただし、上のテトラなど小さいものと一緒にはいれないで下さい。口に入るものなら食べちゃいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。とても参考になりました。
グラスキャットなどの不思議なお魚は、テトラたちとは相性がいいでしょうか?

お礼日時:2011/04/11 17:09

自分なら、この水槽の中ならグローライトテトラ、ブラックネオンテトラ、カージナルテトラ、レモンテトラ、プリステラ、ラミノーズテトラなどのテトラ系を持ってきます。

アナバス科のグラミーなども考えましたが、のおとなしい性格であまり大きくならない物はちょっと飼育が難しいです。他のグラミーは大きくなり性格が粗くなります。あとは、コイ科のラスボラへテロモルファーが性格も良く、コリドラスにとても相性が良い魚と知られています。飼育もテトラより楽かも知れません。なので、このコイ科のラスボラ・へテロモルファーをオススメします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。グローライトテトラというのは聞いたことがありませんでした。検討して見ます。
質問ですが、モーリーは単独飼育可能でしょうか。

お礼日時:2011/04/10 21:36

私もコリドラス大好きでした。

 底に落ちたエサを綺麗にしてくれるのが特に^^
今は熱帯魚かって居ないんですが、当時はベタを入れていました。
※ベタは単独でないとケンカをしてしまします。

あとは単独では寂しいという場合はネオンテトラやカージナルテトラなんかも相性が良いです。
テトラ系のお魚は小さいですが綺麗ですから私は好きでした。

テトラは繁殖が難しく増えることはほとんどないはず!
グッピーというのもありかもしれませんが、繁殖します・・・

エンゼルフィッシュなんかは大きくて綺麗ですが、肉食?でなんでも食べてしまうのがネック
小さい物は食べられてしまいます。ですが、コリドラスは食べないはずです。

しかし例外もあるかもしれませんので購入の際は店員にすでに入っているのを伝えてご確認を。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ネオンテトラは導入してみたいと思います。
モーリーやトランスルーセントグラスキャットは単独飼育可能でしょうか。

お礼日時:2011/04/10 20:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q底にたまる、熱帯魚のえさ残りの処理法

はどうしてますか?

水変え時に舞ってしまって大変なんです.

水も澱んでしまってますし・・・.

魚がかわいそうなんです.

お願いします.

Aベストアンサー

水がよどんでしまう...びっくりしました。
確かに、餌のパッケージの表示に従えば、そんなことも起こるでしょう...
でも、それが何かおかしいとお気付きになったため、ご質問されたのでしょうね。

まず、餌の与えすぎです。

例えば、餌のパッケージに書いてある「3~5分で魚が食べきる量」とは、餌が沈むまでに魚が食べ尽くしてしまうことが前提で、
人間が極少量ずつ落とし込んでいく場合の時間です。

底に溜まってしまう=水質が悪化するので、絶対にやってはいけないという認識の元に
プロのブリーダー達が行う餌のやり方(時間)がそのままパッケージに書かれています。
この餌のやり方は、苦痛だと思われる方が大半ではないか...と私は思います。

例えば、テレビで養殖の餌やりのシーンを目にされたことはありませんか?
バサーバサーと大量の餌を撒いているところです。
あれ、大量に底にヘドロが蓄積してしまいます。
病気発生の原因となるので、業者は数年毎に海域を移動したり、淡水や汽水ならば、捨てて別の場所に新たに養殖池を作ります。
(いずれも、水産の世界では問題視され研究されています)
こういう餌のやり方を、小さな閉鎖空間である水槽の中でやって良いわけがありません。

成長速度を最大に高める必要性...というものがなければ、遙かに少量の餌で魚は生きていくことが可能です。
魚のお腹を良く見て、数週間、餌の量を減らしてもへこんでいなければそれで良しとする考え方が楽で現実的な対応だと思います。
実際、一般的な家庭では、その程度の方が長生きするのではないでしょうか?


