画像の図のステンレス鋼管の断面積に関してなのですが、
僕は、ステンレス鋼管の直径が6mmであることから、
断面積は9πmm^2。
ただし、2つのステンレス鋼管があるので2倍して
18πmm^2と求めました。

しかし、解答を見るとこの断面積は、
{(26/2)^2-(20/2)^2}π
と計算して69πmm^2と求めていました。

なぜこのように計算するのでしょうか。
初歩的な質問かもしれませんがよろしくお願いします。

「断面積の求め方(材料力学)」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

円の面積」に関するQ&A: 欠円の面積

A 回答 (2件)

計算してる断面積が異なる。


求めるのは、絵を正面から見た場合の断面積ではなく、
この物体を↓の方向から見た場合の断面積。

何故なら、圧縮応力か何かを求める問題だと思うけど、
これに効く面積は荷重に垂直方向なので。

ステンレス鋼管は上からみたら輪っか(円筒)なので、
「外径の円の面積-内径の円の面積=輪の面積」になる。

数式で言うと、「(26/2)^2π-(20/2)^2π」で
これを整理して{(26/2)^2-(20/2)^2}π=69π
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
理解できました。要するに、荷重が作用する面積を求めたかったのですね。

お礼日時:2011/06/26 18:56

だまし絵みたいで分かりにくいですが・・・


これは外径26mm、内径20mmの鋼管です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/26 18:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q断面積単位の運動エネルギー

「運動エネルギー」「カロリー」などは物体の断面積単位(立法センチメートル)で表示可能なのでしょうか? それは圧力になるのでしょうか? 
例えば、3kg・mの運動エネルギーをその初活力のかかる物体の断面積で割れるものなのでしょうか? 
また、340Kcal(キロカロリー)のジャムパンがあったとすれば、100g当たり(質量単位)では割れると思うのですが、断面積の値を出せるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

(立法センチメートルは平方センチメートルの誤りだと思いますが)

その概念を作るのが可能か不可能かということであれば、可能です。

例えば、ゆでる前のスパゲッティが、束ねられた状態で長さ方向に運動しているとき、それはスパゲッティ1本1本当たりの(=単位断面積当たりの)運動エネルギーに分解できます。
(スパゲッティ同士の間の隙間がないという前提のたとえ話です。)


今度はスパゲッティを食品と見なして、
束ねられた状態のスパゲッティ全体のカロリー数は、スパゲッティ1本1本当たりの(=単位断面積当たりの)カロリー数に分解できます。


つまり、
単位体積当たりでなく、線状のものの1本当たり、断面積当たりというほうが合理的であるケースでは、考えられなくもない概念だと思います。

見たことはないですけど・・・

Q材料力学で、断面積の減少率を求める問題での質問

断面積50mm^2,長さ2mの軟鋼鉄(E=206GPa)製の丸棒に、質量600Kgのおもりをつりさげた。このとき、棒の伸び、断面積の減少率を求めなさい。ただし、丸棒の質量を無視し、ポアソン比は0.3とします。という問題の答えを求める式の中で(途中の式は省きましたが)A’/A=(π/4d’^2)/(π/4d^2)=d’^2/d^2=((d+δ)^2)/d^2=(d^2(1+ε’)^2)/d^2、の中の部分で、
(d+δ)^2がd^2(1+ε’)^2、になるのが解らないのですが、教えてください。(式をパソコンで入力するのが初めてなので、式の表し方に間違いが有るかもしれませんが、解らない部分の方は、間違いないと思います。)
  

Aベストアンサー

 
 
>> (1+ε’)^2=(1-1.71×10^-4)^2=0.9997 <<


 計算は カッコの中が先、掛け算 割り算 が先、ですよね、

  1.71×10^-4

のところは掛け算なので先にやってしまいます。「10のマイナス4乗」 とはゼロが4つ 10000 で割ることですから、

  1.71×10^-4 = 0.000171

です。

 ( 1- 1.71×10^-4 )^2
= ( 1- 0.000171   )^2
= ( 0.99829       )^2
= 0.99829×0,99829
= 0.999658029241

 これを四捨五入してます。

= 0.9997



 じつは、ネットですぐ使える いい電卓があるんです。何乗は eに続けて数字 です。

http://www.google.com/search?as_q=%281-1.71e-4%29%5E2&num=100&hl=ja&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&as_epq=&as_oq=&as_eq=&lr=&as_ft=i&as_filetype=&as_qdr=all&as_occt=any&as_dt=i&as_sitesearch=
 
 

 
 
>> (1+ε’)^2=(1-1.71×10^-4)^2=0.9997 <<


 計算は カッコの中が先、掛け算 割り算 が先、ですよね、

  1.71×10^-4

のところは掛け算なので先にやってしまいます。「10のマイナス4乗」 とはゼロが4つ 10000 で割ることですから、

  1.71×10^-4 = 0.000171

です。

 ( 1- 1.71×10^-4 )^2
= ( 1- 0.000171   )^2
= ( 0.99829       )^2
= 0.99829×0,99829
= 0.999658029241

 これを四捨五入してます。

= 0.9997



 じつは、ネットです...続きを読む

Q原子核断面積で単位のb(バーン、barn)の由来を知っている方はいらっしゃいませんか?

原子核断面積の単位で10のマイナス28乗m2のことなのですが、もともとのこの単語の意味は納屋や物置となっているようです。なぜこのように使われているのかご存知の方はいらっしゃいませんか?自分でも探してみたのですが、わかりませんでした。どなたか力を貸してくださると幸いです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

バーン(barn)は英語で「納屋」の意味だそうです。
詳しくは、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%B3_%28%E5%8D%98%E4%BD%8D%29

Q断面積が一定でない材料の比抵抗の計算

断面積が一定でない材料の比抵抗の計算

表題の通りです。
断面積が一定でない、材料の抵抗値を計測しました。
その値と試料の寸法から比抵抗を求めたいのですが、試料の断面積が一定ではありません。
試料は「П」形状のセラミックスで、厚さは一定です。縦棒部の幅が3mmで、横棒部の幅が5mmとなっています。角の角度は全て直角です。
比抵抗を求める計算式を教えてください。

Aベストアンサー

見難い図ですが、こんな感じでしょうか?
抵抗は、どの2点で測定したのでしょうか?
C-D間だとすると、C-A、A-B、B-Dをそれぞれ求めて、直列合成すれば良いと思います。

A.■■■■■■.B
.....I........................I
.....I........................I
C..I........................I..D

Q微分断面積

微分断面積がゼミや講義によく出てきます。単位立体角あたりの放出量というのはわかったのですが、これを求める理由がよくわかりません。断面積では駄目なのでしょうか。(求めたのはラザフォード散乱の場合とプラズモン励起の場合の2つです。)

Aベストアンサー

断面積は反応が起こる確率で、反応過程やエネルギー依存性、角度依存性が
入っていません。微分断面積を用いることでエネルギー依存性(dσ/dE)や、角度依存性(dσ/dθ)などがわかります。
これによって反応の仕組みや散乱体の構造(ラザフォード散乱の時は原子核の形状)がわかります。

Q材料力学のねじりについての質問です。 問.図4.27のように、歯車を組み合わせて、ねじりモーメントT

材料力学のねじりについての質問です。

問.図4.27のように、歯車を組み合わせて、ねじりモーメントTをC点に加えた。軸ABのA点は壁に固定されている。軸端Cにおける回転角φcを求めよ。
ただし、ra=2rbである。また、2つの軸は同じ材質で同じ断面形状である。両軸の断面二次極モーメントをip、横弾性係数をGで表す。

解答.
φc=5TL/(ipG)


わかる方いましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

トルクTをかけてつりあった状態を考えてみましょう。
このとき2つの歯車がおよぼしあっている力をFとすると、
軸ABに作用するトルクはFraで、この軸はAで固定されているから、
歯車Bの回転角は φb=LFra/(ipG) ですね。
ところが、2つの歯車の幾何的条件より、歯車Dの回転角φdは、φd=2φb 
になるわけです。
そして、軸CDがトルクTを出すためには、Cでの回転はDのところの回転よりさらに
LT/(ipG)増える必要があります。したがって
φc=φd+LT/(ipG) が成立ちます。
ところでDのところのトルクは当然Tとつりあうから、T=Frb したがってFra=2T
ゆえに、
φd=2φb=4LT/(ipG) となってφc=5LT/(ipG) です。

Qコンクリートの全断面積に対する主筋全断面積の割合

RCやSRCの柱の鋼材の割合で
「コンクリートの全断面積に対する主筋(鋼材)の全断面積の割合は0.8%以上」
と言うのがありますが、なぜこの文面は
『鉄筋コンクリートの全断面積に対する』
ではなく
『コンクリートの全断面積に対する』
なのでしょうか?
計算式から行くと『鉄筋コンクリートの全断面積に対する』
でないと日本語としておかしくないですか?

