中学一年の息子の数学ワークの問題でお知恵をお貸し下さい。


A~Eの5人の垂直とびの記録について、この5人の平均値45cmを基準にして、それよりも高いときは正の数、低いときは負の数で表したものである。表の空欄(C)にあてはまる数を求めなさい。

生徒              A   B   C   D   E
平均値45cm        +3 -4     +12  -9
とのちがい(cm)

ちなみに別冊解説には

正の数と負の数に分け、それぞれの絶対値の大小を比べて、正の数は絶対値の大きい順に、
負の数は絶対値の小さい順に並べる。

とあります。。

よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

45cmを基準に考えているので


A~Eの5人の平均値45cmとの差の合計(2段目の数値の合計)が0cmになります
よって
(+3)+(-4)+(+12)+(-9)+(Cの平均値との差)=0
なので
2+(Cの平均値との差)=0
よって
Cの平均値との差=-2
となります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました、とても助かりました。

お礼日時:2011/04/21 20:26

失礼しました。


C自体が平均値との違いを表すようなので、
C=-2です。
    • good
    • 0

5人の平均が45なので、全員の合計は225cm



A→48cm
B→41cm
D→57cm
E→36cm

225-48-41-57-36=43cm →C


又は平均値との違いの合計が0になる
ようにすればよいので、

+3-4+12-9+(Cの平均値との違い)
=+2+(Cの平均値との違い)=0
→Cの平均値との違い=-2

よって45-2=43cm →C
    • good
    • 0
この回答へのお礼

答えが解りとても助かりました!ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/21 20:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング