後のことを考えてアスファルトをめくらずに6坪ほど枕木やブロックで囲いをして砂利や砂・土を15cmぐらい入れて簡易花壇を作り、球根など根が張らないものを植えたいのですが、水はけやこういう風にしたほうが良いなどありましたらお教えくださいませ(∩.∩)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

下がアスファルトということなので、まずは排水をどうするか考えないといけませんね。



アスファルトの上にただブロックや枕木を置いただけだと、雨などの際に隙間から土が水と一緒に流れ出てしまい、周辺が汚くなってしまうかもしれません。
それでも良いのなら、流れ出た分を随時補充してゆくという対応で十分かもしれませんが、それでは困るという場合、ブロックとアスファルトの中に池を作るようにシートを敷き、その中に土を入れてはどうでしょう(6坪となるとかなりの大きさのシートになってしまいますが・・)。その際、何カ所かシートとブロックに穴をあけて排水パイプを設置して、適当な排水場所まで伸ばします。枠は大体こんな感じで良いと思います。

後は土ですが、まず水はけを良くするために砂利や軽石を10cm位の厚さに敷きましょう。その上に土(腐葉土かバーク堆肥をたっぷり混ぜたもの)を20cmほど入れればOKでしょう。ただし、球根は勿論、普通の植物でも根をしっかり張らせたいのなら30cmくらいの土は必要だと思います。

こんな感じで結局、アスファルトからの高さは30~40cmになってしまいますね・・・小さな苗でも根は10cm位の深さまで伸びていますから、しっかり成長させるには15cmという条件はちょっと難しいと思いますよ。
    • good
    • 3

こんにちは


花壇の深さは最低30cmは欲しいです。
そして砂利や砂ではなく、田んぼの表土とか、
畑の土とかを入れてもらった方が
後の水やりが少なくて楽ですよ。
造園屋さんや、工務店さんに言えば都合してくれると思います。
特に深さが無い場合は、保水性が大事です。
巾があると管理が大変なのでまずは、40cm巾くらいの花壇を作ってみては?
それから水やりをするときに表面だけ水が流れないように
土をギリギリ縁まで入れずに上に数センチ隙間を空けましょう。
また、水やりをすると土が沈むのでそれも考慮して土を準備しましょう。
腐葉土と粒状の肥料も混ぜ込むといいです。
チューリップは毎年植えかえないといけないので
手が要らない物をという意味でも球根なら
縁どりにゼフィランサスとか良いですよ。何にも手が要らないです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

参考にさせてもらい施工しようと思います(∩.∩)

お礼日時:2011/04/16 00:52

6坪とは広いですね。

全てを花壇にしてしまうと後々に撤去する時に
大変ですから、花壇と花壇の間に1m幅の通路を作り、作業しやすい
ようにする工夫も必要かなと思います。

花壇を作る時の素材ですが、枕木やブロックでは味気ないですね。
枕木には腐敗しないように防腐剤が浸透させてありますが、防腐剤の
成分が土中に溶けだして植物に悪影響を及ぼす事があります。鉄道で
使われていた本来の枕木は、固い樹木に防腐剤を浸透させ圧縮させて
作られていたので、丈夫で腐り難くい性質がありました。しかし今の
枕木は単に防腐剤が塗ってあるだけですから、本来の枕木とは違って
長くは持たないでしょうね。ブロックは主に塀等で使用され、値段も
安く入手が楽な事が特徴です。しかし花壇に使うのには風情がないの
で、僕だったらブロックは使わずにレンガで作りますね。

レンガでもブロックでも、重なり合う部分にはセメントを使います。
しかしセメントを使用すると撤去した時にレンガ等も使えなくなりま
すから、こんな時には砂に石灰を混ぜて水を入れ、固めに練った物を
使用するようにします。固まればセメントと同じ固さになりますが、
ハンマーで叩くと割れやすいので、撤去時にはレンガが再び使えます
し、廃材が少なくなります。
広さが広さですから、全てをレンガで賄うのは予算的にも無理がある
と思うので、一番下(アスファルトと接する部分)だけを10cm幅
のブロックにして、後の部分はレンガにされたらどうでしょう。
レンガには国産と輸入がありますが、経費削減を言われるなら国産で
十分だと思います。赤いレンガとセメントレンガ(色がブロックと同
じ色)を交互に互い違いにすると見栄えは良くなります。

次に排水の事ですが、下がアスファルトですから水は地面に浸透する
事はありません。例えば一つの花壇が幅1mで長さが2mとします。
この場合は50cm間隔で穴開きパイプ(建材店や園芸資材店で入手が
可能)を入れ、その上に排水性を良くするために砂利をいれます。
パイプの口は花壇の下に出るようにし、これで水遣りをしても長雨で
も花壇内に水が溜まる事が防げます。砂利はパイプ(直径が5センチ
程度)が完全に隠れ、その上に更に5センチ位乗せて下さい。
砂利の上に防虫ネット(ホームセンターで黒い樹脂製のネットが販売
されていて、切り売りで買える)を敷き、土をいれるようにします。
これは害虫が下からの侵入を防ぐ意味と、土が砂利に入り込まないよ
うにするための物です。

次に用土ですが、予定は15cmのようですが、これでは球根は植えら
れません。春植え球根では15cmもあれば球根自体は植える事が可能
です。植えてから根を張るので根張りの事を考えると、15cmでは浅
いように思えます。秋植え球では深さが15cmなら、アネモネ、ラナ
ンキュラス、クロッカス、フリージア、ムスカリ等しか植えられませ
ん。チューリップやスイセンやアイリス等なら、最低でも20~25
cmは深さが必要です。球根でなくても15cmでは植えられる種類
が限られますから、ほとんどの物が植えられるように土は30cm位は
必要と思います。

アスファルトから最大で、50~60センチの高さになるでしょう。
予算的な事もあるでしょうから、まずは幅(内幅)50cmで長さが
2~3m、高さが50~60cmの花壇を一つだけ作られたらどうで
しょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えていただきありがとうございます(∩.∩)

参考にさせてもらい施工しようと思います

お礼日時:2011/04/16 00:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコンクリートの駐車場の一部を花壇にしたいのですが・・・

我が家の駐車場は一部レンガと大半がコンクリートですが、その一部(自宅に面した端の部分)のコンクリートを幅30cmで2mほど取り除いて細い花壇を作りたいと考えています。業者さんに確認したところ1日2人作業でコンクリートのハツリ+廃材の処理で6~7万円とのこと。(花壇そのものの施工は入っていません。)このお値段が妥当か、どうかも判りませんが、このようなコンクリートのハツリ作業はDIYで可能でしょうか?コンクリートそのものの厚みは8~10cm程度、排水マスが多くあるためワイヤーは端までキッチリは入れてないだろうと言われました。グラインダー、サンダーなどの工具は手持ちがありますが、あくまでもDIY用です。可能な場合、どのような工具が必要かも併せて、ご回答いただけると助かります(^o^)/どなたかご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>このようなコンクリートのハツリ作業はDIYで可能でしょうか?
  十分可能です。 素人とプロの違いは施工時間を短縮するために大型の電動工具を使用できることと経験が豊富だということだけです。
 まあ、それにしてもたかだか0.8立米(解体ガラの総ボリューム)程度の工事に2人作業は必要ないですねえ。
 1人で解体から処分含めて半日で終りますよ。
<DIY施工>
 大きなホームセンターさんより電動ピック(ハツリ用)があればをレンタルします。
 作業は次のようにします。
1.ベビーサンダーにダイヤモンドカッター刃を取り付けて施工区域にハツリ用の切断線を引く
2.電動ピックでコンクリートは出来るだけ小さく破壊していく。
  (破壊したコンクリートのガラは花壇予定の区域をさらに掘り下げて一番下に敷き詰めて再利用し、花壇を作り終えたら堀りあげて土を篩って土壌改良剤と混ぜて再利用してください。)
 以上です。 コンクリート面にカットする作業は大変危険のでゴーグルや手袋など保護具をしっかりして作業中はカット面から絶対目を離さないように安全第一でやってください。 防塵用マスクも・・
 一気に深くカットしないで少しづつカットするのがよろしいです。

>このようなコンクリートのハツリ作業はDIYで可能でしょうか?
  十分可能です。 素人とプロの違いは施工時間を短縮するために大型の電動工具を使用できることと経験が豊富だということだけです。
 まあ、それにしてもたかだか0.8立米(解体ガラの総ボリューム)程度の工事に2人作業は必要ないですねえ。
 1人で解体から処分含めて半日で終りますよ。
<DIY施工>
 大きなホームセンターさんより電動ピック(ハツリ用)があればをレンタルします。
 作業は次のようにします。
1.ベビーサ...続きを読む

Q【コンクリートの上の花壇について】

【コンクリートの上の花壇について】

こんにちは、初めて質問させていただきます。
庭の一角に花壇を作ろうと思って、質問させていただきます。

自宅の庭は地下車庫の上にあります。
元がひどい粘土土なので、花壇を作りたい部分の土を全て撤去しました。
30cmほど掘ってコンクリの底(車庫の天井)が出てきました。
掘った30cm+20cmほど土を盛って花壇を作ろうと思います。(周りはレンガで)

一応排水は考慮されているのですが、とても水はけは悪いです。
コンクリの底から、どのように土を盛っていけば良いでしょうか?
水はけを考慮して一番下は砂利かしら?とも思うのですが、、、

気候が良くなってきたので、秋のうちに完成させたいと思っています。
どうぞアドバイス、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

雨がかかるところならば
重さだとか防水だとかは車庫を作ったときに計算されていると思いますよ
たかが30センチほど用土やレンガを盛ったくらいで壊れたりしないと思いますよ?


しかし、掘り込んだ車庫の天板から基礎を盛ってレンガを積むとそれこそ排水が取れないので
・・・・当然しませんよね
とりあえず地面の高さの目に付かないレンガを半ブロックにして穴を開けておくと地面に排水が取れますよ


土に関しては乾燥しすぎない程度にしてくださいね
園芸用土の基本で使う赤玉土とか鹿沼土とかも元は粘土です
堆肥などを沢山入れればミミズなどが掘ってある程度排水は確保されるので土にこだわりすぎる必要はないですよ


ちなみに軽くて排水性がいいものはパミスや軽石などです
パーライトやバーミュキライトなどは耐久性がないので花壇には不向きです
腐葉土も早く分解されるのでバーク堆肥など少し値段は違いますがお勧めです

Q花壇を作りたい!

駐車場がすべてコンクリートのむき出しで、(土間といっていいかも?)殺風景なので花壇を作りたいのですが、作る位置に水道とガスの配管がうまっていて自分では配管を傷つけそうでコンクリートを掘る事ができません。作りたい位置に枕木かレンガを積んで花壇にしようかとも思うのですが、コンクリートの上に土を入れても夏場は大丈夫でしょうか?太陽の照り返しでコンクリートは暑くなるので、植物にやはり影響があるのでしょうか?なにかいいアイデアがあったら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは 私も同じ事(2回目)を今やってる最中です。コンクリをはつればそれなりの費用がかかりますよ。ですのでうちはDIYで、コンクリの上にレンガを積むことににしました。

ポイントは排水性です。そこで、レンガの一番低い場所に数箇所(横向きになります)、レンガを削って数センチの水抜き穴をあけておきました。また排水のため、花壇の底の部分全面に、砂利を厚さ3-5センチ程度、撒いておきました。さらに植える植物にもよると思いますが、排水性のよい赤玉土の中粒や大粒などをブレンドしておけば、いいようです。

また回りの駐車スペースの照り返しはどうしようもないので、厚さに弱い植物は日陰を作ってやるなど、気をつけたほうがいいでしょう。

あと問題点は、すでに固まったコンクリの上に、レンガをモルタルで接着するわけですから、その接触部分がコールドジョイント(新幹線のトンネルでコンクリが落ちる事故がありましたね)となり、強度がやや弱いことです。ですので、花壇の内側の見えない側にはレンガとコンクリにたっぷりモルタルをつけるなり、手に入ればコールドジョイント用の接着力の促進剤などを使用するといいかもしれません。でも普通の状態ならあまり気にしなくてもいいかも。頑張ってください。

参考URL:http://www.komeri.com/howto/html/00440.html

こんにちは 私も同じ事(2回目)を今やってる最中です。コンクリをはつればそれなりの費用がかかりますよ。ですのでうちはDIYで、コンクリの上にレンガを積むことににしました。

ポイントは排水性です。そこで、レンガの一番低い場所に数箇所(横向きになります)、レンガを削って数センチの水抜き穴をあけておきました。また排水のため、花壇の底の部分全面に、砂利を厚さ3-5センチ程度、撒いておきました。さらに植える植物にもよると思いますが、排水性のよい赤玉土の中粒や大粒などをブレンドして...続きを読む

Qコンクリート面に木を植えたいのですが、

おしえてください。
コンクリートの面に土を盛って木を植えたいのですが、木はちゃんと
育ってくれるでしょうか。

希望は、エゴノキなどで2~3メートルまで大きくなるとうれしいのですが。コンクリートを掘って植えればいいのでしょうが、コンクリートを掘る道具もないので。

現在、コンクリートの上に50cmぐらいの土がもってあります。半径90センチほどの扇形の花壇に植えたいのです。

よき、アドバイスを。

Aベストアンサー

結論から言えば「可能」です。ただし
1.土が流れ出さないように土留めをしっかりすること
2.排水構造がしっかりしていること
が必須条件です。さらに樹木を植えるならば
3.コンクリートに対する防根の処理
4.樹木が倒れないための支柱
5.潅水システム
が必要になります。
具体的に施工手順で説明すると
1.土留め(プランター状でも花壇のような形でも可能。
      プランターの外に排水するような穴が必須)
2.防根シート
3.排水層(パーライトなど)
4.フィルター(土壌の流出を防ぐ)
5.土壌(可能であれば保水・透水性が優れた人工土壌)
6.支柱が見えない地下支柱と潅水
のようになります。
参考画像はこの手順の断面図になります。
必要な土壌の厚みなどについては、専門の会社に問い合わせてみては
いかがでしょうか?

東邦レオ: http://www.toho-leo.co.jp
トーシンコーポレーション: http://www.toshin-grc.co.jp/
都市緑化技術開発機構:植物の大きさによる必要土壌厚
http://www.netlaputa.ne.jp/~green/IMAGE/URBANGREEN/t_cm.gif

参考URL:http://www.toshin-grc.co.jp/goods/grc/img_tlc/tlcsystem_image.jpg

結論から言えば「可能」です。ただし
1.土が流れ出さないように土留めをしっかりすること
2.排水構造がしっかりしていること
が必須条件です。さらに樹木を植えるならば
3.コンクリートに対する防根の処理
4.樹木が倒れないための支柱
5.潅水システム
が必要になります。
具体的に施工手順で説明すると
1.土留め(プランター状でも花壇のような形でも可能。
      プランターの外に排水するような穴が必須)
2.防根シート
3.排水層(パーライトなど)
4.フィルター(土壌の...続きを読む

Q水はけを良くするには?

家の横に1坪程度の土の場所があります。
花壇にでもしようかなと思って今日まで手つかずでした。
 そこには家の建築時に入れてもらった山土(赤土?)が
入っていますが、ちょっと水をまいただけでも
水たまりができ、スコップをさしても土が締まって
重い感じです。
 の花壇自体は高さ30cm程のコンクリート枠に囲まれて
います。

 そこで、花やハーブなどを植えるのに、水はけの良い
土にしたいのですが、具体的にはどのようにすればいいのでしょうか?
(何か土を混ぜるとか?すき混むとか?)

 また、コンクリート枠には水を出す穴はなく、
土の下の地盤の土に染みこんでいるだけですが、
やはり穴をあけた方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

 基本は植える植物の種類によって土壌は変化させなければなりません。 
 これは人間側から考える後付の方法ですが、本来植物はその生育環境に同調して変化してきましたので、適した土壌は様々ですが一般的には「水はけ・水持ちの良い土壌」にしなさい、ということです。
 例えばハーブ類ですと基本的には野菜類に近い土壌管理になりますね。アルカリ性土壌を好みますので植える前に苦土石灰をまく必要があります。 このへんは一般の花物とは違う点ですね。

 さて本題の花壇の作り方土壌改良についてですが、この場合は水はけを良くする事を最大の目標にして考えればまづ間違いありません。

1.高さ30cmのコンクリート枠の中にある土を深さ50c m(欲を言えば60cm)で全て取り去る。

2.園芸用の篩(ふるい)を購入して全ての土を次の方法でふるい分けて中間の土のみ残す。

 A.一番荒い篩で残ったも土をコンクリート枠に戻す。 又敷 地内にあるゴロタ石なども全体で+20cm位に敷き詰め  る。

 B.No.Aで振るった土を二番目に荒い篩で選別した後通過
  したものを一番細い篩で選別して通過した土は使わないで
  処分します。 この細かい土が悪さをします。

 このBで残った土に完全腐葉土を1:2の割合で混合して花壇に戻せば最適な土壌になります。
 あとは植える植物にあわせて有機質肥料や成長に合わせて適当に化成肥料を与えれば立派な花壇になります。

 この位やって汗を流せば立派な花が咲くでしょう。 植物はその土壌に合わせて自ずから成長しますので、わざわざ高い園芸土壌を購入する必要はありません。
 わたしはこの他に木屑に土をまぜたりして現在の我が家にある土を利用してガーデニングしています。 
 
 どんな土でも篩えばたいがいは使えます。 そして腐葉土を混ぜるのがポイントです。 鉢植えの場合は篩った土で荒い部分のみに腐葉土を混ぜて育てています。 これで大変根の発育が順調です。 
 根には空気が必要です。元気な根を作ることができれば、それは自ずと立派な植物が出来上がるのはしごく当然のことなんです。 
 (なるべく土などは購入しないで家にあるもので代用しましょう。今回の土で篩った結果一番細かい土が半分以上占めている場合は花壇としては不適当ですので菜園用の土として腐葉土と混ぜて使うようにしてください。)

 

 基本は植える植物の種類によって土壌は変化させなければなりません。 
 これは人間側から考える後付の方法ですが、本来植物はその生育環境に同調して変化してきましたので、適した土壌は様々ですが一般的には「水はけ・水持ちの良い土壌」にしなさい、ということです。
 例えばハーブ類ですと基本的には野菜類に近い土壌管理になりますね。アルカリ性土壌を好みますので植える前に苦土石灰をまく必要があります。 このへんは一般の花物とは違う点ですね。

 さて本題の花壇の作り方土壌改良についてで...続きを読む

Q花壇の土の作り方で悩んでます

ガーデニング初心者です^_^;
最近花壇をレンガで囲い作り直しました。
今までの花壇は、敷地と同じ高さで、囲いを作り、掘って、黒土に腐葉土を混ぜたものをつかっていました。
しかし、半年程使いましたが、土が、とても硬くなり、花の成長も悪いように思います。
今回、敷地より25cm高くし、盛り土で、土の質も良い花壇を作り直したいと思い、ご相談ですm(_ _)m

花壇の大きさは大体2m2くらいです。
今日、ホームセンターで、「プランターの土・花と野菜用14リットル」と言うのを5袋と、発酵牛糞1袋と、赤玉土1袋を購入しました。
しかし、色々ネットで検索してましたら、この土の選択は違っていたかなと思い、明日だったら、交換もできるので、違う土に交換したほうが良いか悩んでいます。
また、明日有機石灰か、苦土石灰も購入する予定です。

土の配合は、今まで使っていた黒土と、購入した「プランターの土」と、石灰と、牛糞を混ぜて使おうと思います。

そこで質問なのですが・・・
(1)混ぜ合わせる土の種類は、黒土と、購入した「プランターの土」と、石灰と、牛糞で足りないものはありますか?
また、上記の物を混ぜ合わせるときの、割合はどのような感じですか?
(2)発酵牛糞は、やはり花の根などに触らないようにしたほうがよいですか?
その際、どのように使えば良いでしょう?
根に触らない30センチ位底の方か、上に撒き散らしたほうがよいのか・・・
(3)赤玉土は、花壇には必要ないですか?
(4)できれば早く花を植えたいので、有機石灰を使おうかと思ってるのですが、やはり苦土石灰の方が、良い花が育ちますか?
苦土石灰の場合は、2週間はおかないと駄目ですか?
 
どなたか、ご存知の方、教えてください!!
よろしくお願いいたします。
 

ガーデニング初心者です^_^;
最近花壇をレンガで囲い作り直しました。
今までの花壇は、敷地と同じ高さで、囲いを作り、掘って、黒土に腐葉土を混ぜたものをつかっていました。
しかし、半年程使いましたが、土が、とても硬くなり、花の成長も悪いように思います。
今回、敷地より25cm高くし、盛り土で、土の質も良い花壇を作り直したいと思い、ご相談ですm(_ _)m

花壇の大きさは大体2m2くらいです。
今日、ホームセンターで、「プランターの土・花と野菜用14リットル」と言うのを5袋と、発酵牛糞1袋と...続きを読む

Aベストアンサー

地植えの場合、思った以上に多くの土が必要ですよね。
私だったら、土壌改良に「バーク堆肥」(樹皮を細かく砕いて醗酵させたもの。腐葉土の代わりになる。比較的安価。)を使います。
花壇を地上げするなら、他の黒土も持ってきて、古い黒土と共にバーク堆肥を混ぜながらシャベルでよく耕します。
バーク堆肥の量は、新しくもってきた黒土と同量ぐらいでいいでしょう。
もちろん「プランターの土」でもかまいませんが、できれば腐葉土やバーク堆肥を追加して、古い黒土と一緒によく耕しましょう。
なお赤玉土は不要です。赤玉土は主に鉢植え用に使います。

土壌改良した後なら、石灰(アルカリ性)は撒きません。
多くの花はアルカリ性土を好みません。ほとんどの花が弱酸性土を好みます。日本古来の花でしたら、もう少し強い酸性土を好みます。
(比較的アルカリ性と思われているクレマチスにしても、弱酸性土を好みます。)
苦土石灰等を撒くなら来年以降でしょう。
それも1平方メートルあたり軽く一握り程度です。
土の表面に撒き、耕して散水しておきましょう。
植え付けには、2週間あけた方がいいでしょう。
くれぐれも石灰の撒き過ぎには注意してください。

肥料については燐酸肥料(骨粉)を加えたほうが、花つきや実なりが良いです。
窒素肥料(油粕、糞類)と混ぜて使います。
穴を掘って施肥します。根に触れないように20cmぐらい覆土してから植えつけると良いでしょう。
くれぐれも上に撒き散らさないほうが良いです。(ハエが来ます。)

植えつける植物の種類によっても違いますが草花類でしたら、私の場合、これら有機肥料は使わず「マグァンプK」などの緩効性(化成)肥料を使います。
これは燐酸成分が多く、花つきがよいですからお勧めです。
植え付け時に土に混ぜて使います。根に直接触れても大丈夫です。
肥効一年の「中粒」と、二年の「大粒」が一般的でしょう。
一年草、多年草で使い分けします。
あと即効性の液肥として、ハイポネックス(原液)などの1000倍希釈液を、一週間に一度水遣りがわりに与えると更に効果的です。

追伸
ユリの地植え場合、30~40cmぐらい球根を深植えします。(適期10月~11月)
これは水分や養分を吸収する根(上根)が、球根の位置から上に生えるからです。
従ってユリの場合は、球根よりも上の土に施肥する必要があります。

参考URL:http://www.hyponex.co.jp/catalog/index.html

地植えの場合、思った以上に多くの土が必要ですよね。
私だったら、土壌改良に「バーク堆肥」(樹皮を細かく砕いて醗酵させたもの。腐葉土の代わりになる。比較的安価。)を使います。
花壇を地上げするなら、他の黒土も持ってきて、古い黒土と共にバーク堆肥を混ぜながらシャベルでよく耕します。
バーク堆肥の量は、新しくもってきた黒土と同量ぐらいでいいでしょう。
もちろん「プランターの土」でもかまいませんが、できれば腐葉土やバーク堆肥を追加して、古い黒土と一緒によく耕しましょう。
なお赤玉...続きを読む

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Q土が すごい粘土質なのですが

自宅を購入したのでうが、すごく土が粘土質で
植物が育つか心配です。
なるべく費用をかけず、(労力はあるのですが)
ハーブをいろいろ栽培したいのですが
どなたかよい知恵がありましたら
教えてほしいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガラは近年農家の嫌われ者でまず無料でもらえます。モミガラを生で投入すると腐植の時に回りの窒素を浪費するので生の投入に警告する先生もおられますが、私はずっと生で投入していて何ら弊害はありません。良く耕せば良いだけの話です。モミガラは土を柔らかく綿のようなフワフワの土にするのに大変効果があります。次にタダの材料は枯葉です。これは山に行けば全国どの地方でもあるでしょう。枯葉は出来るだけ繊維質の多いものを選びます。丸い葉より針葉樹の松葉なんかは最適です。松葉はヤニがあるので畑に入れてはいけないと昔からいわれてきました。しかし、私は十数年松葉を投入し続けてきましたが良い事ばかりです。最後はやはり「砂」でしょう。粘土質の特徴を少しでも弱めるには砂が一番です。これは少し出費になりますが、これだけは必要です。
 それと一番大切なことは、これらの土壌改良剤を投入してよく耕す事です。何回も耕す事でモミガラや松葉の不安点も解消されます。そして徐々に粘土質の土壌と土壌改良剤とが融和して一つの新しい土に生まれ変わっていくでしょう。

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガ...続きを読む

Q花壇の土の水はけが悪く、雨上がりは泥んこ状態です。

花壇の土の水はけが悪く、雨上がりは泥んこ状態です。
改善するには、どうしたらよいでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

少しの雨でも水たまりができてしまうと言うことですか?


粘土質の土は 細かくして 腐葉土や堆肥 砂や軽石を良く混ぜ 細かくした粒かくっつかないようにします
掘って 混ぜて 埋め戻すと言うのは 周辺がすべて粘土質で 水捌けが悪い時には 池を作るようなことになるのでやめといたほうがいいです
庭も同様なら 土を盛り一段高くして 縁はレンガやコンクリートブロックで囲う といいです

小さな花壇なら 草花用に売られている用土を盛り土にして 一段(20~30センチ)高い花壇をつくる
これだと大きな花壇ですとかなりコストが掛りますので 庭土も利用してコストを押さえます
平均10センチほど掘り そこへ軽石か 掘った土を篩にかけて出て来た石を元の地面くらいまでいれます 排水層
すこし勾配をつけ 溜まった水が流れるようにし その先は配水管か 雨水浸透桝のような深い穴にみちびく
石を除いた庭土と 堆肥 腐葉土 モミ殻燻炭 川砂 等 5:3:2:1:1? くらいの割合で良く砕いて均一になるように混ぜ戻します

嵩はばいいじょうに成るはず

Q目隠し用の木で手入れいらず、虫無しの木は?

隣家との目隠し用に植えていたゴールドクレストが枯れてきたので、別のものに植え替えようと思っております。
私自身、ほとんど庭木の手入れをしない無精者なので(この木も隣家に「目隠しとして植えてくれ!」と言われてしぶしぶ)、念入りな剪定や頻繁な水やりなどの手間のかからない木を探しています。
春先に大量に毛虫がついてイヤな思いもしたので、虫もつかないものがいいです。
高さは2mくらいまでで、5本くらい植えたいのですが、いい木はありますか?
環境としては、日光は午前中くらいしか当たらず、1m×3mくらいの場所に何本か植えたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

うーん目隠で手入れの要らない木って難しいですよ?

目隠になる木は葉が密になりますし、密になるには生育が旺盛な訳で、当然刈込みとか必要ですし・・・。
質問の趣旨から外れますが目隠フェンスにしてみてはいかがでしょうか?
初期投資は掛かりますが手間要らずですし、アルミなどの金物なら何十年かは保ちます。

え、駄目?
えーと、では「ソヨゴ」などどうでしょう。成長は遅めですが、日陰に強く、葉が密になります。2mくらいとなると、この木としては結構大きめの部類に入ります。虫も付きません。肥料も必要ないでしょう。予算はちょっと・・・まぁ何というか・・・(汗)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報