「There's got to be a better way.」
の意味は、
「他にもっといい方法がある」です。

なぜこのような意味になるのか、文章の構成を教えてください。

よろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

There's got to



は,

There has got to

の略です。

has got to = has to

です。

例えば,
You have got to study English.
(あなたは英語を勉強しなければならない)
must と同義です。

これには,「・・に違いない」という意味もあります。

したがって,質問文は,

良い道(方法)があるに違いない,あるはずだ

という意味になります。
    • good
    • 0

「文章の構成」が何を指すのかよくわからんが....


「's」が何の省略かをよ~く考えてください.
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qhave to be able toって?

You have to be able to go there and back.

have to しなければならない
be able to できる

日本語が繋がらないです

be able toはいるんですか!?

Aベストアンサー

have to be able to~ で
「~できなければならない」 です。

have to のあとに can は使えないですからね。
be able to の登場となるわけです。


You have to be able to speak English to apply this job.
この仕事に応募するためには、英語を話せないといけませんよ。

Do I have to be able to drive a car to be a babysitter?
ベビーシッターになるには、車の運転ができないといけませんか?

~するためには~できなければいけない、という文章であれば、have to be able toを使用する意味があるのが分かりやすいと思います。

質問文の、You have to be able to go there and back. は、単独では、
「あなたはそこへ行って、帰って来れなくてはいけない」という意味です。

be able to を省略してもよさそうに見えますが、前後の文脈とあわせればもっと意味をとりやすいはずです。

私なりに本当の意味を推測しますと、こういう意味ではないかと。

「あなたはそこへ行くだけではダメ、自分で帰って来れなくてはいけないんだよ」

この意味であれば、
You have to go there and back. では意味が全く違ってしまいます。

have to be able to~ で
「~できなければならない」 です。

have to のあとに can は使えないですからね。
be able to の登場となるわけです。


You have to be able to speak English to apply this job.
この仕事に応募するためには、英語を話せないといけませんよ。

Do I have to be able to drive a car to be a babysitter?
ベビーシッターになるには、車の運転ができないといけませんか?

~するためには~できなければいけない、という文章であれば、have to be able toを使用する...続きを読む

Qto be or not to beの訳  do? should be? will be?

検索かけたら出てきたのですが、いま一つわからない部分があったので質問させてください。

ハムレットが決断する場面のせりふだったと思いますが、生きるべきか死ぬべきか っていう意味がわかりません。

live on or dieという意味だったらto die oe not to dieでto do or not to doだと思うのですが。
また殺し(でしたっけ)を決行するのかしないのか、でもto do になると思います。
それとも今の状態であるべきか否かというshould beなのでしょうか。
それとも未来にこうあらなければならないという意味なのでしょうか。
それとも今の状態から脱出すべきか否かという意味でしょうか。
それとも存在し続けていいものか否かという意味でしょうか。
to be と not to be でハムレットが決行したのは今のまま(to be)でダメだからnot to beの道を選んで悲劇になってしまったという解釈でいいのですか?それとも正反対でしょうか。。

ハムレットの主題やこれまでの経緯を踏まえて、説明調の文体でいいので、わかりやすい訳を思いついたら教えてください。

検索かけたら出てきたのですが、いま一つわからない部分があったので質問させてください。

ハムレットが決断する場面のせりふだったと思いますが、生きるべきか死ぬべきか っていう意味がわかりません。

live on or dieという意味だったらto die oe not to dieでto do or not to doだと思うのですが。
また殺し(でしたっけ)を決行するのかしないのか、でもto do になると思います。
それとも今の状態であるべきか否かというshould beなのでしょうか。
それとも未来にこうあらなければならないという意...続きを読む

Aベストアンサー

ハムレットのこの独白は演劇用のセリフを500年前の英語で書かれているので、現代人が解釈するのは困難ですが、明治時代から多くの人が挑戦し、名訳、定訳といわれるものがあります。そのひとつが「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ」です。

英語の基本動詞BEにはexist, live, occupy a place,continue などたくさんの意味があります。日本語には欧米語と違ってBeと同じ意味で一語の動詞がないため、用途に応じて適切な訳語を決める必要があります。スペイン語ならBe=Serなので簡単にSer o no serと訳すことが出来ます。誰が訳してもこれ以外に訳はありません。

端的にいえばbeとは人や物が存在(生きて)していることを表すと考えていいでしょう。

訳例
*ながらふべきか但し又 ながらふべきに非るか 爰が思案のしどころぞ。  矢田部良吉訳

*世に在る、世に在らぬ、それが疑問じゃ。坪内逍遥

*生か、死か、それが疑問だ。 福田恒存

*このままでいいのか、いけないのか、それが問題だ。 小田島雄志訳

ハムレットのこの独白は演劇用のセリフを500年前の英語で書かれているので、現代人が解釈するのは困難ですが、明治時代から多くの人が挑戦し、名訳、定訳といわれるものがあります。そのひとつが「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ」です。

英語の基本動詞BEにはexist, live, occupy a place,continue などたくさんの意味があります。日本語には欧米語と違ってBeと同じ意味で一語の動詞がないため、用途に応じて適切な訳語を決める必要があります。スペイン語ならBe=Serなので簡単にSer o no serと...続きを読む

Qbe+to不定詞の識別

Nationalism is not to be confused with patriotism.

という文ですが、
この文のbe+to不定詞が
to不定詞が補語なのか、
be to不定詞という助動詞の代用表現のどちらか判別できません。

また、この文に限らず、
一般的にbe+to不定詞が
to不定詞が補語なのか、
be to不定詞という助動詞の代用表現なのかを
どのように判別するのでしょうか?

Aベストアンサー

My aim is to go to college.
補語となるパターンを考えればわかりやすいと思います。

go という不定詞部分の主語は I 自体であり、
my aim 自体が go するのではない。

my aim = to go to college

助動詞の代用の場合は、
He is to attend the meeting.
attend の主語は he そのもの。

he という人間が to attend the meeting という行為と=ではない。
単純に is to を must などの助動詞に代えて成り立つのだから当然のことです。

助動詞の代用という説明自体、判断する手がかりです。
助動詞に置き換えて意味が通じればそちら。

私としてはそういう説明上のもので、助動詞の代用というのが
be to の本質ではないように思います。

Q英語 the way to V について It is the best way to relax

英語 the way to V について


It is the best way to relax. とありますが、
It is the best way to make you relaxe.
や、
It is the best way to relax you. にならないのはなぜですか?

Aベストアンサー

to make you relaxed
to relax you
だと way が不定詞の意味上の主語になってしまいます。

この表現では you が意味上の主語になるように書くべきです。

Qbe likely to の不定詞の用法

 be [likely/apt/liable] to,be [willing/reluctant] to, be eager to,be ready to, と思いつく限り書いて見ましたが、この
be+形容詞+to doの形の不定詞は何用法にあたるのでしょうか?

 僕が思うに副詞的用法の形容詞の限定には考えにくい
と思うのですが、それともこれは熟語の一部としてとらえた
方がいいでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。例えば、

・ Gina is likely to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめそうだ。

 においては、likely を省略して考えると、

・ Gina is to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめることになっている。

 となりますよね。つまり to leave は、likely を省略した文章においては、叙述用法で is を修飾してますから、副詞です。

 また英文法大全の説明では、

不定詞の副詞的用法

・(2)形容詞の修飾語として形容詞または形容詞相当語句のあとに置いて、判断の理由、条件、感情の原因などを表します。
This scheme is difficult to put into practice.
(=It is difficult to put this scheme into practice.)
  (この計画は実行に移すのがむずかしい)
That old machine is not safe to touch.  (あの古い機械は触れるとあぶない)
I am happy〔glad、delighted〕to make your acquaintance.
 (お知り合いになれてうれしく思います)

[注]
「be + 形容詞 + to不定詞」の形で、慣用句としてよく用いられるものに次のようなものが挙げられます。
be anxious〔eager、impatient〕to~(~したがっている)
be apt〔liable、likely〕to~(~しやすい、~しそうだ)
be ready〔prepared、willing〕to~(いつでも、喜んで~する)
be sure to~(きっと~する)など。

 ということで、お尋ねの不定詞は、副詞的用法ですが、慣用表現ですので、判断の理由、条件、感情の原因のどれにもあたらないのでしょう。

 いかがでしょうか?

はじめまして。例えば、

・ Gina is likely to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめそうだ。

 においては、likely を省略して考えると、

・ Gina is to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめることになっている。

 となりますよね。つまり to leave は、likely を省略した文章においては、叙述用法で is を修飾してますから、副詞です。

 また英文法大全の説明では、

不定詞の副詞的用法

・(2)形容詞の修飾...続きを読む

QYou should be… この文のbeについて。 be動詞の前に助動詞がくるとbeになるってこと

You should be…
この文のbeについて。

be動詞の前に助動詞がくるとbeになるってことですか?

Aベストアンサー

と言うよりは助動詞の後では須らく動詞は原形になるという規則を認識すべきです。
You are dancing.
という現在進行形に助動詞を仕込んだ場合に、
You should be dancing.
となる仕組みです。

Qbe going to beがわかりません。

be going to beがわかりません。

I'm not going to be humiliated in front of the entire neighborhood.

ご近所全員の前で辱をかかせたら承知しないわよ!
(親が子供に言ってる台詞でした)

この文は何でbe going toを使うのですか?
be going toは、これから何かしようとする時に使うと思っていました。

I'm going to go to....のように。

Aベストアンサー

SPS700さんのお答えの通りです。

また、I don't want to be ... でしたら、現在形ですから、「現在私は~されることを欲しない」という意味になります(未来の時点では変わるかもしれない)。
それに対して I'm not going to be ... だと、現在の時点から以降のことを問題の対象にしています。
直訳すれば、「私はご近所全員の前で辱をかかせられるような状態に陥るつもりはない」とでもなるでしょうか(日本語には英語の未来時制に相当する表現がないので、これくらいがせいぜいでしょう)。
「つもり」はなくてもそうなったらどうなるか。I'm not going to be ... という、しかるべき状態を否定されるわけだから、あり得べき世界が壊れることを意味する。もはや、それまでのような秩序は期待されない状態になるので、何がどうなるか分らない・・・

Qthere are likely to be delays on all roads around

there are likely to be delays on all roads around the James Street area*around the James Street areaこの形容詞句はthe James Street areaを修飾しているのでしょうか?

Aベストアンサー

all roads を修飾しています。

QThere are going to be ..........................

NHKラジオ英会話講座より
There are going to be a lot of really interesting art and showbiz people there.
そこには本当に面白い芸術家や芸能界の人たちがたくさん集まるのよ。

質問:there is 構文とbe going toの組み合わせに疑問があります。
(1)主語はinteresting art and showbiz people でしょうか?
(2)There will be a lot of really interesting art and showbiz people there.とbe going toの代わりにwillではいけませんか?
(3)there are going to beが1つの型でありthere are going to do
とbeの代わりにdoの型もありますか?
(4)be going toの主語は人意外は経験がありませんので、なにかアドバイスをお願いできれば幸いです。 以上

Aベストアンサー

There は一般的な物、こと、人の存在を表します。
したがって the や my のような特定されてることとは一緒に使われません。

× There is the book here.
○ The book is here.

次に語順は
There + 動詞 +主語 の順番です

There lived an old man in this house.
この家には老人が住んでいた。

There used to be a castle here.
ここには以前城があった

There is going to be a party next Sunday.
来週の日曜日パーティーがあります

次に be going to と will の使い分けを説明します

be going to は既に予定されていた事に使います

Mother: Can you repair Tom's bike? トムの自転車直せる?
It has a flat tire. パンクしてるの
Father: I know. He told me. 知ってる。言ってきた
    I'm going to repair it tomorrow.
    明日直す予定だよ

will は話の中で予定を組む時に使います

Tom: My bicycle has a flat tire.自転車がパンクしてる
Can you repair it for me? 直してくれる
Father: OK but I can't do it now. わかった。でも今は無理
    I will do it tomorrow. 明日するよ

上記ははっきりした区別です。それ以外の未来は、どちらでもよく、
その違いはありません。

It will rain this afternoon.
It's going to rain this afternoon.

I will be 20 next month.
I'm going to be 20 next month.

It's already 8 o'clock. I'll be late.
It's already 8 o'clock. I'm going to be late.

例の文は従ってどちらでも変わりません。もし違いがあるという
英語国民がいるとしたら、それは個人的な感覚と言えます。

There will be a lot of ...
There is going to be a lot of...

There は一般的な物、こと、人の存在を表します。
したがって the や my のような特定されてることとは一緒に使われません。

× There is the book here.
○ The book is here.

次に語順は
There + 動詞 +主語 の順番です

There lived an old man in this house.
この家には老人が住んでいた。

There used to be a castle here.
ここには以前城があった

There is going to be a party next Sunday.
来週の日曜日パーティーがあります

次に be going to と will の使い分けを説明しま...続きを読む

Q1、There used to be a big tree on the corner.2、Ther

1、There used to be a big tree on the corner.2、There seems to be no hope of his recovery.

3There may be a useful book in the library.


4There will be some changes to our coupon system.



*1〜4で倒置の前の文はどんな感じになるのでしょうか。p

Aベストアンサー

A pen is on the desk. より
There is a pen in the desk. がいいのです。

この is が used to be と助動詞が付いているだけ。

A big tree used to be on ...
No hope of ... seems to be. で終わってしまいます。

A useful book may be in ...
Some changes will be to ...

there is 構文で助動詞が付いたと考えるのがいいです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報