現在、国内で入手可能なDDC、USBあるいはIEEE1394のデジタル入力を同軸あるいはAES/EBUのデジタル出力に変換しDAコンバーターに送り込む機器で、最も高音質な製品はどれでしょうか?価格は問いません。そもそも、どのようなDDCを購入したところで、たいして音は変わらない、という意見も含め、最良のDDCの選び方をご教示くださいませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私に答える資格があるかどうか、ちょっと迷いますが、、



私、実証主義です。批評家の言うことはある程度しか信用しないことにしています。
DACはワイスやオルフェウス、エソテリック、ラックスなどなど 所有しています。
昔、ワディアやマークレビンソンも使っていました。
使わなくなった理由は、ペアのCDトランスポートが問題(消耗品ですので)。
こればかりは、新しいほうがいいと思うからです。したがってこれらの古いDACは消えました。

さて DDCの件ですが、、
リンデマンとエーワイ電子製品を所有しています。
(ボーナスが出たらフェーズテックを入れるつもり 笑い)
リンデマンはDDC+DACです。単体のDACより明らかにDDCをつないだほうがよろしい。
なおリンデマンのDACは電源を交換しています。

理屈からは音が変わるはずがないのですが、実際、確かに違います。
奥深さというか、背景というか、霧が晴れるというほどではないですが、
明らかに見通しが良くなった感じです。しっとりと落ち着いて聞けます。濃い音でしょうか。
ちなみに、これはサブのシステムの一つですが、
PC(自作)+リンデマンのDDC+DAC+アッティネーター+Sit2+ソナースファーベル

これから、雑談です。
オーディオ用の機種とプロ用の機種は違います。
一言で言うと、プロ用は十分ですが、色気が足りないことだけが不満です。
聞き取れない音はないかのようだが、甘みは少ないように思います。
特に、ワイスなどを使うとそう思います。でもこれは好みの問題かもしれません。

それから、古いDACについては、メーカーでのオーバーホールをお勧めします。

もうひとつ、リンデマンをメインの機種につながない理由は、メインの機械のバランスがとれているので、これ以上手を加えたくないからです。リンデマンは良い機種と思いますが、このメインの装置には届かないと思うからです。以上で、リンデマンの素性(能力)をご想像ください。 
なお私どちらかというと、音よりも音楽を聴くのが好きですので、多少の欠点は目をつぶります。そのへんも、割り引いてご判断ください。

以上私見ですが、ご参考になればと思います。
    • good
    • 0

>> LINNのDSを導入したのですが、どうもこの音の方向性が合わないようで、もう少し違う傾向の音を志向しはじめているところです。

そのためのDDCというわけです。 //

単体DACに関する経験はあまりないので、いい加減なことを言うかも知れませんが、「DACの音に疑問がある」のに「DACはそのままでDDCを導入する」ことが果たして適切なのかは、やや疑問があります。

確かに、DDCの導入によって音が変わる可能性はあるかも知れませんが、DACの「基本的な性格」まで変わるとは思えません。DDCの導入ももちろん検討されれば良いと思いますが、DAC自体の買い替えも含めて、幅広くお考えになったほうが良いのではないでしょうか。

DDCで音質が変わるとすれば、ジッタの影響が最も大きいような気がします。ジッタというのは、「タイミングのゆらぎ」です。例えば44.1kHzサンプリングの信号なら、「44100分の1秒ごとに正確に」伝送される必要がありますが、それが1回1回「44105分の1秒」だったり「44120分の1秒」だったりするのが、ジッタです。単位としては、「ps(ピコセカンド)」や「ns(ナノセカンド)」が用いられます。

これに対して、日本のメーカーがよく引き合いに出す「ppm(パーツ・パー・ミリオン=100万分の1)」は、ジッタとは直接の関係がありません。これは、もっと長期的な安定性を意味します。たとえば、「規格上は44100分の1秒ごとに発振するべき」なのに、実際には「44200分の1秒ごとに発振している」といった問題です。

時計に喩えるなら、「24時間=1440分=86400秒=1日」のはずなのに、個体差によって「86370秒で1日の時計」ができたり「86425秒で1日の時計」ができたりするのが「ppmの問題」です。言い換えれば、「月差10秒」と「月差30秒」の違い、ということです。もちろん、誤差が少ないに越したことはありませんが、多少ずれていても、「ほかの時計と比較する」ことがなければ、大した問題ではありません。音楽で言えば、「5分ジャストの曲」を「4分59秒59で再生し切ってしまう」という程度の問題です。

(で、いわゆるクロックジェネレータの役割というのは、その「ほかの時計との比較」で問題が出ないように、1個のクロックを全部の機材で共有するためのものです。従って、クロックジェネレータを使えば音質が上がるというのも、直接的な因果関係はないというか、本来の役割ではない訳です。ただ、一般論としては、低ジッタなジェネレータが多いとは思います。)

これに対して、「秒針の動きが、あるときは1.001秒だったり、別のときは0.98秒だったり」というのが、ジッタです。最終的に「86400カウントで1日」でも、「1カウント当たりの長さ」がバラバラだと困ります(極端な話、「86300秒間で1カウント」と「100秒間で86399カウント」という帳尻合わせでも「86400カウントで1日=86400秒」は守れますが、23時間58分も止まったままで最後の100秒間だけグルグル回ってくれても困る訳です)。

要するに、「ppmで表される性能」が高くて困ることはありませんが、それだけがデジタル信号の質を決めている訳ではない、ということです。むしろ、「ps/nsで表される性能」のほうが直接的でしょう。

この辺りもご参考に...
http://www.spatiality.jp/pcaudio-research/pcaudi …

という次第で、個人的には「ppm」にこだわるくせにジッタに言及しない製品は、ちょっと信頼できません(もちろん、たとえカタログ上でのジッタが低くても広告である以上全面的には信頼できませんが、しかし「ppm」が良いこと「だけ」をもって高音質の証であるかに宣伝するのは、ちょっとズルいと思います)。

なお、実用上は、ジッタは10ns程度で全く問題がないようです(Fireface 400/800/UCなどは、ジッタを含んだ信号でも2ns以下に抑えられることをウリにしています)。
http://www.synthax.jp/steadyclock.html

ということで、実践的ではない(頭でっかちの)蛇足だけですが、もしカタログスペックを参考にするのであれば、「ppm」ではなくジッタの値に注目されたほうが良いと思います(むろん、それだけで音質が決まる訳ではありませんが)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見をありがとうございます。私も貴殿の意見に全く賛成です。
私のDSは外部DACへの入力と出力ができないKLIMAXというもので、LINNのお仕着せの内臓DACからの音を聞く他はありません。これはLINNの音となります。これが不満があったわけです。
もう一系統もっているPlaybackのSACDプレーヤーについては、そのDACの音は気に入っています。素晴らしい。
これは外部からのデジタル入力を受け付けますので、試みにRATOCのRAL2496UT1という機械をDDCとしてハイレゾデータを送り込むと驚くほどの音質がえられました。しかし、この機械が最高のものとは私には思えません。いろいろなDDCが市場にまだあります。このため、最高のDDCはないのかなと探し始めたわけです。
(LINNにはAKURATE DSという機材もあり、これはデジタル出力を持つので、借用してPlaybackのSACDプレーヤーのDACにつなげてみたのですが、操作性はKLIMAXと同じなので、かなりいいのですけれど、音質的にPCとRATOCを介してつなげた場合と大きな差はありませんでした。)
貴殿のおっしゃりたいことの一つは、DDCの良し悪しは、カタログの数字だけを見て判断しない方がよいというお話ではないかと考えています。これは本当にそう思います。
また「DDCの導入によって音が変わる可能性はあるかも知れませんが、DACの「基本的な性格」まで変わるとは思えません。DDCの導入ももちろん検討されれば良いと思いますが、DAC自体の買い替えも含めて、幅広くお考えになったほうが良いのではないでしょうか」というくだりも、うなづけるところであります。
ただ読んでいただくとわかるように、私はSACDプレーヤーのDACの音は上記のとおり嫌いではありません。LINNのDSの音が私に合わないことは事実ですけれども。
私はDDCで音を変えたいのではなく、むしろ変えたくないのです。別な言い方をすればDDCの部分で音をロスしたくないのです。そのために多くのDDCを一挙に買って試聴しようとさえ考えましたが、いかんせん数が多すぎます。それで皆さんのお知恵を借りているところです。今回は本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/04/16 22:48

