表面汚染検査用のサーベイメーター(TGS-136)で、密封されたプラスチックケースに入った226Ra(線源)を測定したところ1cm程度離したところで66,000ありました。ネットで調べたところ226Raはα線とγ線が出ると載っているのですが、なぜβ線を測定するTGS-136で測定できるのでしょうか。226Raはβ線を出すのでしょうか。申し訳ありませんが、ご回答よろしくお願いします。 
又、測定器を校正に出したところ、側面のシールの備考の欄に3.6×10-3Bq/cm2/min-1と書いてありました、併せてこの意味もお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

Ra226は



Ra226
(半減期1600年、100%がα崩壊)
 ↓
Rn222
(半減期3.824日、100%がα崩壊)
 ↓
Po218
(半減期3.10分、99.98%がα崩壊)
 ↓
Pb214
(半減期26.8分、100%がβ崩壊)
 ↓
Bi214
(半減期19.9分、99.98%がβ崩壊)
 ↓
Po214
(半減期164.3μs、100%がα崩壊)
 ↓
Pb210
(半減期22.3年、99.999981%がβ崩壊)

という具合に崩壊して行きます。
 この様に、Ra226が崩壊して、次々に別の放射性物質に変化して行く過程で、β線を放出する物質もありますから、Ra226を封入した線源から、β線が出ていても当たり前だと思います。

 Po218、Pb214、Bi214、Po214は、Rn222と比べて半減期がかなり短いため、Rn222が崩壊すると、速やかにβ粒子が2個放出されると見做す事も出来ると思います。
 Ra226の半減期は、Rn222と比べて非常に長いため、Ra226の量はあまり変化しないと考えると、ある程度の日数が経過して、Rn222の量が増えると、Ra226からのRn222の生成速度と、Rn222の崩壊速度が釣り合い、Rn222の量の変化が非常に僅かになります。
 私の大雑把な計算では、1gのRa226が封入されていた場合、封入されてから23日以降は、約6.5μgのRn222が常に存在する様になります。(6.4μgに減るには33年以上を要する)
 6.5μgのRn222は約37GBqですから、この崩壊によって生成したPb214やBi214が放出するβ線だけでも74GBq(740億ベクレル)あるという計算になります。
 これは、Pb214とBi214が放出するβ線だけを計算したものに過ぎず、それ以外にも、Pb210やそれ以降の生成核種が放出するβ線の量が、74GBqに加わりますから、実際にはβ線の放出量は更に多くなります。

【参考URL】
 ウラン系列
  http://www.ne.jp/asahi/radioactivity/mineral/use …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
崩壊の順序というか、崩壊の仕方がわかりました。放射線は奥が深すぎるというのが実感です。
なかなか難しいですが、少し勉強してみたいと思います。

お礼日時:2011/04/17 22:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング