代表者一人、従業員二人の株式会社です。

1、ガソリン代、オイル交換代、タイヤ代等の経費ですが、代表者の個人名義のカードで支払いをして、会社で燃料費で落としても大丈夫ですか? (仕事以外で使う事はありません)
その場合の勘定科目はどう書けばいいですか?
理由、会社名義で掛けのガソリンカードが作れませんでした。

2、車両が代表者名義なのですが、自動車税、任意保険、車検代等も、普通に経費で落として大丈夫ですか?
理由、任意保険の等級割引が使えて、個人の方がかなり安いので。

3、その場合、1カ月15,000円で会社にリース代として経費で落としても大丈夫ですか?


 宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

1、ガソリン代、オイル交換代、タイヤ代等の経費ですが、代表者の個人名義のカードで支払いをして、会社で燃料費で落としても大丈夫ですか? (仕事以外で使う事はありません)


その場合の勘定科目はどう書けばいいですか?
理由、会社名義で掛けのガソリンカードが作れませんでした。

これはその金額を旅費交通費として、相手勘定は未払金とします。

旅費交通費  999/ 未払い金  999

本人への支払は
未払い金  999/現金  999
とします。

勿論直接 旅費交通費  999/ 現金  999

でも構いません。
その費用の内訳目的等をはっきり明示させれば、何処で支払ったかは問題とはなりません。あくまで会社の事業目的の費用であるかどうかです。

2、車両が代表者名義なのですが、自動車税、任意保険、車検代等も、普通に経費で落として大丈夫ですか?
理由、任意保険の等級割引が使えて、個人の方がかなり安いので。

上記のとおり、それがすべて事業目的に使用ならば問題ありません。
ただ個人仕様が全く無いということを証明するのは少し難しいかなという気はしますが。このことに注意したほうが良いでしょう。


3、その場合、1カ月15,000円で会社にリース代として経費で落としても大丈夫ですか?

これは止めた方が良いでしょう。1カ月15,000円という定額が適性であるかどうかは微妙です。もちろん実費よりも低い金額ならばまだ良いのですが、それよりも高めだと役員賞与とされる恐れがあります。(これは損金不算入です。)実費精算が安全だと思います。
定額にする場合は、その根拠をきちんと計算して、個人と会社の契約を残したほうが良いでしょう。

この回答への補足

素早いご回答有難うございます。

リースの件ですが、同型の車をレンタカーで借りた場合で計算したらいいのですかね?
それとも、リースでの場合で計算したらいいですか?
3年落ちのセレナなんですが、中古で買えば170万ぐらいはするんですが。
15000円は安めに考えたのですが、根拠って難しいですね~

補足日時:2011/04/24 13:33
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2011/04/24 20:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本の中に『一般的に、会社が初期投資を償うには5年を要する』という一文がありました。 初期投資を償うと

本の中に『一般的に、会社が初期投資を償うには5年を要する』という一文がありました。
初期投資を償うというのはどういうことですか?

無知ゆえに理解できなかったため、教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

利益により、初期投資額を回収するのに、5年かかる。
という意味。
償う、は「金品を出して、負債や相手に与えた損失の補いをする。」
という意味だが、ここでは、
自分の負債=初期投資額を、自分に補いをするという意味。

初期投資額は大きいから、この投資で得られるリターンは
年間初期投資額の1/5だど、初期投資額を償うのに5年かかるという。

Q妻のカードで支払ったガソリン代を経費に計上するには?

12月より青色申告(複式帳簿)の個人事業主になった者です。
私自身は自動車の運転免許がなく、今までもこれからも妻の運転する車が仕事の“足”となります。
専従者(当面は無給)として経理や労務を担当する妻自身も、業務に車を使用します。
給油や整備は妻がするため、カードは妻名義(引き落とし口座は私の私用口座)です。
そこで質問なのですが、妻のカードで支払ったガソリン代や車の整備費を経費に計上することができますでしょうか?
またはどのような要件があれば計上できるようになるでしょうか?
ご教授いただければ幸いです。

Aベストアンサー

奥さん名義でも、それは、必要経費に入れることができます。個人事業に関しては、世帯単位課税の考え方が一部あって、仮に、奥さんに、ガソリン代として、事業に使った分をお金で渡して奥さんから領収証をもらったとしても、そういう取引については、なかったものとする代わりに、奥さんが支出した事業経費については、必要経費とすることができるのです。
ガソリン代の全額を経費にしておいて、決算時に、家事費相当額を店主勘定に振り替えます。
また、ガソリン代を計上するときも、事業資金から出ていないものは、店主勘定を使います。

Q罪を償うとは何か。

ドラマなどでよく『罪を償って帰ってきてください』みたいな
セリフを聞きますが、刑務所に入ることが罪を償うことなのか疑問です。

だって刑務所に入っても被害者は何にも得をしません。
仮に子供を殺されたとして、子供が帰ってくるわけでもなく
民事の賠償金を取れるわけでもありません。

衣食住は保障され、やることといったら日々の作業くらい。
それも決してつらいものではありません。規則正しい生活をするだけ。
最近は囚人に配慮した豪華な刑務所まで出てくる始末です。
それで数年経ったら『もう罪は償った』といえるのでしょうか?
そんなことに時間をかけるなら、カンボジアで地雷処理をさせるとか
死刑囚からは臓器を摘出してドナーに回すとか、
私が被害者や遺族ならそっちの方がよっぽどうれしいです。

罪を償うとはどういうことなんでしょうか?

Aベストアンサー

私もよく考えるのですが、とても哲学的な問いで、難しい問題ですよね。
私は、「罪を償う」とは、刑期の長さや、刑の重さよりもまず、加害者が心から反省し、謝罪することだと思います。そして、自ら世の中に役立つ仕事をしたい、と思い、実践することではないでしょうか。

オーストラリアでは、犯罪者は、何らかの理由で生きがいをなくし、自暴自棄になって、犯罪を犯してしまった人に、森林火災を消火する消防士をさせて更生させるそうです。消防士になった人は、「人を助けるということは、こんなにすばらしい気持ちになれるのか」と、心から改心するそうです。そして、一生人を助ける仕事をしたい、と思うそうです。
まあ、こういった更生ができるのは犯罪者の中の一部でしょうが、ここまで行けば、ある程度罪を償ったと言えるのではないでしょうか。

問題なのは、そういう気持ちになれず、嫌々刑期を終えて出てきた人でしょう。「また、あそこに戻るのは嫌だから」という理由で、犯罪を犯すのを思いとどまる人も、真の意味で、償ったとは思いません。

質問者さんが言うように、カンボジアで地雷処理をするとか、死刑囚からは臓器を摘出してドナーに回すとか、強制でさせるのではなく、そういったことを犯罪者が自らしたい、と思わなければ、償いとは言えないと思います。

こちらが被害者で、たとえば家族を殺された、とすると、私も極刑を望むと思います。が、死刑が執行されたあと、言いようの無いやりきれなさが残ると思います。特に、反省や謝罪の言葉もなく死刑になってしまった場合、一生悔しくてたまらない、負けたような気持ちですごさなくてはいけないような気がして、たぶん、やりきれなくなります。怒りのやり場がなくなってしまい、自分も壊れてしまうかも知れません。

相手を憎む遺族感情は、絶対に無くならないとは思うけれど、死刑になるにしても、なぜそんな犯罪を起こしてしまったのか釈明し、心から改心してくれたほうが、救われる気がします。

日本の刑務所で、そのような更生ができるかどうか、わかりませんが。

私もよく考えるのですが、とても哲学的な問いで、難しい問題ですよね。
私は、「罪を償う」とは、刑期の長さや、刑の重さよりもまず、加害者が心から反省し、謝罪することだと思います。そして、自ら世の中に役立つ仕事をしたい、と思い、実践することではないでしょうか。

オーストラリアでは、犯罪者は、何らかの理由で生きがいをなくし、自暴自棄になって、犯罪を犯してしまった人に、森林火災を消火する消防士をさせて更生させるそうです。消防士になった人は、「人を助けるということは、こんなにすばら...続きを読む

Q法人市民税・法人事業税の従業員数

教えて下さい。
「法人市民税」・「法人事業税」の算定に必要な従業員数には、”期間契約社員”はカウントするのでしょうか?

Aベストアンサー

地方税法で確認しますと、地方税法施行規則第3条の5で次のように規定しています。

(課税標準の分割の基準である従業者の定義)
第三条の五  法第五十七条第二項 の従業者とは、俸給、給料、賃金、手当、賞与その他これらの性質を有する給与の支払を受けるべき者をいう。

これは道府県民税に関する規定ですが、市町村民税においても同法第10条の2の6で、上記規定を準用する旨を定めていますので、同じ事です。

従って、給与の支払を受けるべきもの全てですので、基本的には、期間契約社員はもちろんのこと、パートや臨時雇い等の者も含めることとなります。

下記サイトのQ&A204でも、同様の回答がありますので参考にされて下さい。

参考URL:http://www.city.takaoka.toyama.jp/zaisei/0305/Q&A/Q&A%28zentai%29.html

Q先祖の罪は、後世の世代も償わなければならいか。

先祖の世代が犯した罪は、後世の世代も償わなければならいか。

Aベストアンサー

#8の者です。

>講和条約が締結されて外交問題のすべての処理がついた
>過去の戦いに関しても、「後世の世代は償わなければなら
>ないか?」と言う意味です。

それについて先の回答で述べたつもりですが?
「罪とは、社会との契約において発生する概念」です。
通常、こうした契約においては、「これ以降、この件に
ついての責任の追及は一切行わない」という一項が
加えられています。
それにより、それ以降「後の世代に償い」を求めるならば、
求めた方が、契約違反という罪に問われる。

Q社員が代表取締役1名の株式会社から、代表取締役が役員報酬として給与を受

社員が代表取締役1名の株式会社から、代表取締役が役員報酬として給与を受け取る場合、株式会社の会計上では役員報酬は経費になる。その受け取る役員報酬には所得税がかかる。
では、株式会社から代表取締役本人が無利息で借り入れをした場合、税金はかからないのでしょうか?また、それは違法ですか?

つまり、借金には税金はかからないですよね?
だったら、株式会社から借り入れれば毎月の役員報酬を無税で受け取れるのではと浅はかながら思いました。たぶんできないと思いますが、実際のところどうなのでしょうか。

また、株式会社の会計上、利息の入る貸付金は資産?
無利息の貸付金は資産ですか?負債ですか?

Aベストアンサー

代表取締役の所得税はかからないという解釈で問題ありません。

ただ、では役員報酬は経費ですが貸付金は経費ではありません。
会社の利益は、役員報酬で支払うはずの費用が減りませんから、その分法人税が増えることになります。

「会社の法人税+代表取締役の所得税等」というくくりで考えればどちらが多くなるか試算するしたほうがいいでしょう。
通常は法人税の税率のほうが高いですから、得にはなりませんが。

ところで、貸付金にした場合、無期限貸付というわけにはいきませんからいずれ返済しなければなりません。
期限がきたときにどうするつもりでしょうか?
返済するか、再貸付にするか、貸付分をちゃらにして代表取締役にあげたことにするのか。
再貸付にすれば、また同じことになります。
返済することは考えていないでしょうから、代表取締役にあげたことにすれば、その時点で所得税がかかります。
結局は所得税を支払うことになるので、会社の法人税を多く払った分だけ損することになります。

あと、不自然な会計をしていると税務調査が入りやすいです。
違法とはいえないかもしれませんが、返済が適正にされていないと代表者への利益供与とみなされて、所得税が賦課される可能性もあります。

代表取締役の所得税はかからないという解釈で問題ありません。

ただ、では役員報酬は経費ですが貸付金は経費ではありません。
会社の利益は、役員報酬で支払うはずの費用が減りませんから、その分法人税が増えることになります。

「会社の法人税+代表取締役の所得税等」というくくりで考えればどちらが多くなるか試算するしたほうがいいでしょう。
通常は法人税の税率のほうが高いですから、得にはなりませんが。

ところで、貸付金にした場合、無期限貸付というわけにはいきませんからいずれ返済しなければな...続きを読む

Q先祖の罪は、後世の世代も償わなければならいか?

先祖の世代が犯した罪は、後世の世代も償わなければならいか?

Aベストアンサー

そんな事は無いでしょう!
親が起こした事件でも子供に責任はありません。

もし大量に借金があったとしたら、財産放棄すれば良いだけです。

中国や韓国など発展途上の国では分かりませんが、
先進国なら、そんな事はありません。

Q給与計算の車両ガソリン代について

正社員約50名パート約250名で支店が約20店舗程ある乳製品を個人宅に宅配する会社に勤務しています。
個人の車両持込のパートが多く給油場所も20店舗で金額がまちまちです、皆さんの会社ではこのような場合給与計算に反映させる給油単価はどの様に決めているのですか?
また上記の質問に併せてこの際車両管理規定を作成しようと思っています。
しかし作成の仕方、フォーム、盛り込む内容などが良く分かりません。
この2つの質問についてどなたか教えてください。

Aベストアンサー

宅配業なのに配達用の車がないというのがそもそも非常識です。こういう場合には、自分の車を使う人は従業員ではなく外注(傭車料)として雇うのが普通でしょう。個人の車なら会社が個別に車両使用量を計算したりはせず、相手の負担にするのが当たり前だと思います。

Q命を命で償うことの不条理性

他人の命を奪ったら 自分の命で償うのは 当然と考えるのは 私だけでなく、日本人の多くがそうだと思います。
しかし、死刑反対の人は 命を命で償うこという 私たちが至極当然だと見做していることを どのように解釈しているでしょうか? どのような不条理があるとお考えでしょうか?
私と同レベルの愚かな同調意見は不要です。聡明な反論をお待ちしております。

Aベストアンサー

他人の命を奪ったら 自分の命で償、、つまり目には目を、、、の考え方は、まったく時代錯誤だと思います。

泥棒されたら、泥棒仕返してよいのいか。
障害で手を失ったら、加害者の手を切ってもよいのか、、。
これらは、残虐な行為であって、被害者の失ったものはそのままです。
これでは恨みに恨みがつのる「し返し」であって、建設的ではありません。

泥棒されたら、失った額の変換を求めるべきでしょう。
手を失ったら、例えばそれまでの仕事ができなくなり、そのことによって失う障害所得の弁償を求めるべきでしょう。

失ったものを、なるべくもとに戻す行為、これが「償い」です。
償いと、仕返しは、厳しく区別されなければなりません。

結局No3さんの回答のとおり、死刑は犯人から償う機会をうばう、残虐行為に過ぎません。

Q美容院代やネイルサロン代は経費??

法人で、新規に飲食店(ショットバー系)を開店させる予定があります。
実際に取締役である私自身がホールに接客係として従事するのですが、今までの業種とはまったく違う分野への参入のため、たとえば化粧品とか、洋服とか、手持ちではカバーできないものも多く、下記のようなものが経費になるかどうか教えていただけないでしょうか。


1.美容院代やネイルサロン代
2.ユニフォームとしてのスーツ
3.同業他店を視察した時の飲食代

Aベストアンサー

私自身の見解としてですが

1.無理でしょう
接客係だからと言って美容院やネイルサロンに行かなければならない理由にはなりません。

2.会社名でも入っているなら別として無理でしょう
サラリーマンは大抵の人がスーツですが会社で支給ではありませんよね。

3.金額にもよると思いますが通常の視察の範囲以内であれば大丈夫でしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報