次に、底に溜まった餌が、自然に分解されていかないのが問題です。
底床を敷いて、濾過の良好な環境を作り上げれば、有機物を分解する微生物が増えてきます。
濾過を担当するバクテリアを硝化バクテリアと言いますが、残り餌は高分子有機物で、まだまだ硝化バクテリアが分解出来る状態ではありません。

魚を飼うとは、こういった分解者である、バクテリア,微生物ごと飼うとの意識を持ってください。
餌がカビてしまったり、1日経って残っているようなら、このような環境は実現できていません。
1日しないうちに残り餌が溶けるように消える...ようになります。
ただし、通常、水槽立ち上げから数ヶ月しないとこの状態に持っていくことはできません。


上記の対策が第一ですが...
それでも、どうしても底に落ちてしまう餌を、他の生物によって食べて貰う...という方法もあります。
コリドラスという昔ながらの答えがあるのですが、コリドラスは意外に大食漢なうえ、集団生活を好む(落ち着く)魚なので、
残り餌のみでやっていく環境では、あまり向いていません。
更にナマズ類の骨格的な問題から、お腹の状態が普段の観察では分かりづらく、
ついつい餓死させてしまうケースが起こりやすいこともあります。
これを仕方ないと言ってしまうのは、私は観賞漁業界の人間ではないため、何の損害も受けないのでしません。

個人的に向いていると思うのは、クーリーローチなどのドジョウの仲間でしょうか。
また、レッドラムズホーンという貝も、残り餌掃除にとても向いています。
ただ、レッドラムズホーンは、アルカリ性,高硬度の環境では大爆殖することがあるため、注意が必要です。
魚がゼリー状の卵を見つけて食べてくれるなら増えませんが...

水がよどんでしまう...びっくりしました。
確かに、餌のパッケージの表示に従えば、そんなことも起こるでしょう...
でも、それが何かおかしいとお気付きになったため、ご質問されたのでしょうね。

まず、餌の与えすぎです。

例えば、餌のパッケージに書いてある「3~5分で魚が食べきる量」とは、餌が沈むまでに魚が食べ尽くしてしまうことが前提で、
人間が極少量ずつ落とし込んでいく場合の時間です。

底に溜まってしまう=水質が悪化するので、絶対にやってはいけないという認識の元に
プロのブリ...続きを読む

Q飼えるアロワナはいますか?

以前から「アロワナ」を飼いたかったので水槽(90×45×45)を購入しました。
水槽を買う前にアロワナを飼いたいことを店の人に言ったところ、「水槽より大き
く育つことはないので、この大きさの水槽で大丈夫です」と教えてくれました。
しかし、インターネットでいろんな「アロワナ」のページを見ると、最低でも
(120×60×45)の水槽が必要になると書いてありました。
まだ「アロワナ」は購入していないのですが、今のままの水槽で一生涯を育てて
あげられる種類はいますか?
もし、いなければ「アロワナ」は飼わないようにしようと思っています。
ちなみに初心者なので「ブラックアロワナ」は飼育が難しいですよね???

Aベストアンサー

 こんにちは。
 90×45×45×の水槽でのアロワナの飼育ですが、短期的に考えるれば飼育できないことはありませんが、長期的に見ると難しいですね。シルバー・アロワナやアジア・アロワナではやはり最低でも120×60×45の水槽は欲しいところでしょう。欲を言えば180cm水槽なら尚理想的ですが、一般家庭では現実的な話しではありませんので、120cmがより現実的でしょう。これでも妥協策だとは思うのですが。因みにアロワナ飼育の水槽にはあまり高さは必要ありませんので、高さは45cmでも問題ありません。幅と奥行きが重要です。
 30cm程度までのアロワナであれば、90cmでも問題ありません。しかし、アロワナは成長が早く、大きく育ちますので、最初から大き目の水槽で飼育するのが無難です。ある程度大きく育ったアロワナを別の水槽に移すのにはそれなりのリスクが伴うからです。魚に精神的なダメージを与えてしまいますし、網ですくう際にはしばしば鱗がはがれてしまうなど、魚体に傷をつけてしまう可能性が高いからです。
 また、シルバー・アロワナでは餌の与え方や飼育環境によっても違いは出ますが、順調に育てば簡単に60cm、70cmと大きくなってしまいます。それも目に見える相当な早さで。60cm以上の魚を90cmの水槽で飼育するというのは、クジラを25mプールで飼育するようなものではないでしょうか。狭い水槽の中を窮屈そうに体を丸めている魚を見るのは飼育者としても忍びないのではないでしょうか。シルバー・アロワナはその体が柔軟なため、多少狭い水槽でもある程度の対応はできますが、その場合、いろいろと魚に障害が出てきやすくなります。よく言われているのが、特にシルバー・アロワナを狭い水槽で飼育した際に見られる、アロワナのエラが外側にめくれてしまう症状です。狭い水槽で大型の肉食魚を飼育していると水質の悪化も早くなりますから、その辺が原因だと思われます。あと、下顎が突出する症状、目玉が下の方に向いてしまう症状など、魚の生命に関わらないとしても、見た目の悪いアロワナに成長してしまいます。
 また、アロワナは普通に飼育していれば、何十年と付き合えるはずの魚です。狭い水槽での飼育はこの魚の寿命を相当に縮めてしまう可能性が高く、一生涯の飼育は無理でしょう。
 その点では、ブラック・アロワナはアロワナの仲間の中でも45cmから50cmくらいとそれほど大きくならないので、90cm水槽でも飼育可能な唯一のアロワナです。ただ、ブラック・アロワナはとても神経質な魚で、水質の悪化にも強くはないので、何かのはずみで水槽に激突したり、ガラス蓋に衝突する可能性が高い種類です。できるだけ静かな環境を用意してやり、水槽内に水草を多く植え込んで落ち着いた雰囲気を演出して、定期的な換水の実行により安定した水質の保持に努めれば(これはどんな魚にも当てはまることですが)、決して飼育の難しい種類ではないと思います。ただ、幼魚のうちはかなりデリケートですので、水質管理や水温管理、餌やりなどには細心の注意を払ってください。20cmくらいまで成長すればその後は比較的順調に成長することと思います。私も実際、12年前に初めてアロワナの飼育を始めた時、手を出したのがブラック・アロワナで今も健在です。また、ブラック・アロワナは幼魚のうちはその名前の通り美しいブラックですが、成長していくにしたがって黒色は消えていき、何とも言えない渋い体色に変わっていきます。しかし、その成長過程に見せる微妙な体色の変化は他のアロワナでも味わえない奥深さがあります。

 こんにちは。
 90×45×45×の水槽でのアロワナの飼育ですが、短期的に考えるれば飼育できないことはありませんが、長期的に見ると難しいですね。シルバー・アロワナやアジア・アロワナではやはり最低でも120×60×45の水槽は欲しいところでしょう。欲を言えば180cm水槽なら尚理想的ですが、一般家庭では現実的な話しではありませんので、120cmがより現実的でしょう。これでも妥協策だとは思うのですが。因みにアロワナ飼育の水槽にはあまり高さは必要ありませんので、高さは45cmでも問...続きを読む

Q90cm水槽にどんな熱帯魚いれる?

あなたの水槽の中身を教えて下さい。もしくは、希望でもOKです。何でも聞かせて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。楽しそうな質問ですね。

私の場合は90cm水槽を玄関に置き、ピラニア数匹を入れてました(^^)
ピラニア(ピラニア・ナッテレリ)はお店では3cmぐらいの
稚魚(まるでフナみたい)で売っているのですが、
餌を与えれば与えるだけ大きくなるかのような成長ぶりで、
あっという間に皆さんご存知の姿になります。

餌を水槽に落とすと、あの独特の旋回泳ぎが見れるし、
腹部の発色(オレンジ色)もなかなか綺麗なもんです。

他の熱帯魚も飼ったことがありますが、私の中で
ピラニアに勝てるものはありません(^^)

いずれ、大きな水槽でピラニア好きの憧れ、
ブラックピラニアやイエローピラニアなども飼育してみたいです。

Q熱帯魚を水槽に入れるまでの日数

熱帯魚を飼おうと思って飼育セットを購入しました。
ペットショップで、その日のうちに熱帯魚買おうとしたら
今日、水を張って準備して、1週間後に来て下さいと
店員に言われました。友人に言ったら、友人は1日でも
大丈夫だよと言ってました。
やはり店員のいうとおり1週間後に熱帯魚を
水槽にいれるのが最適なのでしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

熱帯魚のお店の方は、親切な方だと思います。

水槽をセット。
・水槽やフィルタなど、ゴミやほこりを水で洗います。
(水だけで洗う、洗剤などは禁止です。)

・砂利を水だけで洗う。
(水だけで洗う、洗剤などは禁止です。)

・水槽に砂利を入れます。

・フィルターをセットします。

・ヒータをセットします。(電源は水を入れてからです。

・水温計や小物(流木や石などの小物)

・水槽に水を入れて、フィルターのポンプとヒータの電源を入れる。

水温が25度ぐらいで水を回します。
☆水はあらかじめカルキを中和する薬を適量いれたものを使います。

☆ウォーターコンディショナーや水をアンモニアを分解する
バクテリアなどあります。

☆麦飯石溶液を入れるのも手です。
http://www.flex-web.com/
Flex社のWebサイトです。

○さて、3~4日水を回して水がなじんだ頃、水草を入れると
良いかもしれませんね。
この時に照明を点けると良いと思います。

さあ、7日経ってお魚を。
熱帯魚を入れる段階で注意しなくてはいけない事があります。
☆袋ごと水槽の水に浮かべて30分~1時間待ちます。
(温度を合わせます。)

☆袋を開けて、数回に分けて水槽の水を少しずつ入れます。
(時間をかけて、水質を合わせます。)

☆袋ごと、水槽の水に沈めて(浸けて)、
お魚が自分から出て行くのを待ちます。

(金魚もメダカもお魚全部にあてはまります。)
本当に管理するとなると、トリートメント水槽を準備するのが、
良いのでしょう。

☆☆☆水槽をセットして、お魚を入れてから1ヶ月間が肝心です。
水が白濁したりします。
それから、排泄物やエサの残飯が、水質悪化につながります。
硝化バクテリアも、あまり機能しないでしょうから、
1ヶ月過ぎるまでは、細心の注意をして見守ってください。

さて、友人さんの1日でもと言うのは、
やはりカルキ抜きの薬や水質のコンディショナー使い
水質の安定をはかりされているのでしょう。

でも、お魚さんにはキツイ環境になりますね。

熱帯魚のお店の方は、親切な方だと思います。

水槽をセット。
・水槽やフィルタなど、ゴミやほこりを水で洗います。
(水だけで洗う、洗剤などは禁止です。)

・砂利を水だけで洗う。
(水だけで洗う、洗剤などは禁止です。)

・水槽に砂利を入れます。

・フィルターをセットします。

・ヒータをセットします。(電源は水を入れてからです。

・水温計や小物(流木や石などの小物)

・水槽に水を入れて、フィルターのポンプとヒータの電源を入れる。

水温が25度ぐらいで水を回します...続きを読む

Q45cm水槽で中型熱帯魚を飼いたいのですが・・・

初めまして。
先日、ペットショップで何気なく熱帯魚コーナーを見ていたらプレコを発見しました。(セルフィンのベビーです)
とても可愛いので店員さんに成魚の大きさを聞いたら「40cmくらいです」との回答でした。
現在、45x30x36の水槽とヒーター&上部フィルターはあります。
いろいろな方のプレコHP(プレコに限らず?)を見させていただきましたが、「成魚まで大きくなる」と言う回答と、「水槽の大きさで成長が止まる」という回答の2パターンがありました。
実際にセルフィンを45cm水槽で育てていらっしゃる方はいますか?
また、プレコは無理となった場合に、45cm水槽で育てられる中型熱帯魚(ゆっくり遊泳するもの、又はナマズ系)はいますでしょうか?
どうか教えてください。

Aベストアンサー

「水槽サイズに合わせた成長をする」と言うのは、嘘でもあり、本当でもあります。

人間を例にすれば、この頃、嫌でも耳にする幼児虐待で、
食事を極端に制限されたり、時には何ヶ月も与えられずに、狭い部屋に押し込められて育った子が、
中学生の年齢でも、外見は小1程度しかない、なんて聞きますよね?

人間は、環境によっては、本来の大きさよりかなり小さくなってしまうけれど、
どんな環境でも、生きてさえいれば12,3歳なら、100cmは超えると言うことですね。

魚も同じ事です。

「どんな環境でも、ここまでは育つ」と言うラインがあり、それ以下にはどうしたってなりません。

また、45cm水槽との事ですが、実際には、奥行きがその水槽のサイズだと思ってください。
横が45cmあっても、方向転換に使える長さは奥行きまでです。

残念ながら、セルフィンの成長最低ラインは30cmを超えます。
45cm水槽で、寿命まで飼いきることは不可能です。


実際に45cmで変える中型魚ですが、
遊泳性の低いもの、つまり、待ち伏せ型の肉食魚なら、20cmサイズくらいは飼いきることは可能だと思います。
プレコは意外と泳ぎますので、それなりの広さでないと、プレコ飼育に必須の流木などで怪我をします。
ゼブラなどの小型プレコなら十分可能ですね。

お勧めは、上記に反しますが、レインボースネークヘッド。
あの外見は好き嫌い別れると思いますが、人なつっこく、主人も見分けます(異論あり)。
隙間があると飛び出してしまう困った奴ではありますが、
飼い込んだレインボーの美しさはため息ものですよ。

「水槽サイズに合わせた成長をする」と言うのは、嘘でもあり、本当でもあります。

人間を例にすれば、この頃、嫌でも耳にする幼児虐待で、
食事を極端に制限されたり、時には何ヶ月も与えられずに、狭い部屋に押し込められて育った子が、
中学生の年齢でも、外見は小1程度しかない、なんて聞きますよね?

人間は、環境によっては、本来の大きさよりかなり小さくなってしまうけれど、
どんな環境でも、生きてさえいれば12,3歳なら、100cmは超えると言うことですね。

魚も同じ事です。

「...続きを読む

Qたまに水替えしてのショックよりも頻繁な水替えできれいな水にした方が良い?

素朴な質問です。
まだ2~3ヵ月のビギナーですが、よろしくお願い致します。
水槽は30cmと20cmの小さいものばかりです。

最初の頃、2週間以上に一度ぐらい1/4の水替えしてたのですが、
エビがよく☆になり、クラウンキリーやスカーレットジェムやパンダが☆になりました・・・。
(水ができてなかったのかもしれませんが)

ある時、ここのある方のアドバイスで、
「魚に水を合わせるんじゃなくて、それぞれの水槽(水質)にお魚をなじませる(合わせる)て考えた方がいいよ。」
と言われてから、毎日きれいな水を1/4入れ替えています。

それからは魚、エビ(の動き)がとても安定しているように見えて、
今のところ死魚が一匹も出ないようになりました。
水替えにも、魚は「また来たか」て感じで(魚の気持ちは、わかわないけど・・・)、毎日の行事にしています。

たまの水替えペースのために、水が汚れてしまうより、あるいは、その時に水質が突然変わり、ショックを与えるよりも、、、
頻繁な水替えできれいな水になるべくしていた(これも魚にとってショックを与える)方が良いのでしょうか?

でも、頻繁な水替えはバクテリアを減らしていることなので
良くないのかな・・・とも思うのですが、、、

いまのところ(水替えしなかった時よりも)調子いいですが。。。?

わかりずらい質問、書き方で申し訳ありません。

素朴な質問です。
まだ2~3ヵ月のビギナーですが、よろしくお願い致します。
水槽は30cmと20cmの小さいものばかりです。

最初の頃、2週間以上に一度ぐらい1/4の水替えしてたのですが、
エビがよく☆になり、クラウンキリーやスカーレットジェムやパンダが☆になりました・・・。
(水ができてなかったのかもしれませんが)

ある時、ここのある方のアドバイスで、
「魚に水を合わせるんじゃなくて、それぞれの水槽(水質)にお魚をなじませる(合わせる)て考えた方がいいよ。」
と言われてから、毎日き...続きを読む

Aベストアンサー

>「魚に水を合わせるんじゃなくて、それぞれの水槽(水質)にお魚をなじませる(合わせる)て考えた方がいいよ。」

http://question.excite.co.jp/qa3160343.html
↑これでしたよね?
別に毎日の水替えを推奨したつもりはないのですが...
でもまあ、毎日の水替えというのも、ひとつの維持手法ではあります。
水質の変動幅が小さく、少量の換水の条件であれば、
濾材や底床にしっかりとバクテリアが根付いていますので、成り立ちます。
それが結果として良好に働いたのでしょう。

ただ、そんなことをしていると疲れるんですよね...
もうちっと、論理的にいきたいところです。
===========================

ビギナーなら「正しい水替え」を知りたいところでしょう。
が、「正しい水替え」って、どこのサイトさんでも詳しく解説されていないんですよ。
私としても、解説できるかな?なんて思ったのですが、ほぼ飼育法全てを解説するほどのもの凄い分量になります。
なので、さわりだけは説明させて頂きます。

■水替えする目的
(1)pH(アルカリ度)を適正範囲に戻す。
(2)水の濃さ(浸透圧,硬度etc.)を適正範囲に戻す。
(3)余剰汚泥の除去。
(4)微量元素の補給。
(5)飼育水の富栄養化を防止。(コケの栄養源を取り除く)
<特別なケース>
(6)アンモニア,亜硝酸を除去。(水槽立ち上げ時など濾過不足の場合only)

≪残り餌,排泄物→アンモニア(猛毒)→亜硝酸(有毒)→硝酸(ほぼ無毒)≫
というのが生物濾過の構図ですが、最終生成物の硝酸はpHを酸性に傾けます。
水棲生物には生物毎に、生存可能なpHの範囲があり、その範囲を外すと体調を崩し、死んでしまいます。
そこで、pHを定期的に計測しながら、硝酸(塩)の蓄積を追っていくわけです。

この時の前提条件として、水槽内に水質を変化させるようなものを入れないことが挙げられます。
水質を安定化する底床,濾材は全部NG。思わぬ水質急変を引き起こすキッカケとなり得ます。
現実として、水質を変化させるもの(特に底床)は沢山あるわけですが、
それを使用する場合、それぞれの性質を熟知して使う必要があり、
特に不都合な環境を引き起こすトリガー条件を把握する必要があります。
これは、いちいち解説していられません。ゴメンネ。

基本的に水道水はアルカリ性(1日放置して計測)で、餌が硝酸塩に変化することにより、pHは徐々に低下します。
ある程度下がったら、水替えでpHを引き上げます。
この下がる周期が個々の水槽の水替え周期と言えますね。(あくまで基本)

期間が経つと、pHの下がる周期が早くなってきます。
これは硝酸が硝酸塩として濾材や底床に入り込んでいるためだと思われます。
よって、水を換えてpHを上げてもすぐに硝酸が溶け出してpHを下げるわけです。
ここで、底床クリーナーで掃除,もしくは軽くリセットを掛け、硝酸塩を洗い流すと、またpHの下がる速度が遅くなります。

もう一つは、水の濃さです。
餌をやることで、様々な物質が水の中に溶け込み、水は濃くなっていきます。
魚は飼育水の浸透圧に合わせて適応していきますが、濃くなり過ぎると代謝機能が不健全化します。
で、水替えで濃くなり過ぎた飼育水を薄めてやることになります。
この時、大量換水で、あまり濃度差を付けてしまうと、魚が急激な変化に対し、
浸透圧の調整に対応しきれず、細胞が破壊され大やけどと相成ります。

--
ついでに、複合パターンの一例を出しておきます。
底床に大磯砂を使っていたとします。
未処理の大磯砂にはサンゴや貝殻が入っていて、主成分が炭酸カルシウムです。
ここに硝酸が加わると、炭酸カルシウムと硝酸が反応して、硝酸カルシウムが生成されます。
すると、本来、硝酸が増えたことにより下がるはずであったpHが下がらずに弱アルカリ性で固定されます。(pHの緩衝作用)
その代わりに、カルシウムの溶出により全硬度GH(これも濃度を示す一指標)が上昇します。
この場合、GHの動向を追うことで、水替えを行うことが出来ます。

まあ、こんな感じで、水槽内の状況を推測していくことができるわけです。

なお、pHを単発で計測しても、それほど意味はありません。
雑誌に最適pH6.5~6.8と書いてあるからと言って、そこに合わせる必要などないわけです。
pH7.5であっても、魚が調子良ければ、全く問題ありません。
しかし、継続してグラフ化して変化を追っていくことで、異変を事前に察知することができるようになります。

そのうち、魚よりもさらに生育条件が厳しい水草の育ち具合や、泡の消え方、
魚の様子,貝の様子などで、徐々になんとなく水槽内の状態を掴めていけます。
「数値に拘りすぎると良くない」とも言われますが、目安となる物差しがないと、経験も蓄積していかないということです。

さわりだけでしたが、pHベースの飼育法でした。
週○回1/○の換水なんていう、初心者仕様の水替え方法からの脱却です。
取り敢えずは、pHを定期的に計測していくことでしょう。
ペーパーでは大まかな数値が取れないので、試薬かpHメーターをお求め下さい。
http://aquamindlaboratory.com/products/new.html
pHが予定より下がった時だけ水替えすれば良いので楽ですよ。

>「魚に水を合わせるんじゃなくて、それぞれの水槽(水質)にお魚をなじませる(合わせる)て考えた方がいいよ。」

http://question.excite.co.jp/qa3160343.html
↑これでしたよね?
別に毎日の水替えを推奨したつもりはないのですが...
でもまあ、毎日の水替えというのも、ひとつの維持手法ではあります。
水質の変動幅が小さく、少量の換水の条件であれば、
濾材や底床にしっかりとバクテリアが根付いていますので、成り立ちます。
それが結果として良好に働いたのでしょう。

ただ、そんなことをし...続きを読む

Q60センチ水槽でオスカーは死ぬまで飼育できますか?(1匹)

60センチ水槽でオスカーは死ぬまで飼育できますか?(1匹)

もしできるなら、水槽内、器具について教えてください。

Aベストアンサー

60cm標準(幅60×奥30×36cm)でオスカーを飼育している人は、結構沢山います。
60cm標準水槽でオスカーを一匹だけで飼育した場合、10年以上は生きるので、充分な長期飼育は可能だと思います。

ただ、オスカーが30cm近くに成長すると奥行き30cmの水槽だと、はやり狭いらしく尾ビレにスレや傷が目立つ個体が多いと思います。
オスカーの飼育水槽ならば60cmでも幅と高さが45cmのワイドタイプ(幅60×奥45×45cm)の方が良いと思います。
ワイドタイプならば管理は難しくなりますが、2匹までならば飼育可能だと思います。
60cm水槽ならば、清掃も楽なので、薄く底砂を敷いても良いと思います。
底砂は、水槽底面からの反射が防止でき、魚が落ち着きます。

・水槽:60cmワイドタイプ
http://store.shopping.yahoo.co.jp/chanet/13673.html
・濾過器:エーハイム2217
http://store.shopping.yahoo.co.jp/chanet/45560.html
または
http://store.shopping.yahoo.co.jp/chanet/45561.html
・照明:60cm用で好きな物・・・
http://item.rakuten.co.jp/chanet/11974/
または
http://item.rakuten.co.jp/chanet/11975/
それ以外に、毎分3リットルクラスのエアポンプ、チューブ、エアストーン、底砂などの一般的な水槽設備。

60cm標準(幅60×奥30×36cm)でオスカーを飼育している人は、結構沢山います。
60cm標準水槽でオスカーを一匹だけで飼育した場合、10年以上は生きるので、充分な長期飼育は可能だと思います。

ただ、オスカーが30cm近くに成長すると奥行き30cmの水槽だと、はやり狭いらしく尾ビレにスレや傷が目立つ個体が多いと思います。
オスカーの飼育水槽ならば60cmでも幅と高さが45cmのワイドタイプ(幅60×奥45×45cm)の方が良いと思います。
ワイドタイプならば管理は難し...続きを読む

Qバクテリアの液はデメリットはありますか?

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
たしかに成分がよくわからない薬(のようなもの)を使うより、自然界のシステムで環境を整えるほうが、気持ち的に信用はおける気はしますが・・・・・。
こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
よろしければ教えてください。

ちなみに自分は半年前、水槽を買ってきて、水道水にカルキ抜きとバクテリア液を入れて、すぐに金魚を入れて飼いはじめましたが、とくに水の濁りも臭いも発生せず、別段なんの問題も無く金魚たちは元気にしています。(もちろん今はもう液は入れてません)

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れれば...続きを読む

Aベストアンサー

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・これが答えです。

> よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
・これは、昭和40年代頃に広まった立ち上げ方法。

現在では、空回しは3日~5日間程度で充分です。
空回しの目的は水槽設備の初期不良や漏水チェック。
3日~5日目に一端、全換水すれば魚の受け入れ完了です。

全換水の目的は、始めて張った水には、以下の物質が溶け込むため。
・水槽目地表面のシリコン保護剤。
・プラスチック、ゴムの保護剤。
・底砂から溶け出す様々なミネラル。
これらは有毒物ではありませんが、保護剤には環境ホルモン物質が使用されていることがあり、魚の繁殖能力に影響を与える可能性があります。

> ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
・ハッキリ言って、使っても、使わなくても、ほとんど濾過バクテリアの繁殖定着する日数に違いが無いためデス。
第一、市販のバクテリア剤の大半が、アンモニア硝化菌のみで、亜硝酸硝化菌は含まれていません。
・ニトロソモナス属(アンモニア硝化菌)は、休眠加工が可能でパウダー状態で長期間常温保存が可能です。
・ニトロバクター属(亜硝酸硝化菌)は、休眠加工は出来ません。
ニトロバクター属の細菌は、生菌をボトリングする必要があるため冷蔵保存が必要です。
ペットショップで、常温の棚に置かれている濾過バクテリアは、アンモニア硝化菌のみになります。
アンモニア硝化菌と亜硝酸硝化菌の両方をパッケージした製品は、冷蔵保存され使用期限も短く、価格も非常に高価です。

私のところの実験では、バクテリア剤を使用すると平均で3日間ほど、早く立ち上がるだけの効果でした。

=日数=
バクテリア剤無し・・・・平均21日。
バクテリア剤有り・・・・平均18日。

=別効果=
立ち上がる日数以外では、バクテリア剤を投入すると一時的にアンモニア濃度が下がる効果があります。

> こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
・デメリットはありません。
市販のバクテリア剤は、上手に使えば、それなりにメリットも望める製品だと思います。
生体飼育後、5日目あたりからアンモニアが発生してきます。
この頃に市販のバクテリア剤を適宜、使用すると、、、
使用した菌は、ほとんど定着するわけではありませんが、アンモニア濃度を低位に抑えることが可能で、生体にとって安全な飼育環境を提供出来ます。
だから、30cm12L水槽にイキナリ、ネオンテトラを10匹とか飼育する、初めてのアクアリストの方などには、それなりの効果があると思います。
ただ、市販のバクテリア剤は、継続して長期間使用し続ける必要は無い製品だと思います。

