筋電図を測定するとまるで脈動するかのように波が上下に動きますが,これはどういう原理でおきていることなのでしょうか?
また筋肉が筋放電を起こす原理も教えて下さい!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ちと専門的な内容なので、上手く答えられるかどうかはわかりませんが・・・



一般的に生物体で発生する電気というものは膜電位と呼ばれるものです。膜電位は
膜によって隔てられた溶液の間に発生する電位差でありまして、二つの電解質溶液
を膜で仕切り,その一側に膜を透過しない粒子を含ませると、その影響によって電
解質の両側分布が変化し、膜の両側に膜電位が発生します。
このような不透性の粒子が存在しなくて、単に濃度の異なる電解質が仕切られてい
るだけでも、陽イオンと陰イオンの膜を通る速さが異なる場合には電位差が発生し
ます。膜電位の存在および種々の影響によるその変化が、静止電位や活動電位の原
因です。この活動電位が筋肉・神経など興奮性細胞の興奮時に、興奮部位が静止部
位に対して負になる一過性の電位変化というわけです。
活動電位の急激な部分はスパイク電位とよばれ、普通その後にかなり長く尾を引い
ている後電位と区別されます。哺乳類などの神経線維ではこのスパイク電位が1ミリ秒で終わりますが、筋繊維では数ミリ秒をこえます。kamiziさんはこのことを言ってらっしゃるんですよね?細胞内を電極で測った電位は静止時には外側に対して負ですが、興奮時にはこれが逆転します。つまり内側が正に、外側が負になるわけです。それが波形となって出てくるものと思われます。
長々と書きましたが、要するに・・・
「細胞ではいつも電位差が保たれてるけど、それが興奮時には逆転する。」
ってことです。このときの電位の変化が筋電図に現れるのではないでしょうか?

ちなみに工学部系の方でしょうか?私の友達にも同じような事を聞かれたものです
からちょっと気になりました。(笑)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q野球とサッカーのスパイクシューズの違いについて。

小学校4年生の少年が ソフトボールのクラブに 練習にいっています。 今度 スパイク(金属金具でないスパイクシューズ)を 購入することになりました。 インターネットで 検索してみると サッカーのスパイク(金属金具でないスパイクシューズ)を 比較的 安い価格で 販売されているのを 見ます。
 
 おうかがいしたいのですが、 サッカーのスパイクを ソフトボールのスパイクに 代用するのは 無理でしょうか? お詳しい方 が 居られましたら 教えていただきたく 宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

スタッドの長さや材質についての基準が違います。
サッカーでは、実際にはスパイクについての規定はありません(靴であれば良い)が、審判が危険と認めた場合は着用を禁止します。

一方、ソフトボールには
・靴の底は、滑らかな軟らかみのあるものか、硬い滑り止めのあるものである。
・金属製スパイク、または硬い滑り止めは、靴底からの高さが1.9cm以内のものが使用できる。
(注1)ISF(国際ソフトボール連盟)ルールでは、ユース(19歳以下)の金属製スパイクの使用を禁止する。
(注2)小学生、中学生、※一般男子、壮年、実年、シニア、ハイシニア、レディース、エルダー、エルデストは金属製スパイクの使用を禁止する。

・針状の金属製スパイク(ゴルフシューズ・陸上用スパイクなど)は使用してはならない。
・靴は同色のものを使用しなければならない。

上記のルールに引っかからないようにスル必要があります(ジュニアはそこまで厳密ではないでしょうが)。
大人だと、厳しい審判だと最後の規定により、ラインをマジックで黒塗りさせられることがあります。
と言うことで、サッカー様子パイクはお勧めしかねます。

スタッドの長さや材質についての基準が違います。
サッカーでは、実際にはスパイクについての規定はありません(靴であれば良い)が、審判が危険と認めた場合は着用を禁止します。

一方、ソフトボールには
・靴の底は、滑らかな軟らかみのあるものか、硬い滑り止めのあるものである。
・金属製スパイク、または硬い滑り止めは、靴底からの高さが1.9cm以内のものが使用できる。
(注1)ISF(国際ソフトボール連盟)ルールでは、ユース(19歳以下)の金属製スパイクの使用を禁止する。
(注2)小学生、中学生、※一般...続きを読む

Q筋肉痛の時に、筋トレして良いのでしょうか?

こんにちは、過去質問検索してみたのですが、
どれも、科学的根拠があるのかどうか分からないものばかりでしたので、ここ生物カテの達人の意見を聞きにきました。

タイトルの通りです。

筋肉痛の時に、筋トレして良いのでしょうか?

(* 筋肉痛の定義は、疲労が原因の筋肉痛で、筋断裂等の筋肉痛ではありません。)

なるべく早く筋肉を付けたいのですが、科学的に正しく鍛える方法が分からなくて、、、。

一応自分でも調べてみたのですが、wikiには載っていなくて、、。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AD%8B%E8%82%89%E7%97%9B

おしえてください、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

過剰な運動の後に来た筋肉痛に逆らってさらに過酷な筋トレをするのは#1のお答え通り「アホ」でしょう。
でも、いつもあまり運動をしていない人が少し身体を動かすと筋肉痛になりますね。
それが運動が過剰だったからか、自分の筋肉が衰えてしまっているからか、試すには「軽めの運動」が良いそうです。
教養学部の体育の教授が、筋トレには、
1.精一杯の負荷を掛けて限界まで試して見る。(最初はサボらないで無理しても良い)。
2.次の機会からは1.の80%の負荷で繰り返し運動をする。
3.これじゃ軽すぎると思うようになったら再度極限に挑む。
4.また80%で鍛える。
この繰り返しでやりなさい。
とのたもうておいででした。

Qどうしてサッカーの試合中にスパイクの紐が解けないの

どうしてサッカーの試合中にスパイクの紐が解けないの

プロサッカーの試合見ていつも思うのですが
どうしてあれだけ激しいプレーをしててスパイクの紐がほどけないのか
気になります
どうかおしえてください
よろしくねがいします

Aベストアンサー

こんにちは。
よく見ると気付くのですが、何試合かに一試合くらいはほどけてる選手いますよ。

でも、自分でやってみれば分かりますが、たかだか45分、しかもボールを触るのは数分という状況ではそんなにほどけるものではありません。

また、最近のスパイクには、シューレースガードのような「垂れ」がついています。
これもほどけるのを防止する役割があるでしょう。
結び方は多分普通です。(ちょっと妙な結びのひともいますけどね)
というわけで「どうしてほどけないのか」に対する答えとしては、「そもそもそんなにほどけない」が正解じゃないでしょうか。

Q挿し穂の上下について 上下をどう区別しているのか

植物を挿し木することはよくあると思います。

挿し穂の上下を間違えて、上の部分を土に挿すとだめであるというのはわかるのですが、断面としては、上も下も同じですよね。

そうすると、いわゆる導管のようなものの仕組みが上下を区別するようにできているということかと感じるのですが、人間の静脈のように逆流防止弁のようなものがついているとは思えません。水分や栄養素を流す管が上下を区別する仕組みになっているのでしょうか。もしそうなら、それはどんな仕組みですか。

それとも、植物の細胞自体に、上下を区別する仕組みがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

 誰も答がないのでお邪魔します。
まず,ご賢察の通り逆流防止弁はありません。

<水分や栄養素を流す管が上下を区別する仕組みになっているのでしょうか。もしそうなら、それはどんな仕組みですか。

 道管は 中身の溶け落ちた死細胞で,ただのストロー
と認識してもいいかもしれません。

 上下は師管原形質の原形質流動が関わってきます。

 これは「極性」というカテゴリーで調べれば
もっと検索できるでしょう。ヒントとしてホルモン
(オーキシン)の流れの極性は有名です。
 上下と言うより,細胞の古・新が要因のようです。
 

Qサッカーのスパイクについて

ぼくはスパイクのポイントがすぐになくなってしまいます。
そこで、
1.サッカーのスパイクは、だいたい何ヶ月くらいで変えますか?
2.ポイントがなくなりにくいスパイクやポイントがなくなりにくい生地はありますか?

