ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

私は以前、東大の英文科出身の方から、
「”前置詞+前置詞の目的語”という前置詞句は形容詞句もしくは副詞句として働く。但し、形容詞句となった場合は名詞を修飾する働きはあるが文の要素である補語(c)となることはできない。」
と習いました。
その後、知人から
「 He is in Japan. や He is from Japan.のような文は、前置詞句は補語でも副詞句でもどちらでも解釈できる」
との話を聞きました。
私も人のことは言えないのですが、この知人はTOEICでスコア600も取れないほど英語が出来ないので、どうしても東大の英文科出身の方の言葉が正しいのではないかと考えております。
しかし現在、英語が出来ないなりにその後も長年英語を勉強し続けた結果、知人の言うように前置詞句は補語としても働くと考えたほうが気分的にスッキリすると感じるようなことがかなりあります。とはいえ、私にとっては権威とも思える東大の英文科出身の方の言葉が常に頭をよぎり、前置詞句を補語と解釈するのは誤りであるのではないかと不安になります。
「前置詞句は補語になってはならない」というルールは間違いないのでしょうか。前置詞句が補語になるという説がある場合、可能でしたら権威には権威ということで、前置詞句が補語になる場合のことを説明した本を読めば安心できますので、そのような本をご存知でしたらあわせて教えていただきたいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 実は,同じような質問はたびたびあり,私も何度か回答しています。

「前置詞 補語」などで,このカテ内で検索すればいくつか見つかると思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2041237.html
 ここでも述べていますが,He is in Japan. の場合,He is だけでは文意が通らず,in Japan というのは文に不可欠であり,修飾語というよりも,補語と考えてもいいのではないでしょうか。
 
 ただ,辞書をよく引いている人なら気がつくと思いますが,自動詞のなかには,修飾語が不可欠なものがあり,「不可欠」=補語,とは言い切れないという反論はあると思います。

 形容詞と副詞の線引きは難しく,同形のものもあれば,形容詞 high に対して,副詞 high, highly のように2つの副詞があったりします。
 また,be 動詞の補語になる副詞というのもあるのです。The flowers are out.「花が咲いている」,He is in.「彼は在宅している」,School is over.「学校が終わった」などがそうなのですが,辞書によってはこの out, in, over は形容詞に扱われています。

 「形容詞」「副詞」「補語」の定義や,be 動詞の扱いによって,意見は異なると思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

> 実は,同じような質問はたびたびあり,私も何度か回答しています。「前置詞 補語」などで,このカテ内で検索すればいくつか見つかると思います。

申し訳ありません、ログをしっかりと検索しておくべきでした。

私の質問の内容は唯一の学説があるわけではなく、前置詞や補語の定義により意見が分かれる内容なのですね。

非常に参考になりました。どうもありがとうございます。

お礼日時:2006/10/28 08:48

 以下は英文法大全からのコピペです。



(2) 形容詞句
形容詞に準じた働きをし、後から名詞を修飾する連体的用法と、主語または目的語に対して補語の働きをする叙述的用法の2つがあります。これには「前置詞+(代)名詞」や不定詞、現在分詞、過去分詞を中心としたものが多く含まれます。
Bring me the newspaper on the table.
  (テーブルの上の新聞を持ってきておくれ)
I have no friends to talk with.
 (私には語る友がいない)
Foreign tourists visiting Japan increase in number year by year.
 (日本を訪れる外国の旅行者は年毎に増える)
Many cars made in Japan can be seen in the United States.
(アメリカでは日本製の車が多く見られる)
I found the door broken open.
 (私はドアがこじ開けられているのがわかった)

 つまり、前置詞句も形容詞句の働きをする場合があるということで、補語の働きをする場合があるということです。

 これ実は、私も wind さんに以前御教授いただいたことで、調べてみて初めて知ったことです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

非常に参考になりました。どうもありがとうございます。

お礼日時:2006/10/28 08:41

 前置詞句でも of importance や,in good health のような語句は形容詞と同じように,状態を表しますので,補語と考えるのが普通です。



 in Japan のような場所を表す前置詞句の場合は,副詞句であると考える人が多いと思いますが,in Japan で「日本にいて」という存在を表し,be 動詞は「~である」という意味にとれば,in Japan を補語と考えることも可能です。

 from Japan や against ~「~に反対で」のような場合はその中間になるでしょう。in Japan を補語にとる立場であれば,問題なく補語と考えることになります。

 私も,生徒に文型を教えるとき,副詞や前置詞句は,M としてはじけ,と説明します。
 最初はそれでいいと思います。しかし,in Japan は微妙ですが,of importance, in good health, さらに at home(「在宅して」でなく,「くつろいで」の場合ですが)などは補語と考えてよいでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>私も,生徒に文型を教えるとき,副詞や前置詞句は,M としてはじ
>け,と説明します。
>最初はそれでいいと思います。

そうですね、確かに最初のうちは複数の解釈を説明するよりもひとつの解釈のみを教えておいたほうが混乱しなくていいと思います。
実際に私も前置詞句をMとしてはじくというルールで全く問題なく英文を読むことが出来ました。

私に英語を教えてくれた東大英文科出身の方もおそらくwind-sky-wind様と同じように考えて、単純なルールを教えてくれたのかもしれません。

お礼日時:2006/10/28 08:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前置詞+名詞 形容詞句?副詞句?

The computer room is on the third floor of our school.
コンピュータールームは学校の3階にある。

解説に、この文の"is on the ~"の前置詞onが導く句は、
形容詞句であり、 補語となっている。
と書かれていましたが 、
私には"I'm here."のように副詞であり、修飾語のように思えます。
なぜ形容詞句で補語なのでしょうか。
どなたかご教授ください。

Aベストアンサー

 人によっては,前置詞句はあくまでも修飾句であり,補語にはならないという立場をとるでしょう。
 一部の人たちは,
 He is in good health. のように,場所を表すのでなく,状態を表す前置詞句の場合のみ形容詞的に補語となる,という立場をとるでしょう。
 さらに,
 He is in Tokyo. のような場所を表す前置詞句の場合も,補語と考える人もいると思います。
 すなわち,in Tokyo で「東京にいて」という存在を表し,is は「~である」という SVC で用いられる is と同じである,と考えるのです。He = in Tokyo となるわけです。
 私はどちらかというと,最後の立場をとります。というのも,Make yourself at home. など,SVOC の場合には前置詞句を補語ととるのが通説だと思うのですが,それなら SVC も同じだと思うのです。
 The computer room is on the third floor of our school. も I'm here. も SVC でいいと思うのですが,「形容詞句」という感じはしません。in good health のような場合は形容詞句だと思うのですが,on the third floor ~のような場所を表す前置詞句は副詞句でありながら,S = 前置詞句という SVC だと思うのです。

 人によっては,前置詞句はあくまでも修飾句であり,補語にはならないという立場をとるでしょう。
 一部の人たちは,
 He is in good health. のように,場所を表すのでなく,状態を表す前置詞句の場合のみ形容詞的に補語となる,という立場をとるでしょう。
 さらに,
 He is in Tokyo. のような場所を表す前置詞句の場合も,補語と考える人もいると思います。
 すなわち,in Tokyo で「東京にいて」という存在を表し,is は「~である」という SVC で用いられる is と同じである,と考えるのです。He...続きを読む

QBe動詞の後に前置詞句がくるときの文型は?

She is on the stage./Many birds are in the forest.など、Be動詞の後に前置詞句がくるときの文型はSVCなのでしょうか?前置詞句は補語ということになるのでしょうか?She stood on the stage.のときの文型はSVということから、不安になったのですが、ご存知の方があればご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは。

>Be動詞の後に前置詞句が来るときは常に形容詞的用法(叙述用法)であり、文型はSVCになると考えてよろしいのでしょうか?

この質問に関してですが、Be動詞の直後に前置詞句が来ているからというだけでは、まだ「形容詞的用法」と、またSVCであると判断することはできません。というのも、次の例のように「副詞的用法」の前置詞句がコンマなしで補語等の前に入ること、また、第二文型以外の文で用いられることがありうると考えられるからです。

"He is in a way smart."「彼はある意味賢い。」
"It is in general correct."「それは一般的に正しい。」
(文型はSVC)

"The meeting is at the moment adjourned."「その会議は現在一時的に休止されています。」
"The suspect was after all arrested."「その容疑者は結局逮捕された。」
(文型はSV)
*前回の回答でbe動詞は「不完全自動詞」であると説明しましたが、上のように受動態で使われるものは、「助動詞」のひとつとして考えられます。


文型や前置詞句の用法を判断するにはbe動詞の部分だけではなく、文全体を見ていくことが必要になると思います。第二文型SVCであればS=Cという関係が成り立っているかどうか、または他に補語になるようなものはないかを確認し、用法を見分けるには前置詞句を文からはずしてみて、その文が文法的に成り立つかどうかで判断していけるのではないかと思います。

参考になりましたでしょうか?また何かありましたら、補足のほうをお願いします。

こんにちは。

>Be動詞の後に前置詞句が来るときは常に形容詞的用法(叙述用法)であり、文型はSVCになると考えてよろしいのでしょうか?

この質問に関してですが、Be動詞の直後に前置詞句が来ているからというだけでは、まだ「形容詞的用法」と、またSVCであると判断することはできません。というのも、次の例のように「副詞的用法」の前置詞句がコンマなしで補語等の前に入ること、また、第二文型以外の文で用いられることがありうると考えられるからです。

"He is in a way smart."「彼はある意味...続きを読む

Q第2文型 副詞は補語になれますか?

ロイヤル英文法には、

副詞は補語になれると書いてありましたが、

明慶徹の英文法が面白いほどわかる本には、

副詞は補語になれないと書いてありました。

副詞は補語になれるのでしょうか?

例文とともに詳しく教えて頂けると嬉しいです。

よろしくお願いします☆

Aベストアンサー

>【修飾語】:副詞(句)の働きを持ち、その語(句)がなくても英文として成立する場合
>【付加語】:副詞句の働きをするが、その語句がないと不完全な英文になる場合
>【補語】:単独の副詞で、その語がないと不完全な英文になる場合

○ 次の英文の【   】で示された部分は、上記のどの働きでしょうか。

 (1) He is 【in good health】.

○ 【   】部がないと、この英文は成立しませんから、「修飾語」ではありません。したがって「付加語」か「補語」になります。考え方のポイントは、「副詞(句)」の働きをしていれば「付加語」、「形容詞(句)」の働きをしていれば「補語」だということです。「in good health」は「healthy」という形容詞の書き換えができますので、ここでは「補語」だという判断になります。

○ ちなみに「ロイヤル英文法」は良い参考書です。ただし、どんな参考書や辞書でも完璧ということはありませんので、上手に利用すると良いと思います。

Q前置詞の後ろは形容詞には来ませんか?

前置詞の後ろは形容詞には来ませんか?

Aベストアンサー

前置詞+形容詞+名詞のように,形容詞が名詞を修飾するのであれば,
形としては前置詞の後に形容詞がきます。

ご質問になっているのはこれとは別の場合だと思います。
いくつかのケースがあります。

1 regard A as B「A を B とみなす」のような as は前置詞とされますが,
B は補語のようなものであり,名詞の他,形容詞がきます。
これとよく似たケースが
take O for granted「O を当然のことと思う」も
for の後に形容詞(過去分詞)がきています。
同様に,give up ~ for lost「~をなくなったものとあきらめる」

2 in general, of late, in short, in vain のような慣用句は日本の辞書では
general, late などを例外的にこの句の場合のみ名詞と扱っていますが,
英英辞典ではそのまま形容詞とみなしています。

3 from bad to worse のように相関的に用いる場合

これらはいずれも形容詞が名詞化したと考えることもできれば,
前置詞の後に形容詞がくると柔軟にみることもできます。

前置詞+形容詞+名詞のように,形容詞が名詞を修飾するのであれば,
形としては前置詞の後に形容詞がきます。

ご質問になっているのはこれとは別の場合だと思います。
いくつかのケースがあります。

1 regard A as B「A を B とみなす」のような as は前置詞とされますが,
B は補語のようなものであり,名詞の他,形容詞がきます。
これとよく似たケースが
take O for granted「O を当然のことと思う」も
for の後に形容詞(過去分詞)がきています。
同様に,give up ~ for lost「~をなくなっ...続きを読む

Q前置詞句は名詞になるか

前置詞句について質問です。
前置詞の目的語は基本的に名詞ですよね。
ということは、前置詞の目的語が前置詞句である場合、たとえば
She came from behind the building.
という文のbehind the buildingは名詞として働いている事になります。

ということは、
名詞はもちろん主語になれますから
In the room was clean. (←倒置構文ではない)
(彼の部屋の中は綺麗だった。)
という文も、文法的にはOKとなるのでしょうか?

Aベストアンサー

とにかく,in(at)/to 的な意味は自動的に含まれても,from の意味は出ない。
from は例外と考えるべきで,いろんな前置詞で二重なんてできない。

それに,before/after/sice/till なんかはもともと前置詞で,
接続詞用法も確立していきました。
of/from/by/with/in/on/at のようにまったく接続詞としては使えないものもある。

だから by the time SV として接続詞代わりとするということになるわけです。

こういう前置詞としても接続詞としても使えるものとそうでないものを区別する。
さらに,前置詞としても副詞としても使えるものとそうでないものがある。

Q分詞構文で、コンマがある場合とない場合があるのは

どうしてかよくわかりません。参考書の中に、次の2つの例文が出ていました。
I walked around the town taking pictures. (コンマなし)
写真を撮りながら、私は町を散策した。

We sat up all night, talking on the phone. (コンマあり)
電話で話しながら、私たちは夜を明かした。

コンマがある場合とない場合で何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

Michel SwanのPractical English Usage(Oxforrd大学)によれば分詞構文は2つのタイプがある。

1.We sat up all night, talking on the phone.
学校で習っている構文で、talkingの主語はIになる。

2. Who's a gril dancing with your brother? 
名詞の後修飾で意味はa girl who is dancingと同じ意味となる。

上記の2文を分詞構文の基本として、文中にmy friendと入れてみる。

I walked around the town, taking my pictures.

I walked around the town with my friend, taking my pictures.
takingの主語はIのままですね。

I walked around the town taking pictures.

I walked around the town with my friend taking pictures.
上記例題2の分詞構文と同じでtaking picutureの主語はmy friendとなる。

I walked around the town with my friend who was taking picutres.
故に、カンマを省略してはいけないが、

I walked around the town taking picutures.
の場合は本来ならば、上記の解釈のようにtaking picturesの主語はtownになるべきである。しかし、町は写真など撮れないために, 主語はIでカンマが省略されているであろうと読み手が考えるだけ。

Michel SwanのPractical English Usage(Oxforrd大学)によれば分詞構文は2つのタイプがある。

1.We sat up all night, talking on the phone.
学校で習っている構文で、talkingの主語はIになる。

2. Who's a gril dancing with your brother? 
名詞の後修飾で意味はa girl who is dancingと同じ意味となる。

上記の2文を分詞構文の基本として、文中にmy friendと入れてみる。

I walked around the town, taking my pictures.

I walked around the town with my friend, taking my pictures.
takingの主語...続きを読む

Q前置詞句は副詞句か形容詞句にしかならない?

前置詞句は副詞句か形容詞句にしかならない?


授業中、長文で出てきた
”it should be looked upon primarily as threats to human welfare"
という文について、先生が「副詞の後に前置詞+名詞が来たら、その副詞は動詞ではなく前置詞句にかかっている」と言いました。

look upon は5文型を取り、この文は5文型の受動態だから"as threats~" を前置詞+名詞でつくる形容詞句と見れる。だから"as threats~"にprimarilyをかけられるということはわかります。

しかし私はこの文解釈がイマイチ納得できません。
私は、筆者はこの文で、 「人間の幸せを脅かすものは色々あるが、これ(it)はそれらのなかで人間の幸せを脅かすものとして真っ先に見下されるべきだ」 ということを伝えたいのだと思います。

先生の考え方だと"as threats ~" が形容詞句だから「it はOをCの状態だと」直訳すると「"it"は主に人間の幸せに脅迫的であると見下されるべきだ」になると思うんですが、私は "as threas~"を前置詞句が作る形容詞句とは考えず、『as は ”look upon"に慣用的につき、「~として」と訳す、動詞に付随して存在する(名詞とくっついて形容詞句を作らない)前置詞であり、この文章の補語は"threats~welfare"、primarilyはlook upon にかかっていて、「これは人間の幸せを脅かすものとして何よりもまず見下されるべき」とした方が自然。』と思うのです。英文構造を日本語訳文もとに行っている感じがしてナンセンスだとは思うのですが・・・・。

長々と書きましたが、質問事項は

☆この文解釈は間違っていますか?
 ・前置詞+名詞を切り離して形容詞句とも副詞句ともしない、とするのは駄目でしょうか。それと
も,前置詞+名詞は形容詞句化副詞句にしかならないのでしょうか。(前置詞の後ろには基本的に名詞がくる ということは知っています) 
 ・この場合、primarilyはどこにかかると考えるのが普通なのですか?

☆また、この look upon O as C や think of O as C、impose A on B や
rob A of B のように目的語や補語の後に特定の前置詞がくる3文型や5文型の動詞では、前置詞以下は何とされているのですか?


なるべく多くの方の意見を聞きたいので、一つだけでも分かったことがあれば是非お聞かせください。
長々と分かりにくい文章に付き合ってくださってありがとうございました。

前置詞句は副詞句か形容詞句にしかならない?


授業中、長文で出てきた
”it should be looked upon primarily as threats to human welfare"
という文について、先生が「副詞の後に前置詞+名詞が来たら、その副詞は動詞ではなく前置詞句にかかっている」と言いました。

look upon は5文型を取り、この文は5文型の受動態だから"as threats~" を前置詞+名詞でつくる形容詞句と見れる。だから"as threats~"にprimarilyをかけられるということはわかります。

しかし私はこの文解釈がイマイチ納得できません。...続きを読む

Aベストアンサー

「副詞の後に前置詞+名詞が来たら、その副詞は動詞ではなく前置詞句にかかっている」
そうとは言い切れないですね。
I study English hard at night. とあれば,hard は study という動詞にかかります。

とにかく,前置詞句を修飾する副詞があります。
He finished his homework well after ten o’clock.
「彼は10時をゆうにまわって宿題を終えた」
これは well に特有で,much や very では代わりをすることはできません。

hard にもこのような用法はありませんので,たまたま前置詞句の前にきても,それを修飾することはありません。

そして,largely, chiefly「主に」とか,especially, particularly「特に」のような単語も,前置詞句の前において,そこを強めることができます。

primarily という副詞もこれらの語と似ていて,動詞にかかれば「第一に」,前置詞句などにかかれば「主に」という意味合いになります。

今回の場合,動詞にかかるのであれば文頭か,主語と動詞の間にくるはずで,このような位置だと直後の前置詞句にかかると考えた方が自然です。

位置だけでなく,look on の意味も考える必要があります。
look (up)on O as C というのは,ニュートラルに「O を C とみなす」という意味です。
look「見る」という語が,「思う」的な意味になる。
日本語の「見なす」が「見る」とはニュアンスが異なり,仮名で「みなす」とすることが多いのと似ているように思います。

「真っ先に見下される」にあるような「見下す」という意味は look on だけでは出るものではありません。
今回のように as threats「脅威であると」見なされるという内容がともなって,そこからの判断で結果的に「見下される」のような意味合いが出るだけです。
(実際には「見下す」のような訳はしない方がいいです)

すなわち,look on のような「みなす」という表現で「第一に」「真っ先に」という副詞とは相いれないわけです。

したがって,この primarily は as threats にかかり,「主に脅威である」とみなされる
そこから,脅威だから「見下される,軽視されるべきだ」と展開するのは自由です。

look on A as B の文型上の扱いですが,
「副詞の後に前置詞+名詞が来たら、その副詞は動詞ではなく前置詞句にかかっている」
という説明に従って,前置詞を切り離そうとされたのですよね。

この説明自体誤っているわけですので,そのような無理な考えをする必要はありません。

as は「~として」と訳した時点で前置詞です。
そして,as の後に形容詞がくることもあることから,
as C という表現を用いることがあります。
この C だけ離すということはしません。

as C でセットです。そのセットでまとめて C と考えてもいいですが,
look on A as B も look on O as C も同じようなものです。
形容詞がくることがあるから C と言える,でも as がいることには変わりはない。

「副詞の後に前置詞+名詞が来たら、その副詞は動詞ではなく前置詞句にかかっている」
そうとは言い切れないですね。
I study English hard at night. とあれば,hard は study という動詞にかかります。

とにかく,前置詞句を修飾する副詞があります。
He finished his homework well after ten o’clock.
「彼は10時をゆうにまわって宿題を終えた」
これは well に特有で,much や very では代わりをすることはできません。

hard にもこのような用法はありませんので,たまたま前置詞句の前にきても,それを修...続きを読む

Q名詞節をつくる際のHow+形容詞+S+VとHow+S+V+形容詞の違い

名詞節をつくる際のHow+形容詞+S+VとHow+S+V+形容詞の違いは何でしょうか?
自分は意味は大体同じで前者の方は強調のニュアンスがあると解釈しているのですが。

Aベストアンサー

how 形容詞 SV という名詞節は
How 形容詞 VS? という疑問文の間接疑問,
How 形容詞 SV! という感嘆文からきている
いずれの解釈も可能です。

上の場合,「どれくらい(形容詞)か」で,程度を聞くわけですが,
日本語で「どれほど(形容詞)か」で「なんと」というニュアンスが出るのと同じで,感嘆文との区別は文脈次第です。

いずれにしても,how +形容詞でひっついて「どれほど~」と一まとまりになります。

how SV 形容詞があるとすれば,how は「どのようにして」とか「どうして→なぜ」の意味で形容詞とは切り離されている場合です。
how he is so busy「どうして彼はそんなに忙しいのか」
how busy he is「彼はどれくらい忙しいのか」「彼はなんと忙しいのか」

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q受動態の後ろに目的語はとれますか?

受動態の後ろは補語だと取れそう?
目的語は取れないんですか?

Aベストアンサー

受動態の動詞の後ろに補語が来るのは、いわゆる第5文型(主語+動詞+目的語+補語)が受動態になって、目的語を主語にする場合ですね。
(能動態) They call me Taro.
(受動態) I am called Taro (by them).

一方、第4文型(主語+動詞+目的語(人)+目的語(物))の受動態で、目的語のどちらかを主語にとる場合、受動態の動詞の後にもう片方の目的語が残ることになります。

(能動態) They gave her flowers.
(受動態(人)を主語) She was given flowers (by them).
(受動態(物)を主語) Flowers were given her (by them).

ただし、目的語(物)の方を主語に持ってくる場合、目的語(人)の前に前置詞をおく方が自然で(Flowers were given to her (by them).)、この場合は、前置詞以降を修飾語とみなし、第3文型(They gave flowers to her.)の受身と考えることになりますね。ここまで細かいことを文型でどうこう考える必要はないかと思いますが。

受動態の動詞の後ろに補語が来るのは、いわゆる第5文型(主語+動詞+目的語+補語)が受動態になって、目的語を主語にする場合ですね。
(能動態) They call me Taro.
(受動態) I am called Taro (by them).

一方、第4文型(主語+動詞+目的語(人)+目的語(物))の受動態で、目的語のどちらかを主語にとる場合、受動態の動詞の後にもう片方の目的語が残ることになります。

(能動態) They gave her flowers.
(受動態(人)を主語) She was given flowers (by them).
(受動態(物)...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング