今から50年ほど前に、祖父•叔父•父で墓地を購入し墓石を建てました。(今は全員他界)
購入した土地はもともと「墓地」で、私の祖母の兄が所有し一族の墓を守っていたようです。

祖母の兄は、祖父に借金もあったそうで、「担保」の意味でも「墓地の一部」を祖父に譲ったようでした。その話は父の兄弟姉妹をはじめ、私も子供の頃に父からきいたことがございます。

長年借金は返してもらえなかったそうですが「親戚だから」と祖父は借用書を風呂の薪と一緒に燃やした、と他の親族が言っておりました。(結局借金は返済されていません)

ところが、50年も経過した今となって「借金も返していない」子孫が我々に「勝手に墓地を使っている。墓石を移動しろ」と言ってきました。

他の親族にこのことを話しましたら我々が間違ったことはしておらず「墓石を移動しろ」といってくるなどもってのほか、と意見が一致。

近日中に、こちら側の生き証人(墓地の使用権を購入したことを知る)数名と、いいがかりをつけてきた「子孫」と会い、話し合いをすることとなりました。

ここで、「墓地の一部は購入したものである。我々に永代使用権がある。」などとかいた文書を作成し、それぞれで確認して署名捺印としたいのですが、我々の主張は間違っておりませんでしょうか?

祖父が借用書を燃やしてしまったのが悔やまれます。

また、墓地のことで相談できる組織がありましたら教えて頂けると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

すでに建立されているお墓の管理者が、その墓地の使用権利者であるのは明白です。


ましてや、その土地権利者が誰の物で有ろうと50年もその土地の使用権利者として来たのであれば、完全に時効取得とも成って居ます。

墓地には、その墓地の管理組織が有るはずです。
他の土地と違って、墓地は完全に個人の所有物では有りません。
墓地管理組合などがあるはずですから、その組織にご相談になれば、今更お墓を移動しなければいけない事はあり得ないとの説明をしてもらえるはずです。

これからも、その墓で眠って居られるご先祖様が安らかに居られますように、穏やかな話し合いで丸く収まりますように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

とっても田舎なので「墓地」としてではなく田畑などで登記している可能性があります。ただその周辺は皆、そういう感じで墓地となっており都会暮らしでは考えられない風習です。

管理組合があれば良かったですよね。
身内なのに残念です。

お礼日時:2011/04/21 15:50

お気の毒ですがかなり不利ですね。


せめて登記してあればいいのですがそうでなければ
談判だけではうまく収まらないでしょう。

金を借りて踏み倒しておきながら、
逆に金を貸してやっていると言ったり
墓地も貸してやっているということを
永年吹き込まれてきた人たちですから
難航必至でしょう。
借用証を燃やしてしまったと言うことであれば
本当に悔やまれます。

相手もあなた方が言っていることは真実と逆だと
主張するでしょう。

あとは裁判するか、ある程度譲歩して手を打つかでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

他人なら縁を切る事は簡単ですが、縁戚はなにかと面倒ですね。

お礼日時:2011/04/21 15:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q商号仮登記申請の際の委任状について

新しく株式会社を設立するにあたり、商号の仮登記を行ないます。
手続きは代理人が行ないますので委任状が必要になりますが、
これは供託の手続きを行なう際にも、仮登記申請の時とは
別の委任状が必要になってくるのでしょうか?
それとも「商号の仮登記の申請に関する一切の権限を委任する」
という表現をしていれば、委任状は1枚ですむものなのでしょうか?

また、委任状のフォーマットを本などで調べると、「申請する商号名」
と「設立登記までの期間」を記すようになっていますが、
これは必ず委任状に明記していなければ受理されないものでしょうか?

Aベストアンサー

「手続きは代理人が行ないます」というのは、具体的には、司法書士が代理し
て行うことだと思います。それなら委任状の書式も専門家である司法書士が用
意するはずです。

これだけでは紋切り型なので、意見をいいますと、すでに本で調べたことと思
いますが、商号の仮登記のための供託は、商号の仮登記の申請に先立つ別の手
続です。また、供託すると法務局は委任状に捺印して返します。これは後で供
託金払渡請求をするときの証明になります。そこで商号の仮登記の委任状と別
に供託の委任状も必要です。

委任状に商号や予定期間が書いていないと、代理人への委任事項が不明なので
受理されないと思います。

Q92歳の祖父について 私は孫なのですが、祖父と一緒に住んでいる叔父が、きちんと祖父の世話をしてくれま

92歳の祖父について
私は孫なのですが、祖父と一緒に住んでいる叔父が、きちんと祖父の世話をしてくれません。
お金も対して入れていないらしく、色々大変みたいです。
祖父は病気を患っていて、1ヶ月に一回遠い病院に孫達が順番に連れて行っています。
叔父は連れて行きません。
なので、もし祖父が独り暮らしをする場合、生活保護か何か受けられますか?
ちなみに戦争も行っています。
回答お願い致します。

Aベストアンサー

自分の家なら、生活保護は受けられません。
戦争に行って、軍人恩給、もらってますか?
普通の場合もらえませんよね、もらうには16で志願兵で入隊して、訓練が終わったらすぐ外地に行って、終戦まで外地だったら、もしかすると貰えるかも。
年金はどうでしょう、務めていても個人商店だったり、法人化が昭和40年前後だったりすると、少ないですよね。

多分、金は有るんだと思います、だから叔父さんが同居しているんだと思います。
質問内容からすると、民生委員も余り手を突っ込みたくない状況かと思います。
手を突っ込むと金がくっついてくると、家族に色々言われますので、民生委員は当てになりませんから、そのままの状態でどちらかが寝たきりになるのを待つしかないかと思います。

Q相続登記 委任状と登記申請書の契印の仕方

表題のとおり、親族の相続登記の書類を作成しておりましたら
「委任状」と「登記申請書」が複数になりました。

「委任状」・・・相続人(委任者)の認印で押印しました。
契印は、相続人(委任者)の認印のみでよろしいでしょうか?

「登記申請書」・・・相続人(委任者)と代理人双方の認印で押印しました。
契印は、相続人(委任者)の認印のみでよろしいでしょうか?

ご回答お待ちしております。

Aベストアンサー

契印は、登記申請の申請人(代理人)が行うものではないですかね。
ですので、委任状の委任者の捺印で契印することはないのではないですかね。

登記申請の捺印ですが、なぜ委任者が捺印しているのでしょうか?
登記申請そのものを委任しているわけですから、代理人の捺印だけになるのではないですかね。そうでなければ、何のための委任状なのでしょうか?
それに委任状への捺印は実印で行い、印鑑証明の添付も必要だったと思います。

捺印も考え方次第で異なります。他の役所と異なり、法務局の登記官の判断で、必要な捺印や資料が異なります。他の法務局でOKでも、今回提出する法務局で認められるとは限りません。

ちなみに、代理人として登記申請を行うのであればわかりますが、登記申請に捺印を本人から貰うような間柄であれば、本人申請扱いの登記申請の使者でもよいのかもしれませんよ。そうすれば、委任状なども不要になることでしょう。ただし、登記識別情報など本人でなければ受け取れない書類などがあれば、代理人として処理しなければ、あなたが代理で受け取れなくなってしまうかもしれませんがね。ですので、必要な時だけ本人を連れていけば、本人申請にすることが出来ることでしょう。

法務局へ事前相談されるほうが良いと思いますよ。それに簡単な話であれば、電話で相談することも可能でしょう。管轄の法務局を法務局のHPで確認しましょう。

契印は、登記申請の申請人(代理人)が行うものではないですかね。
ですので、委任状の委任者の捺印で契印することはないのではないですかね。

登記申請の捺印ですが、なぜ委任者が捺印しているのでしょうか?
登記申請そのものを委任しているわけですから、代理人の捺印だけになるのではないですかね。そうでなければ、何のための委任状なのでしょうか?
それに委任状への捺印は実印で行い、印鑑証明の添付も必要だったと思います。

捺印も考え方次第で異なります。他の役所と異なり、法務局の登記官の判断で、...続きを読む

Q墓地、墓石の購入の際の印鑑

初めて質問をします。
先日、石材店を通じて、霊園で墓地を購入して、これから墓石の契約をしようとしているのですが、墓地を購入した際契約書に印鑑を押さなくてもお金が霊園に振り込まれれば契約は成立ですと言われ、印鑑は押していません。
霊園で購入する時はこういうやり方なのでしょうか。

それと墓石の契約の印鑑は三文判でよいとの事です。
三文判で本契約なんて、不安なのですが、問題は無いのでしょうか?
石材店に聞いても「問題ない」というばかりで納得いかないのですが、
今後万が一悪用されたりということは無いのでしょうか?
お墓はとても高額で財産のようなものです。
その大事な契約に三文判で良いというのは、普通なのでしょうか?
霊園で購入された方はどんな契約の仕方でしたか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

売買契約を行う場合に使用する印鑑が所謂実印でなければならない
ことなどありません。印鑑は三文判であっても問題ありません。
実印だから、契約が有効で、そうでなければ無効であるという
ことはではなく、実印の場合には、印鑑証明を添付することで、
行政が、この印が登録されていることを証明していることが判り
その信用度が上がるだけです。一方売買契約は、「売ります」「買います」との合意があったときに成立しますので、契約書がなくても、
もんだいありません。(スーパーで買い物をするときに契約書など
勿論使いませんね。又、車を買う場合でも、売買契約を締結する
事もありませんね)したがって、お墓や、墓石を購入する場合に
契約書がなくとも、売買契約そのものは成立するのですが、口約束
だけでは不安があるとすると、こちらから売買契約書を作成し、
業者に印を押させては如何ですか?

Q相続登記の委任状

相続人全員が両親(AとB)の2人のため、息子(C)が相続登記を委任されました。

委任状の作成方法について

数点ある不動産は、両親間(AとB)にて単独で分け合い共有名義は作りません。
ついては、登記申請書は2つ作ることになると思いますが、

委任状は
AからCへの委任状にはAが相続するだけの不動産を書き、
BからCへの委任状にはBが相続するだけの不動産を書けば良いでしょうか?

若しくは、双方の委任状にすべての不動産を書く必要がありますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前者です

Q母が個人で寺院墓地を購入したが、父が違う寺院の檀家になってしまい、母の

母が個人で寺院墓地を購入したが、父が違う寺院の檀家になってしまい、母の没後、墓を変えるように求められています。
お墓は母が10年前に購入し、その際に形だけ檀家になっていたようです。
また、父が檀家になっている寺院に墓地はありません。
宗旨は墓地の有るお寺も、父の檀家のお寺も同じ浄土真宗本願寺派(西本願寺)なのですが、檀家が違うだけでお墓も変えなければいけないのでしょうか?
母の遺言で、どうしてもそのお墓(その寺院ということではなく)に入りたいと言っていましたので、何とか叶えてあげたいと思っています。
何か良い方法はないでしょうか。詳しい方いらっしゃいましたら、ご回答頂ければと思います。

Aベストアンサー

今のお寺は”商売”ですから、
どちらかのお寺を選ぶしかありません。

お母さんのお墓(墓地?)を選ぶのなら、そちらの檀家に。

お父さんのお寺を選ぶのなら、新しいお墓地を探します。

Q建物滅失登記を委任する場合の委任状について

中古住宅を購入し、建物を解体後新築することになりました。
土地の所有権の移転は司法書士さんにお願いしました。
建物については所有権の移転登記をせずに滅失登記をする事になりますが、滅失登記は費用節約のために自分でやってみようかと思っています。
建物の名義が売主さんのままなので、売主さんから委任状をいただいくのですが、委任状は当方で用意することになりました。
市販の委任用紙などでもいいそうですが、委任事項はどのように書いたらいいのでしょうか。
売主さんの印鑑証明書は必要なのでしょうか。
ほかに何か気を付けたほうが良い点などがあればお教えいただけると嬉しいです。

どうぞよろしく回答お願いいたします。

Aベストアンサー

委任を受けて滅失登記を済め場合は、委任者の実印を押印した委任状と、印鑑証明書が必要になります。

委任状の書き方については、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www2.sala.or.jp/~popular/meshitu.htm

Q現状は墓地。でも墓地として届出してないこれってほっておいて良い?

去年、自宅の土地の登記簿を主人名義に変えたところ、
今年の固定資産税の納税通知書に、去年までなかった
お墓の土地も宅地として、納税するよう通知が来ました。

墓地には固定資産税はかからないと知人から聞いたので、
早速役場に問い合わせたところ、

「現状は墓地ですが、届出は墓地ではないので雑地として宅地の1%納税してください。
墓地にするには、自治会を通して届出してください」

とのことした。

うちのお墓は、個人で管理している方の山の一部をお墓として分譲していてその一区画を買って立てています。

そこで、ワタシの疑問なのですが、
現状は墓地と認識されている役場は、
届出が出ていないことを、
黙認しているということでしょうか?

また、現状は墓地ですが、
届出がないというのは、法律的に良いのですか?

Aベストアンサー

墓地でないのに墓地として課税を免れているのなら問題ですが、墓地を宅地として固定資産税を納めるのには問題はありません。

Q建物標題登記、滅失登記の委任状について

過去に撤去している家屋の滅失登記と、新築家屋の標題登記を個人で行おうと思っています。
所有者は義父で、申請は義理の息子となります。

申請には所有者が自署した委任状が必要だと思いますが、最近体調を崩し病床に伏せっています。
委任状に自署する事が不可能な場合は、法務局に何か申請する事で免除される事はあるのでしょうか。

法務局に問い合わせはするつもりですが、その前に予備知識を得ておきたいのです。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

書面申請の場合の委任状(代理権限を証する情報を記載した書面)については
不動産登記令18条に規定がありますが,
ここにあるとおり原則は「記名押印しなければならない」であって,
「署名しなければならない」ではありません。
(逆に一定の場合には署名があれば押印はなくてもよい。不動産登記規則49条)

実務としては本人の意思確認の証拠にもなるので署名押印を求めますが,
登記法の規定としてはそこまでは要求してはいないため,
記名(ゴム印やワープロ打ち)と押印でも可ということになります。
(法人の委任状の場合にはむしろそちらが一般的です)

ただ後日争いになりそうな場合には,
完全な私文書である委任状を使うのではなく,
公証人に依頼して作成してもらう委任公正証書を作る場合もあります。

ただ,どの場合でも本人の自由意志に基づき作成されるものなので,
本人が病床にあり意思表示ができない場合には,
そもそも委任自体ができないことに注意していただく必要があります。

Qネットで墓地を買う人いますか?平成6年に八尾の信貴山公園墓地を石材店の

ネットで墓地を買う人いますか?平成6年に八尾の信貴山公園墓地を石材店の友だちの勧めで1聖地買いましたが石碑も建てずそのままにしています。住まいを奈良県に移したためこちらで墓地を探そうと思っています。ヤフオク等で売買できるのでしょうか?

Aベストアンサー

あなたがお持ちなのは、その墓地の使用権で、所有権ではありません。
そして、墓地の使用権というものは転売や譲渡することができません。
また、権利を放棄したら墓石が建っていなくても申込金(永代使用料)は返還されません。
全国一般にそういうことになっています。

ですが、あなたの場合はご友人の紹介で求めた墓地のようですから、その石材店に相談してみたらいかがですか?
普通は無理ですが、この件に限り永代使用料の返金を受けられるかもしれません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報