一般論的に柱に開ける下穴の深さとネジの長さとのおおよその目安があれば教えて下さい。タップネジの場合も教えて下さい。ネジの頭を一旦破損すると修復不可能ですのでこの点が知りたく質問しました。ちなみにネジの長さは50MMぐらいを予定しています。

A 回答 (3件)

タップの場合は外径の80%かねじの谷径を目安にします。


柱って木ですよね。硬さによりますが硬い場合はタップねじの場合も同じぐらいでよいのでは。
でもみなさんはたいてい下穴もあけないでやってられるようですね。
ネジの頭を一旦破損すると修復不可能なんてことはないですよ。
ねじの頭をつかんで外して、ねじは捨てればよいと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見有り難う御座います。ご意見に従って施工します。

お礼日時:2011/04/21 23:43

 DIYが趣味です。


 自分の場合、ヒビ防止とまっすぐに打ち込む為に必ず下穴を開けます。長さが50mmなら深さ45mmくらい、ドリル径はねじの芯と同じくらいのものを使います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私が最も気掛かりな割れとねじ込み方向でした。貴重なご意見有り難う御座います。

お礼日時:2011/04/22 12:18

柱に下穴を開ける場合は、ネジを入れることにより木が割れることがある場合と、


木が堅くてネジが入らない場合、年輪によりネジの位置が横にずれない用にする場合に開けます。

一般論的に柱に下穴はあけません。

ネジの頭が、破損するのは、ドライバーの頭が摩耗している場合が多いです。
新しいドライバーを使ってください。

インパクとドライバーを使うと、50mmくらいでは負担無くとても簡単にネジを締めることができます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

貴重なご意見有り難う御座います。木の硬さをしらべて施工します。

お礼日時:2011/04/21 23:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qネジ 種類

下の写真にあるような円柱型の金属のボウの真ん中に側面から穴をあけたようなネジ(ネジ受け?)をなくしてしまったので購入しようと思っているのですが、こういうのは何て言う種類のネジなのでしょうか?
もしインターネットでこういう形のネジを販売しているサイトがあれば教えて下さい。
回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

これは規格のボルトやネジではなく、単なるネジの切られた部品です。
製造元に問い合わせるしか無いでしょう。

Qドリルで4寸の柱に直径30mm深さ20mmの穴

ドリルで4寸の木材の柱に直径30mm深さ20mmの丸い穴ほろうと思います。でも,直径30mmのドリルの刃で20mm程度で止めようとすると抜けず,貫通するまで上方向には抜けなくなります。途中で止めるいい方法をご存知の方教えて下さい

Aベストアンサー

木工ドリルだと、先端がねじになっていて、食い込んで行く構造になってます。
対策としては、
 ・ねじ部をヤスリで落としておく。
 ・逆回転で抜く。
 ・4mm程の下穴を開けておく。
かな?

Qこのネジの種類を教えてほしいです

PCケースの天板を開けたいのですが、ネジの種類がわかりません。
画像の赤枠で囲んであるネジは何で開けられるか教えてください。

プラスでもマイナスでも無く丸い穴が開いてるだけのように見えます。
六角でしょうか?

画質がイマイチで申し訳ないです。

Aベストアンサー

ネジじゃなくただのリベットでしょうね。
外せません。

Qコースレッドの下穴の太さ深さは?

初心者ですが、ウッドデッキを製作中です。

そこで質問ですが、コースレッドを打ち付けるのに、下穴の太さのサイズはどのくらいが適切なのでしょうか。
またどのくらいの深さまで下穴を開けるべきなのでしょうか。

購入したコースレッドは太さ4.2mm×長さ75mmです。
木材は、ウエスタンレッドシダーです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

DIY木工初心者です

ソフトウッドの場合下穴が無くても打ち込めますが
正確に打つ必要がある場合には下穴を開けるのが
基本だと思っています。
(ドリルが2個あれば、そんなに手間だとは感じないし)

私の場合、目立たないところはそのまま打ちますが
目立つ場所は、SPFやWRCの時は少なくとも上側の
材は下穴を開け皿面取りしてから深く入り過ぎないよう
慎重に打ち込んでいます。

この方がネジの頭の周辺にささくれが出来にくく
綺麗に仕上がると思うのと、最後の締め付けで
材の間に隙間が出来るのを防ぐつもりです。

下穴のサイズと深さについては自信はありませんが
ソフトウッドに4.2ミリのコースレッドなら3ミリ程度の
太さでいいように感じます。(緩くなると困るし)

ただプロの方なら「そんね事やってられねー」と
そのままバリバリ打ち込むでしょうね。

Qクイックリリースナットのネジの種類は?

自転車ほぼ素人です。
フロントハブのクイックリリースのナットのネジの種類は何になるのでしょうか?
また世界的に統一されているのでしょうか?
見た目上メートルネジならばM5くらいに
インチネジならば10-24程度に見えます。

Aベストアンサー

いま現物で調べてみたところ、M5のナットがピッタリでした。

Q◎柱に金具を固定する木ネジ穴がバカになってしまいました!

ドアを開閉する下側の金具(ヒンジ?)を固定する柱の木ネジ穴がバカになり、ネジが外れて金具が宙ぶらりん状態になってしまいました。(上側の金具だけでかろうじて止まっています)
素人の私が対応可能な補修方法(アドバイスなど)をお教えください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ホームセンターなどで売っているパテや樹脂系のもので穴を埋めてからネジを打ち込んでやればいいと思いますヨ。

Qマザーボードに使うネジの種類が分かりません。

GA-MA69G-S3H のマザーボードを購入しました。
取り付けようとしたのですが、ネジが付いていません。
しかし、どんなネジ(形や材質等)を買えばいいのか分からないので質問しました。
どなたかご教授お願いします。

Aベストアンサー

パソコンには、インチネジ(ユニファイねじ)とミリネジ(メートルねじ)の2種類が使われています。
ケース(筐体)についているM/B取り付け用の六角スペーサーの種類で買えばよいと思います。
(通常は、インチネジですが、ミリネジの物もごく希に有り)

インチネジは、国際標準規格(ISO)では無いのでパソコンショップ等で購入しないと無いと思います。
ミリネジは、お近くのホームセンターなどでも売っています。(M3)

インチネジ…ケース背面、I/Oブラケット(拡張ボードの固定)、内蔵HDD、M/Bの固定等
ミリネジ…内蔵CD/DVD、FD、MO等

分からないのなら、パソコンショップ等で、自作機組み立てようネジセットでも購入すれば良いと思います。
http://www.valuewave.co.jp/item_10.htm

Q木ネジの下穴の加減

こんばんは。

例えば
径?ミリ・長さ?ミリの木ネジを締めたい時、
その下穴を揉む時、
それよりどの程度 ・小さめ ・短め 
にしたら ほど良い締め具合が得られますか?

木材の硬軟・密度により違うかも知れませんが。
垂木材とかラワン合板とか杉板などを用います。

本締めは手でやることが多いです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私の場合、(手間の点から)基本的に下穴は開けません。
特に杉の白身などの部分は柔らかくて、先に揉んでおくと仕上がりががたつきます。

割れやすい形状(厚み)の場合、あるいはドライバーの能力が足りないときで数の多い場合などに適用しています。

案としてはネジのない部分の80-90%径とその長さ。
全ネジの場合は、ネジ首の突起を除いた径の70-80%X全長の半分長さくらいかな。

Qネジの種類について

久しぶりに組み立て式のテーブルを買ってみたのですが、ネジが六角でした。まわしづらくて大変でした。
そこで思ったのですが、こういうネジの使い分けってどうなってるのですか?
プラス、マイナス、六角とこのくらいしか知りませんが。
それぞれ、使い分ける理由って何ですか?
全部、プラスネジでいいように思うのですが・・・
少なくとも、マイナスはいらないような・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ネジの種類についてですが、締めつけトルクが大きな順に
六角⇒プラス⇒マイナスになります。※他に「*」の形も有ります。

マイナスとプラスのネジ穴:
ドライバーが入る溝の二面でしかネジを締めつける事が出来ないので
ドライバーが溝から外れやすく、締め付けトルクが弱い為、あまり使われては居ないみたいです。
★車の部品とかで考えればキャブレターなど「調整する」目的の為に使われている事が多い。

プラスの場合はネジ穴の4面がドライバーと接触するので、マイナスよりはマシですが、それ程締めつけトルクが強くない部分に使われます。
ネジを「外す可能性が有る」部分に使われている様に思えます。

六角のネジ穴(または六角の頭):
6面でネジをガッチリ締めつける事が出来るので、ネジが緩んで欲しくない所に使用されます。
※「*」に関しては特殊ですが、(特殊な工具を使う意味で)防犯上の理由も考えられます。

Qステンレス材にタップ加工する下穴サイズについて

ステンレス材にタップでM3のネジ山を作りたいのですが、
初めてで失敗できない(予備パーツが無い)ので、
規定値の2.5mm~2.6mmではなく2.7mmで下穴を掘ろうと思いますが、
問題有りますでしょうか?
完成ネジの使用状態としては軽い手締めで、負荷もほとんど掛かりません。

ネットで、ステンレスでM3は規定値だとタップが折れやすいという内容が散見されるので、
特に強度も必要ないから、下穴を大きくしてタップの負荷を減らしたいと考えてます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ネットで、ステンレスでM3は規定値だとタップが折れやすいという内容が散見されるので、
 結構いい加減な情報が多いので・・
 そもそもステンレスの種類や止まり穴/貫通穴の区別もされていない情報は無視したほうが無難です。

 止まり穴ではなく貫通穴として説明します。
 下穴は、M3×0.5でしたら、2.5mmφで下穴をあけます。板が薄い場合は2.4mmを使う必要があるでしょう。(薄いと真円があかないからです。)
 ドリルはNachiの6520シリーズが良いでしょう。材質がコバルトハイスで先端の研磨方法も異なります。単なるステンレス用と言っても材質だけが異なる物もたくさんあります。特に小径を手持ちであけるときは注意すること。
 6520と通常の500との比較を添付しておきます。

 タップは、スパイラルタップは使いません。6mm以下のタップは折れやすいのですが、特にスパイラルは折れやすいので専用のタッピングマシンを使うとき以外で貫通のときはスパイラルを使わないほうが無難です。ジェットタップを使用します。
 またM3でしたら、ピンバイスのような工具のほうがぶれないので良いでしょう。(ジェットタップは力がほとんど要らないので)

 またオーステナイト系のステンレス薄板は、下穴を2.7mmにして、リーディングタップ--転造タップ--を使うほうがよい場合もあります。(このタップは折れ難いので)。
 なお、必ず二硫化モリブデン配合のタッピングオイルを併用します。切りくずはでません。
 ※マルテンサイト系やフェライト系のステンレスには使えません。

★もともとM3のような細径のタップは折れやすいです。
原因は
・最大トルク以上でネジ折ってしまう
・手元が狂う
・タッピングオイルを使用していない。ステンレスの加工には特に重要
 スパイラルタップやジェットタップのような螺旋のタップは、行ったり来たりしてはなりません。切りくずがつながってでてくるためそれが食い込んでしまいます。

 従来の三本溝のタップはその作業が必要ですが・・

 止まり穴の場合はスパイラルタップや三本タップを使います。慎重に・・・

>ネットで、ステンレスでM3は規定値だとタップが折れやすいという内容が散見されるので、
 結構いい加減な情報が多いので・・
 そもそもステンレスの種類や止まり穴/貫通穴の区別もされていない情報は無視したほうが無難です。

 止まり穴ではなく貫通穴として説明します。
 下穴は、M3×0.5でしたら、2.5mmφで下穴をあけます。板が薄い場合は2.4mmを使う必要があるでしょう。(薄いと真円があかないからです。)
 ドリルはNachiの6520シリーズが良いでしょう。材質がコバルトハイスで先端の研磨方法も異なり...続きを読む


人気Q&Aランキング