Aの部屋とBの部屋に、7人を分ける方法は何通りあるか?
空室はあってもよい。

と言う問題で、

自分の解き方としては、
(A,B)=(0,7),(1,6),(2,5),(3,4),(4,3)(5,2),(6,1),(7,0)
と言う風に分けて、
それぞれ計算、
・(A,B)=(0,7)の時、1通り
・(A,B)=(1,6)の時、7C1=7通り、
・(A,B)=(2.5)の時、7C2=21通り、
・(A,B)=(3,4)の時、7C3=35通り、
・(A,B)=(4.3)の時、7C4=35通り、
・(A,B)=(5.2)の時、7C5=21通り、
・(A,B)=(6.1)の時、7C6=7通り、
・(A,B)=(7.0)の時、1通り、
なので、1+7+21+35+35+21+7+1=128通りで、一応正解なのですが、

解答解説を見ると、
2~7=128通り(←異なる2個から重複を許して7個取り出して並べる順列の総数と同じ}
とあります。

異なる2個から7個を取り出すって何でしょうか?
例えば、男/女の2種類のグループから7人取り出すみたいなことでしょうか?

2つのAの部屋とBの部屋に「入れる」のに、「取り出して並べる順列」の話が何故出てきたのですか?

A 回答 (5件)

A と書いたカードと B と書いたカードが


1 枚づつ入った箱から、各人がカードを引き、
カードの指示に従って部屋を割り当てます。
部屋が決まったら、次の人が引く前に
カードを箱に戻しておきましょう。
…ほらね。

ちなみに、貴方の解法と解答例の解法を比べると、
「二項定理」という定理が証明できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

AとBの2通りが7回引かれるから、2~7ですね?

何となくわかりました
ありがとうございます

お礼日時:2011/04/13 10:41

4番の人の読んで思い出したけど



こういう関係があります

質問者さんの答え=回答の答え

nC0 + nC1 + nC2 +・・・・・ nCn =2^n
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初めて知りました。ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/13 10:37

1、  箱も玉も区別できる空箱あり


6個の箱に10個の玉を入れる  6^10
サイコロを10振って出る目のパターン 6^10
6通りが10回と考えた方が早いけど、目を箱にn回目をたまに例えてもできます

2、  箱も玉も区別できる空箱なし


3  箱は区別できて玉が区別できない
リンゴとミカン10個の詰め合わせ
空箱あり  2H10
空箱なし  2H8

りんごとミカンという箱に10個の玉をつめる
と考えて出来ます
違和感のある考え方に成る場合もあるけどうまく処理できれば気にならないと思います

違和感のある例えもあると思うので自分で納得の出来る理解でいいと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんとなく分かった気がします
ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/13 10:42

それぞれ7人をa,b,c,d,e,f,gとした場合に、


aがAの部屋に入るかBの部屋に入るかの2通り、同様にbがAの部屋に入るかBの部屋に入るかの2通り、以下同様にc,d,e,f,gにもそれぞれAの部屋とBの部屋の二通りの選択があります。

従って、2^7になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!
ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/13 10:44

選択肢が2通りで7人だから2^7ですね



箱と玉の問題で

n個の箱とk個の玉

箱も玉も区別できる時は  k^n  空箱あり

これは色んなパターンがあります

箱が区別できない時とか、空箱の有無とか


1、   2個の箱に7個の玉を入れる 箱も玉も区別できる空箱あり
2^7

2、   2個の箱に7個の玉を入れる 箱も玉も区別できる空箱なし
2^7-2

この回答への補足

n個の箱とk個の玉 = n個の部屋とk人の人
2個の部屋と7人の人・・・7~2でしょうか!?

補足日時:2011/04/13 10:47
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q部屋を片付けるのが苦手

部屋を片付けるのが苦手です。

普段から部屋は汚いのですが、いざ部屋を片付けようと思うと途中で投げ出してしまいます。

で、中々片付けられません。

最近は部屋を片付けないといけないと思ってるんですが休みの日もやる気が出ません。

こんな状態が1年以上続いています。


部屋を片付けようと思っても、途中であきらめてしまう。

何とか諦めずに部屋を片付ける方法なんてないですかね?

Aベストアンサー

まずは、モノを置く場所を決める。

長い間使わないモノ 使わ無かったモノは捨てる。

・・・・人間になる・・・

まぁ・・動物のほうが キレイ好きかもしれませんが・・

Q∫[a,b](f(x)+g(x))dx=∫[a,b]f(x)dx + ∫[a,b]g(x)dx の証明

ある本(微分積分学)を読んでいて、次のような定理の証明を考えています。

有界なf(x),g(x)が[a,b]でリーマン積分可能であるとき、f(x)+g(x)もそうであり、∫[a,b](f(x)+g(x))dx=∫[a,b]f(x)dx + ∫[a,b]g(x)dxが成り立つ。

定積分に関するごく初歩的な定理ですが、これを、上限と下限の不等式を使って証明しようとしているのですが、うまくいきません。ヒントには次のようになっています。

#以下の記述ですが、上の本は記号の表示に誤りを含んでいるように思われましたので正しい表示に直してあります。

ヒント
fに対する不足和、過剰和を、それぞれ、 s(f,Δ)、S(f,Δ)というふうに書けば、s(f,Δ)+ s(g,Δ)≦s(f+g,Δ)≦S(f+g,Δ)≦S(f,Δ)+ S(g,Δ) に注意せよ。

同書の略解
分割Δの小区間[a(i-1),a(i)]における f+g,f,g の下限をm(i),n(i),p(i)とすれば m(i)≧n(i)+p(i)、ゆえにs(f,Δ)+ s(g,Δ)=Σn(i)(a(i)-a(i-1)) + Σp(i)(a(i)-a(i-1))≦Σm(i)(a(i)-a(i-1))=s(f+g,Δ)同様にS(f+g,Δ)≦S(f,Δ)+ S(g,Δ) だから、inf(S(f,Δ))=sup(s(f,Δ))、inf(S(g,Δ))=sup(s(g,Δ))なら、inf(S(f+g,Δ))=sup(s(f+g,Δ))=、sup(s(f,Δ))+sup(s(g,Δ))

となっていますが、最後の等式がどうしても出てきません(その前までは理解できました)。行間を埋めていただけるとありがたいです。

s(f,Δ)+ s(g,Δ)≦s(f+g,Δ)≦S(f+g,Δ)≦S(f,Δ)+ S(g,Δ)

からそれぞれの辺のsup、infを考えるとできるのではないかとも思われるのですが、どうしてもわかりませんでした。

よろしくお願いいたします。

ある本(微分積分学)を読んでいて、次のような定理の証明を考えています。

有界なf(x),g(x)が[a,b]でリーマン積分可能であるとき、f(x)+g(x)もそうであり、∫[a,b](f(x)+g(x))dx=∫[a,b]f(x)dx + ∫[a,b]g(x)dxが成り立つ。

定積分に関するごく初歩的な定理ですが、これを、上限と下限の不等式を使って証明しようとしているのですが、うまくいきません。ヒントには次のようになっています。

#以下の記述ですが、上の本は記号の表示に誤りを含んでいるように思われましたので正しい表示に直してあります。

...続きを読む

Aベストアンサー

おそらく、同じ分割Δに対して、不等式、
s(f,Δ)+ s(g,Δ)≦s(f+g,Δ)≦S(f+g,Δ)≦S(f,Δ)+ S(g,Δ)
を考えているからわかりにくいのだと思います。

分割Δ1と分割Δ2を合体させた分割をΔ3とします。
Δ1の分割点x1,…,xmと、Δ2の分割点y1,…,ynを合わせた分割点
x1,…,xm,y1,…,ynによって[a,b]を分割するのがΔ3という意味。

小区間[x(i-1),xi]が2つの小区間[x(i-1),yj]と[yj,xi]に分割された
とすると、小区間[x(i-1),xi]でのinf(f)(xi-x(i-1))よりも、
2つの小区間[x(i-1),yj]と[yj,xi]での
inf(f)(yj-x(i-1))+inf(f)(xi-yj)の方が大きくなる。
sup(f)では逆に小さくなる。
(グラフを描いてみればわかると思います)

すなわち、分割を細かくすると、不足和は大きく、過剰和は小さくな
る。

なので、s(f,Δ1)≦s(f,Δ3)、s(g,Δ2)≦s(g,Δ3)
辺々足して、
s(f,Δ1)+s(g,Δ2)≦s(f,Δ3)+s(g,Δ3)
≦s(f+g,Δ3)≦sup(s(f+g,Δ))←これは、あらゆる分割Δに対するsup
という意味で使っているので、Δは分割の変数のような記号と思って
ください。

このように、別個の分割に対する不等式が示せたので、
s(f,Δ1)、s(g,Δ2)それぞれであらゆる分割を考えて、
sup(s(f,Δ))+sup(s(g,Δ))≦sup(s(f+g,Δ))

infのほうも同様です。

本の記述はわかりませんが、同じ分割に対してのみsup,infを考えてい
たのでは、やや曖昧な気がします。

しかし、私の大学時代の関数論が専門の教授は、一松信先生は大先生
だと絶賛していましたが・・・
おそらく、本の中で論理は通っているものと思われますが・・・

おそらく、同じ分割Δに対して、不等式、
s(f,Δ)+ s(g,Δ)≦s(f+g,Δ)≦S(f+g,Δ)≦S(f,Δ)+ S(g,Δ)
を考えているからわかりにくいのだと思います。

分割Δ1と分割Δ2を合体させた分割をΔ3とします。
Δ1の分割点x1,…,xmと、Δ2の分割点y1,…,ynを合わせた分割点
x1,…,xm,y1,…,ynによって[a,b]を分割するのがΔ3という意味。

小区間[x(i-1),xi]が2つの小区間[x(i-1),yj]と[yj,xi]に分割された
とすると、小区間[x(i-1),xi]でのinf(f)(xi-x(i-1))よりも、
2つの小区間[x(i-1),yj]と[yj,xi]での
inf(f)(yj-x(i...続きを読む

Q部屋を片付けるのが苦手

部屋を片付けるのが苦手です。
すぐ散らかります。
出したらしまう。と言う事があまりできません。
たまにものすごく綺麗に片付けるのですがそれはめったにありません。
どうしたら上手に部屋が片付けられるでしょうか?

Aベストアンサー

 仕舞う場所が仕舞いづらいところだと、結局仕舞えないことが多くないですか?
 もしそうなら、適材適所に仕舞えていないんだと思いますよ。

 なんとなく手順がダメな気がするのなら、一度プロに頼んでみると良いですよ。
 彼らは片付けのプロなので、色々な知恵で片付けてくれます。
 それを見て、自分でも少しずつまねをしていくと、案外上手くいきますよ。

 また、片付けてもなんとなく雑然としている場合は、モノが圧倒的に多い場合が考えられます。
 例えば衣類も、一度どこかの収納ボックスに全部入れてみましょう。
 そして使うものをそこから出していくんです。
 ワンシーズン終わっても、結局使わないようなものって結構ありますよ。
 それらを捨てて行くようにすると、結構シンプルライフでキレイに片付いたりします。

 あとは、積極的に友人などを部屋に呼ぶことかな。
 散らかった部屋を見せられないような人が頻繁に来るようになれば、片づけをせざるを得ないし、綺麗な部屋をキープできますよ。

 私も片付ける能力が欠如した人間であると自認していますが、上記のようなことを1年くらい続けていたら、最近は殆ど散らかってないですよ。
 もしかしたら下記のサイトが参考になるかもしれません。

 お役に立ちましたでしょうか?

参考URL:http://www.f5.dion.ne.jp/~with/adhd.htm

 仕舞う場所が仕舞いづらいところだと、結局仕舞えないことが多くないですか?
 もしそうなら、適材適所に仕舞えていないんだと思いますよ。

 なんとなく手順がダメな気がするのなら、一度プロに頼んでみると良いですよ。
 彼らは片付けのプロなので、色々な知恵で片付けてくれます。
 それを見て、自分でも少しずつまねをしていくと、案外上手くいきますよ。

 また、片付けてもなんとなく雑然としている場合は、モノが圧倒的に多い場合が考えられます。
 例えば衣類も、一度どこかの収納ボック...続きを読む

Q区間(a,b),[a,b),(a,b],[a,b]において

b-aのことを英語で正式になんというのでしょうか?

Aベストアンサー

lengthのことでしょうか。

The length of the bounded intervals (1), (2), (3), (4) is b-a in each case.

