今 日本では 厚生年金の財政が足りないと 今度パートを厚生年金に加入させようとしているが ほとんど会社員の妻たちであるパートに保険料を負担させると 会社員の家計は益々苦しくなるばかりか所得税も高くなる
お金が足りないから 共働きするので あって 65万以下だったら 何もできないですよね
政治家や 公務員の年金は 高く支給されますよね そこも 大幅にカットしたらと思うのですが
又アメリカの機嫌をそこなわないようにと イラクに財政支援するとは 何事かと思う  そんなお金があるのなら将来全国民のためになる 厚生年金の財政にまわしたらと思うが みなさんは どう思われますか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。



現在、共働きをしています。第3号被保険者をやってます。
恩恵にあずかっていて言うのもなんですが、実際不公平な制度だと思います。いっそのこと、変な枠を作らずに収入のある人全てから保険料は賄っていいのではないでしょうか?世代を超えた相互付与なのですから…。一律、所得税と言う形で住民税や社会保険税や雇用保険など徴収して税務署で適当に配分したら、非生産的なお役人は減るのではないでしょうか?細かくすればするほど難解になって、抜け道が沢山できます。シンプルいずベストです。

しかし、実は、私の親戚にはとても公務員が多いです。実際不公平だと思うことも多々ありますが、年金等を、大幅に見直さないといけない、公務員とはほど遠いです。(下っ端です。)見直さないといけないのは本当に一部の人達ですね。

海外への支援は、使い道が不透明な為に、いつも不満に思っています。借金大国、日本なのですからいい加減、見栄を張る(いいかっこうをする)のを辞めたらいいのではないでしょうか?自分のお金ではそこまでやらないでしょうね。
    • good
    • 0

こんにちは。


そう思うなら政治に感心を向けるよう周りの人にも話しましょう。
国民にばかり痛み(負担)を押し付けられているのに目に見える改革は無いじゃないですか。
民主党が良いのかは分かりませんが、一度政権交代させても良いのではないかと思います。
ただ、あなたのもっともなご不満なれど、小泉の支持率の高さ見ても多くの国民は「現状で良い」と思っているのかもしれません。
ところで、自衛策ですが、二ヶ所に分けて働きに出てみてください。65万と言うのは一つの事業所の所得の上限です。
    • good
    • 0

まず、


公務員は共済年金
会社員は厚生年金or厚生年金基金
そして日本国民全員の国民年金

という構造になっています。
で問題となっている厚生年金ですが、公務員の年金は共済年金でクローズしていますし、厚生年金も一応クローズしています。
(もちろん両者にも税金は投入されていますが)
ただ共済年金は3階建てです。つまり厚生年金基金(厚生年金+α)に相当します。
ですから、厚生年金基金であれば対等ですが、厚生年金よりは受け取りは多いですね。

つまり一見平等に見えるのですが、公務員の給与やそこから支払われる共済年金保険料は結局税金であることを考えれば、民間よりも極めて高水準の退職金と合わせて、税金を使いすぎているという批判はまさにごもっともです。
イラク財政支援などは巨額の年金財政に比べれば氷山の一角ですから、気にしてもしたか無いですが、毎月の一般の人の公務員給与はともかく、高水準の共済年金&退職金、それといわゆる特殊法人への税金、一部の高級公務員に対する高額な給与などはかなりの金額であり、無視できる物ではないですね。

小泉首相が年金改革には消費税増税が必須にも関わらず、在任中は増税しないと宣言している理由もこの無駄づかいをなくさないと国民の理解は得られないということをご存じだからでしょう。

なお、基本的にあまり厚生年金に税金を投入するのは感心できません。
それを行うのであれば自営業などと比較して不公平になるからです。
やるのであれば全体に投入する方がよいでしょう。

パートの厚生年金加入ですが、決して悪い話とは思いません。
ただ中途半端でしよう。みんなに公平にすると言う意味では、これまでの厚生年金の扶養である第3号被保険者の制度自体を見直した方が良いかと思います。
更に突き進んで夫婦年金分割までいけば更に良いと思います。
というのもこの方が公平だからです。
現在の制度は加入者間でも不公平な部分がありますので、財政のためというよりも公平性を保つために変えていった方が良いかと思います。

そうすると、扶養というメリットが無くなれば、逆にパート加入の促進は保険料を安く済ませる意味で加入者にとって有り難い話になってきます。
つまり一部の変更ではなくて、全体の変更の枠組みの中でそのようにするのは良いことであるという訳です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高額療養費の70歳以上とは具体的にいつから?

高額療養費の自己負担限度額を考えるときに、70歳以上と未満に分かれますが、70歳以上とは具体的にいつからでしょうか?

例えば、今年の5月20日に70歳の誕生日を迎えた場合6月分の診療費から高額療養費70歳以上に該当するのでしょうか?高齢受給者証は6月から使えるようなのでこれと同じように70歳に達した日の翌月からでしょうか?

Aベストアンサー

高額療養費は、70歳以上でも70歳未満であっても健康保険制度から給付されるものですが、70歳以上の高齢受給者と70歳未満ではその給付の基準が異なってきます。

70歳以上の高額療養費の基準が適用されるのは、70歳になる誕生日の翌月(1日が誕生日の方は当月)の診療分から、高齢受給者としての高額療養費が適用されます。

Q厚生年金→(国民年金)→厚生年金→(国民年金)→厚生年金

厚生年金→(国民年金)→厚生年金→(国民年金)→厚生年金
過去(5年・7年ほど前)に2度失業した時期があり、本来ならば、国民年金に切り換えの手続きをしなければならなかったのですが、
手続きを怠ってしまい、2年ほど、年金の空白期間ががあります。

その当時、年金免除制度を知らなかったため、手続きをしていれば、よかったのですが、過去2年以上前のものは支払いができないとの事と聞きました。今からその分を埋める事はできないのでしょうか。

将来的に年金を受け取る時は、満額納めていた場合から、2年分を減額?、それはどのくらい減額されるもなのでしょうか
(無知なため、質問内容も雑ですが、必要な情報がないと答えられない等がありましたらすみません)

Aベストアンサー

・60歳以降から、国民年金の任意加入を行なう事により、2年分の未納分を支払、満額受給にすることは可能です
・法改正で、過去2年間→10年間に延長、する予定だそうです・・法案が通れば変更になります・・現在時点では時期は不明です(今年か来年?)

・2年分の減額は・・満額に対し5%です(480ヶ月の内、24ヶ月未納で456ヶ月の支払がある場合)
http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/shikumi/shikumi02.htm

Q44年の特例で定年後満額の厚生年金はもらえるのですが、再雇用しようと思

44年の特例で定年後満額の厚生年金はもらえるのですが、再雇用しようと思っています。
再雇用すると月160,000円でボーナス年間600,000円で、年間2,520,000となります。

再就職すると失業保険から月20,000円ぐらいもらえると聞きました。
厚生年金は年間2,088,000円の見込額です。月174,000です。
再就職すると厚生年金がひかれると聞きます。
年間給与所得2,520,000円月210,000のとき。
再雇用した場合、厚生年金額はだいたいどのくらい支給されるのでしようか?
再雇用した場合のおよその収入を知りたいのでよろしくお願いします。
再雇用を1年でやめた場合44年の特例はそのまま継続されるのでしようか。
再雇用の参考にしたいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

フルタイムやそれに近い勤務形態の非常勤で再雇用された場合、
厚生年金に加入する義務があります。
なお、厚生年金に加入している間は、44年の特例は受けられません。
厚生年金は普通の人と同じ、報酬比例部分だけの支給になります。
あとでさかのぼって特例分の差額が支給されることもありません。
在職老齢年金で年金月額と直近1年間に受けた賞与の1ヶ月分と給与の
総合計が28万円を超えれば支給がカットされたりします。

厚生年金に入らなくて済む程度の勤務時間や勤務日数で働かないと
44年の特例は受けられないことにご注意ください。

Qパートの厚生年金について(130万円の壁) 私は最近、従業員501人以上の職場でパートをはじめました

パートの厚生年金について(130万円の壁)
私は最近、従業員501人以上の職場でパートをはじめました。
法改正で大企業でパートした場合月額88000円以上の収入があれば扶養を外れて厚生年金へ加入になりましたよね。

今まで130万円で仕事してきたので月額88000で押さえるとなると収入ダウンなので他で掛け持ちして130万円まで働きたいのですが掛け持ちした分の収入は88000円にいれなくても大丈夫なのでしょうか。

Aベストアンサー

社会保険適用拡大の話は
以下のようになっています。
①勤務時間が週20時間以上
②1ヶ月の賃金が8.8万円
 (年収106万円)以上
③勤務期間が1年以上見込み
④勤務先が従業員501人以上の企業
 (社会保険加入者が501人以上)
⑤学生ではないこと。
これらを
全て満たすならば、社会保険に
加入することになるという条件です。

●扶養をはずれる条件ではありません。

http://www.nenkin.go.jp/oshirase/topics/2016/0516.files/20160516.pdf

ですから、各職場で上記条件に満たない
のであれば、社会保険に加入しないで
済み、扶養からはずれる必要はないです。

130万未満の条件はご主人(?)の勤め先の
健康保険組合等の条件ですから、調査など
ある場合は、奥さんの各収入の情報等を
交通費なども含め、108,333円以内である
ことをきちんと提示する必要はあると
思います。

いかがでしょうか?

Q60歳以上でも厚生年金に加入できるか

1.会社の厚生年金には59才までしか加入していられないのでしょうか  ? 60才になったら国民年金やその他の年金に移行するしかないの  か?

2.もし60歳以降でも加入していられる場合、厚生年金の毎月の保険料
 の負担は会社と加入者で何割対何割になるのでしょうか? 加入者
 が10割負担という事はありうるのでしょうか?

Aベストアンサー

>1.会社の厚生年金には59才までしか加入していられないのでしょうか?
いいえ、60才になっても社会保険の適用事業所である会社に勤めている場合は強制的に厚生年金に加入しなければなりません。
これは70歳になるまで続きます。70歳以降は加入義務はなくなりますが、任意加入は可能です。

>2.もし60歳以降でも加入していられる場合、厚生年金の毎月の保険料の負担は会社と加入者で何割対何割になるのでしょうか?

60~70才は先に書いたとおり強制加入であり、保険料負担は折半です。(従業員側の負担を軽くする割合は可能ですが)

>加入者が10割負担という事はありうるのでしょうか?
70歳以上で加入する任意高齢加入では全額本人負担としてかまいません。

Q障害厚生年金とパートの社会保険(厚生年金)の併給は出来ますか?

障害厚生年金とパートの社会保険(厚生年金)の併給は出来ますか?

現在、障害厚生年金を受給していて、働くことになりパート(週30~35時間)での社会保険(厚生年金)も受給することは可能でしょうか?(医師は正社員なら障害年金は打ち切りになるだろうけれど、体の状態を考えて負担の軽いパートくらいなら併給は大丈夫では?と言いますが・・・)

仮に、障害厚生年金受給停止となったとしてパートを続け、先で病気が再発し仕事を止めた場合、元通りのように障害厚生年金を受給することは可能でしょうか?その場合、始めて申請したときのように医師に意見書を書いてもらったり、たくさんの必要書類等をそろえたり等の手続きをする必要があるのでしょうか?

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

3級12号~3級14号(特に3級14号)である場合は、支給停止(3級不該当による)になる可能性が高いと考えたほうが良いと思います。
これらは「労働に著しい制限を伴う」ということを前提にして支給されるためです。

週30時間の就業は、健康保険や厚生年金保険に加入するための4分の3要件(就業状況が一般社員の4分の3以上である、ということ)を満たしてしまうため、一般に、フルタイム勤務と同様(社会保険の加入要件を満たしてしまう=就労状況がフルタイムの一般社員と同様、と見る)に見られてしまいます。
まして、健康保険や厚生年金保険への加入の状況は、年金事務所を通じて日本年金機構で障害厚生年金の情報と共有しますよね?
言い替えると、「この人はフルタイム勤務同様の働き方をしているのだな」と把握されてしまいます。

そもそも、障害年金は、障害基礎年金であっても障害厚生年金であっても、有期認定が原則です。
就業の状況を考える以前に、半永久的な実支給が保証されてはいないわけですね。
実際に、年金証書の「診断書の種類」欄の数字が「1」から始まっている人以外は有期認定ですし、就労の状況や障害状況確認届(更新のときの「診断書付きの現況届」のこと)の内容次第で、常に「いつでも支給停止又は級下げになり得る」という可能性を持っています。

ちなみに、「1」から始まる人は「永久固定」の障害で、その後の診断書の提出が不要になります。
障害状況確認届を提出したあとで届くはずの「次回診断書提出年月のお知らせ」というハガキに「**」や「診断書提出不要」などと印字された人も同様です。
そのような人以外では常に「支給停止や級下げ」の可能性がある、とお考え下さい。

3級14号は、経過観察障害年金といって、「傷病がまだ治っていない(=治療効果が期待でき、障害の程度が確定していない)」ということを前提に支給される特殊なものです。
そのため、特に、1年単位で経過観察を続け、毎年のように障害状況確認届を提出しなければなりません(3級14号以外では、通常、3~5年ごとに障害状況確認届を提出)。
治療効果が見られなくなると3級14号ではなくなりますが、3級不該当となり、2級以上にはなり得ないものとされるので、支給停止となります。障害手当金(後述)が支給されることもありません。
なお、障害手当金(3級よりも軽い場合に一時金として支給される、厚生年金保険独自の給付)は、いったん障害厚生年金の受給権を得た者は、3級14号の人以外も含めて受給できません。
 

3級12号~3級14号(特に3級14号)である場合は、支給停止(3級不該当による)になる可能性が高いと考えたほうが良いと思います。
これらは「労働に著しい制限を伴う」ということを前提にして支給されるためです。

週30時間の就業は、健康保険や厚生年金保険に加入するための4分の3要件(就業状況が一般社員の4分の3以上である、ということ)を満たしてしまうため、一般に、フルタイム勤務と同様(社会保険の加入要件を満たしてしまう=就労状況がフルタイムの一般社員と同様、と見る)に見られて...続きを読む

Q前職場で厚生年金基金に加入してたそうです。

前職場で厚生年金基金に加入してたそうです。
現職場では厚生年金基金の制度はないのですが、前職場の厚生年金基金を引き継がなければならないのでしょうか?
厚生年金基金とはその職場独自のものではないのでしょうか?
厚生年金基金の制度がある会社では、強制加入でしょうか?
厚生年金基金の制度がある会社に勤めてた期間内に厚生年金の加入期間と厚生年金基金の加入期間が違う事はあり得るのでしょうか?

Aベストアンサー

厚生年金基金は健康保険のように任意継続のような退職後の継続するという制度はありません。
その職場独自のものと考えてください。
厚生年金基金の加入しなくなると、脱退の一時金を受け取るか、老後にうけとるか、選ばせる基金もあります。
http://tt110.net/10knenkin/I-kouseikikin-seturitu.htm
厚生年金の加入期間と厚生年金基金の加入期間が違う事はあり得るかということですが、
あります。
サイトをみられたらわかると思いますが厚生年金基金が解散した場合、会社が厚生年金基金を脱退した場合、違うことがあります。
私も会社が厚生年金基金を脱退したことがありました。
厚生年金の加入期間と厚生年金基金の加入が違いました。
ねんきん定期便で、確認できました。

参考URL:http://tt110.net/10knenkin/I-kouseikikin-seturitu.htm

Q年金(二階建て(基礎年金+厚生年金)・三階建て(基礎年金+厚生年金+厚

年金(二階建て(基礎年金+厚生年金)・三階建て(基礎年金+厚生年金+厚生年金基金))について、
お教え下さい。
とても、単純・シンプルな質問です。

51歳で転職し、62歳で退職したとします。
この51歳で転職した時に、A社に転職した場合とB社に転職した場合
62歳から年金をもらう時に、
どちらの会社が得になるのでしょうか?

A社は総額給料(交通費別)20万円/月額、三階建て(基礎年金+厚生年金+厚生年金基金)
B社は総額給料(交通費別)25万円/月額、二階建て(基礎年金+厚生年金)。
賞与はA社もB社も同一の率とします。仮に年間で2か月とします。
51歳までの前社は無視します。

とても単純でシンプルな質問となりますが、
お教え下さいますよう
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ご質問はシンプルですが、回答は難しいです。

まず何も余計な事を考えずに、単純に提示された条件の中で答えようとすれば、Bの方が高額の年金となります(=保険料も高くなる)
これは、次のような制度に成っているからであり、対象期間中の標準報酬月額が高いほど、老齢厚生年金及び基金からの給付は高額となります。
○厚生年金基金に加入していない期間に対する老齢給付[老齢基礎年金は説明から除く。以降同じ]
 ⇒老齢厚生年金として日本年金機構から給付。
 ⇒その後の物価スライド部分も日本年金機構から給付。
○厚生年金基金に加入していた期間に対する老齢給付
 ⇒基金から100%支給される。
 ⇒その後の物価スライド部分が老齢厚生年金として日本年金機構から給付。
【参考】各厚生年金基金における紹介ページ
 ・関東ITソフトウェアー
 http://www.softkikin.or.jp/05/index.html
 ・東京都電設工業(因みに現時点での厚生年金の報酬比例部分は最低が5.481/1000)
 http://www.dskikin.jp/kikin/index.html
 ・日本自動車
 http://www.jidoshakikin.or.jp/kikin_toha/nenkin_ichiji.html

しかし、実際にはこんな単純では無く、『厚生年金基金は、厚生年金よりも厚い給付(いわゆる3階部分)を行なう』とされています。
そして、この3階部分の支給率は厚生年金基金によってバラバラです。
且つ、平成15年4月とからは賞与の額も年金計算に使用するため比較計算できません。
色々と情報を書こうとして試行錯誤いたしましたが、この場で書ける事は年金の計算方法の比較程度でしょう。
○簡易な年金計算式[正確ではありませんが、イメージをつかめれば幸いです]
・2年間の平均報酬額
 (標準報酬月額×24月+毎回の賞与の累計額)÷24月
 =平均報酬額
 因みに20万円の給料に対する標準報酬月額は20万円ですが、25万円に対する標準報酬月額は26万円です。
 http://www.sia.go.jp/seido/iryo/ryogaku2109/ryogaku01.pdf
・Aの場合
 平均報酬額×基金からの支給率×24月
・Bの場合
 平均報酬額×5.481/1000×24月
仮に、毎回の賞与が給料の2か月分。交通費はゼロ。基金の給付が5.558/1000だとすると

・Aの場合
 平均報酬額=(200千円×24+400千円×4)÷24≒26万6666円
 26万6666円×5.558/1000×24月≒3万5571円
・Bの場合
 平均報酬額=(260千円×24+500千円×4)÷24≒34万3333円
 34万3333円×5.558/1000×24月≒4万5798円

ご質問はシンプルですが、回答は難しいです。

まず何も余計な事を考えずに、単純に提示された条件の中で答えようとすれば、Bの方が高額の年金となります(=保険料も高くなる)
これは、次のような制度に成っているからであり、対象期間中の標準報酬月額が高いほど、老齢厚生年金及び基金からの給付は高額となります。
○厚生年金基金に加入していない期間に対する老齢給付[老齢基礎年金は説明から除く。以降同じ]
 ⇒老齢厚生年金として日本年金機構から給付。
 ⇒その後の物価スライド部分も日本年金機構から...続きを読む

Q70歳以上でふらふらせず歩ける人はいないでしょうか

70歳以上でふらふらせずに、しゃきっと歩ける人はいないでしょうか。

Aベストアンサー

沢山いますよ!
僕の参加しているジョギングクラブのみなさんは
75歳でフルマラソン4時間半で完走してます。

今やフルマラソン80歳でも3時間切るかみたいな
そんな時代ですよ!
70歳以上でふらふらしてるなんて昔です。

Q年収300万程の場合、 個人で国民健康保険料、所得税、市府民税、厚生年金、等を払うのと、福利厚生のあ

年収300万程の場合、
個人で国民健康保険料、所得税、市府民税、厚生年金、等を払うのと、福利厚生のある会社で同じ年収を稼ぐ場合どちらが損している等はありますか?

Aベストアンサー

厚生年金加入なら健康保険も国保でなく健保に加入でしょう。

払った保険料と将来の年金受け取り額考えたら国民年金より厚生年金加入が断然有利ですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報