システムメンテナンスのお知らせ

参考書通りに訳をすると
日本語訳の違いで分からないものが
ありました。もし良ければ、
私に皆さんのお力を貸してください。

(すみません、白文の状態になっています)

「不 復 ~」(部分否定)と
「復 不 ~」(全部否定)の形です。

参考書に掲載されている問題は
「復 不 食 魚」
の訳が「2度とも魚を食べなかった」
となっていて、
「不 復 食 魚」
の訳が「2度とは魚を食べなかった」
となっています。

この「2度とは」と「2度とも」に
大きな違いはあるのでしょうか?

gooドクター

A 回答 (2件)

こういう風に考えてみてはどうでしょう。



「復不食魚」→「不食魚(魚を食べないという事態)」が「復(再び起こった)」
つまり、以前も食べなかったし、今回も食べなかった。
「二度とも」は「二度共」のことで、「二回のうちどちらも」ということ。

「不復食魚」→「復食魚(再び魚を食べること)」は「不(なかった)」
つまり、以前食べたことはあるが、それ以降は二度と食べなかった。
「二度とは」というのは、「二度と」を助詞「は」で強調したものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!そのようなイメージだと
考えやすいですね。(^^)

お二人のアドバイスで胸のつかえも
すっきりしました。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2003/10/05 15:02

私は漢文は知らないのでまとハズレな回答かも知れませんが、



「2度とは」と「2度と」と捉えるとわかりやすくなると思います。

「2度とも」は2度あったうち2回とも食べなかった。

「2度とは」は2度あったうち1回目は食べたが、2回目は食べなかった。

だから「2度とは」が部分否定で、「2度とも」が全部否定になっていると思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

「的外れ」じゃないですよ!
むしろ、ど真ん中です。(笑)
どうも有り難うございました。o(>▽<)o

お礼日時:2003/10/05 14:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング