国語の教科書に「わたしを束ねないで」新川和江が書いた詩があって、宿題として、作者の思いと訴えを書かないといけないのですが、作者の思いや訴えはどんなことか分からないので、自分でも努力しますが、

皆さんの力を貸してください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

各節、2つのものを比較する形で書かれていることはおわかりだと思います。


下に示すように[]で囲んだ箇所と【】で囲んだ箇所が対比される形になっています。
それぞれ正反対の意味を持っています。

たとえば最初の節では、
「白い葱のようには扱わないでください」と言っていますね。
[束ねられた白い葱]

【見渡す限りの金色の稲穂】
では何が違うでしょうか。
束ねられた葱はどんな気持ちでいるでしょうか。
それに対して見渡す限りに広がる金色の稲穂の気持ちは?
一方に無くて一方にあるものは何でしょうか。

4番目の節も面白い比較ですね。
[娘という名 妻という名
重々しい母という名でしつらえた座に
坐りきりにさせないでください]
と言っています。そして、
【 わたしは風
りんごの木と
泉のありかを知っている風】
と続いている。

[娘、妻、母という世間的な役割に座りきりになっている女性]と【りんごの木と泉のありかを知っている風】では何が、どう違うと思いますか?
このように対比して他の節も読みながら、あなたの思ったことを書けば良いのです。

◇◇◇◇◇

[わたしを束ねないで
あらせいとうの花]のように
白い葱のように
束ねないでください] 【わたしは稲穂
秋 大地が胸を焦がす
見渡すかぎりの金色の稲穂】

[わたしを止めないで
標本箱の昆虫のように
高原からきた絵葉書のように
止めないでください] 【わたしは羽撃き
こやみなく空のひろさをかいさぐっている
目には見えないつばさの音】

[わたしを注がないで
日常性に薄められた牛乳のように
ぬるい酒のように
注がないでください]【 わたしは海
夜 とほうもなく満ちてくる
苦い潮 ふちのない水】

[わたしを名付けないで
娘という名 妻という名
重々しい母という名でしつらえた座に
坐りきりにさせないでください]【 わたしは風
りんごの木と
泉のありかを知っている風】

[わたしを区切らないで
,(コンマ)や.(ピリオド)いくつかの段落
そしておしまいに「さようなら」があったりする
手紙のようには
こまめにけりをつけないでください]
【わたしは終りのない文章
川と同じに
はてしなく流れていく 拡がっていく
一行の詩】
    
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「わたしを束ねないで」の英訳

新川和江さんの詩「わたしを束ねないで」
美智子皇后が英訳されているそうですが
その英訳を読むことができる文献?などはありますか?

もしくは
「わたしを束ねないで」←この一節の英訳だけでも
教えていただけると助かります。

皆様、お知恵をお貸しください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

"Please Don't Bundle Me"でいいようです。次のサイトに英訳が載っています。
http://www.h6.dion.ne.jp/~cocoloco/body&soul(column)/PoemJpn1.html

Q谷川俊太郎 「春に」

谷川俊太郎さんの詩「春に」は
いったいどんなところが魅力的なんですか。
皆さんの感想を教えてください。

Aベストアンサー

>いったいどんなところが魅力的なんですか。
age132さんは、もしかして「春に」はちっともおもしろくない、なのになんでよい詩だなんていわれるのだろう、という感想をおもちですか。

谷川俊太郎は、好きな詩人ですが、「春は」は読んだことがありませんでした。さっそく読んでみました。

声に出して読んでいると、そうだなあとしっくりとした気持ちが襲ってきました。もしかして、伸びていきたいでも新しいことは怖い気もする、そんな生きるエネルギーの持つ矛盾が歌われているのでしょうか。それなのに、とても希望を感じます。怖いけれどでも前に進みたい、未来が楽しみでしようがない、そんな情を感じます。

age132さん、ぜひ声に出して読んでみてください。


この気もちはなんだろう
この気もちはなんだろう
目に見えないエネルギーの流れが
大地からあしのうらを伝わって
この気持ちはなんだろう
この気持ちはなんだろう
ぼくの腹へ胸へそうしてのどへ
声にならないさけびとなってこみあげる
この気もちはなんだろう

枝の先のふくらんだ新芽が心をつつく
よろこびだ しかしかなしみでもある
いらだちだ しかもやすらぎがある
あこがれだ そしていかりがかくれている
心のダムにせきとめられ
よどみ渦まきせめぎあい
いまあふれようとする

この気持ちはなんだろう
この気持ちはなんだろう
あの空のあの青に手をひたしたい
まだ会ったことのないすべての人と
会ってみたい話してみたい
あしたとあさってが一度にくるといい
ぼくはもどかしい

地平線のかなたへと歩きつづけたい
そのくせこの草の上でじっとしていたい
<大声でだれかを呼びたい>   ※作曲の際の省略
<そのくせひとりで黙っていたい>
声にならないさけびとなってこみあげる
この気もちはなんだろう

いかがでしたか。
すばらしい詩を読む機会を与えてくださって、ありがとうございました。また質問してくださいね。

>いったいどんなところが魅力的なんですか。
age132さんは、もしかして「春に」はちっともおもしろくない、なのになんでよい詩だなんていわれるのだろう、という感想をおもちですか。

谷川俊太郎は、好きな詩人ですが、「春は」は読んだことがありませんでした。さっそく読んでみました。

声に出して読んでいると、そうだなあとしっくりとした気持ちが襲ってきました。もしかして、伸びていきたいでも新しいことは怖い気もする、そんな生きるエネルギーの持つ矛盾が歌われているのでしょうか。それなのに...続きを読む

Q詩を作る

↓の詩は「わたしを束ねないで」という詩の1部です。
第一連
わたしを束ねないで

あらせいとうの花のように

白い葱のように

束ねないでください わたしは稲穂

秋 大地が胸を焦がす

見渡すかぎりの金色の稲穂

第二連
わたしを止めないで

標本箱の昆虫のように

高源からきた絵葉書のように

止めないでください わたしは羽ばたき

こやみなく空のひろさをかいさぐっている

目には見えないつばさの音

第三連
わたしを注がないで

日常性に薄められた牛乳のように

ぬるい酒のように

注がないでください わたしは海

夜 とほうもなく満ちてくる

苦い潮 ふちのない水

↑上の詩のようなつくりで、比喩(~のようにを使って表現をする表現技法)を用いた詩を自分の望む行き方に当てはめて作るという課題が出たのですが上手く作れません。
参考にしたいので「自分の望む行き方に当てはめて作る」という条件はなくてもいいので、どなたか作ってもらえないでしょうか?
何個でもいいので(むしろ多いほうが嬉しいです)回答おまちしております。
やたら長い文を読ませてしまいすみません。

↓の詩は「わたしを束ねないで」という詩の1部です。
第一連
わたしを束ねないで

あらせいとうの花のように

白い葱のように

束ねないでください わたしは稲穂

秋 大地が胸を焦がす

見渡すかぎりの金色の稲穂

第二連
わたしを止めないで

標本箱の昆虫のように

高源からきた絵葉書のように

止めないでください わたしは羽ばたき

こやみなく空のひろさをかいさぐっている

目には見えないつばさの音

第三連
わたしを注がないで

日常性に薄められた牛乳のように

ぬるい酒のように

注がないでください...続きを読む

Aベストアンサー

わたしに聞かないで

教えてgoo!のように

ネットのように

ググらないでください わたしは人

今 とほうもなく満ちてくる

深い思索 終わりのない旅


人気Q&Aランキング

おすすめ情報