凄いですね・・・。



私などがお答えして良いのか分かりませんが。
RAL24192UT1とRUDD14は使用したことがありますので参考になれば。

RAL24192UT1に関してはDDCとしては効果を実感できませんでしたので手放しました。
手持ちのDDC機能付きの機器で試して見ましたがDA-200、RDA520もDDCとしての効果はやはり
実感できませんでした。

RUDD14は逆に非常に大きな効果を実感出来ているので今も使用しています。

精度が±1.0ppmと上記機種に比べ非常に高精度なのでその効果が大きいようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。大変に参考になります。RUDD14がいいという具体的な情報は貴重でした。精度が大事らしいのですね。そこのところに目をつけていきたいと思います。

お礼日時:2011/04/16 10:44

>> 現在200万円台のDAC を所有しており //



凄いですね。Fireface UCのDAで満足している(個人的に必要なレベルには足りているので、DACより先に欲しいものに散財している)私がコメントするのは、釈迦に説法かもしれませんが...

>> コンシュマーで使うには必要ない機能が多すぎ //

確かに、基本的には音楽制作用なので、家庭で使うには無駄な機能がたくさん生じます。ただ、「家庭用なら同じ値段でもっと良いか?」となると、それはそれで微妙だと思います。究極を求めるということであれば、業務用か民生用かという区別は捨象して考えたほうが良いのではないでしょうか。

>> それぞれ音に大きな違いがあるのでしょうか。 //

正直なところ、個人的には民生用オーディオにはあまり興味が湧かなくなっていて、あまり詳しいことは分かりません。最近は、レコーディング用機材やシンセサイザーに関心が移っています(Fireface UCも、主に録音がしたくて購入したものです)。

(じゃあ業務用ならどれのデジタル出力が高音質なんだ、と聞かれても、これだと確答できる訳ではありません。しかし、RMEのオーディオI/Fで録音されたCDなどもあるので、再生時にもその程度で充分ではないか、という気はします。買えない者の負け惜しみかも知れませんが...)

ただ、RATOCに関しては、元が定評あるパソコン周辺機器メーカーなので、ソフト(ドライバ)面での信頼性は高いと想像します。もちろん、他のメーカーが不真面目とか信頼できないとかいう意味ではありませんが、OSに精通している印象はあります。

ところで、個人的には、ダウンロード販売では聞きたい楽曲・演奏がほとんど見当たらないので、事実上CDから取り込んだファイルだけです。従って、Fireface UCも44.1kHzで動作させています。もちろん、176.4kHzや192kHzでも動作しますが、リサンプリングによって音質が変化してしまうので、リスニング時は44.1kHz固定です。

つまり、お手持ちのファイルがハイレゾなのであれば、オーディオI/F(DDC)もそれに対応させたほうが良いと思いますが、CDから取り込んだファイルなのであれば、敢えて192kHz等に対応している必要もないような気がします(質の良いアップサンプリングができる再生ソフトをお使いなら、それもありかも知れませんが)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素晴らしい回答をいただき、大変勉強になります。私はCDをリッピングしたデータをDACに送りこんだ場合と、CDをそのまま所有するSACDプレーヤーで演奏させた場合を比較しましたが、多くの側面でCDをそのまま演奏させた方が音が良かったため、CDリッピングは中止しました。そのかわりハイレゾデータには(SACDを除いては)優位性を感じたため、24Bit,96KHz以上のデータのみを扱っています。音源についてはあらゆるダウンロードソースを利用しても、望む楽曲を十分に得られなかったのは貴方と同じだったのですが、最近DVDオーディオをリッピングすることに成功し、手元にはそれなりの数のハイレゾデータが揃い始めました。192Khzのデータはまだ少ないですが。そこでLINNのDSを導入したのですが、どうもこの音の方向性が合わないようで、もう少し違う傾向の音を志向しはじめているところです。そのためのDDCというわけです。やはりFireface はなかなかいいようですね。また、業務用か民生用かという区別は捨象して考えたほうが良いというご意見はとても参考になります。ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/15 00:19

>> USBあるいはIEEE1394のデジタル入力 //



これは、つまり、パソコンで再生する(PCオーディオ)ということでしょうか?

仮にそうだとすると、高いほうではPrism Sound Orpheusや、Apogee Symphony I/O、ややマイナーですがMetric Halo辺りになるかと思います。Prism SoundやApogeeは、どちらもスタジオ向けのデジタルオーディオ機器で名声を得たメーカーですが、家庭用オーディオでも使っている人がいるようです。Metric Haloも、スタジオ導入事例があるようです。安めだと、RME Firefaceシリーズや、Lynx辺りが定評があるでしょうか。このクラスでも、プロの現場で使われています。

基本的にはジッタの低減がキモになるようなので、ワードシンクを併用する人もいるようです(が、しかし、RMEやLynxクラスでも充分に低ジッタだと思う、というかそれをウリの1つにしているので、果たして家庭用でクロックジェネレータ/ディストリビュータまで要るかいな?という気がしないではありません)。

しかし、RME辺りでも、アナログ出力の音が国内某メーカーの50万円クラスのCDプレーヤーより好みだ、という人もいるようなので、別途DACがなくとも充分DACとして通用しうるものではあります。もちろん、好みの問題で別途DACを使うのは十分ありです。

AES/EBUは、基本的にこの手の業務用オーディオI/Fなら、ほぼ間違いなく対応しています(ただし、RMEのように同軸端子しかない場合もあるので、DAC側がXLR端子なのであれば、やや強引な接続になります。Fireface UFXならXLR端子もありますが)。もちろん、SPDIFにも対応しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。おっしゃるとおり、PCオーディオに使うためです。現在200万円台のDAC を所有しており、24bit196khzに対応しており、これに見合うDDCを探しています。オルフエウスはDAC としての音は試聴済みで、なかなか素晴らしいと思いましたが、コンシュマーで使うには必要ない機能が多すぎ、導入には至りませんでした。DDCとしての機能に全力投球した、特化したものは、プロ用の機材にはかなわないのでしょうか。phasetech digital ,RATOC,Mcaudi,M2TECH,Berkley audio design,ラステーム、WEISS,リンデマン、AYRE ,RME,JAVS等、候補に考えてますが、それぞれ音に大きな違いがあるのでしょうか。

お礼日時:2011/04/14 16:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q探偵学園Qのコミックプレゼントのあて先

先日放送していた探偵学園Qの最後で、原作コミック全巻プレゼントという告知がされていたと思うのですが、どなたかあて先をご存知の方いらっしゃいますでしょうか?

Aベストアンサー

宛先 105-8704 日本テレビ
「探偵学園Q」原作本プレゼント 係

ハガキに住所・氏名・年齢・番組への感想をご記入の上 ご応募ください。

7月15日 当日消印有効


と、なっていました。

Q外付けUSBオーディオ機器からの同軸デジタル出力と音質について

PC→外付けUSBオーディオ機器→同軸デジタル→DAC
という接続と、
PC→内蔵サウンドカード→光デジタル→DAC
という接続では、一般的にどちらの方が音質面で有利なのでしょうか?

USBより光、光より同軸の方がジッターが少なく有利とはよく聞くのですが
外付けUSBオーディオ機器から改めて同軸デジタルで出すという場合にはどうなるのでしょう?

Aベストアンサー

ジッターはCDのような回転体から読み出すような場合しか生じません。
通常のデジタル伝送の場合は問題ありません。

さて、信号の種類は、USBから出ている信号と、音声デジタル信号は異なります。音声デジタル信号にはパリティ・チェックがかかりません。
脈絡の無い信号が来たら、前後から勝手に作り補正します。

そのため、DACがUSB接続可能なら、それが一番確実に伝送できます。
外付けのUSBオーディオ・インターフェイスまでは、リトライありで送られます。それ以降の機器がビットストリームしか受付けない場合に、わざわざ音声デジタル信号に変換して送出せざるを得ないのです。

よくジッターを気にする人が多いですが、そんなに気にすることはありません。むしろ、CDの製造工程に音質の問題があります。
CDはスタンパーという凹凸の印刷機で作るのです。そのときにビットエラーがたくさん生じますが、再生機で補正して再生するのです。

ですから、ダウンロード(パリティ・チェックあり),ICメモリー(ジッターなし),ハードディスク(リトライあり)などが音質的には優れていると言えますが、差が分かる人はいないでしょう。
スタジオの録音は、最近はメモリーカードかハードディスクです。それをCD-ROMに直接焼いてもらうのが一番音が良いと言えます。

ジッターはCDのような回転体から読み出すような場合しか生じません。
通常のデジタル伝送の場合は問題ありません。

さて、信号の種類は、USBから出ている信号と、音声デジタル信号は異なります。音声デジタル信号にはパリティ・チェックがかかりません。
脈絡の無い信号が来たら、前後から勝手に作り補正します。

そのため、DACがUSB接続可能なら、それが一番確実に伝送できます。
外付けのUSBオーディオ・インターフェイスまでは、リトライありで送られます。それ以降の機器がビットストリームしか受付...続きを読む

Q探偵学園Qの冥王星とは??。

今さらで恐縮ですが、探偵学園Qに出てくる冥王星という団体はどういう考えの基に何を求めているのでしょうか??。

Aベストアンサー

原作漫画では、『完全犯罪は知性的で美しい』というポリシーのもと、金銭と引き換えに困っている人に完全犯罪を提供し、成し遂げるまで見届け、失敗したら依頼人を始末(口止め)する団体でした。

純粋に犯罪が好きなだけで、世界征服のようなことは狙っていませんでした。

Q光デジタルと同軸デジタルの変換での音質ロスについて

光デジタルと同軸デジタルの変換での音質ロスについて

光デジタルと同軸デジタルの変換を行おうと思います。
利用する機器はオーディオテクニカのAT-HDSL1とAT-HDSL2です。

PCの同軸デジタル出力→AT-HDSL1→AT-HDSL2→オーディオ光デジタル入力
というふうに考えております。

そこで、このような接続を行うと、
ケーブル一本で接続するよりも、少なからず音質に影響するのでしょうか?
明らかに聞いていて差があるのか、または、人間の耳ではわからないくらいなのか
気になります。

Aベストアンサー

デジタルは、音質の変化が無いのでなく
データに変化が無いのが正しい

デジタル信号も、ノイズの影響や、伝送経路の特性などから様々な影響を受けます

最終的な音質は、0と1のデータでなくD/A変換の質と精度で決まりりますが、入力されるデジタル信号の質が低下すれば少なからずその影響を受けます
耳の良い人はその差を聞き分ける事ができます

>明らかに聞いていて差があるのか、または、人間の耳ではわからないくらいなのか 気になります。

アナログのように接点が増えれば単純に信号が劣化するのではなく
デジタル信号を処理する回路と出力回路の性能に左右されると思います

その差が分かるかどうかは、機材のレベルと、聞く側の意識の問題

Q探偵学園Qの謎

探偵学園Qは、去年完結しましたが、どこか自分の中では、すっきりしません。
事件1つ1つの謎ではなく、全体の謎として横たわっているのは何だと思いますか?
申し訳ないですが、知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

個人的には「九頭龍日記の詳細教えてくれ」と「これまでキュウの苗字何ってことになってたのさ?」というのが引っかかっていますが…

Q現在単品cdプレーヤーを探しています。条件としては ・usb-dac(u-05)にデジタル接続したい

現在単品cdプレーヤーを探しています。条件としては
・usb-dac(u-05)にデジタル接続したいのでデジタル出力端子搭載
・フロントパネルはなるべくアルミ
・マランツやデノンのような丸っこい形は好まない
・予算は、〜3万ぐらいまで(安い方がいいです)
これらの条件に合うcdプレーヤーはありますでしょうか?sacdやusb端子などといった機能は一切いらないので(もちろんあっても構いませんが)オススメのcdプレーヤーがあれば教えてください。

Aベストアンサー

これですか?
http://www.jp.onkyo.com/audiovisual/purecomponents/cd_player/c7030/index.htm

http://jp.pioneer-audiovisual.com/components/pureaudio/pd-30ae_pd-10ae/

http://jp.yamaha.com/products/audio-visual/hifi-components/cd-players/cd-s300_silver__j/?mode=model

Q探偵学園Q再放送について☆

公式hpで今日のお昼
探偵学園Qの再放送があると
知ったんですが、やっていませんでした。
愛知住みなのですが、
愛知では、やらないのでしょうか?
時間帯が他の地区と違うのであれば、教えてください。

Aベストアンサー

日本テレビ(関東地方)だけの再放送かもしれません。
ドラバラZONE枠で放送しています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%90%E3%83%A9ZONE
http://www.ntv.co.jp/program2007/pgm8.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%A2%E5%81%B5%E5%AD%A6%E5%9C%92Q#.E3.83.86.E3.83.AC.E3.83.93.E3.83.89.E3.83.A9.E3.83.9E

愛知県の日本テレビ系列の局は中京テレビになるのだと思いますが、放送されていないようです。そちらの番組表やポータルサイトのテレビ番組表などで調べて確認してみてください。

http://www.ctv.co.jp/indexmenu.html
http://tv.yahoo.co.jp/

QHDMIから光デジタルか同軸デジタルかUSB変換

HDMIから『光デジタル』又は『同軸デジタル』又は『USB』に変換出来る機器は
ありませんでしょうか? (音質重視)

ヘッドフォンアンプ
FOSTEX HP-A8 を購入したのですが(未だ届いていない)
各機器から光デジタル(OPTICAL)を出して
現在使っているAVアンプとヘッドフォンアンプに分配して
ヘッドフォンアンプに集約する機器などを接続していると
かなり配線が複雑になります。
また、懐疑的ではありますが分配機・集約機を通すと
音質劣化も心配です。

そこで
一旦、AVアンプに集約されているので
プリアウトから出せば良いのですが
プリアウトはRCAケーブルしかありません。
出来ればDACはヘッドフォンアンプのモノを使いたいので
AVアンプからデジタル出力したいのです。
そうなると、HDMIしかないのですが
HP-A8にはHDMI入力はありません。

何かHDMIから『光デジタル』又は『同軸デジタル』又は『USB』に変換出来る機器は
ありませんでしょうか? 
御詳しい方、教えて頂ければ幸いに存じます。
予算は1~2万円ですが音質重視です。
よろしく御願い申し上げます。

HDMIから『光デジタル』又は『同軸デジタル』又は『USB』に変換出来る機器は
ありませんでしょうか? (音質重視)

ヘッドフォンアンプ
FOSTEX HP-A8 を購入したのですが(未だ届いていない)
各機器から光デジタル(OPTICAL)を出して
現在使っているAVアンプとヘッドフォンアンプに分配して
ヘッドフォンアンプに集約する機器などを接続していると
かなり配線が複雑になります。
また、懐疑的ではありますが分配機・集約機を通すと
音質劣化も心配です。

そこで
一旦、AVアンプに集約されているので
プリア...続きを読む

Aベストアンサー

https://www.donya.jp/item/24870.html
http://www.micomsoft.co.jp/xdac-1.htm

音質についてはわかりません。

またUSBに変換するものは製品としては存在しないと思います。
USBホストコントローラーとHDMIキャプチャとそれらのドライバを持ったものということになるのでほとんどPCに・・・

Q探偵学園Qって終了したんですか?

金田一少年の事件簿が連載が再開されたらしいんですが
1それまで連載されていた探偵学園Qは終了したのでしょうか?
2内容はどんなものでしょう?
前作でどこかに旅に出て最終話を迎えましたが
それの続きとかですか?
3それと金田一少年の事件簿はタイトルは何か変わりましたか?
回答お願いします

Aベストアンサー

こんにちは。

>1
はい、『探偵学園Qは終了しました。』

>2
内容は、話は繋がっていますが、旅の途中、造詣の深いオペラ座館である集まりがあり、招待状が届いたので、寄り道してみたものの、またそこで殺人事件が起こるって感じですね。

どうでもいいですが、旅の途中でどうやって招待状を受け取るんでしょうかね?家・もしくはみゆきを経由してうけとったのかでしょうか?
みゆきは、はじめちゃんが『確かに招待状を受け取っている』って確信はないようなそぶりでしたし、剣持警部も・・・。にもかかわらず、必ず来ると言う確信はあったようで、時間ギリギリまで待ってましたし・・・。まあ、もしかするとその辺にも重大な意味が隠されていて、後々明らかにされるかもしれませんが。
考えすぎかも。

ちなみにオペラ座館で起こる殺人事件は3回目で、第一弾は、最初の事件でコミックス1巻に、第二弾は小説のみで出ています。


また、前にも一度金田一連載終了後、探偵学園Qを一時期休載して、金田一再開したことがあります。『吸血鬼伝説殺人事件』と言うやつです。単行本化されています。今回も何週かで終わると思いますが、コミック化されるでしょう。

>3
タイトルは・・・分かりません。
基本的には変わっていないと思いますが、もしかしたら『帰ってきた』とか『リターンズ』とか付いていたかもしれません。

こんにちは。

>1
はい、『探偵学園Qは終了しました。』

>2
内容は、話は繋がっていますが、旅の途中、造詣の深いオペラ座館である集まりがあり、招待状が届いたので、寄り道してみたものの、またそこで殺人事件が起こるって感じですね。

どうでもいいですが、旅の途中でどうやって招待状を受け取るんでしょうかね?家・もしくはみゆきを経由してうけとったのかでしょうか?
みゆきは、はじめちゃんが『確かに招待状を受け取っている』って確信はないようなそぶりでしたし、剣持警部も・・・。にも...続きを読む

Qデジタルオーディオ出力(ミニプラグ)→同軸デジタル入力 って可能ですか?

デジタルオーディオ出力(ミニプラグ)→同軸デジタル入力
をしたいのですが変換するためのパーツが見つかりません。
無理なことなんでしょうか??
ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

機器///////////////////
・出力
iMac 20inch 2.4GHz(現行モデル)
http://www.apple.com/jp/imac/specs.html

・入力
Pioneer SE-DIR2000C
http://pioneer.jp/topec/product/accessory/cord_head/index.html

Aベストアンサー

iMac、その他メーカーもほぼ同じですが、ノートPCのデジタル音声は光出力になっています。電気信号であることは稀少です。
しかし、ジャックの形状がヘッドホン端子と兼用するための、ステレオミニプラグ対応になっています。
接続するには、先端形状がステレオミニプラグの形状をした光ケーブルを差し込むことになります。
パイオニアのヘッドホンのトランスミッター部分には光入力があるようですから、わざわざ光→同軸変換器(例えばフォステクスCOP-1/96K,あるいはオーディオテクニカAT-HDSL1)を使うまでもなく、リンク先のような光ケーブルを使用すればよいかと思います。

参考URL:http://www.murauchi.com/MCJ-front-web/CoD/0000000000260/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報