Aベストアンサー

今晩は cyoi-obakaです。

aderasuさんの仰っている事は、至極当然のことで、「鉄筋コンクリートの全断面積に対する」が表現上は正解でしょうね。
ただし、数学的な「割合」の原則を忘れないで頂きたい!
  割合=部分/全体
ですよ。
従って、数学的に割合を算出する場合は、無条件で分母は「構成要因の全部」ですから、コンクリートの全断面積と記述されていても、その中には鉄筋の全断面積が含まれる。
以上です。
ただし、「割合」ではなく、「比」と記述させていたら、鉄筋の全断面積は分母に含まれない!

Q材料力学の質問です。 問. 100Nの剛体の重りをワイヤーで吊るすとき、ワイヤーの伸びλを求めよ。

材料力学の質問です。

問.
100Nの剛体の重りをワイヤーで吊るすとき、ワイヤーの伸びλを求めよ。
ワイヤーの長さ:l=100m
ワイヤーの直径:d=2mm
ワイヤーの密度:ρ=8000kg/m^3
ワイヤーのヤング率:E=210GPa

解答.
17.0mm

自分の計算では18.9mmになってしまい、微妙に合いません。間違っている箇所がわかれば教えてほしいです。

Aベストアンサー

式はこんな感じ。上の図に倣って,ワイヤーの断面積を A, 重力加速度を g とすると
ワイヤーの長さ r の微小長さ dr の伸びを積分すればよいので

∫[{(100 + gAρr)/A}/E)]dr を r=0 から (l=100m) まで積分。

手計算だけど 0.01703 m ですね、

QSRC造における断面積の扱い方

お世話になります

過去問で
「SRC造の柱の材軸方向における鋼材の全断面積はコンクリートの全断面積の0.8%以上とする」
とありますがこの場合の鋼材は鉄筋の断面積も含むのでしょうか?

又、SRCのせん断補強筋比を算出する場合の分母面積B・Xは鉄骨部分の断面積を控除しなくてもよいのでしょうか?

Aベストアンサー

補足にお答えします。
SRC造の場合もRC造と考え方は、ほぼ同じです。
柱断面積A(B×d)が分母です。
当然ですが、分母の中には、鉄骨・鉄筋の断面積が含まれる事となります。

柱断面50cm×50cm
A=2,500cm2
必要鋼材全断面積0.8%以上=20cm2以上必要となります。
この場合最低4本の主筋と主鉄骨となります。
当然ですが剪断補強筋の計算時にも分母が柱断面積Aとなります。
ご参考まで

Q材料力学 弾性二次モーメントを求める問題

卒業がかかっています。明日までに解答提出ですので、工学系の学生で分かる方、式と答えお願いします。
 図が無くて申し訳ありませんが、それでは問題の方に移りたいと思います。

(問題)1辺の長さaの正方形断面を45°回転させて、底辺の頂点と垂直にZ軸を引いた。そのときのZ軸周りの断面二次モーメントを求めなさい。

このような問題です。工学系の学生には易しすぎるかもしれませんが私は教育系大学で高校のとき物理を履修していません。協力してください。それではよろしくお願いします。

Aベストアンサー

     /\
   /   \
---<------->---- Z1
   \   /
___\/____ Z2

まず、#1さんの公式で、Z1周りの断面2次モーメント(I)を求めて、正方形の面積をA(=a^2)、Z1~Z2の距離をy(=a/√2)とすると、
I(Z2周り)=I(Z1周り)+Ay^2
で、Z2周りの断面2次モーメントが導けると思います。
(質問の意味を理解できていれば良いのですが・・・)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報