Aベストアンサー

こんにちわ。

まず、スパイクは革です。
革が消耗しなければ、かなり長い事使えます。

わたしの場合、なじみのスポーツ用品店で固定式の裏を張り替えてもらいました。
長いものは2年使いましたね。当時は高校生でしたので、毎日練習していました。

ただ、張り替えは修理になるので費用がかかりますけど。

修理出している間、別のスパイク(同じ型=足に合ってるもの)を履いてました。
 →2足でまわしていました。

もちろん、長く履くには革が消耗しない様手入れが必要です。
毎日の練習後に磨いていましたね

次に、ポイントがなくなりにくいスパイクはないと思いますが、
取り替え式のスタッドは減りにくいものはあります。

わたしは中学生の時「セラミック」のものを使っていました。
スタッドのセラミックは全くと言っていい程すり減りませんでした。

ですが、セラミックとスタッドの結合部分(プラスチック)が削れて、外れてしまいましたので永久的に使えるわけではありません。
ただ、20年近く前の事ですので、今はもっといいものがあるかもしれません。

Q筋トレでダメージを負った、筋肉を修復するのは、線維細胞なのでしょうか?

筋トレでダメージを負った、筋肉を修復するのは、線維細胞なのでしょうか?もし、線維細胞でないとしたら何細胞ですか?
また、線維細胞でしたら分裂回数が50回ぐらいしかなので、筋トレはしない方が良い事になる???
よろしくお願いします^^

Aベストアンサー

こんにちは。
筋肉を修復するのは線維細胞ではなく「サテライト細胞」です。
サテライト細胞といいますのは「筋肉細胞の幹細胞」であり、まだ筋肉細胞にならない未分化の細胞です。筋肉繊維の間にあり、普段は活動を休止していますが、筋トレなどで筋肉が痛みますと筋肉細胞に分化し、これを修復します。
筋力の強化にはこのサテライト細胞による修復と、成長ホルモンによる筋肉線維そのものの成長があります。成長ホルモンは筋肉を使って疲労したときには分泌が活発になりますので、この二つが「主な筋トレの効果」と考えて良いと思います。
良い汗を掻けばその分筋肉は鍛えられます。サテライト細胞は自己複製によって新しいものが作られますので、筋トレに使ったからといって数が減ってしまうことはありません。我々の筋肉は死ぬまで一生修復されますので、思う存分、死ぬまで筋トレに励んで下さい。

Qサッカースパイクっていくらぐらい?

高校生の息子をがサッカー部なのですがスパイクが頻繁に破れて困ってます(コストが)3~4ヶ月でだめになりますがそんなもんなのでしょうか?普通の公立高校のサッカー部です。また、高校生でいくらぐらいのスパイクを購入しているのでしょうか?世間一般がわからなく困っています。

Aベストアンサー

練習量や練習内容でかなり差が出ると思うので、3~4ヶ月が早いか遅いかはなんともいえないと思いますが、とりあえずスパイクを長く持たせる方法を考えたら良いのではないでしょうか。
具体的には、
・スパイクの形が足にあってない場合があるので吟味してみる(特に足の甲の広さ)
・練習用のスパイクを2足以上にし、ローテーションで使う
・手入れをきちんとする
 その他にも皮の質、縫製等がスパイクによって異なるので、同じ強度の運動をしても違うことがあります。
確かに、カンガルーはプレーしやすいですが人工皮革が耐久性では良いです。人工皮革は手入れも簡単です。逆にカンガルーは手入れが悪いとすぐダメになります。
 個人的にはアンブロというメーカーの人工皮革のスパイクを練習用に使ってましたが、かなり長持ちしました。ちなみにその靴は5000円ぐらいでした。
 これらのことを気をつけてもなおすぐにダメになるのであれば、すごく練習をしてるということなんじゃないでしょうか?練習がんばってください。

Q顔面角測定用の外耳孔の測定点は孔の上か下か

検索しても単に外耳孔・・・とあるだけで厳格な定義が見つかりませんので。

Aベストアンサー

Qサッカースパイクについて

サッカースパイク『ロットコンセプト HG-3F(ホワイト)』を使用している方に質問します。
このスパイクのサイズは通常のスパイクよりも大きめですか?同じくらいですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
個人的な感想としては、同じサイズの他のスパイク
に比べ、縦が長い気がします。(つま先が余る)
まぁ、大勢に影響はないので、普通に履いていますが
トゥーキックは少しけりづらいかもしれません。。。

Q動物の筋肉と人間の筋肉の質は違うんですか?

同じ太さの繊維の筋肉の質でも違うのでしょうか?

動物の筋肉のほうが細くても強く瞬発力もあるように思えるのですが、一体何がどうなって違いが現れるのでしょうか?

