プロ野球の先発投手って中5日とか中6日じゃないですか。
だいたい1試合平均で6回くらいまでですよね?球数だと100球くらいかな。

先発ピッチャーって5日も6日も休まないといけないほどそんなに疲れますか?
サッカーだったらわかります。走りっぱなしだし。
でも野球って試合の半分はベンチに座ってるじゃないですか。
高校球児だって甲子園では投手は連投連投ですよね?
プロ野球選手はもっと体鍛えてると思うんですけど、体力ないんですか?
なんかたくさんお金もらってるくせに、5日おきとかしか投げないのは腑に落ちないなあ。

なんでそんなに休まなければいけないのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

すでに回答は出揃っている感がありますが…



MLBでは先発投手は中4日が基本とされています。
 登板→完全休養→ランニング等の基礎運動→投球練習→軽い投球→登板
のサイクルで回すわけです。

それに比べれば確かに休みすぎかもしれませんね。
だから日本の投手、特に先発投手は野茂以外MLBではあまり活躍できないんじゃないかな、
と思っているところです。

だけど、そういう話ではないんですよね。以下、その前提で。

>高校球児だって甲子園では投手は連投連投ですよね?

中日で「権藤、権藤、雨、権藤」と言われた権藤博さんが言ってますが
「アマチュアの連投とプロの連投とは違う」のだそうです。
年に多くても数回のトーナメントを戦うだけのアマチュアと
約半年ほとんど休みなく試合が続くプロとでは、体の疲れ方が根本的に異なる、と。

ただ、権藤さん自身そのことに気がついたのは引退してからだそうで、
コーチになってから「投手に無理をさせない」ことを第一に考えるようになりました。
(かの10.19で阿波野投手をダブルヘッダーに連投させたことで仰木監督と衝突したのは有名な話)

なお、中6日の元祖的存在である「サンデー兆治」村田投手のローテーションを生んだのは
鉄腕と言われた稲尾和久監督です。

昔の投手は確かに連戦連投でしたが、その連戦連投した投手たちが指導者となって
今のローテーションを確立しているというのは注目に値すると思います。
    • good
    • 13

人間の体だけを使って140キロを超えるボールを投げるわけですから


その肉体的負担は想像できるかと思います。
それも肩や肘といった特定の部位に特に負担が掛かるのです。
先発投手は試合に出るのは週1回だったりしますが
練習はちゃんと毎日してます。

つまり体力はあってもピンポイントで休ませる必要がある部位(肩・肘etc)があるという
ことになります。

たしかに高校野球はプロではありえない登板間隔で投げたりしてますね。
ただそれは科学的には不適切だそうです。
まぁ高校野球の場合、ガーっと投げまくったとしても、その後にガーっと休めます。
トータルすればプロの方があきらかに投げてるはずです。
    • good
    • 15

wikiによると


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%88%E7%99%BA% …
一定以上のレベルの投手は、先発時の投球による負荷によって肘周辺を中心に毛細血管が切れる。これが再生するには4日以上かかるとされるため、1人の投手の登板間隔を4日以上あける必要がある
とあります。

中何日明ければいいのか、科学的に明確になった近代では必ず中4日以上明けるようになった、という事でしょう。


高校球児が連投をするのはトーナメントの為です。
もしもプロ野球が1年間に5試合のトーナメント、さらに選手の球団在籍期間が3年限定、その上同世代のみの対決だったら。
その世代にエースレベルが居たら当然連投するでしょうね。
144試合戦う事を考えなくていい上に相手レベルも同世代なのでたかが知れてますし、どっちみち3年間しか投げれないんですから。
プロ野球の場合、半年間という長い日程で行われるので合理的に考えたら中4日以上明けた方が得、という事でしょう。
さらにその年だけでなく翌年も翌々年も同じように試合があるわけですから。


昔のプロ野球についてですが、現代と同じレベルではなかった、という事かと思います。
陸上やら水泳やら続々と世界新記録が出てるように野球も昔と比べ投手野手共にレベルが上がり、圧倒的な成績を残すことができなくなって投手に負担がかかるようになったのではないでしょうか?
金田正一がこいつ下手だから適当に投げても大丈夫だよな!とか思いながら手を抜いて投げたかどうか分かりませんが。
    • good
    • 2

 比較する対象が違うと思いますよ。

高校野球のピッチャーとプロのピッチャーではレベルが違うこと(例えば変化球のキレ)もありますし、また「サッカー」とは「使う筋肉が違う」こともありますね。
 もし「サッカー」を基準にするのでしたら、比べる対象は少なくとも「ラグビー」でしょうね。そうすれば「ラグビーの過酷さ」がわかりますよ。サッカーは夏でもゲームをできるけどラグビーでは決して炎天下ではゲームをすることなど不可能です。逆にラグビーの選手から「サッカーはまだあまい」と突っ込まれるのがオチです。
 他にもあります。「スポーツ競技としてのボウリング」をみた場合、プロの選手が集中して投げることの出来るゲームが1日に何試合できるとお考えですか?。遊びで2~3ゲームを投げることとは訳が違う。
端から見ていると簡単なように見えることが実はとても難しいことを平然とやっているように見せる、これこそがプロと呼ばれる所以でもあり、このことは一般の社会でも同じことです。
    • good
    • 9

No.5です。

先発投手の調整について、MLBの投手の例ですがご参考にしてください。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/mlb/2010/ …

このように中4日でも調整は可能です。これが中5~6日になれば休みがそれなりに増えるといった塩梅です。
なので「日本の中6日は休みすぎ!MLBに倣って中4日を浸透させるべき」という理屈ならばわかるんですが・・・。

上記URLの例を見れば中2~3日でもできなくはないと思われますが、長期間のペナントでししまうと蓄積疲労はかなりたまってくるでしょうね。
当然、体が張っていようと筋肉がガチガチであろうと連投は可能でしょうが、体にはよくないのは明らかです。
    • good
    • 2

体力というより、毛細血管とか筋肉とか身体の修復時間を与えるためでしょう。



甲子園はトーナメント(負けたら敗退)ですから、少しでも勝つ可能性の高い投手に頼り切りになってしまうでしょう。全国クラスで通用するような良いピッチャーが1チームに何人もいるなんてことはほとんどあり得ないでしょうし。

アマ時代連投した投手がプロで「長続きしない」という意見に対して、比較的若いピッチャーばかりあげて「活躍してる」というのは論点がずれてると思います。活躍するかじゃなくて、選手生命の長さですから。

古い話ではありますが、長続きしない最たる例として「権藤、権藤、雨、権藤・・・雨、雨、権藤、雨、権藤」という流行語が出来るほど1年目からフル回転した中日の権藤博があげられると思います。
甲子園の出場経験はありませんが、社会人を経てプロに入って、
130試合中69試合(うち先発44試合)、2年目61試合(先発39試合)2年間で60勝以上した投手です。ところが身体を壊し球威が衰え、次の年から10勝、6勝果ては野手転向・3年後ぐらいに投手復帰するも最後は防御率10点台で引退。

投手として5年(通算でも8年)30歳の若さでした。昔の話ですから、トレーニングとか、試合後のケアの仕方とか確立されていなかった時代の悲劇なのでしょう。今のケア方法があるからこその今の選手寿命だといえると思います。プロである以上ある一瞬だけ輝けばいいとはいえないと思います。どれだけ長く活躍して稼げるかでしょう。60歳前後まで働くサラリーマンと違って、引退後の人生の方が遙かに長いわけですから。
    • good
    • 2

>僕、これには納得できないです。

だって、昔、金田とかは400勝もしてるじゃないですか。
ってことは中3日とかでいまよりもっと連投していたということですよね絶対。
だから400勝もしているわけで。
今と昔でそんなに野球は違っていないですよね?
しいて言えば試合数が多くなったってことくらいで野球の本質はかわってないですよね?
だから半年もペナントが続くからって、5日6日も休まなければいけないってことが信じられないのです。昔の野球選手は連投は大丈夫で、今の野球選手は連投がだめっておかしいじゃないですか。


昔の投手が連投しても大丈夫だったなどということはありません。
権藤投手等、無理な連投の中で故障して引退していった投手も数多くいますし、金田投手も肘の痛みと戦いながら勝ち星を重ねていったのです。
故障を前提としたスポーツなどあり得ません。むしろ今の姿が正しい形なのだと思います。
    • good
    • 0

>サッカーだったらわかります。

走りっぱなしだし

そのサッカーよりも運動量が多いから、でよいのではないでしょうか。
数年前のスポーツ番組(NHKの何かだったと思います)で各球技の運動量比較といった話題が出ておりまして、投手に限っては野球が最も過酷なスポーツであると出ておりましたので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

へーそうなんですね。勉強になります。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/28 00:01

140キロのボールを投げるということは、140キロの速さで腕を振っているのですよ。

それが半年以上続くのです。それくらい休ませてやらないと傷めます。

>甲子園では投手は連投連投ですよね?
それが後の故障の原因になっているという批判もありますけどね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>>それが半年以上続くのです。それくらい休ませてやらないと傷めます。

僕、これには納得できないです。だって、昔、金田とかは400勝もしてるじゃないですか。
ってことは中3日とかでいまよりもっと連投していたということですよね絶対。
だから400勝もしているわけで。

今と昔でそんなに野球は違っていないですよね?
しいて言えば試合数が多くなったってことくらいで野球の本質はかわってないですよね?

だから半年もペナントが続くからって、5日6日も休まなければいけないってことが信じられないのです。昔の野球選手は連投は大丈夫で、今の野球選手は連投がだめっておかしいじゃないですか。

お礼日時:2011/04/28 00:00

高校野球選手権はすべてトーナメントです。

どんな格下相手でももしかしたら取りこぼすかもしれない。そういう意識から常にエース級を出さざるを得ません。
その結果故障のリスクが高くなっても、勝ちに行くのが鉄則です。故障を恐れて負けたらその時点でチームの1年が終わりますので仕方ないんですよ。

そういう意味でプロ野球でも、やるときはやります。
クライマックスシリーズやシーズン最終盤のように1敗したら即終了のようなときは、成瀬が連続中4日したり、ダルビッシュが中継ぎで出たり。
ただこれも、半年間延々とペナントを戦ってきた最後に無理させるわけですから、当然蓄積疲労も考えなければいけません。
プロ野球も高校野球のように、蓄積疲労のない4月の開幕から完全トーナメントならば戦い方は大きく変わります。それこそ先発何連投とかありえるんじゃないですか。

でもそんなシステムではないですから。
半年間144試合を終えて最も高い勝率であるためには、先発の連投は愚策であるといえるのです。

ただし中6日が妥当なのかどうかは議論の余地はあると思います。
中継ぎと先発の分業制が完全に確立されている以上、先発5人で中4~5日で回す方が効率的であるとも思えます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

揚げ足をとってるようで申し訳ないのですが、本当にわからないので教えてください。

>>成瀬が連続中4日したり、

中4日を連続でするのと中5日を連続でするのとでは疲労度は全然違うものなのですか?

お礼日時:2011/04/27 23:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ昨日投げた先発投手が次の日にベンチ入りしてるの?

なぜ昨日投げた先発投手が次の日にベンチ入りしてるの?

よくプロ野球で、先日先発した投手が次の日にベンチ入りしていることがあるのですが、
これはどういう意味があるのですか?その日に試合で投げる可能性ほぼゼロじゃないですか。
普通に考えたらベンチからはずして他の戦力になる選手をベンチ入りさせたほうがいいと思いますが、
なにか意図があってやっているのでしょうか?

Aベストアンサー

No2です。説明不足でしたか。では実例を出してみてみましょう。
本日9月22日の読売ジャイアンツの布陣を例に出してみます。

投手
内海・グライシンガー・ゴンザレス・朝井・藤井
久保・高木・越智・MICHEAL・クルーン・山口・上野
捕手
阿部・加藤・鶴岡
内野手
寺内・小笠原・坂本・脇谷・ゴンザレス・大道・古城
外野手
ラミレス・谷・鈴木・高橋・松本・矢野

以上が一軍登録人数28人です。
このうち投手で、内海・グライシンガー・ゴンザレス・朝井・藤井の5人が先発ローテ要員です。

そして今日のベンチ入り選手は

投手:内海(先発投手)、久保、高木、越智、MICHEAL、クルーン、山口、上野、藤井
野手:坂本、松本、小笠原、ラミレス、阿部、高橋、古城、脇谷、寺内、谷、鈴木尚、エドガー、加藤、鶴岡、大道、矢野

の25人です。グライシンガー、ゴンザレス、朝井の3人がベンチ外ということになっています
ここで先発要員の藤井がベンチ入りしてるのがもったいないと仰りたいのですよね。


では今後のローテーションを予測すると、
22日 内海(今日)
23日 ゴンザレス(中4日)
25日 藤井(中5日)
26日 グライシンガー(中5日)
28日 朝井(中6日)
29日 内海(中6日)

ですかね?あくまで予想なんでわかりませんが。仮にそうだとします。

今日の試合に藤井が出場予定はありませんでした。なぜなら25日の先発に備えているからです。
枠がもったいないからという理由で、藤井を19日に投げた翌日に登録抹消して控え野手を登録してたとします。
一度登録を抹消してしまうと10日間は再登録できませんから、再登録可能日は30日になります。
そうすると25日に先発する投手がいなくなります。それでは困りますよね。

今日投げた内海を抹消して、野手を補充しても29日に投げる人がいません。
そうした理由で1人は先発投手をベンチ入りさせる必要が出てくるのです。


もしも仮に、19日の試合で藤井がグダグダな内容で2軍降格を言い渡されたとして(あくまで仮定の話ですよ)
25日に投げる投手は藤井じゃない別の人を2軍から昇格させる予定だとします。

そういう場合は19日の翌日から次の投手を登録する25日までの間、控え野手や中継ぎ投手を補充しておくときはあります。

No2です。説明不足でしたか。では実例を出してみてみましょう。
本日9月22日の読売ジャイアンツの布陣を例に出してみます。

投手
内海・グライシンガー・ゴンザレス・朝井・藤井
久保・高木・越智・MICHEAL・クルーン・山口・上野
捕手
阿部・加藤・鶴岡
内野手
寺内・小笠原・坂本・脇谷・ゴンザレス・大道・古城
外野手
ラミレス・谷・鈴木・高橋・松本・矢野

以上が一軍登録人数28人です。
このうち投手で、内海・グライシンガー・ゴンザレス・朝井・藤井の5人が先発ローテ要員です。

そして今日のベ...続きを読む

Qプロ野球1軍登録の先発投手って、常に帯同してるんですか?

タイトルの通りなんですが
プロ野球の1軍登録の先発投手のうち、その日登板のない投手
(控えのリストにも載ってない人)って、球場には来てるんですか?
ホームの時はまだしも、遠征にもついてくるのでしょうか?

来ても無駄、というか、それなら練習でもしたほうがマシだし
オフだとしたら、何してようとお咎めなしなんでしょうか?
まぁ成績命なので自己責任なんでしょうが・・・

Aベストアンサー

スポーツ好きのおっちゃんです

所謂「先発ローテーション」に入っている投手はチームに帯同する必要は無いのが一般的です。
特に前日先発した投手は殆ど帯同しません。
俗にいう「上がり」です。

それ以外の日は当然「練習」と「調整」です。

ただし、これはチームの方針・戦略によって変わって来ますので「必ず」という事ではありません。

ちなみにアメリカのメジャーに「上がり」のシステムはありません。
前日先発した投手は次の日にスコアをつけたり、簡単な「雑用」をしたりします。

まぁ、「上がりの日」にボケーっとしてようが、自主練しようが、チームに何も言われていなければ
結局はプロなので「自己責任」ですけどね。

Qプロ野球の先発ピッチャーは投げない日は公休ですか

新人ピッチャーのファンになってプロ野球に興味がわくようになりました。先発ピッチャーは投げない日はベンチにいないのですがどこで何をしていますか。何日かは公休も含まれるのですか。どうもわからないのは他の選手が一生懸命試合をしていて少なからぬ人がその試合を見ているわけですがそんな日高校野球みたいにベンチで応援しないのですね。

Aベストアンサー

ピッチャーが投げない日は、球場の裏で投げ込みをしたり、トレーニングをしていることが多いようです。
しかし、球場にさえ来ない日もあります。
プロ野球選手は雇用形態が年俸制ですので、何日間休んだとか出勤(出場した)とか関係ないんです。
ようは、呼ばれた日にどれだけの成果を上げることができたか、できなかったか。1年間でどれだけチームに貢献したかについて報酬が支払われます。

もちろんチームを盛り上げるために、出場しない日にも顔を出す人もいますが、その時間を自己研鑽に使うのもまたプロ意識なのだと思います。

Qプロ野球の応援団って何で飯食ってるの?

毎試合球場に足を運んで応援してますけど、彼らの収入源は?
そして、いつも外野のいい席を陣取ってますけど、入場の時ちゃんと並んでるんですか?
だとしたら昼間もおちおち仕事してられないですよね?

Aベストアンサー

ある応援団の団長さんと個人的に知り合いなのですがきちんとした会社に勤めていて見識もしっかりした人です。応援団にもいろいろな人がいるわけですが、pirocchiさんが想像なさっているよりは普通の社会人や学生が多いと思います。
以下は私の知る範囲でのお答えです。

(1)仕事と資金
きちんとした定職を持っている人も少なくありません。たださすがに昼間は抜けられませんから、球場に来るのは夜からです(夜から来て場所を確保している理由は(2)で後述します)。
今は試合開始時点で一定の人数の団員が揃いますが、昔(15年以上前、特にパリーグ)は試合開始時点では人数が少なく、3回くらいからようやくラッパ応援が始まるような例も少なくありませんでした。仕事が終わってから三々五々球場に駆け付けていたためでしょう。
また「秋~春はひたすらアルバイトでお金を貯め、その資金でシーズン中の応援活動を行う」という人もいるようです。これは応援活動に限らず、放浪旅行を楽しんだり、タレントの追っ掛けをやったりする人も使う手ですね。
ビジターの試合まで全部観るとなるとさらに大変ですので、それも含めて全試合観ている人は少数でしょう。ビジターを本拠とする応援団の人がホーム球場に出向く場合も同じです。ただNo.6でyorunoaozoraさんがお答えのように、ビジターでも何らかの応援組織が存在するのが今は普通ですから「ビジターでは応援なし」というケースは少なくなりました。
遠征の場合その地区の幹部クラスの人が、金欠の若手団員向けに自宅を宿泊所として提供することもよく行われます。

(2)座席確保
「年間指定席だから」と回答しておいでの方が多いですが必ずしもそうではありません。確かに年間指定席を買っている場合もありますが、年間指定席があってもそこでの応援が禁止されている球場(横浜など)や、外野の年間指定席がそもそも存在しない球場も多くあります。指定部分の多いナゴヤドーム外野でも応援団は自由席を使って応援しています。
自由席の場合にどうするかというと、座席確保のために試合の始まる何時間も前から並んでいます(主に若手団員の役目だそうです)。

ある応援団の団長さんと個人的に知り合いなのですがきちんとした会社に勤めていて見識もしっかりした人です。応援団にもいろいろな人がいるわけですが、pirocchiさんが想像なさっているよりは普通の社会人や学生が多いと思います。
以下は私の知る範囲でのお答えです。

(1)仕事と資金
きちんとした定職を持っている人も少なくありません。たださすがに昼間は抜けられませんから、球場に来るのは夜からです(夜から来て場所を確保している理由は(2)で後述します)。
今は試合開始時点で一定の人数の団員が揃い...続きを読む

Q雨天コールドゲームは何回で成立する?

野球の雨天コールドは5回を終わっていれば成立すると一般的に理解されていると思いますが、では5回表終了時あるいは5回裏途中で後攻チームが勝っていた場合はどうなるのでしょう?
もしかしたら組織によって異なるのかもしれませんが、最もポピュラーな野球規則に基づいたもので結構ですので教えてください。
甲子園で雨天順延が続いたので、ふと気になりました。

Aベストアンサー

公認野球規則4.10正式試合
(c) 球審によって打ち切りを命じられた試合(コールドゲーム)が
次に該当する場合、正式試合となる。
(1)五回の表裏を完了した後に、打ち切りを命じられた試合。
(両チームの得点の数には関係がない)
(2)五回表を終わったさい、または五回裏の途中で打ち切りを命じられた試合で、
ホームチーム(後攻)の得点がビジティングチーム(先攻)の得点より多いとき。
(3)五回裏の攻撃中にホームチーム(後攻)が得点して、
ビジティングチーム(先攻)の得点と
等しくなっているときに打ち切りを命じられた試合。

とありますので、5回表終了時あるいは5回裏途中で
後攻チームが勝っていた場合は公認野球規則4.10(c)(2)により
試合が成立しますので、後攻のチームの勝ちとなります。

Qセットアッパーとは?

プロ野球の中継を聞いていると、アナウンサーや評論家がセットアッパーがどうのこうのといってますが、セットアッパーてなんですか。

アメリカにいる友人に聞いたら、プロ野球では長期シーズンを乗り切るため、ピッチャーはスターター、ストッパーそしてクローザーと三つのスタッフを持っている。セットアッパーはストッパーの聞き違えじゃないかといってます。

試合の最後を締めくくるのはストッパーでなくてクローザーだ。日本からも西海岸のチームにいいクローザーがいたが、彼はどうしてるかといってました。

Aベストアンサー

一般的に使われているのは、
クローザーにつなぐ、中継ぎ投手の意味です。
勝ち試合の7回、8回をしっかり抑えて、
最後の1回をクローザーと呼ばれる絶対的な守護神がおさえる、
と考えていただいていいと思います。

↓のページに、こんな説明がありました。

a setup man
 A relief pitcher who tries to hold the lead, usually in the
seventh or eighth innings, before turning the game over
to the closer.
 〔チームのリードを保つために、通常7回か8回くらいに投入される
  リリーフ投手で、試合をthe closerに託す前に登板する 〕

ご参考まで。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/america/back023.html

Q先発、中継ぎ、抑えの肩の負担度合いについて

どれが一番重くなるのでしょうか?

イニング、ブルペン、本気度、休養なんかを考慮すると

中継ぎ>先発>抑え

のような気がします。

イニングは先発>>>中継ぎ>抑え
ブルペンは中継ぎ>抑え>>>先発
本気度は抑え・中継ぎ>>>先発
休養は中継ぎ>抑え>>>先発

こんな感じで判定しました。

Aベストアンサー

肩の負担度合いについては先発中継ぎ抑えそれぞれ似たようなものでしょう。
実際1週間の間で準備と試合に投げてる球数の合計なんかは、
先発と中継ぎ抑えでは大して変わらないんじゃないかな?

先発は先発で投板の無い日は肩のスタミナをつける為に投げ込みやトレーニングをする。
その上にトレーニングをしながら投板日にあわせて疲労をとっていく。

簡単にいえば、球数は例えですが、
先発は試合や練習で肩に120球以上の球数を投げる負荷をかける。
中継ぎ抑えは試合や練習で肩に30球前後の球数を投げる負荷をかける。
そう考えれば肩の負担度合についてはどっちもどっちだと思うよ。
先発も肩に球数を投げるスタミナが無ければスグ怪我をする訳だし・・・

違うところといえば先発は疲労が残っていれば球数を投げれない。
中継ぎ抑えは球数を投げなくて良いが多少の疲労とは付き合っていかなければいけない。

ただ中継ぎ抑えはある程度投板間隔が詰まった方が
肩の仕上がりも早く良い球が行きやすい。
その方が投板準備にかかる球数も減るし体力の消耗も抑えられる。
投板間隔が開きすぎて調子が・・・なんてのも多々ある事だし。
まあそのあたりがビミョーなバランスなんだろうけど。

阪神は昔に先発はなんとか5回まで投げてくれなんておかしな時代もあったけど、
本来なら先発はMAX近くまで疲労してゲームを作るのが仕事で、
中継ぎ抑えは余力を残っていても次の投手にバトンを渡してゲームを作るが仕事。
投板した試合に限りでの降板後の疲労度は先発の方が大きいのではないかな?

精神的な苦痛も失敗したり目標まで投げれなかったりしたら
1週間苦痛を持ち続けながらトレーニングをする先発と、
その時はキツくてもまた明日とすぐ切り替える立場の中継ぎ抑えではどっちもどっちだと思うし。

まあ周りから見ると体力を疲労して投げてる中継ぎ抑えの方が苦労しているように見えるけど
先発も投板が無いからといっても決して楽ではないと思うよ。

肩の負担度合いについては先発中継ぎ抑えそれぞれ似たようなものでしょう。
実際1週間の間で準備と試合に投げてる球数の合計なんかは、
先発と中継ぎ抑えでは大して変わらないんじゃないかな?

先発は先発で投板の無い日は肩のスタミナをつける為に投げ込みやトレーニングをする。
その上にトレーニングをしながら投板日にあわせて疲労をとっていく。

簡単にいえば、球数は例えですが、
先発は試合や練習で肩に120球以上の球数を投げる負荷をかける。
中継ぎ抑えは試合や練習で肩に30球前後の球数を投げる...続きを読む

Qプロ野球選手が遠征先でのホテルの部屋について

プロ野球選手が遠征先でのホテルの部屋について

プロ野球選手や監督が、遠征先でホテルに宿泊する時の部屋は相部屋なんでしょうか?
それとも個室ですか?まさかスィートルームと言うことは無いと思いますが。
また、ホテルはいわゆる一流ホテルなのでしょうかね?

それと、それぞれのチームの本拠地も選手、監督の我が家も違うと思いますが、その場合、誰がホテルに泊まって誰が泊まらないと、チームスタッフが聞いて手配するのでしょうか?
宿泊費は多分チームが負担すると思いますが、プロ野球チームは大所帯なので宿泊費もバカにならないと思います。
なので、泊まる人数が多い少ないでは年間の経費もかなり違ってきますよね。

ちなみに自分はファイターズファンですが、チームの本拠地は札幌市、梨田監督は関西に家があり、選手は多分元々が東京が本拠地のチームだった為、東京に家がある選手が多いのではないかと思います。
もちろん札幌に仮の家、マンションを持っている選手もいると聞いています。

その辺の事情に詳しい方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

ホテルのフロントを経験していた者ですが、広島カープが宿泊していました。
市内の全日空ホテルに宿泊するチームは、巨人とかの一流のチームが宿泊していました。
ホテルの部屋割は、一番高いシングルの部屋に主力選手を、若手選手に中ぐらいの部屋を割り当てていました。
相部屋ということはなくて、選手一人に対して1つの個室でした。一般客と区別して、フロアー(その階)ごとの貸切にしていました。(例えば、1階から6階までは、すべて使用していました。)
監督は、スイートルームへの宿泊でした。自分の勤めていたホテルは、一流ということはなかったですが、全日空ホテルに続くランクのホテルでした。
すみません。それ以外のことは、経験がないのでわかりません。参考になれば・・・。

Qプロ野球って1シーズン何試合あるんですか?

プロ野球って1シーズン何試合あるんですか?

あと年間何シーズンありますか?

Aベストアンサー

とりあえず144試合(交流戦含め)

オールスター2試合(年によって1試合もしくわ3試合)
クライマックスシリーズ 1stステージ 3試合(2勝先勝)
クライマックスシリーズ ファイナルステージ 5試合(3勝先勝)
日本シリーズ 7試合(4勝したチームが日本一)

となるので
結構な試合数があります

Qプロ野球選手の生活について教えてください!

野球ド素人です。
以下についてわかる範囲で教えていただきたいです!

(1)シーズン中、ナイターの場合などは午前中は練習しているのですか?
入り時間など決まっていますか?

(2)例えばほとんど練習せずにいきなりゲームにでる選手もいるのでしょうか?

(3)シーズン中の練習メニューは合同?個人?

(4)オフシーズンの時の練習内容は個人にまかされているのですか?
球場などは自由に使えるのですか?

(5)オフシーズン時の練習のキャッチボールなどの相手は誰が担当するのでしょうか?

Aベストアンサー

(1)ホームチームの方が先に練習開始ですので、選手は正午すぎぐらいに球場に来ます。中には早く来たり、あるいは朝から2軍の球場などでいわゆる「早出特打ち」などの練習をしてから球場に来る選手もいますし、出場機会が少ない1軍の若手が昼間2軍の試合に出てから夜は1軍の試合に出るという場合もあります。

(2)故障を抱えている選手が打撃練習や守備練習など一部の練習を休んだりすることはあります。もちろん症状によってはまったく練習しないこともありますが、そういう選手が試合で先発してフルに出る、ということは少ないですね。

(3)試合前の練習のことでしたら流れがもう決まっているので、全体的な練習メニューに従います。もちろん前日にバントをミスした選手が念入りにバント練習をしたり、エラーした選手にノック、ということもあります。状況に応じて変化します。

(4)12月と1月はコーチが指導する練習というのは禁止されています。この時期練習してないという回答がありますがそれは間違いです。球団や選手会行事がない日はリハビリ中の選手を除いてほとんどの選手は何らかの練習を毎日のようにしています。例えば西武から巨人への移籍が決まった片岡は、昨日西武の2軍の球場で中村らと3時間ほどの練習をしたそうです。
自主トレですので練習内容は個人に任されていますが、若手の選手には事前に「自主トレでここを鍛えておけ」という指示がトレーニングコーチなどから出ていることもあります。また、「練習」をグランド内だけのものと考えているのかも知れませんが、ウェートトレーニングなども立派な練習です。球団の施設は基本的に自由に使えますが、12月中旬以降になると海外など暖かい場所に移動して集中して自主トレを開始する選手が増えます。
すでにアリゾナなどのトレーニング施設に向かった、などという記事も目にするようになりました。

(5)例えば巨人ですと阿部、坂本らの野手、内海、山口らの投手のグループがグァム島で、高橋由伸らは沖縄など、数人ずつのグループで12月下旬ぐらいから相次いで各地に自主トレに行きます。打撃投手やブルペン捕手のような裏方さんなどが同行するグループもありますし、村田のように捕手の実松や投手の今村などが一緒のグループもありますが、たいていは色々な役割を分担しながら練習します。
2軍の施設などでの練習の時にはたいてい誰か他の選手がいますし、マネジャーやスコアラーなどの球団スタッフや、場合によっては野球経験のある新聞記者がキャッチボールの相手をすることもあります。

(1)ホームチームの方が先に練習開始ですので、選手は正午すぎぐらいに球場に来ます。中には早く来たり、あるいは朝から2軍の球場などでいわゆる「早出特打ち」などの練習をしてから球場に来る選手もいますし、出場機会が少ない1軍の若手が昼間2軍の試合に出てから夜は1軍の試合に出るという場合もあります。

(2)故障を抱えている選手が打撃練習や守備練習など一部の練習を休んだりすることはあります。もちろん症状によってはまったく練習しないこともありますが、そういう選手が試合で先発してフルに...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報