ウチにある梅の木の幹に直径5mmくらいの黒い粒がたくさんついています。
とても気持ちが悪いんです。
表面はパリッと硬くて、割ると中からどろっと虫の内臓のようなものがでてきます。
たぶん、何かの繭ではないかと思うのですが、これは一体何者でしょう?
中から何がでてくるのでしょか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

カルホス」に関するQ&A: カルホスの入手方法

A 回答 (2件)

ご推察の通り タマカタカイガラムシだと思います。


径4~5mmのほぼ球形 光沢ある赤褐色の粒々が枝幹にベッタリ寄生する。
今月 5月がちょうど産卵時期にあたります。孵化幼虫は5月中下旬~6月中旬に
見られ、最初のうちは葉裏に寄生していて 秋になると枝に移動する。
薬剤駆除は幼虫孵化期が最も効果的です。
スプラサイド カルホス 等浸透性乳剤(500~1000倍液)をカイガラと葉裏にも
しっかり散布してください。
また この時期は新葉もひ弱いので晴天高温時 日中の散布は控えてください。
産卵孵化のタイミングを逃がさない為 できれば 7日~10日後にもう1度散布すれば かなりの成果が得られると思います.
    • good
    • 0

ヒメクロイラガの繭ではないかと思います。


いずれにしても、イラガの仲間ではないでしょうか。
成虫はどうってことないのですが、幼虫は緑色で大きな棘を沢山もっています。変わった形で、比較的きれいなのですが、有毒で触ると大変な目にあいます。
幼虫は群れをなす性質があるので、発見されたときは慎重に群れごと枝を切って処分してくださいネ。
繭の間は釣りの餌としても使えますが、今の内に全部潰しておけば、6月以降の幼虫による被害を防ぐことができます。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kawakawa様、ご回答ありがとうございました!

さて、こちらでもいろいろ調べてみたところ、どうやらカイガラムシの一種のようです。でも、カイガラムシってホント変な虫ですね。

しかし、どうやって駆除したものか・・・。

お礼日時:2001/04/26 11:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q梅の実を埋め方と梅の木の不人気さを教えて下さい。

植物の勉強・ずぼら実験にでもなればと思っているのですが宜しくおねがします。

毎年結実しない説もネットで見かける一方、今年も梅の木に実がなっていて、食うのも面倒なので、これを地面に埋めて、生えてくるか、やってみようかと。水やりとかそういう管理を一切する気はありません。

(1)スーパーなどの果物を食べた後、種を遊びで埋めて成長中というブログもあります。そういう成功例で面白いの知っていたら教え下さい。

(2)(堅くて実にめんどくさいのですが)埋める前に果実を剥いて、種だけにした方がいいのでしょうか。どのくらい違う物なのでしょうか。自然界ではそんな手間などかけられていないはずです。よく芽が出るものだと思われませんか。

(3)一度、冬の寒さを、種に体験させた方がいいという話も聞きます。この時期に埋めるのとどう違うのでしょうか。地面の下に埋めてしまうと腐るのでしょうか。

(4)果実のなる木を庭木にするだけして、ほったらかしみたいな人は多いのでしょうか。家主はその実を眺めてさえいないような気もします。ずぼらの私でも、鳥じゃないけど実の存在を気にしだすと、どうにかしてやろうかと考えてしまいますが。

(5)私は庭木など面倒だから一本も要らないのですが、植えるなら梅だと思います。
花々の見られない冬の間に期待の芽を膨らませ、もう春かと春一番に上品な花が咲き、暑くなる前に結実収穫を終えられて、伸びた枝の大きな葉が夏の日差しをさえぎってくれる、マンガみたいに(竹の数百倍の速さで雑草よりも勢いよく)成長する落葉樹の梅の木は、庭木としても素晴らしく、趣味的にも実益的にも最高だと思うのですがふんだんに庭木のある住宅地でも梅の木を植えていない家がほとんどではないでしょうか。なぜですか。

経験豊富な皆さん、宜しくお願いします。

植物の勉強・ずぼら実験にでもなればと思っているのですが宜しくおねがします。

毎年結実しない説もネットで見かける一方、今年も梅の木に実がなっていて、食うのも面倒なので、これを地面に埋めて、生えてくるか、やってみようかと。水やりとかそういう管理を一切する気はありません。

(1)スーパーなどの果物を食べた後、種を遊びで埋めて成長中というブログもあります。そういう成功例で面白いの知っていたら教え下さい。

(2)(堅くて実にめんどくさいのですが)埋める前に果実を剥いて、種だけにした...続きを読む

Aベストアンサー

補足1)温かい所なら発芽するかも知れません。日本のほとんどは種が埋まっているだけでは発芽しないか、発芽しても遅くてカボチャが実る前にお正月になっちゃいます。
家の周りを雑草ではなく、別の物で覆い尽くしたいなら、ミントがお勧めです。100坪の宅地なら、3年もすれば一面ミントだらけになります。
秋に地上部が枯れて、春に又出てきます。一面覆い尽くされると、さすがに雑草扱いしたくなりますが。

補足2)梅が色付いて、かぐわしい香りになれば、種が出来た印です。食べて見ずに判る方法は、実が落ちたらって言うのが一番です。
実を扱うのが面倒なら、種を落としっぱなしにすればいいのです。穴を掘って埋めない、種をきれいにして埋めない。自然任せ。この場合、種から芽が出たのか、根から分かれて成長したのか判りませんが。
青酸化合物を生成すると言われる梅でも、虫は付きます。特に卵から孵ったら実の中に刺さっていく虫は、薬剤散布しても入られてからでは遅いです。
そうなると、果樹としての梅を栽培できるところでの栽培になります。

補足3)実験的に埋めてみる(植える)のは何処でも良いのです。収穫してすぐに植えるのと、秋までおいて植える場所が似た条件の方が比較検討しやすいと思います。

補足4)花芽は秋に作りますので、今切ると葉の間から芽を出して花芽を作る元気が無くなります。
実は、昔は短果枝と言って枝から数センチの枝を出し、そこに花芽を付けるように剪定していたのですが、今は枝に直接花芽が付くような管理をしています。

補足5)その人その人で、嫌な物、気にならない物がありますので、梅が気にならなければそのままでしょう。住宅地だから何が何でもきれいに管理しなくてはならないとも言えませんから。
他人の土地まではみ出さなければ、何もしないのが一番ですから。道路から家への出入りに邪魔になれば切るでしょうから。

補足1)温かい所なら発芽するかも知れません。日本のほとんどは種が埋まっているだけでは発芽しないか、発芽しても遅くてカボチャが実る前にお正月になっちゃいます。
家の周りを雑草ではなく、別の物で覆い尽くしたいなら、ミントがお勧めです。100坪の宅地なら、3年もすれば一面ミントだらけになります。
秋に地上部が枯れて、春に又出てきます。一面覆い尽くされると、さすがに雑草扱いしたくなりますが。

補足2)梅が色付いて、かぐわしい香りになれば、種が出来た印です。食べて見ずに判る方法は、実...続きを読む

Q箱粒剤使用方法?

我が家(水稲農家)では、箱苗ではなくポット苗を作っています。もうそろそろ田植えにはいりますが、疑問不安があります。
昨年の田植え時に箱粒剤(いもち病予防剤)を箱苗に散布50gで使用しましたが、ポット苗の場合、約半数量?が箱にくっついて残ってしまいました。
これで効果があるのか?又他にいい方法がありましたら教えていただきたいのですが!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

箱処理剤は50g/箱が基本となっていますので、規定量が処理されないと当然効果は落ちてしまいます。私はポット育苗を見たことがないのですが、箱処理剤は散布後にジョウロなどで潅水をすれば、土にくっついて落ちにくくなります。

Q胸高直径の測り方

樹木の胸高直径の測り方は、本州は1.2mなのに、なぜ北海道だけ1.3mで測るのでしょうか?

Aベストアンサー

単なる慣習です。国によって違います。
日本では、平均的身長に合わせて1.2mで測るのが伝統でした。
北海道の場合、お抱え外国人が直接指導したため、ヨーロッパの慣習である1.3mが用いられ、
定着したためです。
ヨーロッパは、4 feet、3 inches
アメリカ、カナダは、4 feet、6 inches
参照:森林・林業百科事典(丸善)
詳しくは、「測樹学」の教科書を読んでください。

Q庭木の幹から出る樹液を如何して止めれば良いですか

枝垂れ桃の幹から樹液が噴出して止りません。
如何して止めればよいですか?

Aベストアンサー

ご質問の樹液はヤニかと思われるのですが
まだ出ていますか?

もし切り口ではなく、株近くや幹に見られるようでしたら
「コスカシバ」の仕業が考えられます。
この虫なら、ヤニの出ている辺りを押さえますと
中が空洞になっているのが分かりますので切り出しナイフ等で皮を剥ぎますと食い荒らされた跡が確認できます。
早期なら幼虫を発見する事もあります。
幼木でしたら可能性は低いかもしれませんが・・・

Q梅のカロテノイド。

ウメが黄色くなるのはカロテノイドが蓄積するから、という話を聞きましたが、どのくらいためているんでしょうか。他の野菜や果物とくらべて、どんなレベルなんでしょうか。ご存じのかた、教えてください。

こういうホームページがある、とか、こんな文献がある、というのでもかまいません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

カロテノイドのうち、プロビタミンAであるβ-カロテンについては、文部科学省の五訂食品成分表に記載があります。
β-カロテンの含有量は、梅(生)だと220μg/100g、梅干しでは74μg/100gです。
また「白加賀」という品種は特に含有量が多く、1,000μg前後/100gの分析値が報告されています。
ちなみに、果汁飲料(20%)では計測されておりません。

β-カロチンは緑黄色野菜に多く含まれており、100g当たりの含有量では、かぼちゃ700μg、にんじん7,700μg、ほうれんそう4,200μg等となっております。
梅干し一粒が約15gですから、β-カロテンの摂取量だけに着目すると、他の食物に比べて効率的な摂取ができるわけではないと思います。

参考URL:http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu3/toushin/05031802.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報