歯ブラシ選びの大事なポイントとは?

下請けで工事を担当している自営業のものです。

実は、今解決出来ない問題で悩んでいます。

先日、元請けの会社から一件仕事の依頼を受け着工にかかり無事に工事を終えたのですが、後日施主様から気に入らないからお金は払わないと連絡があったからと元請けから連絡がありました。確かにちょっとしたミスがあり一度工事をやり直しましたが私達に落ち度はなかったと思います。元請けの会社からは詳しい理由も聞かされないまま日にちだけが過ぎていきました。私達も施主様にきちんと納得して頂きたいと思い直接お話しを聞きに行ったところ元請けから『勝手な事してんじゃねぇぞ、コノヤロウ!!』と物凄い勢いの電話。私達としても材料費、人件費がかかっている以上やはりきちんと話をしたかっただけなのに。
施主様からの話しによると担当の営業の者が気に入らなければ全部一度壊して最初からやり直しさせますからって言うから俺は気に入らないって話したんだというのです。

私達は、ただ突然一通のファックスでこの材料とこの材料で明日からでも工事に入って欲しいと頼まれ施工をしたまでで、気に入らなかったらまた一からやり直すなんて話は聞いていませんでした。しかし、契約書などを一切交わしていない為私達も大きくは出られないという事は分かっています。

その後罵声の電話の後、やり直ししてくれれば施主もお金払うって言ってるからやり直してくれと連絡があったので私達も誠意を見せて、分かりましたとお返事をしました。3日後にまた電話するからと言われたので待っていますが2週間たった今現在も一切連絡がありません。前回の材料ではまた同じ結果になるので材料を変えたいから施主様に聞いて決めてもらってから連絡するとの事でした。

何千円単位なら諦めもつきますが、何十万円の材料費なので何とか解決させたいのです。
元請けに工賃は要らないからせめて材料費だけでも払って欲しいとお願いしても無視されるし直すから連絡してくれと頼めば全く音沙汰無し。
工事の最中に顔を出す訳でもなく、施工前、施工後の写真を撮りに来るわけでもなく工事が終了してから『これでいいよ』の一言で済ませる。

一体私達は、どうしたらいいのでしょうか?

長々と書いてしまいましたが、もう解決策が浮かばなくて藁にもすがる思いでこちらに助けを求めてしまいました。

なんでもいいです!

どなたか相談にのってください。

A 回答 (3件)

施主に話にくというのはいい方法ではありませんでしたね。


あくまでも、元請けからの工事内容を的確に行ったかどうかで支払いを請求すべきでした。
クレームの原因が施工の悪さであるならば、施工の悪さを元請けが下請けに是正させるべきだし、
施主の思いが反映されていないのなら、元請けの下請け指示の失敗にすぎません。
下請けが元請けを飛ばして話をするなんて元請けがよく思わないのは当然です。
せめて一緒に行動すべきですよ。

指示通りの工事であれば、施主のとの関係は元請けの問題です。
元請けからお金が入ってこなかろうが、注文者は元請けですので元請けが工事完了を認めれば支払い義務が発生します。

そのスタンスで工事不良なのか打合せ不良でこのクレームが起きているのか把握しなければいけません。
こちらに非がないならば、粛々とけんか覚悟で内容証明を送り請求すればよいでしょう。
そしてまずは弁護士の無料相談をして少額であれば少額訴訟すればよいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい内容でのご回答ありがとうございます。
私達も下請けとして元請けを通さずに施主様に会いに行った訳ではなく、きちんと元請けには電話してから
行きました。

全く元請けからの説明は無くただ相手の家には絶対に行くなとだけ言われたのでこちらとしても何をどうしたらいいか悩んでしまう始末。

そこで施主様からお話しを聞いた方がいいと判断して行ったのです。
でも結果、間違っていたのかもしれませんね。

もう何回か元請けに連絡してみて、それでも無視されるようなら
弁護士に一度相談してみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/30 11:50

もし施主が元請け会社に直接依頼して、元請けがアナタのところに仕事を回したなら、アナタはその元請けと縁を切る覚悟でことにあたる必要があります。

そのことを考えて行うなら、下記の方法を参考にしてください。

1・直接、施主に請求する。(ローンを組んだのなら、払い先を自分の所に変更してもらう。但しこの場合、施主は2重払いの可能性が出てくる。)

2・元請け以外の会社にこの話を持ちかけ、その会社に施主が依頼するように促し、その会社の下請けとして仕事に取り組む。(上手くいかない可能性が高いです。しかしこれを実践した場合、アナタは業界の鼻つまみ者になるでしょう。)

3・元請け会社に手形で今回の代金を払ってくださいと持ちかけ(割引もやもなし)、その手形を買い取り業者に売りつける。(全額回収は不可能です。3~7割回収できれば良いでしょう。)

アナタの業界の苦しい実情を知らない素人考えですが、役に立てば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

このような内容も含めて考えてみます。

お礼日時:2011/06/30 08:15

下請法に抵触してますので


下記をよく読みましょう
http://www.jftc.go.jp/sitauke/

で、法テラスにでも相談してください
http://www.houterasu.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

良く読んでみんなと相談してみます。
丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2011/06/30 08:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング