アサヒ軽金属のオールパンか、ジオプロダクトかクリステル、ビタクラフトのフライパンを購入するか迷っています。

悩んでいるのは、油をつかいたくないのですが、オールパンは寿命が2~3年で再加工に出さないといけないこと、多重層フライパンはお肉類卵を使うときは多少の油が必要なのか?(くっつく)ことが疑問です。

こつをつかめば油は使わなくてもいいという意見や、逆にお肉、卵類は油が必要という意見もありよくわかりません。

実際にお使いの方の御意見を伺いたいです。

割り切ってオールパンを使っていったほうがいいのでしょうか?

ハンバーグをジューシーに焼きたいと思っていますが、これもオールパンや多重層フライパンでも可能なのでしょうか?
また、焼き魚やぎょうざもよく作りますのでぎょうざもちゃんと多重層フライパンで焼けるのか気になります。

オールパンではちゃんとおいしく焼けるようです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



ジオは7層で全面金属,ビタは9層でツマミやハンドルが樹脂。通常の使用でジオは,交換部品の必要が無い。ビタは,経年変化で樹脂部品の交換が必要になるかも。

ジオ鍋を幾つか持っています。クッキングガイドなる小冊子が付属されています。その中にステーキの焼き方(無油調理)なる説明もあります。ジオ鍋予熱して,無油,無水調理が可能ですが,予熱が不十分だと食材がこびりついたり,焦げ付いたりします。私は,予熱をすると言う事に慣れるまで結構失敗しました。肉を無油で焼いたりはしません。野菜の無水調理(ゆでたり)には重宝しています。

無油調理,無水調理に関しては,ビタも同じようなもんだろうと想像できます。

> また、焼き魚やぎょうざもよく作りますのでぎょうざもちゃんと多重層フライパンで焼けるのか気になります。

小冊子によれば,魚は,クッキングシートを敷いて,無油調理できます。餃子は玉子焼きは,少油調理と書いてあります(私は,このような調理はしていません。経験ありません)。
    • good
    • 1

スーパーとかで売ってる500円前後のフライパンと大して変わらないですよ。


ああいうのはどっちみち表面加工は剥がれますから、安い奴を次から次へと使い捨てにするのがベストだと思います。
長く使いたいなら、鉄製の物を使うしかないですね。
鉄製のものでも、油の使用量を減らすのは使い方次第です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無水酢酸と氷酢酸について

(1)希酢酸を冷却したとき生じる結晶が、氷酢酸である。
(2)無水酢酸は、水分を含まない酢酸のことである。

両方とも×なのですが、
(1)では、「濃酢酸を~」に変えたら○なのでしょうか?
(2)では、解答は「無水酢酸の無水は酸無水物である。また無水アルコールの無水は水分を含まないこと、無水硫酸銅の無水は水和水を含まないこと」
と書いてありますが、無水酢酸は酢酸2分子から脱水したのだから「水分を含まない」であっているのではないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1) 日本の冬場、気温が下がったときに結晶になるような濃度の酢酸を氷酢酸というのでしょう。だから、夏場、気温の高いとき結晶になっていなくても氷酢酸です。
(2) 分子中にH2Oがないのと、そのものに水が混じっていないのとでは違います。
無水酢酸(CH3CO)2Oに水を含ませれば無水酢酸の水溶液になります。
にわかに酢酸2分子になるわけではありません。
グルコースは、C6H12O6で、C6・(6H2O)とも書けて、含水炭素といわれることがありますが、これは分子中にH2Oの組成を含んでいるだけであって、でんぷん水溶液やそれが固化した(結晶水を含む)ものではありません。

Q朝日軽金属オールパンお使いの方使い心地は?

公式サイトを見たのですが、いいことしか書いてなくて…

使ってみて客観的な感想教えてください。
とくに知りたいのは
・重さ(普通のホームセンターなどで売られている数千円のものと比べどうか?)
とくにコックさんのように振ったり(?)あおる(?)はしません。

・お手入れのしやすさ(脂汚れ等)

・IHでも使えるか否か

をお伺いしたいです。

現在一人暮らしから愛用している無印良品のフライパンを使っていますが、夫婦二人では
ちょっと小さく、フッ素もはがれつつあるのでいい加減変え時かなと思ってます。

友人に聞こうとしても独身実家暮らし^^;こういうのには疎く「かわいい」くらい、義妹(弟側嫁)も全く家事をしない方^^;
全くのレベルも20代にして
「炊事洗濯ママに全部やってもらってます」飛び出すくらいです。
弟曰く冗談ではないらしいです;_;正直米も炊けない^^;

そのくらいキッチンツールには…ご縁がないです。
口コミや自ら買って使用感などを実感してる今日この頃です。

IHを使っている
祖母も気になっているようですが、気兼ねなく話せる隣近所や趣味の仲間に使ってる方は
いないようでした。

皆さんの客観的な使用感お待ちしています。

公式サイトを見たのですが、いいことしか書いてなくて…

使ってみて客観的な感想教えてください。
とくに知りたいのは
・重さ(普通のホームセンターなどで売られている数千円のものと比べどうか?)
とくにコックさんのように振ったり(?)あおる(?)はしません。

・お手入れのしやすさ(脂汚れ等)

・IHでも使えるか否か

をお伺いしたいです。

現在一人暮らしから愛用している無印良品のフライパンを使っていますが、夫婦二人では
ちょっと小さく、フッ素もはがれつつあるのでいい加減変え時かなと思って...続きを読む

Aベストアンサー

10年位だったか前にアサヒ軽金属のフライパンを使っていました。とっっても重いです。
手入れはいわゆる普通のテフロン加工と同じでラクで油も少なくてすみます。そしてギョーザの焼き具合にはひどく感動していました。
IH使用についてはおそらく最近は対応していると思いますがパンフレットにも記載があると思います。

ただ、数年でテフロン?は剥げてきましたよ。がっかりです。
それ以後は普通のフライパンを買っていますが、テフロンの中でも強度が高い「プラチナプロ」レベルのものにしています。少し割高で3000~4000円くらいしますが金属製フライ返しokだし、長持ちするしアサヒよりは安いので。テフロン加工の耐久性ランクについて貼っておきます。参考まで。

参考URL:http://ikue.dmz-plus.com/archives/99

Q無水酢酸と塩化アセチル

一般的にアセトアニリドはアニリンと無水酢酸、あるいは塩化アセチルよって合成されるはずですが、多くの学生実験では無水酢酸が使われているようです。
無水酢酸と塩化アセチルでは危険性に差があるのかと思ったのですが、調べてみるとむしろ無水酢酸の方が危険なようにさえ感じました。
アセトアニリドの合成で無水酢酸を使用することのメリット、あるいは塩化アセチルを使用することのデメリットはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

無水酢酸の方がはるかに扱いやすいです。
塩化アセチルは揮発性であり、刺激臭もあります。
また、無水酢酸よりも分解しやすいので、長期の保存を必要とするのであれば、試薬の管理も面倒です。
塩化アセチルでなければ無理という場合は仕方がないですが、無水酢酸を用いる方が楽ですし、安全です。

Qジオプロダクトの鍋VSクリステル

ジオプロダクト デザインが良い
          国内産
          10年の保障付(信頼性)
         
クリステル  入れ子になって省スペース
         オプションの持ち手用ゴムのデザイン(色)が嫌い
             ↑これを使わなくても大丈夫なのか?

この2つで迷ってます。
使用感など、おしえていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。
         

Aベストアンサー

こんにちは。
geo鍋3個使用しています。クリスタルは所有していないので,比較はなんとも言えませんが,・・・・・
料理時の使い勝手は,どちらも大差ないと思いますが,geo鍋は,やはり収納的には不利でしょう。デザインよりも使い勝手を重視された方がいいのではないかなぁ。

構造的には
geo 全面7層構造:表面は18-8ステン
クリ   3層構造:表面は18-10ステン
で,表面素材としては,カナケの事を考えれば,クリの勝ってとこでしょうか。

私は,geo鍋も結構使いますが,最近は,T-falの取っ手の取れるシリーズをどうしても使ってしまいます。煮物を冷蔵庫で寝かすには,取っ手が外せると非常に便利です。

Q無水アルコールと無水エタノールは同じものですか?

豆乳と無水アルコールで脱毛ローションを作ろうと思っています。
早速薬局を回りましたがやはりどこも売り切れ。
もともとそんなに売れるものでもないので店の在庫は少ないし
入荷するのはいつかも未定という状態です。

ネットで検索してみてて気づいたのですが
「無水アルコール(無水エタノール)」と記載されているのを
見かけたのですが、無水アルコールと無水エタノールとは
同じものと考えてよいのでしょうか?
同じものなら、無水アルコールはどこを探しても見つけられないので、無水エタノールで代用してみようかと思っています。

どなたか詳しい方がいらしたら、同じものなのかどうか
教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

既にお二人の方がおっしゃっている通りだと思いますが、ちょっと気になったので。。。

エタノールはアルコールの一種で、最も代表的なアルコールです。アルコールにはたくさんの種類がありますが、エタノールはお酒に含まれるアルコールで、化粧品その他、いろんな物に使われます。殺菌用に使われるのは、70%エタノールです。
日常的には、「アルコール」と言ったら、普通はエタノールのことだと思ってよいでしょう。

似た名前のもので、「メタノール」と言うのがあります。これは大変有毒で、わずかな量でも体内に入ると失明したり、死亡したりします。皮膚からも吸収されるので、注意が必要です。工業用アルコール(これもエタノールです)には、飲みものなどに転用されないように、少量のメタノールが混ぜてあります。ローションは体につけるものですから、メタノールを含むものは絶対に使ってはいけません。薬局で買えば、間違いはないと思いますが。

「無水」ということについてですが、薬局で普通に売っているエタノールは70%の消毒用エタノールと、99.5%エタノールの2種類だと思います。
化学の実験室でも、「100%エタノール」と言っても、実際には99.5%のもので代用できる場合が多いです。その意味では、No.2さんのおっっしゃるように、「無水=99.5%以上」と言うのは正しいです。
しかし、本当に水を完全に除いた、厳密な無水エタノールと言うのも、たしかに作られてはいます。特殊な目的のためには、本当の「無水」エタノールが必要な(つまり、0.5%の水でも邪魔になる)場合もあるのだと思います。このような「本当の」無水エタノールは、当然、99.5%のものよりも高価であると思います。
豆乳ローションの作り方がわからないので、何ともいえないのですが、厳密に無水でないといけないのか、99.5%でも良いのか、確認する必要があるかと思います。つまり、豆乳ローションのレシピの中で、「無水」という言葉を、どれくらい厳密な意味で使っているのか、ということです。

既にお二人の方がおっしゃっている通りだと思いますが、ちょっと気になったので。。。

エタノールはアルコールの一種で、最も代表的なアルコールです。アルコールにはたくさんの種類がありますが、エタノールはお酒に含まれるアルコールで、化粧品その他、いろんな物に使われます。殺菌用に使われるのは、70%エタノールです。
日常的には、「アルコール」と言ったら、普通はエタノールのことだと思ってよいでしょう。

似た名前のもので、「メタノール」と言うのがあります。これは大変有毒で、わずかな量...続きを読む

Qアサヒ軽金属の活力なべをIHで使われたいる方

アサヒ軽金属の活力なべをIHで使われたいる方にお尋ねしたいのですが宜しくお願いします。
活力なべの購入を考えていますがIH対応になっているのですがよく調べてみると底面が少しドーナッツ状の上げ底になっていて
一番中心の部分は3.5ミリ底が上げ底になっています。
IHクッキングヒーターのメーカーに尋ねてみると3ミリが限度と言われ
それ以上になると効率が悪くなりお勧めできませんとのこと。
底はフラットをお勧めしますと。どのメーカーでも同じようです。
ハロゲンヒーター対応ともなっているのですがこれも1ミリが限度とか。
活力なべが問題なくIHで使えるのであれば是非購入したいと思っているのですが…
アサヒ金属に電話で尋ねると「中には効率が悪いとおっしゃられる方もいます」とのこと
IHクッキングヒーターで使われている方のご意見が伺えれば幸いです。
また、熱効率などはどうでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

現在使用中ですが、熱効率が悪いと感じたことはありません。確かに中心部に隙間があるので、たとえばホットケーキを焼けば焼きむらがができるかもしれません。しかし「煮る」「蒸す」などに使用するならば問題ないと考えます。

ちなみに活力なべは以前ガスレンジで使用していましたが、熱効率が悪いと思っていました。ステンレスの熱伝導率が悪いため、ガス火の熱が鍋に吸収されるより、空気中に逃げてしまう方が多いように感じられたのです。この点IHだと、鍋底そのものが発熱するため、ロスが圧倒的に少なくなったようです。

Q無水酢酸について

フェノール+無水酢酸→酢酸フェニル+酢酸
サリチル酸+無水酢酸→アセチルサリチル酸+酢酸

という反応があります
無水酢酸のところを酢酸に置き換えた場合は、右辺が酢酸ではなく水になると思います。脂肪族炭化水素とカルボン酸とのエステルでは酢酸でよかったのに、どうして芳香族炭化水素では無水酢酸を用いなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

Ph-OHでは酸素上の電子対がフェニル基の方へ流れ出しています。ですから酸素としての親核力が減少してしまっているのです。
その親核力の不足を補うため脱離基として酢酸イオンが外れる無水酢酸が必要です。
これは触媒を入れない場合および酸性の場合です。(酢酸を使えば酸性)
塩基性触媒があるとフェノールはフェノキシルアニオンになりますので親核性は一気に上昇します。この場合は酢酸とでも反応できるはずですが大量の塩基(実際には当量に近い量)を入れないといけませんし、酢酸はフェノールより強酸ですから酢酸イオンになってしまい、親核攻撃を受けにくくなります。

Q圧力鍋検討してますアサヒ軽金属VSフィスラー

アサヒ軽金属ゼロ活力鍋は借りて2ヶ月使用しました。
フィスラーも良いようなので、購入する前にもう少し
検討してみたいと思い、質問させて頂きました。

両方使った経験のある方、どちらが良いとおもわれますか?

活力鍋を使ってみて、ご飯があまり美味しく炊けなかった点が、マイナスポイントでした。

世帯は夫婦二人だけです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

補足を拝見しました。

私の圧力鍋遍歴は、フィスラーロイヤル⇒アサヒゼロ活力鍋⇒伊藤アルミワンダーシェフマクサス⇒平和PC-45A です。
圧力鍋の選択は楽しくも悩ましいものだと思います。
ファッショナブルなコマーシャルでイメージ先行の感が強いですし、全てのお鍋を試す訳にも行きませんから当然だと思うのです。

フィスラー
【長所】ある程度の重さの割に、取り回しがしやすい。静か。リセールバリューが高い。(要するに、ヤフオクで高値で売却しやすいということです)高いブランドイメージ。長い保証。ドイツ製。
【短所】底面のみが多重構造なので、鍋全体に熱が回りにくい。部品点数が多く、メンテナンスが面倒。

アサヒ
【長所】軽く、取り回しが楽。音がするので、コンロから離れていても火の調節時を間違えにくい。ユーザーフレンドリーなメーカーのアフターサービス。長い保証。全面多重構造なので、鍋全体に熱が回る。意外にリセールバリューが高い。日本製。
【短所】調理時間が早すぎるので、他の料理との使い合わせに馴れが必要。

伊藤アルミ
【長所】全部分解して洗うことができる。全面多重構造なので、熱が回りやすい。軽い。
【短所】日本製ではない。(タイ製?)保証期間が10年と短い。

平和
【長所】厚いアルミ鋳物でできているので、全面に熱が回りやすく、非常に蓄熱量が豊かなため、玄米・白米・芋・豆類が他の圧力鍋とは比べられないほどよく仕上がる。部品点数が極めて少ないため、洗いやすく、メンテナンスが容易。取り回ししやすい重さ。日本製。モデルチェンジがないので、長く安心して使い続けることができる。丈夫で壊れにくい。ユーザーフレンドリーなメーカー対応。他の圧力鍋に比べて良心的な価格。おもり式なので、火加減の調節をしくじりにくい。
【短所】メーカー(鋳物屋)が宣伝を殆どせず、実用的で地味な商品なので、はじめて圧力鍋を買う人には、どうしても選択されにくい。

フィスラーとアサヒでしたら、アサヒをおすすめします。
フィスラーはお肉を料理するためのお鍋という印象です。玄米や白米も炊いてみましたが、美味しく炊けませんでした。

ここからは、ご質問外のお話ですが、アルミがアルツハイマーに関係するという俗説(信じておられるようでしたらすみません)を気になさらないのであれば、圧力鍋の究極は、平和圧力鍋だと断言します。
平和は、そもそも玄米や白米、芋類、豆類を美味しく炊くために作られた、日本人と和食のための圧力鍋です。外国製・国産の他の圧力鍋を渡り歩いてきた人が、最終的に行きつくのが平和圧力鍋なのです。

最近ではマクロビで玄米食をする人々が平和圧力鍋をよく使いますが、自然食の世界では、何十年も前から圧力鍋と言えば平和でした。平和圧力鍋で炊いたご飯やお芋を食べ続けてきた80代、90代の方の方のご指導を私はよくいただきますが、その方たちに、アルツハイマーの人は一人もいません。

最近の圧力鍋は最高圧を競ったり、分解して洗うことができるなど、いろいろな付加価値をつけようとする風潮がありますが、実際にいくつも使ってみた者の感想として、どれも大して変わりは感じませんでした。
却って部品点数が増えて面倒になったり、火加減のコントロールがしにくく、仕上がりが雑になったりして、逆効果を感じることが多かったです。

熱源がIHでしたら平和は無理ですが、熱源がガスでしたら、平和を強くおすすめします。

参考URL:http://www.furaipan.com/shouhin/16atsuryoku/piisu/furaipan67.shtml

補足を拝見しました。

私の圧力鍋遍歴は、フィスラーロイヤル⇒アサヒゼロ活力鍋⇒伊藤アルミワンダーシェフマクサス⇒平和PC-45A です。
圧力鍋の選択は楽しくも悩ましいものだと思います。
ファッショナブルなコマーシャルでイメージ先行の感が強いですし、全てのお鍋を試す訳にも行きませんから当然だと思うのです。

フィスラー
【長所】ある程度の重さの割に、取り回しがしやすい。静か。リセールバリューが高い。(要するに、ヤフオクで高値で売却しやすいということです)高いブランドイメージ。長い保証。...続きを読む

Q無水酢酸ナトリウムの構造

無水酢酸ナトリウムの化学式を教えてください。

無水酢酸のどこにナトリウムがついているのでしょうか?
無水酢酸はわかります。

無水酢酸ナトリウムとグルコースの反応式も教えてほしいのです。

有機化学の教科書を一生懸命見ているのですが
どうしてもわかりません。
どちらかだけでもお願いします。

もし、この本に載っているよ、とご存知でしたらそちらを教えていただければ
自分で調べることもしますので、お知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

「無水」の使い方について:
日本語では良く間違えます
無水酢酸:酢酸無水物なのか(水を含まない)酢酸なのか?
一般に、無水酢酸というと酢酸無水物 acetic anhydrideを意味し、水を含まない(anhydous)酢酸を氷酢酸といいます。
無水エタノールの場合は、時折absolute ethanolとも言いますね。
お尋ねの件ですが:
>無水酢酸のどこにナトリウムがついているのでしょうか?
この無水酢酸を水を含まない酢酸と勘違いされておられるのであれば、
構造式は:CH3COONaです
正しい意味の無水酢酸(CH3CO)2OであればNaの付く事は出来ません。
>無水酢酸ナトリウムとグルコースの反応式も教えてほしいのです。
1: CH3COONa + Glucose:何も変化なし
2: (CH3CO)2O + Glucose : 長時間反応させておけばglucoseのpentaacetyl体が得られるかもしれません。

Q迷ってます【圧力鍋】アサヒ軽金属かsicomaticか

圧力鍋に関する質問はたくさんあるようですが、
sicomaticについての情報が少なく、
思うような情報が得られなかったので、新たに質問いたします。

以下の二つの圧力鍋で、どちらを購入しようか迷っています。
1.アサヒ軽金属工業の活力鍋
2.ドイツsilit社のsicomatic 

現時点で思いつくメリットディメリットを並べても
甲乙付けがたいので、お使いになった方のご意見を参考にして、
決断しようと思います。

活力鍋のメリット
圧力が高い
sicomaticに比べて軽い(1キロほど差があります)
sicomaticに比べて安い

sicomaticのメリット
素材の性質上、食品を入れたまま長時間置ける
10年間保証
見た目がおしゃれ

両方をお使いになった方は、なかなかいらっしゃらないと思いますが、
どちらかをお使いになってみて、これ以外のメリットなど、
お気づきの点やご意見をお聞かせください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アサヒ軽金属の活力鍋を使ってます。ドイツ製の方を知らないので、比較はできないのですが。
最近やったのは、鶏の丸茹で、見事に骨まで軟くなってました。
あと、ブリ大根や鮭のあら煮なども骨まで食べれる状態でした。
魚は、確実に骨まで食べれる状態になってくれて、変な話ですが、捨てるところが無くなって助かってます。
ご飯関係では、赤飯や炊き込みごはんが短時間でできるようになったこと、玄米ご飯が気楽に毎朝炊けることで重宝しています。
煮込み料理も本当に短時間で出来ますし、豆類も早く煮るので今年の暮の黒豆は楽になるねって母と話してます。
活力鍋と同時に、一石二鳥クッカーも購入しました。活力鍋の大きいほうの鍋で利用できますが、一度に二種類のおかずを作ったり、ご飯とおかずを作ることができて便利です。
私も最近、人にプレゼントしようと思い、注文したら、お届けまで2~3か月かかると言われました。最初に注文した時も、1~2ヵ月と言われましたが、3週間ほどで来ましたので、注文時より少し早く来てくれないかなって勝手に思ってます。
今まで圧力鍋も色々使いましたが、最初は、なんとまぁ色気のない鍋と思いましたが、使い勝手に関しても、洗いやすさも最高だと思ってます。
ご参考までに

アサヒ軽金属の活力鍋を使ってます。ドイツ製の方を知らないので、比較はできないのですが。
最近やったのは、鶏の丸茹で、見事に骨まで軟くなってました。
あと、ブリ大根や鮭のあら煮なども骨まで食べれる状態でした。
魚は、確実に骨まで食べれる状態になってくれて、変な話ですが、捨てるところが無くなって助かってます。
ご飯関係では、赤飯や炊き込みごはんが短時間でできるようになったこと、玄米ご飯が気楽に毎朝炊けることで重宝しています。
煮込み料理も本当に短時間で出来ますし、豆類も早く煮...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報