初めて虫歯になってしまい、痛み出す前に治療に行こうと思っています。
お恥ずかしい話ですが、痛いのがかなり苦手なので、痛い治療なら充分に心の準備をしてから行こうと思っています。
虫歯治療経験のある方、教えて下さい。

A 回答 (8件)

他の方と少々意見が違いますが、治療に関していえば私は、痛くなかったです。


虫歯の進行具合によっては、ほんの初期虫歯だと削らずに簡単な治療で済むこともあります。
これだと、ほんとに痛くないです。
虫歯が進行して削る場合も、
私の通っている歯医者さんでは、まず、麻酔の注射をする前に注射そのものが痛くないように、
麻酔がしみこんだ綿?みたいなものをぬりぬり。
しばらくしてから、麻酔注射。でも、その時点で痛みも何も感じません。
さわってるのがなんとなくわかる位。
それから、麻酔が効くまで待つ。
もし、万が一、治療途中で痛みがあるときは、手を上げて再度痛み止めを追加で注射してくれます。
(私は、追加なしでも大丈夫でしたが。)
そのあと、型を取ったり等ありますが、口をあけてるのがだるいと思うことはあっても、痛いと感じたことはありません。
ただ、麻酔が切れたあとで痛みを感じたり、冷たいものがしみたりすることはありますが、痛み止めも処方してくださるので
大丈夫ですよ。
ただ、痛みの感じ方は、人それぞれですので一概には言えませんが、そんなに恐れることはないと思います。
あと、麻酔で口がゆがんでしまうので、治療後は麻酔が切れるまでちょっと恥ずかしい顔です。
    • good
    • 10

ご心配のことと思います。

虫歯の治療もその進行によって違ってくると思います。必要に応じて麻酔も使用しますので、過度な心配はいらないと思います。お大事にされてください。
    • good
    • 2

専門家紹介

ドクターズミー医師

職業:医者

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、
メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する医師が回答します!
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

先日、治療が終わりましたが歯医者さん曰く、


男性より女性の方が痛みに強いらしいです。
痛い時は痛いですが、痛くない時もあります。

膿が溜まってる時は、かき出す時にかなり痛いですが、
結局、痛いのは避けられないため覚悟して行きます。

ただ、余り痛い痛いと思ってると余計痛いと思いますよ。
病は気からと言いますが、意識をそらせば痛みもそんなに気にならないと
思います。(上手い例えになってない?)

今日の晩御飯何にしようかとか、明日は何して遊ぼうとか
適当な事を考えておくと意識もそらせると思います。

痛くて当然の治療の場合は、麻酔もしてくれるはずですし、
医者によっては、笑気ガスを採用している所もあるので
依頼すればやってくれると思います。
当方は、特にやってもらわないで大丈夫でした。

やはり、余り気に掛けない事でしょう。
    • good
    • 6

大丈夫ですよ^^


私も虫歯治療で何度か歯医者行って治療受けてますが、痛くありません。
神経まで虫歯が出来てる場合は歯茎に麻酔をして治療します。麻酔をしてるので痛くないです。麻酔の注射も射す時にチクッとする程度で痛くないですよ。

まだ痛みだしてない虫歯ならそんなに進行してないはずですから治療で痛みを感じることはないと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

そう言っていただけると安心します。
早めに歯医者に行ってきます!

お礼日時:2011/04/14 18:10

何が何でも痛いです。

我慢するしかないです。絶対痒いはずはありません。
ギ~ギ~削られますから、背筋も凍りつきます。頭の芯まで震えが来ます。
二度と、虫歯になるまいと思います。
下手な歯医者にかかったら、悲劇の中の悲劇です。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

そ・・・そんなにですか。。。ちょっと怖くなってきました

お礼日時:2011/04/14 17:47

治療するときに、ますいをかけるので心配はありません。

でも、ちくっと一瞬だけしますが、そんなに痛くないので大丈夫です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

注射も苦手なんですよね~。覚悟していきます!

お礼日時:2011/04/14 17:46

痛いですよ、


削るなら麻酔します、そのときは歯茎に針刺します、
針刺す前に歯茎周りを麻酔しますが(これは塗るタイプ)、それでもちくっとします(通常数箇所刺します)。

又、削るときにも麻酔が足りない場合があるので(一度に大量に使用できないため)、痛みが走ったりします。

神経が死んでなければ、痛みは基本あると思ってください(滲みたりもする)。

歯科医によっては、初診時に既往歴やアンケート等の記入があります、そのときに、痛いのが苦手などの項目があるところもあります、無い場合は備考欄か余白に書き添えておけばいいです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

覚悟して行きます。
アンケートなどがあれば真っ先に痛いのが苦手と書こうと思います。

お礼日時:2011/04/14 17:45

虫歯の深さによりますね。


浅いのならほとんど感じないですよ。
深い場合は、麻酔をしますから、ほぼ痛くないです。
しかし、深い虫歯の場合は、麻酔をしても痛いです。
まあ、基本的には、痛みよりも、削るときの音の方が怖いでしょう。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
浅いうちに治療に行きたいと思います。

お礼日時:2011/04/14 17:43
  • むし歯・う蝕のまとめページ

    むし歯(う蝕)とはどんな病気か  むし歯は、口のなかに常在している細菌の感染により歯質が軟らかくなり、崩壊していく病気です。日本では、食生活の変化とともに多くの人が罹患(りかん)するようになっています。  6年に一度行われる歯科疾患実態調査の最近(2005年)の結果では、6歳における乳歯のむし歯および12歳における永久歯のう蝕有病歯率(ゆうびょうしりつ)(処置された、あるいは未処置のむし歯をもっている割合)がともに回を追うごとに減少してきています。すなわち、乳歯・永久歯ともむし歯の急増しやすい時期における減少傾向が認められます。  むし歯は、砂糖を含む食物との関連が深いことがわかっています。とくに毎...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歯の不整合が原因で虫歯ができた場合、矯正も健康保険が効きますか?

前歯に不整合があってその隙間に歯肉炎ができて歯が虫歯になってしまいました。
こんな場合、治療は普通に保険が適用されると思うのですが、不整合が原因でできた虫歯の根本的な治療として矯正も健康保険を使ってすることはできないのでしょうか?

Aベストアンサー

美容目的の矯正ではないのであれば、保険は適用されますよ。

ただ、質問者様の場合、歯科医のほうで、「不整合が原因でできた虫歯のため、矯正が必要」と判断してくれるかどうかだと思います。
(矯正は高額ですから、多分、判断してもらえると思いますが…)

一度、歯科医にご相談に行かれたほうが良いと思います。

Q虫歯が神経までいってなかったら 削っても痛くないってことですか? 虫歯が初めてなので歯医の事がわかり

虫歯が神経までいってなかったら
削っても痛くないってことですか?
虫歯が初めてなので歯医の事がわかりません
治療方法もわかりません教えてください
明日か明後日行ってきます

Aベストアンサー

だから、虫歯が有る無いにかかわらず 痛む部分を削れば痛いし 痛く無い部分を削れば痛まないと言う事です。つまり、どちらも有りですね。
虫歯が神経まで到達してようが 全然 神経まで行って無くても、削り方や削る部位 あるいは治療目的によって痛む事も痛まないこともあるんですよ。それは 実際に治療する歯科医師にしかわからない事なんです・・・・・
他の人が書かれているようですが 麻酔は歯茎に打ちますから、100% 絶対に痛いです。どんなに取り繕っても 多少は痛みの程度が低くなるだけの事。痛まない麻酔なんてあり得ません。
ただ 歯を削る痛みに比べれば 非常に軽い・麻酔が効いてしまえばどんなに削っても痛まないと言う事です。従って 麻酔は誰でも我慢できる痛みなんです。2~3歳の幼児でも きちんと説明がわかれば問題なく麻酔が使えます。特別な疾患や恐怖症などの障害が無ければ何の問題も無いと言うことですね。

さて、虫歯を治療するようですが・・・・・・どんな治療をするかは虫歯の程度・位置・どの歯なのか などによりどうなるかが決まります。ここでは その全てを説明することは到底不可能です。
もし 聞きたいことがあるのでしたら、もう少し情報を書き込んで下さい。これは ここだけの話しでは無く 明日か明後日に実際に歯科医院へ行った時も全く同じです。
虫歯の程度や位置は 実際に口の中を見ればわかりますが、歯科医師にもわからない情報がたくさんあります。例えば 痛むか痛まないか、しみるかどうか、どうやってその虫歯を発見したのか(学校検診で見つかった・自分で見つけた等)、噛んだ時に違和感があるかどうか、見た目はどうか・気になるかどうか、食べ物はきちんと噛めるかどうか、次回いつ来院できるか、何回も続けて通院できるか・・・・その他もろもろ。
歯科医師は それらの情報を総合的に判断して その虫歯をどうするかが決まります。例えば麻酔を使うか使わないかも そういう個別の情報で判断する事になるんです。
次に来院できるのが一ヶ月後・・・・・なんてなると いきなり削っても詰め物が作れなくなりますし、もう通院できないとなれば 多少無理しても当日だけで治療を完了せねばならなくなります。
歯科治療とは そういう臨機応変の繰り返しなんですよ・・・・・まず 来院する前に、ご自分の情報・目的や希望を きちんと整理しておく事をお勧めします。そして それを歯科医師に正確に伝えるようにして下さい。

さて・・・・・麻酔を使わないで歯を削る事も充分にあり得る事です。そう書くと 勘違いされる人が多いとは思いますが・・・・・
麻酔とは痛覚という大事な感覚の一つを麻痺させてしまいます。つまりどんな無茶な治療もできてしまうのです・・・・・それが本当に良いのかどうか??
麻酔が切れたら激痛で・・・・なんて事は避けたいですよねぇ~~(ーー;)
麻酔を使わずに 痛みが出ない部分まで機械を使わずに 手で丁寧に歯を削って行く・・・・・・それで神経を保護するような薬剤を詰めて 必要以上に歯を削らない。
そういう治療法が 最近では圧倒的に多数派なんです。何が何でも最初から麻酔と言うのも困り物です。麻酔は必要な時に使う物だと考えて下さい。
本題に戻れば、迂闊に麻酔を使ってしまうと 削っても痛くないので必要以上に削ってしまう危険性もあり得る事です。

まぁ、今までの文面から察すれば、まだ痛みが出る程大きな虫歯ではなさそうです。麻酔を使うかどうかは別問題として、どの程度まで削るかは状態によるのでわかりませんが、できれば神経を保護する薬剤を詰めて仮のフタをして、うまく行けばそのままブラスチック等を詰めて終了にしたい所ですねぇ~1本だけだとすれば、長くても2~3回の通院で治ればラッキーでしょう。

もしも神経まで虫歯が行っていたら・・・・・その場合は すでにかなりの痛みが出ているはずです。削る削らないでは無く 何もしないでもズキズキとした痛みが何度も繰り返していたはず。
もしもそうであるならば、多くの場合は麻酔を使って神経を取る治療になります。神経を綺麗に取ったらその穴の消毒を繰り返し、落ち着いたら根を詰める作業をして、型を採り 被せ物や詰め物を製作して歯に接着させて完了となります。こうなると 終わるまで数週間~数ヶ月になるはずです。

ただ、その他にもかなりのバリエーションがあり、言い出したらキリが無いほど いろいろな治療法が出てきてしまいます。歯科医師と良く相談して、しっかりと治療方針を立てて下さい。

だから、虫歯が有る無いにかかわらず 痛む部分を削れば痛いし 痛く無い部分を削れば痛まないと言う事です。つまり、どちらも有りですね。
虫歯が神経まで到達してようが 全然 神経まで行って無くても、削り方や削る部位 あるいは治療目的によって痛む事も痛まないこともあるんですよ。それは 実際に治療する歯科医師にしかわからない事なんです・・・・・
他の人が書かれているようですが 麻酔は歯茎に打ちますから、100% 絶対に痛いです。どんなに取り繕っても 多少は痛みの程度が低くなるだけの事...続きを読む

Q蜂蜜は虫歯の原因になるのですか?

喉の調子が悪くて、たまたま店で見つけた「はちみつ100%キャンデー」(千雀飴)を舐めたら、美味しくて、ハマってしまいました。原材料は本当にハチミツ100%のようです。

30代後半ですが甘いものをあまり摂らなかった為か、虫歯が一本も無いんです。
このままこの飴を舐め続けると、虫歯になる危険性はあるのでしょうか?

砂糖は虫歯の原因になるが果糖は大丈夫…など、甘いものでも成分によると聞いたことがあるので、気になりました。教えてください、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

蜂蜜の成分についてはあまり詳しくないのですが、
 確かに蜂蜜は単糖類なので、虫歯にはならないかも知れません。しかし、虫歯にはなります。
 虫歯になる為には、細菌を歯に付着させる物質と酸が必要ですが、果糖には「酸生成」能力はあります。ただ細菌が歯に付着して持続的に歯を溶かさないので虫歯にならないのです。
 細菌を歯に付着させる作用が大きいのが砂糖ですが、他にも普段食べている炭水化物でも砂糖ほどではないけど、起きます。

でも毎食後歯磨きをしていれば、食間の蜂蜜キャンディーは、さほど気にする必要はありません。心配なら水を定期的に飲むかうがいをすれば、歯に付着していない細菌は流れてしまいます。
 それに虫歯がゼロという事は虫歯菌も少ないかもしれません。是非、歯医者で虫歯原因菌の有無を調べてみて下さい。結果がよければ、食べかすが残らない程度の歯磨きで虫歯にはなりませんから。
 それでも念のため歯医者の指導で、正しい磨き方を覚え、定期健診はしましょう。

Q虫歯の治療で神経を抜いた治療中の歯が痛い

虫歯があり、治療のため歯医者に行くと、神経にまでいっているようなので神経を抜きましょうと言われ、先日神経を抜きました。
そして2回ほど消毒をし、神経の中身を薬で埋め終え、虫歯の歯に入れる被せ物の型を取り終え今はセメント?のようなもので仮で歯にフタをしています。
次回セラミックの型ができているはずなので、最終的にセラミックの被せ物を入れて治療終了。
となる予定なのですが、
現在セメントのようなもので仮フタをしている状態だからなのか何なのか、
ポテトチップスやたまねぎなど、それほど固いわけではないものでもその虫歯の歯で噛むと鈍い痛みがあります。
これはまだ治療途中で完全な型を嵌めているわけではないからその歯を使ってものを食べると些細なものでも痛みを感じるのは当然で、ちゃんとした型を入れて治療が終了するとこの痛みはなくなるものなのでしょうか??

それとも治療途中であれ、神経を抜いた筈の歯がそれほど固くないものを食べただけで痛みを伴うのは異常で歯医者の治療ミスとなるのでしょうか??

たぶん次回の来院で治療終了となると思うので、もし今の状態が問題なようであれば歯医者さんに伝えて神経が炎症を起こしてないかなどの確認をお願いしなければいけないので、神経を抜く虫歯の治療をして同じように痛みが出たことがある方、もしくは専門家の方がいらっしゃいましたら是非ご意見お聞かせ下さい。

虫歯があり、治療のため歯医者に行くと、神経にまでいっているようなので神経を抜きましょうと言われ、先日神経を抜きました。
そして2回ほど消毒をし、神経の中身を薬で埋め終え、虫歯の歯に入れる被せ物の型を取り終え今はセメント?のようなもので仮で歯にフタをしています。
次回セラミックの型ができているはずなので、最終的にセラミックの被せ物を入れて治療終了。
となる予定なのですが、
現在セメントのようなもので仮フタをしている状態だからなのか何なのか、
ポテトチップスやたまねぎなど、それほど...続きを読む

Aベストアンサー

まず、結論から言ってしまいますが、
痛みがあるのであれば、次回の来院時に
絶対に痛みがあることを伝えましょう。

できれば、今回のようにどういう時に痛みが出るのか、
何もしていなければ痛みがでないのかなど、
詳しく伝えるとより良いと思います。

歯の神経は、人により太さが違い、
痛みの原因となる神経を今回は綺麗に取り除いたところまで
きているようですが、何もしてないのに痛みがあるならば
質問者様の神経が細くて、少し取り除けていないのかもしれません。

神経の取り残しは、まれにあるようなので、
痛みがでているならば、伝えましょう。
治療している先生が、一番原因がわかる方ですから。

お大事になさってくださいね。

Q虫歯の原因はシュガー?

シュガーレスと書いているのど飴は、
寝る前など(歯磨き後)になめても虫歯の原因にはなりませんか?

Aベストアンサー

飴や砂糖は寝てる間に唾液に解かされて飲み込まれますので歯の間に残らず虫歯の原因にはなり難いはずです。

チョコレートも唾液で溶けやすいので近年?虫歯になり難い食べ物とされてますね。。。

Q最新の虫歯治療。この前知り合いの子に聞きましたが、「乳歯で虫歯があった

最新の虫歯治療。この前知り合いの子に聞きましたが、「乳歯で虫歯があったけど、永久歯になって、歯医者で注射?(治療?)してもらい、虫歯に全然ならなくなった」とのことでした。

今の歯科治療って、20年前とは何か違ってたりするんでしょうか?

周りを見ても、10代で虫歯の無い子がものすごく多い。
「食べても虫歯にならない」という。
虫歯が文字通り1本もなく、
見た目もすごくきれいな歯をしています。

遺伝や、口腔内の菌の構成の個人差もあると思いますが、
子供用の歯科「予防」「治療」で昔より良くなってる点があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

それは単に口の中の細菌バランスが変って虫歯菌の繁殖が抑えられているからです。つまり良く磨くようになっただけ。
でも安心して定期健診に行かないと、歯と歯の間から虫歯になっている可能性もないではありません。
歯と歯の間の虫歯は進行がゆっくりで、症状が出にくいのが特徴です。20歳、或いは30歳前後から歯他ばたっと虫歯だらけになる可能性も捨て切れません。

一部で、外国製の薬で虫歯にならないというものを売りつけている歯医者が居ますが。これは全くのデタラメ。
調べてみたら、全く関係のないビタミンだったり、キシリトールだったり、フッ素液だったりという事が多いです。
今のところ特効薬はありません。なぜなら虫歯菌はバリアを形成し、このバリアを突破できる殺菌剤や静菌剤がないからです。

Q原因不明の虫歯を抜く事が不安です。

奥歯の虫歯の激痛で悩まされている者です。

歯医者に行ってレントゲンを撮ってもらい診断してもらいましたが、初回の治療では虫歯ではないと言われました。

ただ、その歯は数年前に治療して、非常に虫歯が深かったので、ほとんど削られて銀歯をかぶせられている者です。歯の根はあります。

初回では、親不知が生えかけているので、それが奥歯を圧迫して痛みがでていると言われました。
なので、奥歯を一本抜く事を提案されました。

それから、一週間後、眠れないくらいの激痛におそわれ、再び歯医者に行ったところ、
親不知ずの原因というより、その奥歯が悪くなっているので、抜いたほうがいいと言われました。

レントゲンでは虫歯が悪化している様子はないとの事だったのに、今回は悪くなっているといわれて
不安です。

奥歯はかみあわせにも大事なので、そんな曖昧な根拠で抜く必要があるのかなとも思います。

でも、ご飯も食べれない位痛いので、この際抜いてしまおうかと思っています。

そこで質問ですが、原因不明の歯痛っておこる事ありますか?その際、どの様な治療をされましたか?

経験談教えてください。よろしくお願いします。

奥歯の虫歯の激痛で悩まされている者です。

歯医者に行ってレントゲンを撮ってもらい診断してもらいましたが、初回の治療では虫歯ではないと言われました。

ただ、その歯は数年前に治療して、非常に虫歯が深かったので、ほとんど削られて銀歯をかぶせられている者です。歯の根はあります。

初回では、親不知が生えかけているので、それが奥歯を圧迫して痛みがでていると言われました。
なので、奥歯を一本抜く事を提案されました。

それから、一週間後、眠れないくらいの激痛におそわれ、再び歯医者に行ったと...続きを読む

Aベストアンサー

現役歯科勤務です。

まず、「原因不明の虫歯」でも何でもありません。
歯医者で最も多いケースといっても過言ではないですね。

親不知があると、それだけで隣接歯にも菌が溜まりやすくなり
虫歯や歯茎の腫れ等トラブルも起こりやすくなります。

銀歯の寿命は5年といわれており、銀というものは必ず腐食する金属です。
つまりもう一度虫歯になるリスクが高い。

親不知という爆弾を抱えた隣接歯に銀歯を入れ、
銀歯の下が再び虫歯になって神経まで痛みが響いている状態ですね。

ただ奥歯はおっしゃる通り噛み合わせに重要な歯で、
一歯でも失うと全体に影響します。抜歯してしまうと
入歯かインプラントにせざるを得ません。

直接診断していないので何とも言えませんが、個人的には抜きたくありません。
根が残っているのであれば、虫歯を取った後に金属の土台を入れ
さらに被せもの(銀歯等)をする処置で済ませたいところです。

まずは今の歯科にどうしても抜歯しないとダメか相談してください。
ダメなら説明があると思いますし、そこで納得できなければ
他院に行ってみるのもいいでしょう。

余談ですが、私は自分の被せものを選ぶなら
欠けるリスクはあるけれど変色しない陶器を選択します。

現役歯科勤務です。

まず、「原因不明の虫歯」でも何でもありません。
歯医者で最も多いケースといっても過言ではないですね。

親不知があると、それだけで隣接歯にも菌が溜まりやすくなり
虫歯や歯茎の腫れ等トラブルも起こりやすくなります。

銀歯の寿命は5年といわれており、銀というものは必ず腐食する金属です。
つまりもう一度虫歯になるリスクが高い。

親不知という爆弾を抱えた隣接歯に銀歯を入れ、
銀歯の下が再び虫歯になって神経まで痛みが響いている状態ですね。

ただ奥歯はおっしゃる通り噛み合...続きを読む

Q虫歯の治療後、治療した歯の周辺の歯に、熱いものや冷たいものがしみて痛いです。

 昨日、先週削った虫歯に銀歯をかぶせる処置と、下の歯の歯石取りをしてもらいました。
 4月に入ると、仕事が忙しくなり、あまり病院に来られない旨を伝えると、「虫歯はもうありません。今後は歯茎の中の歯石取りを4回に分けて行う予定なので時間ができたら来てください。」と言われました。
 しかし、家に帰って飲み物を飲むと、凄くしみることに気づきました。虫歯があったときもしみたのですが、それ以上に痛い状態です。
 治療した歯がしみているわけでなく、「治療した歯のあたり全体がしみている」感じです。
 銀歯をかぶせる前(削って仮の詰め物をしている状態)でもしみていました。それも伝えたのですが、どう処置をしてもらったのかはわかりません。というか、銀歯をかぶせた後に痛むことまで想像できなかったので聞きませんでした。
 
 これはどういうことなのでしょうか。治療が昨日ということもあり、もう少し様子を見たほうがいいのかとも思います。それとも早くもう一度歯科にいくべきか、他の歯科でセカンドオピニオンを求めるか…と、悩んでいます。
 
 お詳しい方、アドバイスをお願いします。長文すみません。

 昨日、先週削った虫歯に銀歯をかぶせる処置と、下の歯の歯石取りをしてもらいました。
 4月に入ると、仕事が忙しくなり、あまり病院に来られない旨を伝えると、「虫歯はもうありません。今後は歯茎の中の歯石取りを4回に分けて行う予定なので時間ができたら来てください。」と言われました。
 しかし、家に帰って飲み物を飲むと、凄くしみることに気づきました。虫歯があったときもしみたのですが、それ以上に痛い状態です。
 治療した歯がしみているわけでなく、「治療した歯のあたり全体がしみている...続きを読む

Aベストアンサー

原因は2つ考えられますが、実際にお口の中を拝見しているわけではありませんので一番よいのは担当歯科医師に質問なさることです。

1)虫歯が深く、歯の中の神経に近いところまで削らざるを得なかったため、削ったときの刺激で神経が興奮している。→歯の奥に向かって第二象牙質というものが形成されていきます。半年ぐらいすると第二象牙質がしっかりと神経を守ってくれるようになり、しみる感覚は消えるでしょう。
2)歯石を取ったため、知覚過敏になった。→象牙質が露出した部分があり、象牙細管というものを通じてお口の中と歯の神経が交通してしまった状態です。しばらく様子を見れば収まってくるかと思います。

担当歯科医師に質問してみてはどうでしょうか?本当は治療の前にこうした説明をしてくれるほうがよいと思います。
質問してもきちんと答えてくれなかったり、治療の前にしっかりとインフォームドコンセントを取ってくれないようでしたら、(私なら)他の歯科医師にかかりますね。
どうぞお大事になさってください。

Q歯科医が検査に使う探針は虫歯の原因になる

私たちが小さいころからされていた、歯科医に探針という先の曲がった針金みたいなやつで、突っついて検査されるという作業は実は虫歯の原因になるらしいとかききました。(実に60%の確率とか)。
つまり、歯科医が虫歯を作り出していた可能性があるということですが、本当でしょうか?

Aベストアンサー

一昔前は再石灰化等の知識がまだなくホワイトスポットと呼ばれる
回復する可能性がある虫歯を探針でさわって壊してしまい、
治療が必要な虫歯にしてしまった可能性があるという事ですね。

ケースとしてはあったと思います。ただ検診の際の探針は黒くなって
いる部分を着色かう蝕かと鑑別するために使用していましたので、
ガンガンにう蝕を作りまくっていたというかというとそれも
人心を煽るよくある過大意見です。

近年は探針で触ることもなくなり、ダイアグノデントという
レーザーで虫歯を調べる機械も使うようになりました。

また外科から派生したMI(ミニマムインターベーション)という
考え方が歯科にも波及し小さな虫歯は治さないで経過観察と
するという考え方になってきました。

認識できる虫歯は全部治す必要があるという考えから、
回復する見込みのある虫歯はもちろん初期の虫歯も経過観察と
するというのが現代の歯科の考えです。

参考URL:http://www.shirokusu.co.jp/kavo-product/diagnodent/

一昔前は再石灰化等の知識がまだなくホワイトスポットと呼ばれる
回復する可能性がある虫歯を探針でさわって壊してしまい、
治療が必要な虫歯にしてしまった可能性があるという事ですね。

ケースとしてはあったと思います。ただ検診の際の探針は黒くなって
いる部分を着色かう蝕かと鑑別するために使用していましたので、
ガンガンにう蝕を作りまくっていたというかというとそれも
人心を煽るよくある過大意見です。

近年は探針で触ることもなくなり、ダイアグノデントという
レーザーで虫歯を調べる...続きを読む

Q虫歯なのに歯が痛くないのは、どうしてですか? それに痛くない虫歯を削ると痛みがあまりないのは、どうし

虫歯なのに歯が痛くないのは、どうしてですか?
それに痛くない虫歯を削ると痛みがあまりないのは、どうして?

Aベストアンサー

基本的に歯は硬組織と呼ばれる硬い組織です。痛みという感覚は神経繊維が刺激される事により大脳で感じる事によって生じ これを「痛覚」と言います。
従って痛みを感じると言う事は、何らかの形で神経組織が刺激されたと言う事になります。歯の表面は硬組織オンリーですから神経繊維はありません。従って表面のエナメル質を削っても痛みは生じず またエナメル質の虫歯は痛みを発生しません。エナメル質の内部の象牙質は 硬組織ではありますが その内部に神経繊維が細かく入り込んでます。従って象牙質を削ると神経繊維を刺激して痛みを生じます。ところが 虫歯の場合は非常にゆっくりと象牙質を溶かしていき、内部に入りこんだ神経繊維を腐らせてしまいます。神経繊維は急激な刺激には反応しますが ゆっくりとした刺激には反応しません。例えば 腕を叩いた時に、急な刺激・勢いを付けて叩けば痛みますが、ゆっくりと圧力をかけていった場合かなりの圧力・叩く力を超えても痛みとは感じないでしょう。それと原理は同じなんです。

さらに虫歯は歯を溶かす・腐らせていきます。象牙質を腐らせていよいよその内部の歯髄と呼ばれる組織・いわゆる神経にまで進んでしまうと 今度は軟組織・普通の肉と同じ部位に感染が生じます。これで歯髄内の神経繊維が刺激されて痛みが出てきます。この時に 腐らせた象牙質(軟化象牙質と言います)は 歯が腐った組織のため神経繊維も機能していませんのでいくらこの部位を削っても痛みがありません。ただ この場合は内部に歯髄がありますから、歯髄に近い場所を削ると その刺激が歯髄に伝わりますから痛みが出てきます。軟化象牙質は感染した組織ですから 治療の際には完全に除去してしまいたいのですが、これを完全に取ってしまうと神経まで痛めてしまう可能性が有り なかなか完全に取り去る事が難しいのです。

まぁ、なかなか文章では理解しがたいでしょうけど・・・・・・

基本的に歯は硬組織と呼ばれる硬い組織です。痛みという感覚は神経繊維が刺激される事により大脳で感じる事によって生じ これを「痛覚」と言います。
従って痛みを感じると言う事は、何らかの形で神経組織が刺激されたと言う事になります。歯の表面は硬組織オンリーですから神経繊維はありません。従って表面のエナメル質を削っても痛みは生じず またエナメル質の虫歯は痛みを発生しません。エナメル質の内部の象牙質は 硬組織ではありますが その内部に神経繊維が細かく入り込んでます。従って象牙質を削ると...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング