dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

宇宙戦艦ヤマトの波動砲は可能ですか

A 回答 (3件)

 タキオン粒子を使った武器のようですが、銀河に匹敵するエネルギーを投射出来るとか言っていますから、銀河中心のブラックホールから放出される銀河ジェットと同じものだと考えて良いでしょう。



 銀河ジェットはブラックホールに落ち込む段階で強い重力で恒星が分解されて超高温のガスジェットとなる現象です。パルサーとして知られている中性子星に伴星の物質が落ち込んで表面に降り積もる時に、強い重力で核反応が起こってガスジェットが放出される現象もあります。

 これらと同じ原理で超高温のガスジェットを亜光速や超光速(タキオン粒子)で投射する武器だとすれば、ガスジェットの周辺では強い電磁相互作用が生じるので、熱や放射線を遮断出来たとしても、発射した瞬間に反動が生じて金属で出来ている宇宙船は粉々に砕け散るはずです。火薬の量を桁違いに多くした大砲を撃つと暴発するのと同じ理由です。

 従って、宇宙船が分解しない程度の出力しかない武器だとすれば、敵艦隊が壊滅するはずがないのですが、敵艦隊が壊滅するほどの武器だとすれば、宇宙戦艦ヤマトは発射直後に自爆していないといけないわけで、アニメ特有の御都合主義であるわけです。

 自爆するのを考慮した1回だけ使用出来る武器として開発するのであれば、核兵器が現実に実現しているのと同じく、不可能ではないでしょうが、動いて狙いにくい敵艦隊を倒すのではなく、軌道を変えられない惑星上や衛星上の都市攻撃に使われると思いますね。
    • good
    • 1

本題とは関係ないような気もしますが, #1 の「それに見合った反動をうける」というのは正しく, ヤマトにはその反動を (何らかの方法で) 相殺する機能が備わっています.



通常の波動砲発射時にはこの機構が働くため艦が移動することはないのですが, 意図的にこの機能を殺すことにより「波動砲の反動で艦がバックする」シーンも出てきます.
    • good
    • 0

波動エネルギー自体が正体不明なのでわかりません。



推進力に使っているところを見ると質量のある物質なのかもしれないが、質量のあるものなら光速以上で運動させることは不可能なので、噴射しても光速を超えることはできないんだろうし、質量のないものを噴射しても推進力を得られる訳はないが、アニメのなかでは絶大な推進力を持っているようだし、矛盾の塊ですな。噴射しているものと同じ正体不明の何かを艦首の砲口から一気に噴射というか発射するのであれば、当然、それに見合った反動をうけるわけで、発射と同時に猛烈な勢いでバックして行くんじゃないかな。当然、猛烈な反動で艦内はめちゃくちゃ、乗組員も全員死亡かな。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!