ドラムを夜中に叩いて練習しても近隣からクレームにならないような部屋を新築マンションの一部屋に作りたいのです。練習中、耳から入ってくるドラムの練習音も最適な響きで感じられる部屋にしたいです。専門の業者に頼む場合、どのくらいの予算を見ておけばよろしいのでしょうか?部屋の大きさは最低どの程度の部屋を考えておけばよいのでしょうか?また、工事業者さんはどういう感じの業者さんにお願いすればよろしいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ドラムの防音は、防音工事の中でも一番高いです。


私は6畳の部屋で、510万円でした。
これが高いかどうかですが、自分で7社に見積もりを出してもらい金額比較しました。
ただ、友人が凄くよかったというサイトを紹介してもらい、専門の見積もりサイトに最終的にはお願いして一番安く信頼のある会社さんをご紹介していただけました。
最初からここに頼んだ方が楽かもしれませんね。

ちなみにこのサイトを使いました。
http://www.bouon-kouji.net

友人の3人もここで頼んで、2人は見積もりが届いて1人は見積もりが上がらなかったので
予算次第ではあがらないかもしれません。

そして、業者さんですが、とにかく何でも言える関係を作ることだと思います。
重要な点として、新築の場合は工務店さんとのやり取りも必要となってきます。
・・・マンションでしたね。その場合は、下の階、となりの階の人との交渉
も重要になってきます。そういう細かい対応をしてくれる業者さんを選択
するといいでしょう。

ドラムが得意な業者さんを選択、ただ防音できればいいというのであれば安くすることもできますが、やはりドラムの施工が得意な業者さんが一番いいです。

600万以上にはならないと思います。
ドラムだけを叩くだけであれば、6畳でなくても大丈夫だと思います。
私の家は宮城で地震の影響が凄くとてもドラムをたたく気分じゃありませんが
普通の生活に戻れるよう頑張っていきます。

なお、ヤマハのアビテックスもいいですが、カワイのナサールの方が
いいという話を聞きます。

参考URL:http://www.bouon-kouji.net
    • good
    • 0

ヤマハの防音ルームかな

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【至急】【至急】【至急】【料理・きな粉餅の作り方】きな粉餅の作り方を至急教えてください。 タッパー

【至急】【至急】【至急】【料理・きな粉餅の作り方】きな粉餅の作り方を至急教えてください。

タッパーに餅が浸かるくらい水を入れて、レンジのオートでやったら、何も変化がない堅い餅のまま終わりました。

何ででしょう???

どうすればいいんですか!!!

Aベストアンサー

きな粉餅?、安倍川餅ですね、餅の大きさにもよりますが、電子レンジなら600W1分で様子を見て、膨らみ始めたら止める、膨らまないときは、600W1分を繰り返し、膨らみ始めたら、止める。ぬるま湯にその餅を入れて、水気をサッと取り、きな粉と砂糖と塩少量を混ぜた粉に入れて塗せば、出来あがり。

Q音楽練習用の防音室を納戸で申請しています。申請は通ったのですが、部屋の

音楽練習用の防音室を納戸で申請しています。申請は通ったのですが、部屋の仕上げを見れば納戸ではないことが分かると思うのですが、完了検査は通るのでしょうか?
建物は木造2階建てで、防音室は2階で8帖弱の大きさです。宜しく御願いします。

Aベストアンサー

建築確認申請上の「納戸」と「居室」の違いは、採光面積です。
床面積に対して窓面積の基準があり、基準以下だと
居室として認められず、納戸になります。
建築基準法上は「居室ではない部屋」ということです。
居室とは、日常生活を営む部屋と考えてください。

納戸をどんな使い方にしようがが居住者の自由です。
音楽練習室でもかまいません。

Q家庭で豆餅の作り方を知たい

知人より丹波の黒豆を頂いたので、昔、田舎で食べた、豆の入った餅を作りたのですが、作り方がよくわかりません。
あわ・きびの餅も作ってみたいと思っているのですが、ご存じのかたがありましたら教えてください。
毎年、家庭用の餅つき機で普通の餅つきをしています。

Aベストアンサー

http://www.ecorient.co.jp/cgi-bin/design/2board/messages/337.html
 主人の実家で毎年作るのはこんな感じです。ただ、餅をつき終わってから豆を入れます。

 きびとあわについては参考URLがわかりやすいかなと思います。

http://www.bunka.pref.iwate.jp/seikatsu/ryouri/shousai/ryouri_071.html
 ↑これもおいしそうです。

参考URL:http://www.kokuman.com/kibi-awa.htm

Q防音室(音楽用スタジオ)の防音(遮音&吸音)について助けて下さい!

録音&リハとして使えるような小さな音楽室を持ちたいと考え、それを設計士に伝えた所、スタジオは初めてではありますが、精力的に取り組んで頂きました。

実施設計図面が出来たのですが、何ぶん彼がスタジオ設計のプロではないので少し不安があります。

★広さ
●9畳位(ドラムも入る)一階です。
★外壁
●外壁/サイディングt=12通気金具t=18
●ブレース/FB-90×6
●縦胴縁/42.5×45@455
●CB C種/t=100(穴部モルタル充填)
●鉛シート貼り(コーナー部分のみ)
●モルタル/t=30塗り
●胴縁/60×30@455(吸音材ロックウールBDKt=50)
●内壁/PBt=12 5 AEP
★床
●タイルカーペット t=6.5 
●下地 構造用合板 t=12 捨貼
●根太 45×45@455(断熱材スタイロフォームt=45)
●大引 90×90@910
●束 90×90@910
●束石 200×200×100@910
★天井
●吊木 45×45@455
●野縁受 45×45@910
●野縁 45×45@455
●遮音材 粘着遮音シート t=2.3
●天井 PB t=12.5+9.5-12.5 AEP
★換気扇
●防音換気扇ロスナイ/三菱VL-100EU3-J
(配管、ベントキャップは防音仕様とする)
★隣室との間仕切り(浴室)
●外壁と同じ造りで、外壁材がないだけの様子
●防音扉は一枚
小さい防音複層ガラス窓があるドアで、
レバーハンドル、ドアチェック(コンシールドタイプ・ストッパー付)MIWA700又は同等品)下枠、SUS304木枠あり。と書いてあります。
楽器演奏対応としてはどの程度まで外に音が漏れるのを防げるか、御意見頂く事はできないでしょうか?

録音&リハとして使えるような小さな音楽室を持ちたいと考え、それを設計士に伝えた所、スタジオは初めてではありますが、精力的に取り組んで頂きました。

実施設計図面が出来たのですが、何ぶん彼がスタジオ設計のプロではないので少し不安があります。

★広さ
●9畳位(ドラムも入る)一階です。
★外壁
●外壁/サイディングt=12通気金具t=18
●ブレース/FB-90×6
●縦胴縁/42.5×45@455
●CB C種/t=100(穴部モルタル充填)
●鉛シート貼り(コーナー部分のみ)
●モルタル/t=30塗り
●胴縁/60×30@...続きを読む

Aベストアンサー

二重構造になっていないようですね。それでは高い防音性能は出ません。

基本は部屋の中に更にもう一つの部屋を作るように入れ子構造で振動を遮断することが必要です。
床、壁、天井すべてが分離された構造になっている必要があります。
もちろん空中に浮かせることは出来ませんので、床面では専用の防振支持器具などを使い支えるようにします。

室内の音響環境については専門家でないと事前に知ることは困難ですから、始めはライブでも良いので出来上がってから吸音材その他でライブ過ぎたら調節するなどの工夫も必要でしょう。
なお、正方形型の部屋は音響環境としては最悪です。長方形にしましょう。

Q味噌餅の作り方

06年2月に「おもいっきりテレビ」で山形県長井市の味噌餅が紹介され、そこで味噌餅の作り方を説明していました。ですが、レシピをすっかり忘れてしまいました。

どなたか、味噌餅の作り方を教えてください。

Aベストアンサー

こちらですか?
http://www.ntv.co.jp/omo-tv/05/0602/0206.html

Q防音室

マンション内に自作の防音室(約2畳)を作りました。
総重量で大体200kgぐらいだと思います。
引越しで撤去しなければならなくなり廃棄物回収業者に見積もりしてもらった所、素材の種類も特質(グラスウールや石膏ボードやコンパネ)で重量のある解体作業の為、多分どこに依頼しても20万円前後はすると思うけれど、何とか13万円ぐらいで引き受けますとの見積もりでした。
作成した私も手伝うという条件で、業者さん2名での作業だそうです。
これは一般的には、やはり安いでしょうか?

Aベストアンサー

ちょっと高いですね。
コンクリートブロックや、ALCならばこの程度の見積もりになることがあるかもしれません。
一般的に、質問のような素材ならばもっと安くできると思います。

#1さんのように大工さんや工務店に頼むか、心当たりがなければ便利屋さんをあたったほうがよいとおもいます。

Qあべかわ餅の作り方について

あべかわ餅の作り方について
私は、お餅を焼いたら、お湯にくぐらせてきな粉をつけます。
主人と主人の身内は、お湯ではなく、お湯としょうゆを1対1で混ぜたものにくぐらせます。正直、しょっぱくて私は食べられません。
こういう作り方をする方は、おられますか?地域によっては、普通なのでしょうか?

Aベストアンサー

聞いたことも食べたこともない作り方です。
うちでは、焼く→お湯につけてやわらかくする→砂糖をまぜたきな粉をまんべんなく付ける
で食べます。
基本的にはしょっぱいものではなく甘いものだと思っていますがいかがでしょう。

Qピアノ用防音室について

新築の一部屋だけ、グランドピアノ用の防音室を作りたいと考えています。建築会社の最終的な提案は、
(1)断熱材は発泡ウレタンホームに石膏ボードを2枚
という簡単なものでした。(予算の関係からです)
 当初は、
(2)グラスウール(100mm)に遮音シート、石膏ボード(1枚)
でした。正直、(1)と(2)ではどちらが、防音性はよいのでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問の内容は二つの選択肢のどれを採るか、のようです。

その内容について、材質は書いてありますが、それをどのように施工するのかが解りません。なのて専門家でもお答えはしづらと思います。

石膏ボードは何ミリなのか、遮音シートの材質は何でそれは何ミリなのか、二枚を離すのか重ねるのか、その部屋に隣接する部屋の壁の処理はどうなのか、外壁に対する配慮はどうか、施工精度をどう確保するのか。それら全部が成果に関わっているようです。

今回は壁の材質についてに限ってのご質問ですが、建築会社からは施工方法などの情報は出ていますか。
問題は壁よりは窓やドアがより切実な遮音対策対象ですが、それについてはどうなのでしょうか? 又天井・床はどうなのでしょうか?

遮音は大変専門的な分野ですし、グランドピアノなら音圧も家庭のアップライトピアノよりは大きいです。そもそもピアノの音は遮音が難しい方に分類されるそうです。

設計士の方が音への理解をお持ちなら特別な遮音資材を使わなくても通常の建築資材で遮音工事は可能とのことですし(資材の量と大工手間は別の問題ですけど)、間取りの取り方も遮音に関わります。そのような施工者のノウハウも重要ですが、ご質問者さんが用意される予算も防音室と呼べるものの成果を左右しそうです。

大変厳しい事を申し上げています。ご質問から受ける印象だけから申し上げるので失礼なのですが、二つの選択肢どちらを採用されても大きく結果を左右しないのではないだろうかと心配です。

多分知りたい事は沢山出て来ると思いますので、この回答をきっかけにして「遮音室」「防音」あたりをキーワードにネット検索して見られることをお勧めします。

ご質問の内容は二つの選択肢のどれを採るか、のようです。

その内容について、材質は書いてありますが、それをどのように施工するのかが解りません。なのて専門家でもお答えはしづらと思います。

石膏ボードは何ミリなのか、遮音シートの材質は何でそれは何ミリなのか、二枚を離すのか重ねるのか、その部屋に隣接する部屋の壁の処理はどうなのか、外壁に対する配慮はどうか、施工精度をどう確保するのか。それら全部が成果に関わっているようです。

今回は壁の材質についてに限ってのご質問ですが、建築...続きを読む

Qエビ餅の作り方がわかりません

お正月用の餅をつくのですが、エビ餅をリクエストされました。
一般的なエビ餅の作り方を詳しく教えてください。

Aベストアンサー

大阪の泉州在住です。
今時、まだ<きね>で餅をついてます。
地域柄これしか作ったことがありませんので、あしからず (^_^メ)

干しエビ(ひと臼で2~3袋入れます)をすりつぶして、蒸した餅米をいれつきます。
でも、うちの地方は、こういった海老やザラメやアオサ(青のりのことです)を入れる時は、もち米と、米を半々にして(団子っていうんですが)つき上げたら、それを手の掌くらいの幅の棒状にして、少し固まったところで3~4センチの幅に切って冷凍保存するんです。米はいくらついても、つぶれませんので粒粒が残ります。

海老もち(団子)は、只焼くか、鍋に入れて食べてます。
参考になりますか・・・ごめんなさいね!

Q放送室やスタジオにある防音ガラス

放送室やスタジオにある防音ガラスというのは、厚みはどれくらいで、それは強化ガラスなのでしょうか。また、価格や規格品のサイズ等についても知りたいです。
学校や音楽スタジオなどを設計されたことのある方
是非教えて下さい。

Aベストアンサー

通常は普通のフロートガラス(一般住宅でよく見られるもの)であり、特殊なものではありません。
防音は異なる厚さのガラスを複数枚間隔をあけてはめ込み、更にガラスと窓枠との間も気密を取るのと振動を吸収するように工夫してあります。
ガラスはかなり面密度(単位面積あたりの密度)が大きいので、ガラス固有のコインシデンス周波数が重ならないように厚みを変えることで遮音性をあげています。
もちろん使われるガラスの厚みも通常のサッシが3,4mm程度なのに対して最低でも8mm以上あるものを組み合わせます。(10mm以上のガラスを組み合わせているのが普通と思います)
枚数は最低3枚以上あるでしょう。

具体的な厚みと枚数は求められる遮音性能に合わせて設計します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報