無料の個人サイトで、好きな本から好きな言葉をいくつか載せたいと思うのですが、勝手に引用してもいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 著作権法第32条は、国際条約であるベルヌ条約に基づいて規定されているため、いささか抽象的なので解釈のわかれるところもありますが、基本的にはAtaliaさんのおっしゃっておられるとおりです。



 1. 自分の著作物が主であること
 2. 必要不可欠且つ最小限の引用であること
 3. 原文のまま使用すること
 4. 出所を明示すること

 使用方法や内容によっては、「引用」とする必要のない場合もありますが、解釈の違いにより、著作権法違反となる可能性も包含しておりますので、トラブルを避けるためにも、できるかぎり引用条件を満たした上での使用をお勧めします。

 ちなみに「引用」とは適法に、無許可で(著作権者の承諾無く)使用することができるということで、もともと無断で使うことを前提としている言葉です。「勝手に引用」とか「無断引用」というのは正しい表現ではありません。

参考文献
「クリエイター・編集者のための引用ハンドブック」
 著作者 谷井精之助/豊田きいち/北村行夫/原田文夫/宮田昇
 発行者 太田出版

参考URL
社団法人著作権情報センター
http://www.cric.or.jp/
著作権法(条文)
http://www.houko.com/00/01/S45/048.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

引用とは無断で使うことを意味している言葉とは…。また一つ勉強になりました。ところで、文章を音声にしてweb上に載せるのは、3の原文のまま使用することに引っかかるのでしょうか?

お礼日時:2001/05/01 12:08

点字翻訳や音読による録音などの場合は、単に表現方法を変えたのみであり、言葉やそのつながりなどによって表現される著作物の主体そのものを変更するものではないので、引用条件を満たすものと考えられます。

    • good
    • 0

「引用」として正しく行われていれば問題ありません。


正しい引用では、以下の項目を守る必要があります。

1. 元の文章がどこのものか(引用元)を明記する。
2. 元の文章を改変しない。
3. 引用文が「主」にならない。

1.は「出典」を明示するという事です。
誰が、いつ、どの書籍でその記述を行ったか、を書いておきましょう。
2.は常識で解りますよね?
もし勝手に変えたら名誉毀損その他諸々で大変なことになります。
意味が変わってしまうような部分引用も危険なのでやめましょう。
3.引用は本文に対し「従」の位置に居なければなりません。
もしも引用が「主」ならばそれは引用ではなく転載であり、
出版社に許可を取る必要があります。
「主従」を簡単に(極端に?)言うならば、
引用文よりもその文に対する感想の方が多ければ、
引用が従であると判断できると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

著作権ってすごく曖昧で、分からないことが多いのですが、引用についてはよく分かりました。疑問が解決でき、少し嬉しいです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/01 12:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人サイトで著作物を引用したい

このたび私どものサイトで、ある著作物の内容を多少表現を変えて引用する必要が生じまして、その著作者と連絡をとろうと思い、発行元出版社に問い合わせてみたところ、購入の時期から相当の年数がたっており(20年近く)著作者の現住所は不明、内容の掲載は遠慮せよとの返答でした。しかし、どうしても引用したい気持ちがあり、何とかならないかなあと考えています。参考文献として明示はしております。場合によっては金銭的取引を伴う可能性はあります。(ごく低金額ですが)識者の御意見を賜りたく思います。

Aベストアンサー

#2です。回答に対する補足を拝見いたしました。

引用というのは「引用」の条件(#3の方が述べられています)に当てはまる場合に許可無く行うことができると認められたものです。

インターネットのホームページにアップロードした場合には、引用のつもりで掲載したものが不特定多数に閲覧され改ざんされる可能性があり、著作権者の利益を損なうおそれがあるので許可の必要のない「引用」としては認められないのです。許可を取ってください。
(と、先日都内で開かれた著作権ゼミナールで、講師である著作権管理団体の部長が3回繰り返して仰っていました。)

著者の没後50年は経過していないので著作権が存在しますから、掲載したい場合には許可が必要となります。

ご質問の文面では出版社は著作権を譲り受けていないようです。ですから「掲載は遠慮してください」としか言えないのでしょう。
出版社だって、著作者と連絡が取れなければ契約した以外の出版や転載ができないのです。

私は肖像権や著作権と多少なりとも関わる仕事をしていますが、専門家ではないので厳密なところまでは知りません。

#2です。回答に対する補足を拝見いたしました。

引用というのは「引用」の条件(#3の方が述べられています)に当てはまる場合に許可無く行うことができると認められたものです。

インターネットのホームページにアップロードした場合には、引用のつもりで掲載したものが不特定多数に閲覧され改ざんされる可能性があり、著作権者の利益を損なうおそれがあるので許可の必要のない「引用」としては認められないのです。許可を取ってください。
(と、先日都内で開かれた著作権ゼミナールで、講師である著作権...続きを読む

Q本サイトで、引用をして質問するのは著作権的にOK?

たぶん大丈夫とはわかりつつも、不安になったので確認で質問させていただきます。

教えてgooなどの質問サイト、あるいはネット掲示板などで、本の文章を引用した上で、「この文章の意味が分からない」「この本にかかれていることは間違いではないか?」などと、その文章に関して質問するのは著作権上OKでしょうか?
無論、書名、筆者など、引用上のマナーを守って。

Aベストアンサー

「引用」であれば問題になりません。

著作権法
| (引用)
| 第三十二条
|  公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。


> 無論、書名、筆者など、引用上のマナーを守って。

引用の用件については、色んな意見があります。
2010年に文化庁の提示した基準もあるし、このサイトのガイドラインだと量的な主従関係も満足すべきってなってるような事もあります。
そのために駄文を付け加えるってのもナンセンスですから、あんまり守ってないですが。

Qネット上の新聞記事全文を引用してホームページ等に載せるのは違法でしょうか?

自分はブログに載せてその記事に対するコメントを書こうか・・などと思っておりますがこれは法に触れるのでしょうか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それは著作権違反になります。記事の主題や記事へのリンクなどは許可されておりますので、そのように対処して下さい。

Q個人的に書籍の評価をするサイトを作りたいので書籍の表紙をページに載せたいが著作権はどうなる?

こんにちは

個人的に書籍の評価をするサイトを作りたいので書籍の表紙をサイトに載せたいが著作権はどうなる?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 結論から言えば、本の表紙も著作権の一部ですから、これを無断で掲載した場合は著作権の侵害とみなされます。

 著作権法では、例外的に「私的利用」であれば著作権の侵害とはみなされません。しかし、ご質問のように、複数の人々が閲覧可能な場所に掲載することは、たとえ個人のホームページであっても、著作権法に触れます。

 書籍の表紙であれば、出版者へ連絡して許可を取ると良いでしょう。違法な目的や営利目的でない限り、許可してもらえると思います。

Q「言葉」をコピーしたら、引用元を書く必要はありますか?

以前質問をした際、「言葉や語句や一般的な文章」は、『著作物』ではないため、
「その言葉・文をコピーし、他の掲示板などのネットで、貼り付けて投稿しても問題は無い。」

と分かりましたが、
「著作権が無い言葉・文」なので、「引用元」等の著作権表示等も必要はないですよね?


いつも教えていただき、ありがとうございます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「言葉や語句や一般的な文章」は、【その人が作り出した表現方法】ではないので必要ありません。
しかし、調べて自分の中で納得して自分の言葉に直して投稿するならまだしも、「その言葉・文をコピーし、他の掲示板などのネットで、貼り付けて投稿」するのであれば、引用を付けるのが良いと思います。私はそうしてます。

ちなみにこんな感じで。
【著作権は「表現」すなわち著作物(「思想又は感情」の「創作的」な「表現」であり、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの)に対する保護を与える。ここで、「創作的」については表現者の個性が表れていれば足り、新規性や独創性までは要せず、他と区別できる程度であればよいとされる。著作権の対象として想定されるのは、典型的には美術、音楽、文芸、学術に属する作品である。絵画、彫刻、建築、楽曲、詩、小説、戯曲、エッセイ、研究書などがその代表的な例である。他に、写真、映画、テレビゲームなど、新しい技術によって出現した著作物についても保護の対象として追加されてきた。】(by wikipedia)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報