【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

レ点や一二点の組み合わせでは表現できない読み方ってありますよね;
例えば3文字から成る文で、



つまり下の字→上の字→真ん中の字
と読みたい場合どうしますか?
2と3の間をハイフンで繋ぐしかない気がしますが。。

なんかこういう例って他にも作れそうな気がします。
10文字から成る文の場合、訓点だけで10!通りの読み方を全部表現できるとは
思えませんからね

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

「231」の読み方については,質問文のとおり2と3をハイフンでつなぎ,1に一点,2に二点を付すのがもっとも誤解のない方法です。


2と3が明らかな熟語とわかる場合はハイフンを省略することも昔は普通だったようですが,「312」と誤読されるのを避けるため,今の教科書や学校ではハイフンを付けるのが普通だと思います。

ハイフンは3字以上の語に対しても,例えば

 2-3-4-51

のように付けることができるので,これとレ点・一二点・上下点以下の返り点を入れ子構造で駆使すれば,ちゃんと検証したわけではありませんが原理的にはあらゆる配列を表現できるはずです。

ちなみに,例えば10文字の場合,読み方の可能性は数学的にはもちろん10!通りですが,ある論文によれば,漢字列を日本語の語順に並び替える場合の可能性としては,10!のせいぜい1.5%程度しかないそうです(それでも十分に多いんですが)。

ただし前述のように,単純にパズルとして考えても,10!通りの読み方でさえ訓点の組み合わせでなんとか表現できると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

n!通りできるかどうか
暇なときに確認してみます

お礼日時:2012/07/20 12:18

 趣旨を誤解されてしまった様です。


>はい、私も訓点がどうも信用できないのでなるべく古代中国語のまま直読しています。

「古代中国語」でどの様に発音していたかに基づいて書き下しをしている方がどれほどいるでしょうか。また言語的に「古代中国語」がどの様な音韻体系を持っていたかが明らかでしょうか。
 訓点はあくまでも「漢文」を日本語で読む場合のツールでしかありません。それも現在に伝えられているテクストは殆どが鎌倉時代以後のものであり、そこに「ヲコト点」として振られているものを更に読みやすくするため江戸時代以後に工夫が加えられたものです。
 そして「一文字=一つの意味」との単純な構造は英語を含めての外国語にもありません。「一文字=一音」の原則はあっても「文字+文字」となった場合には当然読み方も変わります。ドイツ語ならば「S」「C」「H」は「エス」「ツェー」「ハー」ですが、これが組み合わさった場合には「Sch」で「シャ」「シュ」「ショ」の発音になります。「Ich」を「イーツェーハー」とは読みません、「イッヒ」です。
 質問者の立場としては「鴻門之会」を「鴻-門ノ会」と読むとの判断ですが、「鴻門」は場所であるから一つの単語です。これが山海関だったとしたら同じく「場所」であるから一つの単語として扱います。「山海-関」の可能性は万に一つはあるかもしれないが「山-海関」であったり「山-海-関」ではない。
 漢文には一文字で読み方を示す特殊な文字もあります。「而」や「焉」です。前者は接続詞として使用され順接も逆接もあります。ですから読み方によっては文意が全く異なるケースもあります。
 「訓点」が信用できないのであれば、それは読み方と文意が異なるとのことにつながります。それでは矛盾しませんか。読み方が違って文意が同じになるのでは何処かに無理が生じることになりますが。
 「白文」を目にした時、そこに「どの様に読み方の順番を付加するか」は「文章の意味をどうとらえるか」を具体的に表すための根拠となります。
 こうした類例として、僕が接している古文書の世界にもあります。古文書の原本が刊本として活字に起こされた場合、そこには編集者の意図が反映される。けれどもその活字にされたものをテクストとし「そこから釈文を作る」のは編纂者とは別の人間である。つまり順番としては「オリジナル」>「刊本」>「釈文」となりますが、史料に接する時の基本ルールは「常にオリジナルに戻り比較対照せよ」です。そこにしるされている「文字」と「単語」の使い分けくらいは編纂者でも行うが、それでも時として誤読はありうる。
 従って「訓点の施された書き下し」を読む時の意味を「取り敢えず、この様な読み方もある」として参考にしてみる位の認識ではいけませんか?。これすらも誤りであるとの根拠と絶対的な自信はどこにありますか?。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ、はい、参考程度には訓点も見ています。
ただ、231と312を書き分けられない時点で
あてにならないという考えです。
私は漢字熟語を全部知っているわけではないので、単語の区切りが自明ではないのです。
本文を見ながらここは熟語だろうか、と考えながら同時に訓点をも見る二人三脚をするぐらいなら、
訓点なしで全部自分でやったほうが読みやすいということです。
あと、古代中国語の音韻を知らなくても
字の意味と文法さえ分かれば読む(声に出すのではなく、解釈するという意味)ことはできます

お礼日時:2012/07/21 21:55

 基本的な学力はありませんが、例に挙げられている「長恨歌」の場合、次のように「返り点」をつけて教科書などには載せられている場合が多いようです。



 春寒賜(レ)浴華池   温泉水滑洗(二)凝脂(一)

 もちろん、返り点なしの場合の方がスマートですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい、私も訓点がどうも信用できないので
なるべく古代中国語のまま直読しています

お礼日時:2012/07/21 16:47

 原典としての中国の漢籍を日本語の漢文に置き換えてよむためのルールが「返り点」です。


そして「必ずしも一文字から一文字へと戻る」との決め事はありません。「二文字から一文字へ返って」も別に差し障りはありません。そのためにレ点・一二点(実際に五まであるケースも見たことがあります)・上中下点・甲乙丙点・天地人点・元亨利貞点・春夏秋冬点・木火土金水点・子丑寅卯…亥点の組み合わせで全て解決できます。
 基本的にはレ点ですが、これは一文字から一文字へ戻る場合。
一二点は二文字以上戻る場合。
上中下点これも二文字以上ですが、一二点をまたいで戻る場合に使われます。一二点の文章をサンドイッチにする形です。
甲乙丙点。これは少しばかり厄介です。上下点をまたぐときに用います。ただし一二点の範囲を越え「三回以上連続で二字以上返る場合は、一二点より上位の返り点が四つ必要になりますが上中下点は三つまでしか使えないため上中下点を飛ばしてこの甲乙丙点を使用します(実際に僕は見たことがありません)。
基本的な返り点とワンセンテンスあたりの文字数により返り点を選択しますが、ワンセンテンスが極端に長い文章の多くは日本漢文に見られます。それは「文章としての箔付け」を目的としたものであり、実用としては意味のない存在で、平安期の太政官符などに類例を求めることが可能です。

 >放伐紂(紂を放伐する)の場合、訓点はどう打ちますか?231の順です。
これはおかしいですね。読み下しが「紂ヲ放伐スル」ならば、これを読み方にしたがって順番を記すなら「放伐」で一つの括りつまり(1)となり、「紂」は(2)となります。
 文法的には(2)は(1)の目的語ですので読み下す時に「紂ヲ」となる。そして(1)は「放伐」として一つの動詞ですから、ご指摘の一文字一文字に分解する必要はない。もしどうしても大和言葉として読みたいのであればこの部分は「紂ヲ放チ伐ツ」となります。従って返り点を着けるならば「放伐(2)紂(1)」となりますが、この程度ならば返り点を積極的に打つほどの必要はありません。また(3)は必要有りません。その根拠が見当たりません。
 二つの文字をつなげるならば‐が必要とのことですが、これは文章を読む際のリズムにも影響する。ごく普通に漢字を読み慣れているならば、無意識のうちに「これは一つの単語として読む」との認識が働きます。その上で「どうしてもこの語句は一つの括りで読んでもらいたい」との願望がある場合に「-」で文字と文字をつなぐ。
 「制圧清国」にしても同様です。「清国ヲ制圧ス」ならばそれぞれ二つの文字から構成されている語句ですからそれをわざわざ分解する人はいません。読み方に従えば「制圧(2)清国(1)」となりますが、これも返り点を打つほどの必要はありません。
 漢詩文の事例を挙げましょう。『長恨歌』の一節「春寒賜浴華清池,溫泉水滑洗凝脂」は「春寒ウシテ浴ヲ賜フ華清ノ池 温泉水滑ラカニシテ凝脂ヲ洗フ」と読み下します。この場合に返り点は打たれていません。その理由は「賜フ」の目的語が「浴」でありその後に続くのは「華清池」はそれを修飾もしくは説明する部分であるからです。 
 次に続く「溫泉水滑洗凝脂」は「温泉 水滑ラカニシテ 凝脂ヲ洗フ」も(華清宮にある)ぬるま湯の水は心地よくそれは脂を洗うように滑らかであるとの意味です。
 元々漢文で「返り点」の基本ルールは「ヲ・ニ・ト・ヨリ」の文字が文中にあったら“その部分を必ず戻って読みなさい”との約束事に発しています。あとは読み方のリズムです。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「放伐」や「制圧」が熟語動詞だと知らなければ
順番を間違えてしまうということですか。。
不便ですね
誤解が生じないような点の打ち方を
発明できなかったのでしょうか

お礼日時:2012/07/21 16:50

寝る前に答えたから、例は間違っていましたね 汗


要するに、231と読む場合なんてないということです。10!通りの読み方を考えなくても、レ点・一二点・上中下点で表せる範囲の読み方で足りるということです。そもそも、漢文の訓読は、漢文に合わせた日本語を作るだけです。

この回答への補足

3412も同様、できませんよね。
一般的には、動詞が2字以上の熟語で
目的語がつく場合です。
制圧清国(清国を制圧する)
みたいな例はありうると思いますが。。

補足日時:2012/07/20 19:22
    • good
    • 0

>10文字から成る文の場合、訓点だけで10!通りの読み方を全部表現できるとは思えませんからね



何か、思い違いをされていませんか。

問題は、漢文の語順と日本語の語順の違いなのです。
日本語の語順でない漢文を日本語の語順で読もうとするときに、訓点を用いて日本語の語順にして読んでいるのですから。

普通の文なら、修飾語・被修飾語の語順は漢文も日本語も同じだから、訓点は必要のないこと。

漢文では
主語-述語-目的語
の順であるのを
主語-目的語-述語
と読む時に、その読む順序を訓点で表している。

匹夫不可奪志也。 (読み:匹夫も志を奪うべからざるなり。)(意味:身分の低い者であっても志を奪ってはならない。)
7文字の文であるが、内容や語順、それに語の文中での働きから考えて、
この文の読みはこれ以外には考えられないでしょう。

だから単に、
>10文字から成る文の場合、訓点だけで10!通りの読み方
ということではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>匹夫不可奪志也。
1265437
の順なので
レ点3つで表せますね

ところで、
放伐紂(紂を放伐する)
の場合、訓点はどう打ちますか?
231の順です

お礼日時:2012/07/20 12:16

一のマークを三文字目の下、二のマークを一文字目の下に入れればおしまいです。

それで、三文字目から読んで一文字目にかえって、次に二文字目を読むとなります。



と読む場合は、一二点では表現できませんが、この場合は、上中下点で表します。




の場合も、上中下点で表せます。

漢文を訓読する場合、これ以上、訓点をつくる必要はありません。日本語と中国語では、I play the piano.と「私はピアノを弾く」みたいに、主語・述語・目的語の語順が違うのを、訂正するだけなのですから。

以上、詩吟の愛好家からでした。毎日漢詩を目にしてますが、訓点はレ点と一二点でほとんど足りてます。上中下点を使うのは、四行詩でいえば、五十の詩に一つくらい。

この回答への補足

>>一のマークを三文字目の下、二のマークを一文字目の下に入れればおしまいです。
それだと
312
の順になりませんか?

>>321と読む場合は、一二点では表現できませんが、この場合は、上中下点で表します。
これはレ点2つで読めると思いますが。。

補足日時:2012/07/20 12:06
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漢文 返り点のつけ方について

(9)(1)(4)(2)(3)(5)(7)(8)(6)という文に返り点をつける問題なのですが、
答えは(9)【下】(1)(4)【二】(2)(3)【一】(5)(7)【(7)(8)の間にハイフン,(7)の左下に上点】(8)【レ点】(6)
なんですが、
(9)【下】(1)(4)【二】(2)(3)【一】(5)(7)【(7)(8)の間にハイフン,(7)の左下に中点】(8)(6)【上点】じゃだめなのでしょうか?

また、(4)(3)(1)(2)という順番の文で、答えは(4)【レ】(3)【二】(1)(2)【一】
なのですが、(4)【レ】(3)【(1)の上にレ点,(3)(1)の間にハイフン】(1)(2)ではだめなのでしょうか?

どちらか一つでも構いませんのでどうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

一問目
>だめなのでしょうか?
どころか、それが正解です。「答え」の方が間違っています。

二問目
だめです。それでは(2)から(3)へ返れませんし、ハイフンというのはそれでつながれている二字が熟語であることを表すので、「(3)(1)の間にハイフン」はあり得ません。

Q白文を書き下し文に(漢文)

漢文の白文を書き下し文にするにはどうしたらよいのですか?
訓点や送り仮名が付いていれば簡単にできるのですが、ただ単に漢字だけが並んだ文を直したいのです。
さらに欲を出せば、その文を訳せるようにもなりたいと思っています。
どうすればよいのですか?教えてください。

Aベストアンサー

ごきげんよう。

漢文を白文の状態から書き下し文直しや現代語訳するにはどうしたらよいか?
う~ん、これができないとどう困るのかがよくわかりませんが、
とりあえず、
質問者さんの漢文関係の知識が高校レベルだと仮定して回答します。


漢字の横につけられている返り点や送り仮名というのは、
もともと白文であったものが読みやすくなるように、
後世の人間や研究者によって(勝手に)つけられたものです。
返り点をつけたのは五山の僧たちでしたかしら?

高校までの漢文の授業では習いませんが、
英語や古文と同様に、漢文(古代中国語)にも文法(漢文法)があります。
その文法や単語を理解すれば、
漢文そのものから現代語訳をすることも十分に可能になります。

文構造・語順としてはわりと英語に近くて、
 [主語][述語]
 [主語][動詞][目的語]
 [主語][動詞][目的語1][目的語2]
 [主語][動詞][目的語][前置詞][目的語]
 [主語][否定語(「不」など)][動詞][目的語][前置詞(「於」など)][場所を表わす名詞]

これらは文構造の単純な例ですが、こういう感じで漢字が並んでいて、
この構造がわかっていると返り点がなくても読む語順がわかります。

この構造に加えて、単語(動詞や名詞や副詞などの漢字)の意味がわかり、
固有の文法(高校で「句法」として習うもの+α)を理解すれば、
白文を見ただけでもおおまかな意味はつかめるのです。
それを洗練させていくと、適切な現代語訳ができるようになっていくでしょう。
(ここでは簡単に言ってますが、実際にやろうとするとけっこう手ごわい)


ただ、「書き下し文にする」のは現代語訳よりも厄介ですね。

現代日本語を読み書きしている私達が書き下し文を読めばわかるように、
ほぼ日本の古文調なのです。
これは、古代~近世の人間が漢文を日本語に直す時に、
「漢文の訓読」「自分の文法に沿った送り仮名のつけ足し」
を行なってきたためです。

したがって、
 ○漢字をどのように訓読して送り仮名をつけるか
 ○日本の古文の助動詞・助詞をどう補うか
というのが、私達現代人には非常に難しいレベルかな、と思います。

> どうすればよいのですか?教えてください。
う~ん、書き下し文にする場合、古代から現代までの日本語と中国語の両方に精通してください、としか。他の方の意見待ちかも。

日本における古文や漢文を専門に研究している研究者なら
送り仮名を含めた書き下しに慣れていて可能な人もいるかもしれませんが、
かなり特殊なスキルであることは間違いないでしょう。

漢文 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%A2%E6%96%87
返り点 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%94%E3%82%8A%E7%82%B9

追加や訂正などがありましたら、また。

ごきげんよう。

漢文を白文の状態から書き下し文直しや現代語訳するにはどうしたらよいか?
う~ん、これができないとどう困るのかがよくわかりませんが、
とりあえず、
質問者さんの漢文関係の知識が高校レベルだと仮定して回答します。


漢字の横につけられている返り点や送り仮名というのは、
もともと白文であったものが読みやすくなるように、
後世の人間や研究者によって(勝手に)つけられたものです。
返り点をつけたのは五山の僧たちでしたかしら?

高校までの漢文の授業では習いません...続きを読む

Q漢文、返り点の問題の考え方

漢文の返り点についてなのですが、

□(下) □(二) - □  □(一) □(中) □(レ) □  □(上)

をどういう順番で読むかという問題がわからないでいます。
(□の中に数字を入れる問題です)

私の解答は

8(下) 4(二) - 5  3(一) 7(中) 2(レ) 1  6(上)

でしたが、正解を見てみると

8(下) 2(二) - 3  1(一) 7(中) 5(レ) 4  6(上)

でした。

つまりどこを最初に読むかでつまずいたようですが、
その問題には特に解説はなかったので、理解できていません。

「返り点のないものから読む」のがルールかと思っていましたが、
この問題では、なぜ何もついていない、下から2番目の升目ではなく
「一」のついた、上から4番目の升目を最初に読むのでしょうか?

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

説明の都合上,アルファベットに置き換えます。
A(下) B(二) - C  D(一) E(中) F(レ) G  H(上)

>私は、「返り点のないものが最初」が大原則と思っていたので、
確かに,熟語を示すハイフンがなければ,そのやり方でも正解になります。
つまり,
A(下) B(二) C  D(一) …… H(上)
となっていれば,「返り点のないC」から読み始めて,CDB…HAという順序になります。
しかし,ご質問の問題では,B-Cとなっている以上,BCという順序はもう決まりですね。
そして,そのハイフンには「二」がついている以上,Bの前に,対応する「一」のついているDを読まなくてはなりません。

質問者さんの回答でどこがまずいかというと,2から3にもどるところです。
下から上に戻るためには,何らかの返り点が無くてはなりません。
返り点の指示がなければ,上から下に進むことになります。
GからFに戻るのはレ点の指示によるものですが,Fからどこにジャンプせよという指示を出している返り点はありません。
したがって,次は下に降りて,Hに行きます。

これを一言で言えば,No.5さんの書かれている,
「『あとまわしにしろ』という記号がないのを上からよむ」+
「『あとまわしにしろ記号』は、対応する『あとまわしでない記号』に続いて読む」
というルールになります。

>つまり、セオリーとしては
>「前に『二』があった場合は、
>何もついていないものよりも先に『一』を読む」
>ということなのでしょうか。

そうではありません。
もしそうだったら,ハイフンのない「B(二) C  D(一)」も「DBC」とかになってしまいますよ?

>下に「何もついていないもの」があったとしても、
>「一二点」は先に解決して進むべきなのですか?

「記号が付いているかいないか」という発想を捨てましょう。

要するに,
 「この文字は,この文字の次に読むんだ」というつながりがあれば,それに従って読む。
 なければ,上から下に読む。
それだけです。

以下の説明では,「この文字(△)は,この文字(○)の次に読むんだ」というつながりのことを「○→△」と書くことにします。
また,その場合は○を読み終わるまで△は読まないことになります。これを「△を保留する」ということにします。

次の問題を見てください。
【例題1】
A(二) B C(一レ) D(二) E F(一)
最初から一文字ずつ見ていきましょう。
A(二)は,「C→A」というつながりを示していますので,Aは保留。
Bには,「○→B」というつながりを示す記号はないので,まず読みます。
C(一)は「C→A」,C(レ)は「D→C」を示していますので,Dを読み終わるまで保留。
ところが,その次のDにも(二)があるので,「F→D」となり,Fを読み終わるまでDも保留。
Eには,「○→E」がないので,読みます。さっき読んだBに続けてですので,「B→E」となります。
その次がF。「○→F」はないですから,Fを読みます。つまり「B→E→F」となります。
ここで一気に保留文字が解消します。つまり,保留した時点で出てきた「F→D」「D→C」「C→A」が順次適用されます。
よって,BEFDCAが答え。

【例題2】
A(二)-B C(一レ) D(二) E F(一)
こんどはハイフンを入れてみました。
同様にやってみましょう。
A(二)により「C→A」。A保留。
(|)Bにより「A→B」。B保留。
C(レ)により「D→C」。C保留。
D(二)により「F→D」。D保留。
Eには「○→E」がない。読む。
Fには「○→F」がない。読む。
保留していた条件により,F→D,D→C,C→A,A→Bが順次適用され,EFDCABとなる。

【例題3】
A(二)-B C(一) D(二) E F(一)
こんどは,ハイフンはそのままで,一レ点のレを外しました。
やりかたは同様ですので説明は省きますが,CABEFDです。
「返り点のないもの(E)から読む」ではありません。
「○→C」となる記号がないので,最初に読むのはCです。
それに,もしEから始めると,Dの次に読む文字が無くなってしまいます。

【例題0】
さて,それではご質問の文をやってみましょう。
A(下) B(二) - C  D(一) E(中) F(レ) G  H(上)

A(下)により,「H(上)→E(中)→A」となり,Aは保留。(中がなければ,もちろん上の次です)。次の文字のBをみる。
B(ニ)により,「D→B」,B保留。
(|)Cにより,「B→C」。C保留。

さて,ここでNo.3へのお礼に答えますが,
>「一より下はないから読んでいいのね。」
>のところを、もう少し詳しく説明していただけないでしょうか?

Dに対して「○→D」と読ませる「あとまわしにしろ記号」はついていないので,保留にする必要はありません。したがって,Dを読みます。
(もしDに「一レ」がついていたりしたら,この「レ」が「あとまわしにしろ記号」なので,Dも保留になり,その先を見るまで順序は確定しません。先ほどの例題1,2を考えてみてください。)
また,ここで,B・Cの保留も解消され,D→B→Cとなります。

続けます。
E(中)により,「H→E」,E保留。
F(レ)により,「G→F」,F保留。
Gには「あとまわしにしろ記号」はないので,読む。
先ほど確定したD→B→Cに続けて,→G→Fとなる。
H(上)には「○→H」がないので,読む。
D→B→C→G→Fに続けて,→H。
ここで,先ほど保留にしたA,Eが解除され,最終的にD→B→C→G→F→H→E→Aとなる。

もう少し複雑にしてみました。余裕があったら,やってみましょう。
【例題4】
A(乙) B(下) C(二) - D  E F(一レ) G(二) H I(一) J(中) K(レ) L M(上) N O(甲)

どうも長々とすみませんでした。通じたかなあ。

説明の都合上,アルファベットに置き換えます。
A(下) B(二) - C  D(一) E(中) F(レ) G  H(上)

>私は、「返り点のないものが最初」が大原則と思っていたので、
確かに,熟語を示すハイフンがなければ,そのやり方でも正解になります。
つまり,
A(下) B(二) C  D(一) …… H(上)
となっていれば,「返り点のないC」から読み始めて,CDB…HAという順序になります。
しかし,ご質問の問題では,B-Cとなっている以上,BCという順序はもう決まりですね。
そして,そのハイフ...続きを読む

Q古文の活用形が全く理解できない

高校生です、中学から授業は全く身につかず、
今、古文の勉強をしているんですが、国語の先生に「~であるから、下二段の連用形なので~」と言われても一人「?」と理解できてません
四段活用とか、す、さし、す、すれとか何の事か全くわかりません
先生に聞こうにも「このレベルも理解できないなら塾や家庭教師を頼んだ方が・・」といわれる始末です。
独学で学べたらいいのですが・・・活用形っていったいなんですか?四段活用とか・・。教科書に表が掲載してるだけで意味が全く分かりません
また。古文初心者でも理解できるサイトはないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。僕も高校生です。

これは覚えるしかないとおもいますよ。ほら、英語であるじゃないですか。fast-faster-fastestみたいな。そういう感覚で、たとえばもともと「書く」とあるのが

書か 書き 書く 書く 書け 書け

と変化するものだ!と覚えるんです。

ちなみに上の例では

未然 連用 終止 連体 已然 命令

の順ですが、何でこんな「未然」とか「連体」とか決まるのかというと

未然:あとに「~ズ」がつく。まだ起こってない事柄をあらわす。
   例:書か「ず」
連用:あとに「たり」「て」がつく。
   例:書き「たり」
終止:その言葉でおわる。
   例:書く「。」
連体:あとに名詞が続く。
   例:書く「人」、書く「物」など
已然:あとに「~バ」がつく。
   例:書け「ば」
命令:命令の言葉をあらわす。
   例:書け「!」

とまあ長い説明になってしまいましたが、これは

四段活用  

です。

これも覚えてしまってください。

「書く」の「か」のあとに

か き く く け け

これを四段活用とよぶきまりがなりたっているのでどうしようもありません。

これは教科書にもかいてあるとおもいますので、あとは同様にして下二段とかナ行変格活用などなどおぼえることです。

あと、四段活用と下二段、上一段などなどを見分ける方法は教科書にかいてあるのでそれをよめばいいかとおもいます。僕も古典は得意ではないです。お互いがんばりましょうね!

以上参考までに。 

こんにちは。僕も高校生です。

これは覚えるしかないとおもいますよ。ほら、英語であるじゃないですか。fast-faster-fastestみたいな。そういう感覚で、たとえばもともと「書く」とあるのが

書か 書き 書く 書く 書け 書け

と変化するものだ!と覚えるんです。

ちなみに上の例では

未然 連用 終止 連体 已然 命令

の順ですが、何でこんな「未然」とか「連体」とか決まるのかというと

未然:あとに「~ズ」がつく。まだ起こってない事柄をあらわす。
   例:書か「ず」
連用:...続きを読む

Q進研模試の過去問を手に入れたいのですが・・・。

単刀直入ですが,進研模試の対策をするために,進研模試の過去問を手に入れたいのですが,学校や塾の先生に頼む他に何か入手する方法はないのでしょうか? 勉強がしっかり出来ているかどうかの確認をするためには進研模試を解くのが,レベル的にも難しすぎず簡単すぎず,良いと言われたので,何回分かの進研模試を解いてみたいと思い,このような質問をするに至ったのです。ご回答,よろしくお願いします。

Aベストアンサー

模試の対策をする必要はありません。
普段の勉強の成果を確認するための物ですから。
対策の結果、実力以上の点が出てしまえば、かえって実力が見えなくなります。

適切なレベルの物で勉強したい、というのは伝わります。
しかし模試は模試。
最適な教材になるとは思えませんし、なるようなら進研がとっくに発売していますし、進研ゼミなどとっくにやめているでしょう。

書店に行っても教材が多すぎると言いますが、自分の学力が把握できればおそらくそれでかなり絞れるはずです。
それも判らなければ、基礎的な薄い物をやってみて、その感触で量るのが良いでしょう。
また、色々な教材を良く眺めてみるいうのも良い勉強です。
根性決めて書店に「通って」ください。
進研の模試もそうですが、教材には相性やレベルがあります。
進研の問題は確かに基礎的な良問であるような気はしますが、だからと言って、あなたがそれで勉強できるかどうかは判りません。
もっと基礎が抜けているのかも知れないし、そんな問題では簡単すぎるのかも知れません。
それはどの教材であってもそうです。

基礎ができていないのなら基礎、入試標準レベルのところでつっかえているのならそれ、と今自分が何をすべきか、で決めて、それをさっさと終えてください。
最後までそれだけでやり通そうとするから基礎から応用まで、なんて事を言うんです。
そもそも化物に至っては、教科書をきちんと読んでいるのか。理解できるよう読んでいるのか。なんて事が第一です。
その上で参考書、です。
物理は、一読しただけではさっぱり判らなくて当然です。
何度も教科書や参考書を読み、基礎問題を解き、解らなくなってまた教科書参考書に戻る、の繰り返しです。しつこくしつこく。
天才を除けば根負けするかどうかの科目だと思っています。

単語帳は相性次第です。
前書きからしっかり立ち読みし、相性が良さそうな物を選んでください。
当面センターレベルで良いので、さっさと終わらせることです。
現代文は、出口、田村、板野、河合の入試現代文へのアクセス、辺りを。これも前書きからしっかり読んで、やり方を把握したり指示に従ったりしましょう。
古典は知りません。
理系なら、二次私大でで国語を使うのかどうかでどこまでやるかが変わると思います。
あなたなら、伊藤さんの「ビジュアル英文解釈」ができると思います。
最初は易しいですが、最後までやり通したり、その後の「英文解釈教室」まで行けば大した物だと思います。

模試の対策をする必要はありません。
普段の勉強の成果を確認するための物ですから。
対策の結果、実力以上の点が出てしまえば、かえって実力が見えなくなります。

適切なレベルの物で勉強したい、というのは伝わります。
しかし模試は模試。
最適な教材になるとは思えませんし、なるようなら進研がとっくに発売していますし、進研ゼミなどとっくにやめているでしょう。

書店に行っても教材が多すぎると言いますが、自分の学力が把握できればおそらくそれでかなり絞れるはずです。
それも判らなければ...続きを読む


人気Q&Aランキング