Thank you for と Thank you toの使い方がわかりません。
例えば、

1)Thank you for all of you
2)Thank you to all of you

と、同じ意味だと思うのですが。。
あってますか?
どうやって使い分けているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

使い方 for」に関するQ&A: for in 使い方

A 回答 (2件)

微妙に異なる意味になります。



前置詞 “for” を用いる場合、それに続くのは#1の方が書かれているように、『何に対して感謝をしているのか』 です。
つまり、この単語に続くは行為などの場合が殆どですが、稀に人がくる場合もあります。
その場合、

“Thank you for being you.”
“Thank you for who you are.”
『あなたでいてくれること・あなたがあなたであることに対して、ありがとう』

に近い意味合いとなります。

なお、“(all of) you” に続いて、関係代名詞(that/who)が用いられ、その人(たち)がしてくれたことなどを続けて書いたり言ったりする場合があります。

“Thank you for all of you who have been supporting us.”
『私たちを支えてくれてありがとう』

対して前置詞 “to” を用いる場合、“thank you” を一つの句として捉え、『誰に感謝をしているのか』 を続けます。
つまり、この単語に続くのは、普通、人以外にはありません。

“Thank you to you.”
『あなたにありがとうと言います・あなたに感謝の言葉をささげます』

因みに、上のような言い方は普通しません。
なぜなら、誰に感謝をしているのかは、動詞 “thank” の目的語に表されているからです。

なお、前置詞 “to” を用いる場合でも、関係代名詞を用いて、その人(たち)がしてくれたことを述べることがあります。

“Thank you to all of you who have been supporting us.”
『私たちを支えてくれたあなた方に感謝します』

自然な日本語に直すと、どちらも同じような訳になってしまうのですが、英語の微妙な意味の差が伝わりましたか?
    • good
    • 0

Thank you for all of you. という表現そのものがおかしいという可能性があると思います。


Thank you for A. という文では、A には、たとえば your help のような、相手の行為などが入るのではないでしょうか。つまり、何に感謝するのかという内容が for の目的語として入るのではないかという気がします。
Thank you, all of you. のような言い方なら言えるのかもしれないとは思いますが・・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qhave to be able toって?

You have to be able to go there and back.

have to しなければならない
be able to できる

日本語が繋がらないです

be able toはいるんですか!?

Aベストアンサー

have to be able to~ で
「~できなければならない」 です。

have to のあとに can は使えないですからね。
be able to の登場となるわけです。


You have to be able to speak English to apply this job.
この仕事に応募するためには、英語を話せないといけませんよ。

Do I have to be able to drive a car to be a babysitter?
ベビーシッターになるには、車の運転ができないといけませんか?

~するためには~できなければいけない、という文章であれば、have to be able toを使用する意味があるのが分かりやすいと思います。

質問文の、You have to be able to go there and back. は、単独では、
「あなたはそこへ行って、帰って来れなくてはいけない」という意味です。

be able to を省略してもよさそうに見えますが、前後の文脈とあわせればもっと意味をとりやすいはずです。

私なりに本当の意味を推測しますと、こういう意味ではないかと。

「あなたはそこへ行くだけではダメ、自分で帰って来れなくてはいけないんだよ」

この意味であれば、
You have to go there and back. では意味が全く違ってしまいます。

have to be able to~ で
「~できなければならない」 です。

have to のあとに can は使えないですからね。
be able to の登場となるわけです。


You have to be able to speak English to apply this job.
この仕事に応募するためには、英語を話せないといけませんよ。

Do I have to be able to drive a car to be a babysitter?
ベビーシッターになるには、車の運転ができないといけませんか?

~するためには~できなければいけない、という文章であれば、have to be able toを使用する...続きを読む

Qto you と for you の使い分け

NHKの語学番組に出てきたフレーズです。

「(あなたにとって)とても大切なものなんですね。」という意味で、

[That must be important to you]
[It is important for you]

の2つの文の、"to" と "for" は入れ替え可能なのでしょうか?
入れ替えできないのなら、どういう基準で使い分けるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

to ~は「~に(対して)」なので、
「~にとって」は to ~と最初は感じるでしょうが、
慣れてくると普通は for ~だとわかると思います。

しかし、実際には to ~になることもあります。

to ~は直接的利益、for ~は間接的利益で、
SVOO の書き換えで to 型と for 型に分かれるのでもおなじみです。

important の場合は to/for どちらもあります。

どちらかというと、for はやはり「ため」の気持ちが強く、
間接的な感覚があります。

Qbe+to不定詞の識別

Nationalism is not to be confused with patriotism.

という文ですが、
この文のbe+to不定詞が
to不定詞が補語なのか、
be to不定詞という助動詞の代用表現のどちらか判別できません。

また、この文に限らず、
一般的にbe+to不定詞が
to不定詞が補語なのか、
be to不定詞という助動詞の代用表現なのかを
どのように判別するのでしょうか?

Aベストアンサー

My aim is to go to college.
補語となるパターンを考えればわかりやすいと思います。

go という不定詞部分の主語は I 自体であり、
my aim 自体が go するのではない。

my aim = to go to college

助動詞の代用の場合は、
He is to attend the meeting.
attend の主語は he そのもの。

he という人間が to attend the meeting という行為と=ではない。
単純に is to を must などの助動詞に代えて成り立つのだから当然のことです。

助動詞の代用という説明自体、判断する手がかりです。
助動詞に置き換えて意味が通じればそちら。

私としてはそういう説明上のもので、助動詞の代用というのが
be to の本質ではないように思います。

Q"That's for me to know and you to find out."

HPに載っていたクイズの最後に、"Will you rate high?"という質問があり、答えに"I guess.""Depends on my results."などのほか、"That's for me to know and you to find out."というのがありました。この"That's for me to know and you to find out."の意味がわからないので、インターネットで調べてみると、ほかに
Husband: What are we arguing about, exactly ...?
Wife: That’s for me to know, and you to find out.
という使い方もあったので、「余計なお世話」とか「そんなこともわからないの」みたいな意味かなと思うのですが、そういうニュアンスであっているのでしょうか。
どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

> That’s for me to know, and you to find out.

直訳すると、
「それは、私が知るべきことだし、あなたが(答えを)見つけ出すことよ」
→「それは、私が知りたいわよ。あなた答えてよ。」

Husband: What are we arguing about, exactly ...?
(僕たち、一体、何でけんかしてたんだっけ?)
Wife: That’s for me to know, and you to find out.
(こっちが聞きたいわよ、教えてよ!)

あたりでどうでしょう? (^^)

Qbe likely to の不定詞の用法

 be [likely/apt/liable] to,be [willing/reluctant] to, be eager to,be ready to, と思いつく限り書いて見ましたが、この
be+形容詞+to doの形の不定詞は何用法にあたるのでしょうか?

 僕が思うに副詞的用法の形容詞の限定には考えにくい
と思うのですが、それともこれは熟語の一部としてとらえた
方がいいでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。例えば、

・ Gina is likely to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめそうだ。

 においては、likely を省略して考えると、

・ Gina is to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめることになっている。

 となりますよね。つまり to leave は、likely を省略した文章においては、叙述用法で is を修飾してますから、副詞です。

 また英文法大全の説明では、

不定詞の副詞的用法

・(2)形容詞の修飾語として形容詞または形容詞相当語句のあとに置いて、判断の理由、条件、感情の原因などを表します。
This scheme is difficult to put into practice.
(=It is difficult to put this scheme into practice.)
  (この計画は実行に移すのがむずかしい)
That old machine is not safe to touch.  (あの古い機械は触れるとあぶない)
I am happy〔glad、delighted〕to make your acquaintance.
 (お知り合いになれてうれしく思います)

[注]
「be + 形容詞 + to不定詞」の形で、慣用句としてよく用いられるものに次のようなものが挙げられます。
be anxious〔eager、impatient〕to~(~したがっている)
be apt〔liable、likely〕to~(~しやすい、~しそうだ)
be ready〔prepared、willing〕to~(いつでも、喜んで~する)
be sure to~(きっと~する)など。

 ということで、お尋ねの不定詞は、副詞的用法ですが、慣用表現ですので、判断の理由、条件、感情の原因のどれにもあたらないのでしょう。

 いかがでしょうか?

はじめまして。例えば、

・ Gina is likely to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめそうだ。

 においては、likely を省略して考えると、

・ Gina is to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめることになっている。

 となりますよね。つまり to leave は、likely を省略した文章においては、叙述用法で is を修飾してますから、副詞です。

 また英文法大全の説明では、

不定詞の副詞的用法

・(2)形容詞の修飾...続きを読む

Q英文法に詳しい方お願いします。 Thanks for replied. forの後に動詞を使いたい

英文法に詳しい方お願いします。
Thanks for replied.

forの後に動詞を使いたいとき、動名詞(動詞の現在形+ing)を使うという文法のルールがあるようですが、上記は誤りですか?

Aベストアンサー

>forの後に動詞を使いたいとき、動名詞
その通りです。
厳密には動詞の原形+ing です。

もしかして、「リプした」という過去の意味にしたいということじゃないですか?
「返事してくれた」という過去について、感謝する。

でも、ing じゃ無理そうだから、そのまま過去。

一応、動名詞で「~したこと」という言い方は
完了形の動名詞 having 過去分詞で表すことができます。

ただ、この場合、もし動詞を使うなら、普通の ing でいいのです。

thank you for ~というのは必ずしてくれたことについて用います。
感謝の前に何かしてくれた、と決まっていて、
for の後は理由、それは「~した」に自然となり、
英語では理由として for ~ing にすればすむことです。

ただ、reply については
Thank you for your prompt reply.
迅速に返事してくれてありがとう。
のように、名詞として使うのが自然です。

Qbe going to beがわかりません。

be going to beがわかりません。

I'm not going to be humiliated in front of the entire neighborhood.

ご近所全員の前で辱をかかせたら承知しないわよ!
(親が子供に言ってる台詞でした)

この文は何でbe going toを使うのですか?
be going toは、これから何かしようとする時に使うと思っていました。

I'm going to go to....のように。

Aベストアンサー

SPS700さんのお答えの通りです。

また、I don't want to be ... でしたら、現在形ですから、「現在私は~されることを欲しない」という意味になります(未来の時点では変わるかもしれない)。
それに対して I'm not going to be ... だと、現在の時点から以降のことを問題の対象にしています。
直訳すれば、「私はご近所全員の前で辱をかかせられるような状態に陥るつもりはない」とでもなるでしょうか(日本語には英語の未来時制に相当する表現がないので、これくらいがせいぜいでしょう)。
「つもり」はなくてもそうなったらどうなるか。I'm not going to be ... という、しかるべき状態を否定されるわけだから、あり得べき世界が壊れることを意味する。もはや、それまでのような秩序は期待されない状態になるので、何がどうなるか分らない・・・

Q重労働のおかげでは Thanks to hard workですがthanks of hard wo

重労働のおかげでは Thanks to hard workですが
thanks of hard workだと間違いですか?

Aベストアンサー

じゃあ「〜の中に」で「の」があるから of 使うのでしょうか?

というと極端かもしれません。
英語では「〜へ感謝(して)」のような表現なのですが、
日本語では「〜のおかげで」という表現をするだけです。

「〜のために(理由で)」で
because of, on account of もあれば
owing to, due to もあります。

「〜への感謝」のように、およそ名詞とつなぐのに日本語では「の」が不可欠です。

「天気の変化」change in weather
のように日本語の「の」はいろいろです。

QThere are going to be ..........................

NHKラジオ英会話講座より
There are going to be a lot of really interesting art and showbiz people there.
そこには本当に面白い芸術家や芸能界の人たちがたくさん集まるのよ。

質問:there is 構文とbe going toの組み合わせに疑問があります。
(1)主語はinteresting art and showbiz people でしょうか?
(2)There will be a lot of really interesting art and showbiz people there.とbe going toの代わりにwillではいけませんか?
(3)there are going to beが1つの型でありthere are going to do
とbeの代わりにdoの型もありますか?
(4)be going toの主語は人意外は経験がありませんので、なにかアドバイスをお願いできれば幸いです。 以上

Aベストアンサー

There は一般的な物、こと、人の存在を表します。
したがって the や my のような特定されてることとは一緒に使われません。

× There is the book here.
○ The book is here.

次に語順は
There + 動詞 +主語 の順番です

There lived an old man in this house.
この家には老人が住んでいた。

There used to be a castle here.
ここには以前城があった

There is going to be a party next Sunday.
来週の日曜日パーティーがあります

次に be going to と will の使い分けを説明します

be going to は既に予定されていた事に使います

Mother: Can you repair Tom's bike? トムの自転車直せる?
It has a flat tire. パンクしてるの
Father: I know. He told me. 知ってる。言ってきた
    I'm going to repair it tomorrow.
    明日直す予定だよ

will は話の中で予定を組む時に使います

Tom: My bicycle has a flat tire.自転車がパンクしてる
Can you repair it for me? 直してくれる
Father: OK but I can't do it now. わかった。でも今は無理
    I will do it tomorrow. 明日するよ

上記ははっきりした区別です。それ以外の未来は、どちらでもよく、
その違いはありません。

It will rain this afternoon.
It's going to rain this afternoon.

I will be 20 next month.
I'm going to be 20 next month.

It's already 8 o'clock. I'll be late.
It's already 8 o'clock. I'm going to be late.

例の文は従ってどちらでも変わりません。もし違いがあるという
英語国民がいるとしたら、それは個人的な感覚と言えます。

There will be a lot of ...
There is going to be a lot of...

There は一般的な物、こと、人の存在を表します。
したがって the や my のような特定されてることとは一緒に使われません。

× There is the book here.
○ The book is here.

次に語順は
There + 動詞 +主語 の順番です

There lived an old man in this house.
この家には老人が住んでいた。

There used to be a castle here.
ここには以前城があった

There is going to be a party next Sunday.
来週の日曜日パーティーがあります

次に be going to と will の使い分けを説明しま...続きを読む

QThank you for saving me some. について教えてください。

DVDで英語の学習をしております。

刑事ドラマの一場面です。

事件解決後、2人の刑事のsquadroomでの会話です。
(Bはこの事件で犯人に足を撃たれ負傷。しばらく休むと思っていたBが部屋に入って来るのを見て、Aは驚きます)

A: Hey, I thought you were gonna take the rest of the week off.
B: Oh, the life of leisure doesn't really agree with me.
Thanks for saving me some.

saveを調べたところ、

(苦労・手間などを)省く、という意味で、
Thanks. You saved me a lot of trouble.
”ありがとう、とても助かりました”とあり、
この意味と同様なのかと思いましたが、
前文とつながらないのではと考えました。

確保しておく、残しておく、という意味でとると、
”~を取っといてくれてありがとよ”で、
~が、文脈からはよくわかりません。

saveをどうとったらいいのでしょうか?
お時間ありましたら、よろしくお願いいたします。

DVDで英語の学習をしております。

刑事ドラマの一場面です。

事件解決後、2人の刑事のsquadroomでの会話です。
(Bはこの事件で犯人に足を撃たれ負傷。しばらく休むと思っていたBが部屋に入って来るのを見て、Aは驚きます)

A: Hey, I thought you were gonna take the rest of the week off.
B: Oh, the life of leisure doesn't really agree with me.
Thanks for saving me some.

saveを調べたところ、

(苦労・手間などを)省く、という意味で、
Thanks. You saved me a lot of trouble.
”...続きを読む

Aベストアンサー

Gです。 こんにちは。

この状況に私も居た事が何回かあるのでその場面に自分をいれてフィーリングを感じようとしてみました。 (松葉杖一本を使わずに立てたままの状態で数人相手で何でもありの護身術を演武会で紹介せざるを得なかったときもあります。)

帰ってきて、家でのんびりするのは俺にはあわないよ、と言っているわけです。 その後に言うフィーリングは"I'm ready!"位しかないでしょう。 つまり、saving me some actions とかsaving me some places/work と言う感じで、「残しておく」と言う意味合いのsavingとなるわけですね。

私なら、I hope you guys did not finish everything!とかNow you guys go home and enjoy "the life of leisure", if you can!とかI will need to get my brain washed with the bullets to stay home or to rest in peace.と言うような表現になるんじゃないかな。 <g>

しかし、同じ状況でThank you for saving me some "donuts".と言う表現をしてからかう人は絶対にいるでしょう。 

Gです。 こんにちは。

この状況に私も居た事が何回かあるのでその場面に自分をいれてフィーリングを感じようとしてみました。 (松葉杖一本を使わずに立てたままの状態で数人相手で何でもありの護身術を演武会で紹介せざるを得なかったときもあります。)

帰ってきて、家でのんびりするのは俺にはあわないよ、と言っているわけです。 その後に言うフィーリングは"I'm ready!"位しかないでしょう。 つまり、saving me some actions とかsaving me some places/work と言う感じで、「残しておく」と言う意...続きを読む


人気Q&Aランキング