H4なのですが、違いがわかりません。
教えてください

A 回答 (1件)

スライド式はバーナーが前後に動くもの。


切り替え式の中にはスライド式も含まれます。
一昔前まではLoはHID、Hiはハロゲン その他に一つのユニットに2本のHIDとさまざまな物が有ります。
ここ最近では、殆どがスライド式か首振り式(若干下に倒れる)どちらの形式が優れているのかは分りませんが、H4はスライド式の商品が多いですね。

スライド式で焦点距離を調整出来る物も最近では有ります。

後付HIDの場合光軸の調整をしてやらないと、そのままでは対向車に迷惑だ掛かります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2011/04/13 02:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHID Hi Low 切り替え…

HIDの購入を考えているのですが
色々種類がありますよね、H4なのですがハイとローは切り替えできるタイプと
シングルタイプがあったのですが…いったいどういうことなんでしょうか?
切り替えできないとはローのままハイビームにできないということですか?(そんなんで車検通るのでしょうか…?)
とまぁ疑問がわいてきたので教えてください。
後、切り替えタイプのほうはワイヤーで角度を変えるなどの文をみたことがあるのですが…
これまたそんなんでいいのですか?(→モーターなどを使うのですよね??)

それと取り付けはバッテリーと純正の配線を使うと考えればいいのでしょうか?
それとも純正だけ??

あと購入に当たって失敗しないためのアドバイスをいただけたら幸いです
安いものは大丈夫なのか?などなんでも結構です!

Aベストアンサー

 H4代替のHIDでHI/LO切り換えのものとLO固定のものがあります。
 これはメーカ純正のHID普及初期のものが4灯式のLO側にHIDを採用し、HI側はH1ハロゲンという構造になっていたためで、今でも4灯式ではこの方式のものがけっこうあります。
 ではなぜ初期のHIDがHI/LO切り換えにしなかったのかというと、HIDは連続放電の閃光を光源にするため、小さなバルブ内部にH4電球のような複数の光源(複数の放電電極)を設けることがやりにくかったためだと思われます。

 その後に登場した純正HIDでは放電部(バーナー)を固定したまま、その周りに小さな金属遮蔽板を設け、これを動かすことで照射パターンを変えHI/LO切り換えしたのと同様な効果を出せるようにしたものが主流ではないかと思います。
 一方アフターマーケット用に登場した汎用HIDでは、ヘッドランプの主流であるHI/LO切り換え式のH4の置き換えに対応するため、電動のアクチュエータなどをもちいて閃光光源そのものを移動させH4と同様の効果を出せるようにしています。

 こういう理由でH4対応のHIDには切り換え式と固定式が存在しています。

 いまお使いの車のヘッドランプが2灯式のH4ハロゲンならHI/LO切り換え式の汎用HID、4灯式で純正HIDの設定のある車種ならLO固定式の汎用HIDを購入することになるでしょう。

 電源関係ではHIDは点灯時に一気にスパークを飛ばして安定した連続放電状態に持ち込むため、立ち上がり時に2万ボルト程度のの高電圧を必要とします。そのためにバラストと呼ばれる電源部分が必要です。ちょうど蛍光灯の点灯をするのと同じようなものと考えればいいでしょう。
 したがって現在のヘッドランプの配線はそのまま使えず、バッテリーからの直接電源供給を含め、新しく配線をし直してやることになります。
 しかしここらへんは汎用HIDキットに付属する電源ハーネスが現在のヘッドランプ電源をうまく利用うるように工夫されていますから、取り説どおりに配線すればそんなにむずかしくはないと思います。
 むしろ気をつけないといけないのは、バラストの取り付け場所確保と、HI/LO切り換え方式の場合のアクチュエータの動作分のスペース(H4バルブより前後長が大きくなる)があるかどうかでしょう。これも汎用HIDのメーカごとに異なりますので、ご自分の車に適合するものを選ぶようにしないといけません。

 ファッション性の強い商品だけに、価格に関しては必ずしも性能比例ではないので一概になんともいえませんが、とりあえずは国産メーカの製品(バーナー自体は外国製でもかまいません)を選んでおくほうが、後々のメンテナンスの面では有利かと思います。またいくら明るいHIDでもあまりにファッション性に振った青い光のものは悪天候時にほとんど役に立たなくなりますのでこれも要注意でしょう。  

 H4代替のHIDでHI/LO切り換えのものとLO固定のものがあります。
 これはメーカ純正のHID普及初期のものが4灯式のLO側にHIDを採用し、HI側はH1ハロゲンという構造になっていたためで、今でも4灯式ではこの方式のものがけっこうあります。
 ではなぜ初期のHIDがHI/LO切り換えにしなかったのかというと、HIDは連続放電の閃光を光源にするため、小さなバルブ内部にH4電球のような複数の光源(複数の放電電極)を設けることがやりにくかったためだと思われます。

 その後に登場した純正HIDでは放電部(バー...続きを読む

QHIDスライド式でLOに戻りません!

初めてのHIDでオークションで安価なHID H4 HI/LOスライド式を購入して1ヶ月ですが、点灯はするのですがHIからLOに戻らなくなってしまいました。バルブの故障?バラストの故障?リレーの故障?さっぱりわかりません。対処方法を教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

戻らないのは片方でしょうか。片方ならバーナーを入れ替えてみて戻るようなら
そちら側のHI/Lo切り替えリレーハーネスの故障ですが、入れ替えても
戻らなければスライドの制御部分の故障ですね。
安価なスライドで壊れやすいのがこの制御部分で(バーナー後ろの黒い大きな部分)
国産メーカーも初期の頃はこの制御部分が壊れてローに戻らないケースが多かったですね。

もしリレーかバーナーの制御か原因が分かって保証があるようなら出品者に保証の交渉をする以外に
自分で直せる部分じゃないので、保証がなければリレーかバーナー自体を
またオークションで買い直すしか方法はないですね。
私は娘のラパン(2灯式/H4)に安価なH4のHIDを付けていますが
スライドが壊れやすいので、あえてローだけの固定バーナーを入れてますから
もう1年以上何の問題もなく点灯しています。
HIDだとそんなにHIにしなくても十分明るいので(車検はH4ハロゲンをつけますけど)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報