現在利用している緑茶のティーバッグがナイロン素材です。
沸騰させた熱湯で淹れています。

上記の条件の時、なにか不安物質なり、健康によくない物質がナイロンから溶出したりしますか?
また「その疑いがあるかもしれない」程度のことでも結構です。
ご回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ナイロンの環境ホルモンについてはあまり聞いたことはありませんが。

私はシックハウス症候群対策の材料を開発していますが、日本の有害化学物質に対する対応は遅れています。厚生労働省の指針値で指定されているシックハウス症候群での問題物質は13ですが、罰則を伴う規制がなされているのは2物質のみです。日本には約500万人のシックハウス患者がいると推定されています。2009.10に初めて、裁判で施主が勝ちました。医学的な因果関係が証明されていないことが原因です。衣食住に有害化学物質が使用されていますが、同様な理由で規制されていないのが現実です。経済性優先で製品が作られています。ナイロンについても研究されていないだけかも知れません。アスベストのように死亡者が出ないと問題にならないようです。高圧線やオール電化の電磁波の問題、エコキュートの低周波騒音の問題など患者の間では大きな問題ですが、対策は遅れています。ドイツなどは安全性が疑われる物質は幼児の玩具には使わないとのことです。日本の場合は、自分で知識を得て、自分の健康は自分で守らなければならないのが現実です。
参考URL
http://nn-chemi.at.webry.info/200912/article_1.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何十年もあとになって問題になるか、なにもないか、現時点では知る由もないですね。
「疑わしきものはできる範囲で利用しない」で行こうと思います。

お礼日時:2011/04/30 00:41

可能性はゼロではありません。

紙製でも可能性はあります。
しかし、心配してもキリがないのでは?

 まず、どこで作られたものなのか。どのように作られたものなのか。例えば後進国で作られた合成樹脂は、鉛やカドミウム、クロムなどを含むものもあります。これは、人為的な混入の場合もあります。
以前、米の袋で問題になりました。
 また、リサイクル資材の問題もあります。世界2位の某国製は心配ですよね。現に全てのプラスチックが安全なわけではありません。現に某100円の場合、輸入品の塗料からも結構検出されていますね。

 しかし、質問者様の言われるティーパックの場合、信頼のおけるメーカーの場合、ほとんど大丈夫でしょう。

>分析して検出できるほどの溶出・・・
 このような物は、食品の範疇に入り、食品衛生法で定められた検査があります。国内メーカーの自主的な検査の場合ですと、かなり厳しく検査していると思われます。しかし、輸入品であれば、かなりの溶出でも見逃されるシステム(検査)で、調べる項目も、あまり多くありません。それに比べて有害成分の種類の多いこと。全部分析すれば、いったいいくら費用がかかるのか想像もできません。

結論として、ティーバックに限らず、国産素材の場合、ほぼ心配なし。リサイクル素材は”?”、輸入品の場合、素材の産地がどこなのか次第(日本製の可能性もあり)です。世界2位の某国は、少し注意が必要かと。

検査の詳細です。
http://www.jetro.go.jp/world/japan/regulations/p …
    • good
    • 0

ナイロン類の融点は176~265℃


特殊な装置でお茶を淹れない限り、溶けることはありません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qまとめ買い上手な方

私は食材のまとめ買いが苦手です(食費の予算内ではやってますが。。。)
まとめ買い上手な方にお伺いします。

メニューは決めて買い物に行くのですか?
買ってからそこからメニューを決める感じですか?
まとめ買いしてきた初日に全部ある程度下ごしらえされるんですか?

ズボラなので私に出来るかわかりませんが、出来る事なら平日子供と公園へ行ったりする時間を十分に取りたいので出来るものならまとめ買いするといいのかな?と思っています。
ちなみに近くにスーパーはありますが、車は持っていません。

Aベストアンサー

上手かはわかりませんが、まとめ買いをよくします。
メニューを先に決めてしまうと、お買い得品ではなく定価のものを買わねばならないような場面に陥るので、ほとんどの場合はメニューを決めていません。
まとめ買いしたものは、その日のうちに調理して冷凍します。
たとえば、薄切りのお肉だったら下味をつけて1回分の量ごとにラップして、ジップロックに入れて冷凍庫へ。
豚の固まりや、牛筋などは圧力をかけてから、1回分ごとにスープも一緒にジップロックに入れて冷凍庫へ。
鶏肉はから揚げ用に味を揉みこむ、ささみなら塩コショウ、など用途に分けて、食べる文ずつ包んで冷凍庫。
ひき肉が安い時はハンバーグとミートソースをそれぞれ作って冷凍。こんな感じです。
しゃけとか、えびとかも買ってきたら洗って、下味つけて冷凍します。
野菜は冷凍するとあんまり美味しくなくなってしまう印象がありますから、ほうれん草や小松菜などはさっと湯がいて小分けにして冷凍庫に入れるほか、ほとんどはその時々安いものを買うことにしてまとめ買いはあまりしていません。

ミートソースは本当に便利ですよ。
ピザの具にも、パスタのソースにも、ドリアのソースにもなりますから、時間がないときにとても重宝します。

上手かはわかりませんが、まとめ買いをよくします。
メニューを先に決めてしまうと、お買い得品ではなく定価のものを買わねばならないような場面に陥るので、ほとんどの場合はメニューを決めていません。
まとめ買いしたものは、その日のうちに調理して冷凍します。
たとえば、薄切りのお肉だったら下味をつけて1回分の量ごとにラップして、ジップロックに入れて冷凍庫へ。
豚の固まりや、牛筋などは圧力をかけてから、1回分ごとにスープも一緒にジップロックに入れて冷凍庫へ。
鶏肉はから揚げ用に味を揉み...続きを読む

Q現在の地球温暖化問題の現在の進行状況は?

確か、昨年の今頃まで、盛んに地球温暖化問題に対して、マスコミを初め、いろいろ話題に出ていたと思うんですが・・・。

確か、人類存続危機の緊急問題であり、かなり、地球的に深刻だった・・・はずですよね?

最近、その話しを、ほとんど聞いた事がありません。

その代わりに、原発問題ばかり・・・という印象が・・。

確か、地球温暖化防止のために、原発は二酸化炭素を出さないので有効とか?って言われてませんでしたっけ?

二酸化炭素の排出権という権利が、売買されているって聞いた事あるんですが、現在、どうなってますかね?

・・で、温暖化防止のために、政府が車や電気製品を安く買えるように、巨額の税金が使われたんですが、あれって、温暖化防止にどのくらい効果があったんですかね?

とにかく、人類の存続のために、時間が無いとするなら、少しでも、現在の世界の国々の政府、企業、民間レベルの活動の状況を知りたいのですが、どなたか、ご存知の方いますか?

Aベストアンサー

 自動車も電化製品も大きいものが、減税幅が大きく、ポイントが多く付いたりしましたね。結局、二酸化炭素を大量に出す方が優遇されていました。つまり、まやかしだったのです。「エコ」を勧めるなら、車も持たず、電化製品を持たずに生活する人に、所得税などの減税措置をするべきだと思いますが、そんなことしませんでしたね。みんなあまり深く考えてなかったので、だまされてしまいました。しかし、だまされたお蔭で車と、大型家電が売れて、景気が少し回復したようです。(震災前は)

 排出権取引も二酸化炭素削減にはなりません。外国が削減した分だけ、自分の国で排出を増やすということなので、地球規模で計算したらプラマイゼロですね。これもよく考えたらすぐに分かること。そろそろばれ出した頃に、震災騒ぎでうやむやになったのじゃないですか。鳩ポッポのリップサービスもこの際うやむやにして、二酸化炭素をどんどん排出して、景気回復をさせましょう。上がった税収は復興に回せばいいと思います。

 日本以外、二酸化炭素を減らそうって本気で思っている国はありません。経済成長が止まってしまうし、温暖化は二酸化炭素とは関係ないって分かってるから。むしろ温暖化した方が、高緯度の寒い地方は、農業ができるようになって、喜んでいるかも。五年くらい前の産経新聞に、「温暖化は今年で終わった」という観測データが出されたことがあります。その後の猛暑はヒートアイランドとか、海流が蛇行したとか、偏西風のコースが変わったとか・・・、複雑にからまった結果のようです。世界的に見れば、大寒波のニュースも聞かれます。

 温暖化が嘘だと気付きだして、そのニュースの転換をしたい時に、震災がきたのではないです。

 自動車も電化製品も大きいものが、減税幅が大きく、ポイントが多く付いたりしましたね。結局、二酸化炭素を大量に出す方が優遇されていました。つまり、まやかしだったのです。「エコ」を勧めるなら、車も持たず、電化製品を持たずに生活する人に、所得税などの減税措置をするべきだと思いますが、そんなことしませんでしたね。みんなあまり深く考えてなかったので、だまされてしまいました。しかし、だまされたお蔭で車と、大型家電が売れて、景気が少し回復したようです。(震災前は)

 排出権取引も二酸化炭...続きを読む

Qダイソーにあるようなブックカバーまとめ買いできる?

ダイソーにあるような透明のブックカバー、一冊単位を安くしてまとめ買いしたいです。
たかだか百円でも百冊そろえれば一万円になります。
きっとどこかでまとめ買いできるところがあると思うのですが見つかりません。
ダイソー自身も業者から大量にまとめ買いしているはずですから、ネットのどこかには売っていそうなのですが……

図書館にあるようなフィルムタイプのブックカバーは探していません。
これであればまとめ買いできるところがたくさんあるのですが……
もう少し頑丈なタイプで探しています。

ご存じの方いれば教えてほしいです。

Aベストアンサー

ダイソーでは大型注文を受けています。
まずは見積もりを出してもらってはいかがでしょうか?

透明なブックカバーのタイプがよく分からないのですが、薄いタイプなら事務用品取り扱いの通販で新書用サイズ250枚で2000円以内です。
厚手のものはメーカーがA5サイズ100枚で980円で通販しています。
検索してみて理想のものを探してみるのもいいと思います。

Q地球の自転を利用した発電システム

地球は一回/日で回転しています。このために赤道上では音速以上の速度で東へ向う地面に対して付いていけない(粘着しきらない)空気の動き、西向きの風が吹いているはずです(ですよね!)。これは上空ほど強く、これを利用してメガフロートと呼ばれる飛行物体を浮かべ(つまり飛行機形凧)、これにプロペラをつけて発電させることが可能だと思います。メガフロートは巨大な飛行機のかたちになり(退役したB52とかジャンボジェットの機体を再利用する手もあり?)、それ自身風に向って自力で浮かび、地上から電線兼用のワイヤーで定位置に浮上させておけばいいでしょう。このような計画は可能でしょうか?またどこかで考えられているのでしょうか。

Aベストアンサー

大気も一緒に地球と自転しているから、そんな定常的な風は赤道上(の地上)に吹いていない。
高々度ではジェット気流が存在するが
http://kobam.hp.infoseek.co.jp/meteor/jet-stream.html
700Pa だから高度三キロくらい。
Paで定義されているように、高度が変化するので、不安定である。不安定なエネルギー源は使えない。

Qまとめ買いはいくつまで?

まとめ買いについて質問です(´・ω・`)

ある日、私は柔軟剤が安かったので、毎度歩くのも大変だと10個程まとめ買いをしました。

すると「キチ○イだろ」「ありえない」「洗剤マニアか」と、
責め立てられました(´;ω;`)

皆さんはまとめ買いをしませんか?
するとしたらいくつまでが「正常」なのでしょうか。
よろしくおねがいします(´・ω・`)

Aベストアンサー

 こんにちは

 10個まとめ買いというこのくらいの数だったら大丈夫です。
いくらで売られていたのかがわかりませんが、通常の販売価格より100円くらい安かったら、10個買えば1000円得したことになりますね。柔軟材は食品とは違いますので長い間保管が可能です。

 そういう面から金額で具体的にこれだけ安くなったので、その浮いた金額を食費に回したといえば、賢い買い方をしている人になりますのでご安心ください。

 ただ、まとめ買いが安いからといっても、一桁多く柔軟材100個まとめ買いしたら、これは異常だと思われますし、普通の家でしたら置く場所がないと思います。10個くらいは大丈夫です。

 柔軟材ではないですが、100円ショップで半そでのアンダーウエアや手ぬぐいを10枚ずつまとめ買いをしたことがあります。

Q地球の自転を利用した発電システム 作れないのでしょうか

地球の自転を利用した発電システム 作れないのでしょうか
地球自身が回転している "力"
そのものを使えば一番強力かと思えますが・・

Aベストアンサー

すいません。又出てきました。No4です。
私の会員IDから、私のこれまで書き損じた投稿の一部をご参照になっても分かるのですが、ここでももう一言言わなければならない事情が発生しました。

現在の世界のエネルギー政策は「再生エネルギー」の開発・実用化へ向けて進んでいます。
その理由は「環境危機」と「エネルギー危機」を乗り越え、次世代に安全かつ快適な地球環境と人間としての生活を手渡す事に有ります。
しかしNo4の投稿でも触れました様に、エゴによりそれを阻止しようとしたり、またそのような者の発する扇動に無知ゆえに乗ったりする者も存在します。
今回も無知なるがゆえ、或いは扇動目的の為か?誤った情報が書き記されていましたので、一言。

まず、水力発電は既に「再生可能エネルギー」です。ですので今後は一層の水力発電量の増大を、効率アップと新規水力発電所建設によりまかなう努力をしなければなりません。
「コスト」的には既にある発電法と差したる相違はありません。なにしろ水力発電は過去から経済性にのっとった建設・運用がされてきているからです。(今後補償費増大の可能性は有ります)

また風力発電においては、EU諸外国の熱心な取り組みにより、現在は既存発電法と同等のコストにて電力生産可能になりました。
日本はこの分野においても決定的に出遅れましたので、技術導入に掛かる経費は嵩むかもしれませんが、原理的に風力発電はペイする事は実証済みです。(日本は某産業体と国家政策の都合により風力発電分野でも出遅れたのであって、それは日本のミスです)

風力発電のもう一つの問題は、エネルギー源が風である事に起因する問題点、つまり不安定的なエネルギーではないかとの問題が危惧されてきました。
しかしこれももはや今となっては(風力発電をしたくないと言う)原子力産業の言い逃れに過ぎなくなりました。

風力発電がペイしない理由は、風力発電設備の展開形態が狭すぎる場合が一つ。
例えば房総半島の特定地点に集中建設すれば、その地点の風が止まれば発電量0になりますね。
しかし全国の多数の適地に多数・大規模展開した場合には、この問題は限りなく解決されます。全ての地点において風力ゼロになることは稀だからです。全く問題ありません。

もう一つの理由は風力発電設備を風力発電の不適切な地点に建設した場合。
この代表例は、風力発電の価値を技術的に検証する目的の為に行われた、筑波のどこかの誰かの実験設備があります。
その地点は風力発電向けとしては全くの不適地であり、善意の関係者はなぜそんな地点に建設するのか分からんと、専らの評判でした。
やはり悪意の関係者の目論見どおり、風力発電はペイしないとの結論が出されました。
当たり前です。風が殆ど吹かない場所で風力発電してもペイするわけなんか有りませんから。
全て計画済みの予定行動だったのかもしれませんね。

これに限らず幾多の妨害が有りながらも、風力発電の普及に努力された方々の努力を讃えます。

その他の「再生可能エネルギー」についても、実現性・採算性取れそうなシステムはどこかからの妨害が入ってくる恐れも、日本の場合はあるかもしれません。
風力の場合は、某産業とのぶつかり合いが発電の形態上色濃くありましたので災難でした。(現在でも災難です)
電力会社はある程度の風力発電を半義務化されていたと思いますが、この電力会社自身が風力発電をしたくない、というとんでもない状態にあります。
したくなくともしなければならんのです。ドイツくらい熱心にやれば採算取れるのですから。(加えて、原発と引き換えに負うべき社会的義務とでも言っておきましょうか)

ドイツやデンマークは風力発電の大規模展開の過程でそのコストを1/5にまで切り下げました。技術開発と大量生産のおかげです。
その為、現在の世界的潮流(再生可能エネルギーフィーバー)と電力コスト削減目的で、世界中から風力発電設備の受注が相次ぎ、首が回らんそうです。(不況どころの話ではないですわね)

他の新エネルギーつまり「再生可能エネルギー」にも同様な事がいえます。
技術開発と大量生産・大量普及によりコストは下げられるのです。

風力は最も簡単な「再生可能エネルギー」でしたので簡単にケリがつきましたが、その他の少し難しいエネルギーは、日本の出番?  では、どうもなさそうですねえ。
日本国内でも努力されている研究者・機関は多々ありますが、そしてその努力は賞賛しますが、国全体の投資額が足りない。よって人員も不足してます。
どうして日本はこんなにお粗末なのか。何が問題なのか。

私はその答えは日本の原子力産業に起因するのではないかと考えております。

若い方々の出番を望みます。どちらへ?どこへ? と言えば、当然原子力産業じゃないですよ。

すいません。又出てきました。No4です。
私の会員IDから、私のこれまで書き損じた投稿の一部をご参照になっても分かるのですが、ここでももう一言言わなければならない事情が発生しました。

現在の世界のエネルギー政策は「再生エネルギー」の開発・実用化へ向けて進んでいます。
その理由は「環境危機」と「エネルギー危機」を乗り越え、次世代に安全かつ快適な地球環境と人間としての生活を手渡す事に有ります。
しかしNo4の投稿でも触れました様に、エゴによりそれを阻止しようとしたり、またそのような...続きを読む

Q毎日買いに行くのと1週間分まとめ買い。どちらが得ですか?

毎日買いに行くのと1週間分まとめ買い。どちらが得ですか?


食料品を毎日スーパーに行ってお買い物する場合と、1週間に1回まとめ買いをする場合。
どちらが経済的ですか?


皆さんは、どちらの買い方していますか?是非お教えください。

Aベストアンサー

私はまとめ買い派です。
スーパーは徒歩圏内にありますが、仕事をしているので、夕方の時間の節約のためにもまとめ買いしておきたいと思ってます。スーパーに立ち寄る時間があれば、もう1品作れたりしますからね。
また私の場合、行くと必要でないものまでつい買ってしまうので、毎日行った月とまとめ買いを徹底した月では、食費はけっこう違います。食事の内容は大して変わらないのに・・・。
というわけで、まとめ買いが経済的だと思います。

Q感熱紙はコンポストに不向きのようですが、紙では無い?何の素材ですか?

感熱紙は土壌に帰らない素材?
紙ではなく何で出来ているのですか?
コンポストには不向きでしょうか?

Aベストアンサー

コンポストに不向きかどうかは判りませんが、感熱紙は印刷全面に感熱インクが塗布されています。
 その理由により、自治体によってはゴミ回収の際、感熱紙は「再生不可能な紙」として、可燃ごみ扱いするように指示しているところもあります。

QPCパーツのまとめ買いしたいのですが・・

PCパーツのまとめ買いしたいのですが、どこかよいサイトは無いでしょうか?まとめ買いと言っても5~10個位でいいのですが・・なるべく安く済ませたいのでよろしくお願いしますペコリ(o_ _)o))

Aベストアンサー

だれもアドバイスしないので書きますがPCパーツってかなり薄利な商品です。
よってその程度のまとめ買いしても安くなりませんよ
(噂ではハードディスクの安いところで1台50円程度の儲け
店によってはメモリなどは客寄せの赤字の部品もあるらしい)
安いところをネットで探して送料を計算して購入すればいいと思います。
尚、安さを考慮していないのなら適当なショップで固めて買ったらいいと思います。

Q廃熱を利用して温水はどのくらい造ることができますか?

初めまして
今度、工場で脱臭装置の導入を計画しており、
燃焼式脱臭装置を考えています。
ただ、せっかく燃やすのだったら、煙突からでてくる
排ガス(大体200℃位、100Nm3/min)を利用して
温水(100℃)を造りたいなと思っています。
でも温水ってどの位でるのかが分からないので、
工場長に説明ができず困っています。
どなたか、計算方法を教えてください。

Aベストアンサー

使用する数式
ΔQ=mcΔt
ΔQ:授受する熱量
m:質量
c:比熱容量
Δt:温度変化
ほとんどの方は中学校で習っているはずです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報