参考URL:http://encyclopedia.laborlawtalk.com/open_interval

Q自分の部屋だけが片付けられません!

数年前から自分の部屋のみが片付けられなくなりました。
他の場所(キッチン・リビング等)の片付けはきちんと出来ます。
あと会社の整理整頓・親類の引越しの手伝いも好きです。
本来は片付けが好きなのですが、自分の部屋だけは歩く場所もありません。
片付けるほど散らかる感じです。
自分の部屋だけがどれを捨てたらいいかどこに収納したらいいかが全然わからなくなります。
何か良い収納術や片付け時の心構えを教えてもらいたいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。過去の引越しの経験から。
まず大きめのダンボール箱を数個用意します。
(行きつけのコンビニや酒屋でタダでもらいました)
1.ものすごい大事。捨てない
2.まあまあ大事。いつか使うかも
3.それほどでもないが迷う
4.不要。すてる
みたいなランク付けをして
直感でモノを放り込んでいきます。
で、4は迷いが生じる前にゴミに出す。後から後悔してもすぐ忘れました。3~1は、日を改めて実施し、最終的には半分ぐらいになりました。
廃棄を決めた中には自転車・ミニコンポ・パソコンなどもありましたよ。
ご自身のペースで地道になさってくのがよいと思います。

Q数列a[n+1]=a[n]/(1+a[n])^2,a[1]=1/2

数列a[n+1]=a[n]/(1+a[n])^2,a[1]=1/2
のとき、
lim[n->∞](a[1]+・・・・+a[n])/n の値を求めよ。
(小問で、1/a[n]>2nは解決済み。)

はさみうちをするのだとは思うのであるが、その前のひと工夫がわからない。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>はさみうちをするのだとは思うのであるが、その前のひと工夫がわからない。

ひと工夫ってこんなこと?小問の利用?

0<(1/n)Σ[k=1,n]a[n]/n<(1/n)Σ(1/2k)=(1/2n)(∫[1,n]dx/x+1)
これで、n→∞ とすればよい。

Q部屋の片付け

私は性格のせいなのか、部屋を片付ける事が非常に苦手で、よく両親から言われるのですが、中学校以来、片付けても、すぐにまた散らかってしまいます。何かよい部屋の片付け方があれば教えて下さい。性格のせいか、やりたい事を見つけると、そのまま片付けないで、次の事をやってしまいます。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私もすぐ散らかります。
よくするのが、時間をかけて部屋を掃除します。
その時に、もうこれ以上キレイにしようがない程掃除します。
ここまですると、床に何か置くこと自体イヤに私はなってきます。
そして、私の部屋はフローリングなので朝起きてすぐクイックルやモップなどで軽く掃除をしてます。

やりたい事を見つけると、その事をやってしまう事についてですが
ずっと掃除をしていても楽しくないので
とりあえず、「今日はここをキレイにする!」など
目標を立ててやってみてはどうでしょうか?
一回の掃除で全部するのは大変ですから。

Q何故,[g]=[Ψ]1[f][Φ]^-1ではなく[g]=[Ψ]^-1[f][Φ]なの?

[v_1,v_2,…,v_n],[v'_1,v'_2,…,v'_n]を線形空間Vの基底とする。
[w_1,w_2,…,w_m],[w'_1,w'_2,…,w'_m]を線形空間Wの基底とする。

それで図のように

fを基底[v_1,v_2,…,v_n]から基底[w_1,w_2,…,w_m]での線形写像。
gを基底[v'_1,v'_2,…,v'_n]から基底[w'_1,w'_2,…,w'_m]での線形写像。
そしてΦを[v_1,v_2,…,v_n]から[v'_1,v'_2,…,v'_n]への基底変換の写像。
Ψを[w_1,w_2,…,w_m]から[w'_1,w'_2,…,w'_m]への基底変換の写像とすると
gの表現行列を[g]と表す事にすれば
[v'_1,v'_2,…,v'_n]→[v_1,v_2,…,v_n]→[w_1,w_2,…,w_m]→[w'_1,w'_2,…,w'_m]と写されるので
[v'_1,v'_2,…,v'_n]→[v_1,v_2,…,v_n]はΦ^-1,
[v_1,v_2,…,v_n]→[w_1,w_2,…,w_m]はf,
[w_1,w_2,…,w_m]→[w'_1,w'_2,…,w'_m]はΨで
結局[g]=[Ψ][f][Φ]^-1となると思ったのですがなぜか本には
[g]=[Ψ]^-1[f][Φ]となっています。何処を勘違いしたのでしょうか?

[v_1,v_2,…,v_n],[v'_1,v'_2,…,v'_n]を線形空間Vの基底とする。
[w_1,w_2,…,w_m],[w'_1,w'_2,…,w'_m]を線形空間Wの基底とする。

それで図のように

fを基底[v_1,v_2,…,v_n]から基底[w_1,w_2,…,w_m]での線形写像。
gを基底[v'_1,v'_2,…,v'_n]から基底[w'_1,w'_2,…,w'_m]での線形写像。
そしてΦを[v_1,v_2,…,v_n]から[v'_1,v'_2,…,v'_n]への基底変換の写像。
Ψを[w_1,w_2,…,w_m]から[w'_1,w'_2,…,w'_m]への基底変換の写像とすると
gの表現行列を[g]と表す事にすれば
[v'_1,v'_2,…,v'_n]→[v_1,v_2,…,v_n]→...続きを読む

Aベストアンサー

記号を整理しておく。

線形写像T: V→Wを、Vの基底[v1,...,vn]とWの基底[w1,...,wn]で表現した行列を[f]、
同じ線形写像Tを、Vの基底[v'1,...,v'n]とWの基底[w'1,...,w'n]で表現した行列を[g]で表す。
[v1,...,vn]から[v'1,...,v'n]への基底変換の行列を[Φ]とする。
(v'1,...,v'n)=(v1,...,vn)[Φ]

[w1,...,wn]から[w'1,...,w'n]への基底変換の行列を[Ψ]とする。
(w'1,...,w'n)=(w1,...,wn)[Ψ]

Vの元を基底[v1,...,vn]で表現したものを[x]、
同じ元を基底[v1,...,vn]で表現したものを[x']で表すと、(回答#2より)
[x]=[Φ][x']

同様に、Wの元を基底[w1,...,wn]で表現したものを[y]、
同じ元を基底[w1,...,wn]で表現したものを[y']で表すと、
[y]=[Ψ][y']

線形写像Tを基底[v1,...,vn]と基底[w1,...,wn]で表すと、
[y]=[f][x]
同じ線形写像Tを基底[v'1,...,v'n]と基底[w'1,...,w'n]で表すと、
[y']=[g][x']

これらの関係から、
[y']=[Ψ^-1]*[y]=[Ψ^-1]*[f][x]=[Ψ^-1][f][Φ][x']
となり、これを[y']=[g][x']と見比べると、
[g]=[Ψ^-1][f][Φ]
となっていることがわかる。

最初の質問にあった、
>[v'_1,v'_2,…,v'_n]→[v_1,v_2,…,v_n]→[w_1,w_2,…,w_m]→[w'_1,w'_2,…,w'_m]と写されるので
の対応はベクトル間の対応であって、だからこそ、その係数(=成分)の対応はこれとちょうど逆の変換を受けるのである。このことは、
[v][x]=[v'][Φ^-1]*[Φ][x']
[w][y]=[w'][Ψ^-1]*[Ψ][y']
と表してみてもわかる。ベクトルの成分[x']は行列[Φ]によって[x]にうつり、同じく成分[y']は行列[Ψ]によって[y]にうつっている。だから、同一の線形写像が
f:[x]→[y]
g:[x']→[y']
と表現されているなら、[Ψ][g][x']=[f][Φ][x']となっていて、いいかえると、
[x']→[y']の対応は、[x']→[x]→[y]→[y']という対応をたどったときも、一致していなくてはならない。だから、成分で考えたとき、[g]は、[Φ]→[f]→[Ψ^-1]と同一になるのである。つまり[g]=[Ψ^-1][f][Φ]。

あなたのいう[Φ^-1]→[f]→[Ψ]は、基底ベクトルの対応関係であって、成分表示と混同してはいけない。

記号を整理しておく。

線形写像T: V→Wを、Vの基底[v1,...,vn]とWの基底[w1,...,wn]で表現した行列を[f]、
同じ線形写像Tを、Vの基底[v'1,...,v'n]とWの基底[w'1,...,w'n]で表現した行列を[g]で表す。
[v1,...,vn]から[v'1,...,v'n]への基底変換の行列を[Φ]とする。
(v'1,...,v'n)=(v1,...,vn)[Φ]

[w1,...,wn]から[w'1,...,w'n]への基底変換の行列を[Ψ]とする。
(w'1,...,w'n)=(w1,...,wn)[Ψ]

Vの元を基底[v1,...,vn]で表現したものを[x]、
同じ元を基底[v1,...,vn]で表現したものを[x']で表すと、(...続きを読む

Q部屋の片付け

妻が後片付けをしません
小学生(高、中)保育園の両働きです
私が夜7時半頃帰宅すると散らかったままですので
子供たちに自分の部屋と寝室を片付けるように言い
妻は夕食の支度をしていますので妻の物は私が片付けます
夕食の後片付けは私が行います
寝る前に各部屋戸締りと簡単な片付けをします
私は部屋が綺麗になっていないとなんとなく落ち着きません
妻に子供の散らかした物まで片付けてとは言わないので
自分の出した物位は片付けてとお願いするのですが
出来ないようです
片づけをしないことで一番困るのはよく物を探しているということです
あれが無いこれが無いと言って探しています
それを見ていると片付けは綺麗だけでなく何時もある所にそれがあるってことだと思います
そこに行けば目的の物がある
なければ家族のだれかが困るわけで思いやりの範疇だと思います
話が横にそれましたが奥さんの物も私がだいたい片付けるのですが
あまり綺麗に片付けると逆に怒られますので
最近は一時置き場のダンボール箱を置きそこに散らかした物を入れ
妻が片付けるのを待ちます
その一時置き場のダンボールも一杯になったときは
そのダンボールごと妻の部屋に置くことにしたのですが
もう置くところがなくなってきて足の踏み場もない状態です
しかし私が片付ければ怒るのでそのままです
初めて妻の兄弟が遊びに来た時、自分の部屋を「相変わらずでしょ?」
っと言っていましたのでかなり筋金入りの様です
ちょっと最後は愚痴っぽくなってしまいましたが
だからといって妻に不満があるわけではありません
ちょっと、片づけが出来ないけど他は概ね万点です
ただ、子供がその様子をみてそれが普通だと思って欲しくないので
妻になんとか自分の出したもの位は自分で片付けるようにしてもらいたいのですが
何かいい方法はありませんでしょうか?
よろしくお願いします

文字数制限苦しい

妻が後片付けをしません
小学生(高、中)保育園の両働きです
私が夜7時半頃帰宅すると散らかったままですので
子供たちに自分の部屋と寝室を片付けるように言い
妻は夕食の支度をしていますので妻の物は私が片付けます
夕食の後片付けは私が行います
寝る前に各部屋戸締りと簡単な片付けをします
私は部屋が綺麗になっていないとなんとなく落ち着きません
妻に子供の散らかした物まで片付けてとは言わないので
自分の出した物位は片付けてとお願いするのですが
出来ないようです
片づけをしないこと...続きを読む

Aベストアンサー

いやぁ 他人事ではないですねぇ

■うちと逆です

>自分の出した物位は片付けてとお願いするのですが
>出来ないようです
>片づけをしないことで一番困るのはよく物を探しているということです
>あれが無いこれが無いと言って探しています

うちと、全く逆ですね。私は生来片付けが苦手です。
家内が几帳面で、私の書斎も見事に片付けます。
私も、気が向くと片付けしますが、だいたい2ヶ月に一回くらい。

私は整理は好きです。
いるものといらないものを選り分けていらないものを捨てるのは大好きです。
整頓が苦手です。
一定の置き場所を決めるというのが、気まぐれでできない。

>片付けは綺麗だけでなく何時もある所にそれがあるってことだと思います
>そこに行けば目的の物がある
>なければ家族のだれかが困るわけで思いやりの範疇だと思います

全くもって正しいです。これは「整頓」ということですね。

■整頓ができない理由

整頓の基本は、仕舞う場所を「変えない」という鉄則ですが

(1)仕舞う場所が決められない、
(2)仕舞う場所が覚えられない
(3)仕舞う場所を変えたくなる

こういう特性のある人にとって片付けは苦痛なのです。
人生は、千変万化、変幻自在が素敵という信念があります。

>奥さんの物も私がだいたい片付けるのですが
>あまり綺麗に片付けると逆に怒られますので
>最近は一時置き場のダンボール箱を置きそこに散らかした物を入れ
>妻が片付けるのを待ちます
一時保管せずに、即座に捨てるほうが早いですよ。
うちの奥さんは、新聞j広告や私の買ってきた雑誌は私が読む前に捨てます(;;)

雑誌とか新聞とか、衣類とかで、かなりムダなものがありませんか。
片付け苦手の原因のひとつに、自分の持ち物の現況把握ができない
という特質があります。
私もそうですが、自分がどれだけのスーツやシャツを持っているか知らない
というか,知ろうとしません。
今の妻と出会うまでネクタイは100本くらいありました。使わないものが
40本古くなって使えないものが20本派手で全く使えないものが20本
普通に使うもの20本です。結果80本がいつのまにか消えました。

整理整頓ができない人ほど「数があると安心する」という兆候に陥ります。
というか、厳密にいえば、ものに愛着がないというか関心がないのです。

■モノの価値と有用性に目覚めていただく

ひとつ重要なのは、なるべく高価なものを買い与えることです。
高価なものが少しだけあると、チープなものが不要に思えてきます。
これは、ぜいたくという危険ととなりあわせの荒業ですが
エルメスのバッグや、カルティエの時計を与えて、古いバッグコレクションを
廃棄処分していただくのです。
そこで大切なのは、高級品を普段使いさせることです。
これはお洒落なよそ行きと仕舞いこむと、またモノが増えるだけ。
私は、このへんだけは私、妻に教育されました。


>その一時置き場のダンボールも一杯になったときは
>そのダンボールごと妻の部屋に置くことにしたのですが
>もう置くところがなくなってきて足の踏み場もない状態です
>しかし私が片付ければ怒るのでそのままです

私の妻は私が怒ろうがなにしようが勝手に片付けます。
私もあきらめて逆に妻に訊きます
「あの銀行からきた返済表はどこだ?」
「俺が昨日会社から持ち帰った書類どこにしまった?」
それと、片付け屋の癖は慣れればすぐに読めるようになります。
本だけは、めちゃくちゃに置かれるので困りますが、基本的に私買ってきた
次の日にはその本のこと忘れていますから同じことです。

■見失う不安のある人には見える収納が有効

片付けない人は、モノを目につく場所に置くことで安心したいという特性が
あります。
モノと、空間の位置関係に抽象的な結びつきをつけるのが苦手なのです。
そこで、服の部屋 タオルの部屋 本の部屋 食器の部屋など
大きな空間のくくりで モノの種類と空間の関係を定めていきます。
決して引き出しや扉の向こうに隠さないことです。

逆に「奥さんのものは奥さんの部屋」これは、モノと空間の関係付けという点では
整理になっていません。
奥さんの衣類のハコ
奥さんの書類のハコ
奥さんの雑誌のハコ
奥さんの雑貨のハコ
ゴミはご主人が捨てるでしょうからおそらく散らかっているのは衣類と思われます。

>初めて妻の兄弟が遊びに来た時、自分の部屋を「相変わらずでしょ?」
>っと言っていましたのでかなり筋金入りの様です

うちの弟は私より筋金入りで、ゴミと衣類と書類と寝具の山のなかに暮らしています。
彼にはモノに対する執着がないというかモノの質より数や新しさに関心があります。

>ちょっと最後は愚痴っぽくなってしまいましたが
>だからといって妻に不満があるわけではありません
>ちょっと、片づけが出来ないけど他は概ね満点です。

おっと・・ごちそうさまです。

■3大区分

不用品を捨てさせて、ものの少ない生活の快感を味わっていただきましょう。
散らかっているのと無いのはよく似ています。

必要なものと不要なものの仕分け
これが、必要です。

大きく3つにわけます。

(1)衣類。
これは、女性に限らず、持ちすぎ。
パジャマとか、季節にあわせて2着づつあれば、あとは捨てましょう。
部屋着の類も2着に限定します。

普段着でもない、お洒落着でもない・・そういうガラクタ衣類を捨てましょう
それは、いつか着るかもしれない・・あるいは気まぐれに着ては脱ぎ捨て
られる可愛そうな衣類たちですから、無いほうがいいのです。
ものが少なくなれば 探すのも仕舞うのも楽になります。

下着、肌着、これはひとつだけチェストをあげて、そこに好きなだけ入れて
おいてもらいます。

ジャケット、スカート、ブラウス
これは、たたんでしまうのはやっかいですから、パイプハンガーに全部吊るす。
とにかく、洗濯済み、要洗濯の区別だけをして、着かけのものを増やさない。
お気に入りのジャケットやパンツなどレギュラー選手の特別席を用意する。

外出前に服を選んで、脱ぎ散らかしても、ハンガーなら容易に戻せます。

(2)書類、書籍
とにかく、書類書籍は、寝室とか書斎とかのライティングデスクから出さない。
居間や食卓で見るのは、新聞・雑誌。
はがき、書類、本は必ず書斎か寝室・・というように決めます。
領収書や請求書や明細書もすべてライティングデスクにおきます。
書籍・書類は、絶対に積み重ねない。
クリアホルダーで縦に並べます。
それと、基本書類は済んだら捨てる。保管するものはまとめて保管。

(3)食器
これも、好きなもの、いいものだけをとっておいて思い切って捨てます。
ものに、二軍、三軍を作るから、一軍のメンバーに三軍がまぎれこんで
使えない集団ができあがります。
基本的に、ものは一軍だけでいいのです。

これら、三大ちらかり民族にくらべて雑貨は少数民族。
数は知れたものです。
ジャケットの数より多い数のハサミがある家や、ガムテープが
1ダースある家、大工道具が5セットある家というのはないですが
プラスのドライバーはなぜか家中あわせると8本あったりします。

それとコスメチックスは、まさか散乱してないですよね。
いくら、片付け苦手な人でも自分が大切にしているものはきちんとしまって
いますよね。私も小銭は散乱していますが、お札はしっかり仕舞っています。
財布はよく場所がわからなくなりますけど(^^;

いやぁ 他人事ではないですねぇ

■うちと逆です

>自分の出した物位は片付けてとお願いするのですが
>出来ないようです
>片づけをしないことで一番困るのはよく物を探しているということです
>あれが無いこれが無いと言って探しています

うちと、全く逆ですね。私は生来片付けが苦手です。
家内が几帳面で、私の書斎も見事に片付けます。
私も、気が向くと片付けしますが、だいたい2ヶ月に一回くらい。

私は整理は好きです。
いるものといらないものを選り分けていらないものを捨てるのは大...続きを読む

Q漸化式a[n]=a[0]*a[1]*…*a[n-1]+p

漸化式
a[n]=a[0]*a[1]*…*a[n-1]+p
を解きたいのです。pは定数とします。

p=0であれば、
a[n]=a[0]*a[1]*…*a[n-3]*a[n-2]*a[n-1]
=a[0]^2*a[1]^2*…*a[n-3]^2*a[n-2]^2
=a[0]^4*a[1]^4*…*a[n-3]^4
=…
=a[0]^2^(n-1)
と解けます。

p=2、またa[0]=3としたりすると、
a[n]=2^2^n +1
が解であることは代入すればわかります。

一般のp(定数)、初期値も一般に与えて、その漸化式は解けますでしょか。
一般解でなくても、pがなにか具体的な数のときの解でもいいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

また思い出してちょっと見てみました。

p=1,a0=2としてエクセルでanを計算してみると、anは爆発的に増加
して、nが10を超えると計算できなくなってしまいますが、nが5を
過ぎるとlog(log(an))はほぼ直線になって、傾きがlog2になります。
なので、an=A^(2^n)+Bのような格好になるかと思います。

また、この漸化式はユークリッドの原論にある素数が無限にあること
の証明にあるものと似てるし、素数の逆数和が大体loglogの速さで
無限大に発散することとも関係してるのかも。
でも(2)のS[n]=1-1/P[n]からS[n]<1だから、anは素数に比べると
ものすごく少ないようだし、結局よくわからない・・・

そもそもこれ出典は何なんですか?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報