Aベストアンサー

違いがあるのは確かかと思います。
鳥類や昆虫の筋肉がサイズの割に哺乳類の筋力よりパワーが高いことは確かです。
ただ、他の回答者様も答えられておりますが、発揮できる運動のパフォーマンスについては速筋と遅筋の割合や運動神経(小脳の発達具合)、心肺機能、骨格と筋肉の付着位置、そして筋肉の量による物理的な要素など筋肉そのものの質以外の影響も大きいので単純に主観的な感覚だけでは判定は難しいような気がします。
同じ人間同士でも黒人はアキレス腱が長いために走る時の瞬発力が高くなるという話があります。
サル類は長時間木に掴まったままでも疲れないように筋力ではなく骨で体重を支えられるような骨格と腱をしており、牛や馬などの四足獣は大きな頭を筋力ではなく腱と脊椎で支えています。
ネコは瞬発力は人間や犬をずっと上回っていますが、筋肉のほとんどが速筋主体であるためにスタミナは少ない。犬は大型犬だと同じ体重の人間を軽々と口で振り回すパワーを発揮しますが、四足の動物は人間より頭を動かす筋肉が多く、全身の筋肉を連動する能力が上です。

他の回答者様がサルとケンカして負けたと仰られておりますが、それは筋肉の質よりも運動神経と筋肉の量と爪と闘争心の強さによるものではないかと思います。サルは日ごろから人間よりもずっとハードな運動を生きていく上でしていますので、見た目から受ける印象よりも筋肉量がものすごく多いし、人間よりも闘争心が強いですから攻撃も容赦がない。反射速度や運動神経も優れていますしね。
もしも重量挙げで勝負をすればサルはそこまですごくないと思われます。


人間は他の動物に比べて運動能力が低いと考えられ気味ですが、実は人間のマラソン選手並みに長時間走り続けられる生き物は意外と少ないですし、物を投げたり蹴り飛ばす能力は恐らく人間が一番です。時速150kmもの剛速球を投げたり、野球のボールを100m以上投げ飛ばしたり、サッカーボールを100m以上蹴り飛ばすことができる生き物は人間以外にいません。
ではなぜ人間だけそんなすごい投擲力を発揮できるかというと、投擲に使う筋肉の質がすごいのではなく、投擲や蹴りに適した骨格があるからです。比較的人間に骨格が近いサルでも、人間のように腕を振りかぶって全体重を込めて物を投げるような投球フォームを行うのは骨格的に不可能です。
そう考えると一般的な哺乳類の枠組みの中であれば人間と動物の筋肉の質自体にはあまり差がないのではないかと思います。
ただ、クジラのような生活環境が人間と全く違う動物は違うかもしれませんね。筋肉に求められる運動能力が陸上哺乳類とは全然違いますので。

最初に少し触れましたが鳥類や昆虫類など、種類が違うと大きな差がある可能性は高いと思います。鳥類は細胞内のミトコンドリアの性能が哺乳類よりずっと高く、心肺機能も極めて優れています。ですので筋肉に供給できる酸素とATPの量がずっと多いのですね。その分出力の高い筋肉を維持できると考えられます。恐らく翼で飛行するのは陸上生活よりも格段に優れた筋肉が必要だったため、そのように進化したのではないかと思います。
昆虫については詳しくないですが、大きさを考えると非常に軽くて出力の高い筋肉を持っているそうです。ただ、脆いらしくて人間大に巨大化させると体重を物理的に支えられなくなるらしいですが。
マグロは筋肉の中のミオグロビンという酸素を貯蓄する物質がとても多く、このおかげで24時間高速で泳ぎ続けられるそうです。これも筋繊維の話とは違いますが筋肉の質の差と言えるかもしれませんね。

違いがあるのは確かかと思います。
鳥類や昆虫の筋肉がサイズの割に哺乳類の筋力よりパワーが高いことは確かです。
ただ、他の回答者様も答えられておりますが、発揮できる運動のパフォーマンスについては速筋と遅筋の割合や運動神経(小脳の発達具合)、心肺機能、骨格と筋肉の付着位置、そして筋肉の量による物理的な要素など筋肉そのものの質以外の影響も大きいので単純に主観的な感覚だけでは判定は難しいような気がします。
同じ人間同士でも黒人はアキレス腱が長いために走る時の瞬発力が高くなるという話が...続きを読む


人気Q&Aランキング