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・こ...続きを読む

Q混泳向き中型熱帯魚

以下のような条件を満たす熱帯魚を探しています。

・最大で体長10cm前後(15cm以下)
・性質が穏和で混泳に向く
・手に入りやすい
・なるべく色が付いているもの

何かよい種類はないでしょうか?

Aベストアンサー

熱帯魚は縄張り争いをする魚が多いんですが、アメリカンシクリッド(ドワーフシクリッド)などは大人しいよ。アフリカンでは無いので間違えないように。

Q冷凍赤虫の与え方(アベニー)

ここでのアドバイスを参考にして
アベニーを10匹、飼い始めました。

餌としてひかりクレストのミニクリルと
冷凍赤虫を購入しました。
そこで質問なのですが、
冷凍赤虫はどのようにして
与えればいいのでしょうか?

1 自然解凍させて与える
2 冷凍状態のまま水槽に入れる

…など、他にもありそうですが
こうするのがいいよという方法がありましたら
是非ともお教えください。

ちなみに、『フグの飼い方』の
水槽レイアウトを参考にして
餌を入れられるようなガラスの鉢状のものを
購入してあります。

※パイロットフィッシュとして先に入れておいた
 アカヒレやネオンテトラとは違って
 (全て生き残って今は別水槽です)
 アベニーたちはなんかのんびりしてていいですね。
 水流に流されて遊んでるのを見たりすると
 非常に和みます。

Aベストアンサー

アベニーパファが10匹ですか。。。
アベニーランドですね。

拙宅にはアベさんが4匹いまして、冷凍アカムシは3匹が食べてくれます。
アベさんだけの水槽のときは、アカムシはピンセットで一本ずつ与えていました。
アベさんは一匹につきアカムシを3本も食べればお腹は膨らんできます。
アカムシの中身だけを食べて外皮を吐き出す用になったらお腹いっぱいの合図です。

一回の餌の量は、アベさん10匹だと、冷凍アカムシのブロックの1/3(三分の一)から半分で十分だと思います。
私は、クッキングペーパーにラップを巻いて、その上で冷凍アカムシのブロックをカッターで切って一週間分の冷凍アカムシを準備して、小さなタッパーに入れて冷凍保存しています。
餌の時間になると、別のタッパーにカットした冷凍アカムシのブロックを取って、照明器具の上で解凍してから、ピンセットで与えています。
アカムシブロックをカットするとアカムシが短く切れてしまう欠点があります。
ですが、一度、解凍後に再凍結させると生鮮食品と同じ理由で鮮度が大きく低下します。
そのため、私は再凍結はしません。

1 自然解凍させて与える
2 冷凍状態のまま水槽に入れる
アベさんはどちらでも良いみたいです。
ただ、私は以前、アカムシブロックの中からタバコのフィルターが出てきたことがあります。
中国の製造工場のおじちゃんたちが間違って入れたのでしょう。。。。
工場の作業風景の写真を見ているとわかる気がします。。。。
それ以来、一応、解凍して目で異物の確認をすることにしています。
したがって、私は「解凍させて与える」です。

今は、さまざまな魚たちと混泳しているので、アベさんだけに、なかなか付き合っているわけに行きませんが、それでも、なるべくアベさんに行き渡るように気をつけています。
というか、アベさんは餌取合戦が下手すぎです。連日連敗です。
ジーッと餌に狙いを定めている時間に、アフリカンランプアイにもアカムシを横取りされる有様です。
横取りされると、しばらく呆然としています。
そこがアベさんの可愛いところですね。

アベニーパファが10匹ですか。。。
アベニーランドですね。

拙宅にはアベさんが4匹いまして、冷凍アカムシは3匹が食べてくれます。
アベさんだけの水槽のときは、アカムシはピンセットで一本ずつ与えていました。
アベさんは一匹につきアカムシを3本も食べればお腹は膨らんできます。
アカムシの中身だけを食べて外皮を吐き出す用になったらお腹いっぱいの合図です。

一回の餌の量は、アベさん10匹だと、冷凍アカムシのブロックの1/3(三分の一)から半分で十分だと思います。
私は、クッキ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報