【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

漢文の二重否定の句形に「非無A」というものがあります。私の所持している参考書などには、これを「A無キニハ非ズ」或いは助詞を省いて「A無キニ非ズ」と読むように書かれています。「強い肯定」か、場合によっては「消極的な肯定」を表現する形であると習いました。
ところで「無きにしも非ず」という言い回しがあったり、或いは「天勾践を空しうすること莫かれ、時に范蠡無きにしも非ず」という故事があったりするのを聞いて、先に挙げた訓読との違いに疑問を持ちました。意味上の差異から読み分けているのでしょうか。或いは訓読の流儀による違いでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 こんばんは、長らくお待たせして申しわけありません。

先日の続きですが、『太平記』と原典の関係、否定形の構文形式、そして道春点と一斎点に観られる流儀の違い、の問題に関してお話しさせていただきます。

【太平記と原典の関係】
件の文言を太平記に求めた結果、手許にある2種類のテクストには以下のルビが振られていました。
(A)「天勾践を空しくすること莫かれ 時に范蠡無きにしも非ず(天莫空勾践 非時無范蠡)」→小学館版『日本古典文学全集 太平記1 194頁』

(B)「天勾践を空しうすること莫かれ 時に范蠡無きにしも非ず(天莫空勾践 時非無范蠡)」→岩波版『新日本古典文学大系 太平記1 140頁』
 読み下しは全く同一で「~であるとも限らない」として部分否定をほどこしています。但し「非時無范蠡」と「時非無范蠡」として「非」のかかる先が異なっています。
そして該当部分に関する典拠を調べてみましたところ、この文章自体は『史記』(世家所収の「越世家」)にも見えません。
 小学館版のテクスト所収の頭注には故事の「会稽の恥」のプロットとして7つのポイントが挙げられています。
(1)勾践が范蠡の換言を受け容れず敗北を喫した話
(2)勾践が捕虜として呉に幽閉された話
(3)勾践が帰国を許された話
(4)勾践が呉王扶差に美女を贈った話
(5)呉の忠臣伍子胥が扶差を諫めて怒りを買い自死に至る話
(6)勾践が扶差を討って会稽の恥をそそいだ話
(7)その後に范蠡は引退し遁世した話
の7つですが、このポイントは児島高徳のエピソードの次の段で綴られるものの、そのなかに当該の五言古詩は全く登場もしませんので、太平記の作者による改変と考えてもよいでしょう。

【否定形の構文形式】
 手許にある『漢詩・漢文解釈講座』(漢詩・漢文教材研究会編)の「別巻 訓読百科」に次の記載を確認することができました。
 「[3]部分否定の形」
否定詞と副詞の位置関係によって、次の形が生じる。
・不常有(常には有らず)=「不」は「常有」を否定。
 →「常に有り・それはない」→「有ることも、ないこともある」→部分否定(一部否定)
・常不有「常に有らず」=「常」は「不有」を否定。
 「常に・ない」→全部否定
そこで、両方の違いをはっきりさせるために、副詞のほうを「常ニ←→常ニハ」のように読み分ける習慣である。
「必ズ←→必ズシモ」「甚ダ←→甚ダシモ」だが「復タ」だけはふつう読み分けない。
として以下の15通りのパターンを例示しています。
(1)「不常」→「常ニハ~ず」
(2)「不倶」→「倶ニハ~ず」(ともには~ず)
(3)「不同」→「同ニハ~ず」(ともには~ず)
(4)「不自」→「自ラハ~ず」
(5)「不甚」→「甚ダシクハ~ず」(はなはだしくは~ず)
(6)「不太」→「太ダシクハ~ず」(はなはだしくは~ず)
(7)「不殫」→「殫クハ~ず」(ことごとくは~ず)
(8)「不多」→「多クハ~ず」
(9)「不驟」→「驟ニハ~ず」(にはかには~ず)
(10)「不両」→「両ツナガラハ~ず」
(11)「不復」→「復タ~ず」
(12)「不必」→「必ズシモ~ず」
(13)「何必」→「何ゾ必ズシモ~ず」
(14)「未必」→「未ダ必ズシモ~ず」
○「不敢」→「敢ヘテ~ず」
※但し、この中の(10)に関してですが、個人的には少し疑問符が付く読み方です。

「[4]二重否定の形」
 否定詞で一度否定したものを、さらに否定詞によって否定する、という形。多く強い肯定の意味になる。
(1)「無不~」→「~ザルなし」
(2)「無~不…」→「…ザル~なし」
(3)「不~不…」→「…ザル~ず」
(4)「未~不…」→「未ダ~ザレバ…ず」
(5)「非不…」→「…ザルニアラず」

【原典との対比】で二つのテクストの違いを指摘しましたが、この二つを上記の読み下しのルールに即して読めば
(B)は「天莫空勾践 時非無范蠡」は「天 勾践を空しうする莫かれ 時に范蠡無きにしも非ず」とはなっても(A)の「天莫空勾践 非時無范蠡」を「天 勾践を空しうする莫かれ 時に范蠡無きにしも非ず」と読むには少し無理があると感じます。むしろ「天 勾践を空しうする莫かれ 時に非ず范蠡無きか」として反語表現として読む可能性があるとはいえないでしょうか。
 「無」はあくまでも動詞ですから「范蠡のような人物(忠臣)」の存在の有無を説明しているのか「今はその時ではないとのこと」を言っているのかは、非の位置によっても異なります。

 中澤希男氏の理解は「無」を動詞として扱うとの部分で問題はありません。漢文での「無し」は否定表現としても使用されますが、実際には物がある・ないとの動詞に重点が置かれています。「人無遠慮、必有近憂(人遠き慮り無ければ、必ず近き憂へあり)」はその事例です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変よく調べて頂いたようで感謝に堪えません。
ベストアンサーに選ばせて頂きます。

お礼日時:2012/09/30 14:36

 こんばんは夜分遅くに失礼します。


課題に示された二つの文例ですが「なきにしも非ず」が部分否定であり、「なきには非ず」も部分否定であること。そしてこれが「無きに非ず」の場合のみが全否定であること。
この違いは既にご理解されていることと存じます。
 しかしその参考書の記載ですが「非無A」を「A無きには非ず」と読んでも、助詞である「は」をなぜ省略して読めとの理由が記されていません。であるならば、これを「A無きに非ず」と読まねばならないそして全否定であると解釈する根拠もないことになります。
 類似の事例に韓愈の『雑説』があります。これは部分否定の例ですが、質問者様の疑問と同じです。「世有伯樂 然後有千里馬。千里馬常有 而伯樂不常有。」後半の部分には2つの「常」の文字が見え、「千里の馬は常にあれど、而して伯楽常には有らず」と読み下されます。これは置き字としての「而」を読んだ場合の話です。これが「千里馬常有 而伯樂常不有」だったなら「千里の馬は常に有り、而して伯楽常に有らず」となり、而の前後では文意を比較対照する意味はなくなり置き字の意味もなくなります。こうした現象を突き詰めて考えるには原典にまで遡る必要もあります。
 否定を表現する「無・不・非・否・勿・莫」があったら「何に掛かっているのか」を考えてみることも大切です。原典は白文ですから、部分としてはどの様にも読み下すことは可能です。ですが文章全体との関係から見て齟齬を生じるようであるならば、その読み下しがオカシイことにもなります。
 他の回答者様がご指摘の「しも」の問題ですが、これはこの文章の本質に関わる問題ですので「私の疑問とは異なる」として退けられる姿勢は些か早計と言わざるを得ません。「無きにしも非ず」の典拠は『太平記』に引用された古代中国の越王勾踐の逸話ですからそれがオリジナルであるとはいえません。さらに典拠を遡及して原典にまで立ちのぼり実際の表記を確認せねばなりません。そうすることによって初めて「二重否定」であるか「部分否定」であるかを確定できることになります。(続)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答賜りまして、ありがとうございます。
続きを頂く前にお礼を差し上げますがお許しください。

>>「なきにしも非ず」が部分否定であり、「なきには非ず」も部分否定であること。そしてこれが「無きに非ず」の場合のみが全否定である
これについては自分では漠然と理解していたつもりでいたのですが、改めて調べてみますと、どうもこれらすべての場合が「消極的な肯定」の意味を持つようです(これを部分否定呼ぶことができるのかどうかは分かりません)。例えば、中澤希男「漢文訓読の基礎」(教育出版)では、「なきにあらず」と助詞なく読んだ上で「ないわけではない」と訓読しています。すなわち、訓読の仕方に関わらず、そもそも「非無A」という形式自体が意味を決定しているようなのです。これについては一応他の複数の漢文訓読の書籍を確認致しましたが、はっきりとは自信を持てませんので、もし誤りでしたら是非ご指摘頂ければと思います。

その上で、「無きに非ず」「無きには非ず」「無きにしも非ず」と読み分けをする判断の基準が、本当にNo.3の方にご回答頂いたような非常に細やかな意味上の差異に着目してのことなのか、というのは自分では率直に申し上げて疑問ではあります。なぜなら、「無きに非ず」と「無きには非ず」を目にすることが非常に多い一方、「無きにしも非ず」という訓点を振っている漢文は「時非無范蠡」以外に見たことがないということから、これらの三つを対照的な表現として評価できないように感じられるためです。また、確かに「無きに非ず」と「無きには非ず」には訓読上の比較的明確な意味の差異があるように感じられますが、それを果たして訓点を振る側がはっきりと認識して振っているのか些か疑問でもあります。恣意的に決定されているか、どちらか一方に統一してるようにも思われますし、そのような使い分けをしていることを記した参考書に出会ったこともありません。少なくともそのように読み方を工夫しているテキストがあれば是非知りたいと思っています。

今は「無きにしも非ず」は道春点と一斎点のような流儀の違いから生じた読み方のようにも思われます。そう考えますと太平記などは作者未詳ということですからよくどうにも調べようがありません。ただ、No.3の方に教えていただいた例文は太平記よりもずっと成立の古い「伊勢物語」のようですから、独り太平記のみによって人口に膾炙するに至った読みではなく、かなり古い時代の訓読の名残のようにも思われます。
この辺りの事情も詳しく知らないので分からないのですが。

お礼日時:2012/09/18 17:44

しも



順接的に下の句を強調する場合Aと、例外もあることを暗示する場合Bがあります。

逆説の場合は強調ではなく、その(逆説の)効果を弱めるということがあります。

Aとして 誰しも知るあたわず。京に思ふひとなきにしもあらず(ないのではない)例 岩波国語辞典。

Bとして 必ずしも正しくはない。
必ず正しくはないとは普通言いませんが、意味は変わらないものの、例外として意味は弱まっています。

M なきにはあらず と N なきにしもあらず とを比べた場合の Nの しも は B の用例だと思います。

M ないことはない(消極的なあらっぽい全肯定) N ないこともない(大抵はある:微妙に消極的な肯定)

一般的にはここまでで、微妙な文句であり、やはり文脈全体でしっかりした意味をつかむべきでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。「しも」と「には」という助詞の違いによって意味に違いがでることは分かりました。ありがとうございます。
ただ、申し訳ないのですが、私が疑問に思ったことは少し違うのです…。
補足させて頂きます。

お礼日時:2012/09/17 23:25

#1です。

補足です。

>>そもそも知りたかったのは、無きには非ずと読む場合と無きにしも非ずと訓読する場合の使い分けはあるのか、ということでした。

    僕は原文に二つの意味があるのでなければ、これは和訳(=訓読み)の問題で、日本語の「あや」に過ぎないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

仰るとおりだと思います。
実際自分が知りたかったのはその訓読上の差異が何によって生じているかだったので…。

お礼日時:2012/09/17 23:16

  非無X  が原文(下記など)でこれだけが本物で、その読みは普通の漢文のクラス的に「X無きには非ず」でも、小島高徳の人口に膾炙した「X無きにしも非ず」でも、あとで付けた仮の読みだと思います。


    http://blogs.yahoo.co.jp/yoshimizushrine/5934785 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きありがとうございます。
私の質問の仕方が要領を得ないために誤解を招いてしまったかと思うのですが、そもそも知りたかったのは、無きには非ずと読む場合と無きにしも非ずと訓読する場合の使い分けはあるのか、ということでした。
実際に非無Aという形に出会った時、確かに無きには非ずと読むのが無難であるのは理解しますが、ならば無きにしも非ずとはどういう経緯で何の為に作られた訓読なのか、或いは他に読む用例があるのかを伺いたかったのです。

お礼日時:2012/09/17 13:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不常~ 常不~ 

大学受験生です。
漢文の質問です。
「不常~。 常不~。」
とか
「不復~。 復不~。」
の「不」の位置の区別がときどき「どっちだったっけ?」と思い出せなくなります。
どのように考えればよいか(両者の違いについて)教えてください。
お願いします。 

Aベストアンサー

以前部分否定と全部否定の違いについて別な質問でアドバイスしたことがあります。参考にどうぞ。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=671807

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=671807

Q伊勢物語 「京に思ふ人なきにしもあらず」の解釈

「東下り」の段で隅田川を渡る場面で「京に思ふ人なきにしもあらず」という表現があります。訳してみれば「都に恋しく思う人がいないと言うわけではない」と言うことですよね。しかし、副助詞「しも」は打消を伴うと「部分否定」になります。この場合、「恋人の存在」が部分否定されているのだと考えられると思うのですが、どういう気持ちなのかわかりにくいのです。後に続く和歌では「我が思ふ人はありやなしやと」と安否を気遣っているのに。「男」の心理を説明してくださる方、いらっしゃいませんか。

Aベストアンサー

質問者さんがお書きになっているように「なきにしもあらず」は「ないわけではない」と訳されますよね。ここは「恋人の存在」を否定しているのではなく、「恋人がいない」ことを否定しているのではありませんか。
ちょっと前の「から衣」の歌と同じ意だと思いますよ。

物侘しいので恋しい人を思い出してしまう。恋しい人を思い出してしまうのでまた物侘しい。何かの事情で女と離れて寂しい男がよく陥る無限ループですね。えてして「それではこっちでも『恋しい人』を早く作らねば」となりがちなので注意が必要です(苦笑)

Q漢文「不」について

「不」は助動詞「ず」と同じように用いるということですが、「不」を「ず」「ざら」「ざり」「ざる」「ざれ」とは読んで「ぬ」「ね」とは読まないのですか?またそれは何故ですか?

高校一年女子の質問です。

Aベストアンサー

結論から言えば、漢文では「ぬ」「ね」とは読みません。
合理的な理由はとくにないだろうと思います。
ただ、日本人は漢文訓読の場合、「ぬ」「ね」を用いてこなかったという歴史があるということです。

では、「ぬ」「ね」と「ず」「ざる」「ざれ」にはどういう違いがあるかという点ですが、
そもそも日本語のある種の言葉には、和文調の言葉と漢文調の言葉の両方があったようです。
たとえば、使役の助動詞は、和文では「す・さす」が主流で、漢文では「しむ」しか用いません。
このような違いです。
打消の助動詞「ず」の活用表は、通常、
ず・ず・ず・ぬ・ね・○
ざら・ざり・○・ざる・ざれ・ざれ
と二行に整理されますが、
平安時代あたりにはあまり用いられなくなる古い言い方を加えると、

な・に・(ぬ)・ぬ・ね・(ね)という四段型――( )は私が勝手に埋めましたが用例はないかもしれません。
の和文調の助動詞と

ず・ず・ず・○・○・○という無変化型の漢文調(?)の助動詞にラ変動詞の「あり」が続いた
ざら・ざり・(ざり)・ざる・ざれ・ざれという補助活用を有する漢文調の助動詞の二語があったと考えればわかりやすくなります。

平安時代ぐらいになると、前者の、「な・に」がほとんど用いられなくなり、活用表のうち連体形と已然形しか存在しないという、いわば異常事態になったので、
平安時代を基準にした学校の古典文法ではこの二つの助動詞をひとつの語としてまとめてしまったのだろうと思われます。

なぜ漢文では「ぬ・ね」と読まないのかという理由の説明にはならないかもしれませんが、わたしはこのように理解しています。

結論から言えば、漢文では「ぬ」「ね」とは読みません。
合理的な理由はとくにないだろうと思います。
ただ、日本人は漢文訓読の場合、「ぬ」「ね」を用いてこなかったという歴史があるということです。

では、「ぬ」「ね」と「ず」「ざる」「ざれ」にはどういう違いがあるかという点ですが、
そもそも日本語のある種の言葉には、和文調の言葉と漢文調の言葉の両方があったようです。
たとえば、使役の助動詞は、和文では「す・さす」が主流で、漢文では「しむ」しか用いません。
このような違いです。
...続きを読む

Q漢文の部分否定と全部否定

参考書通りに訳をすると
日本語訳の違いで分からないものが
ありました。もし良ければ、
私に皆さんのお力を貸してください。

(すみません、白文の状態になっています)

「不 復 ~」(部分否定)と
「復 不 ~」(全部否定)の形です。

参考書に掲載されている問題は
「復 不 食 魚」
の訳が「2度とも魚を食べなかった」
となっていて、
「不 復 食 魚」
の訳が「2度とは魚を食べなかった」
となっています。

この「2度とは」と「2度とも」に
大きな違いはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

こういう風に考えてみてはどうでしょう。

「復不食魚」→「不食魚(魚を食べないという事態)」が「復(再び起こった)」
つまり、以前も食べなかったし、今回も食べなかった。
「二度とも」は「二度共」のことで、「二回のうちどちらも」ということ。

「不復食魚」→「復食魚(再び魚を食べること)」は「不(なかった)」
つまり、以前食べたことはあるが、それ以降は二度と食べなかった。
「二度とは」というのは、「二度と」を助詞「は」で強調したものです。

Q漢文「ずんば」と「ざれば」の違い

不憤不啓(不レ憤不レ啓)・・・憤せずんば啓せず
人不学不知道(人不レ学不レ知レ道)・・・人学ばざれば道を知らず。

なぜ「ずんば」と「ざれば」と2つの読み方があるのでしょうか…?
一番上の例文は、「憤せざれば啓せず」とも読めるきがしますが…。

回答お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
確かに、読み方がいろいろあって、混乱しますよね。
ポイントは、打消の助動詞「ず」の活用にあります。
<表>(崩れて見にくかったらごめんなさい)
 未然 連用 終止 連体 已然 命令
(1)ず  ず  ず  ぬ  ね
(2)ざら ざり ○  ざる ざれ ざれ
上記のように、(1)(2)の二系統あります。

さて、ご質問の件ですが、「ず」に「ば」がつく形は、実は3種類です。
●「ずんば」→「ず」(未然形)+未然形接続の助詞「ば」(仮定条件)
※「ずば」が言いにくいので、「ん」でワンクッション置いて「ずんば」と変化しました。
●「ざらば」→「ざら」(未然形)+未然形接続の助詞「ば」(仮定条件)
●「ざれば」→「ざれ」(未然形)+已然形接続の助詞「ば」(確定条件and仮定条件)

文法の基本としては、仮定の意味をそえるなら「未然形」+「ば」ですが、「已然形」+「ば」でも間違いではありません(現在も両方使いますしね)。
ということで、(1)(2)(3)とも、すべて仮定の意味で使用可能です。
ですから、質問者様のご提示された文はどれで読んでも構いません。
憤せざらば、啓せず。 憤せざれば、啓せず。
人学ばずんば道を知らず。 人学ばざらば道を知らず。
ただ、今回の例文は、とても有名なものなので、皆さんに親しまれている読み方をした方が好まれるかもしれません。
また、受験を意識されているのであれば、「未然形」+「ば」を意識されていた方がよいかと思います。
漢文法の参考書では、
不○不□。「○ずんば□あらず」
で載ってたりしますね。

ちなみに、(2)は「ず」+「あり」の形が変化したもの。
未然形を例にすれば、「ず」+「あら」→「ずあら」が言いにくいので、「ざら」と略されて定着したと言われています。

ダラダラ分かりづらかったかもしれません…。
何かありましたら、またご質問下さいませ。

こんにちは。
確かに、読み方がいろいろあって、混乱しますよね。
ポイントは、打消の助動詞「ず」の活用にあります。
<表>(崩れて見にくかったらごめんなさい)
 未然 連用 終止 連体 已然 命令
(1)ず  ず  ず  ぬ  ね
(2)ざら ざり ○  ざる ざれ ざれ
上記のように、(1)(2)の二系統あります。

さて、ご質問の件ですが、「ず」に「ば」がつく形は、実は3種類です。
●「ずんば」→「ず」(未然形)+未然形接続の助詞「ば」(仮定条件)
※「ずば」が言いにくいので、「ん」で...続きを読む

Q「あらむ」の文法的意味は?

古文に出てくる「あらむ」の文法的な意味を教えてください。動詞の「あり」+助動詞「む」だと思うのですか、「む」の意味のうち推量・意志・可能・当然・命令・適当・仮定婉曲のどれにあたるのでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは。
理系のおっさんです。

>>>動詞の「あり」+助動詞「む」だと思うのですか

そのとおりです。


>>>「む」の意味のうち推量・意志・可能・当然・命令・適当・仮定婉曲のどれにあたるのでしょうか。

「む」の意味は、基本は、推量・意思・勧誘の3つと考えればよいです。
推量から発展して、ときに、可能・当然・適当・仮定婉曲の意味になり、
意思・勧誘から発展して、ときに、命令の意味になります。
どれになるかは、文を見て、あるいは、文脈を見て判断するしかないです。

「明日は晴天にあらむ」 → 「明日は晴天であろう」 ・・・ 推量

「さあらむと欲す」 → 「そうありたい(なりたい)と思う」 ・・・ 意思

「ともに義を重んずる武士であらむ」 ・・・勧誘
(「武士であらむ」よりも「武士たらむ」の方が普通かも)

勧誘の場合は、話しかけている相手が主語、というシチュエーションなので、ほかとの見分けは付きやすいかと。

Qやればやるほど落ちる模試結果

センターまで2ヶ月を切った高3の者です。
私は河合塾や進研の模試を六月から毎回うけています。
ココ最近夏休み開けくらいからの模試が毎回うまくいきません。
特に英語と日本史が下がりっぱなしです。
もともと英語は苦手で、いい時でさえ5割ちょいです。なのに河合のセンタープレではとうとう5割をきり90台になってしまいました。
また、日本史は夏頃はいい時で8割くらいだったのにセンタープレでは40点台になってしまいました。

不安なのは悪い点数の時もいい点数の時と変わらない達成感があるということです。『結構よくできた』とおもってても5割未満でした。また、周りの友達が突然上がり出したことに焦りを覚えていることも不安な点の一つです。いままで余裕で勝っていた友達にいまでは全教科負けていてすごく悔しいしどうすればいいのか不安でいっぱいです。

こんな事言ってる暇に勉強するのが一番なのですが…
私はどうすればいいのでしょうか。勉強を前より怠っているわけではないのに!

Aベストアンサー

元塾講師です。

 模試の偏差値は「マラソン」と同じ仕組みです。
 マラソンでは30キロ過ぎごろに誰かがスパートをして他の人を引き離します。その際、トップの人とついていけない人との差がどのようになっているかを気にしますが、この両者とも走っていることには変わりません。つまり、聴衆が見ている部分は「両者の差」だけであり、各々が走っているという事実は忘れ去られています。
 4月に模試を受けて偏差値50だった人間が、その後まったく勉強しない状態で10月にまた模試を受けた場合、偏差値は40程度になる場合があります。他の人は半年間勉強しているわけであり、自分だけが勉強しないということは、先のマラソンでは自分だけが走らなかった状況になります。他の人が進んでいる分だけ自分だけが落ちているようになります。
 こうした観点から、成績を維持するということは集団の平均的な勉強量と同じ程度を勉強している状況であり、下がっている場合は多少なりとも平均より勉強していないと判断されます。自分が一生懸命かどうかは変わりません。死に物狂いで勉強しても平均以下の場合もありますし、サボりまくっても平均以上の人もいます。また、直前期は皆の勉強量が増えるはずであり、多少増やした程度では成績は下がります。

 ちなみに、模試の成績を見る限り、正直模試を受ける段階ではありませんし、模試を受ける時間があるなら参考書を勉強した方がましです。100ページを超えないような薄めの参考書をマスターすべきです。
 模試というのは、それまでの勉強の方法などが正しいか・覚えるべきものが覚えられているかを計るものであり、何もない人は受けるだけ無駄になります。5割も90点も大して違いはありません。1人の人間の調子の良し悪しの違い程度であり、150点を超えていた人が100点になったのであれば問題ですが、そのレベル(5割と90点)一括りに基礎力不足です(模試の成績表にも必ず書いてあるはずです)。
 この時期にそうした状態であれば、自分の成績を見ながらどこの大学は大丈夫そう等という予測は立てられません。いきたい大学に向けてひたすら勉強するだけです。
ご参考までに

元塾講師です。

 模試の偏差値は「マラソン」と同じ仕組みです。
 マラソンでは30キロ過ぎごろに誰かがスパートをして他の人を引き離します。その際、トップの人とついていけない人との差がどのようになっているかを気にしますが、この両者とも走っていることには変わりません。つまり、聴衆が見ている部分は「両者の差」だけであり、各々が走っているという事実は忘れ去られています。
 4月に模試を受けて偏差値50だった人間が、その後まったく勉強しない状態で10月にまた模試を受けた場合、偏差値は...続きを読む

Q国公立で二次試験で数Ⅲを使わずに受けられる農学部で、おすすめの大学を教えてほしいです 私は応用生命(

国公立で二次試験で数Ⅲを使わずに受けられる農学部で、おすすめの大学を教えてほしいです
私は応用生命(生物)科学系のところに行きたいです

Aベストアンサー

受験生にサービスせざるを得ないような状況の大学に、お勧めの所など、あるはずがありません。
慶応の薬学部であってさえもそうです。
それに、心配しなくても、センター6割台のところなら、そもそも基礎的な学習内容が身に付いて無くても受かっているということですので、少々の失点は許されるはずです。

http://search.keinet.ne.jp/search/option/
専攻や準備できる科目等々で検索ができます。
お勧めできない大学なら引っかかるかもしれません。


人気Q&Aランキング