はじめまして、RS422とRS485の終端抵抗の接続方法について質問があります。
■RS422
ホストとデバイスをツイストペアケーブルで接続しています(ホストのアプリケーションは完成済)。
ホストからのコマンドに対してデバイスが返答するのですが、デバイスの終端抵抗の接続方法が
よくわからないです。ケーブルのインピーダンスと同じ120Ωを接続しようと思うのですが、
デバイス側の受信端子(AB間)、送信端子(CD間)に各々120Ωを入れたらよいでしょうか?
それともホストからのデータの反射を防ぐ目的でデバイス側の受信端子(AB間)だけ120Ωを接続すればよろしいでしょうか?ちなみに、受信端子のみ120Ωを接続すると正常に送受信できました。
終端抵抗の仕組みや接続方法があれば教えて頂きたいです。仕様も決まってたらそれも。
■RS485
こちらもRS422と同じ質問です。デバイス側のAB間に120Ωを接続すればよろしいでしょうか?
2線式なのでAB間しかないですが。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

最近、「カテ違い」とタイプするのが


速くなって、速くなって…もう!
    • good
    • 0

終端抵抗の意味が理解されているならば それが答えです












線路を終端して、無限遠の線路長と等価にして終端反射を防止するためですから 線路の最遠端に設置します
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q終端抵抗について

CAN(Control Area Network)における終端抵抗について疑問があります。
添付図の通り、一番遠い機器間に終端抵抗を付けて、終端抵抗を付けた機器の片方が故障
した場合、通信は可能なのでしょうか。故障によって終端抵抗の効果が無くなるということは
あるのでしょうか。

ご教授いただきたくお願い致します。

Aベストアンサー

どんな故障かに拠ります。 信号ラインがショートされるような故障だったら、やはり盛大な反射が起こって通信不能になることもあるでしょう。(通信できることもある) ただ単に故障機器のラインと無関係な出力側の故障だったのなら、他の機器間の通信はできます。(ただし、CANのプロトコル等を知らないので、ネットワーク内に応答しない端末があるとダメというような場合は、話しは別)

それと、図を見て気になったのは「分岐」があることです。Tの字の分岐がありますが、これは極力避けなければなりません。いわゆる「じゅつつなぎ(数珠つなぎ)」にする必要があります。こうしないと、分岐のところは必ずインピーダンスが乱れることになり、やはり反射の問題が出ます。

Q【数学】V=IRは電圧は電流と抵抗に比例すると言いますが、I=R/Vは何と表現しますか? 電流は抵抗

【数学】V=IRは電圧は電流と抵抗に比例すると言いますが、I=R/Vは何と表現しますか?

電流は抵抗と

Aベストアンサー

I = V/R でしょう?

電流は電圧に比例し、抵抗に反比例する。

QDSUとTAの間の「終端抵抗」の役目

私が最近中古で買ったTA(DSU内蔵していない。)の説明書に、DSUとTAのつなぎ方の図が載っています。
その図にはDSUとTAを、直接、TA付属のモジュラーコードでつなぐように書いてあります。(しかし、言葉で「直接」とは書いてはいない。)

ところがすぐ次のページに、DSUとTAの間に「ローゼット(終端抵抗あり)」というものを入れるような図が書いてあります。

私は最初、DSUとTAを直接つないでいましたが、
インターネットに接続してページを見ているときに、よく切断されるような異常がありました。
「もしかして、終端抵抗ってものが必要なのかな」と思って、
安くもない「終端抵抗内蔵型モジュラーローゼット」なるものを買ってきて、
間に入れてみました。
しかし、状態は改善されませんでした。

素人目には、概観はLANケーブルどうしをつなぐ中継用の「アダプタ」をおおきくしたようなものです。
ふたを開けると中に、ON・OFFのスイッチがあり、ONになっていましたので、そのままにしました。(終端抵抗あり、という意味だとおもいます。)

私が知りたいのは、
・終端抵抗というものはどのような役目をしているのか
・入れる場合と入れないばあいではどうちがうのか
ということです。

ちなみに、わたしのばあい、間に入れても入れなくても、時々切断される異常はかいぜんされないので、なにがどう違うのか、わかりません。

ところで、時々切断される異常に関しては、下記で質問しているので、その回答はそちらでお願いします。(終端抵抗に関する回答ならば、ここでもかまいませんが。)

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=120947
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=120947

私が最近中古で買ったTA(DSU内蔵していない。)の説明書に、DSUとTAのつなぎ方の図が載っています。
その図にはDSUとTAを、直接、TA付属のモジュラーコードでつなぐように書いてあります。(しかし、言葉で「直接」とは書いてはいない。)

ところがすぐ次のページに、DSUとTAの間に「ローゼット(終端抵抗あり)」というものを入れるような図が書いてあります。

私は最初、DSUとTAを直接つないでいましたが、
インターネットに接続してページを見ているときに、よく切断され...続きを読む

Aベストアンサー

No.1のymmasayanです。補足にお答えします。

> 終端抵抗って、端っこにつけるものですよね。
なんで説明書にはDSUとTAの「間」に入れるような図が載っているのでしょうか。

おっしゃる通り不可解ですね。でも正しいのです。
実は、No.3でhimitsuさんがおっしゃっている通りなのですがもう少し補足します。
通信の場合には通信の相手(グループ)というものが重要です。
(INS64回線--DSU--TA--PC)という接続では通信の仲間が3グループあるのです。
(1)電話局のDSU--INS64回線--DSU というグループ
(2)DSU--TA というグループ
(3)TA--PC というグループ

これらの3つのグループはそれぞれ別の通信ルールで通信しています。
(1)を飛行機、(2)を列車、(3)をバスと思って下さい。
私たちは、飛行機、列車、バスを乗り継いで旅行します。しかし3つの交通機関は
相互乗り入れできませんから仲間ではありません。接続(中継)しているだけです。

元に戻って、(2)のグループについて考えます。
(2)のグループでは DSU--TA--TA--TA という接続が許されています。
この時終端抵抗は最後のTAの入口に付けます。(これが終端の意味ですね)
TAが1個の場合には終端抵抗はそのTAの入口に付けるのは当然ですよね。

終端抵抗は、本当に、ケーブルの最後につけるやり方と、最後の機器の入口につけるやり方がありますが、その理論については説明を省きます。今回は、最後の機器の入口につけるやり方なのです。

No.1のymmasayanです。補足にお答えします。

> 終端抵抗って、端っこにつけるものですよね。
なんで説明書にはDSUとTAの「間」に入れるような図が載っているのでしょうか。

おっしゃる通り不可解ですね。でも正しいのです。
実は、No.3でhimitsuさんがおっしゃっている通りなのですがもう少し補足します。
通信の場合には通信の相手(グループ)というものが重要です。
(INS64回線--DSU--TA--PC)という接続では通信の仲間が3グループあるのです。
(1)電話局のDSU--I...続きを読む

Qcosxのx=π/4を中心とするテイラー展開をはじめの3項まで求めよ x1=0 x2=π/4 x3=

cosxのx=π/4を中心とするテイラー展開をはじめの3項まで求めよ
x1=0 x2=π/4 x3=π/2でのcosxの値から0≦x≦π/2でのラグランジュ補間を求めよ
これが全くわかりません!
教えてください…

Aベストアンサー

cosxのx=π/4の周りのテイラー展開
cosx = 1/√2 - (1/√2)・(x-π/4) - (1/2√2)・(x-π/4)^2 + {(x-π/4)^3/3!}・sin(θx)  
(0<θ<1)

x1=0 x2=π/4 x3=π/2でのcosxの値から0≦x≦π/2でのラグランジュ補間式f(x)
f(x) = (4/π^2)・{2(x-π/4)(x-π/2)-√2・x(x-π/2)}

計算ミスなければ・・!?

QRS485終端抵抗

RS485でネットワークを構築する場合、終端抵抗はネットワーク上の片側のみに接続でよいのでしょうか?それとも両側に必要なのでしょうか?また、抵抗値はどれくらいが適切なのでしょうか?
どなたか回答をお願いします。

Aベストアンサー

こちらで説明されてます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/EIA-485

Q(d^2θ/dt^2)×(dθ/dt)=1/2×d/dt×(dθ/dt

(d^2θ/dt^2)×(dθ/dt)=1/2×d/dt×(dθ/dt)^2
になる理由を教えてください。

Aベストアンサー

こんばんわ。

右辺を計算して、左辺を導くというのが一番いいかと思います。
ややこしいので、一度 dθ/dt= f(θ)とみなしてみます。
(右辺)
= 1/2* d/dt(f^2)
= 1/2* 2* f* df/dt
= f* df/dt

いま、f(θ)= dθ/dtですから、それを戻して
= dθ/dt* d/dt(dθ/dt)
= (dθ/dt)* (d^2θ/dt^2)
= (左辺)

合成関数の微分の考え方で導くことができますよ。^^

Q終端抵抗を外付けするには?

---(RJ11)---DSU---(RJ45)---ルータ

DSUが終端抵抗を入れられない為、外付けしようと思います。
「NMJ-82R」というローゼットを見つけたのですが、

---(RJ11)---DSU---(RJ45)---NMJ-82R---ルータ

という構成で問題ないのでしょうか?
または、もっと他にいい案ありますか?

Aベストアンサー

>という構成で問題ないのでしょうか?

問題はありません。
但し数センチ?数十センチ?の
通信用ケーブルが必要ですね。
まあ適当なケーブルで代用すればOKですが.....


>または、もっと他にいい案ありますか?

入手はしにくいかもしれませんが
RJ-45ジャック&コネクタケーブル(LANケーブルでも可)のみで
対応出来る商品もあります。

http://www.aisan.co.jp/products/dsu-isdn_parts.html
http://www.hachiko-denki.co.jp/html/pdf/pmj/bmj-8p.pdf

質問者様のスキルにもよりますが
82Rがすぐに手にはいるのであれば結線取付をする方が
簡単だと思います。
細かい作業が出来ない、ケーブル類が少ない方が良いと
いうことであればBMJ-8Pを入手すれば差し込むだけでOKです。

Q1/4・5+1/5・6+1/6・7+1/7・8+1/8・9の下記の解き方教えてください!

https://www.chart.co.jp/subject/sugaku/suken_tsushin/35/35-2.pdf から

1/(1・2) + 1/(2・3) + ……+1/{n(n+1)
=Σ【x: 1→n】1/{x(x+1)}
=Σ1/(xー1) 〔2〕 …(a)
=[ ⊿-1 (xー1)〔ー2〕]【n+2 →1】 …(b)
=[ー(xー1)〔ー1〕]【n+2 →1】
=  ー1/(n+1)  +  1   …(d)
= n/(n+1)  

ホームページの(a)(b)(d) の変形がわかりませんので 解説よろしくお願いします!
但し、和分の公式: ⊿-1 x 〔n〕=x 〔n+1 〕/(n+1)

∴ Σ 【x: 1→8】1/{x(x+1)}ーΣ【x:1→3】1/{x(x+1)}
   =8/(8+1)  ー  3/(3+1)  =8/9 ー  3/4 =(32ー27)/(4・9) =5/36  …Ans
ただし ⊿-1 は、和分演算子とする。〔n〕は、差分とする。

https://www.chart.co.jp/subject/sugaku/suken_tsushin/35/35-2.pdf から

1/(1・2) + 1/(2・3) + ……+1/{n(n+1)
=Σ【x: 1→n】1/{x(x+1)}
=Σ1/(xー1) 〔2〕 …(a)
=[ ⊿-1 (xー1)〔ー2〕]【n+2 →1】 …(b)
=[ー(xー1)〔ー1〕]【n+2 →1】
=  ー1/(n+1)  +  1   …(d)
= n/(n+1)  

ホームページの(a)(b)(d) の変形がわかりませんので 解説よろしくお願いします!
但し、和分の公式: ⊿-1 x 〔n〕=x 〔n+1 〕/(n+1)

∴ Σ 【x: 1...続きを読む

Aベストアンサー

あぁ, 勘違いしてました. すみません. そのページが間違っていて, そこにあなたが引っかかっているようです.

(a) のところは分母が x-1 ではなく x+1 にならないといけないですし, (b) の和分における上限は言われるように n+1 でないとおかしいです.

QCATVの終端抵抗,フィルタについて… (集合住宅)

インターネットとケーブルテレビを利用していますが、

A部屋. TVコンセント---分配器(TV)- ~TV(CATV)~
              └-(DATA)- ~PC~

B部屋. TVコンセント--- ~TV(CATV)~

のようになっています。

他のTVコンセントの空き端子(同軸)と機器の空き端子(デッキetc)にも、終端抵抗をつけたほうがいいのでしょうか?

それと、B部屋では直接テレビを接続していますがフィルタなどをかませたほうがいいのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 空き端子の終端ですが、終端すれば良いですが、しなくても反射波が
戻っても、分配器の逆結合損失でほとんど影響を及ぼさないような、
設計がされています。
 フィルタについても、影響はないかと思います。

 ただし、機器の故障や強力な電波の混入障害を受けているなら、
終端抵抗やフィルタも効果があります。

 映りが悪いとかで、室内に受信ブースター等を増設されたような時は
設計外の影響を、及ぼす事はあるでしょう。

Qcosx = 1/√2 - (1/√2)・(x-π/4) - (1/2√2)・(x-π/4)^2 +

cosx = 1/√2 - (1/√2)・(x-π/4) - (1/2√2)・(x-π/4)^2 + {(x-π/4)^3/3!}・sin(θx)  
(0<θ<1)

f(x) = (4/π^2)・{2(x-π/4)(x-π/2)-√2・x(x-π/2)}
このグラフが分かりません…
教えてください!

Aベストアンサー

+ {(x-π/4)^3/3!}・sin(θx) は
+ {(x-π/4)^3/3!}・cos(θ(x-π/4)) ではないかと...違うかな?

で、これは cosx そのものです。θは x の関数なのでそれに惑わされないように。


下のはそれでなく、f(x)=(8/π^2){ (x-π/4)(x-π/2) - √2 x(x-π/2) } が正しいと思います・・・
このグラフは添付した図になります。
かなり近いです。

描き方は、計算機を用意して頂点を数値計算、あとは (0, 1) 、(π/4, 1/√2) 、(π/2, 0) を通るように二次関数のグラフを描けば良いです。
あるいはグラフ描画ソフトの力を借ります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング